ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

強い半導体需要が後押し:
EUV出荷は100台を突破、コロナ下でも増収増益のASML
オランダASMLは2021年1月21日(現地時間)、2020年第4四半期および通期の業績を発表した。2020年第4四半期の売上高は43億ユーロ(約5400億円)で純利益は14億ユーロ(約1756億円)。2020年通期の売上高は、140億ユーロ(約1兆7560億円)で純利益は36億ユーロ(約4516億円)で、2019年に比べ増収増益となった。(2021/1/21)

Netflix、有料会員数が2億人突破 2021年は毎週1本新作映画配信
Netflixは2020年10〜12月期の業績発表で、有料会員数が850万人増え、累計で2億人を突破したと発表した。売上高は22%増、純利益は8%減。2021年上半期中に、1ボタンで好みに合わせたコンテンツを再生する新機能を世界で提供する計画も発表した。(2021/1/20)

スシロー、くら寿司はコロナ禍でも加速 都心に出店攻勢
コロナ禍で苦境に立たされる外食産業だが、スシローとくら寿司は売上高が過去最高を記録し好調だ。以前から利益率向上に向け進めていた非接触化、省人化戦略が奏功した。(2021/1/20)

ドローン:
NTT東日本らがインフラ点検扱うドローン会社を設立、2021年度の売上目標は10億円
NTT東日本やオプティム、WorldLink & Companyが設立したNTTe-Drone Technologyは2021年2月1日に事業を開始する。今後、NTTe-Drone Technologyは、市場の成長が予測されているインフラ点検と農業の分野でドローンビジネスを展開し、2021年度中に売上10億円を目指す。(2021/1/20)

製造マネジメントニュース:
サプライヤー4社を統合した日立Astemoが始動、2025年に売上2兆円目指す
日立Astemo(アステモ)は2021年1月18日、事業戦略説明会をオンラインで開催した。同社は日立オートモティブシステムズとケーヒン、ショーワ、日信工業が経営統合して2021年1月1日付で発足した新会社だ。出資比率は日立製作所が66.6%、ホンダが33.4%となる。上場については「可能性はあるかもしれないが現時点では検討していない」(日立Astemo CEOのブリス・コッホ氏)という。(2021/1/19)

ガンプラ、海外売上が約5割 人気拡大の理由をBANDAI SPIRITSに聞いてみた
近年海外での人気が高まっていました。(2021/1/18)

通期見通しは変えず:
ファーストリテイリング 営業利益23%増 巣ごもり需要で部屋着やヒートテック毛布などが好調
ファーストリテイリングは1月14日、2020年9月〜11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。それによると、売上高にあたる売上収益は6197億円(前年同期比0.6%減)、営業利益は1130億円(23.3%増)と大幅な増益となった。巣ごもり需要などで国内や中華圏でのユニクロ事業やジーユー事業が好調だったことが影響した。(2021/1/15)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

データ駆動型の営業活動へ 農作業機メーカーがオラクルのSaaSで分析基盤を構築
スガノ農機は、日本オラクルのSaaS「Oracle CX Sales」と「Oracle Sales Planning and Performance Management」で売上予算の分析基盤を構築した。課題だった商談や営業活動状況の可視化はどのように実現されたのか。(2021/1/14)

91歳のラストサムライ、「ネットサムライ」に転身しコロナ禍乗り切る
「ラストサムライ」を自称し、訪日客を相手にツアーガイドを務める91歳の通訳案内士、ジョー岡田さんは、訪日客の入国制限で売り上げを9割落としながらも、オンライン講座を開講。収束後を見据えて、次々と秘策を打ち出そうとしている。(2021/1/13)

Microchip Technology プレジデント兼COO Ganesh Moorthy氏:
PR:エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochip
5GやIoT、自動運転、AIなど「6つのメガトレンド」を軸に成長を目指すMicrochip Technology。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けつつ、サプライチェーンを素早く立て直し、堅調な売上高を維持した。Microchip Technologyのプレジデント兼COOを務めるGanesh Moorthy氏は、同社のトータルソリューションでエンジニアを支えたいと強調する。(2021/1/13)

インフィニオン テクノロジーズ ジャパン 社長 川崎郁也氏:
PR:日本での事業規模は2倍に、サイプレス買収でパワーアップした「新しいインフィニオン」を打ち出し飛躍を目指す
インフィニオン テクノロジーズは2020年4月にサイプレス セミコンダクタを買収し、事業基盤を大幅に拡充した。世界トップクラスのシェアを誇る製品分野を数多く抱え、リアルとデジタルの世界をつなぐためのあらゆるデバイス製品を取りそろえるようになった。さらに、日本市場の売り上げ規模も2倍程度に拡大。「2021年は、(サイプレス買収で)大きく変わった新しいインフィニオンを強く打ち出していく」と語るインフィニオン テクノロジーズ ジャパン社長の川崎郁也氏に2021年事業戦略を聞いた。(2021/1/13)

22年には売上高1兆円を目指す:
マスクだけで200億円! アイリス、売上高は過去最高の6900億円
アイリスオーヤマは1月7日、同社を含むグループの2020年度決算の速報値を発表。グループ29社全体の売上高は、過去最高の6,900億円(前年比38%増)、経常利益9.0%で増収増益となる見込みだ。アイリスオーヤマ単体での売上高も過去最高の2185億円(同36%増)、経常利益は2.2倍の270億円となった。コロナ禍で好調となった背景には何が(2021/1/12)

2021年元旦のApp Store売上、過去最高となる5億4000万ドルを達成
Appleは自社サービス事業の2020年を振り返った。(2021/1/8)

ファブレスは順調だが:
2020年の半導体売上高、IDMは伸び悩む
米国の市場調査会社であるIC Insightsによると、2020年のファブレス半導体企業の売上高は安定して増加し続けた結果、新記録を樹立する見通しだという。一方、垂直統合型デバイスメーカー(IDM)の過去12カ月間の売上高は伸び悩んだ。(2021/1/8)

ジャンクから組み上げたハーレーも 所ジョージ、自らカスタムした愛車たちをオークション出品 売上は交通遺児サポート団体に寄付
憧れの「所ジョージ」マシンが手に入るチャンス。(2021/1/7)

PS5、12月の販売台数は5万3715台 ファミ通調べ
ファミ通「ゲームソフト・ハード売上ランキング2020年12月速報」によると、PlayStation 5の2020年12月の国内販売台数はデジタルエディションを含め5万3715台だった。(2021/1/7)

Switchとプレステ5の売れ行きは:
家庭用ゲーム、年末商戦の結果は? ファミ通が発表
2020年12月の国内家庭用ゲームソフトとハードの売り上げランキングをファミ通が発表。年末商戦の結果は?(2021/1/7)

住宅ビジネスフェア2020:
コロナ禍で新築と中古の住宅市場は低迷するも、リフォームのニーズは増加
LIFULL HOME'S総研は、コロナ禍における新築住宅と中古物件の市場動向を調査した。結果、新築と中古の住宅市場ともに、売上が低迷していることを明らかにした。一方、新型コロナウイルス感染症の影響で、住み替えしにくい状況から、居住性と機能性を向上する改修ニーズは高まっており、リフォームを検討するユーザーが増加していることも判明した。(2021/1/7)

ビジネスの構造:
自販機1日の売り上げは1000円未満 ダイドーが“鬼滅缶”で増益を達成できた理由
鬼滅の刃とタイアップした缶コーヒーがヒットしたDyDo。発売から3週間で累計販売数が5000万本を突破。自販機ビジネスの収益モデルとは?(2021/1/7)

ピザハットの「おひとりさま専用」セットが全国販売 担当者「テスト販売で過去比3倍ほどの売り上げに」
こんなのを待ってた!!!(2021/1/6)

緊急事態宣言の影響も懸念:
ユニクロや無印、ワークマンは前年越え 気温低下で12月度は好調
アパレル各社の2020年12月度の既存店売上高は前年同月比超えが相次いだ。月下旬からの気温低下が追い風となった。一方21年1月度は、首都圏を対象に発出される見込みの緊急事態宣言の影響も懸念される。(2021/1/6)

ワークマン式「しない経営」【前編】:
ワークマン土屋哲雄専務に聞く 「4000億円の空白市場」をいかにして切り開いたのか
ソフトバンクグループの孫正義氏に「4000億円のホワイトマーケットをよく見つけた」と言わせた企業がある。作業服の業界で40年間トップを走るワークマンだ。2020年5月以降は常に二桁の成長を実現。11月の既存店売上高は38カ月連続で増えている。同社の土屋哲雄専務取締役にインタビューを敢行。いかにして4000億円という市場を発見するに至ったのかを聞いた。(2021/1/4)

対前年比120%:
学生需要は急落したのに、なぜカシオの「電子ピアノ」は売れているのか
新型コロナの感染拡大によって、多くの企業が売り上げを落とした。そんな中でも、「あれ? このアイテムが売れているの?」と感じる商品がある。電子ピアノだ。カシオ計算機の電子ピアノは苦戦していたのに、なぜヒットしたのか。その秘密に迫ったところ……。(2020/12/29)

現実と地続きのテクノロジーを「サイバーパンク2077」で発見 “SF考証”で参考にした技術は?
予約だけで800万本を売り上げた人気ゲーム「サイバーパンク2077」。ゲーム中にはさまざまなテクノロジーが登場するが、描写には現実の技術も参考にしているという。一体どんなテクノロジーを参考にしたのか、開発陣に聞いた。(2020/12/25)

飲食店を科学する:
コロナ禍でも絶好調の「焼肉きんぐ」 強さを支える「カルビ」と「包み込み戦略」とは
コロナ禍で飲食店が苦戦している。一方、「焼肉きんぐ」の既存店売上高は前年対比123.3%と好調。強さの秘密を分析した結果は?(2020/12/25)

産業動向:
信州ウッドパワー建設の木質バイオマス発電所が稼働、年間売上高は5.4億円
信州ウッドパワーが長野県東御市の羽毛山工業団地で建設した木質バイオマス発電所がこのほど稼働をスタートした。同発電所の年間発電量は約1350万キロワットで、売上高は5億4000万円になる見込みだ。(2020/12/24)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

前年比4割増の理由とは:
若い女性の売り上げ2倍! ハーゲンダッツ「クリスピーサンド」、原点回帰で見直した“王道の味”
ハーゲンダッツ「クリスピーサンド」の販売が好調だ。2020年1〜10月の売り上げは前年同期比40%増。特に、10〜20代の若い女性では基幹商品の売り上げが2倍に伸びている。好調の理由は、クリスピーサンドの原点に立ち返った“味”の戦略転換だ。(2020/12/18)

TechTarget発 世界のITニュース
Veeam、コロナ禍でも業績好調でユーザー企業は40万社超え 2020年第3四半期決算
Veeam Softwareは、2020年第3四半期決算を発表した。コロナ禍でも売上高は順調に伸び、ユーザー企業数は40万社を超えたという。(2020/12/18)

「40代の悩み」に絞った戦略で売り上げ2倍に マンダム「ルシード」ブランドの挑戦
化粧品大手のマンダムが40代男性に向け展開する「ルシード」ブランド。かつては若者向けのブランドだったが時代の流れから売り上げが低迷。回復への起爆剤として同社が取り組んだのが40代をターゲットにした戦略だった。(2020/12/18)

今日のリサーチ:
年間売り上げ1000億円以上の日本企業で「DXに成功」の認識は7%未満――アビームコンサルティング調査
テーマにかかわらずDXの難易度は高いようです。(2020/12/15)

TechTarget発 世界のITニュース
Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調
2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。(2020/12/15)

事前予約で約800万本売上の人気ゲーム「サイバーパンク2077」、開発元が返金対応 不具合多発で
ポーランドのゲーム開発会社CD Projektが、12月10日に発売したゲーム「サイバーパンク2077」のPS4版・Xbox One版の購入者に対し、返金に応じると発表。同ゲームはプレイヤーの間で不具合やバグの報告が相次いでいる。(2020/12/14)

Adobe決算、売上は過去最高の128億ドル 「Adobe CC」などが好調
米Adobeが2020年11月期の通期連結決算などを発表し、売上高で過去最高となる前年比15%増の128億6800万ドルを記録した。(2020/12/14)

訪日外国人の減少も響いた:
コロナのせいで売れなくなった商品ランキング 外出自粛の影響が明らかに
コロナ禍の影響で多くの人の消費行動が変化した。1年前と比べて売り上げが苦戦した商品カテゴリーをランキング化。(2020/12/14)

成果を挙げた社員に300万円の賞与:
コロナ禍で志願者は月3000人 応募殺到のアイリスオーヤマ中途採用担当に聞く「こんな人材は採ってはいけない」
コロナ禍で売上を落とす企業が多い中にあって、売上増の快進撃を続けている家電、生活用品を製造販売するアイリスオーヤマ。それを支えているのが大手家電などから転職してきた中途入社組の人材だ。中途採用を担当している佐藤祥平・人事部採用人材開発部リーダーに活躍する志願者の見分け方などを聞いた。(2020/12/10)

「Alexa、今日の売り上げは?」でダッシュボード表示も可能に AWSが3つのデータ分析サービスを発表
AWSは「AQUA(Advanced Query Accelerator) for Amazon Redshift」「AWS Glue Elastic Views」「Amazon QuickSight Q」という3つの新たなデータ分析サービスを発表した。(2020/12/10)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
伸び悩む工務店でデジタルシフトが必須な理由、コロナで変わった工務店選びの現状
SOUSEI Technologyは、このほどマイホームアプリ「knot」の導入ビルダー数が800社を超えたことを発表した。採用社数の拡大と売り上げが伸び悩む工務店を対象に、デジタルシフトを後押しするため、knotを展示会などでPRしている。(2020/12/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Pure Storage、サブスクリプション売上高が約3割増 2021年度第3四半期決算
2021年度第3四半期にPure Storageは、サブスクリプション関連の売上高を大きく伸ばした。一方で全体の売上高は前年比4%減だった。(2020/12/10)

PR:【レポ漫画】売上1億円超えの有名オタクが「現金強奪バトル」ゲームをやってみたらやはり稼げた話
No.1ホストはゲームでもNo.1になれるのか?(2020/12/11)

2020年の中途採用者は300人:
アイリスオーヤマ家電開発部部長が語る「混成部隊」を戦力化して売上を伸ばす秘密 前職の“うっぷん”を商品開発にぶつけてもらう
快進撃を続けるアイリスオーヤマを支えているのが大手家電などから転職してきた中途入社組の人材だ。彼らをやる気にさせる人材活用術やノウハウについて、家電開発部の原英克・執行役員部長に聞いた。(2020/12/8)

行政の閉域ネットワーク内端末に遠隔アクセスできるサービス 自治体のテレワーク導入を促進
丸紅情報システムズ(東京都新宿区)が自治体専用の閉域ネットワーク「LGWAN」向けのリモートアクセスサービスを始めた。テレワークの導入が進まない市区町村向けに導入を進め、2023年までに17億円の売上を目指す。(2020/12/7)

ニコニコのりの狙いとは:
“電車”から着想した「家で作る軍艦巻き」 コロナ禍で3割増の「手巻きずし用のり」に続くか
コロナ禍で在宅時間が増えたことで、ニコニコのりの「手巻きずし用のり」の売り上げは3割増。さらに新しい需要を取り込もうと開発したのが「軍艦巻き用のり」だ。これまで家庭で作らなかった軍艦巻きを提案する狙いとは? ヒントは電車のおもちゃにあった。(2020/12/7)

「鬼滅の刃」書籍ランキング独占 ツイート数・紅白や映画…節目で急増
 吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん作の人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃」のコミックス最終23巻が4日、発売された。これまでに刊行されているコミックスは今年のベストセラーランキングの上位を独占した。4年前に刊行された1巻の売り上げも好調で、記録的ヒットになっている10月公開の映画の力もあって、新たなファンの出現がうかがえる。(渡部圭介)(2020/12/4)

Amazon.comのホリデーショッピングは過去最高 販売業者の売上高は48億ドル超
Amazonが、ホリデーショッピングの売上高が過去最高だったと発表(例によって売上高は公表せず)。巣ごもり需要で新しいEcho Dotやオバマ前大統領の著書などが売れた。マーケットプレイスの小売業者の売上高は48億ドルだったと数字を示した。(2020/12/2)

取扱額8兆円! 「独身の日」セールでアクセス急増、Alibabaが取り組む“サイトが落ちない”工夫とは?
中国で毎年恒例の「独身の日」セール。毎年すさまじい規模のアクセスや売り上げがあるが、大手のAlibaba Groupは、自社の「Alibaba Cloud」などを活用してトラフィックを効率よくさばいている。AIやロボットを活用した取り組みも進めている。(2020/12/2)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、2021年度第2四半期売上予測は前向き 第1四半期から改善の見込み
2021年度第1四半期の売上高が前年同期比9%減少したCisco Systems。ただし同第2四半期での改善を控えめながら楽観視している。(2020/12/2)

YOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』がオリコン1位に 売上は“驚異的な数字” 「ファンのみんなに感謝、感謝、感謝」
さすがYOSHIKIさん。(2020/11/29)

インターステラ、サツドラ超炭酸水とのMOMO応援プロジェクト始動 売上1本につき1円をロケット開発資金に還元
インターステラテクノロジズは、サツドラホールディングスのグループ企業、サッポロドラッグストアーと連携し、「サツドラ超炭酸水×インターステラテクノロジズMOMO応援プロジェクト」を開始した。(2020/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。