世界を変える5G
ニュース
» 2021年01月28日 17時48分 公開

ドコモとJR東日本、時速360kmの新幹線試験電車「ALFA-X」で5G通信に成功

NTTドコモとJR東日本は、新幹線試験電車「ALFA-X」での5G通信実験に時速360kmで成功。また、地上とALFA-X車内の双方向で4K/8K映像を安定的に伝送する実証実験にも成功した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、1月28日に新幹線試験電車「ALFA-X」での5G通信実験成功を発表した。

 両社は本実験では東北新幹線の仙台〜新青森間の一部区間へ基地局を線路沿いに2カ所、 移動局をALFA-X車内に設置して5G実験エリアを構築。3GPP(Third Generation Partnership Project)の国際標準仕様に準拠した4.85GHz帯(帯域幅:100MHz)の新たな実験装置を用い、時速360kmでの5G通信に成功した。

NTTドコモ 実験イメージ
NTTドコモ 本実験のシステム構成

 移動局の下り最大500Mbps以上、上り最大100Mbps以上の通信速度を劣化させることなく、基地局の切り替えを確認。あわせて、地上基地局とALFA-X車内の双方向で4K/8K映像コンテンツを安定して伝送できることを確認した。約30分間の4K映像コンテンツを約1分の通信時間でダウンロードできた他、2つの基地局で約5kmの安定した5G通信エリアを構築したことにより、4K/8K映像コンテンツのストリーミング再生にも成功した。

 5Gは高速鉄道でドップラー効果や線路周辺の遮蔽(しゃへい)物の影響を受け、通信品質が不安定になるという課題がある。今回の実証実験では新幹線などの高速鉄道でも安定した5G通信が実現できたため、これまで難しかった4K/映像の伝送など新たなサービス提供の可能が広がるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう