ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

特集:「内製化」の誤解と、今すぐなすべきこととは?(3):
SOMPOひまわり生命がローコードの利点を最大化するために行った「2つの決断」
SOMPOひまわり生命は、保険商品の企画・開発にかかる期間とコストを削減することを目的に、新たな商品基盤をローコード開発プラットフォーム「Pega Platform」で構築した。その効果を最大限に引き出すため同社が行った「2つの決断」とは。(2021/9/17)

中小企業のテレワーク実施率は3割に満たず、一方で導入企業のテレワーク満足度は過半数に
デル・テクノロジーズの調査によると、国内中小企業のテレワーク導入率は3割に満たず、普及率が低迷しているものの、導入企業の過半数がテレワーク活用に満足しており、「働き方改革」「ワークライフバランス向上」「コスト削減」などのメリットを享受していることが分かった。(2021/9/14)

産業動向:
NTT東日本と清水建設が建物運用のDXで協業、「DX-Core」を「地域エッジ」と連携
NTT東日本と清水建設は、清水建設が開発したソフト「DX-Core」の運用ソリューションをNTT東日のコンピューティング基盤「地域エッジ」と組み合わせて自治体などに提供することで、導入コストとランニングコストの削減につなげる協業をスタートした。(2021/9/13)

施工:
障害物の回避施工が必要な地盤改良工事で新工法、効率化とコスト削減
大成建設と日特建設は共同で、機械撹拌(かくはん)式地盤改良工法「WinBLADE工法」で用いる撹拌翼を汎用地盤改良機に装着した新たな工法を開発した。障害物の回避が必要な場合でも、汎用地盤改良機による施工で効率化が図れ、コストも削減できる。(2021/8/11)

拡大する「非正規労働者」活用と課題【中編】
「非正規雇用」の活用が止まらない、コスト削減以外の“驚きの理由”
Gartnerの調査によると、調査対象企業の約3割がコスト削減を目的に非正規雇用を活用していた。不況を乗り切るための手段として捉えられることもある非正規雇用だが、ポジティブな理由で活用する企業もある。それは何か。(2021/8/10)

Gartner Insights Pickup(218):
既存のデータセンターを刷新して長期的なメリットを得るには?
既存のデータセンターのインフラを再構築することにより、新しいビジネスサービスをサポートするとともに、運用コストの削減が可能になる。(2021/8/6)

医療機関のデジタル化【前編】
医療機関がポイントソリューションを導入してしまう理由
治療の改善やコストの削減を実現するにはデータを統合的に分析する必要がある。にもかかわらず、医療機関は特定の機能に限定されたポイントソリューションを導入してデータの統合に苦労している。なぜか。(2021/8/5)

太陽光:
太陽光発電と空調の連携でコスト削減、関電とダイキンが実証
関西電力とダイキン工業は2021年7月29日から、太陽光発電と空調制御システムを連携させたエネルギー管理システムの実証実験を開始した。太陽光発電の出力変動に応じて、空調機を最適制御することで、電力コストの削減や環境負荷の低減を図る狙いだ。(2021/8/4)

最も重要なのは「組織変革」:
「コンテナ」「Kubernetes」はコスト削減のためではない――ガートナーが語る“誤解と真実”
2021年6月21〜22日にガートナーが開催した「アプリケーション・イノベーション&ビジネス・ソリューション サミット」で、ガートナー ジャパンの桂島 航氏が「コンテナとKubernetesをITリーダーはどのように活用すべきか」と題して講演した。その内容をレポートする。(2021/7/30)

BYODの導入と継続のためのヒント【前編】
「BYOD=コスト削減手段」だと考えてはいけない“納得の理由”
「BYOD」をこれから始める企業や十分に準備をしないまま始めてしまった企業は、BYODのメリットを十分に引き出せない可能性がある。BYOD解禁を検討する際の考慮点を説明する。(2021/7/15)

現場管理:
高所作業車の予約から返却まで総合管理するアプリを竹中工務店が開発、朝日興産を介して外販も
竹中工務店は、建築現場向けアプリ「位置プラス」のラインアップに、高所作業車の管理機能を備えた「高車管理」を追加した。高車管理では、高所作業車の位置情報や予約状況がモバイル端末やPCでリアルタイムに確認できるため、元請け、協力会社、レンタル会社の手間が低減されるとともに、運用コストの削減も見込める。(2021/7/2)

新建材:
東急建設が「木被覆木製柱」を開発、「1時間準耐火構造」の認定を取得
東急建設は、木質荷重支持部材に耐火被覆として木質被覆材を張ることで木の現しを実現し、納期の早い一般の流通材を材料として使え、工期短縮とコストカットに貢献する「木被覆木製柱」を開発した。今後、同社は、中大規模木造建築ブランド「モクタス」で今回開発した部材を積極的に活用する。(2021/7/1)

ヤフー、取引先との署名を完全電子化 1件当たり3000円のコスト削減に
ヤフーは全取引先企業との署名を完全電子化したと発表。当初の目標を約3カ月遅れで達成した。電子化で、契約1件当たり3000円のコスト削減につながったという。(2021/6/24)

産業動向:
清水建設らが新たな建設物流システムを開発、第1弾は19社と協力し10現場で展開
清水建設は、都心の建築工事現場で物流を効率化するために、日立物流の協力を得て、清水建設と協力会社の物流関連コストを削減する建設物流システム「シミズ・スマート・ロジ」を開発し、2021年4月に東京支店傘下の現場で展開を開始した。第1弾は、大型現場を含む10現場と協力会社19社の参加でスタートし、徐々に対象現場と対象資材を拡大し、2年以内に清水建設東京支店での本格運用を目指す。(2021/6/15)

施工:
新たな噴射機構で攪拌性能の向上と施工の高速化を実現した機械攪拌式地盤改良工法
安藤ハザマらは、機械攪拌式地盤改良工法に新たな噴射機構を備えることで、攪拌性能の向上や施工の高速化、コストカット、環境負荷低減を実現した多方向スラリー揺動攪拌工法「WILL-m工法」を開発した。(2021/6/8)

「SD-WAN」の基本から活用例まで【第3回】
「SD-WAN」によるコスト削減方法とは? 40%の大幅削減例も
「SD-WAN」のメリットはローカルブレークアウトによる負荷分散だけではない。導入の仕方によっては「コスト削減」も可能だ。どのような場合にコスト削減が可能になるのか。(2021/6/16)

IT関連契約を見直すヒント【前編】
テレワーク普及でアウトソーシングコストの削減が容易に? その理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うテレワークの普及により、企業はアウトソーシングコストを抑えやすくなる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/6/3)

ITコスト最適化の7大ポイント【第4回】
ITコスト削減に「ベンダーとのリスク共有」が果たす役割とは?
ITコスト最適化を進める際、ベンダーとのリスク共有が重要なポイントになる。Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際に重要なポイントを2つ紹介する。(2021/5/27)

最大15mの部材加工を実現:
PR:溶接工不足を解消、高精度3Dレーザー加工機による新工法が工期短縮を支援
建築ラッシュがいまだ続く中、コスト削減に向けた工期短縮が建築業界の共通課題となっている。一方で深刻さを増すのが、建築で不可欠な溶接工の人材不足だ。そうした中、溶接の工数を抜本的に削減する新たな工法が注目を集めている。(2021/6/1)

医療機器ニュース:
医療用X線画像処理装置の組み立てを容易にする、高性能読み出しICを発売
amsは、デジタルX線フラットパネル検出器向けの読み出しIC「AS585xB」シリーズを発売した。X線画像処理装置の一般的なコネクタに対応しており、組み立てコストを削減できる。(2021/5/21)

JR東、「みどりの窓口」7割削減へ Suica普及などでニーズ減る
JR東日本はICカード「Suica」の普及などでニーズが減少しているとして、2025年までに首都圏と地方の約7割の駅で「みどりの窓口」を廃止すると発表した。コロナ禍で収益が減少する中、設置駅を絞ることで経費を削減する。(2021/5/11)

コスト削減に取り組んだ:
JAL、2866億円の赤字に転落 業績予想は未定
JALが決算を発表した。コロナ禍の影響を大きく受けた。コスト削減に取り組んだが大幅な赤字に陥った。(2021/5/7)

「VDI」6つのメリットと5つの注意点【中編】
「VDI」はなぜ選ばれるのか? ファット共存、標準化、コスト削減の利点を解説
企業のクライアントデバイスの管理負荷を軽減する「VDI」には、さまざまなメリットがある。管理面やコスト面のメリットを整理する。(2021/4/30)

400台近いEPYC搭載PowerEdgeサーバが稼働:
PR:旧筐体20ラックを2ラックに削減、GMOインターネットが語るサーバ管理コスト削減の秘訣
2021年4月13日、オンラインセミナー「知らなきゃ損する!? 新AMDサーバCPU『第3世代EPYC』徹底解説 〜中の人に聞く『コスパを最大化する秘訣』と、ここでしか言えないウラ話〜」が開催された。当日の模様をレポートする。サーバ管理コスト削減の秘訣をGMOインターネットの担当者が語った。(2021/5/6)

NEWS
従業員300人以上の企業7割が「DXの必要性を実感」、フレクトの調査から
フレクトが実施した「企業のDX化に関する実態調査」によると、従業員300人以上の企業は約7割がDXの必要性を実感していた。一方で、DXに「コスト削減」など「守りのIT」の効果を期待している傾向がうかがえた。(2021/4/23)

発電所の煙突内にドローン 関西電力が新サービス
関西電力が、ドローンを使って発電所やダムなどの点検作業を行う子会社を設立すると発表。ドローンは作業の効率化やコスト削減につながるとして社内で利用していたが、社外のニーズを見込み外部への提供も始める。(2021/4/16)

導入事例:
清水建設が全作業所に「デジタルサイネージ」導入、年3000万円の印刷コスト削減
清水建設は、ペーパーレス化の目的で、国内の全作業所に電子掲示板「デジタルサイネージ」を導入する。これまで印刷や配送に要していた年間約3000万円のコストが削減される見込みだ。(2021/4/9)

製造ITニュース:
車体フレーム組み立てのコスト削減を実現するデジタルツインソリューション
オートフォームは2021年4月6日、車体フレームを組み立てるBiW工程や金型プレス成型におけるデジタルツイン導入を実現するソフトウェア/ソリューション群の「AutoForm REMパッケージ」を発売すると発表した。エンジニアリング工程の効率化を図り、製品リードタイムやコスト削減につなげる。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
インテリジェントな自動化もコスト削減も容易、データ中心設計ストレージの実力
コンテナベースのマイクロサービスアーキテクチャや機械学習の採用により、進化を続けるミッドレンジ向けのストレージアプライアンス。インテリジェントな自動化からコスト最適化、NVMeやSCMなど最新技術への対応まで、その実力を探る。(2021/4/8)

製造IT導入事例:
グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスを提供
日本IBMは、グローリーの間接材購買業務を支援するBPOサービスについて発表した。間接材の購買に関わる業務を、購買部門が一括して実施する体制に変更することで、業務効率化やコスト削減を図る。(2021/3/31)

岩波文庫の「天」がふぞろいな理由、実は「おしゃれ」 「コストカットだと思ってた」と驚きの声
事情は少し異なりますが、新潮文庫も同じ手法を採用しています。(2021/3/24)

20年12月期決算:
日本旅行、店舗を200店→100店規模に半減へ 「Go To」ストップ痛手、赤字転落
日本旅行が、グループ全体の店頭・店舗数を200店舗規模から100店舗規模に減らす。コロナ禍で売り上げが半減する中、収益が見込まれる分野に要員をシフト。一時帰休や経費削減を徹底する。(2021/3/18)

大規模なデータ処理も高速化
「MySQL」をクラウド化――DBの性能向上とコスト削減を実現するヒント
「MySQL」をクラウドサービスで運用する際には、コストの上昇やデータ分析処理のパフォーマンス低下などが課題になりがちだ。データベースをクラウドサービスで運用する際の最適解とは。(2021/3/18)

OKI、AIで物流トラックの配送ルートを最適化 走行距離を1日300km削減
OKIが、AIを活用して運送トラックの配送ルートを最適化することで、車両の合計走行距離を、人間が計算するより1日当たり300km少なくできたと発表した。配送コストの削減とCO2排出量の削減が期待できる。(2021/3/15)

組み込み開発ニュース:
リアルタイム組み込みハイパーバイザーの最新版を提供開始
BlackBerryは、リアルタイム組み込みハイパーバイザーの最新版「QNX Hypervisor 2.2」の提供を開始した。組み込みシステムの設計に柔軟性と拡張性を提供し、初期開発コストと長期所有コストの削減に貢献する。(2021/3/11)

分散拠点のファイルアクセスを実現
20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例
北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。(2021/3/9)

福田昭のストレージ通信(180) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(7):
3D NANDフラッシュのコスト削減モデル
今回は3D NANDフラッシュのウエハー当たり製造コスト(ウエハーコスト)が世代交代でどのように変わるかを解説する。(2021/2/24)

メカ設計ニュース:
データ処理の高速化とモデル表示機能を高機能化した類似形状検索システム
スマートスケープは、新機能を追加した類似形状検索システム「SS4M」を発表した。データ処理の高速化やモデル表示機能の高機能化により、作業時間の短縮やコスト削減に貢献する。(2021/2/22)

ClipLineの事例:
オフィス縮小移転で年間6000万円削減、浮いた費用どう使う? “やせ我慢”しないと決意した会社の例
1回目の緊急事態宣言を受け、全社員を在宅勤務体制へと移行し、オフィスを縮小移転したClipLine。年間6000万円ほどのコスト削減を見込めるというが、圧縮した賃料は何に投資するのか。(2021/2/22)

クラウドストレージコスト削減法【後編】
クラウドストレージの無駄なコストを節約する勘所
クラウドストレージの何がコストを発生させているのかを確認しよう。契約内容を再チェックすると、必須ではない要素が存在する可能性がある。必要な機能でも、使い方を工夫することでコストを削減できる可能性がある。(2021/2/17)

リテルヒューズ CPC1561B:
二重保護機能付きのNO型ソリッドステートリレー
リテルヒューズは、電流制限回路とサーマルシャットダウン回路を組み込んだNO型ソリッドステートリレー「CPC1561B」を発表した。自動復帰機能も備え、ダウンタイムや修理コストの削減、システム障害の回避に貢献する。(2021/2/9)

THzトランジスタの商用化を可能に:
製造コストを削減できるグラフェン製造法を開発
東北大学は、グラフェンを用い低環境負荷で超高速のデバイスを製造する方法を開発した。テラヘルツ(THz)帯で動作する高品質のグラフェントランジスタを、これまでに比べ100分の1以下という安価な製造コストで実現できるという。(2021/2/8)

新工法:
縁切り壁の構築にかかる時間と費用を20%削減可能な新工法、戸田建設
戸田建設は、これまでの工法と比較して、縁切り壁の構築にかかる時間と費用を20%削減できる「スリムウォール工法」を開発した。今後、実現場の盛土工事に適用するとともに、さらなるコストカットを目指し、打設方法と鋼板接続方法の改良を進める。(2021/2/5)

CAEニュース:
複雑な電磁界システムの完全連成解析を支援する「Ansys HFSS Mesh Fusion」
Ansysは、大規模な設計のメッシュ生成と解析が行え、開発コスト削減と次世代製品開発の促進に貢献する「Ansys HFSS Mesh Fusion」を発表した。デザインや忠実度を損なうことなく、複雑な電磁界システムの完全連成シミュレーションを高速に実行できる。(2021/2/2)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

HIS、Adobe Signを導入 契約更新業務における全工程の約30%を削減
HISは「Adobe Signエンタープライズ版」を導入して契約書のやりとりを効率化した。Adobe Signの導入により契約更新の全工程の約30%を削減し、毎月10万円程度の経費削減を実現した。(2021/2/1)

省エネ機器:
大阪ガスがCO2削減技術でブレイクスルー、2030年に再エネ比率50%の新目標も
大阪ガスが、温暖化の要因とされるCO2を利用し、燃料となるメタンを生成する「メタネーション技術」について、キーマテリアルの大幅なコスト削減に成功。2030年の実用化を目指すという。(2021/1/27)

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

金属加工技術:
機械学習を活用し、Ni-Co基超合金の製造コストを削減
物質・材料研究機構は、MLを活用し、Ni-Co基超合金の製造コスト削減に成功した。わずか6回の試行で、タービンディスクの作製に適した高品質な粉末を収率約78%で得られるプロセス条件を発見した。(2021/1/7)

蓄電・発電機器:
蓄電池のトラブルを数ケ月前から把握可能に、検知技術の開発に成功
GSユアサとNTTコミュニケーションズは2020年12月、AIによるリチウムイオン蓄電池システムの故障予兆検知技術の開発に成功したと発表した。蓄電システムの運用コスト削減に大きく貢献できる技術だという。(2021/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。