ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「パブリッククラウド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パブリッククラウド」に関する情報が集まったページです。

東芝が基幹システム基盤をクラウドに移行 「Oracle Exadata Database Service」で運用コスト10%削減
東芝は「Oracle Exadata Database Service」を導入した。同社が基幹システムとしてパブリッククラウドを利用するのは今回が初めてだ。(2022/5/25)

DXに悩むITマネジャーに捧ぐ! クラウドネイティブ講座(3):
コンテナとか何とか……使えばそれでクラウドネイティブじゃない?
この連載では、「クラウドネイティブ思考」を紹介してきました。 今回はより具体的な話に移りますが、技術は目的でなく手段です。これを踏まえて、コンテナをクラウドネイティブ思考の観点から見てみましょう。(2022/5/24)

CAEニュース:
スバルが衝突解析やCFDのHPC実行環境をクラウドへ移行、計算時間が約20%短縮
日本オラクルは、SUBARU(スバル)が車両設計における衝突解析および流体解析、3Dビジュアライゼーション用高性能コンピューティング(HPC)ワークロードの実行環境に、「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表した。計算時間を約20%短縮し、開発効率向上およびコスト最適化を実現する。(2022/5/23)

富士通の“政府認定クラウド”に不正アクセス 認証情報など盗まれた可能性 ロードバランサーの脆弱性悪用
富士通クラウドテクノロジーズのクラウド基盤サービス「ニフクラ」「FJcloud-V」のロードバランサーが不正アクセスを受けた。一部ユーザーのデータや認証情報を盗まれる可能性があったが、クラウド基盤内部への侵入や情報の流出などは見つかっていない。(2022/5/18)

内製アプリでクラウドリソースを効率的に調達:
AWSコストの妥当性を「説明」できるようにする、クックパッドのインフラコスト管理術
大規模サービスを展開する国内ITベンダー6社による「6社合同SRE勉強会」が2022年3月12日に開催された。主催社の1社であるクックパッドは「AWSコストを可視化して『説明』できるようにするための取り組み」と題したセッションで、大規模にAWSを利用する際に避けて通れない「コストの管理、監視」を効果的に実施するための工夫を複数紹介した。(2022/5/16)

PR:柔軟性と堅牢性は両立できるか――クラウド化を阻むセキュリティ対策 SBIの挑戦に学ぶ、AWS移行の勝ち筋とは
(2022/5/17)

サプライチェーン改革:
サプライチェーン強靭化のため、まずは現地・現物主義からの脱却を
新型コロナウイルス感染症に続き、ロシアとウクライナを巡る地政学的リスクなど、サプライチェーンに多大な影響を与える事象が続く中、製造業はどのように供給網のレジリエンス向上に取り組むべきか。現状と展望について、Anaplanジャパン 社長執行役員の中田淳氏に話を聞いた。(2022/5/12)

「意図しないSSHポート開放」を防ぐセキュリティ対策も紹介:
「ほとんどのサービスでクラウドを活用」――DeNAが突然のコスト請求で泣かないためにしている工夫とは?
大規模サービスを展開する国内ITベンダー6社による「6社合同SRE勉強会」が2022年3月12日に開催された。ディー・エヌ・エー(以後、DeNA)は「Public CloudのさまざまなDeNA的管理手法」と題し、ほとんどのサービスをパブリッククラウド上で運用している同社における「コスト管理」と「セキュリティ管理」のための取り組みを紹介した。(2022/5/12)

Dellがストレージポートフォリオを拡充 「Dell Project Alpine」でクラウド連携を強化
Dellがストレージ製品のポートフォリオ強化を進める。クラウドデータサービスとの連携など大胆な施策を基に、目下目指すのは、ハイブリッド、マルチクラウドでのデータ運用基盤としての地位確立だ。(2022/5/6)

Computer Weeklyリバイバル
増加する“脱クラウド”、その残念な理由
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/4/29)

連休中の勉強にいかが? パブリッククラウドの教材情報4選、2022年版
2022年もゴールデンウイークが始まる。連休中の勉強のお供として、ITmediaで2022年に取り上げた記事の中から、パブリッククラウドの学習に使える教材を4つ紹介する。(2022/4/28)

オンプレミスでのデータ活用をスマートに
オンプレサーバを必要に応じて調達 一緒にコストも最適化する秘訣とは
クラウドファーストの時代であってもパブリッククラウドが必ずしも第一の選択肢というわけではない。社内データの本格的な活用を想定し、コストや応答性能、運用の利便性を考えたときにベストな選択肢を考える。(2022/4/28)

クラウドエンジニア100人超に聞く、活用中のパブリッククラウドランキング 国産サービスの順位は?
クラウドエンジニアは勤め先でどんなパブリッククラウドを使っているのか──クラウドの運用保守などを手掛けるクラウドエースがこんなランキングを発表した。上位にはAWSなどの“3大クラウド”がランクイン。国産サービスの順位は?(2022/4/27)

人材不足はツールで補う:
PR:Webアプリケーション開発者に寄り添う次世代WAFの実力を探る
Webアプリケーションを狙うサイバー攻撃の高度化は、機械学習機能を組み込んだbotによる同時多発攻撃などとどまるところを知らない。従来のWAFでは防ぎ切れない攻撃にどのように立ち向かうべきなのか。(2022/4/28)

日銀がCBDCの実証実験フェーズ1の報告書を発表、クロスボーダー決済も念頭にフェーズ2へ
日本銀行がCBDCの基本的な取引処理性能などを検証するPoC第1段階の完了を報告書を発表した。CBDCシステムの基盤となる「CBDC台帳」の性能などを評価する内容だ。通常時スループット数万件/秒、ピーク時10万件以上/秒、レイテンシ数秒以内で決済処理は実現したのだろうか。(2022/4/26)

PR:「DXの将来を占うマイルストーン」 北國銀行が挑む脱・旧システム データ分析基盤の構築プロジェクトを追う
(2022/4/25)

PR:“The銀行員”のデジタル人材化×分析基盤の構築 北國銀行がクラウドで挑むデータ活用の全貌とは
(2022/4/25)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【後編】
「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とクラウド版IBM Zは何を実現するのか
「IBM Z and Cloud Modernization Stack」は、ユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。IBM Zのクラウドサービス「IBM Wazi as a Service」との組み合わせが実現することとは。(2022/4/21)

パブリックもプライベートも、クラウドはもっと「楽」に運用できる:
PR:ビッグデータ・先進技術の活用でDXを実現 今考えるべき「攻めのクラウド運用」のカギ
経済産業省が2018年に発表したDXレポートで「2025年の崖」として解説された、日本企業の課題。レガシーシステムを刷新し、時代に適応するにはクラウドネイティブな企業へと進化し、ハイブリッドクラウド環境を使いこなすことが求められる。そのために必要なキーワードやビジョンを、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいITRの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、解説していく。(2022/4/18)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

約8割の組織がランサムウェア攻撃を経験:
直面する課題に向けた6つの推奨事項とは Splunkが「セキュリティ調査レポート 2022」を発表
Splunkは日本を含む世界11カ国を対象にした「セキュリティ調査レポート 2022」(The State of Security 2022)の結果を発表した。企業がランサムウェア攻撃などのサイバー犯罪の脅威、深刻化する人材不足、クラウド推進に伴うITインフラの複雑化の課題に直面していることが明らかになった。(2022/4/20)

マルチクラウド運用を最適化して情シスの負担を減らすには? 日立が支援サービスを提供
マルチクラウドを活用する中で、クラウドベンダー間の運用基準やセキュリティポリシーの違いが発生し、情報システム部門における業務負担の増大を招いている。日立はこの解消に向けて「マルチクラウド運用管理サービス」を提供開始した。(2022/4/20)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
セキュリティベンダーはLog4j脆弱性攻撃にどう対応したか 舞台裏からゼロデイ攻撃対策を再考する
2021年末に発見された「Apache Log4j」の脆弱性。この脆弱性を悪用する攻撃に対峙したセキュリティベンダーは、どんな対処を取ったのか。実際の対応を参考に、ゼロデイ攻撃への対策を考える。(2022/4/20)

米国金融システムで進むFinTechとの融合 地銀システムベンダーが示したモダンな戦略とは
FinTech市場をけん引する米国でも、従来からの金融機関は変革への岐路に立たされている。地銀向けにシステムを提供してきた企業が、新たにクラウドネイティブなテクノロジーに大規模な投資を表明した。(2022/4/19)

「クラウドと同等な機動性と可用性を実現」:
パブリッククラウドからオンプレミスに回帰した企業のとった作戦とは
パブリッククラウドは拡張性が高く、利用量が変動する場合はコストを最小限に抑えることが可能だ。だが可用性を高めようとすると、HCIに軍配が上がる場合もある。複数のデータセンターを持つ企業がどのように構成したのか事例を紹介する。(2022/4/20)

クラウドリフト・シフトが進む今がチャンス:
PR:クラウドリフトを契機に現行運用からの脱却と運用高度化の必要性を考える
自社固有の設定を盛り込んだ統合運用管理ソフトウェアはよほどのことがない限り変更したくないものの一つだろう。だが、企業ITシステムのトレンドがクラウドリフトに向かう今、従来型の運用を見直さなければクラウドのメリットを享受できない可能性がある。(2022/5/9)

「パブリッククラウドのアカウント数多すぎ」で起こる混乱をどう防ぐ? DeNAがフルクラウド化で直面した悩みと対策
提供しているサービス基盤などのフルクラウド化を実現したDeNA。一方で、パブリッククラウドのアカウント数が膨らみ、管理が煩雑になる事態にも直面した。同社の専門チームはこの危機をどう回避したのか。(2022/4/18)

製造業でサイバー攻撃が急増する背景:
工場のデジタル化を進めながら考える、セキュリティの「全体最適」ポイント
「IT(Information Technology)とOT(Operational Technology)の融合」というキーワードを耳にする機会が多くなりました。製造業でITを活用した取り組みを進める上では変化に応じた「セキュリティ」も進めていく必要があります。ITとOTの融合でどのような変化が求められるのか、セキュリティ対策のポイントを2回に分けて解説します。(2022/4/19)

Cloud Nativeチートシート(14):
Kubernetes障害で泣かないための羅針盤、Observabilityを活用したトラブルシューティングフロー大公開
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、Observabilityを活用したトラブルシューティングフローを紹介する。(2022/4/14)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】
クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?
「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。(2022/4/14)

賢い「ハイブリッドクラウド」運用法
「ハイブリッド/マルチクラウド=負担増大」はもう古い? 効率の良い運用法は
「ハイブリッドクラウド」や「マルチクラウド」が普及しつつある中、その運用管理の効率化が企業にとって課題になっている。IT部門の負荷を増やさない、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドの運用法とは。(2022/4/15)

パブリッククラウド向けがほぼ5割に:
2021年の世界データセンターインフラ市場、前年比10%増の1850億ドル
Synergy Research Groupによると、2021年の世界データセンターインフラ市場は前年比10%増の1850億ドル規模となった。(2022/4/13)

日立、高可用性と柔軟性を兼備するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始
日立は、金融機関向けにオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始する。レガシーシステムを抜本的に刷新して、高可用性と強靭性を備え、高効率かつ柔軟なシステムを実現し、金融機関のデジタルシフトとサステナブルな成長を支援する。(2022/4/13)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(1):
ITマネジャーよ、クラウドネイティブ思考でいこう
「クラウドネイティブ」、やってみたいけど、手元の運用で手一杯。何がクラウドネイティブなのかも分からないし、難しそう……。そういうITマネジャーのためのクラウドネイティブ講座。第1回はクラウドネイティブの本質に迫ります。コンテナやKubernetesといった言葉は出てきませんよ。(2022/4/12)

日本の低成長はクラウド導入の遅れが影響か デロイト トーマツが提言
デロイト トーマツは、ホワイトペーパー「クラウドによる経済成長の実現」を公開した。同社は、日本全体でクラウド導入を推進する必要があることを政府は認識すべきだと提言する。(2022/4/11)

企業に迫る大容量データの保管問題【後編】
「テープ」と「クラウドストレージ」の一長一短 動画に使えるストレージは?
大容量の動画データを保管する場合、コストや管理方法など幾つかのポイントを軸にして検討するとよい。テープに対して、クラウドストレージにはどのようなメリットがあり、何に注意すべきなのか。(2022/4/11)

ゼロトラストネットワークアクセスでハイブリッド環境を強化する「Secure Private Access」 シトリックスが国内提供開始
シトリックスは、BYODなどの非マネージドデバイスからのアクセスもセキュアにサポートするゼロトラストセキュリティサービス「Secure Private Access」を発表した。適応型アクセスにより、従業員がどこにいても必要なリソースに使いたいデバイスでアクセスできるようにする。(2022/4/8)

IaaSの可用性を高める3つのポイント【中編】
可用性に無駄金を使わない基礎知識 「IaaS」の主な構成要素とは?
IaaSの可用性向上を実現する場合、IaaSの「何」の可用性を高めるのかを検討し、必要以上のコストが発生しないようにするのが重要だ。IaaSの主な構成要素を整理し、それぞれでHAを実現する方法を説明する。(2022/4/8)

製造ITニュース:
「A+G」で広がるGoogle Cloud、トランスフォーメーションクラウドで変革を推進
グーグル・クラウド・ジャパンは、クラウドサービス「Google Cloud」を中核とする事業戦略について説明。同社 代表の平手智行氏は「クラウド利用の変遷が進んでおり、これまでのインフラストラクチャクラウドから、今後は変革を推進するトランスフォーメーションクラウドの時代に入る」と述べた。(2022/4/7)

BigLakeはデータのサイロ化を防ぐ:
Google Cloudが「BigLake」「BigBI」など、データ関連で多数の発表
Google Cloudは2022年4月6日、データ分析関連で多数の発表を行った。これにはデータレイクとデータウェアハウスを統合する「BigLake」、 複数のツールで統一したBIができる「BigBI」、データ製品間の相互運用性とベストプラクティスを推進する連合「Data Cloud Alliance」などが含まれる。(2022/4/6)

“現場頼み”のセキュリティはなぜダメなのか:
PR:エンドポイントセキュリティ実現のポイント
テレワークが進む中、エンドポイントにおけるセキュリティリスクへの対処が多くの企業の課題になっている。新しいタイプの脅威も登場する中で、ポストコロナ時代における新しいセキュリティ対策を紹介する。(2022/4/7)

なぜLinuxが狙われるのか
「Linuxベースのクラウドは危険」 VMwareが警告する納得の理由
VMwareが、Linuxが危険にさらされていると警鐘を鳴らす。なぜLinuxが狙われるのか。攻撃者にとってLinuxが魅力的なターゲットになってしまった理由を明らかにする。(2022/4/4)

Gartner Insights Pickup(251):
デジタルインフラ構築を進めるI&Oリーダーのための4つの予測
インフラの自動化を進め、レガシーアプリケーションをモダナイズし、XaaS型コストモデルを検討することで、デジタルトランスフォーメーションを支えることが求められる。(2022/4/1)

CDNもOracleが自前で提供 OCIの大幅アップデートの詳細は
OracleがOCIのラインアップを刷新。「最大のフレキシビリティを持ちながらシンプルなサービスを提供する」ことを目標に複数の新機能を発表した。今まで提供してこなかった領域のサービスを含め、攻めたラインアップだ。(2022/3/31)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

IaaS移行にかかるコストを整理する【後編】
「クラウドにしたら高くなった」を回避 IaaS移行後コストの正しい見積もり方
コスト削減を期待してIaaSへとワークロードを移行させたものの、結果的にはコストが下がらず、むしろ高くなった――。こうした“想定外”をなくすために、IaaS移行後に発生するコストを正しく見積もる方法とは。(2022/3/31)

特集:コロナ/大災害時代のデータ保護大全(2):
クラウドネイティブな環境の災害対策とは? みんなの銀行に聞く「運用コストゼロ、運用負荷ゼロの究極のシステム」
若い世代に向けて新しい形の銀行サービスを提供しているみんなの銀行。同行のサービスはクラウドネイティブなシステム構成を取っているのが大きな特徴だ。CIOの宮本昌明氏に、クラウドネイティブ時代の災害対策について聞いた。(2022/3/31)

IBM、ハイブリッド/マルチクラウド対応の暗号鍵管理サービスを開始 複数のクラウドサービス利用にも対応
IBMは、複数のクラウド環境にわたる暗号鍵管理を一元化する鍵管理サービス「Unified Key Orchestrator」を提供開始した。AWS、Azureなど、他社のクラウドサービスを用いたクラウド環境にも対応する。(2022/3/29)

IBMが運用自動化ポートフォリオを拡充 ソフトウェアライセンス管理もAIOpsに
IBMが新たな自動化ソリューションを発表した。APM、ARMに続き、ライセンス管理も、オンプレミスからクラウドまでを自動で可視化して管理できるようになる。(2022/3/28)

従来型システム監視は失敗リスクが高まっている:
PR:なぜハイブリッド/マルチクラウドを前提とした運用管理を再定義すべきなのか?
さまざまな環境に分散したITインフラを効率良くモニタリングするシステム監視をどう実現すべきか。運用管理における業務プロセスの見直し機運が高まっている。導入のシンプルさと機能の豊富さで人気の「Hinemos」が目指すものとは何か。(2022/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。