ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CIO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

企業において自社の経営理念に合わせて情報化戦略を立案、実行する責任者のこと。「最高情報責任者」「情報システム担当役員」「情報戦略統括役員」などさまざまな訳語が充てられる。
CIO − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
ITmedia エグゼクティブ:企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー

クラウドサービス移行ロードマップの作り方【中編】
「クラウドサービス移行」の失敗企業が見落としがちな“理念”の重要性
システムのクラウドサービスへの移行を検討するに当たって、CIOが考えるべきことは幾つかある。移行に役立つ製品/技術は豊富にあるが、まず注目すべきことはそれではない。では何なのか。(2021/4/15)

法案の変更点をGitHubのように比較する「LawHub」、Twitterで注目も実は開発停止中
政府CIO補佐官のツイートをきっかけに法案の変更箇所をGitHubの差分形式で可視化するプロジェクトがTwitterで注目を集めている。変更箇所をカラーマーカーで表示する。(2021/4/2)

日本モノづくりワールド:
横河電機が進める2つのDX、グローバル最適化やIT変革を推進
日本ものづくりワールド(2021年2月3〜5日、千葉県・幕張メッセ)の特別講演として、横河電機 執行役員(CIO)デジタル戦略本部長 兼 デジタルエンタープライズ事業本部DXプラットフォームセンター長の舩生幸宏氏が「横河電機のグローバルIT戦略〜DX推進に貢献出来るIT部門への変革〜」をテーマに講演した。(2021/3/26)

CIO、カードサイズの容量8000mAhモバイルバッテリーを4月1日まで1128円オフ
CIOは、クレジットカードサイズのモバイルバッテリー「SMARTCOBY8000」の期間限定セールを開催。クーポンコードを利用すると4月1日まで1128円オフで購入できる。(2021/3/25)

プレミアムコンテンツ:
病院CIOがコロナ禍でセキュリティ予算を確保する3要素
新型コロナ禍で医療従事者にも在宅勤務のニーズが生じている。もし自宅PCが攻撃されると、病院システムへの侵入口となる恐れがある。セキュリティ強化のために、経営陣との予算交渉で必要な3つの要素を解説する。(2021/3/23)

「約3分の2の企業は期待通りにクラウドの価値を享受できていない」 アクセンチュア調査
日本を含む17カ国、11の業界の大企業の上級役職者およびIT担当役員750人を対象にした調査結果を公開。(2021/2/22)

人材に関する4つの誤解とは:
「若者は業務よりプライベートを重視する」は間違い? ガートナーが人材の新常識を発表
ガートナー ジャパンは、日本のCIOが押さえておくべき人材の新常識を発表した。日本のCIOに対して、「日本企業の従業員は1社で長く働くことを好む」など人材に関する認識が誤解だと指摘し、新たな常識を基に時流に即した人材戦略を推進すべきと主張している。(2021/2/16)

iPhone 12にマグネットで吸着して充電できるモバイルバッテリー CIOから
CIOは、容量5000mAhのモバイルバッテリー「CIO-MB5000-MAG」を発売。最大15Wのワイヤレス充電が可能で、iPhone 12シリーズのMagsafe充電に対応する。(2021/2/2)

日本企業のデジタル化は世界から約2年の後れ CIOが即実行すべきこととは――ガートナー提言
世界74カ国のCIOを対象にしたガートナーの調査によると、日本企業のデジタル化は加速してはいるものの、世界のトレンドラインから約2年の後れを取っていることが判明。デジタルビジネスをより速く進展させ、グローバルにおける自社の競争力を高めるために、日本企業のCIOが実行すべき3つのアクションとは何か。(2021/2/2)

建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【後編】
建設会社がDaaS選びで「自宅回線が遅くても快適」を重視した“切実な理由”
米国の建設会社Mead & Huntは、テレワーク推進の手段として「DaaS」を選定する際に何を重視したのか。その背景とは。同社CIOに聞く。(2021/1/25)

建設会社が「DaaSでテレワーク推進」で得たこと【前編】
テレワーク拡大で生産性は下がるどころか史上最高に――DaaS導入の建設会社CIO
「DaaS」を使ったテレワークを推進している米国の建設会社Mead & Hunt。テレワークによって「生産性は史上最高になる」と同社CIOは語る。その理由は。(2021/1/18)

「大企業より中小企業がITを使いこなせる時代」
“伝説のCIO”岡田章二氏が語るDXに必要な経営者の覚悟
「ユニクロ」「GU」を展開するファーストリテイリングで長年にわたりIT部門責任者を務め、同社のグローバル企業への成長をシステム面から支えた岡田章二氏に中小企業のDXにおける課題とチャンスを聞いた。(2021/2/1)

