ニュース
» 2019年11月18日 18時40分 公開

オプテージが「ローカル5G」事業への参入意向を表明 2019年度内に実証実験ラボを開設へ

オプテージは、5Gを地域限定で利用する「ローカル5G」事業への参入を目指すと発表。実証実験を開始するため、2019年度中に同社オプテージビル内にラボを開設する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 オプテージは11月18日、第5世代通信(5G)を地域限定で利用する「ローカル5G」事業への参入を目指すと発表した。2019年度内に同社の本社「オプテージビル」(大阪市中央区)に実証実験をするためのラボ(実験施設)を設置する予定だ。

オプテージの「ローカル5G」イメージ オプテージの「ローカル5G」イメージ

 同社の取り組む「ローカル5G」は超高速・大容量化、多数同時接続と超低遅延といった5Gの主要性能を生かして、企業や自治体など利用者の個別ニーズに応じて建物内や敷地内でスポット的に5Gシステムを構築。同社が保有する光ファイバーでの専用線サービスやVPNサービスなどを組み合わせたリモート拠点間の閉域ネットワーク、クラウド接続など利用用途に応じた柔軟かつ安定したシステムの他、通信事業者として24時間365日のネットワーク監視も組み合わせた高セキュリティな環境も提供するとしている。

 オプテージビルに設置する予定のラボでは、利用者やパートナーの「5G」の知識習得や、他の無線通信との差異の確認、利用者の設備との接続検証などを実施できる環境を構築する見通しだ。「ローカル5G」の周波数帯である28GHz帯、自営BWA(BWA: Broadband Wireless Access/広帯域移動無線アクセスシステム)の周波数帯である2.5GHzでデモ環境を構築する予定で、ワイヤレスでの4K/8K映像の伝送や、AR(拡張現実)技術を用いた作業支援デモなどを行うという。

 さらに2020年にはユーザーの施設内で実証実験を開始し、実環境で試すことで安心してサービスを利用できる環境を整えるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう