ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

物理サーバと仮想サーバを比較する【後編】
「物理サーバ」と「仮想サーバ」のどちらを選べばよいのか?
仮想サーバでアプリケーションを動かすことは珍しくなくなった一方で、物理サーバでアプリケーションを動かすことが時代遅れになったわけではない。物理サーバと仮想サーバのどちらを選べばよいのか。(2021/4/15)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(139):
Azure仮想マシンを“お安く”利用できる「Azureスポット仮想マシン」とは
2020年5月から一般提供が開始されている「Azure Spot Virtual Machines(Azureスポット仮想マシン)」は、SLAが提供されない代わりに、通常の従量課金制よりも大幅に割引されたコンピューティング料金でデプロイ、実行できるAzure仮想マシンの支払い方法の一つです。(2021/4/8)

システムのクラウド移行に伴う不安を一掃
大規模な仮想サーバインフラとミッションクリティカルDBのクラウド化の現実解
企業のクラウド利用が当たり前となった今でも、既存システムのクラウド化にはまだ課題が多く残っている。特に業務で使用しているミッションクリティカルなシステムの移行では、どうすれば課題を解決し、クラウド化を実現できるのだろうか。(2021/4/12)

物理サーバと仮想サーバを比較する【前編】
いまさら聞けない「物理サーバ」と「仮想サーバ」の基本的な違いとは
「物理サーバ」と「仮想サーバ」は何が違うのか。仮想サーバが広く使われるようになった今、あらためて両者の違いを理解しよう。(2021/4/5)

VMwareの主要製品を理解する【前編】
いまさら聞けない「vSphere」「NSX-T Data Center」とは? VMwareの仮想化製品
VMwareの仮想化製品は幅広い。それぞれどのような機能を持つのか。まずはサーバ仮想化ソフトウェアの「vSphere」とネットワーク仮想化ソフトウェアの「VMware NSX-T Data Center」を解説する。(2021/3/22)

「VPS」と「VPC」の違い【後編】
いまさら聞けない「VPC」(仮想プライベートクラウド)とは 普通のVMとの違い
「VPC」とはどのようなクラウドサービスなのか。VPCを利用するメリットと注意点とは。一般的なパブリッククラウドの仮想マシンサービスとの違いを交えて解説する。(2021/3/19)

AMD EPYC 7003プロセッサの新機能を利用:
VM内部のデータを暗号化して保護、Azure向けコンフィデンシャルコンピューティングをMicrosoftが強化
MicrosoftはAMDとの技術提携により、「AMD EPYC 7003」シリーズのプロセッサをベースにした仮想マシンをAzureで提供することで、Azureのコンフィデンシャルコンピューティングオプションを拡充する。クラウド管理者も含めて、誰も暗号鍵にアクセスできないことが特徴だ。(2021/3/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(138):
数カ月間“再起動なし”のセキュリティ更新を実現するAzure仮想マシンの新機能「ホットパッチ」とは?
Microsoftは2021年3月初め、2020年9月からパブリックプレビューとして提供している「VMゲストの自動パッチ適用」機能に、新たに「ホットパッチ」を追加しました。ホットパッチを利用すると、最大で6カ月間、仮想マシンの再起動なしでセキュリティパッチを適用できるようになります。(2021/3/16)

ABテストと強化学習を用いて最適な障害軽減策を決定:
Microsoft、Azure向けの障害予測・障害軽減サービス「Project Narya」を発表
Microsoftは、Azure向けの障害予測と障害軽減のためのサービス「Project Narya」を発表した。仮想マシンの障害回避を目的としており、フィードバックループを通じて障害対応策を自動的に改善できるという。(2021/3/15)

ブートキットやルートキットの感染を防止:
Microsoft、Azure仮想マシンの「Trusted Launch」機能のプレビューを開始
Microsoftは、Azure仮想マシンへのブートキットやルートキットの感染を防ぐ「Azure Trusted Launch」機能を発表した。既にプレビュー版の提供を開始しており、仮想マシン群を一括管理して、完全性を確認できる。(2021/3/11)

大規模なAI処理を仮想化 NVIDIAがVMwareと協業で「NVIDIA AI Enterprise」発表
NVIDIAは「NVIDIA AI Enterprise」を発表した。1つのGPUを最大7つのインスタンスに分割し、複数の仮想マシンで稼働するAIアプリケーションで同時に利用可能にする。vSphere上でAIアプリケーションがスケールアウト可能になる。(2021/3/11)

山市良のうぃんどうず日記(201):
Hyper-V仮想マシンの「チェックポイント」を素早く行き来する“裏技”をご紹介
コロナ禍になってから、オンラインセミナーに登壇する機会が何度かありました。Hyper-Vの仮想マシン環境でデモをお見せすることが多いのですが、何度かやってみて気になったのは、実行中の仮想マシンに対して「チェックポイント」を適用すると、予想よりも余計に時間がかかることでした。適用時間を半減させる“裏技”を発見したので紹介しましょう。次回からはこの方法でデモを実施します。(2021/2/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(179):
誰も知らなかった、これからも知られることがない、Windows Updateの「幻のオプション」とは
ある調査のため、2020年10月に公開されたWindows 10 バージョン20H2のインストールメディアを使用して、仮想マシン環境に新規インストールしました。その際、目的の調査とは関係なく目にした「Windows Updateの新しいオプション」についてお話ししましょう。恐らく、現行バージョンではもう誰も目にすることはない、幻のオプションの話です。(2021/2/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(133):
2023年3月に「仮想マシン(クラシック)」が終了、Azure Resource Managerにできるだけ早く移行を
Microsoftは、2023年3月1日にMicrosoft AzureのIaaSにおける「仮想マシン(クラシック)」の提供を終了します。まだ2年ありますが、もう2年しかないとも言えます。「仮想マシン(クラシック)」で複雑な環境を運用している場合は、テストや移行に時間を要するかもしれません。速やかに移行の検討を開始した方がよいでしょう。(2021/2/4)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
今さら聞けない「コンテナ」の基礎:仮想マシン/Kubernetesとの違いとは?
DXに伴いアプリケーション開発の重要性が高まる中で、迅速な開発に寄与するコンテナが注目されているが、「仮想マシンやKubernetesとの違いが分からない」という声も少なくない。そこで、各テクノロジーの仕組みやメリットを解説する。(2021/1/29)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
データ消失に対する不安を解消、バックアップの統合による効果とは?
仮想マシンの台数増加やクラウド利用が進む中、各システム個別最適で構築したバックアップシステムでは、データ喪失の際に全体像の把握が難しい。そこで注目したいのが、次世代バックアップアプライアンスによるバックアップ環境の統合だ。(2021/1/15)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
ツールやプロセスの複雑さを解消、“コンバージド型”でデータ保護はどう変わる
仮想マシンの増加やインフラの拡大により、バックアップに必要なリソースは増加し、ポイント製品の組み合わせでは限界を迎えつつある。そこで注目されるコンバージド型のデータ保護アプライアンスの実力を、動画で分かりやすく紹介する。(2021/1/15)

サーバ仮想化製品の5大課題【後編】
「モンスターVM」「ゾンビVM」とは? “遅い仮想マシン”の真犯人
大容量の仮想CPUと仮想メモリを用いた「モンスターVM」や、休眠状態の「ゾンビVM」は、リソースの大量消費の原因となる可能性がある。こうしたVMが引き起こす問題と対処方法を説明する。(2021/1/6)

サーバ仮想化製品の5大課題【中編】
仮想マシンがフリーズした場合の対処法と、ネットワーク遅延の解消法
仮想マシンがフリーズしたり、データの処理や通信に遅延が発生したりすることがある。その原因と解決策を説明する。(2020/12/24)

サーバ仮想化製品の5大課題【前編】
“遅い仮想マシン”を招く「ストレージリソース不足」の課題と対処法
サーバ仮想化製品はコスト削減やIT担当者の生産性向上といったメリットをもたらす。ただしこれらのメリットはサーバ仮想化特有の問題によって相殺されてしまうことがある。よくある問題と、その解決策を紹介しよう。(2020/12/17)

大部分はGUI上の作業で、ほとんど悩まない
“初めてのコンテナ”で直面する課題を解消、Kubernetes導入/運用の最適解とは
コンテナには拡張性や迅速性などメリットも多いが、一方でオーケストレーションツールであるKubernetesの導入/運用には高度な知識と経験が必要となる。そこで、既存の仮想マシンのノウハウを生かしながら始める方法を紹介する。(2020/12/11)

Nutanix製品は安いだけではない
移行ツールで簡単に実現 VMware製品→Nutanix AHV移行によるコスト削減
英国コンピュータ協会はVMware製品からNutanix AHVに移行してコスト削減に成功した。60以上の仮想マシンの移行は問題にならなかったのか。コスト以外のメリットとは何か。(2020/12/9)

山市良のうぃんどうず日記(195):
フルバックアップがあってホントに助かった話〜もし、ユーザープロファイルが壊れたら〜
先日、主にWeb検索とテスト用として少数のHyper-V仮想マシンの実行に使っているノートPCをシャットダウンしようとした際に、タスクバー右端の「アクションセンター」アイコンに1件の通知があることに気が付きました。なぜか気になったのでもう一度起動して確かめようとしたら……。(2020/11/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(87):
仮想マシンテンプレート/イメージ展開用カスタムイメージの「Microsoft Defender」をオフラインのまま最新状態にする方法
Microsoftは2020年10月、Windows 10およびWindows Serverのインストールイメージにオフラインで「Microsoft Defender」の更新プログラムを適用できる更新パッケージと展開用PowerShellスクリプトの提供を開始しました。(2020/11/17)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
徹底検証、HCIのシンプルさとCIの柔軟性を併せ持つプラットフォームの実力とは
ビジネスにスピードが求められる現在、アプリケーションや仮想マシンを本番環境に迅速に追加するには、高度なアジリティと柔軟性が求められる。そのためCIやHCIの人気が高まっているが、それぞれに課題も指摘される。(2020/11/6)

石橋を代わりにたたいて移行手順を確認
ネットワーク仮想化導入の不安や悩みを吹き飛ばす「納得の検証結果」とは
仮想マシンだけではなく、マルチクラウドやコンテナの活用が当たり前のように求められる時代に合わせてネットワーク仮想化にも新しい技術が登場している。ユーザーが安心して新技術に移行できるよう、CTCが検証した。(2020/10/30)

Azureセキュリティスコアの使用、管理ポートの扱いなど:
Microsoftセキュリティチーム、「Azure」で仮想マシンを保護するためのベストプラクティスを紹介
Microsoftのセキュリティインシデントレスポンスチームは、「Microsoft Azure」で仮想マシンを含むワークロードを保護するためのベストプラクティスを紹介した。(2020/10/22)

Kong Digital Summit 2020:
KongがAPI管理やサービスメッシュをマルチクラウドで統合するサービス「Kong Konnect」を発表
Kongは、モノリシック/マイクロサービス、Kubernetes/仮想マシンと、多様なアプリケーション形態とオンプレミスやパブリッククラウドなど多様な稼働場所に対応し、API管理やサービスメッシュを一括制御できる「Kong Konnect」をプライベートβとしてリリースしたと発表した。(2020/10/9)

山市良のうぃんどうず日記(189):
壊れたノートPCの中に眠っていたWindows 8.1を仮想マシンで呼び覚ます
今回は、筆者のテスト環境で行った「物理−仮想(Physical To Virtual、P2V)変換」の事例を紹介します。起動しなくなってしまった、古いノートPCで動いていた「Windows 8.1」を、Hyper-Vの仮想マシンに変換する事例です。少しばかり環境が特異ですが、どなたかの参考になるかもしれません。(2020/10/1)

VMworld 2020:
VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力
VMwareはVMworld 2020でSaltStackの買収、Kubernetes製品群の展開、統合管理サービス、統合マーケットプレイスなど、マルチクラウドに関するさまざまな発表を行った。VMwareにおけるマルチクラウドは、サーバ仮想化基盤だけの話ではなくなっている。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表
VMwareが、同社のサーバ仮想化技術ESXiで、「SmartNIC」と呼ばれるネットワークアダプタとの統合を進めるプロジェクトを、SmartNICやサーバのベンダーと開始したと発表した、I/O高速化を超えた機能を実現する。(2020/9/30)

Windows 10 Hyper-V入門:
仮想マシンの状態を保存する「チェックポイント」
Hyper-Vの「チェックポイント」機能を紹介する。チェックポイントを使うことで、システムに何らかの変更が加えられ、動作が不安定になっても、変更前の状態に簡単に戻すことができる。更新プログラムの不具合などを確認するような場合にも便利な機能だ。(2020/9/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(117):
Azureファイル共有のAzure Backupによる保護がより簡単に
Azureファイル共有のAzure Backupによるバックアップ保護が、容易に構成および管理できるようになりました。既にAzure仮想マシンでは同様の統合が行われていますが、より直観的かつ簡単に利用できるようになりました。(2020/8/20)

3ノード構成でエッジ対応:
Red Hatが「OpenShift 4.5」を発表、仮想マシン管理統合は一般提供を開始
Red Hatは2020年8月17日(米国時間)、「Red Hat OpenShift 4.5」を発表した。この新バージョンでは仮想マシンの統合管理機能、マルチクラウドクラスタ管理機能、3ノード構成への対応などが新しい。(2020/8/18)

仮想サーバ17万台、物理サーバ9万台 「ヤフオク!」「Yahoo! JAPAN」を支えるヤフーのITインフラ運用術
「Yahoo! JAPAN」「ヤフオク!」などのWebサービスを運営するヤフー。大規模なトラフィックをさばくため、約17万台の仮想サーバ、約9万台の物理サーバを組み合わせ、独自のプライベートクラウド環境を構築・運用している。(2020/8/13)

それぞれのメリットとデメリットを解説
「VM」「コンテナ」「サーバレス」の違い アプリ実行に最適な技術は?
アプリケーションを稼働させるITインフラの自由度を高める技術に「仮想マシン」「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」がある。どの技術を選ぶべきなのだろうか。(2020/7/20)

メリットと注意点を整理
「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かす
Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。(2020/7/6)

コンテナが当然の将来に備えて
コンテナも仮想マシンもまとめて簡単に保護できるバックアップ技術とは?
コンテナと仮想マシンが混在すると、それぞれの環境がサイロ化して運用負荷が高まるという課題に直面する。代表的な悩みの種がバックアップだ。コンテナも仮想マシンも一元的にバックアップする方法はあるのだろうか。(2020/7/7)

優位を主張するRed Hat
Kubernetesプラットフォームを巡り過熱するRed HatとVMwareの競争
仮想マシンとコンテナの統合管理が課題になり、Kubernetesの仮想マシン対応が主戦場となりつつある。Red HatはVMwareとの競争をどう見ているのか。Red Hatの主張を紹介する。(2020/6/23)

Red Hatが「コンテナと仮想マシンの一体化」に本格進出 VMwareのアプローチとの違いは?
米Red Hatが今春から、コンテナと仮想マシンを一体化する事業領域に進出。4月のイベントで「どこにいてもイノベーションを起こせるようにする」をテーマに、コンテナ基盤「Red Hat OpenShift」の最新バージョンなどを発表した。同社の幹部は、競合するVMwareと比較した上での優位性を強調するが、両社のアプローチにはどんな違いがあるのか。(2020/6/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(111):
Windows 10 May 2020 UpdateとWindows Server, version 2004の一般提供が開始
2020年5月27日(米国時間)、半期チャネル(SAC)のWindows 10とWindows Serverの最新バージョン「2004」がリリースされました。2020年5月末までにAzure Marketplaceでもこれらのバージョンの仮想マシンイメージが利用可能になりました。(2020/6/5)

仮想マシン時代とクラウドネイティブ時代の違い:
青山氏が語った、「クラウドネイティブ」がやがて「Kubernetesネイティブ」へ進む理由
青山真也氏は2020年5月20日、Forkwell主催のオンラインミートアップで、仮想マシン時代の開発とKubernetesによるクラウドネイティブな開発のこれからについて話した。この講演を要約してお届けする。(2020/5/28)

「BeyondCorp」の一環:
Google Cloud、ゼロトラストなWindowsサーバ管理者用RDPクライアント、「IAP Desktop」を発表
Google Cloudは、「Beyond Corp」への取り組みの一環として、Google Cloud Platform上のWindows仮想マシンに対する安全なRDPアクセスを実現するオープンソースのWindowsアプリケーション、「IAP Desktop」を発表した。(2020/5/22)

コンテナネットワークの基礎知識【第1回】
いまさら聞けない「コンテナ」と「仮想マシン」の根本的な違いとは?
「コンテナ」はアプリケーション開発に限らず、インフラ運用の技術としても関心が高まりつつあります。コンテナを理解するには、仮想マシンとの違いを整理することが重要です。何が違うのでしょうか。(2020/5/22)

山市良のうぃんどうず日記(178):
全ての仮想マシンが停止したらホストをシャットダウンするスクリプト
本連載第174回では、Windows Server 2016の更新プログラムのインストール時に実行が重なると影響が大きいメンテナンスタスクについて、時短に役立つかもしれないコマンドラインのテクニックを紹介しました。今回はその応用です。(2020/5/13)

Red Hat Summit 2020:
Red Hatの「IBMによる買収後」と、VMwareとの企業ITインフラ基盤を巡る競合
Red Hatが2020年4月末に開催した年次カンファレンスでは、IBMによる買収後の、ハイブリッドクラウド戦略が見えてきた。Red Hatはマルチクラウドを推進する一方、オンプレミスにおけるサーバ仮想化とコンテナ環境を巡り、VMwareとの競合を強めていくことになる。(2020/5/12)

リフト&シフトの選択肢広げる:
Red Hat、OpenShift で仮想マシンに対応へ、「レガシーな仮想化基盤は不要に」
Red Hatは2020年4月28日(米国時間)、OpenShiftに、仮想マシン対応を組み込むことを発表した。これによって、「レガシーな仮想化基盤に余計な費用を支払う必要はなくなる」としている。(2020/4/29)

AWS対応は完了、Azure対応はプレビュー:
Google CloudのAnthosがマルチクラウド対応を本格提供開始、仮想マシンのKubernetes管理も
Google Cloudが、ハイブリッドクラウドKubernetesクラスタ統合運用サービス「Anthos」のマルチクラウド版を一般提供開始したと発表した。今回のAnthosでは、仮想マシンのKubernetesによる管理や、ベアメタルサーバへの対応も新しい。(2020/4/23)

レガシーシステム運用とモダンアプリ開発の両立を支援しDXを推進:
PR:2040年までのIT活用に、仮想マシンとコンテナ/Kubernetesを並列に稼働できるインフラ基盤が必要な理由
今、目の前の業務を担うレガシーなシステムを捨てさるわけにはいかない。かといって、新たな収益源となるモダンなアプリケーションを生み出さなければ、遠からず市場競争に敗れ去ることになる。そんな企業の悩みを解決する鍵とは。(2020/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。