ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データセンター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

NVIDIA Graceとは ArmベースAI専用CPUの実力
NVIDIAは、Armのサーバ向けコア「Neoverse」を採用したデータセンター向けプロセッサ「Grace」を発表した。GraceはAI処理やHPCに向けて、GPUとDPUを組み合わせた。(2021/4/14)

NVIDIAがデータセンター向けCPU「Grace」を開発 Armアーキテクチャを採用して2023年初頭に発売へ
NVIDIAが、データセンター向けGPUに加えて“CPU”の開発を表明した。現在買収手続きを進めているArmのアーキテクチャを使って設計することで、省電力性と高速演算を両立したことが特徴だ。(2021/4/13)

データセンター向け:
NVIDIA、ArmベースのCPU「Grace」を発表
NVIDIAは2021年4月12日(米国時間)、データセンター向けCPU「Grace」を発表し、CPU市場に正式に参入した。同CPUは、大規模なAI(人工知能)やHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)市場向けに、GPUと組み合わせる設計となっている。(2021/4/13)

NVIDIAがプロ向けGPU「RTX A4000」「RTX A5000」を発表 モバイル向け製品も用意
NVIDIAが、プロフェッショナル向けGPUの新製品を発表した。デスクトップワークステーション/データセンター向け製品には下位製品が追加される一方、モバイルワークステーション向けは上位製品のアーキテクチャをAmpereに移行する。(2021/4/13)

NVIDIA、Armベースのデータセンター向けCPU「Grace」発表
NVIDIAが同社としては初となるCPUを発表した。Armベースのデータセンター向けでコードネームは「Grace」。AIのトレーニングで現在最速とされるサーバの10倍の性能を提供するとしている。(2021/4/13)

GTC 2021 基調講演:
“GPUのNVIDIA”がCPU製品「Grace」を投入、スパコンのAI性能が10倍に
NVIDIAは、オンラインで開催中のユーザーイベント「GTC 2021」の基調講演において、巨大AIモデルやHPCのワークロードを処理するデータセンター向けのCPU「Grace」を発表した。Armの次世代サーバ向けプロセッサコアを搭載するGraceなどを用いたAIシステムは、x86ベースのCPUを用いる既存のAIシステムと比べて大幅な性能向上を実現するという。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
アプリ性能を約6割改善、IDCの調査で見えたHCIの具体的なベネフィットとは?
ITトランスフォーメーションのボトルネックとなっている、サイロ化したデータセンターインフラ。その構造的問題を解決するとして注目されているのが、CI/HCIだ。調査結果を基に、性能改善やコスト削減といった効果の実態を解説する。(2021/4/13)

組み込み開発ニュース:
10nm採用の第3世代「Xeon SP」はエッジでも展開、AI性能はNVIDIA「A100」の1.3倍
インテル日本法人がデータセンター向けの「Xeonスケーラブル・プロセッサー(以下、Xeon SP)」の第3世代品を発表。10nmプロセスを採用することで、14nmプロセスの第2世代Xeon SPと比べて平均46%の性能向上を果たした。主な用途は、クラウド、エンタープライズ、HPC、5Gの他、IoTなどエッジでの利用も可能としている。(2021/4/8)

石川温のスマホ業界新聞:
LINEが個人情報データの国内化を発表――出沢社長「おかしい、気持ち悪いへの配慮に欠けてきた」
LINEアプリに関するサーバに保存された情報が中国から確認できるようになっていたり、情報の一部が韓国のデータセンターに保存されていたりした問題に関して、LINEが日本のユーザーのデータを順次国内に移管する意向を表明した。「データが国内にあること」は、ユーザー目線では重要なのだろうか。(2021/4/2)

なぜ両方必要? EDRとNDR
ゼロトラストセキュリティに向けた、エンドポイントとネットワークのアプローチ
IT環境の変化やデジタル化に伴い、既存のデータセンター境界線型の対策から脱却し、ゼロトラストセキュリティを検討する動きが続いている。重要なポイントは、エンドポイントの健全性とネットワークの視点も加えた多面的な現状把握だ。(2021/4/13)

キーサイト AresONE-S 400GE:
400GE対応のネットワーク検証システム
キーサイト・テクノロジーは、ネットワーク機器やデータセンター環境検証用のテストシステム「AresONE-S 400GE」を発表した。400GEと低速のネットワークおよびデバイスを組み合わせた環境の検証が可能になる。(2021/3/30)

LINEのデータ保管、なぜ海外に? LINE幹部が会見で説明
LINEがユーザー情報の管理を巡る問題について開いた記者会見で、LINE社の舛田淳取締役は、ユーザー情報を海外のデータセンターに保管していた理由を説明した。(2021/3/24)

ITインフラ投資を阻害する最大の要因とは? IDCが調査結果を発表
IDCは「2021年 国内企業のエンタープライズインフラのシステムタイプ別トレンド分析」を発表した。現在重点的に投資しているITインフラについては、約4割が「クラウド、ネットワーク、データセンターを対象とした統合管理システムの構築」を挙げた。(2021/3/24)

LINE、中国での開発を終了 保管データは日本へ完全移行
LINEが、コミュニケーション関連機能の開発や保守、運用について中国での業務を終了すると発表。これまで韓国のデータセンターに保存していた画像や動画などのデータを、日本に移転することも明かした。(2021/3/23)

「HDD」の需要と技術進化【中編】
クラウドベンダーは「SMR」HDDを積極採用か オンプレミスのHDD導入傾向は?
クラウドベンダーは、今後も大量のHDDをデータセンターに導入する見込みだ。一方、ユーザー企業の間ではオンプレミスのインフラをサービスとして利用する動きが広がり、これがHDDの需要を押し上げる可能性がある。(2021/3/18)

新設の専用データセンターも「ほぼ満床」:
国内パブリッククラウド市場“急成長”は本当か? AWSやAzureも利用のデータセンター、日本に巨額投資の背景は
日本のパブリッククラウド市場が急成長の局面を迎えている。データセンターを手掛けるエクイニクスは新たに大規模ベンダー向けの拠点を新設したが、現時点で既にスペースは満床だという。その背景に何があるのか。国内におけるニーズの変化や各ベンダーの動きから読み解く。(2021/3/18)

総勢19モデル:
AMDがサーバ向けCPU「EPYC 7003シリーズ」を発表 Zen 3アーキテクチャでクロック当たりの性能を向上
AMDがZen 3アーキテクチャを採用したサーバ/データセンター向けCPUを発売する。クロック当たりの性能が向上したことで、実用パフォーマンスもより向上しているという。(2021/3/16)

仏OVHcloudのデータセンターで火災 4棟中1棟が全焼
フランスでクラウドサービスを提供しているOVHcloudは、仏ストラスブールにあるデータセンターで火災が発生し、4棟中1棟が全焼、1棟が一部被害を受けたと発表した。従業員は全員無事。ユーザー企業などへの影響は調査中。(2021/3/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
SDDCアプローチに最適化、ハイブリッドクラウド移行を容易にする次世代HCIとは
DXの推進によりハイブリッドクラウドへの移行を進める企業が増える一方、運用の不透明さや複雑化が課題となるケースは少なくない。そこで注目されるのが、SDDCアプローチに最適化されたHCIだ。データセンターをモダン化するその実力とは?(2021/3/8)

NVIDIA、ゲームとデータセンター好調で大幅な増収増益
NVIDIAの2020年11月〜2021年1月期の決算は、売上高は過去再婚の50億300万ドル、純利益は53%増の14億5700万ドルだった。ゲームPC向けGPUやデータセンター部門が好調だった。(2021/2/25)

「高速化」と「効率化」を実現:
Xilinx、データセンター向け新製品などを発表
Xilinxは2021年2月23日(米国時間)、データセンターにおける「高速化」と「効率化」を実現するための新たな製品とソリューションを発表した。(2021/2/24)

サーバ選びの“勘所”はここだ!:
PR:小さい、静か、遠隔操作可能――テレワーク時代のタワー型サーバ「PowerEdge T140」がお勧めの理由
サーバと聞くと、データセンターなどのラックマウントやブレードタイプを思い浮かべるかもしれないが、実は一般的な企業で数多く使われているのがタワー型サーバだ。ここでは、タワー型サーバ選びのポイントと、それらを網羅したデル・テクノロジーズの「PowerEdge T140」のお勧めポイントをまとめた。(2021/2/12)

光伝送技術を知る(15) 光トランシーバー徹底解説(9):
光トランシーバーForm Factorの新動向(5) 〜ハイパースケールデータセンターの光インタフェース
今回は、光インタフェースについて、ビット速度や多重波長数、光伝送路数といった観点で解説する。(2021/2/9)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:コンポーザブルインフラがデータセンターを変える
特集はCPUやメモリも構成可能な要素にして柔軟なコンピューティングを実現するコンポーザブルインフラ解説、自治体のAI&RPA事例、コンテナストレージ技術の本命「Rook」。他に5Gの健康問題、脆弱性が多い言語などの記事をお届けする。(2021/2/4)

仮想化時代の一押し技術【後編】
運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術
オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。(2021/1/29)

NTT西日本「地域創生クラウド」に向けてオラクルの実行プラットフォームを採用
NTT西日本は「地域創生クラウド」に「Oracle Exadata Cloud@Customer」を採用した。顧客の機密データをプライベートかつローカルなデータセンターで保管できるクラウドサービスの提供を目指す。(2021/1/26)

頭脳放談:
第248回 AMDのデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」は「お、ねだん以上」?
AMDからデータセンター向けプロセッサ「AMD EPYC」の第2世代が発表された。1つのパッケージに64個のx86コアが含まれているという。Intelのデュアルプロセッサ構成のサーバよりも、1プロセッサで高い性能を発揮するという。巨大なデータセンター市場における戦国時代の幕開けか?(2021/1/22)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
二層構造のIT環境から脱却するために、データセンター変革をどう進めるか
IT部門には、新たなテクノロジーをサポートするための柔軟なインフラ構築が求められる。パブリッククラウドこそ環境整備が進むものの、オンプレミス環境の多くは変革から取り残されている。この二層構造を脱却する方法はあるのだろうか。(2021/1/22)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
実店舗とオンラインをシームレスに連携、IoT活用に最適なエッジ向けサーバとは
IoTとデータセンターの間の遅延や帯域幅のコストを最小化するため、基盤となるサーバを店舗に移行する動きが、流通業者の間で加速している。店舗のスペースや運用リソースに限りがある中、サーバには今どんな機能が求められるのか。(2021/1/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ビッグデータ時代にエッジ環境はどう変わるべき? サーバ選定の最新要件とは
データ活用の中心がデータセンターやクラウドといった特定の場所ではなくなった今、エッジコンピューティングが改めて注目されている。その核となるサーバに、いま求められる要件とは何か。IT部門やユーザーのニーズを踏まえて解説する。(2021/1/19)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
2025年までにデータ量が90ゼタバイトへ、IoT時代のエッジ環境はどうあるべき?
データセンターやクラウド以外のいわゆる“エッジ”で生成されるデータが急増するのに伴い、そこからのインサイト獲得が困難になりつつある。立地や動作環境、空間など多くの制約がある中、最適なエッジ環境を構築するにはどうすべきか。(2021/1/19)

全てのサーバを1つのコンソールで:
PR:「データセンター規模のサーバ群」も直感的に管理 これからのITインフラ管理術
社会情勢の変化で「ニューノーマル」な働き方が求められているが、それはITインフラの運用管理も同様だ。とはいえ、データセンターなどで大量のサーバを管理している運用担当者にしてみれば「そんなことより目の前の作業」だ。運用の自動化を進め、複雑化するシステムの管理にかかる手間を減らし、運用担当者の新しい働き方を実現するためにはどういった方法があるのか。(2021/1/19)

ヤフー、23年度までに電力100%再エネ化 2億kWhを転換
ヤフーは2023年度までに、データセンターなどで使用する電力を100%再生可能エネルギー化すると発表した。ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)全体でのCO2排出量は年間11.8万トン。うち95%が電力由来であり、これを削減する。(2021/1/19)

光伝送技術を知る(14) 光トランシーバー徹底解説(8):
光トランシーバーForm Factorの新動向(4) 〜ハイパースケールデータセンターとCPO実用化の行方
前回に続き、光トランシーバーをMulti-Chip Module(MCM)上に実装し、新しい光トランシーバーの市場を開こうとしているCo-Packaged Optics(CPO)実現に向けた課題などを述べる。(2021/1/18)

情シス部門も在宅勤務、運用はどうする?:
PR:「データセンターに行けない」中で浮上する“リモート管理”の目を見張る可能性とは
ニューノーマル時代を迎え、事業部門だけでなく情報システム部門にも在宅勤務が求められている。会社のサーバ室はもちろん、データセンターにも気軽に行けない状況で、サーバやストレージといった「物理的なITインフラに関するリモート管理」が注目されている。リモートでどこまで対処できるのか、注目すべき機能とは何か。最新技術を解説する。(2021/1/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
「クラウド全面移行」をやめた大学の新型コロナ対策
竜巻対策のためにHCIを採用してデータセンターを刷新したアラバマ農工大学(AAMU)。その決断は新型コロナウイルス感染症対策としても役立つことになった。同校の取り組みを追った。(2021/1/14)

「ハイパーコンバージドインフラ」の未来予測【後編】
「クラウドベンダーのHCI」が注目されない理由と、HCIベンダーが目指す未来
クラウドベンダーも市場に参入するなど「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)は企業のデータセンターの今後を左右する存在になっている。HCIの重要性が今後さらに高まるのはなぜか。注目すべき動向を紹介する。(2021/1/8)

川崎重工に不正アクセス、一部情報流出の恐れ 「痕跡がなく、高度な手口によるもの」
川崎重工業が、海外経由で日本国内のデータセンターへ不正アクセスがあり、一部の情報が外部に流出した可能性があると発表した。(2020/12/28)

蓄電・発電機器:
テスラ製の蓄電池で電力コスト削減に成功、IIJが自社施設で運用実証
インターネットイニシアティブ(IIJ)が電力コストの削減を目的とした同社データセンターへの蓄電池の導入実証について、10.8%のピークカット効果を確認できたと発表。米テスラ製の産業向け蓄電システムを活用した。(2020/12/24)

製造マネジメント インタビュー:
トヨタも採用するSCMツールのキナクシス、国内2カ所にデータセンターを開設し攻勢
カナダのキナクシスが提供する、SCM/S&OP(セールス&オペレーションプランニング)ツール「RapidResponse」が、トヨタ自動車や日産自動車をはじめ国内企業への採用を広げている。2018年には国内2カ所にデータセンターを開設するなどしており、さらに事業展開を拡大していく構えだ。(2020/12/24)

製品動向:
従来比でサーバ室の面積を90%削減する液浸冷却システム、大成建設ら
大成建設らは、超高集積・高発熱サーバ向けに、空冷方式の冷却システムと比較して冷却に要するエネルギーを約90%低減し、空気の流れを考慮したラック配置が不要となり、サーバ室の面積をこれまでと比べて約90%削減する液浸冷却システム「爽空sola」を開発し、実証試験により新システムをデータセンターに適用した際の優れた性能を明らかにした。(2020/12/22)

Alkira「ネットワーククラウド」とは何か 企業のデータセンター離れは進むか
セキュアで遅延のない通信は自前で設計しなくてもas a Serviceで買える時代が来た。ネットワーククラウドを名乗るサービスが日本で本格的に展開する。(2020/12/4)

ハイパースケーラーの需要に応える「東京府中データセンター」 4000ラックを収容
ソフトバンクとIDCフロンティアは、東京都府中市に「東京府中データセンター」を新設した。ハイパースケーラーの需要に応える最大50MWの受電容量を備え、約4000のサーバラックを収容可能。キャリアフリーのネットワーク接続、データホールサービス、コロケーションサービスなどを提供する。(2020/12/2)

ソフトバンク、同社史上最大のデータセンター開設 延べ床面積約4万5000平方メートル
ソフトバンクが、同社史上最大となる延べ床面積約4万5000平方メートルのデータセンターを東京都府中市に開設した。クラウドサービス大手などに貸し出す予定。(2020/12/1)

AWSで障害、「Nature Remo」「SwitchBot」などに影響 「電気消せない」と嘆く声【追記あり】
AWSの米バージニア州北部のデータセンターで障害が発生。複数のサービスが正常に動作しない状況が続いている。日本では「Nature Remo」「SwitchBot」などのスマート家電向けデバイスで不具合が発生。「電気を消せない」などの声がTwitterに投稿されている。(2020/11/26)

NVIDIA、データセンター向け“Ampere”GPUを強化 メモリ容量倍増し高帯域に
最新の「Ampere」アーキテクチャチップを使用した改良版。(2020/11/19)

CPUはXeonからEPYCに:
NVIDIAが新型AIワークステーション「DGX Station A100」を発表 2020年末までに発売
AIデータ処理に特化したNVIDIA製のワークステーションに新モデルが登場する。CPUをIntelのXeonからAMDのEPYCに変更した他、AmpereベースのハイエンドGPU「NVIDIA A100」を4基搭載することで「データセンター並みの機械学習処理を机の下で実現」した。(2020/11/16)

光伝送技術を知る(14) 光トランシーバー徹底解説(8):
光トランシーバーのForm Factorの新動向(3) 〜FacebookやMicrosoftが主導するCPO
2000年以降データセンターを支えてきたSFP、QSFPなどのFront Panel Pluggable光トランシーバーから根本的に変革し、次世代の主流になるかもしれないCPOを解説する。(2020/11/16)

東京ドーム7個分! 巨大データセンターを千葉に建設、大和ハウスの狙い
大和ハウス工業が10月から、千葉県印西市の「千葉ニュータウン」内で巨大なデータセンターを建設中だ。総延べ床面積は約33万平方メートルで、東京ドーム約7個分に相当する。この施設を使ってどんなビジネスを始めるのか。(2020/11/13)

トップクラスのコスト効率を維持:
Micron、176層3D NANDフラッシュの出荷を開始
Micron Technologyは、世界で初めてという「176層3D NANDフラッシュメモリ」の出荷を始める。モバイル端末や車載システム、データセンター向けSSDなどの用途に提案していく。(2020/11/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。