ニュース
» 2019年05月28日 19時44分 公開

誤差数センチの測位ができる「GNSS位置補正情報配信基盤」、ドコモが10月から提供

NTTドコモは、10月1日から誤差数センチの高精度測位を可能とする「GNSS位置補正情報配信基盤」を提供する。フラグシップパートナーのコマツから利用を開始し、マシンガイダンス技術への活用を共同で推進していく

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、10月1日から誤差数センチの高精度測位を可能とする「GNSS位置補正情報配信基盤」を提供開始する。

Photo 「GNSS位置補正情報配信基盤」の概要

 同社では2019年3月から「測位衛星システムGNSS」を活用し、誤差数センチの高精度で測位できる技術を検証してきた。そこで一定の成果を上げられたことからサービス化が決定した。GNSSは「Global Navigation Satellite System」の略で、GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)といった衛星測位システムの総称。

 本基盤は国土地理院が全国に設置された約1300局の電子基準点と、ドコモ独自固定局がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバに集め、加工した位置補正情報を移動局に配信する。

 利用シーンとしては、車椅子が移動する際の正確な誘導、スポーツ選手の移動軌跡の分析、ドローンの制御などを想定する。

Photo 活用イメージ

 まずは同社のフラグシップパートナーであるコマツから利用を開始し、建機のオペレーター支援システムであるマシンガイダンス技術への活用を共同で推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう