5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年02月14日 17時50分 公開

5Gを活用した道路造成工事 KDDI、大林組、NECが実証実験

KDDI、大林組、NECは、5Gを活用した一般的な道路造成工事の実証実験成功を発表。3台の建設機械の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携や、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析を行った。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDI、大林組、NEC(日本電気)は、2月14日に5Gを活用した一般的な道路造成工事の実証実験に成功したことを発表した。

 3台の建設機械 (油圧ショベル/クローラキャリア/ブルドーザ) の遠隔操作と自動運転システムを搭載した振動ローラの同時連携や、工事に必要な施工管理データのリアルタイム伝送・解析を実施。2月3日〜2月14日の間、建設中の川上ダム (三重県伊賀市) の一部施工フィールドの提供を受けて行った。

KDDIらの5G実証実験 実証実験の模様

 具体的には複数のカメラ映像と遠隔操作の信号データを5Gでリアルタイムに伝送し、遠隔操作で土砂の掘削、運搬、敷きならしを実施。土砂の転圧作業では5Gを通じて自動運転システムを搭載した振動ローラ、遠隔施工管理室間の施工指示データ、振動ローラの位置情報、転圧結果、品質をリアルタイムに伝送している。

 さらに、4台の建機 (油圧ショベル/クローラキャリア/ブルドーザ/振動ローラ) に設置したGNSS(衛星測位システム)から取得したデータを遠隔施工管理室に伝送。マシンガイダンス(※)で各建機の遠隔操作をサポートしつつ、施工結果をリアルタイムに取得。建機の工事エリアに3Dレーザースキャナを2台設置し、マシンガイダンスに施工現場の土砂量や造成結果のデータを伝送し、遠隔地からリアルタイムに出来形(工事の施工が完了した部分)を確認した。

※マシンガイダンス:建設機械の操作席のモニター画面に、施工する部分の完成形などを表示し、オペレーターの操作をサポートする機能

 本実証実験の技術は、将来的に統合施工管理システムとしてオフィスなどの遠隔施工管理室から複数の工事現場への連続したアクセス、1人の熟練工が複数の建機・現場での同時対応を可能とし、現場に行く時間や工数の削減につながるとしている。

KDDIらの5G実証実験 実証実験のイメージ図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう