ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT投資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第3回】
IT投資の前に知っておくべき“あのコスト”とは? 知る方法は?
適切な技術戦略を立てるための重要な要素の一つがコストの把握だ。より正確にコストを把握し、予算を編成するためにはどうすればよいか。(2022/4/26)

NEWS
「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が約6割 中堅・中小企業が抱えるDXの課題とは
デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業を対象にしたIT投資動向調査の結果を発表した。中堅・中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の大きな課題とは。(2022/4/22)

ポストコロナを見据えたIT投資が活発化、IDCがユーザー企業調査
IDC Japanは「2022年 国内ユーザー企業調査:産業分野別/企業規模別/地域別 IT投資動向と課題」を発表した。調査結果から、COVID-19対策へのIT投資が一巡し、ポストコロナを見据えた分野への投資に舵を切る企業の増加が伺える。(2022/4/13)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

2022年の熱いIT投資先【前編】
できるCIOは「スプリント」を重視――Gartnerが描く“未来志向”のCIO像
IT支出は増加し、数年単位で進行するプロジェクトが主流になる――Gartnerは2022年のIT支出動向をこう予測する。こうした中でCIOに求められる考え方とは。(2022/3/11)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【中編】
こんなCIOはCFOに見限られる 両者の関係が「緊張状態」になる理由
IT投資が盛んな昨今、CIOとCFOの関係はビジネスの成否に影響する可能性がある。CIOがCFOと付き合う上で避けるべき「関係を悪化させる振る舞い」について解説する。(2022/3/10)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【前編】
CIOとCFOの良好な関係がIT投資の成功を左右する理由
企業のIT活用がより積極化する中、IT投資の良しあしがビジネスの行く末を左右する。ある専門家は、IT投資の成果を最大化するにはCIOとCFOの連携が重要だと語る。その理由は。(2022/3/3)

回答者全員に調査レポートをお届けします
「2022年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に後日、「2022年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2022/3/1)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「IT投資で解決したい課題とデジタル化の推進」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/3/1)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「今後のIT投資」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/3/1)

3000時間と2万5000枚の紙書類を削減
人事がけん引、半年で実現した「テレワーク対応」「ペーパーレス化」同時改革
職員数1万人を超える大企業が、半年で業務のデジタル化を実現した。その改革をリードしたのは人事部門だった。HCMの高度化の中で得たノウハウをビジネスのデジタル化に生かした例から学ぶ、IT投資の始め方とは。(2022/3/2)

CIO Dive:
2022年のIT予算はどこに投資すべき? 5人のテクノロジーエグゼクティブが語る
適切なIT投資は企業の成長を左右する非常に重要な問題だ。コロナ禍でデジタル化が一気に進んだ企業ほど次の投資先に迷っている状況ではないだろうか。米国企業の5人のテクノロジーエグゼクティブが2022年に予定するIT投資先を参考にしてほしい。(2022/2/9)

5Gによる柔軟性がカギに
『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞く、中小企業が今5Gに取り組むべき理由
コロナ禍でデジタル活用の重要性が再認識されているが、5Gのような先端テクノロジーはどう広まっていくのか。中小企業における5G活用やIT投資のポイントを『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞いた。(2022/2/1)

最新の新型コロナの影響を考慮:
国内IT市場の地域別予測をIDCが発表、全国でプラスに
IDC Japanは新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場の地域別予測を発表した。2021年は各地域でプラス成長に回復した。大都市圏では積極的なIT支出の拡大が見られる。その他地域では、消費者を除いたIT支出の成長率は低い。2022年は大都市圏を中心にDX推進のためのIT支出が本格化する見込みだ(2022/1/31)

運用ミスを防ぎながら自動化を推進
「運用のコード化」とは何か? IaCとの違いや導入に向けた3つのポイントを解説
IT予算や人員の大半が既存システムの運用・保守業務に割かれている原因に、業務システムの個別最適化と運用のサイロ化がある。これらを解消する「運用のコード化」(Operations as Code)とは何か、メリットや導入の要点を解説する。(2022/1/24)

ソフトウェアとITサービスが伸びる:
2022年の世界IT支出はどの程度伸びるのか、Gartnerが予測
Gartnerによると、2022年の世界IT支出は2021年比で5.1%増加し、約4.5兆ドルに達する見通しだ。コンサルティングなどのITサービスやエンタープライズソフトウェアが特に成長するという。(2022/1/20)

2022年IT優先度調査
2022年に企業が投資を検討している納得&意外なIT分野とは?
前年に比べてIT予算を増額した企業が増えている。彼らは2022年、何に投資しようと考えているのか。順当なIT分野が挙がる一方で、新しい動きを表す意外なものが浮上した。(2022/1/4)

Gartner Insights Pickup(238):
2022年のIT投資は増加の見通し――ITリーダーが注力する投資分野は?
コンポーザブルビジネスの実現への貢献が、今後1年間のIT投資選択の大きな要因になる。(2021/12/24)

Restaurant Dive:
TGIフライデーズが“駐車場”に出店? 飲食店の「オフプレミス需要」とIT投資
コロナ禍を経て飲食業界のオフプレミス需要は急速にニーズを増している。これを支援するゴーストキッチンプロバイダーとして近年台頭する企業がReef Technologyだ。不動産投資を抑えた新たなビジネスモデルは飲食業界のスタンダードとなり得るのか。(2021/12/22)

回答者全員に調査レポートをお届けします
「2022年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に後日、「2022年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2022/1/6)

Restaurant Dive:
マックやKFCも 大手チェーンでドライブスルーのIT投資が過熱、その理由は
大手ファストフードチェーンの間で、ドライブスルー店舗の設備を拡大し、新たにIT技術を導入する動きが相次いでいる。その背景には、コロナ禍で消費者の行動やニーズそのものが後戻りしない勢いで変化する現実があるというが、一体何が起こっているのか。(2021/12/1)

2021年度IT予算額は前年を上回る:
「DXの取り組み状況が投資に影響を与えている」 ITRがIT投資動向の調査結果を発表
ITRは、「IT投資動向調査2022」の結果を発表した。2021年度のIT予算を増額した企業は多いが、2022年度は2021年度の実績値をわずかに下回る予測だという。(2021/11/12)

5Gによる柔軟性がカギに
『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞く、中小企業が今5Gに取り組むべき理由
コロナ禍でデジタル活用の重要性が再認識されているが、5Gのような先端テクノロジーはどう広まっていくのか。中小企業における5G活用やIT投資のポイントを『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞いた。(2021/11/1)

メカ設計ニュース:
国内CAD/CAM/CAE市場におけるコロナ禍の影響は軽微、2021年度は好転へ
矢野経済研究所は、国内CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果の概要を発表した。2020年度はIT投資意欲の高さが市場を下支えし、コロナ禍によるマイナス影響は最小限となった。2021年度は輸出型産業を中心にIT投資が回復し、市場成長に転じる見通しだという。(2021/10/21)

「今後のIT投資」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/20)

Supply Chain Dive:
IT予算がないなら戦略で勝負だ 中小企業がサプライチェーンを劇的に改善する3つのポイント
AmazonやWalmartといった大手が巨額の投資を実行して倉庫にイノベーションを起こす一方、小規模なサプライチェーンを抱える中小企業にとっては「少ない投資で、大きな効果」を狙えるデジタル戦略が重要になる。今こそ役に立つ3つのポイントとは。(2021/10/15)

CIO Dive:
3%増額で30%リターン増も “情強”企業のIT投資に学ぶ「どこを狙うと見返りが大きいか」
デジタル化に強みを見せる企業のIT投資額は他の企業よりも大きい。全体のコストで評価をするとそのリターンは非常に大きいという結果が出た。彼らはどこにどんな投資をしているのだろうか。(2021/10/12)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/10/1)

9割の企業が「2022年以降のIT投資を再考中」その傾向は
日本テラデータが企業のDX推進に向けたIT投資に関する調査結果を発表した。それによると2022年以降のIT投資を再考していると回答した企業は全体の9割近くに上った。(2021/9/30)

湾岸諸国の医療IT事情【後編】
「デジタルヘルスケア」に積極的な湾岸諸国の医療IT投資を阻む最大の課題とは?
デジタルヘルスケアを推進する湾岸諸国は、その手段となる医療IT投資を進める上で、幾つかの課題に直面しているという。それは何なのか。解決のために必要なこととは。(2021/9/17)

国内IT投資「セキュリティ」「リモートアクセス」が成長中 強化のポイントは
IDC Japanの調査によると、国内企業の投資志向が高いITインフラサービスは「サイバーセキュリティ」と「リモートアクセス」に関するものが産業分野を問わず多かった。サービス選定のポイントは、大規模で複雑なITインフラ環境を持つ金融、製造、情報サービスなどで特色が見られた。(2021/9/3)

Weekly Memo:
日本のIT投資、いち早く回復する業界はどこか――富士通、NEC、NTTデータの受注状況から見えた明暗
コロナ禍が長引き、各産業分野への打撃も尾を引く中、その回復状況のバロメーターともいえるIT投資がどう推移するかが注目される。日本を代表する大規模なIT事業者3社による四半期決算発表からは、業種別の回復傾向が少しずつ見えてきた。(2021/8/23)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/8/17)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ThinkPad X1 Carbon(ノートPC)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。さらにアンケート集計後、調査結果をメールにてお届けします。(2021/8/17)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方全員に、アンケート集計後、「2021年度の企業IT投資に関する動向調査レポート」をお届けします。(2021/7/21)

Microsoft Focus:
全バンキングシステムをAzureへ 北國銀行「9割は保守運用」だったIT投資を転換 支えたMSの金融クラウド戦略
厳格なセキュリティや法規制の壁を越えて、金融サービス業界のクラウド化が進みつつある。大手をかけるベンダーとして、Microsoftは日本の金融市場でクラウドの共創をどう進めるのか。国内外の戦略と、象徴的な事例でもある北國銀行の頭取が語ったメッセージから読み解こう。(2021/7/16)

2020年の国内企業のIT支出は「変わらず」または「増加」、重点投資先ITは?――IDC
国内企業のCIOなどを対象にした調査によると、2020年度の国内企業のIT予算は前年から大きな変化は見られなかったものの、コロナ禍でIT投資の優先度が高まったことが分かった。拡大したIT投資の支出先はどこか。(2021/7/15)

「コロナ禍収束後のIT投資意向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/7/9)

日本のハイブリッドワーク、新型コロナワクチン接種普及後に進む? テクノロジー導入が鍵か――IDC予測
IDCの調査では、新型コロナワクチン接種普及後の働き方は「週5オフィス勤務」と予測する人は日米とも7割で、「隔週以上の在宅勤務」と予測する人は日本で約3割、米国では4割弱だった。日本でも「ハイブリッドワーク」を想定したIT投資が必要になるという。(2021/7/6)

ランサムウェアが病院に及ぼす危機【第4回】
病院の業務停止を狙うランサムウェア攻撃、どのセキュリティ対策を優先するか?
最近のランサムウェア攻撃はデータの暗号化に満足せず、業務の停止を狙う。医療機関にとっては患者の生命に関わる問題だ。IT予算が限られている中、優先的に取り組むべきセキュリティ対策は何か。(2021/7/1)

「本格再開は2023年以降」:
関東、東海、近畿地方はIT支出が拡大 IDCが国内IT支出の地域別予測を発表
IDC Japanは、国内IT市場の地域別予測を発表した。2021年3月末時点の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した。2021年の市場規模は、対前年比2.7%増の18兆3772億円と予測する。IT支出の本格的な再開は2023年以降になる見込みだ。(2021/6/18)

「2021年度のIT投資動向」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ThinkPad X1 Carbon(ノートPC)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。さらにアンケート集計後、調査結果をメールにてお届けします。(2021/6/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
コロナ禍が生んだ「医療機関CIOの新たな役割」とは?
新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、医療機関にIT投資戦略の変化を迫る。そのかじ取りを担う医療機関CIOの役割も、必然的に変化が求められる。どう変わればよいのか。(2021/6/10)

2021年の国内IT支出は2.6%増、ただし「格差」の兆しも――ガートナー予測
ガートナーによると、2021年の日本のIT支出成長率は前年比2.6%となる予測で、業種別では教育、政府官公庁/地方自治体で高い成長が見込まれる。ただし、IT投資の「格差」が広がる見通しも出てきた。(2021/5/25)

新型コロナで加速する製造業のIT投資
クラウド移行や3Dプリンタ活用が加速 製造業向けITの4大トレンド
製造業の間でIT投資が進む中、ITベンダー各社も製造業向けの製品・技術開発を活発化させている。ITベンダー各社のイベント内容を基に、「IIoT」をはじめとする製造業向けITのトレンドを整理しよう。(2021/6/15)

5Gによる柔軟性がカギに
『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞く、中小企業が今5Gに取り組むべき理由
コロナ禍でデジタル活用の重要性が再認識されているが、5Gのような先端テクノロジーはどう広まっていくのか。中小企業における5G活用やIT投資のポイントを『5Gビジネス』著者の亀井卓也氏に聞いた。(2021/5/6)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【後編】
「IT投資ロードマップ」再検討を成功させる「戦略」「スキル」の見直し方
IT投資ロードマップを再検討する際に重要なポイントは何だろうか。「戦略」「スキル」の観点で解説する。(2021/4/9)

IT投資ロードマップの見直しに効く3ステップ【前編】
「IT投資ロードマップ再検討」に失敗しないための“最初の一歩”
ビジネスリーダーはIT投資ロードマップを再評価して、現在の成長状況と一致しているかどうかを確認する必要がある。その手始めとして、何から始めればよいのか。(2021/4/2)

「コロナ禍のIT投資」に関する実態調査
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/5)

デルが国内中堅企業約1500社が対象とした「IT投資動向調査」の最新結果を発表
デル・テクノロジーズは、国内の約1500社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の分析結果を発表した。(2021/3/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。