世界を変える5G
ニュース
» 2019年11月20日 16時45分 公開

三菱電機とNEC、製造業の5G活用に向けた共同検証

三菱電機とNEC(日本電気)は、製造業の5G活用に向けた共同検証について合意。工場内ではローカル5G、工場間・企業間の連携にはハイブリッド5Gを活用し、三菱電機のFA統合ソリューション「e-F@ctory」の実証実験を共同で行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 三菱電機とNEC(日本電気)は、11月19日に製造業の5G活用に向けた共同検証の合意について発表した。

三菱電機とNECの共同検証イメージ ハイブリッド5G

 両社は、工場内ではプライベート網のローカル5G、工場間・企業間の連携には公衆網の5Gを適用する「ハイブリッド5G」を活用。FA(ファクトリーオートメーション)技術とITを活用し、開発や保守全般のコストを削減する三菱電機のFA統合ソリューション「e-F@ctory」の実証実験を行う。

 三菱電機は、ローカル5Gでの実証実験を進めるとともに、多様化するユーザーの課題解決に向けてハイブリッド5Gを活用したトータルソリューションを提供する。

 NECは通信事業者向けの基地局ビジネスで培ってきた無線技術とノウハウを生かし、5G基地局の出荷を開始。同社の知見を生かしたネットワーク・サービス「NEC Smart Connectivity」を推進している。さらに「e-F@ctory Alliance」として三菱電機とともにFA技術とITの連携ソリューションを提供し、生産現場の課題解決に取り組んでいく。

 この共同検証の第1弾として、11月27日〜29日に東京ビッグサイトで開催される「IIFES2019」 の三菱電機ブースで、ハイブリッド5G活用のコンセプトパネル・動画などを出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう