ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ネットワーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

人工知能ニュース:
物体や音声を高度に認識、処理性能2.3TOPSのNPUを統合したプロセッサ
NXP Semiconductorsは、NPUを統合したアプリケーションプロセッサ「i.MX 8M Plus」を発表した。産業用マシンビジョン、ロボティクス、ハンドジェスチャー向けの人間や物体認識、自然言語処理を使った感情検出が可能になる。(2020/1/27)

“5G前夜”、IoT機器への攻撃に備えよ 対策の鍵は「自動化」と「ゼロトラスト」
「5Gのロールアウトに伴ってつながるIoTデバイスの数は劇的に増加し、それがセキュリティ上の弱い鎖になり得る」──イスラエルのセキュリティ企業、チェック・ポイントが警鐘を鳴らしている。対策の鍵は?(2020/1/27)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(24):
「Microsoft Teams+FMC」で、PCは電話を飲み込んでしまうのか?
携帯大手3社はMicrosoft TeamsとFMCを連携させたクラウド電話サービスに注力している。TeamsがあればPBXが不要になり、固定電話機がなくてもPCが電話機代わりになる。今後、PCは電話を飲み込んでしまうのだろうか?(2020/1/27)

頭脳放談:
第236回 Intel vs. AMDの主戦場はどこになる? CES 2020から考察してみる
年始早々に開催されたエレクトロニクスの見本市「CES 2020」で、IntelとAMDが発表した内容を見てみよう。依然としてCPUの供給不足問題が解決しないIntelと、Ryzenが好調なAMDと少々対極的な構図となっている。両社の次の一手を考察してみる。(2020/1/27)

「NTA」「NDR」で新手の脅威を防ぐ【前編】
新たなセキュリティ対策「NTA」「NDR」はなぜ必要なのか?
「NTA」「NDR」製品といったセキュリティ製品が登場した背景には、サイバー攻撃手法の変化がある。対処のためにNTA/NDR製品が必要な脅威とは、どのようなものなのか。(2020/1/27)

“脅威に対する備え”の意味とは
ランサムウェア10億ドル被害の製薬会社が「ネットワーク自動化」を導入した訳
ランサムウェアによる攻撃を受けたMerck & Co.が事後の改善策として選んだのは、意外にもネットワークの構成や運用を自動化する「ネットワーク自動化」だった。その狙いとは。(2020/1/27)

ソフトバンクの元社員逮捕 作業文書などを無断で持ち出し
通信設備に関わる情報をロシアに渡したと報じられています。(2020/1/26)

YouTube、Blizzardのeスポーツ大会実況権をTwitchから奪取 Google Cloudをインフラに
Googleがゲーム大手のActivision Blizzardとの戦略的提携を結んだ。これまでAmazon傘下のTwitchで実況してきた「Overwatch」などのeスポーツ大会の独占的実況権をYouTubeが獲得。Google Cloudがゲームホスティングインフラになる。(2020/1/26)

ソフトバンク元社員が情報漏えいで逮捕 「機密性の高い情報は含まれない」
1月25日、ソフトバンク元社員の荒木豊容疑者が、警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕された。荒木容疑者は、ソフトバンクの作業文書等を無断で社外に持ち出していた。持ち出された文書は機密性が低く、ユーザーの個人情報は含まれないという。(2020/1/25)

「Google I/O 2020」は5月12〜14日にいつもの野外会場で
Googleが、開発者向け年次カンファレンス「Google I/O」を5月12日〜14日に開催すると発表した。会場は今年もマウンテンビューの本社キャンパス近くにある野外イベントスペースShoreline Amphitheatreだ。(2020/1/25)

石野純也のMobile Eye:
エリア拡大が進む楽天モバイル 弱点の“屋内エリア”は「楽天Link」でカバー
楽天モバイルが、「無料サポータープログラム」の2次募集を開始。当初の5000人に2万人を追加した。同プログラム開始当初からエリアは徐々に広がり、基地局は2020年1月時点で3020局にまで増えた。有料サービスの開始が4月と発表されたが、現時点ではまだ料金体系が不透明だ。ネットワーク以外のオペレーションにも課題が残る。(2020/1/25)

リコー、省スペース設計のA3対応モノクロレーザープリンタ
リコーは、A3モノクロレーザープリンタのラインアップを一新、4機種11モデルを投入する。(2020/1/24)

4月に開始 料金は「余裕をもって発表」――楽天モバイルのMNOサービスはどうなる?
楽天モバイルが4月にMNOサービスの本格スタートを明言。それに先だって、無料サポータープログラムの2次募集を開始した。この記事では、同プログラムの現況と、MNOサービスの本格スタートに向けた取り組みを簡単にまとめた。(2020/1/24)

次世代仮想化環境向けHCI、HPEが「Nimble Storage dHCI」の提供を開始
HPEは「HPE Nimble Storage dHCI」の提供を開始。コンバージドインフラの柔軟性とHCIのシンプルさを兼ね備え、コンピューティングとストレージを個別に拡張できる。さらに、AIを活用した管理ツールによる問題の事前予測と回避を可能とした。(2020/1/24)

オートモーティブワールド2020:
車載リチウムイオン電池を無線通信で管理する理由は「リユースとリサイクル」
ケーヒンは、「オートモーティブワールド2020」において、リチウムイオン電池モジュールの各電池セルの状態を無線通信で管理できる「ワイヤレス式バッテリーマネジメントシステム」を展示した。(2020/1/24)

NECとの協業は“渡りに船”――日立がJP1の最新版「JP1 V12.1」で強化した新機能の中身とは
日立が統合管理ツール「JP1」の最新バージョンである「V12.1」と同時に、運用管理分野でNECとの協業拡大を発表した。その最新機能と、担当者が“渡りに船”と語った、NECとの協業によって強化したRPA関連のニーズとは。(2020/1/24)

プロジェクト:
神宮前六丁目地区第一種市街地再開発、権利変換認可で本格始動
神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業が2020年1月9日付で権利変換計画の認可を受けた。事業地は表参道と明治通りが交差する神宮前交差点前の約0.3ヘクタール。国際的観光地にふさわしい商業拠点の形成に向けた一体的整備事業が本格始動する。(2020/1/24)

石川温のスマホ業界新聞:
国民生活センターが「格安スマホ」に注意喚起――そもそもシニアに格安スマホを勧めるべきなのか
国民生活センターが「格安スマホ」について、MVNOの業界団体に対して高齢者に丁寧な説明をするように注意喚起した。そもそも、格安スマホを購入しようとする高齢者は、なぜ「格安」なのか理解した上で契約しているのだろうか……。(2020/1/24)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(45):
産業用制御システムでも「セキュリティ10大脅威」登場
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、IPAがこのほど発表した「産業用制御システムのセキュリティ -10大脅威と対策2019-」をご紹介します。(2020/1/24)

次世代のスマートビルサービス:
「目指すはアジア・中東でのシェア確立。カギは新IoTダッシュボード」、日立ビルシステムの事業展望を聞く
日立ビルシステムは、事業の柱であるビルシステム事業で、日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」をコアに据えた新規サービスの開発に力を入れている。これまで売り上げの大半を占めていたエレベーター(EV)やエスカレーター(ES)の製造販売と保守点検だけにとどまらず、ビル設備の領域でも事業を拡大させ、昇降機とビルサービスの両輪でグローバル市場でのシェア獲得をうかがう。(2020/1/24)

Tech Basics/Keyword:
「ローカル5G」は5Gと何が違うのか?
ローカル5Gの免許申請が開始され、東京都などが申請を行ったというニュースが流れている。このローカル5Gについて、第5世代移動通信システム「5G」と同じ点、異なる点を解説する。(2020/1/24)

東急電鉄が「サブスクパス」を導入、狙いは?
東急電鉄が「サブスクパス」の実証実験を開始すると発表した。東急線全線や東急バス全線の乗り放題を基本にしているが、なぜこのようなサービスを始めたのか。(2020/1/24)

商用化を今春に控え展示にも熱:
ネットにつながる改札機で新しいMaaSを、ドコモの5Gイベント
NTTドコモ(以下、ドコモ)は2020年1月22日、2020年春に商用サービスを開始する5G(第5世代移動通信)をはじめ、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などを活用した同社およびパートナー各社が手掛けるソリューションを展示するイベント「DOCOMO Open House 2020」の開催に先立ち、報道機関向けに公開した。(2020/1/23)

5Gの苦手領域「山間部」のIoTはLPWAでまかなえるか? NTT東らが実証実験へ
NTT東日本と山梨県小菅村、北都留森林組合、boonboon、さとゆめは、林業に関する課題の解決に向けたIoT技術を用いた実証実験を始める。高出力の独自LPWAを用いて林業従事者が緊急時に救助を要請可能にする仕組みや、害獣捕獲時の通知機能を提供する。(2020/1/23)

Microsoftのデータベースに設定ミス、顧客サポート情報2億5000万件が露呈状態に
Microsoftが2019年12月5日に行った変更の中にセキュリティルールの設定ミスがあり、データが露呈される状態になっていたことが判明した。(2020/1/23)

自動運転技術:
GMクルーズがライドシェア用無人運転車を披露、寿命は160万km以上
GM(General Motors)傘下の自動運転開発会社であるクルーズ(Cruise)は2020年1月21日(現地時間)、無人運転で走行するシェアリングサービス用の電気自動車(EV)「Cruise Origin」を披露した。GMやホンダとの共同開発で、量産を前提としたモデルだ。(2020/1/23)

FAニュース:
東京の中心からモノづくり革新を発信、オムロンがFA共創拠点を品川に開設
オムロンは2020年1月22日、東京に製造現場の課題を顧客と共に解決する拠点「オートメーションセンタ TOKYO(ATC-TOKYO)」をグランドオープンした。2年間で同拠点を通じた受注額55億円を目指す。(2020/1/23)

子ども専用PCも登場:
「フォトグラファーに届け!」と願うNECPCが「LAVIE VEGA」に込めた思いと機能
1月21日、NECパーソナルコンピュータがLAVIEシリーズの新モデルについて、発表会を開催した。この春モデルに込めた同社の狙いとは何か。(2020/1/23)

FAニュース:
コグネックスがOPC UA対応のソフトウェア提供、その他のネットワーク対応も強化
コグネックスは、「In-Sight Explorer」ソフトウェアの最新版「In-Sight Explorer 5.8.0」を発売した。工場内のデバイスをつなぐ効率的でセキュアな高速通信のためのプロトコルOPC Unified Architectureをサポートする。(2020/1/23)

製造ITニュース:
テレワーク技術を工場ネットワークに転用、ITとOTをセキュアに融合する新技術
e-Janネットワークスは、工場に安全なネットワーク環境を提供する工場ネットワークアクセスサービス「NinjaConnect ISM」を2020年2月3日に発売すると発表した。2022年度までに600工場への導入を図り、年間3億円の売上高を目指すとしている。(2020/1/23)

開発者に優しいセキュリティを目指す:
クラウドはセキュリティ上「最も弱い鎖」? Check Pointが指摘
Check Pointがイベント「CPX360 2020」を開催。創業者兼CEOを務めるギル・シュエッド氏が基調講演の中で、サイバー犯罪を巡る5つのトレンドを指摘した。(2020/1/23)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
受注額77億円、大和川線トンネルにパナ環境エンジニアリングが導入した最新機器
パナソニック環境エンジニアリングのトンネル換気事業は2018年に創設から50周年を迎えた。現在、ジェットファンの納入実績は累計2000台で、電気集じん機の国内シェアは60%となっており、いずれも国内1位だという。同社ではトンネル換気事業の売り上げを2025年度に2018年度と比較して1.6倍を超える50億円以上を目指している。この目標への弾みとして2019年12月26日に、トンネル換気事業で最大規模の受注を請けた工事の説明会を開き、同社の有する最新のトンネルシステムをPRした。(2020/1/23)

周波数利用効率も最高記録を達成:
38コア・3モードファイバーで毎秒10Pビット伝送
情報通信研究機構(NICT)ネットワークシステム研究所と住友電気工業、オプトクエストは、38コア・3モードファイバーを用いて毎秒10.66P(ペタ)ビットの伝送実験に成功した。周波数利用効率は1158.7ビット/秒/Hzを達成している。(2020/1/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
小泉大臣も注目すべき「男性の育休」の意外な効果 ダヴが広げる“支援の輪”とは
小泉進次郎環境大臣が育児休暇を取得すると表明し、話題になっている。実は、米国においても男性は育休を取得しにくい状況だ。それを変えようと「ダヴ」と著名起業家が啓発活動を行っている。育休制度の充実は、夫婦だけでなく子ども、企業にも良い効果がある。(2020/1/23)

セキュリティリスクを踏まえたIoT運用管理の最適解:
PR:製造業がセキュリティ対策に取り組まない理由、日立製作所が注目した“少数意見”とは
製造現場のIoT化やネットワーク化の進展とともにセキュリティ対策の問題が顕在化している。TechFactoryの調査でも、多くの企業がセキュリティへの懸念を抱いているという調査結果が出ている。その一方で製造現場でのセキュリティ対策が遅々として進まない現実がある。そういった現場において、いったい何が“有効な対策の初手”になるのだろうか。(2020/1/23)

「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断
クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由
ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。(2020/1/23)

モバイル管理システムの進化
「MDM」から「EMM」、そして「UEM」へ 歴史から学ぶデバイス管理の進化
クラウドサービスやモバイルデバイスの普及、セキュリティリスクの増大などが、デバイス管理システムを進化させてきた。「MDM」製品から「UEM」製品への進化の歴史を振り返る。(2020/1/23)

DOCOMO Open House 2020:
口の動きを共有、長距離ワイヤレス充電、クラウド型乗車券、タッチレス決済――ドコモが見せる未来
NTTドコモが1月23日〜24日に5G関連のイベント「DOCOMO Open House 2020」を開催する。5Gによって、未来の生活がより便利になることが期待される展示が豊富だ。力触覚を伝えたり、口に動きを共有したりできるデモも。未来の充電方法も紹介している。(2020/1/22)

渋谷の宮下公園が6月に「MIYASHITA PARK」へ 公園・商業施設・ホテルが一体となった複合施設に
災害発生時の一時待避所にも。(2020/1/22)

ドコモが「6G」に向けたホワイトペーパー公開 2030年頃のサービス提供開始を目指す
NTTドコモが2030年頃のサービス提供開始を目指す「第6世代移動通信システム(6G)」に関するホワイトペーパーを公開。5Gを高度化した「5G evolution」や、6Gで期待できるユースケース、目標性能、技術要素などの技術コンセプトをまとめた。(2020/1/22)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Z-WaveのOpen化/CobhamのRISC-V参入/FPGAが続々RISC-Vに対応
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年12月の業界動向の振り返りとして、Z-WavenのOpen化とRISC-V Summit絡みの小ネタをお届けする。(2020/1/22)

ハイブリッドクラウドを構築するための4つのヒント【前編】
「ハイブリッドクラウド」の構築で最初に検討すべき2つの運用モデルとは
ハイブリッドクラウドは適切に構築すれば、オンプレミスとクラウド、両者のいいとこ取りが可能になる。ハイブリッドクラウドを構築するための最初のステップについて説明する。(2020/1/22)

コンポーザブルインフラ用語集
「コンポーザブルインフラ」を基礎から理解するためのキーワード“7選”
「コンポーザブルインフラ」とはどのようなインフラなのか。関連用語の理解を通じて、コンポーザブルインフラが意味するものと、インフラ運用にもたらす変化を考察する。(2020/1/22)

熱い逆転劇に観客どよめく ポケモンGOが見せたeスポーツとしての素質
「東京eスポーツフェスタ」でスマートフォンゲーム「ポケモンGO」の大会が行われました。エキシビジョン的な位置付けですが、その決勝戦を見た人たちは「興奮した」「鳥肌が立った」と高く評価したようです。(2020/1/21)

NTT、タイトーなどと組みeスポーツへ参入 秋葉原UDXに専用施設をオープン、「闘神祭」の主催も
NTTアドなどの関連会社とスカパーJSATも参加。おのおのが得意分野を担い、イベントの運営や人材教育などを行います。(2020/1/21)

NTT東西など、eスポーツ分野で新会社 大会運営・人材育成・動画配信など開始 秋葉原に専用施設も
NTT東西などが新会社「NTTe-Sports」を設立する。NTTグループの通信網や「ローカル5G」などの技術を生かし、eスポーツ施設の運営、動画コンテンツの配信、自治体と連携したイベントの開催などを手掛けていく。(2020/1/21)

Mobile Weekly Top10:
“不適切なメモ”でドコモが謝罪/「auデータMAXプランPro」が値下げ
とあるドコモショップで店員がやりとりしたメモが波紋を呼んでいます。しかし、そのメモに書かれたことは、ドコモに限らず全キャリアの販売店で長年問題になっていることでした……。(2020/1/21)

新春対談/北俊一氏×クロサカタツヤ氏(後編):解約金1000円の謎、楽天モバイルやMVNOの行方は?
2019年10月に施行された改正電気通信事業法によって、モバイル業界のルールが大きく変わった。北俊一氏とクロサカタツヤ氏の対談後編では、解約金1000円やMVNOについて語っていただいた。解約金はなぜ突如1000円に決まったのか? 分離プランが主流になることで、MVNOにはどんな影響があるのだろうか?(2020/1/21)

【日航破綻10年】再建後の消極姿勢「全日空から首位を取り返す気がない」
日本航空が東京地裁に会社更生法の適用を申請し、経営破綻して19日で10年。3500億円という巨額の公的資金が投入されたが、業績のV字回復を果たし、東証1部に再上場して公的支援が終了した。経営再建の成功事例とされるが……。(2020/1/21)

IIFES2019:
「e-F@ctoty」を核に「行動のDX」「知見のDX」を推進する三菱電機
オートメーションと計測の先端総合技術展「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)のキーノートセッションに三菱電機 FAシステム事業本部 名古屋製作所 副所長の都築貴之氏が登壇。「『DX』×『e-F@ctory』 加速する、ものづくりトランスフォーメーション」をテーマに、三菱電機のDX(デジタル変革)への取り組みを紹介した。(2020/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。