ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「製造業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ランサムウェア攻撃の検出数、2020年から半減――それでも全く楽観できない理由 Trend Micro調査
Trend Microは、2021年前半のサイバーセキュリティデータを分析した報告書「Attacks From All Angles: 2021 Midyear Cybersecurity Report」を公開した。調査から明らかになったランサムウェアの変化とは。(2021/9/18)

製造現場向けAI技術:
非物体抽出にも対応した東芝の質問応答AIが「世界最高精度」を達成
東芝は2021年9月13日、画像内の対象物に関する質問に答えるAI(人工知能)技術「Visual Question Answering(VQA)」について、画像内の物体だけでなく非物体に関する回答も可能にしたことを発表した。(2021/9/17)

Supply Chain Dive:
生産ライン維持の“努力”がリコールの引き金に? 悪夢から大手メーカーを救ったDX
「製品の需要が跳ね上がった」「部品の製造元が被災し、供給が間に合わない」――製品の生産ラインや供給ペースが突然乱れてしまったとき、何とか材料を調達しようと奔走するのは当然のことだ。ただしそうした「とっさの対応」が大規模なリコールの危機を招いた企業の例がある。同社を救ったのは、あるデジタル技術だった。(2021/9/17)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【前編】
約300億円の光熱費を削減 AWS活用企業の「データ駆動型省エネ策」とは?
Carbon Lighthouseは、二酸化炭素排出量を削減しながら光熱費を節約できるよう、商業用不動産の所有者を支援する。同社の事業の鍵となっているのが、不動産から得られるセンサーデータのリアルタイム分析だ。(2021/9/17)

スマートファクトリーに効く“1枚の布”:
PR:製造現場が求める“高い冗長性”のネットワークをシンプル低コストに
スマートファクトリー化にともない製造現場のネットワークが複雑・困難になっている。土台となるネットワークをいかに強固に構築するか。製造業に欠かせない“24時間止まらず安全な”冗長性の高いネットワークをシンプルかつ低コストで実現するための新たな仕組みを紹介しよう。(2021/9/17)

セミナー:
PR:これからの製造業ビジネス2021 ― 国内外製造業のトレンドとものづくり企業へのインサイト
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/9/16)

FAニュース:
データ処理能力を向上させたファクトリコンピュータの省スペースタイプ
NECは、ファクトリコンピュータ「FC98-NX」シリーズの省スペースタイプ「FC-E20W」「FC-E22K」「FC-E29U」の販売を開始した。処理能力を向上し、生産現場や設備機器、システムなどでの生産性向上や業務効率化を支援する。(2021/9/16)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(10):
ラズパイでバルブの開閉状態をセンシングする(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第10回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとカメラの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。(2021/9/16)

産業動向:
建設業の年間平均就業時間は3年連続で減少、労働時間の実態を分析
建設HRは、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年9月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、総務省「労働力調査」の最新データから、建設業での労働時間の実態を分析している。(2021/9/15)

SBG孫社長「人間を単純作業から解放する」 AI×ロボット「スマボ」に意欲 「うなだれているPepperも応援する」
「単純作業を自動化して人間を解放すれば、より付加価値の高いクリエイティブな仕事に専念できる」――SBGの孫社長はこう話し、ロボットとAIをかけ合わせて10億人分の労働人口を獲得する構想を打ち出した。(2021/9/15)

いまさら聞けないスマートファクトリー(12):
製造現場に広がる「画像」や「映像」の活用、何に生かすべきか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第12回では、スマートファクトリー化を進める中で活用が広がっている「映像」「画像」の使いどころについて紹介します。(2021/9/15)

製造ITニュース:
「改善」をサービスとして提供、iSTCが現場見える化を経営に生かす2つの新製品
i Smart Technologies(iSTC)は2021年9月10日、同社の5周年イベント「iSTC Evolution2021」において、同社の現場見える化ツール「iXacs」で得られる現場データをより幅広く活用し製造業経営に生かすため「IoT経営ダッシュボード」と「KaaS(Kaizen as a Service)」という2つのサービスを開始すると発表した。(2021/9/14)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国、新型コロナ感染再拡大懸念とテーパリング時期後づれ期待の剥落
米国の新型コロナ感染者数が累計4000万人を突破し、感染拡大で経済活動の正常化が遅れるとの懸念が根強く、ダウは軟調に推移しました。(2021/9/14)

メカ設計メルマガ 編集後記:
さよならラバーマスク、身近で感じた長期化するコロナ禍の影響
地元(近所)の企業だったので製造中止のニュースはショックでした。(2021/9/14)

20年度の決算業績、「減収」となった企業が約6割 売上高が減った・増えた業種は?
帝国データバンクの調査で、20年度決算の企業業績が「減収」となった企業は58.3%と、19年度と比べ18.0ポイントも増加していることが分かった。業種別で売上高の増加率を分析してみた。(2021/9/13)

製造ITニュース:
商品需要予測などに活用できる、製造業や小売業向けの気象データセットを発売
ウェザーニューズは、製造業や小売業向けに、商品の需要予測やデータ分析を支援するための気象データセットを発売した。天気や気温など、商品の売れ行きに影響がある気象要素のデータを提供する。(2021/9/13)

製造業がサービス業となる日:
コロナ禍に苦しんだパナソニック松岡氏、「Yohana」でウェルビーイングの実現へ
パナソニックは、主にワーキングマザーを対象に家族を含めた私生活のウェルネスの充実を支援するパーソナルアシスタントサービス「Yohana Membership」の提供を開始した。サービス料金は月額149米ドル。まずは米国シアトルでサービスの体験利用の案内を始めている。(2021/9/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「世界一の現場力」を犠牲にする、無責任トップの罪
「工夫してほしいですね、現場で」──というのは、若者向けワクチン接種センターの混乱ぶりを見た小池都知事の言葉だ。現場が必要なリソースにアクセスする権利も、意思決定できる裁量権も与えることなく、現場に責任のみを押し付け犠牲にするような動きが、いたるところで起きている。そんな中、リーダーが自覚すべきこととは──?(2021/9/10)

工場ネットワーク:
PR:スマート工場の真価は工場外での現場データ活用にある、その前提として必要なもの
製造業でスマート工場化を進める動きは加速している。スマート工場化は製造現場のさらなる効率化を実現できる一方で、工場外との情報連携による新たな付加価値創出がポイントだ。ただ、そうなった場合に課題となるのが、セキュリティの問題である。スマート工場化を支えるセキュアなネットワーク構築について、工場向けネットワークへの取り組み強化を進める日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 ビジネス開発営業本部 本部長 安藤博昭氏と、MONOist編集長の三島一孝が対談を行った。(2021/9/13)

「データの変化」に注目
DXの難所「業務自動化」はどうすればうまくいくのか
バッチやRPAなどの技術を使って既存の定型業務を自動化しようとしても、うまく「はまらない」場合がある。その理由は何か。自動処理を実行させるトリガーを設定する際、何に注目するのがいいのだろうか。(2021/9/10)

製造マネジメントニュース:
実用水準の業務遂行を可能とする「AEI」技術に関する業務提携内容を拡大
pluszeroは、特定業務で実用的な業務遂行を可能とする技術「AEI」の普及を目指して、アビストとの業務提携内容を拡大した。両社の協力体制をさらに強固にし、製造業における設計工程の生産性向上を図る。(2021/9/9)

DX時代のプライバシー:
「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か 法令厳格化の中で、DXを推進する考え方
DXの加速に伴い、各国ではプライバシー保護関連の立法や改正が進み、より厳格な要求を企業に課している。そうした中、企業に求められる考え方「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か。(2021/9/9)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

スマートファクトリー:
スマート工場化の現在地、「期待する効果を得られた」企業はようやく過半数に
取り組みが広がるスマート工場化だが、実際の効果はどれだけ得られているのだろうか――。本稿ではTechFactoryの「『つながる工場の現状と課題』についての読者調査」の結果から、スマート工場の現在地について紹介する。(2021/9/8)

CAEニュース:
Ansys、シミュレーションベースのデジタルツインの実現を提案
アンシス・ジャパンは、オンライン記者説明会を開催し、同社のビジネス概況と日本の製造業におけるデジタルツイン普及への取り組みについて説明。併せて、シミュレーションをベースとする同社のデジタルツインを展開する戦略的パートナーとして、SB C&Sとの協業に関する説明も行われた。(2021/9/8)

データ活用で生まれ変わるイプスウィッチ港
輸出港がAI×IoTで「スマート港」へ“船出” クレーン停止時に狙い撃ち保守
英国最大級の穀物輸出港、イプスウィッチ港はBT GroupのIoT技術を駆使し、データ分析に基づいた港湾運営に乗り出す。大手ITベンダーと手を組んでどう生まれ変わるのか。「進化」に精を出す同港の取り組みを追った。(2021/9/8)

製造マネジメントニュース:
「対応策の改善効果出ず」が約2割、半導体や樹脂などの材料調達アンケート
A1Aは2021年9月7日、国内の製造業調達担当者を対象とした、材料の逼迫(ひっぱく)状況に関するアンケート調査の結果を公開した。(2021/9/7)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】日経平均は菅総理不出馬で大きく上昇、米雇用統計は予想を大きく下回る
3日に自民党総裁選に菅総理大臣が出馬しないと表明したことで、日本に新たな首相が誕生する見通しが市場を活気づけ、日経平均は大きく上昇しました。(2021/9/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年9月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの国内顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/9/7)

製造マネジメントニュース:
国内製造業向けプラントO&Mサービス市場規模、2021年度は1兆257億円の見込み
矢野経済研究所は、国内製造業向けプラントO&Mサービス市場に関する調査結果を発表した。2021年度の同市場規模は、好調な半導体分野と前年度中に延期となった案件の進展により、前年度比100.8%の1兆257億円になると推計する。(2021/9/6)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(7):
工業が縮小する工業立国である日本、歪な「日本型グローバリズム」とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第7回目は日本企業特有のグローバル化の姿である「日本型グローバリズム」についてのファクトを共有していきます。(2021/9/6)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【後編】
「Windows」PCが「Mac」並みの“高級品”ばかりになり得る切実な事情
部品価格の高騰を完成品価格に反映させない――。製造業のこうした企業努力には限界がある。PCベンダーも同様だ。半導体品薄に直面するPCベンダーが、製品価格の値上げという苦渋の選択をせざるを得ない理由とは。(2021/9/5)

自動車業界の1週間を振り返る:
「夏には半導体不足解消」の予想は実現せず、不透明な中でもしこりを残さないで
さて、今週も引き続き、半導体不足の影響が話題となりました。「半導体が足りない!」と自動車業界がザワザワし始めたのは、2020年末から2021年の初めにかけてだったように思います。(2021/9/4)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
根深い半導体・部品不足の問題
単なる「数の不足」という問題ではなくなっています。(2021/9/3)

FAメルマガ 編集後記:
コロナ禍の遠隔モノづくり、成否のカギは“改善”の共有にあり
大事なことはコロナ禍以前から変わらず、より徹底するだけなのかもしれません。(2021/9/3)

製造マネジメントニュース:
ソリューションサービス市場全体は縮小もDX関連が好調、JEITAがレポート公開
JEITAは2021年8月31日、「JEITA ソリューションサービス市場規模調査」の調査結果を発表した。調査では、DX関連のソリューションサービス市場が大きく成長していることが示唆された。(2021/9/3)

建設業の人材動向レポート(35):
建設業の労働生産性を考える「全産業平均を下回り製造業との差が拡大」
本連載では、建設HR 編集部(旧ヒューマンタッチ総研)が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートを発表している。今回は、内閣府の「国民経済計算」を基礎資料に、建設業の労働生産性について考察している。(2021/9/3)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
7業界28組織における最新IT事例から探す、自社のビジネス課題の解決策
レガシーなインフラはビジネスの足かせとなり、業務効率と働きやすさを阻害する。デジタル技術とデータの価値を最大限活用するため、最新のITソリューションに目を向けたい。そこで、28組織の事例から改善のヒントを探る。(2021/9/10)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
業務効率や生産性を向上、9社に学ぶ製造業における働き方改革の推進策
他の業界と同様に、製造業においても働き方改革やDXの推進が急務となっている。その中で、さまざまなIT製品を導入し、業務効率や生産性の向上、リモートワーク対応などの成果をあげた企業の取り組みを9つ紹介する。(2021/9/10)

2021〜2025年の年平均成長率は24.5%:
AIシステム市場は2025年に2040億ドル超に、IDC予測
IDCによると、世界のAIシステム支出は2021年に853億ドルに達し、2025年には2040億ドル以上へと増加する見通しだ。2021〜2025年の年平均成長率は24.5%になるという。業種別やユースケース別、技術別、地域別の展望も示した。(2021/9/2)

産業制御システムのセキュリティ:
工場のサイバー攻撃対策は境界防御から「ゼロトラスト」へ
大日本印刷は2021年9月1日、工場へのサイバー脅威に対するセキュリティ対策の考え方として、「ゼロトラスト」を紹介するセミナーを開催した。工場内外のネットワークにおける境界でマルウェア侵入を防ぐだけではなく、工場内での内部感染拡大を防ぐ仕組みが必要だという指摘があった。(2021/9/2)

人工知能ニュース:
機械学習プラットフォーム市場が大幅成長、AI主要8市場の調査レポート公開
ITコンサルティングを手掛けるアイ・ティ・アールは2021年8月26日、AI関連領域の主要8市場について、市場規模推移や予測結果を発表した。(2021/9/2)

メカ設計ニュース:
設計者自ら試作品を生産できる「デザインファクトリー」のデモ環境が都内に
丸紅情報システムズ(MSYS)は、スワニーが提唱するデザイナーや設計者が一気通貫で試作品を生産できるシステム「デザインファクトリー」のデモ環境を、スワニーの東京モデリングセンター(浜野製作所内)に整備したことを発表した。(2021/9/2)

神戸製鋼所DX事例:
PR:製造現場のDX、ペーパーレスではなく「紙を生かすデジタル化」という選択
製造現場で長年慣れ親しんだ「紙」のワークフロー。帳票を再入力するといったデータ化の作業がDX推進を妨げている。一方で“紙へ手書きする柔軟さ”はデジタル化でなかなか引き継げない。従来の紙ベースでのワークフローを変えずに業務効率化を進めた神戸製鋼所の事例から、製造業におけるDXの進め方を探る。(2021/9/2)

コロナ禍の影響は?:
金持ち企業ランキング 「パナ」「ファストリ」を抑え1位になったのは?
リスクモンスターが企業のネットキャッシュを比較する「金持ち企業ランキング」を発表した。(2021/9/1)

導入前後での弊害は?:
今後導入したいと考えている「ITツール」1位は? 業種別でも調査
アスクルは「職場でのITツール導入」に関する調査を実施した。今後導入したいと考えているITツール1位は? 業種別の意見も調査した。(2021/9/1)

どのようなトラブルが多い? NECレノボジャパングループが「学習用端末」のサポート体制を強化
レノボ・ジャパンとNECパーソナルコンピュータの2社からなる「NECレノボ・ジャパングループ」が、GIGAスクール構想で配備された学習用端末の修理体制を強化している。通常のPCと比べると、どのような故障が多いのだろうか?(2021/9/1)

VRニュース:
簡単操作で3D CADデータをVR表示、最新版でOpenXR準拠デバイスに対応
ATINDEは、3D CADデータを手軽にVR空間に表示できるソリューション「VRLite」のバージョン2.0の提供開始を発表した。Oculus専用だったバージョン1.0に対して、バージョン2.0では、標準化仕様のOpenXRに準拠したVRデバイスに対応する。(2021/9/1)

定年延長のリアル(最終回):
定年延長を“強行”してしまった企業の話 人事のプロがあえて「やるべきではない」と忠告したワケ
「定年延長を行いたい」というA社に対し、定年延長を行うべきではないという“逆提案”を行ったという筆者。その理由は?(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。