ニュース
» 2021年05月13日 20時00分 公開

iPhone版「Rakuten Link」アプリが6月15日から仕様変更 アプリを使わない相手との電話やSMSに注意技術的都合で

iPhone(iOS)版の「Rakuten Link」アプリが、6月15日から仕様変更されることになった。同アプリを使っていない電話からの着信やSMSの送受信に、同アプリを利用できなくなる。海外で利用する場合の仕様にも変更がある。

[井上翔,ITmedia]

 楽天モバイルは6月15日から、iPhone(iOS)版の「Rakuten Link」アプリの動作仕様を変更する。同アプリを使っているiPhoneユーザーは、アプリを使っていない相手(固定電話を含む)との音声通話やSMS(ショートメッセージ)のやりとりについて注意が必要となる。

Rakuten Link

音声通話について

 楽天モバイルの携帯電話番号に着信があった場合の挙動は、以下の通り変更される。

  • 変更前:全ての通話をRakuten Linkアプリで着信可能
  • 変更後:Rakuten Linkからの発信のみRakuten Linkで着信可能

 仕様変更後は、他社の携帯電話や固定電話など、Rakuten Linkアプリ以外から発信された電話はiOS標準の「電話」アプリで着信する。Rakuten Linkアプリから電話を掛ける場合の仕様に変更はない。

 折り返しの電話をRakuten Linkアプリで行えば、従来通り通話料は無料(※)だが、iOS標準の電話アプリで折り返すと所定の通話料金が掛かるので注意しよう。

(※)「0570」「0180」で始まる電話番号宛の通話(他社接続サービス)や188番(消費者ホットライン)への通話を除く

着信時 Rakuten Linkを使っていない相手からの着信は、Rakuten Linkアプリで応答できなくなる

 今回の仕様変更に伴い、海外にいる場合の電話もiOS標準の電話アプリで着信するようになる。そのため、国/地域に応じた着信料金(従量課金)が掛かるので注意しよう。

 なお、現時点では海外にいる場合、電話アプリでは電話を受けられない。仕様変更日までに対応するものと思われる。

着信料金 仕様変更後、海外滞在中の電話の着信は電話アプリで行うようになる。それに伴い、国/地域ごとに定められた着信量金が掛かるようになる

SMSの送受信について

 Rakuten Linkアプリを使っていない人とのSMSのやりとりについては、以下の通り変更される。

  • 変更前:Rakuten Linkアプリで送受信可能
  • 変更後:Rakuten Linkアプリで送受信不可

 仕様変更後は、Rakuten Linkを使っていない人とのSMSはiOS標準の「メッセージ」アプリで送受信することになる。Rakuten Linkユーザー同士のメッセージのやりとりの仕様に変更はない。

仕様変更 Rakuten Linkを使っていないユーザーとのメッセージのやりとりにRakuten Linkアプリを利用できなくなる

 この仕様変更に伴い、Rakuten Linkアプリを使っていない携帯電話ユーザーにSMSを送信する場合は「送信料」が必要となる。送信料は以下の通りだ。

  • 国内から日本の電話番号へ送信:70文字当たり3円(税込み)
  • 海外から日本の電話番号へ送信:70文字当たり100円(不課税)
  • 日本から海外の電話番号へ送信:70文字当たり100円(不課税)
  • 海外から海外の電話番号へ送信:70文字当たり100円(不課税)

 なお、海外にいる場合もSMSは無料で受信できる。ただし、現時点では海外にいる場合、メッセージアプリではSMSの送受信を行えない。電話と同じく、仕様変更日までに対応するものと思われる。

送信料金 Rakuten Linkアプリが使えなくなることに伴い、Rakuten Linkを使っていない相手にSMSを送る場合は送信料金が掛かるようになる
受信料金 SMSの受信料金は引き続き無料となる。ただし、現時点では海外でメッセージアプリを使ったSMSの送受信を行えない

iOS 14.4以降へのバージョンアップも忘れずに

 この仕様変更に伴い、iOS 14.4以前のiPhoneではSMSの送受信が行えなくなる可能性がある。6月14日までにiOS 14.4以上にアップデートした上で、最新のキャリア設定を適用するようにしよう。

仕様変更は「技術的都合」

 楽天モバイルによると、今回の仕様変更は「技術的な都合」によるものだという。その都合について同社広報部に尋ねてみたが、詳しいことは非開示となっているようだ。

 Android版のRakuten Linkアプリについては、このような仕様変更はないとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2022年06月28日 更新
  1. 「Xperia 10 IV」と「Xperia Ace III」はどちらが買い? スペックから使い勝手までを徹底比較 (2022年06月27日)
  2. ドコモに聞く「dポイントクラブ」改定の背景 なぜ契約年数を条件から撤廃したのか? (2022年06月27日)
  3. 月20GBのスマホ料金で最安は? ギガも通話もお得に使える10サービスを徹底比較 (2022年06月24日)
  4. 「プラチナバンドを楽天に譲渡すべき」「PayPay黒字化はいつ?」 ソフトバンク株主総会で語られたこと (2022年06月25日)
  5. 詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策 (2022年06月26日)
  6. スマホのバッテリー劣化の指標「充電サイクル500回」って結局どういうこと? (2022年06月25日)
  7. 総務省が4キャリアと全携協に「不当な端末販売拒否」の改善を要請――そもそも、スマートフォンは完全分離で売れるものなのか (2022年06月26日)
  8. PayPayキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 最大10万ポイント還元が始まる (2022年06月26日)
  9. d払い、dカード、dポイントキャンペーンまとめ【6月26日最新版】 50万ポイント山分け、抽選で50倍進呈も (2022年06月26日)
  10. ドコモが「dポイントクラブ」を6月にリニューアル 長期契約者やヘビーユーザーの還元率をアップ (2022年02月25日)

過去記事カレンダー