ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Active Directory」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

パケットを攻撃対象(宛先ポート番号)別に分類:
「NICTER観測レポート2019」公開、2019年の特徴的な3つのサイバー攻撃とは
NICTのサイバーセキュリティ研究所は、「NICTER観測レポート2019」を公開した。調査スキャンが総パケットに占める割合は53%。それを除いた攻撃パケットの約半数がIoT機器で動作するサービスや脆弱(ぜいじゃく)性を狙った攻撃だった。(2020/2/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(67):
Chromium版「Microsoft Edge」への移行に備えよう(その2)――企業利用でのポイント
前回に引き続き、近い将来、現在の「Microsoft Edge」(EdgeHTMLベース)を置き換えることになる新しいMicrosoft Edge(Chromiumベース)に関して企業向けのポイントを解説します。(2020/2/12)

Windows 10 The Latest:
IEレガシーWeb救済の決定版!? 最新Microsoft Edge「IEモード」の実力検証
2020年1月16日に提供が開始されたChromiumベースの「Microsoft Edge」は、Internet Explorerとの互換性を実現する「IEモード」をサポートしている。このIEモードを有効にする方法を解説する。(2020/1/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(66):
Chromium版「Microsoft Edge」への移行に備えよう
2020年1月15日(米国時間)、Chromiumベースになった新しい「Microsoft Edge」が正式にリリースされ、ダウンロード提供が始まりました。Microsoftは今後数カ月かけて、Windows 10標準搭載のMicrosoft Edgeを、この新しいMicrosoft Edgeに置き換えていく計画です。今回は、Windows 10を利用している企業が、この置き換えに備えるポイントをまとめました。(2020/1/28)

クラウド移行/活用は信頼のおけるパートナーが重要に:
PR:パブリッククラウドの効果を事前に知りたい! アセスメントサービスを活用しよう
クラウドを活用してビジネスを加速したいとはいっても、そう簡単にクラウドへ移行できるわけではない。既存システムの利用状況、移行対象システムの仕分け、利用ルール、移行後の業務と要員体制、またコストを含む導入効果など、事前に確認・検討すべきことが多々あるからだ。クラウドを効果的に活用するためには、これらの事前準備や移行を共に推進してくれるパートナーが重要になる。(2020/1/21)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第3回):
PR:インターネット上で利用する端末をあらゆる脅威から守ろう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2020/1/15)

「ITアセットの把握」はデジタルトランスフォーメーションの前提:
PR:日本企業が「自社にどんなITが存在するのか分からない。ITで何をしたらいいのか分からない」4つの原因
デジタルトランスフォーメーションの取り組みが進む中、自社のIT環境をどう可視化するかがあらためて課題になっている。ハイブリッドクラウド/マルチクラウドの進展で、IT環境はますます複雑化している。従来のIT資産管理ツールやITアセスメントでは十分に対応できないケースが増えているのだ。そのような中、日本マイクロソフトが提案するのが“ITの人間ドック”となるプログラムだ。(2020/1/14)

「Microsoft Teams」にトランシーバーやSMSサインインなどの新機能
Microsoftのチームコラボレーションサービス「Teams」にトランシーバー機能が追加される。この他、共有端末の1タップログアウトやSMSサインインなど、主に店員やフィールドサービスなどの従業員向けの機能が上半期中に利用可能になる見込みだ。(2020/1/10)

Active Directory 関連サービス導入に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/1/8)

もう暗号化なんてしたくない!:
PR:ラベルを使って一石三鳥の情報保護対策のすすめ[後編]
前回は「ラベル」を活用することで、情報の把握と管理を漏れなく実施できることを紹介しました。今回は、ラベルを使ってどのように情報を保護し、情報漏えいにつながるような行為を防ぐことができるのかについてご説明していきます。(2020/1/22)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【前編】
WindowsとCD-ROMが必需品 20年前のエンドポイント環境を振り返る
2000年から2020年までの20年で、業務に用いるアプリケーションやデバイス、働き方は大きく変化し、多様化した。20年前のITを取り巻く環境と働き方はどのようなものだったか、振り返ってみよう。(2020/1/7)

「Windows Server 2008」のサポート終了 「Azure」への移行はアリか?【後編】
Windows Server 2008の延命策に「Azureへの移行」を選ぶ際の注意点とは?
Microsoftは「Windows Server 2008」のサポートを2020年1月に終了するが、「Azure」に移行したユーザー企業に対して追加のサポートを無償で提供する。ただし考慮すべき点もある。(2019/12/31)

多額の投資を行う前に:
PR:「基本に忠実、が一番強い」 企業を標的とするランサムウェア対策の第一歩は「自社の分析」
カスペルスキーのマルウェアリサーチャー、石丸傑氏によると、2019年に目立ったのは一般企業などを狙う標的型ランサムウェアによる被害だった。重要なのは基本的な予防策を徹底することに尽きると強調した。(2019/12/25)

Office 365 の特権、管理できていますか?:
PR:Azure AD Privileged Identity Management(PIM)で実現する Office 365 特権ロールのライフサイクル管理
Office 365 で利用される「特権」は攻撃者の標的になりやすく、管理者の不注意による誤操作や未承認の変更、管理者による内部不正などが発生した場合のシステムへのダメージが大きくなることから、一般のユーザー権限よりも厳密な管理が求められます。本稿では、Office 365 特権の利用におけるベストプラクティスや特権のライフサイクル管理機能を提供する「Azure AD Privileged Identity Management(PIM)」についてご紹介します。(2019/12/19)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【後編】
UEMの比較ポイント「アプリケーション管理」「IAM」とは?
「統合エンドポイント管理」(UEM)は「モバイルデバイス管理」(MDM)や「モバイルアプリケーション管理」(MAM)など各種機能を内包しており、特徴を見極めるのは容易ではない。選定ポイントは。(2019/12/19)

Tech TIPS:
【Windows 10】現在使用しているユーザーアカウント名を変更する方法
すでに設定されているWindows 10のアカウント名(ユーザー名)を変更する方法を紹介する。ただし、Microsoftアカウントでサインインしている場合は、アカウント名の変更が難しい。また、アカウント名は変更できるが、ユーザーフォルダ名は変更できないので注意してほしい。(2019/12/13)

パスワードリスト攻撃に弱い:
Microsoft、流出済みのパスワードを使用する4400万以上の同社ユーザーを発見
Microsoftは、パスワードを再利用することで被る「パスワードリスト攻撃」について、自社のサービスを利用しているユーザーを対象に調査した。その結果、4400万件ものアカウントがパスワードを再利用していたことが分かった。毎年同社が発表する「Microsoft Security Intelligence Report」を補完する内容だ。(2019/12/11)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(終):
検証クライアント環境を構築し、Office 365へのSSO接続を確認
Windows Server 2016のAD FSを使って、SaaSとのSSO環境構築方法を紹介する本連載。今回は、検証クライアント環境を構築し、Office 365へのSSO接続を確認します。(2019/12/17)

半径300メートルのIT:
猛威を振るうEmotet……これは単なる「種まき」だ? 辻伸弘氏の危惧する近未来
JPCERTや複数のセキュリティベンダーから、マルウェア「Emotet」の注意喚起が発信されています。ひっそりと広まったマルウェアが他の攻撃の踏み台にされたら、どうなってしまうのでしょう? 辻伸弘氏が危惧する「刈り取り」とは。(2019/12/3)

Tech TIPS:
【Windows 10】ネットワークに参加するためにドメイン/ワークグループ名を設定する
Windows 10では、デフォルトで「WORKGROUP」という名前のワークグループネットワークに所属した状態となっている。これをドメインに変更したり、ワークグループ名を変更したりする方法を紹介する。(2019/11/11)

全般的な対策からVDI製品別の対策まで
「仮想デスクトップはPCより安全」は幻想 VDIの必須セキュリティ対策3選
「通常のデスクトップと比べ、VDIによる仮想デスクトップはセキュリティ侵害を受けにくい」という俗説は誤りだ。VDIに潜むリスクと、セキュリティを強化する方法を紹介しよう。(2019/11/1)

PowerShellによる管理から印刷問題への対処まで
クラウド版Windows「Windows Virtual Desktop」の覚えておくべき管理手法4選
「Windows Virtual Desktop」を利用するには、まずIT管理者がこのサービスをどう管理すべきかを理解しておく必要がある。効果的な4つの管理手法を紹介する。(2019/10/30)

導入時点で将来的な増設計画も視野に:
PR:200台の仮想マシンが稼働する仮想化基盤をHCI移行、運用面の大きな変化とは?
メディアフォースは3層構造の仮想化基盤を活用していたが、占有スペースや電源、パフォーマンスといった問題が顕在化し、「Azure Stack HCI」にリプレースした。導入に当たって直面した運用面の課題を、同社はどう解決したか。(2019/10/21)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(60):
Windows 7のサポート終了最終案内、レガシーサーバの見落としはありませんか?
「2020年1月14日のWindows 7の延長サポート終了」が目前に迫りました。後継バージョンに移行できない事情は各種あると思いますが、Windows 7をまだ利用中の場合は、その事情を踏まえて何らかの対応が必要です。今回はあらためてサポート終了を周知するとともに、同時期に延長サポート終了を迎えるサーバ製品についても触れます。(2019/10/29)

「Bash」と「PowerShell」のどちらを選ぶべきか【後編】
Windows 10で「PowerShell」を使い続ける人、「Bash」に移る人を分ける条件
多様性の面で「Bash」に後れを取っていた「PowerShell」は、オープンソース化でその距離を縮めつつある。両者のどちらを選ぶべきなのか。(2019/10/20)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 Homeではダメですか? HomeとProの機能の違いを整理する
Windows 10には、サポートする機能の違いにより、複数のエディションが用意されている。一般に量販店やメーカーの直販サイトで購入できるPCは、Windows 10 HomeまたはProを選択することになる。両者はどのような点が異なっているのだろうか。本稿では、Windows 10 HomeとProの機能の違いを整理する。(2019/10/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(92):
Windows 7サポート終了対策の“切り札”となるか?――「Windows Virtual Desktop」の一般提供が開始
2019年3月からプレビュー提供されていた「Windows Virtual Desktop」サービスの一般提供が2019年10月1日(日本時間)から始まりました。Windows Virtual Desktopは、2020年1月14日に迫っているWindows 7のサポート終了対策としても注目されています。9月末に新バージョンが提供された「Azure Storage Explorer」についても紹介します。(2019/10/8)

「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】
Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」
会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。(2019/10/8)

Computer Weekly製品ガイド
IT管理者によるWindows Updateの制御方法
クラウドサービスのおかげで、Windows 10を常に最新の状態に保つという管理者にとっての重要な仕事がやりやすくなった。(2019/9/27)

Windows 10への移行:
データからメール環境、UIまで、失敗しない移行のヒントと注意点総まとめ
Windows 7のサポート終了時期が迫ってきている。Windows 10への移行は待ったなしだ。そこで、Windows 7からWindows 10へ移行する際の手順や注意点などをまとめてみた。(2019/9/26)

Computer Weekly製品ガイド
Windows 10から始まる「マネージドデスクトップ」
MicrosoftはWindows 7までの方式を一変させ、Windows 10で小さなアップデートを頻繁にリリースする方式に切り替えた。これはIT管理者にとっても大きな変化を意味する。(2019/9/20)

Kubernetes拡張の基盤が固まる:
Kubernetes 1.16がリリース、CRDはGAに、WindowsではサードパーティCSIプラグインサポート
Kubernetesプロジェクトは2019年9月18日(米国時間)、Kubernetes 1.16をリリースした。Kubernetesの拡張メカニズムであるCRDのAPIが一般提供(GA)に到達、WindowsサポートではサードパーティCSIプラグイン対応などを強化、エンドポイントリソース管理の拡張性を増す新たなAPIが登場した。(2019/9/19)

自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【後編】
「UEM」を本気で選ぶ4つのポイント ID管理や監視ツールとの連携を確認
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、「Windows 10」への移行プロセスの効率化けでなく、移行後のユーザー環境の管理や保護も重要な役割だ。こうした観点からUEM製品を検討するポイントを紹介する。(2019/9/19)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理[実践編](第1回):
PR:Windows 10の基本設定を「Autopilot」で展開しよう
本稿では「Windows 10のモダン管理」を実際に設定して展開していきます。モダン管理の手法は管理者の負担を軽減できるだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広がる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2019/10/3)

シンプル&インテリジェントなセキュリティ運用を実現:
PR:ここで使える Azure Sentinel――クラウド時代のセキュリティ管理のハブに!
間もなく一般提供が予定されている Microsoft の SIEM ソリューション「Azure Sentinel」。SaaS/PaaS/IaaS/オンプレミスと企業のシステムがハイブリッド/マルチクラウド化していく中、情報を統合しインテリジェントに分析・対処を自動化するためのプラットフォームを提供します。本稿では、Azure Sentinel の便利な使い方をご紹介します。(2019/9/13)

山市良のうぃんどうず日記(161):
Windows 7カウントダウン、第3シーズン
「2020年1月14日」のWindows 7のサポート終了まで、残すところ4カ月。友人や家族にWindows 7のPCを使ってネットを利用している人を見かけたら、おせっかいかもしれませんが、注意喚起のために優しく一声掛けてあげましょう。(2019/9/11)

夏休みの学生らが体験、RSAの実践的なインシデント対応演習:
データ不正利用、サイバー攻撃が世界的なリスクTop5の今、人材育成の在り方は
2019年8月8日、9日にかけて大阪でRSAが「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を開催。奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)でセキュリティ関連の研究に取り組む学生10人が「セキュリティに関する知識やスキルを身に付けたい」と参加した。(2019/9/6)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(143):
消えたWindows 10の「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」オプションの行方
「Windows Update for Business(WUfB)」を使用して機能更新プログラムや品質更新プログラムの受信を延期している場合、Windows 10 バージョン1903の機能更新プログラムによるアップグレードが完了したら、延期設定を再確認することをお勧めします。「設定」アプリの「詳細オプション」で延期設定を行っていた場合、そこにあるはずの設定項目が……。(2019/9/4)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(56):
Windows 10 バージョン1903のWindows AutoPilotの新機能「ホワイトグローブ展開」とは
Windows 10の最新バージョンで、Windows AutoPilotに「ホワイトグローブ展開」機能が追加されました。ホワイトグローブ展開とはどういうオプションなのか、どういう利点があるのかを紹介します。(2019/9/3)

ADのクラウド展開に役立つサービス:
Google、「Managed Service for Microsoft Active Directory」のパブリックβ版を提供開始
Googleは、Google Cloud Platform(GCP)の新サービス「Managed Service for Microsoft Active Directory」のパブリックβ版の提供を開始した。オンプレミスとクラウドにまたがったドメインコントローラーの構成とセキュリティ確保が容易になるという。(2019/9/2)

HPCクラウド:
PR:製造業の設計開発はさらなる進化へ、クラウドCAEがもたらす力
製造業のクラウド活用が設計、開発、試作/検証などのR&D領域にも拡大しつつある。その需要を捉えるべく、マイクロソフトがクラウド「Microsoft Azure」を基盤に展開を図っているのが「Azure Big Compute」と呼ぶCAE・HPCソリューションだ。(2019/8/30)

「相乗り」から独立した専用アプライアンスへ:
PR:「ネットワークをあるべき姿に」 手間なく安定運用できるDHCPアプライアンス
特に意図することなく、「Active Directory」サーバやネットワーク機器に相乗りする形で運用されることが多かったDHCPサーバ。だが、ITの進展やOSサポート切れを機に、本来の「あるべき姿」を考える時期に来ている。(2019/8/30)

VMware、Citrix、Microsoft製品に代わる「代替VDI」3製品を比較【前編】
機能を絞ってVDI運用のコストを軽減する「flexVDI」
VDI製品はVMwareやCitrix、Microsoftの大手3社のほか、それ以外のベンダーも提供している。これらのVDI製品は導入運用のコストが比較的低いことがメリットだ。今回はこうしたVDI製品の中から「flexVDI」を取り上げる。(2019/8/28)

オンプレミスVDIの3つの課題を解消:
PR:手間をかけずにすぐできる働き方改革、利用が本格化する「DaaS」の魅力とは
企業が働き方改革に取り組むときの選択肢となる「VDI」。昨今はクラウドの活用が増え「DaaS」を使う企業も少なくない。VDIとクラウドの両方のメリットを最大限生かすDaaSの使い方を紹介する。(2019/9/13)

次期バージョン「Edge」のβ版がリリース、脆弱性発見者に最大3万ドルの賞金
次期バージョン「Edge」のβ版がリリースに併せて、外部の研究者から脆弱性報告を募る「Microsoft Edge Insider Bounty Program」が発表された。脆弱性の発見者には賞金を贈呈する。(2019/8/21)

詳説VMware Cloud on AWS(4):
VMware Cloud on AWSクラスタ内のネットワーキング
「VMware Cloud on AWS」を詳細に解説する本連載。いよいよ今回と次回で、最も質問の多いネットワークについて解説する。今回はまず、VMware SDDCクラスタ内のネットワークについて説明する。(2019/8/23)

デプロイ支援、更新エラー診断
Windows 10「May 2019 Update」以降なら使わないと損な3つのデバイス管理機能
「Windows 10」の「May 2019 Update」(バージョン1903)で利用可能な「Windows Autopilot」「予約済み記憶域」「SetupDiag」は、デバイス管理の負荷軽減に役立つ。それぞれの機能を紹介する。(2019/8/17)

「IAM」を再考する【後編】
「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)選びで最初にすべきこと
「アイデンティティーおよびアクセス管理」(IAM)ツールは、クラウドサービスやモバイルデバイスの利用時にセキュリティを確保するために欠かせない。IAMツールの導入時に気を付けるべき点をまとめた。(2019/8/9)

「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」ガイド【後編】
「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」で強化された管理機能、何が変わった?
「Windows 10 Enterprise 2019 LTSC」は、デスクトップの展開と管理に関する機能を強化した。新たにできるようになったことを解説する。(2019/8/8)

Google Cloud Next '19 Tokyo:
Googleが“激戦”クラウド業界に投じた切り札 「Anthos」とは何か
AWSやAzure、IBM Cloudなどの競合がひしめくクラウド業界に、Googleが新たな一石を投じている。それまでの自社製品一択の戦略からマルチクラウド戦略への転換を支える新製品の流れを追った。(2019/8/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。