ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略【前編】
AWS、Microsoft、Googleの「ハイブリッドクラウド」製品をざっくり理解する
主要クラウドベンダーであるAWS、Microsoft、Googleの3社がハイブリッドクラウド戦略を本格化させている。各社の製品と現状を紹介する。(2019/4/22)

日本マイクロソフト、ハイブリッドクラウド市場に照準 「Azure Stack HCI」に注力する方針を強調
日本マイクロソフトが、「Azure Stack HCI」の展開に注力する方針を強調。ハイブリッドクラウド需要の拡大を予測しているため。「重要な個人情報はオンプレミス環境で保持したいが、クラウドが持つ処理能力を活用したい」といったニーズを持つ金融機関などに訴求していくという。(2019/4/19)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

製造ITニュース:
マイクロソフトが描く、現場の人が働きやすくなるデジタル変革とは
日本マイクロソフトは2019年4月18日、現場の労働者を対象とし、働き方改革を実現するデジタルソリューション戦略を発表。事例などを中心に同社が持つさまざまなソリューションを組み合わせることで実現できる世界を訴えた。(2019/4/19)

他のライブラリより10倍高速:
Microsoft、「Bing」で使用する自然言語処理ライブラリとツール「Bling Fire」を公開
Microsoftは、Bingで使用している超高速有限ステートマシンと正規表現操作ライブラリ「Bling Fire」をGitHubで公開した。従来のライブラリよりも高速で、例えばPythonから容易に利用できる。(2019/4/19)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(13):
気軽にバージョンアップして大丈夫? 最新版「Office」運用で気を付けたい落とし穴
Microsoft製品の「2020年問題」で見落とされがちな、「Office 2010」のサポート終了が迫ってきました。「最新版を選べば、サポート期間も長いしメリットも大きいのでは」と考える人は多いかもしれませんが、運用の面では気を付けてほしい点があります。(2019/4/19)

Microsoft、先代より60%スリムな「Surface Hub 2S」を6月に9000ドルで発売へ
MicrosoftがWindows 10搭載大画面端末の2代目に当たる「Surface Hub 2S」を6月に米国で発売する。価格は8999.99ドル(約100万円)。先代より60%薄くなり、明るさは40%増。昨年5月に予告していたパネリングや回転機能は2020年の「Surface Hub 2X」までおあずけだ。(2019/4/18)

Microsoft、ディスクレスの「Xbox One S All-Digital Edition」をオリジナルより50ドル安く発売へ
Microsoftは、2016年に発売したゲーム機「Xbox One S」のディスクレスモデルを発表した。米国で5月にオリジナルより50ドル安い249.99ドルで発売する。人気ゲーム3本のダウンロードコード付き。(2019/4/17)

「改元」対応に落とし穴あり:
「令和」への改元が目前、経済産業省と日本マイクロソフトがシステム改修への注意を喚起
経済産業省と日本マイクロソフトは、改元に伴う情報システム改修などへの対応に注意を促している。特にシステム間で日付データを文字列で交換している場合は注意が必要だ。(2019/4/17)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

HotmailやMSNに不正アクセス、ユーザーのメールの内容見られた可能性も
Microsoftサポート担当者のアカウントが不正に利用され、Microsoft社外の人物が、ユーザーの電子メールアカウントの情報にアクセスできる状態になっていた。(2019/4/16)

Microsoftのカーネルエンジニアが回答:
Windows 10のソースコードは何で書かれている?
実名制Q&Aサイト「Quora」で、「Windows 10の開発にどのようなプログラミング言語が使われたのか」という質問に対し、Microsoftのカーネルエンジニアが2019年3月、最新の回答を投稿した。(2019/4/16)

競争はますます激化
マルチユーザーWindows 10が使える「Windows Virtual Desktop」と他のDaaSの違い
MicrosoftがDaaS「Windows Virtual Desktop」で「Windows 10」のデスクトップをマルチユーザーで利用可能にすることは、DaaS市場に大きな変化をもたらす。競争はますます激化し、他のDaaSベンダーも革新を迫られる。(2019/4/16)

「改元を目前に、今すぐするべき準備」 経産省とマイクロソフトの説明会資料公開
改元に伴って必要な情報システムの改修などについて解説した、経済産業省・日本マイクロソフト共催の説明会の資料が公開。改元に当たって考慮すべきことや、Microsoft製品の更新時の注意点などについてまとめている。(2019/4/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Chromium Edgeは一般ユーザーが利用する価値があるのか
Microsoftが開発を進めている「Chromium Edge」について、開発者版をダウンロードして試した。そこから見えた、「Microsoft版Chrome」の方向性を見ていこう。(2019/4/12)

クラウドのSQL Serverを最大限に活用するために:
Azureで利用可能なPaaSのSQL Serverの特徴を学ぼう[後編]――Azure SQL DatabaseとAzure SQL Database Managed Instanceの違い
前編では、Microsoft Azureで利用可能なPaaSのSQL Serverの種類と、AzureのPaaS「Azure SQL Database」と「Azure SQL Database Managed Instance」に共通する特徴を解説しました。後編では、SQL DatabaseとManaged Instanceには、それぞれどのような特徴があるのかを紹介します。(2019/4/12)

Google Cloud Next '19:
「G Suite」、Googleアシスタント対応や動画チャットのキャプション、Office編集などの新機能
Googleがグループウェアスイート「G Suite」の多数の新機能を発表した。「Googleアシスタント」のG Suiteのカレンダーのサポート、「ハングアウトMeet」の自動字幕、「Microsoft Office」文書をそのまま編集・保存する機能などだ。(2019/4/11)

「緊急」の脆弱性16件が修正――Microsoftが4月の月例セキュリティ更新プログラムを公開
Microsoftは、4月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。今回の更新プログラムでは計74件の脆弱性が修正された。このうち2件については事前に攻撃の発生が確認されていた。(2019/4/10)

2種類の「PowerShell」を統合:
Microsoft、「PowerShell Core 6.2」を公開、次期リリースは「PowerShell 7」に
Microsoftは、「PowerShell」について、オープンソースエディションの最新リリース「PowerShell Core 6.2」の一般提供を開始した。また、次期リリースの開発計画と、名称が「PowerShell 7」となる理由も明らかにした。(2019/4/10)

SlackがMicrosoft製品と連携 チャット画面で「Office」ファイルなど閲覧可能に
コラボレーションツール「Slack」が「Office 365」と連携。Slack上で「Microsoft Office」シリーズのファイルを閲覧したり、「Outlook」に届いたメールを確認したりすることが可能になる。詳細と実装時期は決まり次第告知する。(2019/4/10)

主要な機能を整理
「Windows Server 2019」にここまで盛り込まれていた「SDDC機能」の中身
Microsoftは「Windows Server 2019」に、「ソフトウェア定義データセンター」(SDDC)の構築に役立つ多様な機能を盛り込んだ。どのような機能があるのだろうか。(2019/4/10)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(7):
エンジニアがCTOやCIOになってビジネスプロセスの変革をリードするのは難しい話ではない
「アジャイル」「DevOps」「CI/CD」「パイプライン管理」はエンジニアの働き方や役割にどんな変化をもたらすのか。日本IBM、日本マイクロソフト、アトラシアンでさまざまな開発ツールのエバンジェリストを務めた、エバンジェリズム研究所 代表 長沢智治氏に聞いた。(2019/4/18)

オンデマンド、スポットの“いいとこどり”
AWS、Azure、GCPの激安プラン「リザーブドインスタンス」はどれだけ安い?
パブリッククラウド利用において長期的な“約束”にはどのような意味があるだろうか。インスタンスの利用を長期で予約する際、AWS、Microsoft、Googleの料金体系にはどのような違いがあるのか、詳しく見てみよう。(2019/4/10)

“脱Excel”か“活Excel”か
Excelの長過ぎる関数式をシンプルにするために、職場で心掛けたいポイント
気が付けば「Microsoft Excel」の関数式が長文に……。作成者なら理解できる関数式も、第三者が読み解くのは一苦労だ。チームで使うExcelツールならば、シンプルな関数式にしておかないと大きなデメリットが。(2019/4/9)

Chromium版EdgeのCanary版と開発者版リリース
Microsoftが12月に発表したChromiumベース「Edge」ブラウザのCanaryおよびDevチャンネル版が公開された。インストールできるのはまだWindows 10のみだ。“間もなく”Beta版もリリースの見込み。(2019/4/9)

ハノーバーメッセ2019:
既にビジネス拡大のフェーズに、マイクロソフトが訴えたデジタル変革の価値
マイクロソフトは、ハノーバーメッセ2019において、製造業を含む産業のデジタル変革が既に多くの実績と成果を挙げている状況を紹介。これらの動きを、エッジコンピューティングやクラウド基盤、AI、ブロックチェーンなど豊富に抱えるさまざまな技術リソースにより、包括的に支援できる強みを訴えた。(2019/4/9)

95%のAPIを固定:
Microsoftが.NET向け機械学習フレームワーク「ML.NET 1.0 RC」を公開
Microsoftは、.NET開発者向けの機械学習フレームワークのリリース候補版「ML.NET 1.0 RC」をオープンソースソフトウェアとして公開した。主要なAPIの機能変更を終えており、クロスプラットフォームで利用できる。(2019/4/9)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
ROI試算で社員2人分の差、マイクロソフトに学ぶ「働き方改革」成功の秘訣
働き方改革への取り組みが加速する中、生産性とセキュリティを兼ね備えた“モダンワークスタイル”を実践している日本マイクロソフト。同社が働き方改革を成功させられた理由とは何か。デモ画面を交えた動画で紹介する。(2019/4/11)

米陸軍、「HoloLens 2」ベースの軍事ヘッドセット「IVAS」プロトタイプを披露
米陸軍がMicrosoftの「HoloLens 2」ベースで開発中の軍事ヘッドセット「IVAS」をCNBCの記者に体験させた。2022年には実用化の見込みとしている。(2019/4/8)

ユーザーが管理できる範囲を拡大:
Microsoft、Windows Updateプロセスの重要な変更を発表
Microsoftは、Windows Updateプロセスについて重要な変更を発表した。Windows Updateエクスペリエンスの向上、ユーザーが管理できる範囲の拡大、Windows更新プログラムの品質向上が目的だ。(2019/4/8)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
SMS認証の仕組みと危険性、「TOTP」とは? 「所有物認証」のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回はパスワード以外の「所有物認証」について。(2019/4/8)

製造マネジメントニュース:
BMWグループとマイクロソフト、スマート工場の新たなプラットフォームを設立
ドイツのBMWグループと米国マイクロソフトは2019年4月2日(現地時間)、開催中のハノーバーメッセ(2019年4月1〜27日、ドイツ・ハノーバーメッセ)でスマートファクトリーのプラットフォームを共同で展開する「Open Manufacturing Platform(OMP)」を発表した。(2019/4/5)

クラウドとオンプレミスのワークロード全体を保護:
Microsoft、「Azure Security Center」の新機能を提供開始
Microsoftは、統合インフラセキュリティ管理システム「Azure Security Center」に複数の新機能を追加し、一般提供を開始した。規制コンプライアンスへの対応状況を表示する機能など、セキュリティの専門家でなくても利用できる機能がそろっている。(2019/4/5)

充実のセキュリティ機能から“使える”無料プランまで
Slackユーザーが「Microsoft Teams」へ乗り換えたくなる4つの比較ポイント
「Slack」に先行を許した「Microsoft Teams」は、企業利用に向けた機能を着実に充実させている。SlackとTeamsを比較する際に、あえてTeamsを選ぶとすれば、どのようなメリットが得られるのだろうか。(2019/4/5)

GitHubとの連携などを強化:
Microsoft、「Visual Studio 2019」の一般提供を開始
Microsoftは、統合開発環境の最新版「Visual Studio 2019」の一般提供を開始した。ボタンをクリックするだけで警告や推奨を解決できる「ワンクリックのコードクリーンアップ」や、実際のコードベースから学習するAI支援の提案機能「Visual Studio IntelliCode」、コードを共有してリアルタイムの共同開発が行える「Visual Studio Live Share」などを利用できる。(2019/4/4)

Microsoft Store、電子書籍の販売終了 購入分は全額返金
「Microsoft Store」で、電子書籍の販売、レンタル、予約サービスが終了。これまで利用者が購入した書籍の代金は、7月上旬に全額返金する。(2019/4/3)

「Visual Studio 2019」正式版公開 AIが“コードの入力候補”を提示
Microsoftが、統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2019」の提供を始めた。AI(人工知能)がコーディングを支援する「IntelliCode」などを搭載。(2019/4/3)

「Surface Book 2」 の13.5インチ、第8世代Intel Core i5モデル登場
Microsoftが2017年10月に発売したノートPC「Surface Book 2」の13.5インチモデルに、Intelの第8世代Core i5モデルが追加された。メモリ8GB、ストレージ256GBで価格は税込み20万664円。(2019/4/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
クラウドシフトが進むMicrosoftの最新動向
Microsoftが開発中の「WCOS」(Windows Core OS)を利用したデバイスの最新動向と、最近のクラウドシフトについてまとめてみた。(2019/4/3)

日本マイクロソフト、新元号「令和」対応に向けた法人向けまとめページを公開
日本マイクロソフトは、新元号対応への取り組みをまとめた法人顧客向けページを公開した。(2019/4/2)

マイクロソフト、新元号対応の更新プログラムを段階的にリリースへ、「完了まで数カ月程度かかることも」
日本マイクロソフトは、4月1日に新元号が発表されたことを受け、「段階的に実稼働環境用の更新プログラムをリリースしていく」予定だ。完了まで「数カ月程度かかることがある」としており、同社のサポートチームが顧客をサポートするという。(2019/4/2)

Googleは今年もエイプリルフールに参戦 Googleマップで「ヘビゲーム」
Microsoftや日産が不参加を表明しているエイプリルフールだが、Googleは今年も複数のネタを投入した。米国のGoogleマップチームは電車で乗客を拾う「ヘビゲーム」を提供。(2019/4/1)

クラウドのSQL Serverを最大限に活用するために:
Azureで利用可能なPaaSのSQL Serverの特徴を学ぼう[前編]
本稿では、Microsoft Azureで利用可能なPaaSとして提供されている「SQL Server」の特徴やメリットを紹介します。最新機能ではなく、これからAzureのSQL Serverを利用しようと考えている方に、全体的な特徴をつかんでもらえる内容です。前編では、Azureで提供されているPaaSのSQL Serverの種類と特徴を紹介します。(2019/4/1)

Panorama Consultingの「Clash of the Titans 2019」調査
ERP市場が激戦化:SAPが依然リードも、OracleとMicrosoftが追い上げ、Inforも台頭
ある調査によると、SAPは“ティア1”ERP市場をリードし続けているが、OracleとMicrosoftが追い上げを見せている。Inforも躍進しており、この市場では明らかにディスラプション(創造的破壊)が起こっている。(2019/4/1)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第2回):
PR:Windows 10のメンテナンス 更新プログラムの管理もMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。前回は、Windows 10をモダン管理するにあたり、最初のハードルとなる「展開と設定」について解説しました。今回は、管理者が最も関心を寄せる「更新プログラム」について考えていきたいと思います。(2019/3/29)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(1):
SQL Serverの動的管理ビューとは?
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。(2019/3/29)

データこそがビジネス価値の源泉:
PR:クラウド移行による“ビジネス変革”成功のカギは「データ」にあり――「データ」をクラウドに集約すべき理由とは?
デジタル技術を活用してビジネス変革を成し遂げようという動きが活発化している。そこでキーになるのが「クラウド」だ。だが、システムを移行するだけで、クラウドのメリットが得られるわけではない。重要なのは、特に既存システムに蓄積されている「データ」を資産としてどのように活用していくかだ。「クラウド移行では、データこそ最大の差別化要素」と強調する日本マイクロソフトに話を聞いた。(2019/3/29)

ホワイトペーパー:
DevOps導入戦略ガイド
適切な開発ツールの活用は企業に新たな恩恵をもたらす。本ガイドではDevOpsのアプローチのメリットと限界、Microsoftの開発プラットフォームの対応、総体的なアプリケーションの台頭について解説する。(2019/3/29)

ハイブリッドクラウド利用を支える:
Microsoft、「Azure Stack HCIソリューション」「Azure Data Box Edge」などの提供を開始
Microsoftは、ハイブリッドクラウドを使用する顧客を支援する「Microsoft Azure」ポートフォリオの新製品とアップデートを発表した。(2019/3/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成が迫るWindows 10「19H1」でのもう1つの変更点
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になりそうだ。今回は、企業向けの大きな変更点を見ていこう。(2019/3/28)

GmailやOutlook、「AMP for Email」のプレビュー開始 メールをよりインタラクティブに
Googleが、モバイルネット高速化イニシアチブ「AMP」の下、メールをよりインタラクティブにする「AMP for Email」のGmailでのβプログラムを開始した。MicrosoftのOutlook、VerizonのYahoo Mailもプレビューを開始した。(2019/3/27)

ビジネスのクラウドシフトをサポートするコース構成に:
PR:クラウドネイティブ技術の習得が求められる今、日本マイクロソフトがパートナー向け教育コンテンツ「mstep」を大幅に拡充した理由
日本マイクロソフトは、同社がパートナー向けに提供しているトレーニングコンテンツ「mstep」の内容を大幅に拡充した。クラウドシフトを反映し、Microsoft Azureと各種のクラウドサービス群に関するノウハウを、迅速にビジネス提案に生かせるコンテンツ構成になった点がリニューアルのポイントだとする。その具体的な内容を担当者に聞いた。(2019/3/27)

mypyなどより5倍以上高速:
Microsoft、Pythonの静的型チェック機能を提供する「VS Code」プラグイン「Pyright」を公開
Microsoftは、Pythonの静的型チェック機能を提供する「Visual Studio Code」(VS Code)のプラグイン「Pyright」をオープンソースのMITライセンスで公開した。(2019/3/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成間近のWindows 10「19H1」に“ファイル消失問題”は反映されているのか
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になるようだ。前回のアップデートで発生した“ファイル消失問題”の反省は生かされているのだろうか。(2019/3/26)

Windows 7が2023年まで使える?:
Microsoft、「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版をリリース
Microsoftは、仮想デスクトップエクスペリエンスを「Azure」で実現する「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版の提供を開始した。(2019/3/25)

モビリティサービス:
ルノー日産三菱もマイクロソフト「Azure」を採用、コネクテッドサービスの基盤で
ルノーと日産自動車、三菱自動車は2019年3月20日、コネクテッドカーのデータを保持、管理、分析するプラットフォーム「アライアンスインテリジェントクラウド」を立ち上げたと発表した。3社が車両を販売する200の市場ほぼ全てで、同一のプラットフォームを使用する。3社のアライアンスとマイクロソフトが共同開発した「Microsoft Azure」ベースのプラットフォームで、Azureに含まれるクラウド基盤やAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)の技術を活用してコネクテッドサービスを提供する。(2019/3/25)

産業用IoT:
PR:産業用IoTの中心地で何が生まれるのか、ハノーバーメッセ2019プレビュー
インダストリー4.0など産業用IoTの新たなトレンドが生まれる世界最大の産業見本市「ハノーバーメッセ」。2019年はどういう傾向が生まれるのだろうか。グローバルでの産業用ソリューションでの中心展示会として注力するマイクロソフトと、同社ブースに日本から出展する日立ソリューションズの展示内容をプレビューとして紹介する。(2019/3/25)

Microsoft、Windows 7の画面に「サポート終了」通知を表示へ
Windows 7のサポートが2020年1月14日で終了する。Microsoftは移行を促すため、4月からWindows 7の画面にサポート終了についての告知を表示する。(2019/3/22)

「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー提供開始
Microsoftが、「Microsoft Azure」で提供する仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビューの提供を開始した。「Windows 7」でも利用できる。(2019/3/22)

「Windows Defender ATP」改め「Microsoft Defender ATP」、Mac版プレビュー開始
Microsoftがセキュリティ対策サービス「Windows Defender ATP」の名称を「Microsoft Defender ATP」に改め、そのMac版の限定プレビュー提供を開始した。(2019/3/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(75):
ハイブリッド対応を強化した「System Center 2019」がリリース、半期チャネル(SAC)は廃止に
Microsoftのシステム運用管理製品System Centerの最新の長期サービスチャネル(LTSC)、「System Center 2019」がリリースされました。同時に、2018年2月から始まったSystem Centerの半期チャネル(SAC)は廃止となりました。(2019/3/22)

AWS vs. MS vs. Google(第2回)
局地戦でAWSに勝利したMicrosoftとGoogleだが……
MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?(2019/3/22)

Microsoft、「Slack」対抗「Teams」利用組織が50万社以上に
Microsoftが、「Office 365」のチームコラボレーションのハブである「Teams」の企業ユーザーが50万社を超えたと発表した。また、背景チェンジやホワイトボードなどの新機能も紹介した。(2019/3/20)

AWS vs. MS vs. Google(第2回):
局地戦でAWSに勝利したMicrosoftとGoogleだが……
MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?(2019/3/20)

ビルドを高速化:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.4」のリリース候補版(RC)を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語「TypeScript 3.4」のリリース候補版(RC)を公開した。ビルドの高速化や読み取り専用配列の強化などを施した。(2019/3/19)

Webベースの攻撃を阻止 Microsoft、ChromeとFirefox向けの拡張機能を提供
Webブラウザベースの攻撃阻止を目的とした拡張機能「Windows Defender Application Guard」を、Googleの「Chrome」と、Mozillaの「Firefox」向けに提供する。(2019/3/19)

Microsoftなどが主導:
データセンター向け技術をオープンに、進む取り組み
Microsoftとパートナー企業が、新しいデータ圧縮方法向けとしてオープンソースRTL(レジスタ転送言語)を発表した。Intelは、「セキュリティブロック向けにも同様に、もう1つ別の取り組みを進めている」と述べている。今回の発表は、Open Compute Project(OCP)において、データセンターの“巨人”が、オープンソースシリコンへと進んでいく上での第一歩となる。(2019/3/19)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
HoloLens 2から見るMicrosoftの「AR・VR戦略」
初代HoloLensの発表から3年。Microsoftは「HoloLens 2」でどのようなビジネスを考えているだろうか。同社の戦略を西田氏が解説する。(2019/3/19)

Microsoft、ChromeとFirefox向け「Windows Defender Application Guard」拡張機能公開
ユーザーが安全ではないWebサイトを開こうとするとサンドボックスに移動するMicrosoft Edgeの機能をChromeとFirefoxでも使えるようにする拡張機能がWindow Insider向けに公開された。利用するにはEdgeもインストールする必要がある。(2019/3/18)

各プランの構成要素を比較
OfficeやWindows 10を“サブスク”利用できるMicrosoft 365 そのプランは?
OSとオフィススイート、管理ツールを組み合わせた「Microsoft 365」には、多様な企業のニーズに応えるさまざまなプランがある。それぞれのプランの概要を紹介する。(2019/3/17)

HALOの“マスターチーフ”がPCに帰ってくる Steamでの提供も
Microsoft(Xbox Game Studios)は3月12日(現地時間)、「Inside Xbox」の配信でPC版「Halo: The Master Chief Collection」を正式発表、Microsoft StoreおよびSteamにて2019年内に提供を開始する。(2019/3/16)

おせっかい再び?:
Windows 7にWindows 10への移行を促す通知が表示 4月から開始
Microsoftが2019年4月以降、Windows 7搭載PCでWindows 10への移行を促す通知を表示する施策を行うと公表した。(2019/3/16)

「仕事場でAR」が当たり前に?
エンタープライズにARを 「Microsoft HoloLens 2」登場
MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens 2」が登場した。仕様が更新され、Microsoftのエンタープライズ向けクラウドサービスを組み込んだ新機能を搭載。IoT(モノのインターネット)への導入を支援するという。(2019/3/16)

女子高生AI「りんな」高校卒業へ 活動は続ける
日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」が3月20日、高校を卒業する。りんなの進路は明らかになっていないが、卒業後も活動は続くという。(2019/3/15)

Microsoft、新ゲームストリーミングサービス「xCloud」のトライアルを年内に開始へ
MicrosoftがXbox端末でもモバイル端末でも同じゲームをプレイできるストリーミングサービス「Project xCloud」のトライアルを年内に開始すると発表した。Android端末にXbox Oneコントローラを接続して「Forza Horizon 4」をプレイするデモも披露。(2019/3/15)

サイバーセキュリティに特効薬なし
Windows Sandboxで実現する使い捨て可能なアプリ実行環境 利便性とリスクは?
Microsoftの「Windows Sandbox」は、使いやすいサンドボックスツールだ。この機能は、IT担当者やユーザーの仕事を楽にするかもしれない。しかし企業にはセキュリティの問題をもたらす恐れがある。(2019/3/15)

Microsoftが「AIビジネススクール」開校 AIの“戦略・文化・責任”についてのオンライン授業を無料で提供
Microsoftは、ビジネスリーダー向けに、AIのビジネス活用をリードするための知恵やノウハウを無料で学べる「Microsoft AI Business School」を開校。ケーススタディーや講義のビデオなどを通して、AI戦略の定義、AIに対応する企業文化の実現、“責任あるAI”などを学習できる。(2019/3/15)

Microsoft、直近アップデートを自動アンインストールする機能をテスト中
Microsoftが、Windows 10の直近のアップデートでPCが起動できなくなった場合に、自動的にアンインストールする機能をWindows Insider向けに追加した。(2019/3/14)

課題は旧式インフラ・スキル不足・組織文化
「AIはビジネスに有効」経営者の約4分の3が評価も、本格利用は1割に満たず
MicrosoftとIDCの調査によれば、AI技術をビジネスの中核で活用する日本企業は1割未満にとどまる。企業はAI技術による生産性向上を期待している一方、ツールや人材の不足が活用の妨げになっている。(2019/3/14)

Azure移行でコスト減
長時間システムを止めずにサクッとWindows Serverを移行する裏技
「Windows Server 2008」のサポートが終了しても、「Microsoft Azure」に移行して延命すれば問題ない。とはいえ、そのためには移行を成功させなければならない。クラウド移行に立ちはだかるハードルをクリアするにはどうすればいいのか。(2019/3/14)

Microsoft、3月の月例セキュリティ更新プログラム公開 攻撃に利用の脆弱性を修正
WindowsのWin32kに存在する2件の特権昇格の脆弱性は、事前に攻撃の発生が報告されていた。(2019/3/13)

オンプレミスVHDをAzureのManaged Disksに移行できる:
「Azure Data Box」でManaged Disksへのインポートが可能に
Microsoftは、「Azure Data Box」のオフラインデータ転送製品ファミリーでManaged Disksをサポートした。(2019/3/13)

VRニュース:
マイクロソフト、「HoloLens 2」で没入感や快適性を向上
Microsoftは、新しいMRデバイス「Microsoft HoloLens 2」を発表した。没入感や快適性の向上、価値創造までの時間短縮など、初代モデルへの要望に応える形で機能が強化されている。(2019/3/13)

カスタムAIを開発してアプリに組み込み:
Microsoftが.NET用オープンソース機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」を公開
オープンソースの.NET開発者向けクロスプラットフォーム機械学習フレームワークの最新版「ML.NET 0.11」をMicrosoftが公開した。(2019/3/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(131):
Hyper-V Server 2019ってどうなの? どうしたの?
「Hyper-V Server」は、Microsoftが無償提供しているハイパーバイザー製品です。その最新バージョンとなる「Hyper-V Server 2019」は、2018年10月初めに数日間提供されたものの、その後配布が停止され、いまだに提供が再開されていません。提供再開を待つ間、Hyper-V Server 2019について知っておきましょう。(2019/3/12)

Windows Server 2019に対応:
Microsoft、「System Center 2019」を2019年3月に正式リリース、機能を大幅強化
Microsoftは2019年3月に、運用管理ツールスイートの最新版「Microsoft System Center 2019」の正式提供を開始する。ハイブリッド管理とモニタリングを実現する。(2019/3/11)

知っトクWindowsツール:
脱Excelについて考える:無料Excel互換アプリ4種基本評価
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のOffice互換アプリの導入を検討してみてほしい。(2019/3/11)

リテールテックJAPAN 2019:
マイクロソフトが次世代店舗用ソフトを無償公開、サンプル実装も披露
日本マイクロソフトは、「リテールテックJAPAN 2019」において、GitHub上で無償公開している流通小売事業者向けの「Smart Store」のリファレンスアーキテクチャと、そのサンプル実装となる「Smart Box」を披露した。(2019/3/8)

ワークプレース診断で、業務効率と会議の有効性を向上――内田洋行、「会議改善診断サービス」を開始
内田洋行は、ワークプレースの利用状況を診断する「会議改善診断サービス」を発表。会議室予約・運用システム「SmartRooms」や「Microsoft 365」と連動し、働き方に関するデータを集約、分析することで、業務や会議の効率化を図り、企業の生産性向上や働き方改革を支援する。(2019/3/8)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(1):
PR:知っていましたか? Microsoft 365で簡単に実現できるブラウザでの安全なリモートワーク環境
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、⽇本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回のテーマは、読み取り専⽤モードでExchange OnlineとSharePoint Onlineを外部に公開する⽅法です。(2019/3/8)

「Cinebench R20」が公開、ストアアプリとして配布開始
MAXONSがCPUベンチマークソフト「Cinebench」の最新版R20(Release 20)を公開した。Windows版はMicrosoft Storeから、Mac版はApp Storeからダウンロード可能だ。(2019/3/7)

MSIのPCモニターが銃弾を止めてユーザーを救った!? → 公式が「防弾モニターキャンペーン」開始
銃弾が突き刺さっても、モニターは稼働し続けたそうです。すごっ。(2019/3/7)

Microsoft、「Windows電卓」をGitHubでオープンソース化
Microsoftが、Windows付属の電卓アプリ「Windows電卓」をGitHubで公開した。開発者は機能追加を提案したり、自分のアプリに機能を取り入れたりできる。(2019/3/7)

ネイティブか、サードパーティーか
API管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は
企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。(2019/3/7)

Computer Weekly導入ガイド
Microsoft Azureはクラウドネイティブに対応できるのか
Linuxを中心に構築されてきたクラウドネイティブにAzureは対応できるのか。クラウドネイティブアプリケーションのデプロイに適しているのか。(2019/3/7)

業界団体と「IoTセキュリティ成熟度モデル」を作成:
Microsoft、「Azure」「Microsoft 365」のセキュリティ強化などを多数発表
Microsoftは、業界横断的な統合の進展、「Azure」と「Microsoft 365」のセキュリティ強化、IoTの安全性確保を柱とするセキュリティ関連のさまざまな発表を行った。(2019/3/6)

モビリティサービス:
フォルクスワーゲンのコネクテッドカーはAzureでサービス提供、まずは欧中米で
Volkswagen(フォルクスワーゲン)とMicrosoft(マイクロソフト)は2019年2月28日(現地時間)、「Azure」を用いたコネクテッドカー向けのクラウド基盤「フォルクスワーゲンオートモーティブクラウド」(以下オートモーティブクラウド)の進捗について発表した。オートモーティブクラウドはフォルクスワーゲンと同社グループの車両とサービスに関するデータオペレーションを担う。(2019/3/5)

スタートアップ、提携組織、学術機関、開発者との連携を推進:
Microsoft、「Microsoft Quantum Network」を立ち上げ 量子コンピューティング関連の協業を推進
Microsoftは、量子コンピューティング分野で先進的なパートナー企業、大学、顧客、開発者と進めてきた提携の取り組みを、今後は「Microsoft Quantum Network」と銘打って展開していく。(2019/3/5)

山市良のうぃんどうず日記(148):
「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」
2019年2月初めに「“IEを使わないでください”とMicrosoftが警告」や「IEの使用は技術的負債をもたらす」のようなタイトルのニュース記事を目にしました。タイトルだけ見ると「やっぱりIEはセキュリティが不安」とか、「技術的負債って何?」とか、「IEがなくなると困る」とか、思ったりしていませんか?(2019/3/5)

製品選択の基準を考える
Citrix、VMware、Microsoftの統合エンドポイント管理(UEM)製品戦略 勝者は?
さまざまなデバイス管理ツールが市場に出回る中で、UEM製品が状況を変えようとしている。今後数年で予想される市場動向と企業がすべきことを解説する。(2019/3/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。