ニュース
» 2020年12月14日 17時20分 公開

ドコモの「高精度位置情報サービス」、最高時速290kmフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功

NTTドコモの「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」において、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功した。高速走行中のフォーミュラカーを利用した高精度測位実証は、国内初をうたっている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは12月14日、最高時速290kmで走行中のフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功したこと発表した。この測位では、同社が提供する「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」を活用したという。

NTTドコモ 実証で用いたフォーミュラカー

 この実証実験は、12月4日〜6日に鈴鹿サーキットで開催された「2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦/第6戦 第19回JAF鈴鹿グランプリ」において、レーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」やNTT(日本電信電話)と共同で実施された。測位衛星システム「GNSS」を活用し、LTE回線で接続したGNSS受信機をフォーミュラカーに搭載し、レース走行中にリアルタイムで高精度な測位を行ったという。

 サーキット内に設置されたラップタイム計測用ビーコン通過位置と高精度GNSS測位を比較したところ、約10cmの誤差での高精度測位が可能であること、走行時間の96%で高精度測位が可能であることを確認できた。

 高速走行中のフォーミュラカーを利用した高精度測位実証は国内初をうたっている。

NTTドコモ 実証実験内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう