5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年05月25日 17時25分 公開

NECと住友商事、5Gアンテナ搭載スマートポール設置へ 6月末に西新宿エリアで

住友商事は、スマートポールの先行・試行設置と検証について東京都と協定を締結。NECと共同で、2020年6月末をめどに西新宿エリアへの2種類のスマートポール設置を目指す。

[エースラッシュ,ITmedia]

 住友商事は、スマートポールの先行・試行設置と検証について東京都と協定を締結。NECと共同で、2020年6月末をめどに西新宿エリアへの2種類のスマートポール設置を目指す。

NEC/住友商事 スマートポールのイメージ

 今回の検証は、東京都が超高速モバイルインターネット網を構築することを掲げ、2019年8月に策定した「TOKYO Data Highway基本戦略」の一環。スマートポールは通信基地局、Wi-Fi、街路灯やサイネージなどを搭載した多機能ポールで、新たな地域サービス提供に役立つインフラとして活用が期待されている。

 両社はデジタルサイネージや人流解析カメラなどの機能を搭載したNECの「スマート街路灯」へ、複数の通信事業者が共用する5G共用アンテナシステムを搭載したモデルと、複数の通信事業者の5G基地局を設置するサイトシェア型のモデルを設置する予定。5G共用アンテナシステムの本格稼働は2021年3月をめどとし、平常時と非常時の両面から有用性を検証するという。

NEC/住友商事 スマートポールの搭載機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう