ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CIO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業において自社の経営理念に合わせて情報化戦略を立案、実行する責任者のこと。「最高情報責任者」「情報システム担当役員」「情報戦略統括役員」などさまざまな訳語が充てられる。
CIO − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
ITmedia エグゼクティブ:企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー

NasdaqがAWSを採用する理由【後編】
NasdaqのCIOが語る クラウドを無駄にする“悪習”とは
クラウドサービスへの大規模なシステム移行をスムーズに進めるには、どの作業から始めるべきなのか。AWS移行を進めるNasdaqのCIOが、クラウドサービス移行の前に検討すべきポイントを説明する。(2022/5/16)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズのDX編:
カインズ土屋会長が「慣れない英語で質問」したワケ “IT小売企業”への一歩
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、カインズの土屋裕雅会長。デジタル事業への100億円以上の投資を表明し、IT化を進めているカインズ。その背景にあった「出会い」とは?(2022/5/13)

Gartner Insights Pickup(256):
クリティカルなインフラストラクチャのIT融合に関するセキュリティ対策の前提とは
CIO(最高情報責任者)やサイバーセキュリティリーダーにとって、クリティカルなインフラストラクチャのサイバーフィジカルシステムに注意を払い、これらに関する将来予測を踏まえてセキュリティ対策を立てることは、これまで以上に重要になっている。(2022/5/13)

CIO Dive:
“CIOは技術だけ見ればいい”は時代遅れ? 2022年に求められる役割
IDGのCIOを対象にした年次調査によれば、CIOの76%が技術に関する意思決定と並行して、セキュリティへの関与が強まると予想している。(2022/5/12)

CIO Dive:
「えっ、データがない?」 ESG時代到来でCIOに求められる“新たな役割”
ESG戦略への関心が高まっているが、多くの企業は、投資家だけでなく規制当局からも要求されるデータを作成するためのシステムを備えていない。データ作成の白羽の矢が立ったのは、かつて「技術に詳しければ務まる」とされていたCIOだった。(2022/5/11)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」で充電器などを最大39%オフ
CIOが、4月24日9時〜4月26日23時59分に開催されるAmazonの「タイムセール祭り」に参加。GaN対応急速充電器やモバイルバッテリー、絡みにくいシリコン充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。(2022/4/22)

日本のCIOが2022年に取り組むべき3つの課題 IT人材やDXコスト獲得に影響――ガートナー提言
ガートナーによると、日本のCIOが2022年中に取り組むべき重要課題は、「CIOとIT部門の役割」「人材と組織」「ITコスト管理」の3領域だという。(2022/4/18)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第2回】
「最新で最高のツール」という宣伝に踊らされる人、冷静に見極められる人の違い
ビジネスを取り巻く環境が急速に変化する中で、CIOは常に「いつ、どのような技術を導入するか」という判断に追われている。新技術のきらびやかな広告を目にして導入を悩んだとき、最適な選択をするには。(2022/4/15)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズ×東急ハンズの未来編:
東急ハンズ、カインズとの「シナジーよりも大切なもの」 カインズ土屋会長が明かす
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、3月末に東急ハンズを買収したカインズの、土屋裕雅会長。土屋会長が明かす、東急ハンズへの思いや、経営論とは──?(2022/4/12)

CIOがモバイルバッテリーやワイヤレス充電器のセール 楽天市場の「お買い物マラソン」にて
CIOが、4月9日20時〜4月16日1時59分に開催される楽天市場「お買い物マラソン」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを割引価格で販売する。(2022/4/8)

IT製品の宣伝文句を見極める3つのポイント【第1回】
約9割が「DX」にプレッシャー CIOを惑わせる“あおり文句”の誘惑
DX推進に責任を負うCIOは、プレッシャーと戦い続けている。こうした中、きらびやかに見える“あおり文句”に、つい心を動かされるCIOがいてもおかしくはない。(2022/4/8)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
世界の秩序が変わり、冷静に判断する時
欧米の支援を受けるウクライナとロシアの衝突が続く中、これまで以上に中国の動向が注目されています。フィデリティ・インターナショナルのCIOが今後想定されるシナリオとグローバル経済の行方を解説します。(2022/4/7)

PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【後編】
“データ集めのプロ”なんていらない PwCが語る「CIOが本当に重視すべき力」
企業の間でデータ活用を重視する動きが広がっている。データの真価を引き出すために、CIOは従業員にどのようなスキルを求めるべきなのか。PwCに聞く。(2022/4/7)

「OCI」「Azure」でクラウド移行を進めるヒースロー空港
ヒースロー空港が「Oracle Cloud」と「Azure」を併用 どう使い分けているのか
英国のヒースロー空港は「Oracle Cloud Applications」「Microsoft Azure」という複数のクラウドサービスを併用している。どのようなサービスを、どのような目的で利用しているのか。元CIOに話を聞いた。(2022/4/4)

PwCに聞く、CIOが戦略的指導力を発揮する方法【前編】
デジタル化促進で脚光を浴びるCIO 企業の成長に必要な「戦略的指導力」の鍵は
新型コロナウイルス感染症の影響で企業のデジタル化が進み、推進役のCIOは脚光を浴びている。新たな需要を満たしながら会社を率いていくために、CIOに求められているスキルは。(2022/4/1)

CIOはDXをけん引するパイロット【後編】
“エンジニア型CIO”から今すぐ脱却を DXを成功させるCIOの条件
DX推進を成功させるためには、CIO(最高情報責任者)にはどのような能力や考え方が必要になるのか。調査結果を基に探る。(2022/3/31)

PR:老舗企業のITチームはなぜDXに失敗してしまうのか〜成功する「CCoE組織の組み方」
DX推進でまず改革すべきなのは旧来のIT調達の考え方やITマネジメント手法を踏襲するIT部門だ。DXの停滞に悩む多くの経営者やCIOが、この課題の解決策を探している。(2022/3/31)

CIOはDXをけん引するパイロット【前編】
DXにかかわるCIOの3タイプ「機長」「副操縦士」「エンジニア」とは?
米国のある調査によれば、CIO(最高情報責任者)がDXを推進する際の役割は「機長」「副操縦士」「エンジニア」のいずれかに分類できるという。それはどういうものなのか。(2022/3/30)

特集:コロナ/大災害時代のデータ保護大全(2):
クラウドネイティブな環境の災害対策とは? みんなの銀行に聞く「運用コストゼロ、運用負荷ゼロの究極のシステム」
若い世代に向けて新しい形の銀行サービスを提供しているみんなの銀行。同行のサービスはクラウドネイティブなシステム構成を取っているのが大きな特徴だ。CIOの宮本昌明氏に、クラウドネイティブ時代の災害対策について聞いた。(2022/3/31)

世界のCIOが回答 現行システムの半分以上が改善の余地「大」 「as a Service」の活用が鍵となるか
世界のCIOを対象にしたレノボの調査によると、現行の社内システムの少なくても半分は改善の余地があると指摘するCIOは5割を超え、2割はほぼ全てを入れ替えたいと考えていることが判明した。今後のシステム改変には、9割以上のCIOが新たな「as a Service」の利用を想定していることも分かった。(2022/3/28)

Gartner Insights Pickup(250):
モダンなインフラのよくある5つの誤解を認識し、解消する
インフラの優れた選択肢が出てきているが、CIO(最高情報責任者)はより大きな不確実性とさらなるリスクおよび大げさな主張に悩まされている。(2022/3/25)

IaaS移行にかかるコストを整理する【中編】
IaaSへの移行作業中に発生する“見落としがちなコスト”
IaaSへワークロードを移行させる際、CIOは移行後の運用コストについて考慮する必要がある。コストを計算するときに見落としがちな要素とは。(2022/3/24)

IaaS移行にかかるコストを整理する【前編】
「IaaS移行」を考えたらまず検討しておきたいポイント
オンプレミスインフラからIaaSへの移行を考えるCIOは、移行計画を立てることにもコストがかかることを忘れてはならない。IaaS移行の計画段階でかかるコスト要素について詳しく説明する。(2022/3/17)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【後編】
CFOとの連携強化を目指すCIOなら習得して損はない「ビジネスの共通言語」とは
CIOが「CFOとの連携強化」を課題に感じているなら、習得すべき知識とスキルは何か。調査レポートを基に考察する。(2022/3/17)

ガートナーが提言、IT人材の離職を防ぐために見直すべき3つのポイント
ガートナーの調査によると、IT人材は現在の勤務先にとどまる意向を持つ割合が、全ての職種の中で最も低いという。IT人材を引き留めるためにCIOは何をすべきか。(2022/3/14)

