ニュース
» 2021年01月14日 20時00分 公開

3Dアバターで会議に参加 ドコモが「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験

NTTドコモは、1月末に「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験を開始。スマホで撮影した1枚の顔写真から3Dのアバターを生成し、VR/MRデバイスを使って仮想のミーティングルーム上で会議を行える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、1月末から「XRテレプレゼンスミーティング」の実証実験を開始。複数のパートナー企業が本システムのアプリを利用し、3Dアバターによる遠隔会議システムの有用性や課題を検証する。

NTTドコモ 実証実験イメージ

 スマートフォンで撮影した1枚の顔写真から3Dのアバターを生成し、VRデバイス「OculusQuest」やMRデバイス「MagicLeap」を利用して仮想のミーティングルーム上で会議を行う。VRデバイスでは視界が全て会議室となるため、没入感の高い会議や資料の共有、ブラウザ操作などが可能としている。MRデバイスは半透過型のため、実際にPCを操作しながら会議に参加できる。両機種が混合した環境でも利用可能だ。

 従来の3Dアバター作成には3D撮影の専用ブースに入り、さまざまな角度からの撮影が必要だった。本システムでは写真1枚の顔部分から後頭部を推測し、自然な頭部になるよう3Dアバターを作成する。胴体部分は男女各5パターンを用意し、好みのファッションを選ぶこともできる。

NTTドコモ 3Dアバター作成イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう