ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

千葉県教委と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結 県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に注力
千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。(2021/1/22)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

パナソニック IS PCC-M1280MS:
低損失、高耐振の車載向けパワーチョークコイル
パナソニック インダストリアルソリューションズは、低損失磁性材料を用いた面実装タイプの車載向けパワーチョークコイル「PCC-M1280MS」を発表した。損失電力が1.5Wと従来品の半分程度で、独自の巻線、成型技術により耐震性が高まっている。(2021/1/21)

ロジクール、法人向けの一体型ビデオ会議システム「Rally Bar」 Microsoft Teams/Zoomに対応
ロジクールは、サウンドバー型筐体を採用した一体型ビデオ会議システム「Rally Bar」を発表した。(2021/1/20)

SuperGLUEベンチマークランキングで首位に:
Microsoftの自然言語モデル「DeBERTa」、ベンチマークで人間を上回る記録を達成
Microsoftが最近アップデートした自然言語モデル「DeBERTa」が、自然言語理解(NLU)モデルを評価するベンチマーク「SuperGLUE」で、人間を上回る記録を達成した。今後は「Bing」「Microsoft 365」「Dynamics 365」「Azure Cognitive Services」といったMicrosoft製品をサポートする他、DeBERTaのソースコードも公開する。(2021/1/20)

GM傘下の自動運転Cruise、Microsoftなどから20億ドル調達 Azure採用
MicrosoftがGM傘下の自動運転システム企業Cruiseとの提携と同社への新規株式投資を発表した。Cruiseはクラウドプラットフォーム「Azure」を採用し、自動運転車の商品化を推進する。Microsoftやホンダなどからの20億ドル超の出資により、Cruiseの評価価値は約300億ドルになる。(2021/1/20)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【中編】
「CloudEndure」「Azure Site Recovery」とは? AWSとAzureの主要DRaaS
災害時に備えた予備のインフラをクラウドサービスとして利用できる「DRaaS」。主要クラウドベンダーのうち、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureの主要なDRaaSを取り上げる。(2021/1/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(177):
Microsoft公式ドキュメントに記された「Sconfig.exe」と「Scregedit.exe」の謎を追え!
前回は、Windows ServerのWindows Updateの設定に関して、「Sconfigサーバー構成ユーティリティー」について触れました。今回は、その調査中に見つけたMicrosoft公式ドキュメントの内容の謎を追います。(2021/1/20)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDWHのFireboltが約3700万ドル調達 売りの「高速処理」の中身とは?
MicrosoftやGoogleなど既存のクラウドDWHベンダーの競合となるFireboltが、約3700万ドルの資金を調達した。同社が競合との差異化ポイントとしてアピールする「高速処理」の中身とは。(2021/1/20)

営業のデジタル販促 反応をヒートマップですぐに可視化 富士通の新ツール
富士通は、メールやSMS、メッセージングアプリなどのデジタルチャネルを通じて送付した販促物に対する顧客のコンテンツ閲覧状況を可視化、分析する新サービス「Finplex eXgrow」を提供開始した。顧客の興味を可視化し、デジタルな非対面営業を支援する。(2021/1/19)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【後編】
Microsoft 365管理者が「Teams」導入前に検討すべきチェックポイント
「Microsoft 365」のユーザー企業が「Microsoft Teams」を利用する際、IT管理者が考える必要のあることとは何か。長期的な利用を踏まえた場合の主要なチェックポイントを解説する。(2021/1/19)

製造マネジメントニュース:
「日本企業は革新を推進する組織文化やDXへの意欲が低い」アジアとの比較調査
日本マイクロソフトは、アジア太平洋地域と日本企業のイノベーションに対する考え方の比較調査結果を発表した。「危機に強い事業運営には、イノベーション文化が不可欠」と考える経営者の割合は、アジア太平洋地域では98%、日本は69%だった。(2021/1/18)

コロナワクチン接種デジタル証明書開発イニシアチブ「VCI」、MicrosoftやOracleなどが参加
Microsoft、Oracle、SalesforceなどのIT企業が、医療機関などとともに新型コロナワクチン接種を証明するデジタルカードを開発するイニシアチブ「Vaccination Credential Initiative」を立ち上げた。スマートフォンのデジタルウォレットに保存するか、紙のQRカードとして提供する計画だ。(2021/1/15)

「これからの働き方」基本設計はどうあるべきか?
「緊急テレワークが“進む力”の格差をあぶり出した」MS西脇氏が語る新しい選択肢
緊急のコロナ禍対応で戦略よりも実務を優先せざるを得なかった企業では、対応が一段落した今、改めて「これからの働き方をどう設計するか」が課題となってきた。先行する企業によれば「変えないこと」の見極めが重要だという。その真意は。(2021/1/8)

ルネサス、コネクテッドカー開発でMicrosoftと協業
ルネサスがコネクテッドカー開発でMicrosoftと協業。ルネサスの車載用SoC「R-Car」を搭載した開発ツール「R-Carスタータキット」が、MSのモビリティプラットフォーム「MCVP」の開発環境として利用できるように。(2021/1/13)

CES 2021:
第11世代Coreプロセッサ搭載「Surface Pro 7+」――LTE対応モデルも
1月11日にMicrosoftが新しい「Surface Pro 7+」を発表した。時期は未定ながら日本でも発売する予定だ。(2021/1/12)

IoT機器の迅速な開発を支援:
STとMicrosoft、STM32マイコン開発環境で協力
STマイクロエレクトロニクスは、STM32マイコンを応用したIoT(モノのインターネット)機器の迅速な開発を支援するため、Microsoftと協力していく。これにより、STのマイコン開発エコシステム「STM32Cube」とMicrosoftの「Azure RTOS」がシームレスに統合される。(2021/1/12)

「Microsoft 365」による「Windows 7」延命策【後編】
「Microsoft 365」の“Windows 7延命”以外のメリットとは?
「Windows 7」を安全に利用する方法として「Microsoft 365」が提供する延長サポートがある。これは確かに組織にとってメリットだ。ただし当然ながらMicrosoft 365がもたらすものはそれだけではない。(2021/1/12)

SlackのCEOいわく「ソフトウェア史上最も戦略的な組み合わせ」
SalesforceのSlack買収は「Teams」打倒の決定打か、“Chatterの失敗”の再来か
SalesforceがSlack Technologiesを買収したことで、「Microsoft Teams」に対する「Slack」の競争力が強まる可能性があるとアナリストは予想する。ただしSalesforceにとっては、買収は常に成功だったとは限らない。(2021/1/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(91):
2021年にサポートが終了するMicrosoft製品まとめ
前回(第90回)は、Windows 10とMicrosoft Office製品について、2021年以降のサポートライフサイクルを再確認しました。今回は視点を変えて、2021年内にサポートが終了するMicrosoftの製品/技術についてまとめます。(2021/1/12)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(3):
Microsoft TeamsをDXのハブに、ローコードツール連携など最新オススメ機能とは
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第3弾は、「新たなコラボレーション環境がもたらすDX」を見ていく。(2021/1/14)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDチップス編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)の賢い使い方は? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」を使う際、仮想デスクトップにどうアクセスすればよいのか。他社製品との連携がもたらす利点とは。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/12)

AIが生成した絵画が、アニメ「BEASTARS」のOP映像に 日本MSから独立のrinnaが担当
rinnaは、同社のAIで自動生成した絵画とパターンデザインが、アニメ「BEASTARS」のオープニング映像の背景として採用されたと発表した。(2021/1/8)

Surface Go 2およびSurface Pro 7をすべての山口県立高等学校と中等教育学校に導入
日本マイクロソフトは、山口県教育委員会が、2万5500台の「Surface Go 2」と「Surface Pro 7」とMicrosoft 365ライセンスを、山口県の全ての県立高等学校および中等教育学校に展開すると発表した。(2021/1/6)

AR対応の「Minecraft Earth」、6月に終了へ コロナ禍でのプレイは「不可能に近い」
米Microsoftが、スマートフォンゲーム「Minecraft Earth」の提供を6月30日に終了する。主に屋外を歩き回って遊ぶゲームで、仲間との協力プレイも可能だが、同社は「現在の状況(コロナ禍)では不可能に近い」としている。(2021/1/6)

