ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リスクマネジメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リスクマネジメント」に関する情報が集まったページです。

不適切な廃棄方法は経営に関わるリスクも
サーバやストレージを安全に廃棄する9つのプロセス
ハードウェアの廃棄に当たっては、資産の把握、情報の記録、セキュリティ対策の全てに対処する必要がある。適切な廃棄の手順を紹介する。(2019/7/24)

小売・流通アナリストの視点:
勤続30年の元みずほ行員が斬る! もう一つの「年金2000万円問題」
「年金2000万円不足騒動」の発端となった金融庁の報告書で注目すべきだったこと――。実は現在の金融機関への痛烈な批判とも読み取れる。勤続30年の元みずほ行員が斬る!(2019/7/23)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(4):
内部監査を品質不正対応に活用するための実践的なアプローチ
品質不正は予防策が当然大切ですが、早期に発見して対応を図ることも必要になります。「発見」の代表的な担い手として、内部監査部門がその役割を果たすことが期待されます。本稿では、有効な品質監査を講じるために必要な方法論を解説します。(2019/7/22)

G7 Facebookno仮想通貨「Libra」規制を議論へ
先進7カ国(G7)は17、18日にフランスで開く財務相・中央銀行総裁会議で、米交流サイト大手フェイスブック(FB)が計画する暗号資産(仮想通貨)「Libra」の規制を議論する。リブラは各国の金融政策への影響やマネーロンダリング(資金洗浄)防止策、リスク管理体制のあり方など課題が多く、会議で論点を洗い出し、規制の態勢作りに着手する。(2019/7/16)

スピン経済の歩き方:
ジャニーさんは「敬語」を使わなかったのに、なぜ人材育成がうまかったのか
ジャニー喜多川氏が亡くなった。さまざまな「伝説」が取り上げられているが、筆者の窪田氏が注目しているテーマがある。「人材育成術」だ。ジャニー氏は「敬語」を使わなかったのに、なぜ多くのスターが生まれたのか。(2019/7/16)

産業動向:
技研ヨーロッパがオランダ本社を増築、欧州でインフラ案件獲得を目指す
技研製作所グループは、海外売り上げ比率を全体の7割と掲げ、欧州市場での受注拡大を目的に、オランダで新工場と事務所棟を新設する。欧州の拠点強化を図り、独自の圧入技術を用いた構造物を急速に構築できるインプラント工法を武器に、オランダで年13億ユーロの投資が計画されている堤防補強工事などの受注を目指す。(2019/7/16)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(4):
6年間の大規模オンラインゲーム運用によるトイルをなくしたい――AWS移行でサムザップのSREはNoOpsを実現できたのか
2013年から6年にわたって配信してきたオンラインゲーム「戦国炎舞 -KIZNA」では、それまで基盤としてきたプライベートクラウドで、一部ゾーンでのサービスが終了するのをきっかけにAWSに移行し、複数の課題を解決した。(2019/7/16)

DC-DCコンバーター活用講座(29):
DC-DCコンバーターの安全性(4)傷害の危険性と安全設計
前回に引き続き、DC-DCコンバーターの安全性に関して説明します。今回は、DC-DCコンバーターの「傷害の危険性」「安全性設計」「医療安全性」を取り上げます。(2019/7/11)

海外医療技術トレンド(48):
米国NISTのIoTセキュリティリスク管理指針と医療機器
IoTデバイスのセキュリティリスク管理は医療機器業界の共通課題である。重要情報インフラに関わる医療機器ユーザーの技術標準化視点に立ったサイバーセキュリティのガイドライン整備を進めてきた米国のNIST(国立標準技術研究所)が2019年6月25日、IoTデバイスのセキュリティに関連する新たなガイドラインを公表した。(2019/7/12)

闇営業:
吉本興業および芸人は謝罪会見を開くべきか問題
闇営業問題は収まる気配を見せず、延焼し続けています。一方でそもそも闇営業問題と、反社勢力問題は別という冷静な意見も出始めました。結構な数の問い合わせをいただいていますので、本件について謝罪すべきかどうか、意見を述べたいと思います。(2019/7/10)

VDIが安定期に、ガートナーが国内セキュリティ分野のハイプサイクルを発表
次世代ファイアウォールやVDIは安定期に入り、イミュータブルインフラストラクチャなどが黎明(れいめい)期にあるとしている。(2019/7/9)

「仮想デスクトップインフラ」は安定期に:
2019年版セキュリティのハイプサイクルを発表 ガートナー
ガートナー ジャパンは「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2019年」を発表した。「イミュータブルインフラ」などが黎明(れいめい)期にあるとされた。(2019/7/9)

AIで洪水被害をシミュレーション、ウェザーニューズらが熊本市に今秋導入
ウェザーニューズと損害保険ジャパン日本興亜、One Concernの3社は、AIを活用した洪水の被害予測シミュレーションシステムを2019年秋から熊本市に試験的に導入する。(2019/7/8)

「産業×ドローンセミナー」(下):
来るべき「自動航行時代」に“ドローン操縦士”は必要とされるか?
国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2022年度に最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」を目標に置く。現状、ドローンスクールでは操縦者の育成に努めているが、その先の自動航行が実現すれば、パイロットに求められる役割やスキルも変わることが予測される。(2019/7/8)

日本全国の河川を見守り、増水や氾濫状況をリアルタイムで予測 三井共同建設コンサルタントら3社が開発
三井共同建設コンサルタントと京都大学防災研究所、NECの3社は、全国の河川を対象とした、リアルタイムに増水や氾濫状況を予測するシステムを開発した。現在は1時間先を予測でき、NECのベクトル型スーパーコンピュータへの実装が完了すると6時間先までリアルタイム予測できる見込み。(2019/7/1)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
そのクラウドファンディング製品が納期通りに届かない理由
PCやスマホの周辺機器は、海外製品を買いつけてきて自社製品として販売する手法が当たり前。昨今はこうした取り売りビジネスがクラウドファンディングで行われるケースも増えつつあるが、納期通りに届かなかったり、品質がボロボロだったりといった問題が生じることも少なくない。こうした問題の背景をみていこう。(2019/6/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
着工できないリニア 建設許可を出さない静岡県の「正義」
リニア中央新幹線の2027年開業を目指し、JR東海は建設工事を進めている。しかし、静岡県が「待った」をかけた形になっている。これまでの経緯や静岡県の意見書を見ると、リニアに反対しているわけではない。経済問題ではなく「環境問題」だ。(2019/6/21)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(3):
品質不正の予防に向け、リスク観点で「サプライチェーンの見直し」をせよ
連載3回目となる今回は、品質不正の予防や品質不正が原因でサプライチェーンを寸断しないために、グローバルサプライチェーンリスクマネジメントという考え方を紹介し、各企業において取るべき施策の検討材料を提供します。(2019/6/21)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
ネット炎上の秘孔を突かないために
ネットウォッチャー、おおつねまさふみ氏が、「正義感の強い人たち」を反応させてしまう炎上の構造について解説します。(2019/6/20)

災害時の情報収集にSNS活用、AIが信頼性を評価 LINEや自治体ら「AI防災協議会」設立
LINEなど7社と自治体などが、災害時の情報収集などにAIやSNSなどを活用することを検討する「AI防災協議会」を設立した。(2019/6/19)

災害時のSNSで情報収集、災害レジリエンスの強化へ――「AI防災協議会」設立 LINE、ウェザーニューズなど
産官学が連携し、AIやSNSなどを活用して防災・減災を目指す「AI防災協議会」を設立。LINE、ウェザーニューズ、ヤフーなどの民間企業も参画する。SNSに投稿される被害情報をAIで収集・活用し、自治体の災害対策や市民の避難行動に役立てるなど、災害対応能力の高い社会の構築を目指す。(2019/6/19)

製造ITニュース:
SAPがS/4HANA移行支援プロジェクトを発表、クラウドプラットフォーマーと連携
SAPはクラウドプラットフォーマーのMicrosoft、Amazon、Googleやグローバル戦略サービスパートナーとのコラボレーションプログラム「Embrace」を発表した。(2019/6/12)

人手での作業に伴う課題を解決
OSS利用に不可欠のライセンス・セキュリティリスク管理をDTSはどう効率化したか
システムインテグレーターのDTSは、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用してBIツールなどの製品を開発している。避けては通れないOSSライセンス違反のチェックや脆弱(ぜいじゃく)性検査を同社が効率化できた要因は何だろうか。(2019/6/17)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
ネット炎上は「強い正義感」が引き起こす
炎上は善意の人の正義から始まる。その仕組みを理解しよう。(2019/6/7)

AI:
熟練エンジニアの知見をAIで“ナレッジ化”、次世代の技術継承に活用
安藤ハザマとユニアデックスは、技術継承が課題となっている建設業界で、熟練技術者の知見を集約した文書データをAIで自動抽出して、誰もが活用できるナレッジデータ化するシステムを開発した。(2019/6/6)

RPGに学ぶセキュリティ〜第4章:
転職と上級職編――はじめから賢者にはなれない! セキュリティエンジニアに必要なスキルセット
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGによくある「職業」や「転職」を例に、セキュリティエンジニアに必要なスキルセットについて説明したい。(2019/6/3)

MONOist IoT Forum 大阪2019(後編):
自動車部品製造業が「見える化」システムを開発しITベンダーになるまで
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年1月22日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編ではi Smart Technologies CEOの木村哲也氏の講演「1時間で始まるスマートファクトリー」とその他のセッションの内容をお伝えする。(2019/5/30)

2019年7月には新施設を建設か:
デルとEMCジャパン版“宮崎キャンプ”に潜入 新製品の予定や最新動向を聞いてきた
デルおよびEMCジャパンは2019年5月、ユーザー向けイベント「Dell EMC テクニカルセミナー 宮崎キャンプ」を開催した。メディアにはあまり公開されないというその様子をのぞいてきた(2019/5/30)

「AIと倫理は経営課題」弁護士が警鐘 「日本企業はもっと真剣に取り組むべき」
「AIと倫理について考えることは、企業の経営課題である」――AIに詳しい三部弁護士の見解は。(2019/5/20)

炎上の予兆を未然に検知
“ネット炎上”対策を自動化 SNSへの書き込みを解析するツールが充実
従業員のSNS投稿やユーザーの口コミが“ネット炎上”のきっかけとなることがある。ネット炎上が企業に及ぼす影響が大きくなる中、その対策を目的としたツールが充実しつつある。(2019/5/21)

米の視線はすでに「6G」 5Gで劣勢、対中巻き返しへ
5G移動通信システムの商用サービスが米国や韓国で始まった。本格的な通信網整備はこれからだが、通信機器市場では中国の華為技術が優勢で、米企業の影は薄い。トランプ米政権は安全保障リスクを理由に、中国製を自国や友好国から締め出す構えだ。(2019/5/16)

DC-DCコンバーター活用講座(27):
DC-DCコンバーターの安全性(2)保護手段
前回に引き続き、DC-DCコンバーターの安全性に関して説明します。今回は、DC-DCコンバーターの「保護手段」を取り上げます。(2019/5/15)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

Gartner Insights Pickup(106):
企業ビジネスのデジタル化は総力戦の段階に
デジタルトランスフォーメーションの推進には、企業の全ての部門が携わらなければならない。「組織文化」という抽象的なトピックに関する議論だけでは済まない、具体的な課題が数多く存在するからだ。(2019/4/26)

PR:100年以上続く地域情報提供メディアのデジタル化に懸けた思いに、パートナー企業4社はどう応えたのか
1912年に創刊し100年以上、山口県宇部市を中心に地元に密着した紙面づくりを行う日刊新聞『宇部日報』が、2019年3月1日に電子版を開始した。デジタル化の狙いとは何か。どのようにプロジェクトは進んだのか。今後はどうなるのか。宇部日報社と各パートナー企業に聞いた。(2019/4/24)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
「お金に振り回される人」と「お金で幸せになる人」の決定的な違い
事業売却や上場で大金を手にするビジネスパーソンが増えている。しかし、そのお金に振り回される人と幸せになる人がいる。どんな違いがあるのだろうか?(2019/4/12)

リスク別セキュリティ製品ガイド
サイバーリスク対策を「未知と既知」「内部と外部」で分類 役立つ製品は?
企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。(2019/4/15)

RPGに学ぶセキュリティ〜第3章〜:
ダンジョンに入った主人公編――攻撃者も侵入時には暗中模索?
40〜50代の経営者や管理職に向けて、RPGを題材にセキュリティについて理解を深めてもらう連載。今回は、RPGに必ずといっていいほど登場する「ダンジョン」を例に、「初めて侵入したシステム内での攻撃者の動き方」について説明したい。(2019/4/8)

事例で学ぶ品質不正の課題と処方箋(1):
相次ぐ品質不正、その発生原因と検討すべき対応策
品質不正の連鎖は収束する気配を見せません。品質不正は一企業の問題で済むことでなく、産業全体の停滞を招く可能性も十分にあります。本連載では相次ぐ品質不正から見える課題とその処方箋について、事例を交えつつ全7回で解説します。(2019/4/5)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【後編】
「学習し続けるAI」が医療現場では“使えない”理由
デジタルヘルスケアの分野では、機械学習技術を活用して開発後に進化し続けるといった、従来とは異なる形の医療機器が開発されている。日米規制当局の動向と、最新技術の医療利用への課題について説明する。(2019/4/10)

「密接さ」に懸念:
米ボーイング機、半年で2機の墜落事故 FAAと業界の関係にメス
米航空機大手ボーイングの新型旅客機が半年で2機の墜落事故を起こし、「航空王国アメリカ」に対する信頼が揺らいでいる。2件の事故原因は調査中だが、新型機に導入された「MCAS」と呼ばれる失速防止装置が墜落を誘発した可能性が浮上している。ボーイングと米連邦航空局(FAA)は、機体の安全性や新型機の認可の過程に問題はないとしているが、「世界一」を自任する米航空当局と業界との緊密な関係にメスが入ろうとしている。(2019/4/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(64):
損害は8500万円以上ですが、「責任限定条項」があるので500万円しか払いません!
見積もりでは500万円だったけれど、要件の追加がかさみ8500万円規模になったシステム開発プロジェクトが頓挫。本当の損害額は、おいくら???(2019/4/2)

医療へのIoTとAIの導入はどのくらい進んでいるのか【前編】
IoTとAIは医療の現場でどのように役立つのか
IoTや人工知能(AI)技術といった、比較的新しい技術を活用した医療機器が開発されている。医療分野での最新技術の応用例とその課題について、専門家の話を基に説明する。(2019/4/8)

PR:あらゆる企業がテクノロジードリブンになる時代、ITエンジニアはどう生きるべきか。及川卓也氏×澤円氏が熱く語った夜
エンジニアはこれから、どのような能力を磨けばいいのだろうか。(2019/3/29)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(9):
事故があれば太陽光発電オーナーに責任も、注意したい雑草対策業務の「安全管理」
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は草刈りや農薬散布などの雑草対策業務における「安全管理」について解説する。事故などが発生した場合、業務を発注した発電事業者側の責任が問われる場合もあるため、注意したいポイントだ。(2019/3/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)

「人材開発」が発祥!? ソフトバンクのRPAはこうして生まれた
SynchRoid(シンクロイド)というRPAソリューションを法人に販売しているソフトバンク。このSynchRoid、元々は自社内で使うために開発してきたものだという。担当者に話を聞いてみると、RPAに取り組む意外な背景が見えてきた。(2019/3/22)

セキュリティ勉強会休止、「攻撃コードの研究発表でも逮捕されかねない」と懸念 いたずらURL事件受け
セキュリティ勉強会「すみだセキュリティ勉強会」が休止。いたずらURL投稿者がウイルス供用未遂の疑いで摘発された事件などで警察に不信感を募らせており、「単なるセキュリティ勉強会ですら、脆弱性の解説や攻撃コードの研究発表を理由に、逮捕事案にしかねない」と懸念したためという。(2019/3/20)

え、大丈夫!?:
PR:紙の契約書があなたの会社に与えるリスクを知っていますか?
これまで業務の中心であった紙文書でのやり取りを電子化する「ペーパーレス」が叫ばれて久しいが、いよいよその潮目が変わろうとしている。そうした状況を後押しするサービスとは……?(2019/3/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。