ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Mac」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

関連キーワード

Apple Silicon MacはBoot Campをサポートしない
フェデリギ氏とジョズウィアック氏がそろって、著名ポッドキャスト番組に出演した。(2020/7/2)

Tech TIPS:
一筋縄でいかないGmailの「ダークモード」環境別設定法
PCやスマートフォンを「ダークモード」に設定しているのに、Gmailは「ダーク」にならない……。 それは環境依存の問題かも? Windows/Mac/iPhone/Androidでの設定手順や注意点をそれぞれ説明する。(2020/7/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Silicon」はMacをどう変えるのか Windowsから離れiPhone・iPad互換が強みに
「Apple Silicon」によってMacが、そしてAppleが「得る価値」と「失う価値」は何か。WWDC20の発表と技術セッションの内容から、年末には登場するというApple Siliconとそれを搭載するMacについて考える。(2020/6/30)

Apple Silicon搭載開発用Macの環境ベンチマークで分かった現在のRosetta 2
Developer Transition Kitのベンチマーク結果が多数投稿されている。(2020/6/30)

Apple Silicon MacとIntel Macはどう違う? Appleのシステム構成解説ビデオで分かったこと
IntelチップをArmベースに置き換えただけではない、その大きな変化。(2020/6/26)

Unity、Apple Silicon搭載Macへの対応を発表
ゲームエンジンをApple Siliconに対応させるための条件も明らかにした。(2020/6/24)

モバイルdeワークスタイル変革:
WindowsはもちろんMacでも! スマホカメラを「Webカメラ」にしてみよう
PCにWebカメラがなかったり、あったとしても画質や画角がいまいちだったりすることはあると思います。そんな時、手持ちのスマートフォンをPCのWeb代わりに使うためのソリューションが役立ちます。この記事では、有名な2種類のソリューションをご紹介します。(2020/6/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由
ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。(2020/6/23)

WWDC 2020:
WWDC 2020まとめ(OS更新+「Apple Silicon」)
Appleの年次開発者会議「WWDC 2020」の約2時間の基調講演で発表されたことを簡単にまとめた。各OSのアップデート、プライバシー関連の新機能、うわさのMacの新プロセッサ「Apple Silicon」への移行などが発表された。(2020/6/23)

「Apple Silicon」のMacもサポート:
「macOS Big Sur」2020年秋に登場 「OS X」登場以来となるUI刷新も
macOSの新バージョンが2020年秋に登場する。UNIXベースに移行した「Mac OS X 」の登場以来となる大型アップデートと位置付けられており、UIが大きく刷新されている。Armベースの「Apple Silicon」を備えるMacにも対応する。(2020/6/23)

4度目の大転換を迎えるMac:
Appleが独自CPU搭載Macを2020年末に投入、Intel CPUサポートも継続
Appleが独自CPUの「Apple Silicon」を発表した。同Socを搭載したMacを2020年末に投入し、Mac miniベースの開発キットは6月末から出荷を行うという。(2020/6/23)

WWDC2020:
Apple、MacをArmベース「Apple Silicon」に A12Z搭載Mac miniを開発者向けに出荷
WWDC 2020基調講演で発表された、Appleの重要な方針変換。(2020/6/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleが“史上最速“と語る「16インチMacBook Pro+Radeon Pro 5600M」は買い? 新旧比較テストで分かった性能差
画面サイズを大型化しつつ、プロ向けに再構築された「16インチMacBook Pro」の登場から半年が過ぎ、より高速な内蔵GPUを選べるようになった。Appleが「史上最高性能のMacBook Pro」と語るその実力を従来モデルと比較しながら明らかにしていく。(2020/6/22)

全MacがArmに切り替えか まずはiMacと13インチMacBook Proから
おなじみミン=チー・クオ氏が予想。(2020/6/22)

次期iPhone、Lightningの代わりに「Smart Connector」説が再浮上した理由
「WWDC」を前に、Arm搭載Macや次世代iPhoneのうわさがネット上を飛び交っています。中には次世代iPhoneでLightningがなくなり、代わりに「Smart Connector」を採用するという人も。筆者もその一人です。(2020/6/20)

Apple Store、16インチMacBook Proの“究極”モデルはRadeon Pro 5600Mに “旧究極”は値下げ
Apple Storeは、MacBook Pro (16-inch, 2019)のUltimateモデルにAMD Radeon Pro 5600M(8GB HBM2)モデルを追加販売開始した。(2020/6/19)

Apple、開発者向けアプリをmacOSに移植 Mac Catalyst使いWWDCに向け
Appleは、Mac CatalystによりmacOSにも対応したデベロッパー向けアプリ「Apple Developer 8.2」を配布開始した。(2020/6/16)

AppleがMac Pro用のSSDアップグレードキットを販売開始 8TBモデルで28万円
Appleは、同社直販サイトにてMac Pro専用SSDアップグレードキットの取り扱いを開始した。(2020/6/16)

16インチMacBook Proに「Radeon Pro 5600M」搭載オプションが登場 標準構成に7〜8万円プラス
2019年11月に発売された「16インチMacBook Pro」にRadeon Pro 5600Mを搭載する構成が追加された。直販サイトなどで購入できるカスタマイズモデルで選択可能で、販売価格は標準構成から7〜8万円プラスとなる。(2020/6/15)

EECに新しいiPhoneとMacの情報が登録される
ロシアを中心とした経済圏向けに、新しいiPhoneとMacの製品情報が登録された。(2020/6/15)

WWDC基調講演配信、日本では6月23日午前2時から Arm Mac発表の予想も
Apple、「WWDC 2020」の基調講演を6月22日午前10時(日本時間6月23日午前2時)からストリーミング配信すると発表。(2020/6/12)

Apple、WWDC 2020で自社設計Mac用チップへの移行を発表する予定 Arm Macは2021年
WWDC 2020の目玉は「Arm Mac」へのロードマップということなりそうだ。(2020/6/10)

Apple Store、13インチMacBook Pro“究極”モデルを販売開始
Apple Storeが再オープンしたことにより、ようやくUltimateモデルの販売がスタートした。(2020/6/9)

GitLab、セキュリティ演習で社員にフィッシングメール送信 10人が引っ掛かる
ソースコード管理ツールを提供する米GitLabが、社内のセキュリティ対策演習として社員にフィッシングメールを送信。内容は「あなたのノートPCをMacBook Proにアップグレードすることになりました」。10人が引っ掛かり、ログインページでIDとパスワードを入力した。(2020/6/8)

EOSをWebカメラにするソフト、Macに対応 「Macで高画質会議」選択肢増える
Macユーザーにとって、一眼、ミラーレスをWebカメラとして使う選択肢はこれまでSIGMA fp一択だった。それが変わる。(2020/5/28)

Catalinaアップデートの「バッテリー状態管理」はMacBookのバッテリー寿命をどう延ばすのか
リチウムイオンバッテリーの経年劣化の進行を遅らせる仕組みを解説。(2020/5/27)

Apple、バッテリー状態管理機能を追加した「macOS 10.15.5 アップデート」を配布開始
MacBookユーザーにとってはメリットが大きいアップデートになりそうだ。(2020/5/27)

Mac ProのAfterburner、After EffectsとPremiereで利用可能に
Adobeが、After EffectsとPremiere ProでMac Pro (2019) 用Afterburner アクセラレータカードのサポートをテスト中だと発表した。(2020/5/22)

PFU、高品位キーボード「REALFORCE PFU Edition」にMac対応モデルを追加
PFUは、同社製キーボード「REALFORCE PFU Edition」シリーズにMac対応モデルを追加した。(2020/5/22)

MacPaw、MacOS用のシステムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」の販売をApp Storeで開始
MacPawは、同社製のmacOS用システムメンテナンスソフト「CleanMyMac X」をApp Storeで販売すると発表した。(2020/5/19)

CAD:
デザインCAD「DraftingCAD Pro for Mac」がバージョンアップ、“Catalina”に対応
建築・設備系の設計CADソフトで、ドローソフトの使い勝手を採り入れた「DraftingCAD Pro」は、Mac版の最新バージョンをリリースした。(2020/5/18)

Apple、360動画コンテンツ会社「NextVR」を買収
4月に9to5Macが報じていた買収が確定した模様。(2020/5/15)

Appleの「MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 Ports) 」をマニアックに調べてみた
13インチMacBook Proのお宝流詳細レビューです。(2020/5/15)

林信行が最新MacBookシリーズを比較検証:
Appleが最新の13インチMacBookシリーズに描くグラデーション
Appleが新たに投入した新型の13インチMacBook Proだが、上位モデルと下位モデルで思わぬ違いがある。さらに同クラスの液晶ディスプレイを搭載したMacBook Airを加え、見えてくるものを林信行氏がレビューする。(2020/5/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第10世代Coreの新「13インチMacBook Pro」は予想以上に高性能だった 下位モデルやMacBook Airと比較した結果
第10世代Coreになった新しい「13インチMacBook Pro」の上位モデルは、第8世代Coreの下位モデルや旧モデル、第10世代Coreの「MacBook Air」と比較して、どれくらい高い性能を発揮できるのか。横並びでテストしてみた。(2020/5/12)

MacBook Pro (13-inch, 2020) ベンチマーク(暫定版)
Geekbenchを使ったベンチマークの結果が掲載されていたので、MacBook Pro 16インチ、MacBook Air、旧型13インチProと比較した。(2020/5/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「13インチMacBook Pro」下位モデルはMacBook Airより買い? 価格もサイズも近い2台のテストで分かった実力差
2020年5月4日に発表された新しい「13インチMacBook Pro」。いち早く下位モデルを入手したので、ディスプレイのサイズが同じで価格が近いMacBook Airと性能を比べてみた。(2020/5/7)

シザーキーボードが復活:
13.3型「MacBook Pro」がモデルチェンジ CPUは「第8世代」か「第10世代」から選択可能
MacBook Airに続いて、13インチMacBook Proが2020年モデルに移行する。新しいキーボードを搭載したことで操作性を改善した他、マルチメディア能力をさらに向上した第10世代Coreプロセッサを搭載するモデルも選択できるようにした。(2020/5/4)

MacBook Pro 13インチ、新式キーボードで刷新
16インチ版MacBook Pro、MacBook Airと同じく13インチもシザー構造に。(2020/5/4)

短期連載「Airと私(2020)」第4回:
端子が足りない? 「MacBook Air(2020)」のUSB戦略を考える
新しくなった「MacBook Air」の店頭販売上位モデルをレビューしていく連載。第4回は、2基しかないUSB Type-C(Thunderbolt 3)端子の使い方を考えてみます。(2020/4/30)

Apple、Arm Mac「Kalamata」を2021年に発売?
AppleはArmベースのAシリーズをさらに強化したプロセッサを開発中で、それを搭載したMacが2021年に登場するという報道。(2020/4/24)

Apple、主力製品を低価格にシフトへ iPad Airを11インチ化、iMacは23インチ投入?
Appleは、新型iPad Air (11-inch) 、新型iMac (23-inch) を2020年下半期に発表し、MiniLEDバックライトは2021年になると見られる。(2020/4/22)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
iPad Proを“Mac化”する「Magic Keyboard」は高価でも買い? その完成度を確かめた
「iPad Pro」のモデルチェンジで本体以上に注目された新型カバー兼キーボードの「Magic Keyboard」。新採用のトラックパッド、改良されたキーボード、そしてカバーやスタンドの機能はどうなのか、実際にじっくり試してみた。(2020/4/20)

iPad Pro用「Magic Keyboard」を試す プロ仕様のキーボードと日本語入力に満足
フルディスプレイを採用するiPad Pro用の純正アクセサリー「Magic Keyboard」が発売される。このキーボードは、Macと同じシザー構造のキーと、「Magic Trackpad」が一体となった製品。一足先に12.9型版iPad Pro用のMagic Keyboardを試用できたので、レビューをお届けする。(2020/4/20)

CAD:
「AutoCAD 2021」発売、設計業務のテレワークをサポートする機能拡充
オートデスクは、建設・製造向けCADソフトウェア製品の新バージョン「AutoCAD 2021」「AutoCAD LT 2021」「AutoCAD 2021 for Mac」「AutoCAD LT 2021 for Mac」を国内で発売した。(2020/4/20)

キャスター4個7万円、Mac Pro (2019) 用に単体発売
本体が高いことで知られているMac Proだが、キャスターも高い。(2020/4/16)

短期連載「Airと私(2020)」第3回:
シザーキーボードが復活した「MacBook Air(2020)」 打ち心地は?
新しくなった「MacBook Air」の店頭販売上位モデルをレビューしていく連載。第3回は、見た目以上に変わったキーボードをチェックしていきます。(2020/4/8)

2020年版MacBook Airの外と内、いったいどこが変わったのか
MACお宝鑑定団流詳細チェック。旧モデルとどこが変わった?(2020/4/7)

Facebook、メッセンジャーの単体デスクトップアプリをWindowsとMacで公開
Facebookが50人まで参加可能なビデオチャットもできる「Facebook Messenger」のMacおよびWindowsアプリを公開した。新型コロナの影響で、この1カ月でデスクトップのWebブラウザからMessengerのビデオチャットに参加する人が2倍以上になっていたとしている。(2020/4/3)

ZoomのMac版、インストール時にマルウェア的な挙動 セキュリティ専門家が指摘
ZoomのMac版のインストールプロセスが、Appleのセキュリティを回避する一般にマルウェアで使われる動作になっているとセキュリティ専門家が指摘。ZoomのCEOはWeb会議参加までのステップを簡単にするためだったが改善すると表明した。(2020/4/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。