ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GPU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Graphics Processing Unit

1080pゲーミングに最適化したGPU「Radeon RX 6600 XT」が登場 米国では8月11日発売 379ドルから
AMDの最新GPU「Radeon RX 6000シリーズ」に、1080p(フルHD)ゲーミングに最適化されたモデルが登場する。想定販売価格は379ドル(約4万1500円)からで、従来よりもさらに手頃となっている。(2021/7/30)

Ryzen 5000シリーズ+Radeon RX 6700 XT! 写真で見る「G-Tune EP-A-6700XT」
マウスコンピューターの「G-Tune EP-A-6700XT」は、AMDの最新CPUとGPUをまとったゲーミングデスクトップPCだ。製品レビューの前に、写真でじっくり見ていこう。(2021/7/29)

コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【後編】
FPGAやGPUを搭載した特化型コンピュテーショナルストレージ
コンピュテーショナルストレージには、圧縮や暗号化を行ったりMySQLのクエリを高速化したり、NVIDIAのGPUを使ってデータをリアルタイム処理したりするものもある。(2021/7/27)

メカ設計ニュース:
5G×MEC×GPUで3D CADがサクサク動く、設計開発エンジニアのテレワークに最適
NTTドコモが「docomo 5G DX MEETUP for business」の展示内容の一部を報道陣に公開。低遅延と高いセキュリティを実現可能なMECの特徴を持つ「ドコモオープンイノベーションクラウド」の新たなGPUメニューの活用により、設計開発エンジニアのテレワークに必要となる3D CADツールのVDI構築に貢献できることを示した。(2021/7/16)

AI時代を支えるNVIDIA【中編】
NVIDIAがHPC市場に投入するDPU「BlueField」の役割 SmartNICとは違うのか?
GPUベンダーとしての確固たる地位を築いてきたNVIDIAが、AI技術分野での存在感を高めている。同社がAI処理などを担うサーバ向けの新たなアクセラレータとして提供するのが「DPU」だ。(2021/7/29)

PR:スマートなボディーにRTX 3080の戦闘力! カテゴリーを超える「GS66 Stealth 11U」の魅力に迫る
エムエスアイコンピュータージャパンから、パワフルなCore H45プロセッサとGeForce RTX 30シリーズのGPUを備えたノートPC「GS66 Stealth 11U」が発売される。その圧倒的な性能はゲーム用途だけでなくクリエイティブ方面でも大いに役立つという。そのあたりの事情を製品担当者に伺った。(2021/7/9)

単体でも強い! 合体でさらにパワーアップ!:
13.4型のゲーミングPCに外付けGPUユニットを用意! ASUSの「ROG FLOW X13」を試す
ASUS JAPANの2in1ゲーミングモバイルPC「ROG FLOW X13」 (GV301)は、別売の外付けGPUユニット「ROG XG Mobile GC31」と合体させられる、非常にユニークなモデルだ。(2021/7/6)

古田雄介の週末アキバ速報:
GeForce RTX 3070 Tiの価格がRTX 3070の最安値を下回るワケ
高騰が続くグラフィックスカードだが、下位GPUよりも安いGeForce RTX 3070 Ti搭載カードが人気を博すなど、価格のバランスが激しく動いている様子がうかがえる。(2021/7/3)

AI時代を支えるNVIDIA【前編】
GPUベンダーから“AIの会社”に変貌 NVIDIAの歴史とこれから
GPU市場を深耕してきたNVIDIAは、AI技術分野で勢力を拡大しようとしている。同社がGPUの用途を開拓してきた歴史を振り返るとともに、今後の方向性を考える。(2021/7/6)

NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」PCI Express 4.0モデルに80GB構成登場 メモリ帯域幅は毎秒2TBに拡張
NVIDIAのデータセンター向けGPU「NVIDIA A100」のPCI Expressカードモデルに、グラフィックスメモリを80GBに倍増した構成が登場する。従来の40GB構成と比べてメモリ帯域幅が拡張されており、メモリ容量増加以上のパフォーマンスアップを期待できる。(2021/6/28)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年度第1四半期)
「GPUとCPUの違い」から「SSDの駄目な使い方」まで 新規会員が注目した話題は
「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」「クラウド」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年度第1四半期に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/6/26)

プラットフォームを問わず最大2倍のフレームレート AMDが超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始
AMDが、主にゲームでの利用を想定した超解像技術「FidelityFX Super Resolution」の提供を開始した。同社製GPU/APUだけではなく、NVIDIAの「GeForce GTX 10/16シリーズ」以上のGPUでも利用できることが特徴だ。(2021/6/23)

“新規顧客”は開拓できていない:
GPU市場は鈍化に向かう?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによるグラフィックチップ市場の需要急増は、季節的な要因、サプライチェーンの不安定、はびこる臆測によって、ジェットコースターのごとく落下して突如終結する可能性がある。(2021/6/17)

AMD、RDNA2アーキテクチャを採用したWS向けGPU「Radeon PRO W6000」シリーズを発表
米AMDは、プロフェッショナル向けのハイエンドGPU「Radeon PRO W6000」シリーズの発表を行った。(2021/6/9)

TSUKUMO、RTX A5000を搭載したプロフェッショナル向けタワー型PCを発売 税込み54万9800円
Project Whiteは、プロ向けハイエンドGPUを採用したタワーデスクトップPC「QA9A-F211/XT」を発売する。(2021/6/7)

Google Colaboratory入門:
Colab Proとは? 無料版との違い、比較表
Colabは無償で使えるが、実行時間など制限もある。この制限を低減できるColab Proを紹介。GPUや実行時間、メモリ、ディスクサイズ、Proのみで使えるターミナル機能などについて説明する。(2021/6/7)

古田雄介の週末アキバ速報:
「行列の3割はゲーム目的の人」――GeForce RTX 3080 Ti搭載カードが登場!
NVIDIAの新しいハイエンドGPU「GeForce RTX 3080 Ti」を搭載したグラフィックスカードが一斉に店頭に並んだ。発売翌日の夕方にも在庫が見られた他、RTX 3070カードの在庫も多くのショップで確認できた。(2021/6/5)

GeForce RTX 3080 Ti搭載BTOデスクトップPCが各社から販売開始
NVIDIA製最新GPUのGeForce RTX 3080 Ti搭載グラフィックスカードを備えたBTOデスクトップPCが各社から発売された。(2021/6/4)

GPT-3を2日でトレーニング
NVIDIAのArmベースCPU「Grace」がCPU−GPU間のボトルネックを解決
CPUからGPU、GPUからCPUへのデータコピーのボトルネックを解消するため、NVIDIAはArmベースのCPUを開発した。(2021/6/4)

「GeForce RTX 3080 Ti」の国内想定価格は約17.6万円 「GeForce RTX 3070 Ti」は約9万円
NVIDIAが5月31日(米国太平洋時間)に発表した新型GPUを搭載するグラフィックスカードの国内発売日と想定価格が判明した。GeForce RTX 3080 Tiは17万5800円から、GeForce RTX 3070 Tiは8万9980円からで、米国発売日と同じ日付の22時から販売が開始される。(2021/6/2)

SamsungのモバイルSoC「Exynos」の次世代はAMDのGPU技術搭載
AMDはComputex Taipeiの基調講演で、SamsungのモバイルSoC「Exynos」にAMDのRDNA2アーキテクチャが採用されると発表した。SamsungのGalaxyシリーズなどのGPU性能が向上する可能性がある。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDのAPUとGPU、Teslaが「Model S」と「Model X」で採用
AMDは、Teslaが「Model S」と「Model X」の新モデルでRyzen APUとRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。インフォテインメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスでプレイできる。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMD、ゲーミングノート向けGPU「Radeon RX 6000M」シリーズ発表
AMDがノートPC向けGPU「Radeon RX 6000M」シリーズを発表した。NVIDIAの「RTX3080」と同等以上のフレームレートで最新のAAAゲームを実行できるとしている。搭載ノートPCはASUSなどから6月上旬発売の見込みだ。(2021/6/1)

PC/モバイル向け:
「Armv9」ベースの新CPU/GPUを発表、Arm
Armは2021年4月に、サーバ向けCPUコア「Neoverse」から、インフラ向けプラットフォームとなる新シリーズ「Arm Neoverse V1」「Arm Neoverse N2」などを発表したばかりだが、今回立て続けにPC/モバイル用途向けの新製品をリリースした。(2021/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
RDNA2ベースのノートPC向けGPU「Radeon RX 6000Mシリーズ」登場 搭載PCは順次登場
RDNA2アーキテクチャベースのモバイル(ノートPC)向けGPUが発表された。搭載製品は6月から順次登場する。ASUSなど4社からは、ノートPCの設計プログラム「AMD Advantage」に準拠するモデルも登場するという。(2021/6/1)

製造ITニュース:
NVIDIAのスパコンは4EFlopsで「地球最速」、6000個超の「A100」搭載
NVIDIAは2021年5月27日(米国現地時間)、同社の「A100 Tensor Core GPU」を6159個搭載したスーパーコンピュータ「Perlmutter」が、米国エネルギー省が管轄する国立エネルギー科学計算センター(NERSC)で除幕式を行ったと発表した。「地球上で最速」(NVIDIA)の処理速度を達成したとする。(2021/5/31)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2021年5月)
GPUとCPUの違いから「SSD」の間違った使い方まで 新規会員が気になった話題は
さまざまな話題を紹介するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2021年5月に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2021/5/29)

NVIDIA A100を6159基搭載 米NERSCのAIスパコン「Perlmutter」がついに稼働
NVIDIAのデータセンター向けGPUを6159基搭載するスーパーコンピューターが、ついに稼働を開始する。同GPUを搭載するスーパーコンピューターとしては現時点において最大規模のもので、構築はHewlett Packard Enterprise(旧Cray)が担当している。(2021/5/28)

AI処理性能は4EFLOPS:
NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」
NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。(2021/5/28)

next@acer:
Acerのクリエイター向けノートPC「ConceptD」に新モデル CPUとGPUを刷新
Acerのクリエイター向けブランド「ConceptD」のノートPCに、第11世代Coreプロセッサ搭載モデルが登場する。一部モデルにはアスペクト比16:10ディスプレイを搭載した他、PCI Express 4.0対応SSDや最新GPUを搭載することでパフォーマンスを工場している。(2021/5/27)

組み込み開発ニュース:
Armv9世代初のプロダクトIP群は「IPごとよりもシステムレベルで性能を語れ」
Armの日本法人アームが、最新アーキテクチャ「Armv9」をベースとする次世代コンシューマー機器向けプロダクトIP群を発表。CPUやGPU、システムIPを組み合わせたシステムレベルでより高い性能とエネルギー効率を発揮できる「Arm Total Compute」ソリューションとして提案を進めていく方針を明らかにした。(2021/5/27)

マウス、15.6型ゲーミングノート「G-Tune P5」をリニューアル GPUをGeForce GTX 1650 Tiにアップグレード
マウスコンピューターは、同社製15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune P5」の新構成モデル「G-Tune P5-H」を発表した。(2021/5/26)

プレミアムコンテンツ:
「GPU」は「CPU」と何が違う? ゲーム以外で注目の訳
GPUはコンピュータゲームの画像処理にとどまらず、現在ではさまざまな用途に利用されている。GPUがゲーム業界以外からも注目される理由とは何か。導入時の注意点とは。(2021/5/26)

DXを支える高速で安全なコンピューティング
AIとHPCを進化させる「DPU」 CPU/GPUとの違いやメリットは?
ビジネスのデジタル化が加速するにつれ、データを処理するコンピューティング性能への要求も高まっている。そこで注目を浴びているのが、CPU、GPUと並ぶプロセッサだ。どのような役割を持ち、どのような効果をもたらすのか。(2021/5/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
「GPU」は「CPU」と何が違う? ゲーム以外で注目の訳
GPUはコンピュータゲームの画像処理にとどまらず、現在ではさまざまな用途に利用されている。GPUがゲーム業界以外からも注目される理由とは何か。導入時の注意点とは。(2021/5/20)

次期MacBook Proの14インチと16インチ、早ければ今年の初夏に発売? M1後継の最大メモリは64GB、GPUコアは最大4倍に
初代Apple Silicon「M1」の後継プロセッサを搭載した新世代マシンの具体的なうわさが届いた。(2021/5/19)

NVIDIAによる混迷の「Arm買収劇」【中編】
Arm買収に打って出たNVIDIA ライセンス事業のオープンさを維持できるのか?
Armの買収が成立した場合、NVIDIAには難しいかじ取りが求められる。“オープン”さが特徴であるArmのライセンス事業と、“クローズド”なNVIDIAのGPU事業は両立するのか。(2021/5/14)

設計開発:
PR:複雑化する自動車の設計開発、ワークステーションの性能を倍化して対応せよ
これまでも自動車の設計開発では先端の3D技術がフル活用されてきた。そこから生み出される3Dモデルは、複雑さを増しながら大規模化しており、これら3Dグラフィックスの表現の進化はGPUに支えられている。NVIDIAの最新GPUボード「NVIDIA RTX A6000」は従来比2倍という飛躍的な性能向上を遂げており、設計開発に用いられるワークステーションの進化に大きく貢献している。(2021/5/12)

NVIDIAがモバイル向け「GeForce RTX 3050 Laptopファミリー」を発表 搭載ノートPCは2021年夏に登場
NVIDIAが、ゲーミングやクリエイション用途のメインストリームノートPC向けGPUを発表した。GeForce GTX 1650シリーズの事実上の後継だが、上位モデルと同様にリアルタイムレイトレーシングやDLSS(AIベースの超解像技術)を利用できることが特徴だ。(2021/5/11)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【後編】
NVIDIA vs. AMD 「GPU」「ビデオカード」の演算能力が高いのはどっち?
NVIDIAとAMDは、共にGPU分野に重点的に投資している。両社のビデオカードは、演算能力などの性能や機能においてどのような違いがあるのか。(2021/5/11)

マウスコンピューター、GeForce RTX 3060 Laptop GPUと165Hz液晶パネルを搭載したノートPCを発売
マウスコンピューターは、同社のゲーミングパソコンブランドG-Tuneより、GeForce RTX 3060 Laptop GPUとリフレッシュレート165Hzに対応する液晶パネルを搭載した15.6型ゲーミングパソコン「G-Tune E5-165」を発売した。(2021/5/7)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
デジタルツインを制覇するNVIDIAの「Omniverse」
GPU→AI→デジタルツインという流れで制覇します。(2021/5/6)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【前編】
NVIDIAのビデオカード「A100 Tensor Core GPU」は何がすごい? AI向け機能も
NVIDIAとAMDはデータセンター向けGPU製品で競争している。本稿はまず、NVIDIAのビデオカード製品を紹介する。ビジネス要件にどちらが適しているのか検討してみよう。(2021/5/3)

TSUKUMO、RTX 3090を2基搭載したハイエンドデスクトップを販売開始 119万8000円〜
Project Whiteは、グラフィックスカードとしてGeForce RTX 3090を2基搭載したマルチGPU構成のハイエンドデスクトップPCを発売した。(2021/4/21)

7色のカラバリで展開:
iMacがM1チップを搭載し23.5型にフルモデルチェンジ――キーボードも3タイプから選択可能
Appleが、M1チップを搭載した新型iMacを発表し、4月30日から注文を受け付ける。発売は5月後半で、8コアGPUの上位モデルが税込み19万9800円〜、7コアGPUの下位モデルは税込み15万4800円〜となっている。(2021/4/21)

M1搭載の薄い「iMac」登場 Touch ID付きMagic Keyboardも
米Appleは、M1チップを搭載したデスクトップPC「iMac」を発表した。30日から注文を受け付け、5月後半に発売する。GPU7コアのモデルが15万4800円で、GPU8コアのモデルは17万7800円から(全て税込)。(2021/4/21)

AMDが最新の「Radeon Software」を公開 インストールオプションを拡充 ゲームのアクセシビリティーを向上する機能も追加
AMDが、Radeon GPU向けの最新ソフトウェアを公開した。ユーザーからのフィードバックを受けて、インストールするソフトウェアを削減するオプションを追加した他、色覚障害を持つ人向けのアクセシビリティー機能など機能の追加/改善も行われている。(2021/4/20)

Nutanix Xi Frame導入事例
グラフィックワークステーションレベルの仮想デスクトップを実現
ロバート・ゴードン大学は、GPUを使うアプリケーションを学生に提供するために「Xi Frame」による仮想デスクトップを展開した。Xi Frameを採用した決め手とは何か。(2021/4/16)

車載半導体:
「TOPS競争」は次の段階へ、アップデートし続ける自動運転車向けにNVIDIAが1000TOPS
NVIDIAは2021年4月12日(現地時間)、オンラインで開催中のユーザーイベント「GTC(GPU Technology Conference) 2021」(開催期間:同年4月12〜16日)において、自動運転車に関する最新の取り組みを明らかにした。(2021/4/15)

NVIDIA Graceとは ArmベースAI専用CPUの実力
NVIDIAは、Armのサーバ向けコア「Neoverse」を採用したデータセンター向けプロセッサ「Grace」を発表した。GraceはAI処理やHPCに向けて、GPUとDPUを組み合わせた。(2021/4/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。