ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コスト削減」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

宇宙空間で人工衛星アンテナを3Dプリント 三菱電機が樹脂と専用プリンタを開発
三菱電機が、宇宙空間で人工衛星のアンテナを3Dプリントする技術を開発した。小型衛星にも大型のアンテナを搭載できる他、コスト削減などの効果が見込めるとしている。(2022/5/17)

管理者が把握していないSaaSやアカウントを可視化
SaaSの「コスト削減」と「セキュリティ向上」を同時にかなえるには
増え続けるSaaSの運用管理を全社で一元化するのは大変だが、重要なことだ。担当者の退職や契約終了で使わなくなったSaaSアカウントを放置すると、コストとセキュリティの問題につながる。効果的に運用管理する方法とは。(2022/5/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(169):
ライセンスコスト削減に貢献するか? Azure Stack HCIゲスト用のWindows Serverサブスクリプションアドオンの一般提供開始
Microsoftは2022年4月21日(米国時間)、4月1日からAzure Stack HCI向けの「Windows Serverサブスクリプション」が購入可能になったことを発表しました。Windows Serverサブスクリプションを利用すると、場合によっては、物理サーバにWindows Server 2022 Datacenter Editionのコアライセンスを購入して割り当てるよりも、コストを削減できる可能性があります。(2022/4/28)

中小製造業DXの「はじめの一歩」を無理なく実現:
PR:分業とコスト削減による悪循環から脱する“設計力強化戦略”とは
日本製造業は、優位性だった分業化がネックとなり競争力が低下、だが長年続いたプロセスをすぐには変えらないという“悪循環”に陥っている。解決のヒントは、設計プロセスのデジタル化による「設計力強化戦略」だ。(2022/4/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

企業間送金の“隠れコスト”、消込の解消目指すストライプの新機能
ストライプジャパンは4月14日、企業間の取引で多用される銀行振込において、消込作業などの経理作業を簡便化し、企業のコスト削減やデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する「銀行振込」機能を提供すると発表した。(2022/4/14)

Oracleコスト削減事例
脱OracleとPostgreSQL移行によるコスト削減を阻む壁の突破法
フランスのCarrefourは脱Oracleによるコスト削減に着手した。しかしOracle DatabaseからPostgreSQLへの移行は容易ではなかった。同社はどうやって課題を解決していったのか。(2022/4/11)

情シス責任者やデータ基盤責任者の方必見:
PR:データウェアハウスの処理性能向上と大幅なコスト削減、そしてBI+AIのポテンシャルを最大化する次世代データ基盤アーキテクチャ「レイクハウス」の実力
データ経営の重要性の高まりを受け、AI活用を含めてデータの潜在能力を最大限に引き出す必要性が生まれている。だが従来のデータウェアハウスではパフォーマンスが足りないだけでなく、複雑かつ非常に高価で投資に見合った価値を発揮し切れていない。(2022/4/5)

Web面接で失敗しないように押さえておくべきポイントとは
コロナ禍を契機として急速に普及したオンライン採用とウェブ面接。日程調整の容易さや採用コストの削減、母集団形成の強化など企業にとってさまざまなメリットがあるため、就職活動の選考に定着してきました。しかし、新しい採用手法のため企業だけでなく……。(2022/3/31)

IaaS移行にかかるコストを整理する【後編】
「クラウドにしたら高くなった」を回避 IaaS移行後コストの正しい見積もり方
コスト削減を期待してIaaSへとワークロードを移行させたものの、結果的にはコストが下がらず、むしろ高くなった――。こうした“想定外”をなくすために、IaaS移行後に発生するコストを正しく見積もる方法とは。(2022/3/31)

NTT Comが「X Managed」マネージドサービスをワンストップで提供 顧客のコストを30%削減
NTT Comは、マネージドサービス「X Managed」の提供を2022年4月1日に開始する。ICT戦略の企画立案、システムの設計や構築、運用、保守をワンストップで提供することで顧客のコスト削減を実現する。(2022/3/31)

矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが共同調査:
「コスト削減」が減り「攻めの投資」が増加 海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向調査
矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが、海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向を共同調査した。海外進出する日本企業の経営課題がDXにシフトしていることが明らかになった。(2022/3/28)

「AIOps」の肝 システム運用における機械学習の活用法【前編】
システム障害のよくある原因と、トラブル対処に使える「機械学習モデル」一覧
インシデント対処の質向上とコスト削減を図るための選択肢として、機械学習が注目されている。どのような問題に対して、どのような機械学習の手法が有効なのだろうか。(2022/3/25)

PR:業務効率化で経費削減! エプソンダイレクトのWindows 10 IoT Enterprise LTSC搭載タブレットがお勧めな理由
エプソンダイレクトから、Windows 10 IoT Enterprise LTSCを搭載する新型タブレットPC「Endeavor JT50」が登場した。ビジネスにおけるさまざまなニーズに応えられる同製品の特徴をじっくりとチェックしていこう。(2022/4/5)

留意点は?:
売上が減少傾向……それでも「間接費」を削減して、収益力をアップさせる方法
コスト削減施策のうち、直接費についてはすぐに削減することは難しい半面、間接費については見直しの余地が大きいもの。そこで、間接費を削減するためのさまざまな施策を考えます。(2022/3/15)

阪神電鉄「回数券」の販売終了へ 経費削減へ各社も廃止広がる
阪神電鉄は、2022年9月30日で回数乗車券の販売を終了すると発表した。交通系ICカ ードの普及や、コロナ禍が重なり、回数券の利用者が減っていたという。同様の動きは鉄道各社に見られ、今後も回数券廃止の流れが続きそうだ。(2022/3/11)

「富岳」とAI活用でがんの“薬剤耐性”原因遺伝子を新発見 1日で全遺伝子と薬剤の関係を分析
富士通と東京医科歯科大学が、富岳とAIを活用して、ヒトの全遺伝子を分析し、がん細胞が薬物耐性を獲得する原因を効率的に探し出す技術を開発した。治験に適した患者を効率的に探せるため、臨床試験の経費削減や成功率向上が望める。(2022/3/7)

新建機:
最大20%のメンテナンスコスト削減を実現したホイールローダーを発売、キャタピラー
キャタピラージャパンは、従来機と比較して、最大20%のメンテナンスコスト削減と最大10%の生産性向上を実現した次世代ホイールローダ「Cat 980」と「Cat 982」の販売を開始した。(2022/3/7)

テレワークの開始直後には見えにくい「4つのコスト」【前編】
「テレワークでコスト削減」は幻想 新たにかかる“意外なコスト”とは
テレワークの導入によって新たなコストが生まれることもある。その一つが、従業員宅に業務環境を整備するためのコストだ。テレワーク導入前に慎重に検討すべき「見えにくいコスト」の正体とは。(2022/2/23)

持続可能性はコスト削減に効果あり
使用料が約178倍! インスタンスで変わるIaaSのコストと消費電力
炭素排出量の少ないソフトウェアは消費電力やクラウドの使用料金にも影響がある。Azureの異なるインスタンスで同じワークロードを実行すると大きな差が生じた。つまりコスト削減につながるということだ。(2022/2/23)

PR:あの人はどこ?――オフィスのフリーアドレス化で見失う社員の“居場所” 社内交流UPの鍵は可視化と意外性だった
オフィスの在り方が問い直されている今、フリーアドレスに注目が集まっている。フリーアドレスにはオフィスコスト削減やコミュニケーションの活性化といった利点がある。一方で、誰がいつ出社しているか、どこにいるのか分からないという悩みや、感染症対策が難しくなる、いつも同じ席に座る習慣が付くなどの課題も生じる。そこで、これらの課題を解決してフリーアドレスを活用する方法やツールを紹介する。(2022/2/24)

島内最大の企業に:
時給は東京並み 沖縄・与那国島にコールセンター、休業中のホテル使い移住者呼び込む
コールセンターや企業のコスト削減のコンサルティングなどを手掛けるアクトプロは今年4月、沖縄県与那国町にコールセンターを開設する。コロナ禍で休業中のホテルを間借りする形でまずは30人規模でスタートする。これによって……。(2022/2/14)

リテール&ロジスティクス:
千葉県市川市の物流センター内で化粧品物流用の危険物倉庫が竣工、NTTロジスコ
NTTロジスコは、千葉県市川市の千葉物流センター内で開発を進めていた化粧品物流専用の「千葉物流センター危険物倉庫」が竣工したことを公表した。千葉物流センター危険物倉庫は、一般倉庫と離れた立地で運営される通常の危険物倉庫とは異なり、一般倉庫と同じ敷地内に併設することで、製品の横持配送コストを削減するとともに、一般倉庫で危険物以外の製品と同梱を行うことで、エンドユーザーへの配達でかかるリードタイムの短縮や配送コストの低減を実現する。(2022/2/2)

Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、Threadの同時接続に対応:
スマートホーム共通規格「Matter」対応トライラジオSoC
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2022年1月4日(米国時間)、異なるスマートホーム製品間の相互接続を実現する新共通規格「Matter」に対応したトライラジオデバイス「IW612」を発表した。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、IEEE 802.15.4の3つの無線方式の通信を同時に行えるもので、Matter対応製品の開発時間やコストの削減および設計の簡素化を実現するとしている。(2022/1/19)

きらぼし系「UI銀行」が始動、ネット専業「非対面で低コストに」
東京きらぼしフィナンシャルグループ傘下のネット専業銀行、UI(ユーアイ)銀行は17日、スマートフォン専用アプリを公開、個人向けサービスを開始した。デジタル化を加速し、店舗運営コストの削減やサービスの拡充につなげる。(2022/1/18)

脱炭素最前線:
三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
石油産業によって発展を遂げた米テキサス州ヒューストン。その中心部から南西60キロほどのところにある石炭火力発電所で今、脱炭素時代の象徴ともいえる設備が稼働している。(2022/1/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
コスト削減やリスク低減も実現、調査で見るクラウド型セキュリティへの投資効果
ネットワークアーキテクチャの複雑化が、一貫性のあるセキュリティ提供を困難にする中、その解決策としてサブスクリプション型のサービスが注目されている。コスト関係を中心に、その投資効果について調査結果を基に見ていく。(2022/1/13)

第一工業製薬とHACARUSが検査技術を開発 AI活用で検査速度が約6倍に
第一工業製薬とHACARUSは、AIを活用して化学物質の検査速度を従来の約6倍にする技術を開発した。分析技術をAIで標準化することでコスト削減と技術継承に貢献する。(2022/1/7)

MONOist 2022年展望:
現実解を模索する導入3年目のローカル5G、Wi-Fi 6Eはダークホースになり得るか
さまざまな事業主体が5Gを自営網として利用できるローカル5Gの国内導入が始まって2022年は3年目になる。4.6G〜4.9GHzの周波数帯を用いるサブ6とSA(Stand Alone)構成という組み合わせが現実解として主流になる中、導入コスト削減に向けた取り組みも進んでいる。一方、6GHz帯を用いるWi-Fi 6Eを国内で利用するための検討作業も進んでいる。(2022/1/6)

CAEニュース:
シミュレーションソリューション活用で、月面車のデジタルツイン開発費を削減
Ansysのシミュレーションソリューションを活用して、Spec Innovationsが月面車のデジタルツイン開発のコストを削減した。3Dモデリングソフトウェアと組み合わせ、月面車の設計、構築、テストをデジタルエンジニアリングで実施した。(2021/12/24)

「運用コストが8割」になる真因とは:
PR:「ITインフラ運用課題を抜本的に解決する」 キンドリルが提案するアプローチは
既存インフラの維持や保守に予算と工数を取られて「新しいことに取り組む余裕がない」という声は多く聞くが、余裕を生み出すためにいたずらにコスト削減や効率化に走れば既存ビジネスに悪影響が及ぶ可能性がある。正しい変革のアプローチとは何か。(2021/12/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
なぜコーポレートITはコスト削減率が低いのか――既存産業を再定義することでDXを推進
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークなどの新しい働き方が進んだ一方、情報システム部門の負荷が高くなったことが、企業のDX推進を阻害する要因の一つ。この課題を解決するために立ち上げたラクスルの新規事業とは。(2021/12/14)

新型特急やお得切符…鉄道各社のトンネル脱出策
新型コロナウイルス禍の人流抑制で打撃を受けていた鉄道各社が、誘客促進に動き出している。緊急事態宣言が解除され、新型観光特急の導入や、乗り放題切符などのキャンペーンが各社から相次いで発表された。鉄道業界は昨年から厳しい業績が続き、経費削減や資産売却で糊口をしのいできた。足元ではコロナの新たな変異株「オミクロン株」の脅威が出ているものの、ようやく「稼ぐ」方向でも力を入れられるようになったことで、長いトンネルに光が差してきている。(2021/12/13)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
関西国際空港などはさまざまな業務でロボットの導入を推進。省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

工場を3Dデータ化、搬出入作業をシミュレーション コスト削減やテレワーク化に
自動車部品などを手掛ける大豊精機とデジタル総合印刷が、3Dスキャナーで撮影した工場のデータなどを活用し、設備の搬出入作業をシミュレーションできる新システムを開発した。工程やコストの削減、テレワーク化にもつなげる狙いだ。(2021/11/26)

Restaurant Dive:
スタバ vs. ドーナツチェーン デジタル店舗戦略は「コスト削減の真逆」のトレンドへ
コロナ禍でのテイクアウトやデリバリー向けの飲食需要の高まりを受け、飲食業界ではモバイルや店舗外サービスといった業態に注目が集まっている。デジタル販売専門店の設置方法でも各社が収益力強化にしのぎをけずる。従業員満足度と利益のどちらも最適にする方法を見つけたあるチェーン店の施策に業界が動く。(2021/11/24)

「コスト沼」か「おいてけ堀」か:
経営者「コスト削減でクラウドを選んだ。最適化はしていない」が企業にもたらす致命的なリスク
効果的なクラウド戦略は1回限りの移行ではなく、方法論を変えることにある。データセンターをクラウドに移して安くしよう、と考えている経営者が知るべきクラウドの真実は。(2021/11/4)

