5Gが創出する新ビジネス

2020年春にスタートする5Gの商用サービスでは、スマートフォンの枠を超えた、法人での利用シーン拡大が期待されています。例えば建築機材の遠隔操作、災害時や工場のロボット制御、地方創世に向けた観光サービス、遠隔地での診療などが挙げられます。大手キャリアは外部パートナーと提携し、新たなビジネスの創出や社会課題の解決を目指しています。そんな、5G時代の新ビジネスに迫ります。

注目記事

DOCOMO Open House 2020:

「DOCOMO Open House 2020」では、幅広いパートナー企業と「協創」したさまざまな取り組みが数多く紹介されている。ドコモが考えている5G時代の新しいビジネスやサービスの中から一部を紹介しよう。警備、ゴルフ、教育、広告、漁業、医療のソリューションを見てきた。

(2020年1月23日)

2020年春に日本で「5G」の商用サービスが開始するが、「結局5Gで何が変わるのか」「5Gをどうビジネスに生かすのか」といった、漠然とした疑問や不安を抱いている人も多いだろう。そのヒントを、イベント「5Gでビジネスはどう変わるのか」で探ってきた。

(2020年1月17日)

新着記事