5Gが創出する新ビジネス
ニュース
» 2021年05月18日 17時00分 公開

楽天モバイルがNEC、富士通と提携 Open RANのグローバル展開で

楽天モバイルは、NECとグローバル市場でのOpen RAN推進に向けて連携。富士通とはグローバル展開を見据え、O-RANの技術仕様に準拠したOpen RANソリューションを共同開発する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天モバイルは5月18日、NECとグローバルテレコム市場でのOpen RAN推進に向けた覚書の締結について発表した。

 NECは日本国内で楽天モバイルの完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークの実現に向け、5G用の無線機(Radio Unit)を提供。両社はコンテナを導入したStand Alone方式の5Gコアネットワークを共同開発している。

 これより両社は、これまでの国内における協業に加えて、O-RANの技術仕様に準拠したOpen RANシステムについてグローバル展開で連携。楽天モバイルが開発する「Rakuten Communications Platform(RCP)」のグローバル通信事業者への提供を通じて、Open RAN市場の活性化を促進するという。

楽天モバイル ニュースリリース

 また、同日に楽天モバイルと富士通はグローバル展開を見据えたO-RANの技術仕様に準拠したOpen RANソリューションの共同開発に関する覚書を締結。両社は楽天モバイルが開発するRCPへ、富士通が提供するO-RAN仕様の4G/5G用無線装置を統合する。さらにOpen RANソリューションのグローバル展開を目指し、市場をリードするイノベーションの創出を推進していく。

 富士通は楽天モバイルの日本国内のモバイルネットワーク構築で、マルチベンダー環境下の相互接続確認を含む評価試験やハードウェア品質検証試験などのサービスを提供。RCPの開発での品質確保にも貢献しており、楽天モバイルとの取り組みをさらに強化する。

 Open RANは無線の送受信装置などの仕様をオープンにし、相互接続を可能とする標準化された無線アクセスネットワーク(RAN)。エンドユーザのニーズに応じて最適な装置を組み合わせ、特定ベンダーの技術に依存することなくネットワークを構築可能となる。

楽天モバイル ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう