Appleが新パスワードアプリを発表 「Windows OSデバイスでも利用可」のサプライズセキュリティソリューション

AppleはiPhoneやMacの新しいパスワード管理アプリを発表した。Apple製だけでなく、Windows OSを搭載したデバイスでも利用できるとしている。

» 2024年06月13日 07時00分 公開
[後藤大地有限会社オングス]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Appleは2024年6月10日(現地時間)、今秋にリリースを予定している「macOS Sequoia」と「iOS 18」に新たなパスワード管理アプリを導入すると発表した。

WWDC24で「macOS Sequoia」を紹介するソフトウェアエンジニアリング部門のSVP Craig Federighi氏(出典:AppleのWebサイトの公開動画)

パスワード管理の問題に対するAppleの答えは?

 新たなパスワード管理アプリは既存の「キーチェーン」機能を活用してパスワードやパスキー、Wi-Fiパスワード、その他の認証情報を一元管理するものだ。だが、今回の発表で興味深いのは、パスワード情報が連携できるデバイスをApple製品以外にも拡大する点だ。

 Appleは、今回のパスワードアプリは同社が提供するクラウドサービス「iCloud」と連携し、エンドツーエンドの暗号化によってデータを保護できるとしている。同社のWebブラウザ「Safari」との連携によって、Webサイトへのログインも簡単になる。

 注目すべきは同アプリを利用できるのが、Apple製デバイスだけでないという点だ。

 Windows用の「iCloud」アプリを通じてWindowsデバイスともシームレスに同期し、異なるプラットフォーム間でもパスワードなどを一元管理できる。

 Appleは、今回のパスワードアプリを使うことでユーザーのパスワード管理に関するストレスを軽減し、認証情報が一元管理できるとしている。セキュリティを高めつつ、エンドツーエンドの暗号化やクロスプラットフォームの同期機能によって利便性を高めるパスワードアプリの登場は、他のパスワード管理ツールにも影響を与える可能性がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR