ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デスクトップ仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
仮想化 − TechTargetジャパン

約半数のPCはWindows 11非対応
PC総入れ替えか? VDIでも発生するWindows 11のTPMサポート問題
Lansweeperの調査の結果、企業が使っている物理PCの約半分はWindows 11にアップグレードできないことが分かった。端末の仕様に左右されないはずのVDIでもWindows 11移行には課題が生じるという。(2021/11/29)

SaaS利用や情シスのテレワークにも対応:
PR:ゼロトラスト前提の今「特権ID管理」を見直すべき理由
SaaSの普及やランサムウェアをはじめとした脅威の高度化、複雑化など、特権ID管理を取り巻く環境は大きく変化している。クラウド移行やテレワークにも柔軟に対応する、次世代の特権ID管理に必要なポイントとは。(2021/11/26)

どうすればIT運用管理はもっと楽になる?
従業員100人未満の企業に聞いて分かった「IT運用管理で本当に必要なもの」
テレワークが当たり前の選択肢になり、企業の働き方は大きく変化している。だが、“従業員100人未満の企業”のIT担当者の多くが、こうした変化に大きな不安を抱えている。多忙な中で変化に対応するためにIT運用管理はどうあるべきか。(2021/11/1)

買い換えるなら今?
テレワークをスモールスタートさせたいなら「最初の一手はPC」にすべき理由
テレワークの環境整備の必要性は分かっていても、具体的にどこから始めればいいか分からないという企業は多いだろう。テレワークが当たり前の時代に先駆けて用意すべきは「場所を問わずに安全に使えるPC」だ。(2021/11/1)

AI開発:
PR:機械学習の専門家がなぜ最新ワークステーションでAI開発を加速できたのか
製造業におけるワークステーションの用途が、従来のCADやCAEを用いた設計だけでなく、AI開発にも広がりつつある。日本HPのワークステーションであれば、他社を圧倒する製品ラインアップに加え、国内生産と充実したサポート体制、無償のリモートワーク対応ソフト「ZCentral Remote Boost」などによりAI開発の生産性を大幅に高められる。機械学習の専門家として世界トップクラスの技術を持つKaggleグランドマスターも太鼓判を押すその実力を見てみよう。(2021/10/26)

働き方改革の救世主「ニューノーマルVDI」とは
VDIで「原因不明のCPU高負荷やパフォーマンスの問題」に悩まされるワケ
VDIのパフォーマンスに悩む企業は多い。十分なネットワーク帯域を確保しているにもかかわらず、操作性が低下して業務効率に直接影響を与えるケースが散見されるが、問題の本質はどこにあるのか。有識者に話を聞いた。(2021/10/26)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【後編】
Windows 11の「タブレットモード廃止」はWindows 10からの移行の障壁になるか?
Microsoftの新OS「Windows 11」はタッチ操作やゲーム機能を向上させ、PC操作の快適さを磨き上げた。仕事や遊びを問わない機能強化をアピールする同社の戦略は、企業やエンドユーザーに響くのか。(2021/10/20)

国内プライベートクラウド市場、2025年に2.8兆円規模へ 成長要因にコロナで明暗か
IDCの調査によると、国内プライベートクラウド市場は今後年成長率25.3%で堅実に推移し、2025年に2020年比3.1倍の2兆7815億円に達する見通し。市場成長の要因とは。(2021/10/19)

Windows 11、Windows 365時代のセキュリティのトレンド:
セキュリティが人に合わせる時代にふさわしいのはVDI、PC、それともDaaS?
大企業で導入が進むVDIだが、実はここ2年間で導入企業数は減少し、中には物理PCに「逆流」した事例もある。なぜ今、仮想から物理PCの「逆流」が起きているのか。これから最適なセキュリティの在り方とは。(2021/10/19)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【中編】
Androidのヘビーユーザーは脱「Windows 10」からの「Windows 11」移行を熱望?
Microsoftの新OS「Windows 11」は、「Android」アプリケーションの実行や画面の簡単整理機能「スナップレイアウト」を新たに搭載する。これらの機能はどのようなユーザーが好む機能になりそうか。(2021/10/13)

「Azure Virtual Desktop」でWindows 11が利用可能に Windows 365 Cloud PCに続き
米Microsoftが、「Microsoft Azure」で仮想デスクトップ環境を提供している「Azure Virtual Desktop」について、Windows 11に対応したことを発表した。(2021/10/12)

日本ユニシス、仮想デスクトップ環境「楽DaaS」販売開始 テレワーク導入や閉域網などでの利用に
日本ユニシスは、仮想デスクトップ環境の構築と運用サービス「マネージド仮想デスクトップサービス『楽 DaaS』」の販売を始めた。テレワークの本格導入や短期間でユーザー増減が想定できる開発環境、閉域網などの利用を想定する。(2021/10/11)

苦しい今こそ進めば勝機は見えてくる!:
PR:NTTビジネスソリューションズが描く、コロナ“次代”に勝つ経営変革とは?
新型コロナウイルスの影響で、先が見えず経営戦略がままならない中、未消化タスクばかりたまっていく――そんな現状を嘆いてはいないだろうか。しかし、ICT技術が発展し、あらゆる常識が覆された今は、むしろ成長を蝕む古いシステム、習慣、ルールを全て再構築する絶好のタイミング。「ピンチはチャンス」が決して絵空事ではない、具体的な前進方法とは?(2021/10/5)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがリモートアクセス技術のTeradiciを買収 “在宅勤務”市場での狙いは?
HPはTeradiciを買収し、遠隔のコンピュータへのリモートアクセス技術を統合する。PCベンダー大手はどのような戦略を描いているのか。(2021/9/30)

ANAグループ×観光庁対談:
PR:今、日本企業にこそ「ワーケーション」が必要なワケ 導入事例で学ぶ「休む」だけじゃない効果
徐々に導入企業も出てきている「ワーケーション/ブレジャー」。興味はあるが、なかなか導入まで踏み切れず悩んでいる企業も多いのではないだろうか。そこで本記事では、以前からワーケーションに取り組んでいるANAグループと観光庁の対談を通し、「ワーケーションが企業にもたらすメリット」や成功のカギを探る。(2021/9/30)

ITリソースの自動管理がもたらすもの:
PR:複雑化したITシステム、最適なリソースを割り振るには
クラウド化で新旧システムが混在する中、アプリケーションのどこで何が起きているのかを正確に把握するためには、何が必要なのだろうか? 2021年8月24日にライブ配信されたオンラインセミナーから、日本IBMのセッション「顧客体験を損なわないアプリケーション起点のIT運用」についてレポートする。(2021/9/27)

教育現場だけではない活用の場
「Chromebook」はビジネスで使えるのか? 事例から学ぶメリットと利用シーン
VDIとシンクライアントを用いたテレワークはコストと手間がかかるため、現実的ではない企業もある。そうした悩みの解決策として浮上している、「Chromebook」を使ったテレワークとはどのようなものか。事例を交えて解説する。(2021/9/27)

変革、待ったなし:
PR:ITインフラ改善から取り組む、DX推進の第一歩
DXの本質は、デジタル化、クラウド化、レガシー資産の刷新ではなく、会社を変革することである。そのためには、何が必要で、どこから着手すればよいのだろうか。(2021/9/27)

複合型クラウドサービス、トラブル対応を一本化 CitrixとAVD向けにネットワールド提供
ネットワールドのWebヘルプデスクシステム「TEC-World」に問い合わせると、Citrix CloudとAVDに精通した専任エンジニアが技術的な質問に対応する。(2021/9/21)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第3回】
採用面接で仮想化技術の“あの言葉”の意味を聞かれたら、どう答えるべきか
仮想化エンジニアの採用面接では、求職者が持つ仮想化技術の知識や経験を問われることがある。採用面接に頻出する質問を基に、仮想化のスキルをアピールするための回答のポイントを説明する。(2021/9/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(157):
これで画面共有も安心、Windows 365 Cloud PCとAzure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が利用可能に
Azure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が正式にサポートされました。これにより、スクリーンショットや画面共有を使用してエンドポイントから機密情報が漏えいするリスクを軽減できます。この機能は、Azure Virtual DesktopをベースとするWindows 365 Cloud PCでも利用可能です。(2021/9/17)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第2回】
“テレワーク前提”なら無視してはいけない「セキュリティ」の課題と解決策
テレワークを一時的な施策ではなく長期施策として継続する場合に、無視できないのがセキュリティに関する課題だ。どのような課題があり、どうすれば解決できるのか。(2021/9/13)

利用者数や通信量の急増にも対応:
富士通、仮想デスクトップサービス群「FJDaaS」を提供開始
富士通は、仮想デスクトップサービスの新ブランド「FJDaaS」を立ち上げ、「Azure Virtual Desktop」を利用するパブリッククラウド型VDIの新サービスを開始。富士通のクラウドから提供する2つのプライベートクラウド型VDIも刷新し、併せて提供する。(2021/9/10)

Windows 10 The Latest:
【10/5 提供開始】Windows 11の登場で、どうなるどうするWindows 10
Windows 11の正式提供が2021年10月5日に始まることが発表された。当日から、Windows 10からWindows 11への無償アップグレードも段階的に開始されるという。すぐにWindows 11へ移行した方がいいのか、Windows 11のメリット/デメリットをWindows 10ユーザーの視点でまとめてみた。(2021/9/9)

仮想化エンジニアの採用面接でよく出る11個の質問【第1回】
「仮想化エンジニア」になろう――その仕事内容と必要なスキルとは
仮想化エンジニアの職に就くにはまず、その役割を理解することと採用面接に通過することが必要だ。仮想化エンジニアの具体的な業務内容と、面接時に心掛けておきたいことを説明する。(2021/9/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
病院システムの課題を解決、ヘルスケア分野の5つの事例に学ぶITインフラ刷新術
さまざまな業界でITインフラの刷新が進んでいる今。ヘルスケアの分野でも、データやデバイスの管理、乱立するシステムの運用管理やコストなどの面で課題を抱えて組織が増えている。その解決策を5つの事例から探る。(2021/9/10)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【前編】
学生1万人の大学がテレワーク用システムを10日で構築、IT幹部に聞くその舞台裏
教育機関も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた。英国のブラッドフォード大学はロックダウンの兆候を察知し、テレワーク用システムの整備を加速させた。同校のIT部門幹部に、そのいきさつを聞いた。(2021/9/2)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(107):
VPN、Windows 365、Azure Virtual Desktop……リモートアクセス環境はどれを選べばよい?――Microsoftのリモートアクセステクノロジーまとめ
コロナ禍の中、企業はテレワーク(リモートワーク)の導入と継続を求められ、それが長期化しています。既にテレワーク環境を整備した企業でも、セキュリティの強化や運用コストの面から定期的に見直すべきです。今回は、Windows/Windows Serverの標準機能、Microsoft Azureのサービスとして利用可能なリモートアクセス環境を簡単にまとめました。(2021/8/31)

高性能のVDIでWindows 11に対応
Windows 10/11向けVDI見直しの最適解を探る コスパ最大化の秘訣
「CPU負荷を理由にWeb会議中のVDIユーザーがビデオをオフにする」といった問題が頻繁に起きている。今後の「Windows 11」導入や利用者の拡大を想定しつつ、この問題を解消するVDIの最適解を考える。(2021/8/30)

コロナ禍をITで乗り越えるエジンバラネピア大学【前編】
学生2万人の大学がオンライン教育に生かした「Horizon」×「Azure」のVDIとは?
英国のEdinburgh Napier Universityは、COVID-19のパンデミック前から構築してきたVDIを生かし、オンライン教育へと迅速に移行した。「VMware Horizon」と「Microsoft Azure」で構築したという、同校のVDIとは。(2021/8/23)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第1回】
テレワークを避けられないなら最低限押さえておきたい「経営課題」とは
感染症対策として急場しのぎでテレワークを導入した企業が、テレワークを長期施策として捉えたときに、浮き彫りになる経営課題とは。主要な項目を整理する。(2021/8/18)

Windows 365はAzure Virtual Desktopの簡略版?
「Windows 365」に困惑の声 「『Azure Virtual Desktop』と何が違うのか」
企業の間では、どのような場合に「Azure Virtual Desktop」ではなく「Windows 365」を選ぶべきなのかが分かりにくいとの声がある。両者の違いはそれほど大きくないように見えるが、本当にそうなのか。(2021/8/22)

RDPセッションがフリーズする原因と解決方法【後編】
Windowsの仮想デスクトップにアクセスできないときの「証明書の確認」と、最終手段「ユーザープロファイルの再作成」の方法
RDPセッションが利用できなくなる原因は幾つかある。問題の原因を特定して再び利用できるようにする方法と、問題が解決しない場合の“最終手段”を説明する。(2021/8/17)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第2回】
VPNだけではない「セキュアリモートアクセス」を実現する技術、その長所と短所
コロナ禍でニーズの高まりを見せる「セキュアリモートアクセス」は、さまざまな技術分野で構成される。「VPN」や「CASB」など、代表的な技術分野とそれぞれの長所・短所を解説する。(2021/8/16)

Windows 365入門:
買って、試して分かったWindows 365(契約・セットアップ編)
Microsoftからクラウド上でWindows 10が動く「クラウドPC」の利用可能なサブスクリプションサービス「Windows 365」の提供が開始された。早速、サブスクリプションを契約し、クラウドPCの設定を行ってみた。契約からセットアップまでで見えてきた便利な点、不便な点などをまとめてみた。(2021/8/12)

RDPセッションがフリーズする原因と解決方法【前編】
Windowsの仮想デスクトップが使えなくなる「メモリ不足」とその解決方法
RDPセッションがフリーズし、仮想デスクトップが利用できなくなる原因の一つに、ホストの「メモリ不足」がある。メモリが不足していないかどうかを確認する方法と、その解決方法を説明する。(2021/8/10)

度々求められるパスワードの入力に、もううんざり?:
PR:生体情報を保管しないセキュアな顔認証で、サインインをスムーズに
テレワークの普及に伴い、「認証」に関わる作業の煩雑さはユーザー、システム管理者ともに増大した。パスワードや専用機器による認証以外に、もっと容易で、もっと安全な方法はないものだろうか――。(2021/8/6)

「Windows 365」が提供開始 中小企業・大企業向けのプランを用意
Microsoftは、月額制のVDIサービス「Windows 365」の提供を開始した。中小企業向けの「Windows 365 Business」と、大規模組織向けの「Windows 365 Enterprise」の2つエディションを提供する。(2021/8/4)

どうすればIT運用管理はもっと楽になる?
従業員100人未満の企業に聞いて分かった「IT運用管理で本当に必要なもの」
テレワークが当たり前の選択肢になり、企業の働き方は大きく変化している。だが、“従業員100人未満の企業”のIT担当者の多くが、こうした変化に大きな不安を抱えている。多忙な中で変化に対応するためにIT運用管理はどうあるべきか。(2021/8/2)

買い換えるなら今?
テレワークをスモールスタートさせたいなら「最初の一手はPC」にすべき理由
テレワークの環境整備の必要性は分かっていても、具体的にどこから始めればいいか分からないという企業は多いだろう。テレワークが当たり前の時代に先駆けて用意すべきは「場所を問わずに安全に使えるPC」だ。(2021/8/2)

「Windows 365」先取りチェック【後編】
「Windows 365」の2021年登場は“必然”? 専門家が「タイムリー」と評する訳
Microsoftはなぜ今、新たなDaaS「Windows 365」を提供するのか。その背景には、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う“ある変化”があると専門家はみる。(2021/7/23)

意思疎通のためのセキュリティ用語集【第4回】
「クラウドテスト」「ホストベーステスト」とは? 何を実行するのか
侵入テストに関する比較的新しい用語に「クラウドテスト」「ホストベーステスト」がある。それぞれ何を対象とした、どのような侵入テストなのか。基本的な事項を解説する。(2021/7/23)

小寺信良のIT大作戦:
小規模企業向けクラウドPCは浸透するか Webブラウザから使えるマシン「Windows 365」登場で考えた
8月2日から利用可能になるWindows 365 Cloud PC。期待がかかるが、個人や小規模の企業で利用できるのか。また、どの程度の料金なら割に合うのか。(2021/7/20)

「Windows 365」先取りチェック【前編】
クラウドPC「Windows 365」の衝撃 Windows 10やWindows 11が使える定額制DaaS
Microsoftの「Windows 365」は、「Windows 10」「Windows 11」搭載の仮想デスクトップが使えるDaaSだ。同社の既存DaaS「Azure Virtual Desktop」とは異なり、定額制の料金体系を採用した。その背景に何があるのか。(2021/7/17)

メカ設計ニュース:
5G×MEC×GPUで3D CADがサクサク動く、設計開発エンジニアのテレワークに最適
NTTドコモが「docomo 5G DX MEETUP for business」の展示内容の一部を報道陣に公開。低遅延と高いセキュリティを実現可能なMECの特徴を持つ「ドコモオープンイノベーションクラウド」の新たなGPUメニューの活用により、設計開発エンジニアのテレワークに必要となる3D CADツールのVDI構築に貢献できることを示した。(2021/7/16)

MacやAndroidからも利用できる:
「Windows 365」をMicrosoftが発表、「Cloud PC」を実現するクラウドサービス
Microsoftは「Windows 10」や「Windows 11」(2021年中にリリース予定)を体験する新しい方法としてクラウドサービス「Windows 365」を発表した。2つのエディションがあり、2021年8月2日から提供を開始する。(2021/7/16)

「Cloud PC」の中身が明らかに:
月額制VDIサービス「Windows 365」を発表 Windows 11をクラウドで
Microsoftは2021年8月2日に、Windows 365の一般提供を開始する。同社が「Cloud PC」と呼ぶこのサービスは、Windows 10やWindows 11が稼働する仮想デスクトップ環境をクラウドで月額提供する。(2021/7/16)

柔軟性もアジリティもここまで変わった
HCIを進化させる3つのトレンド、コンテナやエッジで活用するためには何が必要?
仮想化基盤に加え、ハイブリッドクラウドやコンテナ基盤、エッジ領域など幅広い分野で採用され始めているHCI。中でも定番となっているHCI製品は、最新技術への対応をどのように実現しているのか。3つのポイントを軸に解説する。(2021/7/16)

「Windows 365」はWebブラウザで使えるWindows 10/11 Microsoftが8月2日に提供開始
Microsoftはクラウド版Windows、「Windows 365」を発表した。Mac、iPad、Android、Linuxなどの端末のWebブラウザでWindows 10/11にログイン、作業できる。企業向けに8月2日に提供を開始する。(2021/7/15)

VMの割り当て方式に注目
テレワーク長期化でかさむDaaSのコストを最適化する「次の一手」
DaaSは手軽に利用できるものの、長く使うほどランニングコストや運用管理工数の高止まりが顕在化する場合がある。短期的には気付きにくいDaaSのメリットとデメリットを理解し、自社ニーズに適したDaaSを選ぶこつとは。(2021/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。