ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ID管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

専門家が警鐘を鳴らす:
「全てをMade in Chinaに」は正しい戦略なのか?
中国 清華大学の教授であり、中国半導体産業協会(CSIA:China Semiconductor Industry Association)の半導体設計部門担当チェアマンを務めるWei Shaojun氏は、2020年11月5〜6日に中国・深センで開催した「Global CEO Summit 2020」で基調講演に登壇し、『全てをメイドインチャイナに(All Made in China)』という戦略は、果たして正しい選択なのだろうか」とする疑問を投げかけた。(2020/11/30)

湯之上隆のナノフォーカス(32):
Samsung会長逝去、浮かび上がった半導体業界“3偉人”の意外な共通点
Samsung Electronicsの李健熙(イ・ゴンヒ)会長が2020年10月25日に死去した。同氏の経歴をあらためて調べていた筆者は、半導体業界の“3人の偉人”に関する、意外な共通点を見つけた。その共通点を語りつつ、Samsungの現状と課題を解説したい。(2020/11/19)

Siemensに対抗:
Synopsys、SLMの拡張に向けMoortecを買収
米国の大手EDAベンダーであるSynopsysは、英国に拠点を置くインチップモニタリング技術企業のMoortecを買収したと発表した。Moortecの技術は、Synopsysが2020年10月に発表した「Silicon Lifecycle Management(SLM)」プラットフォームの一端を担っている。(2020/11/17)

「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【後編】
「Microsoft 365 E3」と、まだ終わっていない「Office 365 E3」の基本的な違い
「Microsoft 365」と「Office 365」の比較は新旧オフィススイートの比較ではなく、料金プランの比較という現実的な課題だ。両者はどう違うのか。標準プラン「E3」の基本的な違いを確認しよう。(2020/11/15)

顧客データの一元化でCXを再定義する――SAPジャパンが新製品をリリース
SAPジャパンは、顧客データ基盤「SAP Customer Data Platform」を発表した。コマース、マーケティング、セールス、サービスにわたる企業プロセスのデータを顧客と結び付けて一元化し、あらゆるチャネルで一貫したCX(顧客体験)の提供を支援する。(2020/11/12)

「Microsoft 365」と「Office 365」を比較【前編】
「『Office 365』が終わった」は誤解? 「Microsoft 365」とは何者なのか
「『Office 365』が終わりを迎えた」という理解は、厳密には正しくない。Microsoftは依然として「Office 365」という名称のプランを提供しているからだ。では、そもそも「Microsoft 365」とは何なのか。(2020/11/8)

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応
SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。(2020/11/6)

Windows PowerShell基本Tips(20):
【 Get-PSDrive 】コマンドレット――PowerShellで利用可能なドライブの情報を取得する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回「Get-PSDrive」コマンドレットを解説です。(2020/11/6)

ソフトウェアの再利用性など強みに:
CASEからPACEへ、コロナ後に向けたルネサスの車載戦略
ルネサス エレクトロニクスは2020年10月28日、オンラインで車載事業に関する説明会を実施し、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が車載市場に与える影響およびコロナ後に向けた同社のソリューションなどについて語った。(2020/11/4)

Windows Virtual Desktop向けの管理機能も
MacやiPadも管理可能に 「Microsoft Endpoint Manager」のApple端末向け機能
「Microsoft Endpoint Manager」に、Apple製端末や仮想デスクトップを管理するための新機能が加わる。何ができるようになるのか。(2020/10/30)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(1):
2020年でも「おっかなびっくり、クラウド恐怖症」の根底には何がある?「責任共有モデル」を理解し現状を打破する再考ポイント
クラウドサービスの活用が急務の今、必要となる“考え方の転換”やアプローチについて、クラウドセキュリティにおける意識調査のレポートを公開した2社に話を聞いた。(2020/10/30)

Windows PowerShell基本Tips(19):
【 Install-Module 】コマンドレット――PowerShellで利用可能なコマンドレットを拡張する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Install-Module」コマンドレットです。(2020/10/30)

IAMに取り組む方法【後編】
IAMマネージドサービスの可能性と選び方
IAMマネージドサービスの選択に当たっては、確認すべき項目が多数ある。自社に最適なサービスをどう選べばいいのか。検討項目や推奨事項を紹介する。(2020/10/29)

オンワード樫山、ワークフローの電子化で申請/承認フローを9割効率化
アパレル製造小売などを手掛けるオンワード樫山は、SBテクノロジーのクラウド型のワークフローサービス「Flow」を導入し、申請/承認業務の効率化を図った。従来日数を要していた申請処理が最短10分で完了するようになり、申請/決裁処理の業務負荷が8〜9割軽減された。(2020/10/26)

IAMに取り組む方法【前編】
多国籍企業のID管理を解決するサービスとしてのIAM
法規制が変化する中、特に多国籍企業ではIDとアクセス権の管理が悩みの種となる。一貫性を確保して適切に管理するにはどうしたらいいのか。サービスとしてのIAMが解決の鍵になるかもしれない。(2020/10/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
大型買収交渉が表面化し、新型iPhoneが発表されたのに……
大型買収交渉が表面化し、新型iPhoneが発表されたのに……(2020/10/19)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(7):
何をもって企業は「ゼロトラスト」を始められるのか――ゼロトラストアーキテクチャを構成する論理コンポーネント
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、ゼロトラストアーキテクチャを構成する12の論理コンポーネントについて。(2020/10/15)

セキュリティ要件やコンプライアンス対応機能も搭載:
アプリやツール間のID連携を「ノーコード」で Oktaが新たな自動化機能を発表
IDaaSを手掛けるOktaが新機能「Okta Customer Identity Workflows」を発表した。ユーザーが利用するアプリケーションや内製システムなどのID情報連携をノーコードで自動化する他、セキュリティ要件への対応も可能にする。現在は一部のユーザーのみの公開だというが、そのデモ画面がオンラインイベントで公開された。(2020/10/13)

Dynabook、クラス単位でのアカウント管理などをサポートする「dynaSchool Account Manager」
Dynabookは、Microsoft 365 Educationのアカウント作成や管理などをサポートするツール「dynaSchool Account Manager」の提供を発表した。(2020/10/12)

アフターコロナの職場をどう支える?:
職場のコロナ対策やテレワーク迅速化へ OktaがWork.comと連携を発表
SaaSをまたいだID管理サービスを提供するOktaは、Salesforceが提供する職場復帰支援アプリ「Work.com」との連携を発表した。新型コロナウイルス感染症が収まらない中、Work.comが提供する、従業員の健康管理やオフィスの感染対策の可視化、「密」を防ぐための出社管理といった機能は連携でどのようなメリットを受けられるのか。(2020/10/9)

Work.comの認証機能を提供:
OktaがCOVID-19対応ソリューションでSalesforce.comと提携
Salesforce.comのCOVID-19対応ソリューション「Work.com」との統合で、OktaがSalesforce.comと提携したと発表した。「Work.com」の認証機能を優先的に提供する。(2020/10/8)

大山聡の業界スコープ(34):
Intelのファブレス化を見据えている? 半導体に巨額助成する米国の本当の狙い
米国の連邦議会が半導体産業に対して大規模な補助金を投じる検討に入ったもようだ。こうした動きには、米国の政府および、半導体業界の強い思惑が見え隠れする。正式な発表は何もないが、ここでは筆者の勝手な推測を並べ立ててみたい。(2020/10/7)

「使いやすいID管理」を、日本企業にどこまで提供できる?:
IDaaSの注目ベンダー、Oktaが満を持して日本法人を開設 その戦略と展望を探る【後編】
「日本ではこれからクラウド利用が拡大する」――。OktaのマッキノンCEOは10年以上前、日本郵政のプロジェクトに関わった経験からそう確信していたという。SaaSの利用が拡大する中、海外とは異なるIDaaSへのニーズにどこまで応えようと考えているのか。(2020/9/30)

Arm Flexible Accessメガチップス事例:
PR:半導体開発の要となるIP選定とライセンス料、国内屈指のASIC企業が選んだ策は?
ASIC開発でさまざまなIPを試したいというニーズが顕在化する中、“IPのライセンスコスト問題”がユーザーを悩ませている。国内屈指のASICリーディングカンパニーであるメガチップスが選んだ、IP活用の最適解とは?(2020/9/24)

特集:境界防御からゼロトラストネットワークへ、今求められる理由と対応方法(2):
今の境界防御セキュリティは古くて無駄になる?――テレワークをきっかけに始めるゼロトラスト導入、3つのポイント
アイティメディアは2020年9月7日にオンラインで「ITmedia Security Week 秋」を開催した。本稿では、ラックの仲上竜太氏の特別講演「ニューノーマル時代のゼロトラストセキュリティのはじめ方」を要約してお伝えする。(2020/9/24)

「コンソール張り付き人員」を持てない企業のクラウドセキュリティ:
PR:未知のクラウド移行と運用監視、セキュリティ対応の在り方を考える
システムの運用基盤をクラウドファーストで検討することが当たり前になってきた。だが人材が足りない中堅・中小企業が最初からセキュリティ対策を講じた設計や構築、運用を実現できるだろうか。本稿でリスク最小化の方法を紹介する。(2020/9/28)

「勤務地条件廃止」で応募者急増 GMOペパボが2日で“全社リモートワーク化”できたワケ
「採用の勤務地条件を撤廃しました。全国から入社いただけます」──そんな大胆な取り組みで注目を集めたGMOペパボ。コロナ禍の働き方に悩む企業が多い中、あっという間のリモートワーク化はなぜ実現できたのか。(2020/9/18)

頭脳放談:
第244回 第11世代CoreプロセッサはIntelの流れを変える一石になるか?
Intelから第11世代のCoreプロセッサが発表された。プロセッサの出荷の遅れが続いている一方で、AMDのRyzenシリーズに追い上げられているIntelにとっては、勝負をかけたプロセッサともいえる。第11世代Coreプロセッサの見るべきポイントは?(2020/9/18)

金融業務に「手軽」にAIを導入 富士通がパッケージサービスを新たに提供
富士通は、営業マーケティングやローン審査、不正請求、詐欺の検知などの金融業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz」(Finplex EnsemBiz)を提供する。(2020/9/17)

顧客サポートや「国産SaaSとの連携」が今後の鍵か:
IDaaSの注目ベンダー、Oktaが満を持して日本法人を開設 その戦略と展望を探る【前編】
2020年6月にITmedia エンタープライズに対して日本進出の計画を明かしていたOktaが、ついに日本法人Okta Japanを立ち上げた。多様なクラウド環境やSaaSの普及が進む日本市場での具体的な戦略と勝算は? 前編では、日本のIDaaS市場にOkta Japanがどう展開するか、同社の渡邉社長に聞く。(2020/9/11)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【後編】
「Microsoft 365」のバックアップにまつわる“誤解”とは?
クラウドサービスにまつわる“誤解”は、「Microsoft 365」のセキュリティ対策にも影響を及ぼす可能性がある。Microsoft 365の適切なセキュリティ対策を検討するためのヒントを示す。(2020/9/10)

「ID管理には中立的なベンダーが必要」:
IDaaS分野のリーダーとされるOktaが日本に本格上陸
「IDaaS」と呼ばれるクラウド統合認証基盤の分野における有力企業であるOktaが日本法人を設立した。「クラウド」「デジタルトランスフォーメーション」「ゼロトラスト」をキーワードに、日本でのビジネス展開を本格化する。(2020/9/3)

大躍進も米制裁で「短命」に?:
HiSiliconが初のトップ10入り、20年上期半導体売上高
米国の市場調査会社IC Insightsは2020年8月11日(米国時間)、2020年上半期の世界半導体企業売上高ランキングを発表。Huaweiの子会社であるHiSiliconが中国の半導体企業として初めてトップ10入りしたことを明かした。(2020/8/18)

富士通SSL、特権ID管理「CyberArk Privilege Cloud」を販売開始 オンプレからクラウドまで包括的な管理を実現
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、特権ID管理のSaaS「CyberArk Privilege Cloud」の販売を開始した。併せて専任コンサルタントによる支援プログラムを提供し、導入前のカウンセリングから運用環境に合わせたカスタムプラグイン開発までワンストップで実施できる。(2020/8/11)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【番外編】
サイバー犯罪者が「攻撃する気がなくなる」セキュリティの条件とは?
システムのインフラがオンプレミスでも、クラウドサービスであっても、基本的なセキュリティ対策の考え方は変わらない。むしろ攻撃者視点に立てば、基本の徹底こそが有効なセキュリティ対策になる。(2020/8/6)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】
「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?
「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。(2020/8/4)

半導体王者に迫られる選択:
「Intel Outside」、アウトソースの道を選ぶのか?
業界観測筋によると、Intelは今後5〜10年以内に、次世代半導体プロセス技術の開発を終了し、新しいウエハー工場の建設も中止して、他の多くのライバル企業と同じように、これらの重要なサービスを専業ファウンドリーに依存していく見込みだという。ただしIntelからは、この件に関する正式発表はまだない。(2020/7/30)

厳格化する個人情報保護法、企業はどう対応すべき? 注目の「4つのポイント」
事業者が保有する個人データの取り扱いや漏えい時の取り組みについて、規制を厳格化した改正個人情報保護法が公布された。施行を前に、企業はデータ管理の仕組みをどう見直すべきなのか。(2020/7/8)

自動化と統合管理が完成形、さらに企画力も:
PR:withコロナの時代、企業それぞれに合った「ゼロトラストセキュリティ」を始めるには
テレワークやクラウドサービスの活用に伴い、にわかに「ゼロトラストセキュリティ」というキーワードをあちこちで耳にするようになった。具体的にどんなコンセプトを指し、どこから取り組めばよいのだろうか。(2020/7/2)

Computer Weekly製品ガイド
ゼロトラスト戦略を阻む「文化的」な壁に注意
ゼロトラストを推進するに当たり、幾つかのハードルを越える必要がある。特に文化的な問題を軽視すべきではない。(2020/7/1)

医療ITとベンダー特権アクセス管理【後編】
医療機関向け「ベンダー特権アクセス管理」とは? 「SecureLink」に学ぶ
医療機関のシステム保守のためにリモートアクセスするベンダーのアクティビティを可視化すれば、不測の事態が生じても追跡が可能になる。それを可能にする「ベンダー特権アクセス管理」ツールの中身とは。(2020/6/23)

ドイツで公開された「コロナ警告アプリ」、現地でどう受け入れられているか
日本ではまだ公開されていない接触確認アプリ。同様にGoogleとAppleによるAPIを使ったドイツのアプリをいち早く試してみたレポート。(2020/6/17)

幅広い連携機能がポイント:
テレワーク普及で注目必至 “クラウド型ID管理”の強力ベンダー、Oktaがいよいよ日本に本格進出か その強みと課題を先取りしよう
多くの企業にSaaSが普及し、テレワークも広がる中、クラウドを対象にしたID管理が注目されている。同市場で実力を伸ばし、北米では“Azure ADのライバル”と称されるのがOktaだ。独特の思想でID管理機能を拡大し、日本にも進出している。その機能や強み、今後の展望や日本独特の“課題”を詳しく聞いた。(2020/6/11)

医療ITとベンダー特権アクセス管理【前編】
医療機関が「ベンダーのアクセス監視」をせざるを得なかった“潜在的リスク”
米国の医療機関UMass Memorial Health Careは、自施設のシステムに対するベンダーのリモートアクセスを管理するために「ベンダー特権アクセス管理」ツールを導入した。決断に至った危機感とは。(2020/6/9)

Microsoft Build 2020:
Microsoft、マルチクラウドKubernetes統合管理機能「Azure Arc enabled Kubernetes」のプレビュー提供を開始
Microsoftは2020年5月20日(米国時間)、年次イベント「Microsoft Build 2020」で、ハイブリッド/マルチクラウドKubernetes管理機能、「Azure Arc enabled Kubernetes」のプレビュー版を提供開始したと発表した。(2020/5/21)

働き方改革を本気で進めた企業が、知らないうちに「ゼロトラスト」を実現して得た気付き
セキュリティを確保しながらどのように働き方改革を実現するのか。模索した結果、自然と「ゼロトラストセキュリティ」にたどり着いたNTT Com。その道のりを同社情報セキュリティ部長の小山 覚氏が紹介した。(2020/5/20)

ネットワークにつながる医療機器は多様化
セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”
医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。(2020/5/19)

VMwareインフラをGCP上で稼働:
Google Cloud、「Google Cloud VMware Engine」を米国で一般提供開始へ、2020年後半には東京にも展開
Google Cloudは2020年5月14日(米国時間)、Google Cloud Platform上でVMwareインフラを自動構築できる「Google Cloud VMware Engine」の一般提供を、2020年第2四半期中に米国で開始すると発表した。2020年後半には、東京を含む米国外のリージョンにも展開するという。(2020/5/15)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(4):
コンテナ・DevOps時代のセキュア開発を問う――セキュリティバイデザインがもう避けては通れない理由
クラウドやコンテナ、マイクロサービスが主流になりつつある現在、セキュリティバイデザインという考え方をどのように発展させ、適用させていけばいいのだろうか。(2020/5/15)

クラウド時代のサーバセキュリティ
システム証跡取得から特権ID管理まで一気通貫の仮想アプライアンスとは
クラウド化により、セキュリティの境界は物理防御からIDに変化し「特権ID管理」の必要性は高まっている。限りある予算と人材の中で、十分な特権ID管理を実現する方法とは。(2020/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。