ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リモートアクセス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リモートアクセス」に関する情報が集まったページです。

Gartner Insights Pickup(242):
現代的なネットワークセキュリティアーキテクチャ構築で知るべき17の略語とコンセプト
ネットワークアーキテクチャの変化に伴い、ネットワークセキュリティには、信頼性の高い定番技術と新技術を組み合わせた新しいアプローチが求められている。(2022/1/28)

特権ID管理の「ゼロトラストモデル」とは:
エンカレッジ・テクノロジが「ESS AdminONE」をデータセンター事業者向けに機能拡張
エンカレッジ・テクノロジーは、特権アクセス管理ソフトウェア「ESS AdminONE」の機能を拡張し、データセンター事業者向けに運用代行サービスなど顧客システムへのアクセスに対する安全性向上を図るソリューションの提供を開始する。(2022/1/28)

きめ細かなアクセス制御ができる:
IIJがリモートアクセスVPNサービスでゼロトラスト的な機能を強化
IIJが、アクセス制御の機能を追加したクラウド型リモートアクセス VPN サービスを発表した。端末で多様な情報を取得し、可視化とポリシー設定のサイクルを回していくことができる。(2022/1/26)

工場ネットワーク:
PR:加速する工場のリモート化や多拠点管理、課題となるネットワークとセキュリティの問題
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による働き方改革をきっかけに、工場のリモート化や多拠点管理のニーズが顕在化している。その実現には外部とセキュアにつながる環境づくりが必須だ。工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長の安藤博昭氏と、同第二技術部 部長の天野重敏氏、MONOist編集長の三島一孝が鼎談を行った。(2022/1/26)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
リモートアクセスでも安心感、導入企業に見るSASEベースのセキュリティ効果
クラウドやリモートワークの普及によって、しわ寄せを受けているのがネットワークだ。パフォーマンスや安全性を確保するには、SASEをベースとした新たなセキュリティ戦略が必要となる。導入企業への調査から、その効果を明らかにする。(2022/1/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
VPNは本当に最適解? クラウド時代に適したリモートアクセスの手法とは
VPNは長年、リモートアクセスに不可欠なインフラだったが、クラウドの浸透で、そのパフォーマンスやセキュリティ面での課題が顕在化しつつある。企業は、クラウド時代に最適化された新たなアーキテクチャを採用する時期を迎えている。(2022/1/7)

トロント大学ミシサガ校が実践、「オンライン教育」移行のこつ【後編】
“学部主導のIT導入”で混乱の大学が「オンライン教育」に爆速移行 その作戦は
トロント大学ミシサガ校は、新型コロナウイルス感染症の影響で迅速なオンライン教育移行が求められていた。従来、各学部がそれぞれにIT機器導入をしていた同校が、今回選んだ移行方法とは。(2022/1/7)

Computer Weeklyリバイバル
有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/1/3)

トロント大学ミシサガ校が実践、「オンライン教育」移行のこつ【前編】
大学が「オンライン教育」に3カ月で移行、成功に導いた“強力な味方”とは
トロント大学ミシサガ校はパンデミックを受けて、オンライン教育へと迅速に移行した。移行を支援したのは、教育分野未経験のITベンダーだ。両者はどのように移行を進めたのか。(2021/12/24)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(86):
無料の電子書籍「リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖」で分かる不測の事態への備え方
人気連載を1冊にまとめてダウンロードできる@ITの電子書籍。第86弾は、「リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖」だ。(2021/12/23)

ITとセキュリティをシンプルにする全体最適化:
PR:境界防御の“壁”の有効性が薄れる一方、社内にはセキュリティ対策の障害となる組織的な“壁”がある――どう突破すればよいのか
「新常態」におけるセキュリティ変革を考えるオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2021冬」が開催された。セミナーでは、ゼロトラストやSASEのポイントと、新しい時代に向けてITとセキュリティを全体最適化するアプローチが多数紹介された。(2021/12/23)

Windowsユーザーは注意 セキュリティソフトウェアの検出を回避する新種のマルウェアが見つかる
リモートアクセス型のトロイの木馬「DarkWatchman」が発見された。セキュリティソフトウェアの検出限界以下やその周辺で活動するとされており注意が必要だ。(2021/12/18)

「ゼロトラスト」で効率化するセキュリティ運用【後編】
「ゼロトラストセキュリティ」が“感謝されるIT部門”を生む理由と、その作り方
アクセス管理の複雑化に頭を抱える企業は、「ゼロトラストセキュリティ」に目を向け始めています。ゼロトラストセキュリティの実装には具体的にどのような機能や製品が必要なのでしょうか。(2021/12/23)

今いる場所、そこが仕事場になる:
PR:VMware Anywhere Workspaceを実現するVMware SASE
以前から働き方改革の重要性が叫ばれてきたが、コロナ禍以降は特にテレワークが急速に拡大し、物理的な場所に依存しない働き方が当たり前になりつつある。こうした分散化した環境で一人一人が持てる能力をフルに発揮できるようにするためにVMwareが掲げているのが「VMware Anywhere Workspace」というビジョンである。そしてこれを実現するための重要な基盤となるのがVMware SASEだ。(2021/12/13)

FAニュース:
機械の遠隔サポートをパッケージ化したソリューション、トラブルを遠隔から解決へ
Rockwell Automationは、機械や装置のメーカーが遠隔から機器にアクセスしてサポートする上で必要なものを全てパッケージにした、新しいリモート・アクセス・ソリューションを発表した。どこからでも機器のトラブルを解消できる。(2021/12/6)

切り替えは“段階的”に:
SASE導入を考える企業に最適な「ネットワーク改善の最初の一歩」とは何か
テレワークが広がり、SASEなど新しいセキュリティの考え方が注目されている。だが、「業務システムがクラウドにあることを前提とした製品やサービスがあるため注意が必要だ」と有識者は指摘する。(2021/12/1)

SaaS利用や情シスのテレワークにも対応:
PR:ゼロトラスト前提の今「特権ID管理」を見直すべき理由
SaaSの普及やランサムウェアをはじめとした脅威の高度化、複雑化など、特権ID管理を取り巻く環境は大きく変化している。クラウド移行やテレワークにも柔軟に対応する、次世代の特権ID管理に必要なポイントとは。(2021/11/26)

いま注目「何も信頼しない」セキュリティ対策とは? 開発部門の在宅勤務率9割、NTTデータ先端技術に聞く
クラウドサービスやテレワークの普及により、社内と社外の境界を守る従来のセキュリティ対策は通用しなくなった。解決策の一つがゼロトラストセキュリティだ。開発部門の在宅勤務率を9割にしたNTTデータ先端技術に解説してもらった。(2021/11/16)

リモートアクセスで利用:
マルチクラウドでコンテナ基盤のテスト可能に ネットワンシステムズが発表【訂正あり】
ネットワンシステムズは、同社のマルチクラウド検証施設「Lab as a Service」で、新たにコンテナプラットフォームのテスト環境を提供する。LaaSにリモートアクセスすることで、簡単にコンテナプラットフォームを利用したテストを開始できる。(2021/11/15)

なぜテクノロジー業界が狙われるのか:
HTTPS通信内の脅威をZscalerが分析、1年間で4倍以上に増加
ZscalerはHTTPS通信内でブロックした脅威を分析した年次レポート「State of Encrypted Attacks Report」を発表した。それによるとHTTPS通信に潜む脅威は2020年から314%増えた。同社によればテクノロジー業界が主な攻撃対象となっている理由があるのだという。(2021/11/5)

テレワーク時代に適した災害対策とは:
PR:バックアップ、災害対策を改善。今すぐスモールスタート
災害が相次ぎ、テレワーク需要も高まる中、災害対策やバックアップの仕組みの在り方があらためて問われている。だが、対策そのものを用意していない、万一の際にデータを戻せないといった課題を抱える企業がある。今すぐリスクを回避する策とは。(2021/11/1)

AI開発:
PR:機械学習の専門家がなぜ最新ワークステーションでAI開発を加速できたのか
製造業におけるワークステーションの用途が、従来のCADやCAEを用いた設計だけでなく、AI開発にも広がりつつある。日本HPのワークステーションであれば、他社を圧倒する製品ラインアップに加え、国内生産と充実したサポート体制、無償のリモートワーク対応ソフト「ZCentral Remote Boost」などによりAI開発の生産性を大幅に高められる。機械学習の専門家として世界トップクラスの技術を持つKaggleグランドマスターも太鼓判を押すその実力を見てみよう。(2021/10/26)

“硬派な”クラウドでコスト削減:
PR:大企業じゃなくても「安心で安全なテレワーク環境」は構築できる
テレワークを採用する企業は増えており、ITインフラをクラウドに移行する検討も進んでいる。だが、求められるセキュリティレベルは高まっており、「安心で安全なテレワーク環境を構築する」ハードルは高くなっている。どうすればいいのか。(2021/10/26)

BAS:
ジョンソンコントロールズ「ゼロトラスト」に対応した通信にTempered Networksを選定、ビルシステムのセキュリティを強化
ジョンソンコントロールズは、BASのプラットフォームと位置付ける「OpenBlue」サービスに、社内外からのアクセスに関わらずVPNより安全にビルシステムにリモートアクセスできるネットワーク環境の「Tempered Airwall」を選定した。今回のパートナーシップにより、AIを活用した遠隔診断をはじめ、予知保全、コンプライアンスモニタリング、高度なリスク評価など、建物に関する各種サービスに対するサイバー攻撃から強固に守れるようになる。(2021/10/25)

ウェブ会議とチャットを1つにしたコラボレーションツール「Parque(パルケ)」の提供が開始
ウェブ会議とチャットを1つにしたコラボレーションツール(社内の情報共有を円滑にするツール)「Parque(パルケ)」の無料提供が開始。(2021/10/19)

「RDPが使えるシンクライアントデバイス」選定のこつ【後編】
「駄目なシンクライアントデバイス」を買わないための、選定の注意点とは?
課題もありつつ、さまざまなメリットをもたらすシンクライアントデバイス。自社に適したシンクライアントデバイスを見極めて導入を成功に導けるかどうかが、IT担当者の腕の見せどころだ。何に注意すべきなのか。(2021/10/18)

VPNはサイバー攻撃の入り口:
どのVPNを選び、どうやってセキュリティを強化するか、米NSAとCISAがガイダンスを公開
米国の国家安全保障局(NSA)と国土安全保障省サイバーセキュリティインフラセキュリティ庁(CISA)が発表したリモートアクセスVPN製品に関するガイダンスについて、ESETが重要なポイントを解説した。(2021/10/13)

多要素認証を導入しただけで満足していませんか? 認証が回避される4ケースを紹介
多様な働き方に対応した認証基盤の構築に向け、多くの企業で多要素認証の導入が進んでいる。だがこれを“導入するだけ”では不完全だ。イスラエルのセキュリティ企業が認証を回避する4つのケースを解説する。(2021/10/13)

バンキング型トロイの木馬「Trickbot」が流行か 2021年9月のマルウェアランキングが発表
Check Point Software Technologiesが2021年9月のマルウェアランキングを発表した。同年9月に最も利用されたマルウェアにはTrickbotが挙がった。その特徴を振り返る。(2021/10/13)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【後編】
大手ホテルが脱オンプレミスに踏み切った、旅行業界ならではの“ある事情”
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは宿泊予約システムをはじめとした自社システムのクラウドサービスへの移行を進めている。その理由と、クラウドサービス移行で得られた効果とは。(2021/10/13)

「RDPが使えるシンクライアントデバイス」選定のこつ【前編】
「シンクライアントデバイス」が欲しくなる6大メリット、買い控えたくなる3大課題
テレワークの実現にも役立つ「シンクライアントデバイス」は、企業にさまざまなメリットをもたらす。一方で見落とせない課題も幾つかある。主要なメリットと課題を整理しよう。(2021/10/11)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー攻撃から組織を守るために不可欠な3つのチカラとは――SBテクノロジー プリンシパルセキュリティリサーチャー 辻伸弘氏
この1年、ランサムウェアによる攻撃は大きく様変わりし、大きな脅威へと成長を遂げている。この脅威を迎え撃つにはどう構えればよいのだろうか。ランサムウェアのいまを伝え、組織としての対応の在り方を提案する。(2021/10/6)

パンデミックを乗り切るホテルチェーンのクラウド活用法【前編】
「コンフォートイン」運営の大手ホテル会社が、テレワークのために入れたITとは
ホテルフランチャイズを営むChoice Hotelsは、新型コロナのパンデミックを機に従業員のテレワーク体制を整備した。同社がテレワークのために導入したIT製品/サービスとは。(2021/10/6)

何のためにシステムを守るのか:
PR:CISOがせめぎ合いを乗り越え“セキュリティ運用のサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントとは
「セキュリティ対策は日々複雑化し、新たなキーワードが頻出しているので、今やるべきことが見えない」と嘆いている管理者には、目先の対策をパッチワーク的に行って投資が無駄になる未来しかないのだろうか。「ITmedia Security Week 2021秋」の「脱サイロ化、セキュリティ運用」ゾーンでは、“セキュリティのサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントが明かされた。(2021/10/6)

出社するもしないも自由「ハイブリッドワーク」実現に必要な準備は?
ネットワンシステムズは、テレワークとオフィス出社を組み合わせるハイブリッドワークに向けた取り組みを開始した。テレワーク対応だけでは実現しない「ハイブリッドワーク」実現に必要な施策とは。(2021/10/1)

TechTarget発 世界のITニュース
HPがリモートアクセス技術のTeradiciを買収 “在宅勤務”市場での狙いは?
HPはTeradiciを買収し、遠隔のコンピュータへのリモートアクセス技術を統合する。PCベンダー大手はどのような戦略を描いているのか。(2021/9/30)

Google Chrome完全ガイド:
間違っても見られたくないChromeリモートデスクトップ中の画面を隠す方法
Chromeリモートデスクトップで操作中のリモートPCのデスクトップは、ディスプレイにそのまま表示されてしまいます。覗(のぞ)かれたくなければ、「カーテンモード」という機能でリモートデスクトップを隠せます。その設定方法と制限、注意点を説明します。(2021/9/29)

教育現場だけではない活用の場
「Chromebook」はビジネスで使えるのか? 事例から学ぶメリットと利用シーン
VDIとシンクライアントを用いたテレワークはコストと手間がかかるため、現実的ではない企業もある。そうした悩みの解決策として浮上している、「Chromebook」を使ったテレワークとはどのようなものか。事例を交えて解説する。(2021/9/27)

「続けたくなるテレワーク環境」の作り方【第2回】
“テレワーク前提”なら無視してはいけない「セキュリティ」の課題と解決策
テレワークを一時的な施策ではなく長期施策として継続する場合に、無視できないのがセキュリティに関する課題だ。どのような課題があり、どうすれば解決できるのか。(2021/9/13)

すぐに使いこなせる新GUIを採用:
ルネサス、オンライン評価ボードテスト環境を拡充
ルネサス エレクトロニクスは、オンラインの評価ボードテスト環境「Lab on the Cloud」を拡充した。新たなGUIの採用などにより柔軟性に優れたテスト環境を提供する。利用できるボード数も新たに14種類を追加した。(2021/9/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(193):
Windows 365 Cloud PCはお財布には優しくても、地球には優しくない?
「Windows 365 Cloud PC」は、2021年8月初めに正式にサービスをスタートした、Microsoftの新しい「サービスとしてのデスクトップ(Desktop as a Service、DaaS)です。運よく「Windows 365 Business」の無料試用版をゲットできた筆者が、その試用についてレポートします。(2021/9/8)

クラウドセキュリティ製品でVPNの課題を解消:
PR:静岡ガスがセキュリティと利便性、柔軟性を重視した新IT基盤を構築、要求を満たす製品とは?
在宅勤務の割合が増え、VPN回線の不足に悩んでいた静岡ガスは、「利便性」「セキュリティ」「柔軟性と拡張性」を目的とした情報通信基盤を計画。仕組みの選定後、わずか6カ月で本格稼働を実現した。課題をどのように解決したのだろうか。(2021/9/7)

食料・農業分野へのランサムウェア攻撃が活発化 FBIが推奨する対策は
FBIは、食料・農業分野を標的にしたランサムウェア攻撃の活発化を受けて民間企業通知を発行した。ランサムウェア攻撃は、企業だけでなくサプライチェーン全体を標的にしており注意が必要だ。(2021/9/7)

Computer Weekly日本語版
有害なVPNの見分け方――こんなVPNプロバイダーには気を付けろ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/9/6)

国内IT投資「セキュリティ」「リモートアクセス」が成長中 強化のポイントは
IDC Japanの調査によると、国内企業の投資志向が高いITインフラサービスは「サイバーセキュリティ」と「リモートアクセス」に関するものが産業分野を問わず多かった。サービス選定のポイントは、大規模で複雑なITインフラ環境を持つ金融、製造、情報サービスなどで特色が見られた。(2021/9/3)

CISA「バッドプラクティス」に単一要素認証を追加
US-CERTは「バッドプラクティス」(セキュリティリスクの高い悪しき慣行)のリストに「単一要素認証」を追加した。特に重要インフラストラクチャや国家基幹機能サービスでの単一要素認証のみの利用は推奨できないとしている。(2021/9/1)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(107):
VPN、Windows 365、Azure Virtual Desktop……リモートアクセス環境はどれを選べばよい?――Microsoftのリモートアクセステクノロジーまとめ
コロナ禍の中、企業はテレワーク(リモートワーク)の導入と継続を求められ、それが長期化しています。既にテレワーク環境を整備した企業でも、セキュリティの強化や運用コストの面から定期的に見直すべきです。今回は、Windows/Windows Serverの標準機能、Microsoft Azureのサービスとして利用可能なリモートアクセス環境を簡単にまとめました。(2021/8/31)

ハイブリッドワークの整え方【前編】
在宅とオフィスの併用勤務「ハイブリッドワーク」で“脱VPN”が広がる理由
新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が広がり始めている。こうした中、従来の「VPN」の課題が顕在化しているという。何が起きているのか。(2021/8/31)

「データを使ったコミュニケーション」で何が実現するか:
PR:データは「21世紀の石油」、集計作業「ゼロ時間化」で現場活用の仕組みを構築
ビジネスにおいてデータ活用は不可欠だ。手作業や属人化、サイロ化を防ぎ、誰でもすぐにデータ活用の恩恵を受けられるような仕組みを作れば業務の効率や生産性を上げられる。その最初の一歩として、従業員が必要な売り上げデータを呼び出せるよう、柔軟な仕組みを構築した例を追った。(2021/9/24)

「セキュアリモートアクセス」導入・選定ガイド【第4回】
セキュアリモートアクセスの根幹技術「IAM」の要チェック機能とは?
「IAM」は、セキュアリモートアクセスの構築に重要な役割を果たす。IAMを構成するさまざまな技術のうち、製品選びで特に注目すべきものは何か。専門家の意見を基に整理する。(2021/8/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。