ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

「アインシュタイン」河井、グッズの売り上げを日本児童養護施設財団へ全額寄付 自身はプレハブで暮らした過去
2019年11月に寄付することを伝えていました。(2020/1/26)

エコカー技術:
ジェイテクトのリチウムイオンキャパシタ、4年で黒字化、年産100万セル目指す
ジェイテクトは、2024年度までに高耐熱リチウムイオンキャパシタ事業を黒字化させ、年間売上高25億円に成長させる。同製品は2019年に生産を開始した新規事業だ。既存のキャパシタと比べた動作温度範囲の広さや耐久性の高さ、リチウムイオン電池にはない急速充放電の特性を生かし、車載用などで採用拡大を見込む。(2020/1/24)

次世代のスマートビルサービス:
「目指すはアジア・中東でのシェア確立。カギは新IoTダッシュボード」、日立ビルシステムの事業展望を聞く
日立ビルシステムは、事業の柱であるビルシステム事業で、日立のIoTプラットフォーム「Lumada(ルマーダ)」をコアに据えた新規サービスの開発に力を入れている。これまで売り上げの大半を占めていたエレベーター(EV)やエスカレーター(ES)の製造販売と保守点検だけにとどまらず、ビル設備の領域でも事業を拡大させ、昇降機とビルサービスの両輪でグローバル市場でのシェア獲得をうかがう。(2020/1/24)

製造ITニュース:
テレワーク技術を工場ネットワークに転用、ITとOTをセキュアに融合する新技術
e-Janネットワークスは、工場に安全なネットワーク環境を提供する工場ネットワークアクセスサービス「NinjaConnect ISM」を2020年2月3日に発売すると発表した。2022年度までに600工場への導入を図り、年間3億円の売上高を目指すとしている。(2020/1/23)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
受注額77億円、大和川線トンネルにパナ環境エンジニアリングが導入した最新機器
パナソニック環境エンジニアリングのトンネル換気事業は2018年に創設から50周年を迎えた。現在、ジェットファンの納入実績は累計2000台で、電気集じん機の国内シェアは60%となっており、いずれも国内1位だという。同社ではトンネル換気事業の売り上げを2025年度に2018年度と比較して1.6倍を超える50億円以上を目指している。この目標への弾みとして2019年12月26日に、トンネル換気事業で最大規模の受注を請けた工事の説明会を開き、同社の有する最新のトンネルシステムをPRした。(2020/1/23)

VRニュース:
国内のxR、360度動画市場の将来展望を発表
矢野経済研究所が、国内のxR、360度動画市場の将来展望について発表した。2019年の同市場規模を事業者売上高ベースで3951億円と見込んでおり、2025年には1兆1952億円になると予測している。(2020/1/23)

東芝子会社で複数年にわたる架空取引 19年度上半期に約200億円を過大計上 総額は調査中
東芝ITサービスで実在すると確認できない取引が複数年にわたって行われていたことが判明。2019年度第2四半期累計期間(19年4〜9月)に売上高として約200億円が過大計上された見込み。事実関係や、複数の会計年度にわたる売上高・損益への影響は調査中。(2020/1/20)

今日のリサーチ:
参加したくなるTwitterキャンペーンの条件――コムニコ調べ
売り上げ増やブランド好意度向上に有効なTwitterキャンペーンとはどのようなものでしょうか。実際に行われたキャンペーンの参加者に聞きました。(2020/1/20)

全体では前年比11%減に:
2019年の半導体売上高ランキング、Intelが首位奪還
Gartnerは2020年1月14日(米国時間)、2019年の世界半導体売上高が、2018年から11.9ポイント下がって4183億米ドルになったと発表した。ベンダー別の売上高では、Intelが2016年以来3年ぶりに首位を奪還した。(2020/1/20)

「Paidy」を悪用した詐欺、フリマアプリで二重請求 被害者には「全社を挙げて対応」
後払い決済サービス「Paidy」を悪用した詐欺が発生。フリマアプリを使い、売り上げを搾取していたという。Paidyでは、被害拡大を防ぐために、悪用の懸念が高い取引をいったん制限するか停止する。(2020/1/14)

マネーフォワードがSaaSビジネスのKPIを開示 19年11月決算
SaaSビジネスでは、顧客ごとに業績を分析するユニットエコノミスクを利用する。いったんユーザーを獲得すれば継続的に売り上げが生まれるSaaSモデルの特性から、企業全体の売り上げやコストというよりも、顧客あたりの、獲得費用、売上高(ARPA)、解約率(チャーンレート)によって事業を評価する仕組みだ。(2020/1/14)

ファミマが“レンチンおでん”を本格導入 売り上げ減を承知で販売方法を見直した理由とは?
ファミリーマートが店頭でのおでんの販売方法を見直し、新たにレンジで温めるおでんを導入する。その理由は?(2020/1/14)

人工知能ニュース:
国内のAI市場、2023年度に640億円規模へ
アイ・ティ・アールは、国内のAI市場調査レポート「ITR Market View:AI市場2019」を発表した。2018年度のAI主要6市場の売上金額は199億5000万円で、前年度と比べて53.5%増加した。2023年度には640億円に達すると予測している。(2020/1/14)

手数料ゼロ化を準備中 楽天証券の楠社長
「米国では株の手数料はゼロになってしまった。この大きな流れは止められない。我々も準備をしている。売上全体の4分の1が手数料だが、これをいきなりゼロにすると赤字になってしまう。代替策を考えながら準備していく」(2020/1/11)

瓶・缶・業務用で伸長:
大ヒット「こだわり酒場のレモンサワー」に9%の新商品 高アルコール投入、売り上げ5割増を目指す
サントリースピリッツは、2019年に発売したヒット商品「こだわり酒場のレモンサワー」にアルコール度数9%の新商品を投入する。レモンサワー市場の拡大を追い風に、主に30〜60代男性に需要がある高アルコールのラインアップを拡充する。(2020/1/9)

Apple、App Storeの元旦売上高で新記録
2019年にはさまざまなサービスを投入したApple。そのサービスについてまとめた発表を行った。(2020/1/9)

単なる「パクり」ではない:
いきなり!ステーキ大量閉店の裏で着々と牙を研ぐ「やっぱりステーキ」の不気味な存在
いきなり!ステーキが急ブレーキしている。出店計画を見直すとともに、44店舗の閉店を決定。売り上げも大きく落ち込んでいる。その裏で注目を集めているのが「やっぱりステーキ」という店だ。名前こそ似ているが、単なる「パクり」で片付けるのは早計か?(2019/12/27)

Advantechがイベントを開催:
IoTエコシステムのさらなる拡大へ、売上高20億ドル目指す
Advantechは2019年12月12〜14日に台湾の本社で、組み込みIoT(モノのインターネット)をテーマに事業戦略や製品を紹介するイベント「2020 Advantech Embedded-IoT World Partner Conference」を開催。CEOのKC Liu氏は、Advantechが力を入れるIoT向けソフトウェアプラットフォーム「WISE-PaaS」の成長戦略などを説明した。(2019/12/26)

働き方改革を阻む「抵抗」「不安」「失敗」との戦い方:
残業時間は半減、社員一人当たりの売上は15%増――「働きがい重視の改革」が結果につながる理由
地方都市こそ、働き方改革を進めなければならない――。静岡にUターンし、起業した社長がこう話す理由とは。(2019/12/26)

「紙巻派」には厳しい結果に?:
20年4月以降の「原則禁煙」で飲食店の売り上げは上がるのか、下がるのか データから読み解く
2020年4月に施行される改正健康増進法。多くの飲食店は「原則禁煙」となり、紙巻たばこを喫煙しながら飲食できる店舗は激減しそうだ。原則禁煙は店舗の売り上げにどう左右するのか、PMJが発表したデータから読み解く。(2019/12/25)

3年間で売上高100億円目標:
TED、巨大AIチップのCerebrasと代理店契約締結
東京エレクトロン デバイス(以下、TED)は2019年12月19日、Cerebras Systems(セレブラスシステムズ/以下、Cerebras)と販売代理店契約を締結し、Cerebrasの超高速ディープラーニングシステムの受注を開始したと発表した。TEDでは今後3年間で、同システムの販売を中心にAI(人工知能)/ディープラーニング関連事業で売上高100億円程度を見込む。(2019/12/24)

V字回復の裏側:
P&Gの現役社員が語る、ブランドの危機を救った「消費者がボス」の戦略
P&Gが持つ数々のブランドの中でも有名な「パンパース」「パンテーン」。だが実は両ブランドは近年売り上げが低迷していた。見事V字回復を果たした立役者である2人が、どのようなステップを踏んだのかを明かした。(2019/12/23)

「このままでは……」沖縄パルコの売り上げ厳しく、原因は?
6月に開業した「サンエー浦添西海岸パルコシティ」の集客が伸び悩み、テナントが苦戦している。原因は……。(2019/12/20)

AI市場、主要6分野の中で最も成長したのは? ITRが今後の予測とともに発表
ITRは、AI市場について市場規模の推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は対前年度比53.5%増の199億5000万円。用途の多様化などによって今後も継続的な伸びが見込まれ、2023年度の売上金額は640億円に達すると予測する。(2019/12/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ビーフン」に成長の余地があるのか 最大手「ケンミン食品」が狙う空白市場
ビーフン最大手のケンミン食品。2016年には年間約1000万食だった売り上げは、17年以降は約1500万食へと1.5倍に増えた。どのような成長戦略を描いているのか。(2019/12/17)

リンガーハット、AIで売上予測 “店長の勘”頼りだった仕入れ、精度向上へ
リンガーハットが、AI技術を活用し、日別・店舗別の売上を予測するシステムの導入を進めている。(2019/12/16)

ユーザーの興味と関心を知る:
東大がSNSを使った顧客分析の新手法を発表 あるブランドを好む人は他にどんなブランドを好むか?
東大がSNSを使った顧客分析の新手法を発表。クレジットカードやポイントカードの売り上げを分析するより高い精度があるという。どのような概要なのか。(2019/12/16)

滋賀県の特産品ECサイト、年間売り上げが40万円で目標の1%未満に 苦戦の理由は
滋賀県が県内の特産品を販売するECサイト「ここ滋賀ショッピングサイト」の売り上げ実績が目標の1%未満だったことが分かった。県は苦戦の理由として認知度不足や商品の不足などを上げている。(2019/12/16)

物流のスマート化:
トラック、倉庫、1次産業で冷やす技術の需要拡大、パナソニックは中国で売上3倍に
パナソニックは2025年に向けて、冷蔵ショーケースや冷凍システムを扱うコールドチェーン(低温流通)事業の売上高を中国で倍増させる。これまでは店舗向けの冷蔵ショーケースが事業の主体だったが、産地での収穫直後の冷蔵保管、低温物流、冷蔵ロッカーで中国の事業規模を拡大する。(2019/12/16)

立役者は元プロ格闘技選手:
1杯750円の“レトロ喫茶” 但馬屋珈琲店が売り上げV字回復できたわけ
過去最多ペースで倒産が続く喫茶店。2019年1〜8月の期間で倒産した件数は42件にのぼる。そんな中、売り上げがV字回復したレトロ喫茶がある。新宿を拠点に構える但馬屋珈琲店だ。1杯750円と決して安くない価格をそろえる喫茶店は、どのように売り上げ回復を成し遂げたのか。戦略担当者である元プロ格闘技選手の倉田光敏氏に聞いた。(2019/12/12)

CMOSイメージセンサーで浮上:
2019年Q3の半導体売上高ランキング、ソニーが9位に
2019年第3四半期の世界半導体売上高は、メモリ市場は成長の兆しを見せているが、引き続き下落傾向にある。今回の売上高ランキングでは、Intelが引き続き第1を維持した他、ソニーセミコンダクタソリューションズが、今回初めてトップ10入りを果たすという偉業を成し遂げた。(2019/12/11)

産業用画像技術:
分解能1nmで膜厚を測定できる、キヤノンITSがハイパースペクトル画像事業に注力
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを手掛けるドイツのLuxFluxと販売代理店契約を締結したと発表した。2019年12月上旬から同社製品の国内販売を始める。販売開始から3年後となる2022年の売上高目標は1億円。(2019/12/9)

SlackのDAUが1200万人以上に 売上高は60%増の1億8610万ドル
Slackの8〜10月期決算は、売上高は60%増の1億8610万ドル、純損失は8777万ドルだった。DAUは1200万人以上になったが、競合するMicrosoft TeamsのDAUは11月時点で2000万人だ。(2019/12/5)

売上高1兆円企業の社長、報酬はいくら?
売上高1兆円企業の社長は、どのくらいの報酬を手にしているのだろうか。デロイトトーマツグループが行った調査によると……。(2019/12/3)

2020年に100周年を迎える企業は1458社、売上上位は?
2020年に、創業100周年を迎える企業は何社あるのだろうか。東京商工リサーチが調べたところ……。(2019/12/2)

売り上げは9年でおよそ100倍:
人生100年時代の到来 「30年ぶり現場復帰」の美容師が活躍する急成長美容院
美容院業界の課題「休眠美容師」。うまく活用して売り上げを伸ばし続けている美容院がある。研修制度や現場の効率化を果たし、働いている美容師の半数以上が休眠美容師だ。中には30年ぶりに現場復帰した美容師もいる。(2019/11/29)

最も多かった施策は?:
消費増税を前にスーパーはどう戦ったのか 「チラシ」から振り返る
消費増税のスーパーへの影響はやはり大きかった。スーパー関連団体の調査によると、10月の総売上高は8900億6218万円。既存店の前年同月比で1.7%減となった。一方、各社は9月から駆け込み需要を狙った各施策を展開していた。どんな施策があったのか、チラシから振り返る。(2019/11/28)

キーワードは「メンテナンス」:
口コミ・チラシで集客する「おしゃれ過ぎない」美容院 驚きの立地戦略で売り上げ爆増中
白髪染めなどをメインに手掛けて急成長を遂げているチョキペタ。2011年に営業を開始し、9年間で売り上げはおよそ100倍。カラーリングやシンプルなカットなど、主に40代以上以上の女性を中心に支持を広げている。売り上げ爆増の背景にある驚きの立地戦略とは?(2019/11/28)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(12):
低迷続くアパレル業界で急成長 売上高の拡大にこだわり「粉飾決算」に手を染めたレディースニット卸に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/11/23)

首里城近くの飲食・土産店も大ダメージ 売り上げは
首里城火災から21日で、3週間が経過した。わずかながら観光客も戻りつつあるが、火災前と比べ、首里城への滞在時間は大幅に短くなった。周辺の土産品店や飲食店などへの客足も遠のき、売り上げが9割近く激減した店舗も。(2019/11/22)

中国マーケティング最前線:
1日で売り上げ6兆円突破 中国の「ダブルイレブン」はなぜケタ外れなのか
今年も中国の「ダブルイレブン」商戦が沸騰。アリババのT-Mallだけで売り上げは4兆円を超えた。背景には中国市場の独自性や「ライブコマース」の盛り上がりがある。(2019/11/21)

e☆イヤホンの2019年売上ランキング、完全ワイヤレスが席巻 売上トップはソニー「WH-1000XM3」、販売数トップはTaoTronics「TT-BH026」
e☆イヤホンの2019年売上げランキングでは、上位の半数以上を完全ワイヤレスイヤフォンが占める結果となった。同社は「スマートフォンのイヤフォンジャックがなくなってきたことと、バッテリー駆動時間が伸びてきたことなどが要因に挙げられる」と分析している。(2019/11/20)

「バリバリマシンLegend」や競馬、スポーツ関連出版の「東邦出版」が民事再生申し立てへ
出版不況で売り上げが落ち込んでいたとのこと。(2019/11/20)

14社が減収、増収増益は4社のみ:
2020年3月期上期 国内半導体商社 業績まとめ
半導体や電子部品、電子機器などを扱う主要な国内半導体/エレクトロニクス商社(集計対象:22社)の2020年3月期上期業績は、長引く米中貿易摩擦や中国経済の減速などの影響で、14社が前年同期の売上高を下回る減収になった。【訂正あり】(2019/11/20)

名古屋めしビジネス「勝ち」の理由:
人気なのに「地元から出ない」名古屋めしの名店 共通点は“売り上げ構造”
名古屋圏以外に出店しない、地元密着を貫く名古屋めし企業の共通点とは何か。新しいものを取り入れながらも、「地に足を着けた経営」を続けている。「ここでしか食べられない」という価値だけでなく、まずは地元の人に愛されることが基本のようだ。(2019/11/18)

「いきなり!ステーキ」不振、営業赤字に転落 ペッパーフードサービスが下方修正
既存店売上高が大幅減。(2019/11/14)

Yahoo! JAPANのZホールディングスとLINEの経営統合 「協議を行っていることは事実」
実現すれば売上高首位となる巨大プラットフォーマーが誕生する。(2019/11/14)

今日のリサーチ:
急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。(2019/11/13)

首里城火災で「寄付したい」 沖縄のアンテナショップ、町田店の売り上げは約2倍に
火災により焼失した首里城の早期再建を支援しようと、さまざまな動きがある。沖縄県産品を販売しているアンテナ店の県外店舗には来店客が相次いでいて、売り上げが伸びているという。(2019/11/13)

店頭価格を外貨で表示 NTTコム新サービスで 
 NTTコミュニケーションズは12日、シンガポールのフィンテック関連企業と協業し、常に変動する外国為替レートを1日間固定して提供する日本初のサービスを11月下旬から始めると発表した。飲食店や小売店などが導入すれば、訪日外国人観光客の支払いの際に外貨での価格表示が可能になる。為替レートを気にせず、安心して買い物や飲食ができるようにして、店舗での売り上げ拡大につなげたい考えだ。(2019/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。