ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「ITガバナンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

組織体・共同体が、ITを導入・活用するにあたり、目的と戦略や適切に設定し、その効果やリスクを測定・評価して、理想とするIT活用を実現するメカニズムをその組織の中に確立すること。
ITガバナンス − @IT情報マネジメント用語事典

「腹を割って話す」ことが大切:
通称「魔境」の更改を巡り開発部門と運用部門が対立――NTT Comの仮想サーバ基盤Kubernetes移行の裏側
NTTコミュニケーションズはオンプレミスの仮想サーバ基盤をマネージドKubernetes環境に移行したという。プロジェクト半ばで課題となった部門間のすれ違い、体制面をどう解決に導いたのか、NTTコミュニケーションズでSREを務める船柳孝明氏が語った。(2021/9/22)

DXが急務となった今、目指すべきITの在り方とは:
PR:“PoC/リフト止まり”を脱却するために「不可欠なこと」とは
アプリケーションが差別化の手段となっている今、その開発と運用の在り方が企業の命運を分けるカギとなっている。だが大部分は「ビジネス価値」の完成には至らず、クラウドも有効活用できていない。DX時代を勝ち残る要件とは。(2021/9/16)

CIO Dive:
深刻なCISO不足到来か? 3600人に聞いたインシデント対応体制に見る課題
セキュリティインシデントの報告体制は本当のところどうなっているのか。3600人のセキュリティ専門家に聞いた「正解」は。(2021/9/1)

誰も教えてくれない、DXが進まない本当の理由と解決策:
PR:DXのカギを握る、ノーコード/ローコード開発ツールの使い処と「伴走型SIer」の見つけ方
DXに取り組みたいものの「何から始めればよいのか分からない」「アプローチの方法が分からない」といった悩みが随所で聞かれる。日本企業のDXが進まない理由とその解決策を専門家に聞いた。カギは「伴走型SIer」というパートナーの存在と、ノーコード/ローコード開発ツールの使い方にある。(2021/8/30)

事例も紹介:
プライバシーリスクを回避しながらDXを推進 参考になる国際規格まとめ
企業や組織がプライバシーリスクを適切に管理し、パーソナルデータを活用してDXを進めるためには、どのような体制や取り組みが求められるのか。参考になると思われる国際規格やフレームワーク、その事例を紹介する。(2021/8/26)

経産省・総務省の資料を読み解く:
結局、何をすればいいのか AI活用で要注意「プライバシー保護の原則」と実践例
AIの活用を進めるに当たって、人間や社会が守るべき価値は何か。経産省の資料などから、原則的な考え方を理解するのは難しくない。しかし、実際にそうした考え方をどのように実現するかはとても難しい。具体的にどのような取り組みが考えられるのか。(2021/8/18)

クラウドやサードパーティー利用もリスクに:
一般企業も耳が痛い? 金融機関のシステム障害1500件を引き起こした“4大原因”
金融庁が「金融機関のシステム障害に関する分析レポート」を公開した。金融機関の相次ぐシステム障害を受け、リスク管理の参考になる障害傾向や事例をまとめた。その内容からは、一般企業にも通じる最近の障害の傾向が浮かび上がってきた。(2021/7/2)

Amazonの車載カメラの是非を問う【中編】
Amazon配送車の車載カメラが引き起こす4つのプライバシー議論
Amazon.comは配送車両にカメラを搭載する。「ドライバーと地域の安全の確保」が目的だというのが、同社の主張だ。こうした同社の行動をきっかけに、プライバシーに関する議論が活発化しつつある。(2021/6/22)

Amazonの車載カメラの是非を問う【前編】
Amazonの配送車両のカメラは何を記録しているのか? プライバシー懸念の声も
「ドライバーと地域の安全を守る」という名目で、Amazon.comは配送車両のカメラで車内外の様子を記録している。米国議会議員や専門家は、この録画がプライバシーに及ぼす影響に懸念を示す。同社の主張とは。(2021/6/15)

開発の属人化、ブラックボックス化も解決:
PR:事業部門を巻き込んだシステム開発を実現する「ローコード開発ツール」とは
企業が自社戦略実現のためにデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際、システム開発の内製化が課題になる場合が少なくない。事業部門と情報システム部門間で思い描くビジョンを一致させた上でシステム化、継続した業務プロセスの見直しを行うべきだ。しかし、認識を合わせる手段が乏しく、見直しの活動を継続できないことも少なくない。結局レガシー文化を引きずったまま、ブラックボックス化が進む恐れがある。ローコード開発ツールを利用すれば、事業部門と情報システム部門間の共通認識を深め、互いに役割分担したシステム開発が可能になり、開発工数の削減と継続した業務プロセス改善体制を実現できるという。(2021/6/1)

情報ガバナンスと記録管理の違い【後編】
いまさら聞けない「記録管理」とは? 「情報ガバナンス」との違いは?
「情報ガバナンス」と「記録管理」は混同されがちだが、意味は異なる。記録管理が何なのかを整理した上で、両者の違いを簡単に解説する。(2021/3/23)

情報ガバナンスと記録管理の違い【前編】
いまさら聞けない「情報ガバナンス」とは? なぜ必要なのか
「情報ガバナンス」と「記録管理」は似て非なる業務だ。両者の違いを理解するために、まずは情報ガバナンスとは何かをあらためて整理しよう。(2021/3/1)

製造ITニュース:
国内のクラウド需要調査結果、複数クラウドの利用が一般化
IDC Japanが国内のクラウド需要に関する調査結果を発表した。複数のクラウドを利用する企業が一般化しているが、コストや管理面の課題から、複数のクラウドを統合的に管理している企業は20%ほどだった。(2021/1/15)

金融庁が抱える課題とは:
金融庁、DX人材を公募 「人間の力だけでは不正を見抜けない、金融庁も高度化する」
「金融DX」の推進を掲げている金融庁だが、金融庁がつかさどる行政手続きのうち、オンラインで対応可能な手続き種類は8.8%にとどまっている。金融機関との行政手続きの完全電子化を推進するため、DXに取り組む専門人材の公募を実施する。金融庁が抱える課題と、どのようにDXを進めていこうとしているのかについて、金融庁総合政策局の稲田拓司氏に伺った。(2021/1/14)

金融庁、ビズリーチでDX人材公募 セキュリティアナリストなど3ポジション
金融庁は1月7日、金融のDXを推進する課長補佐級の人材の公募を、ビズリーチで始めた。セキュリティアナリストなど3ポジションで、専門的な人材を募っている。(2021/1/7)

複数のクラウド運用における課題は何か IDC調査
IDCが実施したクラウドの国内需要に関する調査によると、企業が複数のクラウドを利用することは一般化しているという。一方で複数のクラウドを統合的に管理している企業の割合は、全体の約20%で「クラウドがサイロ化している」と同社は指摘した。(2020/12/23)

「まだ使いこなせていない」と考える企業が多い:
特定のクラウドに依存する傾向 IDCがクラウドの国内需要に関する調査を実施
IDC Japanが実施したクラウドの国内需要に関する調査によると、企業が複数のクラウドを利用することは一般化しつつあるが、実際に複数のクラウドを統合的に管理している企業の割合は約20%だった。(2020/12/23)

「League of Legends」を支えるデータマネジメント【後編】
Riot Gamesは「データスチュワードシップ」への社内の抵抗をどう抑えたのか
データの適切な定義や利用を推進する「データスチュワードシップ」に取り組もうとしていたRiot Gamesは、業務増加を懸念する社内からの抵抗に直面した。どう対処したのか。同社データマネジメント責任者が明かす。(2020/11/27)

海外医療技術トレンド(65):
米国規制当局のDXが医療イノベーションに及ぼす影響
本連載第23回で米国保健医療行政のIT戦略を取り上げたが、その後、デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みが加速している。(2020/11/13)

「League of Legends」を支えるデータマネジメント【前編】
「リーグ・オブ・レジェンド」のデータはどのように管理されているのか?
「League of Legends」で知られるRiot Gamesは、同社が提供するゲームの多様化に伴い、データの所有者や目的が不明瞭になる課題を抱えていた。どのように解決したのか。同社のデータマネジメント責任者に聞いた。(2020/11/2)

Gartner Insights Pickup(181):
クラウド導入企業の失敗から学ぶ4つの教訓
多くの企業では、一元的なITガバナンスがないまま、ビジネス部門レベルでクラウドの導入を進めてきた。インフラ/運用担当部署は、クラウド導入企業の失敗から学ぶことで、クラウドのリスクを軽減し、導入をスピードアップし、コスト削減を最大化できる。(2020/10/30)

AWSで府省共通の「第二期政府共通プラットフォーム」が運用開始 行政サービスのDXを推進
政府は、各府省の情報システムを統合、集約した「第二期政府共通プラットフォーム」をAWS上に構築し、運用を開始した。ITガバナンスの強化、本格的な行政のデジタル化を通じて、各府省の俊敏性や行政サービスの向上を目指す。(2020/10/9)

VUCAの時代の管理と自由、スピードと効率化:
PR:“子会社情シス”はこれからどうなるか 投資調査で見えた「パラドクス」と「次の選択肢」
Dell Technologiesが日本企業を対象に「グループ企業子会社のIT投資実態調査」を実施した。調査結果からは親会社やグループ全体のガバナンスなどの関係から、IT投資の意思決定にさまざまな課題を抱える状況が明らかになった。中でも今後、顕在化しそうなのが子会社ならではのパラドクスだ。(2020/7/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ガバナンス強化で変わる子会社のIT戦略、調査から見えたメリット/デメリット
多くの企業グループでは、ITガバナンスの強化、それに伴う共通IT基盤の利用が拡大している。だが、親会社の管理強化はメリットばかりを与えるわけではない。グループ子会社を調査し、IT施策の実態と、管理による違いを探った。(2020/7/30)

Microsoft Focus:
大型基幹システムのAzure移行、失敗は許されない――第一生命を支えた「事前対策」
ニューノーマル(新常態)な働き方やシステムの開発体制が、業界を問わず求められている。ただし金融業界の場合、クラウド化やテレワークに当たっては細かいコンプライアンス要件や業務の複雑さといった課題が立ちはだかる。そんな中、第一生命はAzureを採用し、基幹システムをクラウド化した。彼らの移行作業を支えた対策とは何だったのか。(2020/7/27)

テレワークにも一役買う「EDR」
老舗企業がテレワークを積極活用できる理由とは? 鴻池運輸のセキュリティ戦略
物流と複合ソリューションサービスの老舗である鴻池運輸は「デジタルイノベーション」と「クラウドシフト」を戦略に掲げた改革で、コロナ禍でもいち早い全面テレワークを実現した。急速なIT変革を推し進める同社のセキュリティ戦略とは。(2020/6/5)

ニューノーマル時代、システム構築・運用をどう変えるか?:
PR:システム構築・運用業務をリモートで行うための「5つの条件」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大による影響でテレワークやリモートワークが急速に広まったが、その利便性を実感できていない、あるいは環境の変化に戸惑いを感じている業界や職種は多い。他ならぬSI業界がそうだ。「管理不足」「高負荷」「属人化」に悩まされ、出社を余儀なくされたり、出社できないことでプロジェクト活動が停止に追い込まれたりしている。新しい常識が求められるニューノーマル時代にあって、システム構築・運用業務の取るべき針路とは。(2020/6/1)

「ぶっつけ本番の全社テレワーク」から次のステップへ
今こそ「ユーザーの声に耳を傾けろ」“信頼されるIT部門“への変革とは
パンデミックを機に突如として始まったテレワーク。慌てて機器を調達して環境を整備した企業も少なくないだろう。今回の感染症の問題を機に今後働き方が大きく変わるだろうといわれる中、“付け焼き刃”での対応に意味があるのだろうか。(2020/6/18)

特集:“コーディングのプロに嫌われない”ローコード開発(1):
重要なのは、コーディングの速さではなく「価値創出の速さ」
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドを背景に、「ニーズに応えるアプリケーションをいかにスピーディーに届けられるか」がビジネス差別化のカギとなっている。これを受けて内製化に乗り出す企業も増えつつある中、その実践手段としてローコード開発ツールが注目を集めている。だが従来のノンコード開発ツールとは、受け止められ方、使われ方は全く異なる――本特集ではローコード開発ツールの意義、成果、そして開発者とIT部門の役割を考える。(2020/4/27)

ITIL導入を成功に導くための基礎知識【後編】
「ITIL」導入成功の鍵は“ITIL依存”を避けること?
ITサービスの書籍群「ITIL」はフレームワークとして利用することができ、数種類の認定資格がある。この認定資格と、ITILを導入するときのポイントを解説する。(2020/4/10)

各プロセスの連携は必須
いまさら聞けない「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」の違いとは?
「リスク評価」「リスク分析」「リスク管理」は何が違うのか。セキュリティ対策と予算計画の適切な意思決定をするために、これらの違いを理解しよう。(2020/4/9)

ITIL導入を成功に導くための基礎知識【前編】
「ITIL」はなぜ必要なのか? 導入のメリットを整理
「ITIL」は組織のITサービス運営の助けとなる書籍群で、フレームワークとしても利用できる。ITILの基本事項と、ITILが組織のIT運用に役立つ理由を説明する。(2020/4/3)

人材採用におけるAI活用
採用担当者が認識すべき「AIのバイアス」という問題
人材採用にAI技術を活用すれば、人が持つ意識的なバイアス(偏り)や無意識的なバイアスを排除できると考える人は少なくない。だがAI技術で全てが解決できるわけではない。(2020/2/18)

「みんなの銀行」のIT責任者が明かす:
デジタルネイティブ世代のためのモバイル専業銀行とは、その開発方針とは
ネット銀行ではなくデジタルバンクであり、完全なスタートアップ――。ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)が2021年春の設立を目指すモバイル専業銀行、「みんなの銀行」について、設立準備会社のIT責任者である宮本昌明氏が説明した。(2020/2/4)

ラックが「サイバー救急センターレポート最新版公開 ランサムウェアやクラウド関連攻撃に焦点
ラックは「サイバー救急センターレポート 第8号 〜クラウドサービスのインシデント対応〜」を発表。ランサムウェアや標的型攻撃、クラウドに関連したサイバー攻撃が1年を通して続いたと述べた。(2020/1/31)

特選プレミアムコンテンツガイド
人工知能が偏見を助長する? 原因は学習データにあり
AI技術には性別や人種のバイアスに基づいた判断をしてしまうリスクがある。バイアスを軽減し、公平かつ正確な判断をするAIシステムを構築する方法を考える。(2020/1/23)

リコーの全力投球RPA、数万人の従業員を動かした7つの起爆剤
現場の困りごとを解決したい――社外の事業者に頼らず、完全な内製でRPAに挑んだリコー。全社一丸で取り組んだ結果、1000人以上の社員がロボット開発の教育を受けたという。RPAへの高いモチベーションを生み出した「7つの起爆剤」とは。(2020/1/9)

太陽光:
FITの入札システムで情報漏えい、経産省が今後の太陽光・バイオマス入札の方針発表
太陽光・バイオマス発電のFIT制度に基づく買取価格を決める入札システムで情報漏えいが発生した問題について、経済産業省が原因と今後の方針を発表。太陽光発電の第5回入札およびバイオマス発電の第2回入札に関わる事業者は注意が必要だ。(2019/12/25)

「AI」の信頼性と透明性の確保に向けて【後編】
企業による「AI」のガバナンスはどこまで有効か
AI技術の透明性は重要な課題だ。対策は企業の自主規制に任せるべきだという意見もあるが、政府が介入すべきだという声も根強くある。(2019/12/25)

追加すべき機能は何か
「説明可能なAI」の実現に向けて企業ができること
説明可能なAIシステムを求める声が高まるにつれ、IBMやDarwinAIをはじめとするベンダーは、ビジネスユーザーがAIシステムの仕組みを理解するのに役立つ新機能を導入している。(2019/12/19)

「AI」の信頼性と透明性の確保に向けて【前編】
本当は怖くない「AI」 説明可能性はなぜ大事か
アルゴリズムに対する信頼性がなければ、AI技術の導入は進まないだろう。そこで今、企業はAI技術を採用した自社システムの透明性を高め、説明可能にする取り組みを進めている。(2019/12/17)

年1回のチェックリストだけでは不十分
Amazonも直面、「危ない客」「信頼できない取引先」のリスク対策3選
取引先や顧客などの第三者に関するリスク管理をおろそかにすると、重大な損害を引き起こすリスクが生じる。第三者のリスク管理に必要な対策とは何か。(2019/10/1)

“ディスラプションより危機感を抱くべき問題”とは?:
PR:多くの企業が見落としている「デジタルトランスフォーメーションの落とし穴」
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドが進展し、企業の間では「AI(人工知能)などを使って、いかに新たな価値を創出するか」「いかにスピーディーに価値を提供するか」といったテーマばかりが注目されている。だが、ITサービスをビジネスとして提供し、収益やブランドの継続的向上を図るためには、「利便性とスピードの追求」だけでは十分とはいえない。むしろ、多大なリスクを背負い込むことになってしまう。ではDXトレンドが過熱する中、多くの企業が見落としている「真実」とは何か?――日本ベンダーマネジメント協会 武内烈氏、ウチダスペクトラム 取締役 常務執行役員 岡田恭介氏と、編集部との鼎談(ていだん)で明らかにした。(2019/9/17)

3世代までさかのぼって保守部品を確保:
PR:金融業界で第三者保守は大丈夫? 新しい投資の原資を生み出す保守見直し術
金融庁は2019年3月から金融業界に対して「保守契約の見直し」を推進している。高いセキュリティ基準が要求される金融業界は、どのように保守を見直すべきなのだろうか。(2019/8/30)

「Micro Focus Robotic Process Automation」を発表:
「IT部門は、業務部門にもっと寄り添っていくべきだ」――マイクロフォーカスエンタープライズ
RPAの企業導入が急速に進む一方で、“野良ロボット”問題をはじめ、RPAの成果を安全に引き出すための管理機能やノウハウに注目が集まるなど、国内におけるRPA活用は次のフェーズに入りつつあるようだ。そうした中、後発として国内に投入された「Micro Focus Robotic Process Automation」はどのような狙いと特長を持つのか――Micro Focus 最高製品責任者 トム・ゴーギャン(Tom Goguen)氏に話を聞いた。(2019/8/6)

「IoTプラットフォーム」導入の基本【後編】
「IoTプラットフォーム」選定で失敗しないための評価ポイントとは
IoTプラットフォームは包括的な機能を持つものや特定の機能に特化したものなど、さまざまな製品がある。導入を検討する際にどのように製品を評価すべきかについて説明する。(2019/7/22)

「人工知能のバイアス」を考える【後編】
“偏り”がプラスに作用することも 「AI」のバイアスとどう向き合うか
AIシステムのバイアスはリスクとなる一方、有益な結果をもたらすこともある。本稿では、AIシステムのバイアスの長所と短所を取り上げる。(2019/7/4)

「IoTプラットフォーム」導入の基本【前編】
「IoTプラットフォーム」の3つの導入モデルとは? 何を「指針」とすべきなのか
IoTでモノが生み出す大量のデータを収集・分析するには、デバイスへの接続やデータ格納など、必要な機能一式を取りそろえた「IoTプラットフォーム」が必要になる。その基本機能や導入形態を紹介する。(2019/7/8)

「人工知能のバイアス」を考える【前編】
Amazon、Facebookも批判の的に 「公平・公正なAI」はなぜ難しいのか
AIシステムのバイアスは、人種や性差に基づく誤った判断をもたらすことがある。Amazon.comとFacebookの事例から、現在のAIシステムが抱える課題について考える。(2019/6/26)

「COBIT 2019」基礎解説【後編】
ITガバナンスの新指針「COBIT 2019」 4つのコアガイドに書かれていること
組織のITガバナンスとマネジメントの成熟度を評価するのに役立つフレームワーク「COBIT」がアップデートされた。最新版の「COBIT 2019」で新たに追加された要素とコアガイドの使用方法について紹介する。(2019/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。