ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

省エネ機器:
大阪ガスがCO2削減技術でブレイクスルー、2030年に再エネ比率50%の新目標も
大阪ガスが、温暖化の要因とされるCO2を利用し、燃料となるメタンを生成する「メタネーション技術」について、キーマテリアルの大幅なコスト削減に成功。2030年の実用化を目指すという。(2021/1/27)

テレワークで生きたメリット
VDI事例で実感した「HCI」のメリットを最大限引き出す“こつ”
「HCI」の良さは拡張性や運用の簡素化にあり、うまく活用すればコスト削減も可能だ。このメリットを引き出す鍵は設計時のサイジングと、将来的な拡張の計画性にあるという。VDIでHCIを活用した事例からその内容を具体的に見てみよう。(2021/1/25)

AWSが生まれたのは、Amazonが経費削減のためにSunのサーバからHP/Linuxサーバへ切り替えたことがきっかけ 当時の社員が振り返る
Amazon.comの元社員・Dan Rose氏が、AWS立ち上げ時の秘話をTwitterに投稿。その内容と翻訳をお届けする。2000年前後のAmazonでは何が起きていたのか?(2021/1/13)

金属加工技術:
機械学習を活用し、Ni-Co基超合金の製造コストを削減
物質・材料研究機構は、MLを活用し、Ni-Co基超合金の製造コスト削減に成功した。わずか6回の試行で、タービンディスクの作製に適した高品質な粉末を収率約78%で得られるプロセス条件を発見した。(2021/1/7)

蓄電・発電機器:
蓄電池のトラブルを数ケ月前から把握可能に、検知技術の開発に成功
GSユアサとNTTコミュニケーションズは2020年12月、AIによるリチウムイオン蓄電池システムの故障予兆検知技術の開発に成功したと発表した。蓄電システムの運用コスト削減に大きく貢献できる技術だという。(2021/1/6)

蓄電・発電機器:
テスラ製の蓄電池で電力コスト削減に成功、IIJが自社施設で運用実証
インターネットイニシアティブ(IIJ)が電力コストの削減を目的とした同社データセンターへの蓄電池の導入実証について、10.8%のピークカット効果を確認できたと発表。米テスラ製の産業向け蓄電システムを活用した。(2020/12/24)

Gartner Insights Pickup(187):
セキュリティとリスクマネジメントのリーダーが予算削減に備えるには
全ての組織が予算削減やコスト最適化、契約交渉などを行う適切な準備を整えているわけではない。セキュリティとリスクマネジメントのリーダーは、あらかじめ計画を立ててコストの削減と最適化のバランスを取る必要がある。(2020/12/18)

JR西、ラッシュ回避でポイント付与 時間帯別運賃につなげる狙いも
JR西日本が、ICOCAの定期券利用者に、朝のラッシュ時を避けて乗車すると、現金代わりに利用できるポイントを付与する試験サービスを実施すると発表した。時間帯別運賃の導入や、車両や人員の規模の見直しなど、コスト削減策につなげたい考えだ。(2020/12/17)

サーバ仮想化製品の5大課題【前編】
“遅い仮想マシン”を招く「ストレージリソース不足」の課題と対処法
サーバ仮想化製品はコスト削減やIT担当者の生産性向上といったメリットをもたらす。ただしこれらのメリットはサーバ仮想化特有の問題によって相殺されてしまうことがある。よくある問題と、その解決策を紹介しよう。(2020/12/17)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
サーバ6割統合でTCO削減、米自治体が2時間で立ち上げた新たなITインフラとは?
生活に必須の公共サービスを市が提供する米国モンロー市のIT部門では、24時間365日体制を確立するため、ITインフラのモダナイズが喫緊の課題となっていた。システムを止めずにコスト削減や運用効率化を実現すべく、同市が選んだ方法とは?(2020/12/14)

18駅を廃止、18駅を自治体管理に JR北海道、2021年春ダイヤ改正で約6.2億円の経費削減を狙う 普通・特急の本数カットも
経費削減を狙う春のダイヤ改正案が発表されました。(2020/12/10)

材料技術:
機械学習を適用し、超合金粉末の製造条件を数回の試行で最適化
物質・材料研究機構は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望なNi-Co基超合金の高品質粉末を、高い収率で生産できる条件を探索することに成功した。複雑な製造条件を数回の試行で最適化し、粉末の製造コストを削減する。(2020/12/10)

Nutanix製品は安いだけではない
移行ツールで簡単に実現 VMware製品→Nutanix AHV移行によるコスト削減
英国コンピュータ協会はVMware製品からNutanix AHVに移行してコスト削減に成功した。60以上の仮想マシンの移行は問題にならなかったのか。コスト以外のメリットとは何か。(2020/12/9)

マイクロチップ PIC18 Q84:
車載ネットワークCAN FD対応8ビットMCU
マイクロチップ・テクノロジーは、車載ネットワークCAN FD対応8ビットMCU「PIC18 Q84」ファミリーを発表した。コアから独立した周辺モジュールを備え、CAN FDネットワークに接続する時間とコストの削減に貢献する。(2020/12/8)

集合住宅にローカル5G導入 ネットを高速化、有線を引き込む手間も解消 オプテージが実験
オプテージが、集合住宅内でローカル5Gのネットワークを構築する実験を行う。高速・大容量の通信を提供できる点、有線を引き込む工事の手間とコストを削減できる点などのメリットを見込む。(2020/11/27)

太陽光:
太陽光電力を個人間で売買する実証、トヨタ・TRENDEらが電力コスト削減に成功
トヨタ自動車 未来創生センター、東京大学、TRENDEの3者がブロックチェーンを活用した電力の直接取引(P2P取引)の実証実験について、有効性を確認したと発表した。実証実験に参加した一般家庭の電気料金を約9%低減できることを確認できたという。(2020/11/18)

電気自動車:
EVを蓄電池として活用、工場の電力コスト削減を目指す実証実験
出光興産と日本ユニシスは、EVおよび蓄電池の充放電制御を最適化する実証試験を、2021年3月より開始すると発表した。(2020/11/17)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:「女性社員だけがお茶出しするのは問題では?」では変わらないが、「お茶出し廃止でコスト削減」なら変わる会社のナゾ
結果オーライ……なんだけど腑に落ちないやつ。(2020/11/15)

オンプレミスでもクラウドでも構築可能
「ソフトウェア型PBX」でコスト削減とテレワークを実現する方法
内線や外線の利用に欠かせないPBX(電話交換機)。導入や運用のコストを抑制するとともに、テレワークにいかに対処するかも重要な課題になっている。どのような方法を検討すればよいのか。(2020/11/19)

IoT&5Gソリューション展:
通信基地の鉛蓄電池を遠隔監視、保守経費の削減につながるIoTソリューション
アドテックは2020年11月、通信基地局などで使われる鉛蓄電池用のセンシングデバイスと、それを用いて開発を進めているバッテリーの遠隔モニタリング用IoTソリューションを展示した。鉛蓄電池の内部温度や電圧などを測定し、遠隔地のPCから電池の稼働状況などを把握できるようにする。(2020/11/12)

FAニュース:
残材を5分の1削減、残材削減機能搭載の主軸台移動形CNC自動旋盤
シチズンマシナリーは、残材削減機能を搭載した主軸台移動形CNC自動旋盤シンコム「L32」を発表した。200〜300mmほどの残材を5分の1程度に削減でき、材料の有効活用により環境負荷の低減やコスト削減に貢献する。(2020/11/9)

セガサミーHD、遊技機事業の不振で30億円の営業赤字 希望退職者650人を募集
セガサミーホールディングスが発表した2021年3月期の第2四半期累計(4〜9月)の連結決算は売上高が1102億円(前年同期比33.4%減)で、営業損益が30億円の赤字(前年同期は146億円の黒字)だった。コスト削減のため、希望退職者650人を募集する。(2020/11/6)

即効性のある削減策とは:
ITコストを一気に削減する10の方法をGartnerが紹介
Gartnerは「新型コロナウイルス感染症の世界的大流行で景気が悪化し、多くのCIOが目先のITコスト削減を迫られている」と指摘し、短期間でITコストを削減する10の方法を紹介した。効率良く削減でき、事業に影響を与えにくい方法とは何だろうか。(2020/11/6)

アイリスオーヤマ、法人向け掃除ロボ事業に新規参入 AI搭載モデルを発売へ
アイリスオーヤマが法人向けの掃除ロボ事業に新規参入すると発表。第1弾として、AIを搭載したモデルを10日から発売するという。ソフトバンクロボティクスのモデルをベースにしたもので、空気中の菌やウイルスを減少させる効果や清掃コストの削減が見込めるという。(2020/11/4)

ベンチャーで広がる「都心離れ」 テレワーク契機、移転支援サービス相次ぐ
新型コロナの影響でテレワークの導入が進む中、コスト削減のためにオフィスの移転や縮小に動くベンチャー企業が増えている。東京都心ではオフィスの空室率が上昇。賃料も6年8カ月ぶりに下落するなど影響が出ている。(2020/11/2)

Gartner Insights Pickup(181):
クラウド導入企業の失敗から学ぶ4つの教訓
多くの企業では、一元的なITガバナンスがないまま、ビジネス部門レベルでクラウドの導入を進めてきた。インフラ/運用担当部署は、クラウド導入企業の失敗から学ぶことで、クラウドのリスクを軽減し、導入をスピードアップし、コスト削減を最大化できる。(2020/10/30)

IEEE 802.3ch対応のコンプライアンスソフトも:
同時に3対象を模擬するRTS、評価時間とコストを削減
自動運転車の急速な発展とより優れた安全特性への需要の高まりから、感度が高く正確な車載用レーダー技術の必要性は高まっている。今回、こうした高性能のADAS(先進運転支援システム)の開発をサポートする新たな「レーダーマルチターゲットシミュレーター」を開発したキーサイト・テクノロジー(以下、キーサイト)の担当者に話を聞いた。(2020/10/29)

総務プロの「攻めと守り」:
総務のサイフ、コロナで大激変 社員に「あり得ない」とは言わせない、予算を投じるべき最優先課題
これまで総務部のコスト削減というと、庶務関連など「非常に小さいパイ」だったので、経営効果は限定的だった。しかし新型コロナの影響で、そんな総務のサイフの中身が変化している。(2020/10/28)

大型機を大幅削減へ:
「ビジネス需要は戻らない」 5100億円赤字見通しのANAホールディングス、コスト削減と新需要獲得へ
ANAホールディングスが発表した2021年3月期の連結業績予想は、過去最大の5100億円の最終赤字となる見通しだ。危機を乗り切るための事業構造改革では、機材の削減などによる大幅なコスト削減を図る。「強靭な企業グループに生まれ変わる」ための施策を急ぐ。(2020/10/27)

地銀初のオールクラウド化を推進:
北國銀行、IT基盤システムを全面クラウド化
北國銀行は、NECと連携して、メール、グループウェア、業務アプリなどを含むIT基盤システムを「Microsoft 365」や「Microsoft Azure」などのクラウドサービスで刷新。生産性向上、ニューノーマル対応したワークスタイルの変革、ITコスト削減を目指す。(2020/10/23)

進化し続けるバックアップ技術の裏側
すぐにデータ容量が切迫する方必見 専門家が語る最新のデータ保護の要件
バックアップ/リストアの時間や運用/保管コストの削減など、企業がバックアップシステムに求める要件は多岐にわたる。そんな中、「ディスクが埋まらない」ほどの重複排除率を実現し、多様なニーズに応える製品が注目されているという。(2020/10/26)

検知、対応を含めセキュリティ対策を迅速化:
PR:コスト削減とセキュリティの強化を実現、住友生命が採用したマネージドWAFとは
ITを活用してお客さまに安心や満足できるサービスを提供するため、デジタル化を加速させている住友生命。同社は、IT運用とセキュリティを強化しながら、運用管理の負荷やコストの大幅削減に成功した。そのポイントはどこにあるのだろうか。(2020/11/12)

検知、対応を含めセキュリティ対策を迅速化
コスト削減とセキュリティの強化を実現、住友生命が採用したマネージドWAFとは
ITを活用してお客さまに安心や満足できるサービスを提供するため、デジタル化を加速させている住友生命。同社は、IT運用とセキュリティを強化しながら、運用管理の負荷やコストの大幅削減に成功した。そのポイントはどこにあるのだろうか。(2020/11/12)

電動化・ECU統合化に対応:
PR:xEVシステムを効率化しトータルコストを削減。電動化を支えるNXPの車載半導体ソリューション
自動車業界は、電動化や自動化など「CASE」と呼ばれる4つのメガトレンドに基づき、次世代の自動車開発に取り組んでいる。地球規模で深刻化する環境問題への対応や重大事故を無くすためにも、電動車(xEV)や自動運転車への移行は避けて通れない。本稿では、「バッテリーマネジメント技術」と「ECU統合化を見据えたプロセッシング・プラットフォーム」を中心に、xEVのシステム・コスト削減を可能にするNXP Semiconductorsの半導体ソリューションを紹介する。(2020/10/12)

リモートワークや事業継続の支援も強化:
Microsoft、「Azure」の新機能を多数発表、コスト削減や価値最大化をサポート
Microsoftは「Azure」の新機能を複数発表した。これらの機能は、リモートワークや事業継続、コスト削減、クラウドのスケーラビリティとパフォーマンスの活用、ハイブリッド/マルチクラウド環境でのイノベーション展開を支援する。(2020/10/6)

いまさら聞けない自動車業界用語(6):
自動車生産で避けて通れない、設計や工程の変更
品質問題の解消やコスト削減の目的で実施される設計変更や工程変更。実際に業務として取り組む人も多く、工数のかかるややこしい事案……是非とも理解を深めてください!(2020/10/5)

FAニュース:
産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価するシミュレーターを開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構らは、産業用ヒートポンプの導入効果を定量評価する「産業用ヒートポンプシミュレーター」を開発した。ヒートポンプの導入検討時間とコストを削減する。(2020/9/29)

実装コストは従来の半分以下に:
PUFによるハードウェア認証技術で新方式を開発
東北大学は、ハードウェアの指紋と呼ばれるPUF(固有の乱数値を出力する機能)を用いた認証において、より安全な認証と実装コストの削減を可能にする新たな方式を開発した。(2020/9/23)

不断の研究開発が支える:
PR:電源業界の“不変の課題”、高電力密度をかなえる4つのイノベーション
電源において、常に最も重要な課題の一つとなっているのが電力密度だ。電力密度の向上は、電源サイズの縮小、部品点数の減少、システムコストの削減など、多くのメリットに直結している。Texas Insrtuments(TI)は、4つの主要分野において、電力密度の向上におけるイノベーションをけん引している。(2020/9/29)

DASからクラウドへ
Nasuni導入で「数十万ドル」のストレージコスト削減
多数の拠点を擁するAPi Groupは、ストレージコストの増大に悩まされてきた。DASからWAFS、そしてNasuniのクラウドストレージに至る同社の事例を通してストレージコスト削減のヒントを探る。(2020/9/23)

「変わらないといけないタイミング」:
さくらインターネット、東京オフィス半減へ “眺めがいい最上階”も手放す、田中社長「リモート前提」の考え方
さくらインターネットが、2021年1月をめどに東京支社のオフィス(西新宿ビル)を半分以下に縮小する。コストカットが目的というよりは、業務を行うためだけの場からイノベーションを生むためのスペースに変える狙いがあるという。(2020/9/24)

SCSK株式会社提供ホワイトペーパー:
従来型の仮想化基盤に比べ30%も初期コスト削減、運用管理性にも優れたHCIとは
主要な業務システム群をVMware vSphereによる仮想化基盤に集約している日本農産工業。仮想化環境の拡大に付き物のリソース不足に対応するため、同社が注目したのが高い性能・運用管理性とともに、コスト削減効果にも優れたHCIだった。(2020/9/17)

社員証をスマホアプリに:
手をかざすだけで入退室、タッチレスなデジタル社員証 NTT Comが提供、コロナ対策・コスト削減の需要狙う
NTTコミュニケーションズが、手をかざすだけで入退室できるデジタル社員証「Smart Me」の提供を始めた。ICカードリーダーに触れることへの不安を払拭でき、社員証の発行・管理、廃止にかかるコストも削減できるという。(2020/9/9)

「脱クラウド」の要否【後編】
「脱クラウド」「オンプレミス回帰」で見落としてはいけない“2大コスト”
コスト削減が「脱クラウド」の主な理由ではなくても、脱クラウドによるコストの変化を把握することは重要だ。当然ながら脱クラウドの作業そのものにも、それなりのコストがかかる。どのようなコストが発生するのか。(2020/9/8)

いまさら聞けない自動車業界用語(5):
品質やコストにも関わる物流、トヨタは東海地方のミルクランで大変革
知っておきたい自動車業界用語、今回は「物流」です。できた物を運ぶだけじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが、製品の品質確保、コスト削減や環境負荷低減にもつながる非常に重要な仕事です。実際にどのような業務が行われ、今後どのように変わっていくのか。用語の解説も併せて覚え、ぜひとも実務に活用してください。(2020/9/7)

コントローラーの機能をオフロード
スタートアップ企業Nebulonが提案する「クラウド定義ストレージ」
ストレージコントローラーの機能の一部をクラウドにオフロードしてハードウェアコストを削減するというクラウド定義ストレージ。ソフトウェア定義ストレージと何が異なるのか。(2020/9/7)

プロプライエタリDBに移行してコスト削減
OSSのデータベースに限界を感じた企業が選んだデータベースとは?
日本のPropre Japanは、オープンソースのデータベースに見切りをつけてあるプロプライエタリのデータベースに移行した。結果、大幅なコスト削減に成功したという。(2020/8/21)

FAニュース:
試料を破壊せず、近赤外光でプラスチックの劣化を診断する技術を開発
産業技術総合研究所は、近赤外光を照射してプラスチックの劣化を診断する技術を開発した。破壊試験なしで劣化の進行を高精度に診断できるため、製造業の検査コストを削減するほか、異常品検出やリサイクル向けの素材選別などに活用できる。(2020/8/19)

プレミアムコンテンツ:
ストレージ最適化製品導入戦略ガイド
効果的なストレージ最適化の導入は、ビジネスにおける重要な要素になっている。本稿ではコスト削減、ハイパーコンバージドインフラ分野、共有ストレージの代替について取り上げる。(2020/8/15)

関西私鉄、スマホでチケット買えばポイント増 コスト削減へダイヤ改正 “withコロナ”へ知恵絞る
関西の大手私鉄、JR西日本、大阪メトロなど鉄道各社は4〜6月期の旅客数が“蒸発”し、新型コロナから手痛い打撃を受けた。各社はコスト削減とともに、「Go To トラベル」の活用やポイント付与など顧客の取り込みに奔走している。(2020/8/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。