2022年の熱いIT投資先【前編】
できるCIOは「スプリント」を重視――Gartnerが描く“未来志向”のCIO像
IT支出は増加し、数年単位で進行するプロジェクトが主流になる――Gartnerは2022年のIT支出動向をこう予測する。こうした中でCIOに求められる考え方とは。(2022/3/11)

優れた「フリーランスエンジニア」になるには【中編】
優秀なエンジニアが知っているCEO、COO、CIO、CFOの“頭の中”
フリーランスエンジニアが、顧客の求めているものを正しく理解し、期待に応えるためには、何をすればよいのか。より良いコミュニケーションを実現する上で知っておくべきヒントを紹介する。(2022/3/11)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【中編】
こんなCIOはCFOに見限られる 両者の関係が「緊張状態」になる理由
IT投資が盛んな昨今、CIOとCFOの関係はビジネスの成否に影響する可能性がある。CIOがCFOと付き合う上で避けるべき「関係を悪化させる振る舞い」について解説する。(2022/3/10)

CIO Dive:
“技術”だけでは不十分? 2022年以降のCIOに求められる5つの役割とは――米国アナリストが指摘
オフィスワークとテレワークを組み合わせたハイブリッドワークの導入を目指す企業が増加している。これを実現するためにCIOにはどのような役割が求められているのか。米国のアナリストが5つの役割を指摘した。(2022/3/4)

IT投資成功の鍵はCIOとCFOの関係にあり【前編】
CIOとCFOの良好な関係がIT投資の成功を左右する理由
企業のIT活用がより積極化する中、IT投資の良しあしがビジネスの行く末を左右する。ある専門家は、IT投資の成果を最大化するにはCIOとCFOの連携が重要だと語る。その理由は。(2022/3/3)

CIO、Amazon「タイムセール祭り」でモバイルバッテリーや充電器を最大39%オフ
CIOが、2月26日9時〜2月28日23時59分に開催されるAmazon「タイムセール祭り」へ参加。モバイルバッテリーやGaN対応急速充電器などを最大39%オフで販売する。(2022/2/25)

CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【後編】
“指示待ちCIO”“優秀な問題解決CIO”では不十分な理由と、CIOが成長する方法
CEOの戦略的パートナーの地位を得るためにCIOができることは幾つかある。新たな脅威を見極め対処したり、未来のビジネスへの道筋を作ったりすることが、その一例だ。具体的にどのように取り組めばよいかを紹介する。(2022/2/15)

日本企業の「ビジネスコンポーザビリティ」を高めるために、CIOが即実践すべきこととは――ガートナー提言
世界のCIOを対象にしたガートナーの調査結果によると、日本企業の「ビジネスコンポーザビリティ」は世界平均以下であり、「自社の競争優位性」に対する評価も低いことが分かった。コンポーザビリティを高めるためにCIOに求められるものとは?(2022/2/9)

CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【中編】
“生き残りに必死なCIO”が“成長を導くCIO”に生まれ変わるには
パンデミック初期に、その状況を乗り切るための「生き残りモード」に戦略を変えた企業がある。時間がたった今、CIOがすべきことは、ビジネス成長を見据えた「成長モード」への迅速な戦略変更だ。(2022/2/8)

CIOがCEOの戦略的相棒になる6つの心構え【前編】
CIOがコロナ禍で「頼れる戦略的技術アドバイザー」の地位を築くヒント
パンデミックはテレワーク導入を後押しし、プロジェクトを主導したCIOの発言力を強めるきっかけにもなった。この経験を通じて積み重ねた信頼を維持し、CIOがCEOの戦略的技術アドバイザーになるには。(2022/2/1)

CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【後編】
「重要決定の事後報告」でCISOとの関係が悪化 “しくじりCIO”の実践的回避策
CIO(最高技術責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)が信頼関係を築くには、実務上のプロセスだけでなく、インフォーマルな交流も重視するとよい。具体的にどうすべきか。(2022/1/20)

「コロナ後も生き延びる企業」の評価指標【前編】
コロナ後に生き残る企業は「成果主義」? CIOが重視したい新たな評価指標は
新型コロナウイルス感染症が社会にもたらした影響によって、働き方に大きな変化が生じた。その結果、昔ながらのマネジメントを続けることがリスクになる可能性がある。新たな時代に即した評価指標を決めるこつは。(2022/1/18)

CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【中編】
CIOがCISOと「対等に議論」するためのヒント
CIO(最高技術責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)は、お互いの役割の違いから利益相反が発生しがちだ。良い関係を保つために、互いの意見を尊重して前向きな議論を促すヒントを探る。(2022/1/13)

CIOとCISOの関係を改善する5つの方法【前編】
CIOとCISOはなぜ対立してしまうのか 両者の役割に根差す構造的な理由
リスクを最小化して成果を出すに当たり、CIO(最高情報責任者)とCISO(最高情報セキュリティ責任者)の協力体制は重要だ。だが両者はしばしば対立する。それは人間性に起因する問題ではなく、構造的なものだ。(2022/1/6)

CIOがAmazon「初売りセール」に参加 モバイルバッテリーやケーブルなどが最大39%オフに
CIOが、Amazonの「初売りセール」に参加。30W出力対応の超小型モバイルバッテリーやGaN急速充電器、高耐久充電ケーブルなどを最大39%オフで販売する。期間は1月6日まで。(2022/1/5)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “政府とIT”編:
デジタル庁創設で何が変わったか? 「仲良くないけど期待しかない」府省庁の胸の内
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、農林水産省のITテクニカルアドバイザーを務める坂本俊輔氏。他の府省庁のIT人材にとって、デジタル庁はどんな存在なのか? 期待や課題、おカネの話まで──「政府とIT」の実情を聞いた。(2021/12/21)

Gartner Insights Pickup(237):
CIO(最高情報責任者)とITリーダーは次はどこへ向かうか
ITリーダーは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で永遠に変わった世界の中で、ITを活用して価値を生み出す無限の可能性を持っている。(2021/12/17)

「この形の銀行システム運用は初のチャレンジ」:
みんなの銀行CIOが語る、クラウド基盤の選び方とその運用
2021年にサービスを開始したみんなの銀行は、クラウドネイティブな開発、運用を実践している。同行CIOの宮本昌明氏が語る、新時代の銀行システムとは。(2021/12/16)

CIO、楽天スーパーSALEで急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフ
CIOは「楽天スーパーSALE」に参加し、GaN急速充電器やモバイルバッテリーなどを最大75%オフで販売。期間は12月11日1時59分まで。(2021/12/6)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “百貨店の未来”編:
LINEミニアプリにスカウター? パルコ・H2OリテイリングのDXリーダーが語る、物があふれた時代の百貨店
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、パルコ執行役員の林直孝氏と、エイチ・ツー・オー リテイリング執行役員の小山徹氏。DXを率いるリーダーとして、両者が今考える「百貨店の未来」とは──。(2021/12/1)

ガートナー「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」2022年版を発表
ガートナーは「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2022年版を発表した。CIOが注力を求められるビジネス上の重要課題として「成長を加速する」「変化を形づくる」「信頼の構築」の3つをテーマにした。(2021/11/18)

Supply Chain Dive:
米Target「伝説のCIO」勇退の報にGartnerアナリストが語った「未来の百貨店」の姿
TargetのCIOマクナマラ氏は7年間にわたって同社のデジタル戦略をいかに強化したか。新CIOが取り組むべきポイントとは。(2021/11/15)

企業の生き残りを左右する「ビジネスコンポーザビリティ」とは――ガートナー提言
世界のCIO約2000人を対象にしたガートナーの調査によると、不確実なビジネス環境を生き抜くには、企業は「ビジネスコンポーザビリティ」を採用する必要があるという。(2021/11/9)

AWSを活用してコロナを乗り切るWyndham【後編】
大手ホテルCIOが語る「『AWS』が新型コロナ禍の課題をこう解決した」
ホテルフランチャイズのWyndham Hotels & Resortsは、自社のITインフラとしてAWSを活用している。AWSを利用して得られた効果と、DXに向けた同社の施策とは。(2021/11/2)

遠隔医療の普及を阻むデジタルデバイド【前編】
米国人がPCよりもスマホで「オンライン診療」を受けようとする“切実な事情”
米国の患者はオンライン診療にPCよりもスマートフォンでの接続を好むという。その背景には人種間のデジタルデバイド(情報格差)の影響がある。米国医療機関のCIOが目の当たりにした情報格差の姿とは。(2021/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。