攻撃に対するクラウドの回復力を高める:
Microsoft、「Azure Defender for Resource Manager」と「Azure Defender for DNS」のプレビュー版を発表
Microsoftはクラウドネイティブの脅威保護ソリューション「Azure Defender for Resource Manager」と「Azure Defender for DNS」のプレビュー版を発表した。不審なアクティビティーを監視し、検知するとアラートを送る機能だ。(2021/1/6)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第2回】
Windowsパッチ管理ツール「Ivanti Security Controls」「Kaseya VSA」の基礎
「Windows」のパッチ管理作業を最適化するには、Microsoft純正の管理ツール以外にもサードパーティー製ツールが選択肢になる。本稿は「Ivanti Security Controls」と「Kaseya VSA」を紹介する。(2021/1/6)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【前編】
「Microsoft 365」を契約すれば「Teams」を使えるのか? プランによる違いは?
複数ある「Microsoft 365」のどのプランに「Microsoft Teams」の機能が含まれているのか。プランによって使えるTeamsの機能の違いとは。一見分かりにくいこれらの基礎事項を簡単に整理する。(2021/1/6)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVDセキュリティ編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)のセキュリティ対策はどうする? マイクロソフトに聞く
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」のユーザー企業が取り得るセキュリティ対策とは何か。読者からの質問と日本マイクロソフトによる回答を基に紹介する。(2021/1/6)

多数の機能強化を実現:
「Visual Studio Code」の「November 2020」リリース(バージョン1.52)が公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「November 2020」リリース(バージョン1.52)を公開した。エディタや拡張機能、キーボードショートカットエディタ、ワークベンチ、IntelliSense、統合ターミナルなどの機能を強化した。(2021/1/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2021年のパソコンはどう進化する? 注目はやはりApple、Intel、Microsoftのプラットフォーム変革
2020年は、AppleがMac向けの独自プロセッサで圧倒的な「電力あたりのパフォーマンス」を見せつけ、Intelが新しいプラットフォームでWindowsノートPCのさらなる進化を促した。2021年もプラットフォームをまたいだ競争に注目が集まりそうだ。(2021/1/3)

Microsoft、「SolarWinds悪用攻撃者にソースコードを見られた」
Microsoftは、ロシアによるとみられるSolarWindsのアプリを悪用した大規模攻撃で、攻撃者が従業員のアカウントを使って同社のソースコードの一部を表示していたと発表した。アカウントの権限は表示のみだったので改変はされなかったとしている。(2021/1/3)

Microsoft Focus:
コロナ対策支援や人材育成も 加速する行政のDXニーズに“全集中”で挑むMSの作戦
現場の職員によるコロナ対策アプリのスピード開発やデジタル庁創設をはじめ、官公庁や自治体のDXが一気に進んでいる。2021年、行政の高いDXニーズに日本マイクロソフトはどう挑むのか。クラウドに焦点を当てた前回に引き続き、今回はツール提供や人材育成をはじめ、多様な取り組みを掘り下げる。(2020/12/28)

「Microsoft 365」による「Windows 7」延命策【前編】
「Windows 7」を2023年1月まで安全に使う方法 いまさら聞けない「ESU」とは?
「Windows 7」の公式サポートは終了した。ただし「Microsoft 365」を契約すればWindows 7を安全に使い続けることが可能だという。どういうことなのか。(2020/12/28)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(90):
今使っているWindows/Officeは大丈夫? 2021年以降を見据えて、各バージョンのライフサイクルを再確認
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を大きく受けた2020年も残すところあとわずか。その影響はどうやら2021年も続きそうです。企業はテレワーク導入の推進を求められたこともあって、企業クライアントPCの更新管理やシステム更改に大きな影響を受けたことでしょう。Windows 10とMicrosoft Office製品について、現時点でのサポートライフサイクルを再確認し、2021年以降の計画に生かしましょう。(2020/12/28)

Apple「T2」との比較も
Windows 10の新セキュリティ「Pluton」は有用か? 「Xbox One」にも搭載
Microsoftが発表した新セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」は、攻撃者がPCを物理的に盗んだ場合でもデータを保護できるという。一方、この説明に対して疑問を抱く専門家もいる。(2020/12/26)

ANSIレンダリングに対応:
Microsoft、「PowerShell 7.2 Preview 2」を発表
Microsoftが発表した「PowerShell 7.2 Preview 2」では、ANSIエスケープコードを含むテキスト作成しやすくする新機能を利用できる。(2020/12/25)

Windowsフロントライン:
「MicrosoftがArmベースの独自プロセッサを開発」報道を考える
Armベースの独自プロセッサを開発していると話題になった米Microsoftだが、実は以前から取り組んでいる流れの一環でもある。ここでは、この辺りの周辺情報を整理した。(2020/12/25)

Microsoft Focus:
「2021年に向けて、試合はまだ始まったばかりだ」 AWSが先行する政府向けクラウド市場で、MSが狙う逆転
2021年度に向けて、日本マイクロソフトが二大注力事業の一つに位置付けたのが政府や自治体向け事業だ。政府が「クラウド・バイ・デフォルト」原則を掲げる中、クラウドへのニーズや注目度が全国の自治体を含めて加速することは必至だ。ただし、2020年には総務省の「第二期政府共通プラットフォーム」をAWSが受注した。激しい競争にMSはどう挑むのか。(2020/12/25)

「Xi Frame」と「Citrix Managed Desktops」を比較【後編】
CitrixのDaaSは「エコシステム」と「Microsoftとの協業」が強みか
「Citrix Managed Desktops」(「Citrix Virtual Apps and Desktops Standard for Azure」)は関連製品の幅広さが特徴のDaaSだ。その概要を整理し、NutanixのDaaS「Xi Frame」と比較する。(2021/1/5)

AWS、Azure、GCPのDRaaS【前編】
いまさら聞けない「DRaaS」の基礎 災害対策にクラウドを使う意味は?
DRサイトを構築する手段として「DRaaS」がある。DRaaSを利用するメリットと、大手クラウドベンダーのAWSとMicrosoft、Googleの動向を説明する。(2020/12/25)

TechTarget発 世界のITニュース
クラウドDBMS「Oracle MySQL Database Service」に新機能 分析エンジンを搭載
OracleはDBMSのクラウドサービス「Oracle MySQL Database Service」に新機能として分析エンジンを搭載した。OLAP用途からデータ分析用途へのニーズの拡大に応える。(2020/12/24)

Microsoft Flight Simulatorが最新アップデートでVRに対応
米Microsoftは、同社製フライトシミュレーター「Microsoft Flight Simulator」の最新アップデートを実施した。(2020/12/23)

Microsoftの「Flight Simulator」がVR対応に OculusやHTCのヘッドセットもサポート
飛行シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」がアップデートで、VRヘッドセットに対応した。HTC Vive、Oculus、Windows Mixed RealityなどのSteamVR互換またはOpenXR準拠のヘッドセットをサポートする。(2020/12/23)

Microsoft、McAfee、Citrixなど、ランサムウェア対策タスクフォース「RTF」結成
MicrosoftやMcAfeeなどの19組織が、企業のPCのデータを人質にとり、身代金を請求する悪質なランサムウェアの標準的な対策を構築する目的で、「Ransomware Task Force」(RTF)を結成した。(2020/12/23)

スケーラビリティを強化、ユースケースも拡大:
AWSが「Amazon Aurora Serverless」の次期バージョンを発表、SQL Serverからの移行を助ける機能も
Amazon Web Services(AWS)は、よりスケールアップが柔軟になった「Amazon Aurora Serverless」の次期バージョンを発表した。併せて「Microsoft SQL Server」ワークロードを「Amazon Aurora PostgreSQL」で実行できる新機能も発表した。(2020/12/23)

「NewSQL」とは何か【後編】
「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」とは NewSQLの4大製品
RDBMSとNoSQLのメリットを一つのDBMSに備える目的で登場したのが「NewSQL」だ。NewSQLの主要製品「Cloud Spanner」「CockroachDB」「NuoDB」「VoltDB」を取り上げる。(2020/12/23)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第1回】
Microsoft純正パッチ管理「MECM」「WSUS」の基礎 他社製との違いは?
Microsoftは「Windows」のパッチ管理ツールとして「MECM」(旧SCCM)や「WSUS」を提供している。両者はどのような機能を持つのだろうか。サードパーティー製ツールとの違いと併せて紹介する。(2020/12/23)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(131):
ハイパーコンバージド向けOS「Azure Stack HCI」正式リリース、Azure機能をオンプレミスに拡張
Microsoft Azureのサービスとして提供される、最新のハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)向けオペレーティングシステム(OS)である「Azure Stack HCI」が正式版となり、一般提供が始まりました。(2020/12/22)

読者の「知りたい」をベンダーに聞く【WVD概要編】
「Windows Virtual Desktop」(WVD)とは何なのか? マイクロソフトに聞く
日本マイクロソフトが提供する「Windows Virtual Desktop」とは、どのようなサービスなのか。読者からの質問と同社による回答を基に、Windows Virtual Desktopの基本的な情報をまとめた。(2020/12/22)

処理内容が分かりやすくなる:
Excelの「LET」関数をMicrosoftが正式リリース
Microsoftは、数式内の中間計算や式に名前を割り当てることができる「Excel」の新しい関数「LET」の一般提供を開始した。計算結果に名前を割り当て、中間計算、値、定義名などを数式内に格納できる。(2020/12/21)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 5 5600Xに熱視線――ASUSTeKとMSIからRyzen向けオーバークロックマザーボードが登場
先週はオーバークロック向けのAMD X570/B550マザーボードの他、リフレッシュレート360Hzの超高速モニター、Thunderbolt 3接続のGeForce RTX 3090ユニットなど、“とがった”新製品が目立っていた。(2020/12/21)

Microsoft、自社サーバやSurfaceシリーズ向けの独自プロセッサ開発か──Bloomberg報道
Microsoftが、Azureなどのクラウドサービス提供の自社サーバ向けにArmベースの独自プロセッサを開発しているとBloombergが報じた。オリジナルWindows端末「Surface」シリーズ向けプロセッサも開発している可能性があるとしている。(2020/12/21)

スマートビル:
ニューノーマルに対応したスマートビル実現のプラットフォーム「BuilMirai」、日立×MS
日立製作所は、Microsoft AzureやMicrosoft Dynamics 365を活用し、今までにない効率的なビル設備の運用管理やビル内の快適な生活を実現する次世代のビル向けIoTプラットフォーム「BuilMirai」を開発した。(2020/12/21)

BIMで建設業界に革命を!10兆円企業を目指す大和ハウス工業のメソッドに学ぶ(12):
【第12回】「設計BIM全社移行を実現する社内教育の秘訣!Webインターンシップ」
BIMの社内教育について、大和ハウス工場の「BIM啓蒙期」と「BIM導入期」の取り組みを紹介した。今回は、番外編として、2020年に実施した“BIMインターンシップ”について説明する。BIMインターンシップは以前にも触れたが、今年は新型コロナウイルスの影響で、学生の皆さんに当社に来ていただくことができないため、中止も考えた。しかし、当社のBIMを学生に知ってもらう良い機会となるので、何とか実施したいとの思いで、Microsoft Teamsを使用したWebインターンシップとして開催した。Webインターンシップは、参加した学生の方々に好評だったので、その内容を紹介したい。(2020/12/22)

ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【後編】
ExcelとPower BIの連携強化で“脱Excel”は不要に?
「Power BI」との連携強化により「Microsoft Excel」には「データ型」を新規に作成できる機能が加わった。データ活用に役立つ機能の拡充により、Excelの活用の場はさらに広がった。これは歓迎すべき動きなのか。(2020/12/21)

TechTarget発 世界のITニュース
マルウェア「TrickBot」にUEFI/BIOS脆弱性を検出する新モジュール 研究で明らかに
「TrickBot」を用いた攻撃者は、Microsoftなど各社の遮断措置により活動を停止したとみられていた。しかしUEFI準拠ファームウェアやBIOSの脆弱性を検出する新モジュールの存在が明らかになった。(2020/12/21)

WordPressの人気プラグインに脆弱性、バックドアを仕込まれるおそれも
CMS「WordPress」で人気のプラグイン「Contact Form 7」に、無制限にファイルをアップロードできる脆弱性が見つかった。悪用されるとバックドアを仕込まれるリスクがある。(2020/12/19)

Microsoft、Visual Studio CodeをM1 Macに最適化
VS CodeもApple Silicon対応版が登場した。(2020/12/17)

新しい型を導入:
プログラミング言語「TypeScript 4.1」をMicrosoftが公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.1」を公開した。さまざまな機能強化が施されており、パフォーマンスも向上している。(2020/12/17)

「Microsoft Teams」の導入状況に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/12/17)

「これからの働き方」基本設計はどうあるべき?:
PR:「緊急テレワークが“進む力”の格差をあぶり出した」MS西脇氏が語る新しい選択肢
緊急のコロナ禍対応で戦略よりも実務を優先せざるを得なかった企業では、対応が一段落した今、改めて「これからの働き方をどう設計するか」が課題となってきた。先行する企業によれば「変えないこと」の見極めが重要だという。その真意は。(2020/12/16)

Office 365 for Macが「M1」Macにネイティブ対応
米Microsoftは、Mac用Officeソフト「Office 365 for Mac」をアップデート。M1搭載Macでのネイティブ動作をサポートした。(2020/12/16)

「Microsoft Office」、M1 Mac対応版を提供開始 iPhoneで撮影した表読み取りも
Office for Macが正式にM1対応となった。(2020/12/16)

Microsoft、攻撃に悪用されたSolarWindsのアプリを強制遮断すると予告
Microsoftは、12月14日に発覚したロシア政府からとみられる大規模攻撃に悪用されたSolarWindsのアプリ「Orion」を強制的に遮断する。遮断は日本時間の17日午前1時からだ。(2020/12/16)

CPUレベルでWindowsセキュリティを再定義:
Microsoft、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」を発表
MicrosoftはAMD、Intel、Qualcomm Technologiesとともに、セキュリティプロセッサ「Microsoft Pluton」と、これに基づくWindowsセキュリティの新たなビジョンを発表した。TPMチップとCPUのやりとりを傍受するといった攻撃に対応する。(2020/12/16)

「NewSQL」とは何か【中編】
「NoSQL」が存在する理由と、無視できない“欠点”とは?
RDBMSではないDBMS「NoSQL」は、高いスケーラビリティが特徴だ。NoSQLの基本的な仕組みと、NoSQLが抱える課題を解説する。(2020/12/16)

Computer Weekly日本語版
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/12/16)

任天堂、SIE、マイクロソフトが共同声明 「プレイヤーの安全を向上させるために協力する」
子どもが安全にゲームを楽しむために。(2020/12/15)

プレステ、Switch、Xboxのメーカー、オンラインゲームで子どもを守る取り組みで連携
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)、米Microsoft、任天堂が連携し、オンラインゲームで子どもを含むユーザーの安全性向上に向けた取り組みを行う。(2020/12/15)

ローコード開発の実際:
PowerPlatformでアプリ開発内製化 鹿島建設のデジタル活用術で協力会社の課題は解消するか
MicrosoftのPowerPlatformを使ったローコード開発による業務改革の事例が国内でも出てきた。鹿島建設は多数の協力会社の業務改善に内製アプリを活用する。(2020/12/15)

パスワード付ZIPメール:
「Pマーク取得に必要だから」は都市伝説? “PPAP”をめぐる謎を、名付け親に聞いた
霞が関で廃止の方針が固まった「PPAP」。多くの企業で「プライバシーマークの取得やISMS認証に必要だから」といった理由から横行してきた、といわれていますが、なぜPPAPは筋がよくないのか。名付け親に聞きました。(2020/12/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(89):
新しいMicrosoft Edgeの「URL許可リスト/URLブロックリスト」機能はどれだけ“使える”のか?
Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」は、URL許可リストおよびURLブロックリストを定義することで、許可リストやブロックリストによるWebアクセスの許可/禁止を簡単に実現することができます。(2020/12/15)

ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【中編】
「Excel」と「Power BI」の連携が進むと“Excel依存”がさらに進む?
「Microsoft Excel」は「Power BI」との連携強化により複雑なデータを扱いやすくなった。ただし専門家はデータガバナンスについて懸念を示す。どのような問題が潜んでいるのか。Microsoftの見解は。(2020/12/14)

TechTarget発 世界のITニュース
「Teams」、最大300人で24時間話せるWeb会議機能を無料ユーザーにプレビュー提供
Microsoftは「Teams」の個人用アカウント登録者向けに、最大300人を招待できるWeb会議機能のプレビュー提供を始める。連続で最長24時間のWeb会議を開催可能だ。(2020/12/14)

IE延命措置への依存は禁物
「Internet Explorerが終わる日」現実へ 一部サイトをIEで開くとEdgeで強制表示
Microsoftは、一部のWebサイトを「Internet Explorer」ではなく「Microsoft Edge」で強制的に表示するようにした。専門家は、現実味を帯びてきた「IEの終わり」への準備が必要だと指摘している。(2020/12/13)

Microsoft、Arm版Windows 10でx64アプリのエミュレーションプレビュー開始
MicrosoftがARM64環境でのx64アプリのエミュレーションを開発者チャンネルでプレビュー公開した。「Sketchbook」や「ロケットリーグ」などの64bitアプリをArmベースのWindows 10端末で実行可能になる。(2020/12/11)

TechTarget発 世界のITニュース
Microsoft 365バックアップのAvePointがSPAC活用でIPOへ コロナ禍で業績好調
AvePointはSPACとの合併によりIPOを実現する。同社は新型コロナウイルス感染症によるIT投資の変化を受け、業績が好調だという。(2020/12/11)

12月のMicrosoftセキュリティ更新プログラムは6個の緊急脆弱性に対処
Microsoftから2020年12月のセキュリティ更新プログラムが提供された。修正対象の脆弱性は58件、このうち6件は深刻度が緊急に分類されている。PCを乗っ取られる危険性などがあることから、迅速なアップデートが推奨されている。(2020/12/10)

Innovative Tech:
動画からその物体だけを消し去る技術 Microsoftなどが開発
深層学習を使い、映像の中から特定のものだけを消去する。(2020/12/10)

Xboxのクラウドゲーム(旧Project xCloud)、iOSとPCでも来春提供へ(iOSはブラウザのみで)
Microsoftは、日本でも「Project xCloud(プレビュー)」として提供中の「Xbox Game Pass Ultimate」のクラウドゲームを、来春iOSとWindows PCでも提供すると発表した。Androidアプリは既に公開済み。iOS版は、NVIDIAの「GeForce NOW」同様、Webブラウザのみでの提供になる。(2020/12/10)

Tech TIPS:
【Chromium版Edge】「新しいタブ」ページのカスタマイズで余計な機能を非表示にして、もっと便利に
新しいChromiumベースのMicrosoft Edgeでは、新しいタブを開くと、検索窓とよく開くWebサイトへのショートカットに加え、ニュースページが表示される。プレゼンテーションなどの際に不都合なこともあるし、モバイル通信(LTEなど)で接続していると余計なデータが転送されて無駄な容量が消費されてしまう。そこで、設定を変更してシンプルな「新しいタブ」にする方法を紹介しよう。(2020/12/10)

Microsoft Teamsにゼロクリックのリモートコード実行脆弱性、詳細を公開
Microsoft Teamsにゼロクリックのリモートコード実行の脆弱性が存在していたことが明らかになった。問題はすでに修正済みだが、この脆弱性が悪用されていた場合はユーザーが気付くことなくさまざまな攻撃を受けていた可能性がある。(2020/12/9)

多様化するデータへの挑戦【後編】
「マルチモデルデータベース」とは? 複数データモデルを扱う次世代DBMS
多様なデータモデルを一元管理できるDBMSが「マルチモデルデータベース」だ。なぜ登場したのか。従来のDBMSとは何が違うのか。(2020/12/9)

「HoloLens 2 Development Edition」の国内販売がマイクロソフトストアで開始
日本マイクロソフトは、開発者向けMRデバイス「HoloLens 2 Development Edition」の国内販売開始を発表した。(2020/12/8)

導入事例:
鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例、協力会社の生産性向上と技能伝承を「Power Platform」で実現
協力会社の非効率な生産性と技能伝承の壁が建設業界の課題として存在する中、鹿島建設 横浜支店では、協力会社の作業効率を改善することで解決を目指すべく、Microsoft Power Platformを活用して、「工事進捗管理システム(内装・建具)」を自社の事務系社員が開発した。さらに、技能伝承をデジタル技術で代替することも見据え、2021年から現場適用を予定する「建設資材運搬システム」では、ベテラン調整係の暗黙知をデータ化する基盤の整備も検討している。建設業でのDXとシチズンデベロッパー実践のケーススタディとして、鹿島建設の事例を紹介する。(2020/12/8)

Gitがソース管理のデフォルトに:
Microsoft、「Visual Studio 2019 バージョン16.8」を正式リリース
Microsoftは「Visual Studio 2019 バージョン16.8」の一般提供を開始した。Git管理やC++対応、IntelliCode、.NET、XAML、Webツールなどに対して、多くの機能強化を施した。(2020/12/9)

細かな改善を多数施した:
Microsoft、「Windows Terminal Preview 1.5」を公開
Microsoftは、「Windows Terminal Preview 1.5」を公開した。ハイパーリンクサポートやタブスイッチャー、コマンドパレットなど、多数の機能強化が施されている。(2020/12/8)

TechTargetジャパンクイズ
「Excel」のプロかどうかを見極める5問クイズ
「Microsoft Excel」の基礎知識を確認できるクイズを掲載したブックレットを公開しました。TechTargetジャパン会員であれば無料でダウンロードできます。(2020/12/8)

マイクロソフト、クリスマスに向け“Windowsクソダサセーター”を販売 一時売り切れに
クリスマスセーターだけど出荷が1月になるほど人気に。(2020/12/7)

Innovative Tech:
Kinectで高品質にリアルタイム3Dスキャン Microsoftなど「TextureFusion」開発
Kinectを使った3Dスキャンを高画質化する技術。(2020/12/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(129):
Azure Cloud Shellは今後、Ubuntu 16.04 LTSからDebian 10ベースに切り替え
Microsoftは「Azure Cloud Shell」を現在のUbuntu 16.04 LTSベースのイメージからDebian 10ベースのイメージに移行する予定です。オープンソースのAzure Cloud Shellツールイメージ(azure-cloudshell)は、既にDebian 10ベースに更新されており、ローカル環境にデプロイして利用可能です。(2020/12/7)

ExcelとPower BIの連携強化で何が変わるのか【前編】
「Excel」と「Power BI」の双方向連携を進めるMicrosoftの意図とは?
Microsoftは「Microsoft Excel」と「Power BI」の連携を強化する。Power BIでExcelのデータを取り込むといった“一方通行”の連携ではなく、双方向の連携が可能になるという。この変更の意図とは。(2020/12/7)

データソースにつながったシート内のデータを自動更新できる:
Microsoftが「Excel」に新機能を追加、カスタムデータ型を利用可能に
Microsoftは表計算ソフト「Microsoft Excel」に新機能を追加した。セルにデータソースからデータを取り込んで利用でき、ユーザーは独自のデータをカスタムデータ型として扱えるようになった。(2020/12/4)

「NewSQL」とは何か【前編】
いまさら聞けない「ACID特性」「オンライントランザクション処理」(OLTP)の基礎
DBMSの新たな選択肢として浮上した「NewSQL」とは何なのか。それを探るために、NewSQLが備える「ACID特性」と、NewSQLが力を発揮する「オンライントランザクション処理」(OLTP)をおさらいしよう。(2020/12/4)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(2):
Windowsクライアント管理、変革のとき 「withコロナ」で噴出する課題にどう対応する?
新型コロナウイルス感染症の拡大により、企業のテレワークが加速し、働き方も変革期を迎えています。これに伴い、企業の「Windowsクライアント管理」にも変化が求められています。本稿では、働き方の変化によってもたらされるWindowsクライアント管理の重要性と、今後の管理の在り方を考えるとともに、それらを実現するMicrosoftのテクノロジーを紹介します。(2020/12/4)

Microsoft公式の“ださい”セーターが完売 「増産に取り組んでいる」
米Microsoftが、歴代のソフトウェアのデザインを施したセーターをECサイトで販売。すでに3種類全サイズが完売し「増産に取り組んでいる」(同社)としている。(2020/12/3)

コストを「約6分の1」に 三井物産が採用したSAP S/4HANAへの移行方式
三井物産が基幹システムを「SAP ERP」から「SAP S/4HANA」に移行した。これまで国内拠点と国内グループ会社でそれぞれ運用していたインスタンスを1つに統合し「Microsoft Azure」で運用する。(2020/12/3)

Windows 10 The Latest:
Windows環境再構築をコマンドラインで自動化可能にするMicrosoft製ツール「winget」とは
現在、Microsoftが開発中のパッケージマネジャー「winget」の概要と使い方を解説する。wingetを使えば、アプリやツールがコマンドで簡単にインストール可能になるため、スクリプトで同じ環境をすぐに再現できるようになる。(2020/12/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。