10倍に膨れたAWS運用費をどう減らす? ユーザー急増のnoteが挑む「コスト削減作戦」の裏側
巣ごもり需要によってユーザーが急増、これに伴い提供基盤であるAWSの運用コストも約10倍になったというnote。膨れ上がったコストの削減に取り組む「SREチーム」に、無駄を削減する具体的な手法を聞く。(2021/10/29)

行政機関で広がるクラウド活用【中編】
自治体が「Azure」を採用 “オンプレミスより安い”というデータ保管コストは
保安官のボディーカメラから取得したデータの保管場所として「Microsoft Azure」で構築したストレージシステムを利用する米国のブーン群。Azureの利用で得られたコスト削減効果とは。(2021/10/29)

コロナ禍の宅配量21億個 ヤマト、業務増でもコスト削減 「勘と経験からデータに基づいた経営へ」
宅配大手のヤマト運輸がデータに基づいた経営に舵を切った。コロナ禍で宅配需要が伸びる中、輸送コストを前年比約10%削減するなど成果を上げている。デジタルデータ戦略担当の執行役員に取り組みを聞く。(2021/10/28)

23年5月から:
JALとANA、国内線のチェックイン機などを共通化 コスト削減と利便性向上目指す
JALとANAは10月22日、国内線空港のチェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを開始すると発表した。(2021/10/22)

研究開発の最前線:
ラボの分析機器にもDXを、CBMによる予防保全とAR活用リモートサポートを提供
アジレント・テクノロジーが同社の分析機器向けに提供しているデジタルツールについて説明。ダウンタイムの短縮や修理コストの削減などにつながる予防保全のための「Smart Alerts」や、AR技術を用いたリモートサポートアプリ「CrossLab Virtual Assist」などの展開を2021年から推進しており、分析機器を活用するラボにおけるDXを支援する。(2021/10/15)

製造IT導入事例:
ダッソーがBMWの生産拠点に生産計画ソリューションを展開
Dassault Systemesの生産計画、スケジューリングソリューション「DELMIA Quintiq」が、BMWの電動パワートレイン生産拠点3カ所で稼働を開始した。生産性を向上させながら、在庫とコストの削減ができるようになる。(2021/10/8)

IT予算が縮小する中、DXを推進するには?:
PR:コロナ禍で見えた第三者保守サービスの新たな価値
コロナ禍によってあらためて第三者保守サービスに注目が集まる。単なるコスト削減だけではなく、苦境の中でもDXを前進させたいという企業のニーズに応えられるためだという。(2021/10/8)

組み込み開発ニュース:
消費電力と機能を最適化、32ビットマイコンのエントリーラインを量産開始
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットArmマイコン「RA4」シリーズのエントリーライン「RA4E1」グループの量産を開始した。消費電力と周辺機能、通信インタフェースを最適化し、システムコストの削減に貢献する。(2021/10/5)

オンラインゲームを支える永続メモリ【前編】
ゲームホスティング会社が「DRAM」ではなく「Optane」を迷わず採用した理由
人気オンラインゲームをホスティングするGPORTALは、Intelの永続メモリモジュール「Optane」を使い始めた。DRAMとほとんど変わらない使用感で、コスト削減とメモリの拡張を実現している。なぜOptaneを採用したのか。(2021/10/5)

クラウド先進企業の特徴とは:
「コスト削減を目的にしたクラウド移行は競争優位性を低下させる」 アクセンチュアがクラウドに関する調査
アクセンチュアは、クラウドに関する企業調査レポートで、コスト削減を目的としてクラウドに移行している企業は、戦略的にマルチクラウド化を推進している企業よりも競争優位性が低下すると指摘した。(2021/10/5)

製造マネジメントニュース:
コスト削減目的でのクラウド移行は企業の競争優位性を損なうリスクあり
アクセンチュアは2021年9月30日、企業におけるクラウドテクノロジー導入の実態に関するグローバル調査の最新レポートを発表した。調査ではクラウドの価値を引き出せている「クラウド先進企業」と、コスト削減を主な目的とする企業の比較などを紹介している。(2021/10/1)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(6):
最新Microsoftテクノロジーで従来の運用管理は、どう楽になるのか――運用管理を変える4つのポイント
新規サービス開発におけるクラウド活用や基幹システムのクラウド移行など、オンプレミスからクラウドへのシフトが盛んな時代になった。一方で、オンプレミスに残されたシステムやサービスの運用管理も行わなければならず、そのことがこれまで以上に運用管理を複雑にしている。本稿では、クラウドとオンプレミスが混在する現在のITシステムにおいて、これまでとはどのように運用管理が変化し、どうすれば自動化や省力化、コスト削減できるかについて、Microsoftのテクノロジーやサービスとともに解説する。(2021/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。