5Gが創出する新ビジネス

ドコモとソニー、日本とグアム間でエンタテインメント車両の5G遠隔操作に成功

» 2021年03月22日 18時09分 公開

 NTTドコモとソニーは、3月22日にエンタテインメント車のSociable Cart(ソーシャブルカート)「SC-1」を遠隔操作する実証実験の成功を発表した。

NTTドコモ/ソニー 実証実験イメージ

 本実験では5Gを活用し、東京から約2500km離れたグアム島にある車両の周囲の映像を都内にあるソニーの開発拠点へリアルタイムに伝送。東京にいるドライバーが映像を見ながら運転し、グアムの検証用屋外施設で乗客を載せた状態で行った。この通信にはドコモの子会社であるドコモパシフィックの5Gを利用している。

 SC-1は車両前後左右に人の視覚以上のイメージセンサーを搭載し、360度にフォーカスを合わせた映像を映し出して周囲の環境を一度に把握することが可能。超高感度のイメージセンサーと内部に設置された高解像度ディスプレイで、昼夜を問わずライトなしに車両周囲を認識できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー