ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
節目を感じた2021年半導体メーカー別シェアランキング
2021年世界半導体売上高ランキングが発表され、2年ぶりに首位交代となりました。(2022/1/24)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を勝ち取る。(2022/1/24)

Supply Chain Dive:
コロナ禍の製造業を襲う「サプライチェーン停滞以外の大問題」とは
製造業の足を引っ張るのは物流だけではない。小売売上高は増えたのに、製造業者を苦しめる2つの要因とは?(2022/1/21)

Q&A 総務・人事の相談所:
業績が苦しくても、ボーナスを絶対に支給すべき理由 どうやって実現?
「コロナの影響で売り上げが落ち込んでいて、次回賞与の支給を見送ろうと考えていますが、問題ないでしょうか」──この質問に、筆者は「法律的には問題はありませんが、経済的には問題があります」といいます。どういうことでしょうか?(2022/1/21)

キオクシアはトップ10から脱落:
2021年世界半導体売上高ランキング、Samsungが首位に
Gartnerは2022年1月19日(米国時間)、2021年の世界半導体売上高の前年比25.1%増の5835億米ドル(速報値)になったと発表した。半導体メーカー別売上高ランキングは、Samsung Electronicsが前年比31.6%増の759億米ドルで、2018年以来初めてIntelから首位を奪還した。(2022/1/20)

地域経済の底力:
海外売上比率6割でも国内社員の9割は福井県人 繊維大手・セーレンが地元にこだわる理由
ピンチをチャンスに変える。総合繊維メーカー大手のセーレンこそ、この言葉にふさわしい企業だ。過去に何度も危機を乗り越え、今回のコロナ禍も踏みとどまり、既に増収増益に転じている。そんな同社が長きにわたって地元・福井に与えてきた影響とはいかに。(2022/1/18)

【決算】黒字化果たしたマネフォ、再び投資加速で30〜40%の成長をコミット
マネーフォワードが再度、成長に向けた投資に踏み切る。いったんEBITDAで黒字化したが、今後広告宣伝費などに大きく投資し赤字となる計画。年率30〜40%の売上高成長をコミットした。特に、ストック型収入であるSaaSのARR(年間定期収益)にフォーカスし、早期に200億円規模を目指す。(2022/1/14)

ビックカメラ、ライブコマースに参入 SHOWROOMと資本業務提携
ビックカメラはライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を運営するSHOWROOMと資本業務提携を結んだと発表した。コロナ禍で実店舗での売り上げが伸び悩む中、ライブ配信で商品を販売する「ライブコマース」に参入し、新たな顧客層の獲得を図る。(2022/1/14)

清田徳明・TOTO社長 社会課題解決へ付加価値
令和3年は国内、海外ともに需要が好調で、9月中間決算は売上高、最終利益ともに過去最高の業績を記録することができた。(2022/1/14)

今日のリサーチ:
2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。(2022/1/13)

2021年のエンタープライズIT市場、売り上げ1位はMicrosoft クラウド企業が成長
調査会社が2021年におけるエンタープライズIT市場の売り上げランキングを発表。売り上げ1位はMicrosoftで、他にもクラウドに注力している企業が成長を見せた。(2022/1/13)

パナソニック、空間除菌事業の売上高4倍増の500億円目指す
パナソニックが空間除菌脱臭機「ジアイーノ」事業について、2025年度までに20年度の約4倍となる売上高500億円を目指すことを明らかにした。業務用を中心に国内外に販路を拡大し、北米市場への参入も検討する。(2022/1/13)

医療機器ニュース:
設備化するジアイーノ、天井埋込形の新製品投入で非住宅向けを拡大
パナソニックが次亜塩素酸技術による高い除菌・脱臭力を特徴とする「ジアイーノ」の事業戦略について説明。非住宅向けとなる、除菌、脱臭に加湿の機能も備えた新製品「天井埋込形ジアイーノ」を2022年4月1日に発売する。これによって非住宅向けの展開を拡大し、ジアイーノ事業の売上高を2025年度に500億円に伸ばしたい考えだ。(2022/1/13)

Mouser Electronics APACマーケティング&ビジネス開発担当VP Daphne Tien氏:
PR:部品数も品種も「圧倒的」、供給難を乗り越えるマウザーの在庫戦略
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や半導体/部品不足の先行きが不透明な中、2021年の売上高を大きく伸ばしたMouser Electronics(マウザー・エレクトロニクス)。本社VP, APACマーケティング&ビジネスデベロップメントを務めるDaphne Tien氏は、困難な状況下でも、同社ならではの在庫戦略で切り抜けてきたと語る。(2022/1/13)

1月7日から:
長崎名物「角煮まんじゅう」×パックマン、数量限定で販売 なぜパックマン?
角煮まんじゅうなどを販売する岩崎食品は、1月7日からパックマンとのコラボ商品「角煮パックマン」を販売する。有名キャラとのコラボで売り上げ増につなげる狙いだ。(2022/1/7)

22年の展望:
アイリスオーヤマ大山晃弘社長を直撃 売上高1兆円の目標にはこだわらず安定成長へ
アイリスオーヤマが、足元を固める安定成長に方向転換しようとしている。コロナ禍の影響などにより、部品の調達が当初予定した通りにいかなくなっていることなどが要因のようだ。22年以降の事業展開についてアイリスオーヤマの大山晃弘社長に聞いた。(2022/1/7)

千葉ロッテマリーンズの選手用ガム、売り上げ好調 ファンの要望で一般販売
ロッテが12月13日に発売した、千葉ロッテマリーンズの選手用ガム「MARINES PRO MODEL GUM」の売れ行きが好調だ。選手が噛んでいるガムの販売を希望する声から商品化につながった。どのような特徴があるガムなのだろうか?(2022/1/6)

スギ薬局が「品揃え最適化AI」運用開始 売り上げを向上させる「棚割り」をAIが実現
エクサウィザーズとスギ薬局は「品揃え最適化AI」の運用を開始した。AIを活用して属人化を防ぎつつ売り上げを向上させるべく、陳列商品を最適化する。(2022/1/6)

福田昭のストレージ通信(208):
Micronの四半期業績、前年比の売上高が33%増、利益が3倍と好調
今回は、Micron Technologyの2022会計年度第1四半期(2021年9月〜11月期)の業績を紹介する。(2022/1/6)

モバイル用途、大容量データが急増
「5G」データが爆速で拡大 これが世界に突きつける問題とは?
「5G」サービスの売上高は増加の一途をたどっている。将来的にこのまま5Gの利用が増え続けると、ある問題が生じる。調査によって見えた5G分野の見通しと、事業者が引き受けるべき問題とは。(2022/1/6)

PR:世界有数の売り上げを誇るIT商社が日本で仕掛ける「脱ハコモノ」化 6つの秘策とは
ITの売り方が変わりつつある。地方中小企業もIaaSやSaaSにシフトする中、従来型ビジネスモデルのIT商社がこの先も成長するために必要なのは何か。(2022/1/11)

週末に「へえ」な話:
緑茶の「朝ボトル」を販売して、なぜ売り上げが1.8倍になったのか
名古屋市に店を構える日本茶カフェが、緑茶の「朝ボトル」を販売して、話題を集めている。店の外でボトルを販売して、飲み終わったら返却するだけ。1本300円のボトルを販売したところ、店の売り上げが1.8倍になったという。その謎に迫ったところ……。(2021/12/25)

通年では過去最高の売上高に?:
Micron、22年会計年度で好調なスタート
Micron Technology(以下、Micron)の2022会計年度第1四半期(2021年12月2日を末日とする)の売上高は、前年同期比33%増となる76億9000万米ドルで、ウォール街の76億8000万米ドルという予想をわずかに上回った。(2021/12/24)

最大50%ポイント還元の「DMMブックススーパーセール 2021-22 冬」開始 初回購入限定70%オフクーポンと併用も可能
70%オフクーポン売上ランキングも発表。(2021/12/23)

電話番号だけで企業が報酬を即日払える「Kyash法人送金サービス」スタート
Kyashが、法人からフリーランスなどに報酬や売上金の支払いができる「Kyash法人送金サービス」の提供を始めた。Kyashアプリを通じて電話番号を共有するだけで即日送金できる。(2021/12/23)

在宅エクササイズ需要拡大に適応
ナイキやアディダスも超えた あのスポーツ系通販がコロナ禍で急成長した理由
2020年、英国でスポーツおよびアウトドア用品のオンライン売上高でトップとなった小売業者はArgosだったことが、ある調査で明らかになった。大手の競合を抑えて同社がトップに立った理由とは。(2021/12/22)

ウマ娘、年間売り上げ1000億円に 2021年に世界で最も売れたモバイルゲームは?
アプリ調査会社の米SensorTowerが、2021年に年間売り上げ10億ドルを超えたモバイルゲームの世界ランキングを発表した。Cygamesの「ウマ娘 プリティーダービー」はランク外になったものの、約9億6500万ドル(約1096億円)を記録していることが分かった。(2021/12/21)

TikTokで話題のレシピを再現して配達する「TikTok Kitchen」、米国で開始
TikTokは2022年、プラットフォームでバイラルになったレシピをデリバリーする「TikTok Kitchen」を米国で開始する。ゴーストキッチンのVDCとの提携で実現。売り上げの一部はクリエイターに還元する。(2021/12/20)

スマートフォン市場の“怪”【前編】
「iPhone」は売れたのにスマホ市場が縮小した理由
Appleによると、「iPhone」の売り上げは大きく伸びている。だが世界のスマートフォン市場は出荷が落ち込み、活気を失っている。その背景とは。(2021/12/20)

週末に「へえ」な話:
CDが苦戦しているのに、なぜ曲を取り込む「ラクレコ」は売れているのか
CD市場が苦戦している。売り上げが減少しているわけだが、CDをスマホに取り込むアイテムが登場し、人気を集めている。商品名は「ラクレコ」(バッファロー)。なぜ売れているのか調べたところ、3つの要因があって……。(2021/12/18)

ファミマ新「ファミマル」好調 150%の伸び
 ファミリーマート(東京都港区)は12月15日、新プライベートブランド「ファミマル」商品の、11月売り上げが軒並み順調であることを発表した。特に「じゅわっと肉汁!!!鉄板焼ハンバーグ」は、リニューアル前の商品と比較し、約150%の伸び率を記録した。(2021/12/15)

ヤマハ発動機の展望【前編】:
海外売上比率9割の衝撃 ヤマハ発動機・日高祥博社長が2年連続「DX銘柄」に押し上げた軌跡を追う
2輪、電動アシスト自転車、マリンといった事業まで幅広い分野を手掛けるヤマハ発動機。海外売上比率は約9割(89.6%)に上っており、まさに日本を代表するグローバルカンパニーだ。社内改革を進める日高祥博社長に今後の展望を聞いた。(2021/12/15)

Omdia:
堅調なメモリ需要を受け、世界半導体売上高が増加
2021年第3四半期(7〜9月期)の世界半導体売上高は、メモリの売上高が前四半期比13.8%増と堅調だったことに支えられて、1500億米ドルを上回った。前四半期(2021年第2四半期)から7.6%の増加となった。(2021/12/13)

ダイオーズ社長 大久保真一さん(80) 環境衛生サービス、2桁成長を持続
飲料サービスの既存顧客からの売り上げが減った一方、環境衛生サービスは、コロナ禍前と比べて売り上げや顧客件数ともに成長を続けている。(2021/12/10)

福田昭のストレージ通信(207):
キオクシアの四半期業績、売上高が過去最高を記録
今回は、キオクシアの2021会計年度第2四半期(2021年7月〜9月期)の業績を紹介する。(2021/12/10)

車載ソフトウェア:
ステランティスとフォックスコンが半導体を共同開発、グループ需要の8割をカバー
ステランティスは2021年12月7日、コネクテッドカーに関するソフトウェア戦略を発表した。コネクテッドカー関連で、2030年までに年間200億ユーロの売り上げ拡大を目指す。(2021/12/8)

Retail Dive:
Amazonマーケットプレイスは中小の“味方”か? 「180万人の雇用」宣伝が議論呼ぶ
オンラインショッピング市場が急拡大する中、Amazonが「マーケットプレイスの売り上げ拡大で社外に180万人の雇用を生んだ」とする発表が議論を呼んでいる。あまりに巨大な市場を築き上げた一方で、同社にはコンプライアンス違反の疑いもかかっているためだ。(2021/12/8)

映画配給会社の売上ランキング 3位「ウォルト・ディズニー・ジャパン」、2位「東宝」、1位は?
QuickWorkが、映画配給会社売上ランキングを発表した。1位は「KADOKAWA」(2099億円)、2位は「東宝」(1919億円)、3位は「ウォルト・ディズニー・ジャパン」(1054億円)だった。(2021/12/6)

映画製作会社売上ランキング 3位「東北新社」、2位「東映」、1位は?
日本国内の企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWork(東京都渋谷区)は、映画製作会社売上ランキングを発表した。1位は「東宝」(1919億円)、2位は「東映」(1076億円)、3位は「東北新社」(528億円)だった。(2021/12/6)

2021年10月に上場:
GFが「初」の決算発表、売上高は前年比56%増
GlobalFoundriesは、初めて開催した決算報告で、2021年第3四半期(7〜9月期)の売上高が前四半期比5%増、前年同期比56%増の17億米ドルに達したことを発表した。(2021/12/6)

工場ニュース:
中国の工作機械生産能力を月産300台体制へ増強、旺盛な需要に対応
スター精密は、工作機械事業の中国製造子会社、斯大精密の工場拡張と生産設備の増設を実施する。生産能力を月産300台体制へ増強し、工作機械の旺盛な受注に対応することで、中国市場でのさらなる売上拡大を図る。(2021/12/2)

ジャニーズ海賊版DVDを販売した女性が書類送検 1本300円で計1700万円売り上げ
「ジャニーズ WEST」のコンサートDVDを無断で複製し、Twitterで販売していた福岡県の女性を、鹿児島県警が著作権違反の疑いで鹿児島地方検察庁に書類送検した。(2021/12/1)

IC Insightsが売上高成長率予測を発表:
2021年に最も売上高成長を果たす半導体メーカーはAMDか
IC Insightsは2021年11月、半導体メーカー売上高上位25社の2021年売上高成長率予測を発表した。それによると、2021年に最も2020年比で売上高を伸ばす半導体メーカーは、AMDだという。(2021/12/1)

部品の供給難の中:
Appleの2021年Q3売上高が過去最高に
Appleの2021年第3四半期(7〜9月期)における売上高が、過去最高を記録した。半導体供給不足が続く中、スマートフォン出荷台数が全体的に減少しているにもかかわらずだ。(2021/11/30)

ヤマダの新業態「LABI ライフセレクト 茅ケ崎」オープン 家電と家具の“相乗効果”で売上高2兆円に再挑戦
ヤマダホールディングスは11月26日、都市型の新業態店「LABI LIFE SELECT(ライフセレクト) 茅ケ崎」の営業を開始した。(2021/11/30)

ブックライブ、「2021年 年間売り上げランキング」を発表 『呪術廻戦』を抑えた1位は?
総合電子書籍ストア「ブックライブ」を運営するBookLive(東京都港区)は、売り上げを基準にした「2021年 年間ランキング」を発表した。『呪術廻戦』を抑えた1位の作品は? そのほか、少年マンガランキングや少女マンガランキングなども発表。(2021/11/27)

2000億円規模の設備投資を「2〜3年」継続へ:
売上高3兆円目標に半導体関連で積極投資も、京セラ
京セラは2021年11月25日、オンラインで事業戦略説明会を実施し、連結売上高3兆円、税引き前利益率20%とする新たな事業目標を発表した。時期は明確にしていないが、同社社長の谷本秀夫氏は、従来目標の売上高2兆円が今後2年程度で達成する見込みとしたうえで、「3兆円達成は、そこからさらに5年後くらいだろう」と説明した。また、同社は半導体関連で今後2〜3年間は、年間2000億円規模の投資を継続する方針も明かした。(2021/11/26)

製造マネジメントニュース:
京セラの新たな事業目標は売上高3兆円、アメーバ経営にDX取り込み総合力発揮へ
京セラが今後の持続的な成長に向けた事業戦略について説明。2021年度の連結業績は、売上高が過去最高となる1兆7500億円を達成し、経営指標とする税引前利益率も10%以上に向上する見通し。「成長に向けた新たな取り組みを進めることで、新たな目標として売上高3兆円を目指す」(同社 社長の谷本秀夫氏)という。(2021/11/26)

メニューを拡大する「2つ」の理由とは?:
ローソン、冷凍食品のメニューを拡大 ラーメンなど12品目追加で、売り上げ5倍を目指す
ローソンは、新たに12品目の冷凍食品を11月30日から順次、発売すると発表した。コロナ禍で需要が増大した冷凍食品を強化していく。売り上げ目標については、2025までに20年比5倍とした。どのような商品を新しく発売するのかというと……(2021/11/25)

骨伝導イヤフォン、売上がコロナ前の約25倍に テレワーク需要で急伸 専門店の販売ランキングで
骨伝導イヤフォンの売上が2020年比で約2.5倍、19年比では約25倍に増えた──イヤフォン専門店「e☆イヤホン」を運営するタイムマシーンは11月25日、2021年の売上ランキングの中で明らかにした。(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。