5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2020年07月21日 20時00分 公開

ドコモ、商用5Gを活用した遠隔手術の実証実験を開始

NTTドコモは、10月に商用5Gを活用した遠隔手術支援システム、移動型スマート治療室「SCOT」を用いた実証実験を開始。高精細な手術映像など大容量データの双方向通信を検証し、遠隔の専門医が手術の状況を俯瞰的に確認しつつ手術時の指導や支援を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、7月21日に商用5Gを活用した遠隔手術支援システム、移動型スマート治療室「SCOT」を用いた実証実験について発表した。

 本実験では、IoT技術で各種医療機器・設備を連携させるスマート治療室「SCOT」と遠隔地の専門医を商用5Gで接続。執刀医の手元映像や4K外視鏡の高精細映像など、大容量データの双方向通信を検証する。

 具体的には、東京女子医科大にあるスマート治療室と専門医がいる「戦略デスク」を商用5Gと「ドコモオープンイノベーションクラウド」で接続。スマート治療室内で脳外科手術を行う執刀医の映像を専門医のいる戦略デスクにリアルタイムに送信する。これにより、遠隔の専門医が手術の状況を確認し、手術の指導・支援を行うのが狙い。

 スマート治療室内の複数の医療機器データ管理は、医療情報統合プラットフォームの「OPeLiNK(オペリンク)」を活用。スマート治療室内の4K外視鏡はオリンパス社製のものを使用し、医療情報統合プラットフォームの運営をOPExPARKが行う。

 さらに、移動型スマート治療室「モバイルSCOT」と専門医がいる戦略デスクを商用5Gで接続し、車載医療機器の高精細リアルタイム画像伝送実証も行う予定。商用5Gとクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」を活用した遠隔医療実験は国内初(同社調べ)となる。

NTTドコモ 脳外科手術イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう