ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Japan Drone2020:
非GPS環境下で自律飛行可能な煙突点検用ドローン、従来比で50%以上のコストカット
関西電力は、自律制御システム研究所製の産業ドローン「ACSL-PF2」をカスタマイズして煙突点検用ドローンを開発した。同社が、KANSOテクノスやNJSと共同で行った火力発電所での実証実験では、煙突内部で自律飛行により高度175メートルまで上昇し、点検用の画像が取得可能なことが明らかになっている。(2020/10/15)

電動化・ECU統合化に対応:
PR:xEVシステムを効率化しトータルコストを削減。電動化を支えるNXPの車載半導体ソリューション
自動車業界は、電動化や自動化など「CASE」と呼ばれる4つのメガトレンドに基づき、次世代の自動車開発に取り組んでいる。地球規模で深刻化する環境問題への対応や重大事故を無くすためにも、電動車(xEV)や自動運転車への移行は避けて通れない。本稿では、「バッテリーマネジメント技術」と「ECU統合化を見据えたプロセッシング・プラットフォーム」を中心に、xEVのシステム・コスト削減を可能にするNXP Semiconductorsの半導体ソリューションを紹介する。(2020/10/12)

リモートワークや事業継続の支援も強化:
Microsoft、「Azure」の新機能を多数発表、コスト削減や価値最大化をサポート
Microsoftは「Azure」の新機能を複数発表した。これらの機能は、リモートワークや事業継続、コスト削減、クラウドのスケーラビリティとパフォーマンスの活用、ハイブリッド/マルチクラウド環境でのイノベーション展開を支援する。(2020/10/6)

いまさら聞けない自動車業界用語(6):
自動車生産で避けて通れない、設計や工程の変更
品質問題の解消やコスト削減の目的で実施される設計変更や工程変更。実際に業務として取り組む人も多く、工数のかかるややこしい事案……是非とも理解を深めてください!(2020/10/5)

FAニュース:
産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価するシミュレーターを開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構らは、産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価する「産業用ヒートポンプシミュレーター」を開発した。ヒートポンプの導入検討時間とコストを削減する。(2020/9/29)

実装コストは従来の半分以下に:
PUFによるハードウェア認証技術で新方式を開発
東北大学は、ハードウェアの指紋と呼ばれるPUF(固有の乱数値を出力する機能)を用いた認証において、より安全な認証と実装コストの削減を可能にする新たな方式を開発した。(2020/9/23)

DASからクラウドへ
Nasuni導入で「数十万ドル」のストレージコスト削減
多数の拠点を擁するAPi Groupは、ストレージコストの増大に悩まされてきた。DASからWAFS、そしてNasuniのクラウドストレージに至る同社の事例を通してストレージコスト削減のヒントを探る。(2020/9/23)

不断の研究開発が支える:
PR:電源業界の“不変の課題”、高電力密度をかなえる4つのイノベーション
電源において、常に最も重要な課題の一つとなっているのが電力密度だ。電力密度の向上は、電源サイズの縮小、部品点数の減少、システムコストの削減など、多くのメリットに直結している。Texas Insrtuments(TI)は、4つの主要分野において、電力密度の向上におけるイノベーションをけん引している。(2020/9/29)

「変わらないといけないタイミング」:
さくらインターネット、東京オフィス半減へ “眺めがいい最上階”も手放す、田中社長「リモート前提」の考え方
さくらインターネットが、2021年1月をめどに東京支社のオフィス(西新宿ビル)を半分以下に縮小する。コストカットが目的というよりは、業務を行うためだけの場からイノベーションを生むためのスペースに変える狙いがあるという。(2020/9/24)

SCSK株式会社提供ホワイトペーパー:
性能強化&運用効率化&コスト削減を一挙に実現、事例に学ぶ仮想化基盤刷新術
企業の仮想化基盤や業務データが増加する中、インフラにはさらなる性能や拡張性、柔軟性が求められる。インフラのリソース不足に直面した日本農産工業は、その課題解決のために、組織が持つノウハウを生かせるHCIを選んだ。(2020/9/17)

社員証をスマホアプリに:
手をかざすだけで入退室、タッチレスなデジタル社員証 NTT Comが提供、コロナ対策・コスト削減の需要狙う
NTTコミュニケーションズが、手をかざすだけで入退室できるデジタル社員証「Smart Me」の提供を始めた。ICカードリーダーに触れることへの不安を払拭でき、社員証の発行・管理、廃止にかかるコストも削減できるという。(2020/9/9)

「脱クラウド」の要否【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”
コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。(2020/9/8)

いまさら聞けない自動車業界用語(5):
品質やコストにも関わる物流、トヨタは東海地方のミルクランで大変革
知っておきたい自動車業界用語、今回は「物流」です。できた物を運ぶだけじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、製品の品質確保、コスト削減や環境負荷低減にもつながる非常に重要な仕事です。実際にどのような業務が行われ、今後どのように変わっていくのか。用語の解説も併せて覚え、ぜひとも実務に活用してください。(2020/9/7)

コントローラーの機能をオフロード
スタートアップ企業Nebulonが提案する「クラウド定義ストレージ」
ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。(2020/9/7)

プロプライエタリDBに移行してコスト削減
OSSのデータベースに限界を感じた企業が選んだデータベースとは?
日本のPropre Japanは、オープンソースのデータベースに見切りをつけてあるプロプライエタリのデータベースに移行した。結果、大幅なコスト削減に成功したという。(2020/8/21)

FAニュース:
試料を破壊せず、近赤外光でプラスチックの劣化を診断する技術を開発
産業技術総合研究所は、近赤外光を照射してプラスチックの劣化を診断する技術を開発した。破壊試験なしで劣化の進行を高精度に診断できるため、製造業の検査コストを削減するほか、異常品検出やリサイクル向けの素材選別などに活用できる。(2020/8/19)

プレミアムコンテンツ:
ストレージ最適化製品導入戦略ガイド
効果的なストレージ最適化の導入は、ビジネスにおける重要な要素になっている。本稿ではコスト削減、ハイパーコンバージドインフラ分野、共有ストレージの代替について取り上げる。(2020/8/15)

関西私鉄、スマホでチケット買えばポイント増 コスト削減へダイヤ改正 “withコロナ”へ知恵絞る
関西の大手私鉄、JR西日本、大阪メトロなど鉄道各社は4〜6月期の旅客数が“蒸発”し、新型コロナから手痛い打撃を受けた。各社はコスト削減とともに、「Go To トラベル」の活用やポイント付与など顧客の取り込みに奔走している。(2020/8/14)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
コンクリ構造物の強度を探査するアンテナと、コンクリ内部温度を測定するセンサー「SmartRock2」
KEYTECは、コンクリート構造物を対象にした非破壊検査の機器を展開している。なかでも、ワイヤレスコンクリート温度センサー「SmartRock2」は、鉄筋に直接取り付けて、コンクリートの内部にセンサーと本体を埋込み、ワイヤレスでスマートフォンの無償アプリから測定データを確認する仕組み。コンクリート養生管理のコスト削減や工期短縮が見込める。(2020/8/13)

PR:太陽光O&Mのプロが選ぶパワコンの条件、なぜファーウェイが選ばれたのか
太陽光発電所のO&M(オペレーション&メンテナンス)とアセットマネジメントにおいて、国内トップクラスの受託実績を誇るオリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント。同社は、なぜファーウェイを選ぶのか── 実質O&Mコストの削減に挑み続ける、戦略責任者の百合田和久氏に聞いた。(2020/8/13)

高利得のミキサー回路を考案:
小型で省電力の300GHz帯無線トランシーバー開発
東京工業大学とNTTの研究グループは、34Gビット/秒の高速無線通信をわずか410mWの電力消費で実現する「300GHz帯無線トランシーバー」を開発したと発表した。シリコンCMOSプロセスで製造できるため、無線機のコスト削減も可能となる。(2020/8/11)

メルカリ、4Qは上場以来初の営業黒字 コロナ禍でコスト削減、「定常的な黒字化は時期尚早」
メルカリの20年6月期第4四半期(20年4〜6月)の営業損益が黒字に。四半期での黒字は上場以来初。ただし「定常的な黒字化は時期尚早」としている。(2020/8/6)

工場ニュース:
生産と在庫を一元管理できる物流拠点として福島工場に新倉庫を建設
アイカ工業は、化成品を製造する福島工場に危険物立体自動倉庫を新設した。新倉庫を、生産現場に在庫をまとめる「生産立地型拠点」とすることで、拠点間の輸送や複数倉庫への入出庫などをなくして合理化を図り、トータルコストを削減する。(2020/8/3)

CAEニュース:
解析やコラボレーション機能を強化した工学シミュレーションソフトウェア
Ansysは、解析やコラボレーション機能を強化した最新の工学シミュレーションソフトウェア「Ansys 2020 R2」を発表した。コスト削減、生産性の向上、開発期間短縮、事業継続性の確保に貢献する高度な構想を提供する。(2020/8/3)

エッジ機能は現場の課題をどう解決する?:
PR:Wi-Fiアクセスポイントとエッジコンピューティングの融合で解決する3つの課題
今やオフィスや商業施設などに限らず幅広いシーンで利用されているWi-Fi。Wi-Fiのアクセスポイントがエッジコンピューティングの能力を持つことで、高速処理、高速ダウンロードや大幅なコスト削減を実現できるという。(2020/7/29)

岡崎工場に移管:
三菱自、パジェロ製造の工場閉鎖を発表 固定費2割削減、ASEAN中心の体制へ
三菱自動車は、子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)における乗用車生産を2021年上期に停止し、工場を閉鎖すると発表。コスト削減と収益力向上を目指す新中期経営計画では、固定費の2割削減を目指す。強みを生かせるASEAN地域などに経営資源を集中させる。(2020/7/27)

ソーラーシェアリング入門(33):
ソーラーシェアリングの架台選び、“無理なコスト削減”が生むトラブルとは?
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業性に大きく関わる「架台」に起因したトラブルの事例にいて、具体的に解説します。(2020/7/20)

CADニュース:
3D CADデータから重複部品を顕在化し、削減可能コストを算出するサービスを提供
スマートスケープは、3D CADデータから、重複部品のデータ整理と削減可能なコストを自動で算出する「重複部品アセスメントサービス」を発売した。類似形状検索によりデータベースを整理するほか、コスト削減金額の算出もできる。(2020/7/17)

中外製薬、データ基盤にAWS採用 ゲノム情報など保管・分析 新薬開発の効率化目指す
中外製薬が、AWSを活用して社内のデータ基盤を構築。データを生かした新薬の開発などを進める。新薬開発の効率化や、コスト削減効果などを見込む。(2020/7/16)

金融機関におけるドコモの本人確認アシストAPI利用事例:
PR:コロナ禍に先駆け、住所変更手続きの“完全オンライン完結”を実現した横浜銀行
新型コロナウイルス感染症により非対面取引の拡充が求められ、顧客の利便性向上、業務効率化、コスト削減の観点からも、デジタル技術の活用は不可欠なものとなっている。横浜銀行は、2019年12月にNTTドコモの本人確認アシストAPIを導入。Webページ上で住所・電話番号変更手続きが、人の手を要さず、最短即日でオンライン完結するようになった。ドコモ本人確認アシストAPIへの期待や今後の戦略、導入後の効果について、担当者の本音を聞いた。(2020/7/16)

データセンターの液冷化【前編】
液冷システムを検討していないデータセンター事業者は時代後れ
冷却効率の高さとコスト削減の可能性によって注目されている液冷システム。ある事業者は液冷化を必然と捉えて準備を進めている。当然、懐疑論者もいる。データセンターは変わるのだろうか。(2020/7/10)

次期iPhone 12付属品は充電ケーブルだけ? EarPodsもUSB電源アダプタもない理由
コストカットのためだそうです。(2020/6/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
コロナ後の働き方? 「ジョブ型雇用」に潜む“コスト削減”の思惑
コロナ禍で在宅勤務が広がり、「ジョブ型」雇用の導入に向けた動きが注目されている。しかし、時間ではなく成果で評価する「高プロ」制度は浸透していない。労働時間規制を免除できる制度を模索しているだけでは。それは「雇用する義務の放棄」でしかない。(2020/6/26)

PoCで疲れている場合ではない:
ITベンダー丸投げ=経営戦略の丸投げ、「ITが苦手な経営者」の率いる企業が市場から消える日
DXとは本来、デジタルテクノロジーによってビジネスそのものを大きく変革する取り組みのことを指す。華やかな成果の事例が目立つ一方で、コスト削減や業務効率化だけで「DXを実現した」と述べたり、ビジネス成果につながらないPoCを繰り返して「PoC疲れ」を起こしたりしている組織も存在する。各社の違いはどこにあり、今後何が変わっていくのか。(2020/6/24)

サプライチェーン管理を変えるデータ活用【前編】
医薬用品メーカーは「注文の6割が電話、メール、FAX」の惨状をどう脱却したか
医療用品メーカーPaul Hartmannは注文と納品にかかる手間とコストの削減に課題を感じていた。ビジネスプロセスの効率化と需給の予測精度を向上させるために、同社が必要としたものは何か。(2020/6/24)

ドローン:
ドローン橋梁点検手法「君津モデル」全国展開へ
アイネットは、君津市や木更津工業専門学校など4団体の連携パートナーと協力し、ドローンを活用する橋梁点検手法の実証実験を行った。従来の点検手法と比べると、点検の簡易化やデータのスピーディーな共有、AIによる高精度のひび割れ診断、コスト削減効果などが見込めることから、今後「君津モデル」として全国展開していく。(2020/6/19)

多忙を極める一人情シスの“救世主”となるのは
「インフラ運用の懸念を一掃したい」に応える賢い解決策とは
予算も人も不足している中で、ITインフラの運用をどう効率化するか。たとえ効率化やコスト削減に有効な手段を見つけても、どう社内の稟議承認を通すか。多くの中堅・中小企業の悩みを解決するアプローチを探る。(2020/6/19)

マイナンバー紐づけは「一生ものの1口座」 高市総務相
 高市早苗総務相は9日の衆院予算委員会で、マイナンバーと個人の預貯金口座のひも付けに関し、原則として1口座を対象にする考えを示した。「福祉目的や景気対策など多様な給付を行うため、全ての国民に一生ものの口座を1口座のみ登録してもらうような制度に発展させることができれば、迅速なプッシュ型の給付や行政コストの削減が可能となる」と述べた。(2020/6/10)

開業から3カ月、成果は:
「売れなかった」ハムサンド、カメラ50台で真相解明 高輪GW駅「無人決済コンビニ」の実力
高輪ゲートウェイ駅にオープンした無人コンビニ店舗「TOUCH TO GO」。無人化によるコスト削減に注目が集まる一方、データ活用という点でも大きな可能性を秘めている。約50台のカメラ映像を分析し「POS端末では分からなかったこと」が見えてきた。(2020/6/8)

IT関連業務の外部委託コストを最適化――ガートナーがフレームワークを発表
国内企業は、海外企業と比べIT関連業務を外部委託する傾向がある。企業が全社のコストを見直している今、ITリーダーたちは、ITの外部委託コストの削減はもちろんのこと、将来を見据えた根源的な対策を取る必要がある。(2020/6/3)

りそなHD南社長「デジタル化で店舗コスト2割減」 3年後めど
スマートフォンのアプリを使ったサービスを拡充し事務経費を削減するほか、傘下の関西みらい銀行を中心に地域的に重複している店舗を一部集約する。(2020/6/2)

製品動向:
戸田建設が希釈濃度が従来比約3分の1で済むシールド工用起泡剤を開発、高い生分解性も保有
戸田建設は、切羽またはチャンバー内に気泡を注入しながら掘進する工法「気泡シールド工法」の改良を進めている。このほど、希釈濃度が従来品より少なく、水生生物への影響もわずかな特殊起泡剤を気泡シールド工法向けに開発し、安全性の向上やコストカットを実現した。(2020/6/2)

富士通、DX促進に向けてソフトウェアデファインドストレージを販売開始
同社のデータ管理ソリューションは、柔軟なストレージの拡張や管理負荷の軽減、システムのライフサイクル全体を通したコストの削減を実現する。また、ハードウェアに同社のPCサーバを採用すれば、最新の技術を取り入れたストレージ環境を構築できる。(2020/5/29)

宣言解除も企業はテレワークで様子見 オフィス縮小でコスト削減狙う企業も
政府は緊急事態宣言を全面解除したが、当面は現状のテレワークなどの在宅勤務を続ける企業も少なくない。中にはオフィスを縮小してコスト削減を狙う企業もある。(2020/5/27)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:量子コンピュータへの挑戦
特集は5Gによる産業の変化、量子コンピュータ時代の古典コンピュータの役割、コンフィデンシャルコンピューティングの3本。他に脳とコンピュータのインタフェース、シリコンフォトニクス、ストレージコスト削減事例などの記事をお届けする。(2020/5/24)

山岳トンネル工事:
冬期トンネル工事の吹付けコンクリートで独自温度管理手法
戸田建設と名岐エンジニアリングは、冬期の山岳トンネル工事において、吹付けコンクリートの独自の温度管理手法を適用した。吹付けコンクリートを適切な温度に保つことで、コンクリートの急結剤の添加量を抑制。これにより品質確保とコスト削減が可能になるという。(2020/5/22)

FAニュース:
ディープラーニング機能搭載の工業用スマートカメラ、外観検査を容易に
Cognexは、In-Sight工業向けスマートカメラに、ディープラーニングソフトウェアを内蔵した工業用スマートカメラ「In-Sight D900」を発表した。多様な業界の検査自動化に貢献するだけでなく、複雑な外観検査を迅速、容易にし、コストを削減する。(2020/5/18)

セキュリティの課題は残るが:
パンデミック克服ではIoTが主導的役割を果たす
新型コロナウイルス(COVID-19)などの感染症を打ち負かす上で重要な役割を担っている技術の中でも、特にIoT(モノのインターネット)は、人類の“技術兵器”の重要な一部だといえる。例えば、コスト削減や、自動や遠隔での介護や診断、新たに利用可能になった患者データなどは、IoTがヘルスケア分野にもたらしたさまざまな変革の中のほんの数例として挙げられる。(2020/5/11)

一時的な効率低下をどう解決した?
自治体事例:AI&RPAで時間とコストの削減およびサービス向上に成功
自治体もまた、一般企業と同じくコスト削減とサービス向上に迫られている。スウェーデンの自治体は大学の研究プログラムを利用してAIやRPAのトライアルに着手。現場の不信感を解消しつつ成果を挙げている。(2020/5/11)

Gartner Insights Pickup(157):
ITコストを急にカットしなければならない場合に考えるべき10の指針
IT予算を急にカットしなければならない事態に直面した場合、CIOはビジネスの中長期的な健全性への悪影響を最小化するコスト削減方法を選択しなければならない。この時に指針として使える10のルールを示す。(2020/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。