「iPhone SE(第2世代)」が“リファービッシュスマホ”でも人気の理由 Back Marketが調査

» 2024年07月09日 18時26分 公開

 Back Marketは、7月9日に日本、米国、欧州の「2024年上半期リファービッシュスマホ販売数ランキング」を発表した。2024年1月1日から6月30日までの期間、Back Marketで取り扱ったリファービッシュ品(整備済製品)の販売データを元にしている。

 米国と欧州は「iPhone 13」「iPhone 12」が1位にランクインする一方、日本は「iPhone SE(第2世代)」が1位となった。また、米国では「Galaxy S21 5G」が5位にランクインし、Android端末のニーズの高さがうかがえる。

Back Market 日本、米国、欧州の「2024年上半期リファービッシュスマホ販売数ランキング」

 2023年9月にiPhone 13 miniが販売終了し、iPhone14/15シリーズでも販売されないことから小型モデルの後継機が期待しにくいこと、新シリーズには片手で操作しやすい製品が少ないことなどが、iPhone SEのような小型スマートフォンが日本の中古市場での人気を集めている要因だとしている。今後も円安ドル高による影響でiPhoneの値段が高騰し続ければ、より低価格な「SE」や「mini」モデルの需要はさらに高まると推測している。

Back Market 日本では「iPhone SE(第2世代)」が1位

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー