ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「システム障害」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「システム障害」に関する情報が集まったページです。

キヤノングループ会社 システム障害で一部業務停止 情報流出はなし
キヤノンマーケティングジャパンは、同社の受注関連システムに障害が発生し一部の業務を停止していると発表した。システムは24日午前10時ごろに復旧。(2019/10/24)

Twitterで障害 「画像ツイート」投稿できず【追記あり】
Twitterで10月2日午後、システム障害が発生。運営元のTwitter Japanによると、ツイートや通知の受け取り、ダイレクトメッセージの表示が正常に機能しない場合があった。午後8時ごろ「ほぼ復旧した」という。【追記】(2019/10/2)

ミニストップで増税に伴うシステム障害 税率10%の商品に軽減税率適用 原因は調査中
ミニストップで増税に伴うシステム障害が発生。税率10%で販売すべき商品に、誤って軽減税率(8%)を適用して販売するなどのトラブルが起きた。原因を調査中だが、詳しいことは不明という。(2019/10/1)

キャッシュレス決済の障害は9件:
改元に伴うシステム改修関連の障害が17件 IPAが情報システム障害データを公開
IPAは「情報システムの障害状況 2019年前半データ」を公開した。この期間に報道された情報システムの障害は33件だった。それとは別に、改元に伴うシステム改修に関連する障害が17件報告された。(2019/9/24)

マンガで読む、クラウド時代のAI搭載ストレージの秘密(3)
「ストレージ障害発生は誰のせいか」犯人捜しに疲弊しない運用チームを作るには
複数ベンダーの製品を運用すると、障害発生時の原因究明が難航しやすい。原因を追及するのは重要だがシステム障害は「犯人捜し」よりも「防犯」こそが重要。複数製品をまとめて予防できれば、犯人捜しに疲弊する必要はなくなるはずだ。(2019/9/2)

AWS障害、大部分の復旧完了 原因は「サーバの過熱」
米AWSは午後8時18分、クラウドサーバの復旧がほぼ完了したことを明らかにした。制御システムの障害により、サーバの温度が上がりすぎたことが原因だったという。(2019/8/23)

7iDのパスワード再設定で「残高消えた」報告相次ぐ セブン&アイは不具合を否定、ユーザーの誤解か
「7iD」のパスワード一斉リセットに伴ってパスワードを再設定したユーザーの一部から「アカウントの残高が消えた」「再設定のメールが届かない」と報告があるが、セブン&アイ・ホールディングスはシステム障害ではないと説明している。(2019/7/31)

通販サービス「ECオーダー」、システム障害で長期メンテナンス 個人情報流出の可能性も指摘
通販を委託していたゲームメーカーから個人情報流出の疑いがあると告知されています。(2019/7/26)

カスタマーエクスペリエンス(CX)の観点で比較
ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える
小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。(2019/7/18)

ジャパンネット銀行、デマに注意喚起 「システム障害で入金遅れ」と嘘つき支払いを免れようとする
「ジャパンネット銀行のシステム障害で振込入金が遅れている」と支払い先に嘘の説明をし、支払いを遅らせたり、免れようとしたりするするケースが複数発生しているという。(2019/7/12)

FamiPay、システム障害の“おわび”22日から付与へ 180円相当、受け取りには「暗証番号設定」必須
ファミリーマートが、「FamiPay」のリリース直後に起きた不具合に対する“おわび”の詳細を発表。18日までに暗証番号の設定などを終えたユーザーに対し、22日から「FamiPayボーナス」180円分を提供する。受け取ったユーザーは、同ボーナスを残高にチャージすると買い物などで使える。(2019/7/9)

ファミペイ、システム障害に“詫びペイ” ボーナス180円分付与、ファミチキ1個分
「ファミペイ」でリリース当初、想定以上のアクセス集中が起き、利用しづらくなっていた問題。ファミマはユーザーへの「お詫び」として、「FamiPayボーナス」を180円分付与。ちょうど「ファミチキ」(税込180円)1個分という。(2019/7/8)

キャッシュレス決済サービスの安定稼働までの道のり
PayPay「100億円祭り」を襲うトラブルの数々 AWSでアクセス急増をどう耐えたか
QRコード決済サービス「PayPay」の「100億円キャンペーン」第1弾は、注目の的となった半面でシステム障害が相次いだ。同社はその後、大量のトラフィックを処理するシステムを「AWS」でどう構築したのか。(2019/7/10)

PayPay“100億円祭”の裏側で何があったのか システム障害と苦闘したエンジニア
PayPayで昨年12月に展開した「100億円あげちゃうキャンペーン」。その間、ユーザー数の増加に伴い、PayPayのシステムは不安定な状態に。押し寄せる膨大なアクセスに、PayPayのエンジニアはどのように対応したのか。(2019/6/17)

JALでシステム障害、自動チェックインできず 34便欠航
JALの旅客システムで5月8日朝に障害が起き、全国の空港で自動チェックインができなくなる不具合が発生した。障害の影響で午後2時までに34便が欠航し、2830人に影響が出たという。(2019/5/8)

日本郵便専務が明かす:
“東証を変えた男”が語る、金融業界の伝説「arrowhead」誕生の舞台裏――“決して落としてはならないシステム”ができるまで
2005年11月から2006年にかけて、システム障害を起こし、取引が全面停止するという事態に陥った東京証券取引所。世間の大バッシングの中、そのシステム刷新をやってのけたのが、現在、日本郵便で専務を務める鈴木義伯氏だ。当時、どのような覚悟を持って、“落としてはならないシステム”を作り上げたのか。(2019/4/25)

死活管理やリソース使用率など:
AWSの監視運用自動化ツール、クロスパワーがオープンソースで公開
クロスパワーは、Amazon Web Servicesの監視運用自動化ツール「鳴子-NARUKO-」をオープンソースで公開した。システムに障害が発生した際のメール通知や、EC2インスタンスの停止と再起動、AWS環境のバックアップといった機能を備える。(2019/1/23)

三菱UFJ信託銀でシステム障害 ATMやネットバンク、早朝から利用できず
三菱UFJ信託銀行で12月19日早朝からシステム障害が起き、ATMやネットバンクが利用できない状態になっている。【更新】(2018/12/19)

PayPay、システム障害で二重決済のトラブルも 決済取り消し対応へ
12月4日に「100億円あげちゃうキャンペーン」を開始したPayPay。キャンペーンが始まった9時以降、決済が集中したことでシステム障害が発生。過って二重決済するというトラブルも起きた。(2018/12/4)

東証、9日のシステム障害の原因を説明 メリルリンチが重複IPアドレスで同時接続
東証が9日のシステム障害について詳細を公表。原因がメリルリンチ日本証券にあったことも明らかにした。(2018/10/24)

ATMも再稼働:
みずほ証券、予定の半日遅れで復旧
みずほ証券は6月28日、システム障害の影響のため26日よりサービスを停止していた個人向けオンライントレードサービス「みずほ証券ネット倶楽部」と「みずほ証券カード」を利用して提携金融機関のATMから入出金できるサービスを正午に再開したと発表した。(2018/6/28)

みずほ証券、ネット取引再開 停止から2日半
システム障害の影響で26日朝から停止していたみずほ証券のオンライン取引「みずほ証券ネット倶楽部」のサービスがようやく再開した。(2018/6/28)

ATM入出金サービスも停止:
みずほ証券、システム障害は人為的ミス 「再開のめどは立っていない」
みずほ証券は、6月26日からサービスを停止している個人向けオンライントレードサービス「みずほ証券ネット倶楽部」を28日朝から再開する予定だったが、午前11時半現在、株式などの売買はできないままだ。(2018/6/28)

みずほ証券システム障害、2日経っても解消せず 再開めど「未定」
みずほ証券のネット取引が利用できない状態がまる2日続いている。28日朝時点で、復旧のめどは立っていないという。(2018/6/28)

ネット取引できず:
みずほ証、26日に発生したネット取引障害 27日も続く
みずほ証券で26日に発生したネット取引システムの障害は、27日になっても復旧していない。(2018/6/27)

みずほ証券システム障害、1日経っても復旧せず
みずほ証券でシステム障害が起き、オンライン取引サービスが利用できない状態が、まる1日以上続いている。(2018/6/27)

旧八千代銀ら3行合併:
きらぼし銀行、発足初日にシステム障害 振込遅延1万6000件
八千代銀行が東京都民銀行と新銀行東京を吸収合併して誕生したきらぼし銀行(東京都港区)で、発足初日の5月1日からシステム障害が生じた。旧八千代銀行のATMを利用した振込(入金)で一部取引が成立しないなどの事象が発生した。(2018/5/1)

「きらぼし銀行」初日にシステム障害
東京都民銀行と新銀行東京、八千代銀行の3行が合併して5月1日にスタートしたしたきらぼし銀行で、初日からシステム障害が発生した。(2018/5/1)

システム運用の判断業務をAIで自動化 エンジニアの呼び出し要否を判断――日本ユニシスと日立が共同検証
日本ユニシスと日立が、システム障害に対するエンジニアの呼び出し要否の判断をAIで自動化する共同検証を開始。金融機関の基幹システムの本番運用環境で行い、機械学習したAIが判断するとともに、オペレーターの判断を継続的に学習しながら判断精度の向上を図る。(2018/4/6)

楽天カードで二重請求? 利用明細に誤表示 1日に起きたシステム障害とは「無関係」
「楽天カード」の一部でこのほど、同じ取引が重複して2回、利用明細に表示されるトラブルが起きた。原因は人為的ミス。1日に発生したシステム障害とは関係ないという。(2018/3/8)

AIを用いてネットワークを監視、潜在リスクを検知して可視化する新ソリューション
日立製作所がAIを活用してネットワークの速度低下やシステム障害の予兆を検知する「システム稼働リスク可視化ソリューション」の提供を開始。システム障害の予兆検知や障害発生時の問題切り分けなどを支援する。(2017/9/26)

不正投票によるシステム障害で、日本女子プロ野球オールスター戦ファン投票が中止に
2016年開催時にも、ルールを守らない投票が相次いでいたもよう。(2017/7/27)

「不正投票によるシステム障害」でファン投票中止 女子プロ野球オールスター
女子プロ野球オールスターゲームのファン投票が「不正な投票によるアクセス集中」による障害で中止。オールスター選出選手は実績から判断して改めて発表する。(2017/7/27)

日本郵便でシステム障害 「メルカリ」「ヤフオク」連携新サービスで発送できない問題
日本郵便は20日に始めたばかりの新サービス「e発送サービス」で28日から不具合。ローソン店舗の端末「Loppi」を利用した送り状の印刷ができない状態に。(2017/6/30)

ZOZOTOWN、システム障害で26時間利用不可に 現在は復旧 データベース上のトラブルが原因
情報流出も生じていないとのこと。(2017/6/15)

ZOZOTOWN、丸1日利用できず システム障害で
「ZOZOTOWN」で14日朝〜15日朝までシステム障害が起き、サービスを利用できない状態に。現在は復旧している。(2017/6/15)

British Airways、システム障害で土曜のロンドン出発便が全欠航に
英航空大手British AirwaysのITシステムが動力電源の問題で停止し、3連休初日である5月27日午後6時からのロンドン出発便が全便欠航になった。サイバー攻撃の形跡はないとしている。(2017/5/28)

日立、システム障害から“おおむね復旧” ランサムウェア「WannaCry」被害
5月15日以降にメールの送受信ができなくなるなど、社内システムに不具合が発生していた。(2017/5/18)

日立、社内システムに障害 ランサムウェア「WannaCry」被害か
日立製作所の広報部によれば「影響の規模を確認中」という。(2017/5/15)

Z会、システム障害で教材準備できず 最大10万人に影響
Z会の通信教育の教材を作るシステムに不具合が発生し、最大約10万人に影響が出る見通し。(2017/1/31)

「Z会」システム障害で教材配布できず 2017年度の新規申し込みを当面停止
最大約10万人に影響、との報道も。(2017/1/30)

IIJ/ブレインズテクノロジー:
機械学習を活用した障害予兆検知ソリューションを製造業などへ展開
インターネットイニシアティブ(IIJ)とブレインズテクノロジーは、機械学習を活用してシステム障害の予兆検知を可能にする監視システムを共同開発し、IT設備やIoTデバイスの障害予兆検知ソリューションとして販売する。(2016/12/1)

運用チーム主導のIT改革
システム障害の原因究明を迅速化――アコムが臨む“攻め”の運用管理術
システムを常時監視し、障害をいち早く検知できても、業務への影響範囲を特定できなければ迅速な復旧は図れない。消費者金融大手のアコムは、この仕組みを自動化し、事前対策を可能にする運用を目指している。(2016/12/14)

JAL、システム障害で欠航・遅延
JALの重量管理システムに障害が発生し、遅延や欠航が生じている。(2016/4/1)

JALで重量管理のシステム障害、2時間で復旧 46便欠航・約6670人に影響
原因は調査中とのこと。(2016/4/1)

ANAのシステム障害、原因はネットワーク中継器の故障 予備機にも切り替わらず
ANAで22日に発生した国内線システム不具合の原因は、ネットワーク中継器の故障だった。予備機に切り替えるための機能も故障したという。(2016/3/31)

ANA、システム障害時の搭乗手続きで手書きのアナログ対応ができた理由
手書きやスタンプで搭乗券を発行し、保安検査や搭乗口で手作業のチェック。(2016/3/24)

Twitter、システム障害は「完全に復旧」 アクセスしにくい状態だった
原因は「コードの変更によるもの」。(2016/1/20)

運用自動化機能の強化、オートスケール対応なども:
日立がJP1の最新版を発売。SaaS版の提供やパブリッククラウド対応強化も
日立製作所は、統合システム運用管理ソフトの最新版「JP1 Version 11」の販売を開始する。システム障害発生時の原因究明に向けた新製品をラインアップに追加するとともに、ジョブ管理など各種製品の機能を強化した。(2016/1/12)

パリの空港で一時的に離着陸できない事態 原因はWindows 3.1搭載システムの障害
2017年にシステムを更新する予定だそう。(2015/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。