ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GPU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Graphics Processing Unit

古田雄介の週末アキバ速報:
Radeon RX 6000シリーズの独自設計モデルに期待が高まるアキバ
登場してから枯渇が続くRadeon RX 6000シリーズだが、オリジナルデザインのモデルや上位GPUの発売情報が具体化し、そちらが注目を集めていく流れになってきている。(2020/11/28)

Radeon 6000シリーズ搭載ゲーミングPCが各社から販売開始
AMDの最新GPUとなるRadeon 6000シリーズ採用グラフィックスカードを搭載したゲーミングPCが各社から発表されている。(2020/11/24)

古田雄介のアキバPick UP!:
Radeon RX 6800 XT&RX 6800カードがデビュー! 年内は枯渇気味か
AMDの次世代GPU「Radeon RX 6800」シリーズを搭載したグラフィックスカードが販売解禁となった。入荷数については「厳しい」のコメントを方々で聞いた。(2020/11/23)

M1 Mac、「TensorFlow」の新Mac版でのトレーニングが従来の7倍速
Appleが、M1チップ搭載Macの発売に合わせ、Googleの機械学習プラットフォーム「TensorFlow」のmacOS版フォークをアップデートし、GPUに対応させた。ベンチマークでは、M1搭載MacBook Pro上の新バージョンは、Intel搭載MacBook Pro上の旧バージョンより7倍高速という結果だった。(2020/11/19)

NVIDIA、データセンター向け“Ampere”GPUを強化 メモリ容量倍増し高帯域に
最新の「Ampere」アーキテクチャチップを使用した改良版。(2020/11/19)

ついにハイエンドで“ガチンコ”勝負 AMDの新型GPU「Radeon RX 6800/6800 XT」の実力をチェック
間もなく発売するAMDの新型GPU「Radeon RX 6800」「Radeon RX 6800 XT」。同社初のハードウェアリアルタイムレイトレーシング(RT)に対応したことを始めとして、注目点は多い。RT対応の“先輩”であるGeForce RTX 30シリーズと比較しつつ、その実力をチェックしていく。(2020/11/18)

AWS、Alexaのクラウド処理をGPUから独自チップに切り替え 高速化でサーバコストを大幅削減
AlexaのTTS部分を処理するASICを開発した。(2020/11/18)

「Tiger Lake」×「Iris Xe MAX Graphics」はなぜ速い? インテルが説明
Intelが久しぶりの外部GPU製品として発売した「Iris Xe MAX Graphics」。Tiger Lakeと協調動作することでより高速に動作することが特徴だ。その仕組みを、日本法人であるインテルが説明した。(2020/11/18)

サイズは? 映像出力ポートは? 補助電源は? Radeon RX 6800/6800 XTをチェックしよう
間もなく発売されるAMDの新型GPU「Radeon RX 6800」と「Radeon RX 6800XT」。そのリファレンスカードが一部メディアおよびレビューワーに配布された。まずは、どのような外観を持っているのかチェックしていこう。(2020/11/16)

CPUはXeonからEPYCに:
NVIDIAが新型AIワークステーション「DGX Station A100」を発表 2020年末までに発売
AIデータ処理に特化したNVIDIA製のワークステーションに新モデルが登場する。CPUをIntelのXeonからAMDのEPYCに変更した他、AmpereベースのハイエンドGPU「NVIDIA A100」を4基搭載することで「データセンター並みの機械学習処理を机の下で実現」した。(2020/11/16)

GPUをモジュール方式で提供:
CPUとGPUのモジュールを合体! ASUSの超小型デスクトップPC「Mini PC PB60G」を試す
ASUS JAPANの「Mini PC PB60G」は、GPUのモジュールを超小型デスクトップPCに合体させることができるという、非常にユニークな製品だ。どれだけの性能を備えるのか、実機をチェックした。(2020/11/16)

IntelがXe-LPベースのサーバ向けGPUを発表 モバイル向けクラウドゲームを安価に実現可能
第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)、Intel Iris Xe MAX Graphicsに続いて、Intelが「Xe-LPアーキテクチャ」をベースとするGPUを発表した。今度は、クラウドゲームプラットフォームの構築を想定したサーバ向けのGPUだ。(2020/11/11)

IntelがノートPC向け外部GPU「Iris Xe MAX Graphics」を発売 Tiger Lakeとの協調動作に対応
Intelが約22年ぶりに新型外部GPUを発売した。今回は第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)と同じ「Xe-LPアーキテクチャ」をベースとしたノートPC向け製品で、2021年には「Xeアーキテクチャ」の外部GPUを順次投入するという。(2020/11/2)

GeForce RTX 3070搭載ゲーミングPCを各社が発表
このほどNVIDIAが発表した最新GPU「GeForce RTX 3070」搭載カードを採用したゲーミングPCが各社から発表されている。(2020/10/30)

米国では11月8日から順次発売:
AMDの新GPU「Radeon RX 6000」シリーズ正式発表 DirectX 12 Ultimate対応で579ドル(約6万円)から
AMDが、RDNA2アーキテクチャに基づく新GPUを搭載するグラフィックスカードを正式リリースした。DirectX 12 Ultimateに対応し、リアルタイムレイトレーシングも利用可能だ。同社のRyzen 5000シリーズと組み合わせると、さらにパフォーマンスが向上する仕組みもある。(2020/10/29)

IBMとRed Hatの“良い前例”が希望か
NVIDIAによる買収で“Arm離れ”は結局起こるのか、起こらないのか
GPU大手のNVIDIAが、プロセッサ設計大手のArmの買収を発表した。Armは複数のプロセッサベンダーと取引をしており、今回の買収は顧客企業との関係性に影響を及ぼす可能性がある。どのような影響があるのか。(2020/10/24)

iPhone 12ベンチマークレポート iPhone 11比でGPUの伸び大きい
歴代iPhoneとパフォーマンスを比較してみた。(2020/10/21)

10月28日までお預け:
AMDが「RDNA 2」アーキテクチャに基づく「RADEON RX 6000」シリーズをチラ見せ
AMDは10月8日(米国太平洋夏時間)、「Zen 3」アーキテクチャに基づく新型CPUの発表に合わせて、「RDNA 2」アーキテクチャに基づく新型GPUを搭載したグラフィックスカード「RADEON RX 6000」シリーズを紹介した。(2020/10/9)

デスクトップ向け第11世代Coreプロセッサ(Rocket Lake)は2021年1〜3月に登場予定 PCI Express 4.0対応
Intelが技術ブログにおいて、デスクトップ向けの第11世代Coreプロセッサを来年(2021年)第1四半期に発売することを明らかにした。先行するモバイル向けと同様にPCI Express 4.0に対応することで、同規格対応のGPUやSSDのポテンシャルを引き出せるようになる。(2020/10/8)

NVIDIA、RTXをArmに移植へ スマートフォンでリアルタイムレイトレーシングが可能に?
本格的なGPUがスマートフォンに搭載される未来が見えてきた。(2020/10/6)

NVIDIA、AIでWeb会議を快適にするプラットフォーム「Maxine」を開発者向けに提供開始
NVIDIAが、AI採用のWeb会議プラットフォーム「Maxine」を発表した。クラウド側のGPUで動画や音声を処理する。ノイズキャンセルはもちろん、顔の向きや視線を修正したりでき、帯域幅使用をH.264の10分の1に削減できるとしている。(2020/10/6)

「Quadro」は冠さず:
プロ向けGPUもAmpereアーキテクチャを採用! 「NVIDIA RTX A6000」「NVIDIA A40」登場
コンシューマー向けの「GeForce RTX 30シリーズ」に続き、NVIDIAのプロフェッショナル向けGPUもAmpereアーキテクチャに移行する。ただし、従来とは異なり「Quadro(クアドロ)」ブランドは冠さずに展開される。【訂正】(2020/10/5)

S15には「ホワイト」「4K HDR」モデル:
「VAIO SX12/SX 14」にIce Lakeモデル登場 10月9日発売
VAIOのモバイルノートPCが「Ice Lake」を搭載して刷新される。CPUとGPUを強化することで、テレワーク需要に応える。(2020/10/1)

TSUKUMO、Ryzen 9+RTX 3090を搭載したハイエンドゲーミングPCを発売
Project Whiteは、最新ハイエンドGPUのGeForce RTX 3090を標準搭載したゲーミングPCを発表した。(2020/9/25)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3080搭載カード登場も、連休を待たずに“蒸発”
9月17日深夜にNVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 3080」を搭載したグラフィックスカードが販売解禁となった。深夜販売を実施した店舗では入荷数を数倍上回るユーザーが集まり、通常営業で販売を始めたショップでも開店と同時に売り切れ状態になっている。(2020/9/19)

GeForce RTX 3080搭載ゲーミングPCが各社から販売開始
NVIDIA製最新GPUのGeForce RTX 3080を採用したゲーミングデスクトップPCが各社から一斉に発表されている。(2020/9/18)

モバイルワークステーション:
PR:技術者を“インドア”から解放、最新GPU搭載モバイルワークステーションの可能性
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業の設計開発業務にもリモートワークが求められている。そのソリューションの1つとしてモバイルワークステーションの採用が検討されているが、これまでは業務を行うのに十分な性能を出せないという評価が多かった。しかし、NVIDIAの最新GPUを搭載する「HP ZBook Mobile Workstation」であれば、デスクトップワークステーションに引けをとらない性能を発揮できる。(2020/9/15)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:次世代メモリの衝撃
2020年に登場する新OptaneやIntelが開発に着手したペンタレベルセルフラッシュなどのメモリ技術に注目。他にコンテナのセキュリティを確保する方法、GPUを超える「IPU」の可能性、RPA導入成功事例などの記事をお届けする。(2020/9/11)

AMDがZen 3アーキテクチャの「Ryzen」とRDNA2アーキテクチャの「Radeon」を10月に発表
AMDが10月に、新型CPUと新型GPUを相次いで発表する。リサ・スーCEOやRadeonの公式Twitterアカウントを通して明らかとなった。(2020/9/10)

仕事もゲームも任せられるか? レノボ「Legion 550Pi」で確かめた
レノボ・ジャパンが2020年5月に発表したゲーミングノートPC「Legion 550Pi」。最新のIntel第10世代Core i7-10750HとGeForce RTX 2060のGPUを備えたモデルの実力を探ってみた。(2020/9/8)

古田雄介のアキバPick UP!:
アキバで高まる次世代GPU「GeForce RTX 30」シリーズへの期待感
NVIDIAの次世代GPU「GeForce RTX 30シリーズ」の登場を期待する空気が、先週以上に濃厚になってきたのをアキバで肌で感じるようになってきた。一方で、パーツ鑑賞のための新ツールも話題を集めている。(2020/9/7)

Intelがモバイル向け「第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)」を正式発表 パフォーマンスをより改善
開発コード名「Tiger Lake」の新型Coreプロセッサが正式発表された。CPUとGPUの双方をパワーアップし、処理能力を改善していることが特徴だ。(2020/9/3)

新アーキテクチャ「Ampere」採用:
NVIDIAが「GeForce RTX 30シリーズ」を発表 8K DLSS対応の「GeForce RTX 3090」など3製品を順次投入
NVIDIAが、リアルタイムレイトレーシング対応GPUの新世代製品を発表した。先代の発売当初の価格をキープしつつ、性能を大幅に引き上げたことが特徴だ。(2020/9/2)

「セグメント」と「ギャップ」で高速化:
ハフマン符号展開処理を最大で「1万1000倍」高速化 広島大学の研究チームが「ギャップ配列」を考案
広島大学の教授である中野浩嗣氏らの研究チームは、GPUによるハフマン符号の並列展開処理を高速化する新しいデータ構造「ギャップ配列」を考案した。従来の最速展開手法に比べて、最大1万1000倍高速化できるという。(2020/9/2)

Qualcommが「Snapdragon 732G」発表 730GからCPU・GPU性能が向上
米Qualcommが8月31日(現地時間)、ミッドレンジ帯のプロセッサ「Snapdragon 732G」を発表。Snapdragon 730Gの後継チップとなり、CPUとGPUの性能が向上している。POCOがSnapdragon 732Gを搭載した最初のスマートフォンを発売する予定。(2020/9/1)

12インチMacBook、A14X搭載で年内復活か Apple Silicon GPUも開発中
ディスコンとなっていた12インチMacBookがApple Silicon搭載で復活するかもしれない。(2020/8/31)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
PyTorchからGPUを使って畳み込みオートエンコーダーの学習を高速化してみよう
GPUを使えるようにGoogle Colabを設定し、PyTorchからGPUを使って畳み込みオートエンコーダーの学習を高速化してみましょう。(2020/8/28)

モバイル向けGPU「GeForce MX450」登場 PCI Express 4.0とGDDR6メモリをサポート
NVIDIAのモバイル向けGPU「GeForce MX」にPCI Express 4.0とGDDR6メモリをサポートする新製品が登場。メーカーへの出荷はすでに開始しており、搭載製品は10月から順次登場する予定だ。(2020/8/26)

モノづくりスタートアップ開発物語(3):
小型GPUで高精度AIを動かすには? 運転支援デバイス開発に挑む気鋭ベンチャー
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第3回はAIを使った運転支援デバイスを開発しているPyreneeを紹介する。「見た目はかっこいい」HUD型のデバイス設計や、実用に耐え得る運転支援用のAI開発に取り組む同社だったが、思わぬ苦労が待ち受ける。(2020/8/26)

ZOTAC、容積約2.65Lで第10世代Core i7搭載の超小型ワークステーションベアボーンキットを投入
ZOTACは8月20日、容積が約2.65Lとコンパクトボディーに、第10世代Core i7のCPUとQuadro RTX 3000のGPUを備えたワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。(2020/8/21)

設計開発ツール:
PR:最新GPUサーバが設計開発のリモートワークをサクサク・ヌルヌルに
全世界がコロナ禍の影響を受ける中、在宅勤務やリモートワークに対応するための環境整備が課題となっている。NVIDIAの最新のGPUサーバ「NVIDIA RTX サーバー」は、製造業の設計開発をはじめとするさまざまな業務のリモートワークやコラボレーションに有効であるとともに、CPUと比べたレイトレーシング速度なども抜きんでている。NVIDIAのパートナーであるアスクのデモンストレーションを通して、NVIDIA RTX サーバーの実力をみていこう。(2020/8/21)

PR:AI処理にGPU以外の新たな選択肢 デスクトップサイズに収まるスパコン「ベクトルプロセッサ」とは
(2020/8/20)

Dynabook、8K編集できるノートPCとGPUボックス 法人向けセットで40万円台後半から
シャープ子会社のDynabookが、8K動画の取り込みや編集などができる「8K映像編集PCシステム」の受注を法人向けに開始。4K対応ノートPCと外付けGPUボックスを連携させ、8K映像の編集作業をスピーディーに行えるという。市場想定価格は40万円台後半から。(2020/8/19)

「8K映像編集PCシステム」を発売:
Dynabookが新型4Kモバイルノートと外部GPUボックスをセットで提供
Dynabookが、新型ノートPCと外付けGPUボックスをセットにした「8K映像編集PCシステム」を発売する。Webでの見積もり販売となり、動画編集ソフト(Adobe Premiere Proを推奨)は別売となる。(2020/8/19)

「巡回セールスマン問題」を1秒以内に解く:
NVIDIAのGPU4基で「1秒間に1兆の解を探索」 広島大学の研究グループが高速探索手法を開発
広島大学大学院の教授である中野浩嗣氏らの研究チームは、組み合わせ最適化問題の解を高速に探索する新しい計算方式「アダプティブ・バルク・サーチ」を開発した。著名な組み合わせ最適化問題である「最大カット問題」「巡回セールスマン問題」「ランダム問題」について、いずれも1秒以内で最適解が得られたという。(2020/8/19)

インテル、ゲーミング向けのGPUアーキテクチャ「Xe-HPG」を発表
インテルは「Intel Architecture Day 2020」で、新たにゲームに特化したXeとなる「Xe-HPG」を発表した。(2020/8/14)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(166):
永遠にさようなら、RemoteFX 3Dビデオアダプター
2020年7月のセキュリティ更新で、脆弱性問題を理由にWindowsおよびWindows Serverの機能の一つが無効化されました。Windows Server 2008 R2 SP1で初めて登場した「RemoteFX仮想GPU(RemoteFX vGPU)」です。今回は無効化措置が取られましたが、半年後の2021年2月のセキュリティ更新では完全に削除される予定です。(2020/8/12)

「Zen 2+Vega」の実力は? AMDの最新デスクトップ向けAPU「Ryzen PRO 4000シリーズ」を検証
AMDが8月8日、デスクトップ向け第3世代Ryzen APUの一部においてトレイ(バルク)販売を開始する。Zen 2アーキテクチャのCPUと、VegaアーキテクチャのGPUを統合した新APUの実力をチェックしていこう。(2020/7/30)

TSMC、IntelのGPU「Ponte Vecchio」製造を受注?
Intelがチップ製造をTSMCに頼る時代が来てしまった?(2020/7/28)

ボックス販売なし:
AMDがデスクトップ向け新APUを発表 Zen 2+Vegaの「Ryzen 4000」など
AMDが、デスクトップ向け新型APUを発表した。先行するモバイル向けと同様に、7nmプロセスのZen 2 CPUとRadeon GPUを統合していることが特徴で、企業向け管理機能を強化したモデルも用意する。合わせて、Athlonブランドの廉価APUも登場する。(2020/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。