IT製品の導入とDXは何が違うのか
中小企業でDXが進まない理由――政府CIO補佐官 細川義洋氏が語るDX成功の勘所
人々の生活様式、働き方が変わった2020年。中小企業のDXの取り組みはどうなっていたのか、これからDXに取り組む中でポイントはどこにあるのか。ITプロセスコンサルタント、政府CIO補佐官として活躍する細川義洋氏に聞いた。(2021/2/1)

SOMPOは自らを壊し「保険のない世界」を目指す――グループCDO/CIO 尾股 宏氏
既存事業を破壊する中からしか未来は生まれない。そう語るのは保険業界で唯一DX銘柄に選出された企業のCDOだ。同社がこだわるのは同社独自の定義による「リアルデータ」だ。同社グループ CDOの尾股氏にその意図を聞いた。(2021/1/12)

Gartner Insights Pickup(189):
CIOのための分散クラウドガイド
なぜ分散クラウドが次世代のクラウドコンピューティングを支えるのか。パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド、エッジコンピューティングと比べた分散クラウドのメリットは何か。(2021/1/8)

モバイルディスプレイの道:
VESAマウント対応で実売2万円台前半のモバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」を試す
CIOの15.6型モバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」は、標準でVESAマウントに対応したユニークな製品だ。実売で税込み2万2000円を切る価格面でも魅力的な本製品をチェックした。(2021/1/5)

医療機関を狙うランサムウェアの脅威と対策【前編】
病院がコロナ対策の次に「ランサムウェア」対策を真剣に考えるべき理由
米国連邦政府の各機関は、今後ランサムウェア攻撃が急増する懸念があると、医療機関のCIOに警鐘を鳴らしている。サイバーセキュリティ専門家が予想する脅威とは。(2020/12/28)

次世代Wi-Fi【後編】
Wi-Fi 6/6Eをスキップして「Wi-Fi 7」を待つべきか?
IEEEは既にWi-Fi 7に取り組んでおり、近い将来に利用可能になる。業界とCIOは、Wi-Fi 6に移行するかWi-Fi 6Eを待つか、一気にWi-Fi 7にするかのジレンマに陥る可能性がある。(2020/12/25)

3台マルチペアリングできるiPad向けカバー付き薄型キーボード2種 CIOから
CIOは、iPadカバー付き薄型キーボード「CIO-KB-I01」「CIO-KB-I02」を発売。3台のマルチペアリングにも対応し、Amazonではクーポンコードを入力すると12月24日まで1228円オフの4800円で購入できる。(2020/12/18)

コンセント付き、ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリー「CIO-SC2-10000」
CIOは、12月15日にACチャージャー・モバイルバッテリー・ワイヤレス充電機能を備えた「CIO-SC2-10000」をAmazonで先行販売。クーポンコードを利用すると12月21日まで2598円オフの3980円(税込み)で購入できる。(2020/12/15)

Gartner Insights Pickup(184):
ITコストを最適化する10の手法
官民のCIOは、変化の激しいビジネス環境の中で予算の制約に対処するために、ITコストの最適化手法を検討する必要がある。(2020/11/27)

政府CIO補佐官が説く「デジタル改革」の具体像(1):
デジタル庁創設、脱ハンコ――政府がDX実現で目指すものとは
デジタル庁創設や脱ハンコなど、政府のデジタル改革に注目が集まっていますが、その必要性は以前から訴えられてきました。今回注目されているデジタル改革は今までと何が違うのか。政府CIO補佐官として活動する筆者が、デジタル改革の現状、目指しているゴールを解説します。(2020/11/25)

容量8000mAhのコンパクトなモバイルバッテリー「SMARTCOBY Lite」 クーポン利用で550円引き
CIOは、11月24日に容量8000mAhのモバイルバッテリー「SMARTCOBY Lite」を発売。約130gのコンパクトなモデルで、クーポンコードを利用すると12月1日まで550円引きの2178円(税込み)で購入できる。(2020/11/24)

製造マネジメントニュース:
デジタル化は先進企業ほど積極姿勢、ガートナーがCIO対象の調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、世界のCIO約2000人を対象にした調査結果を発表した。先進企業は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック下でもデジタルイノベーションを優先していることが分かった。(2020/11/24)

「CIOが機会をつかむための4つの方法」とは:
コロナ禍でもデジタル技術に重点投資 ガートナーが「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表
ガートナー ジャパンは、CIOを対象にした調査「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表した。新型コロナウイルス感染症がまん延した中でも、先進企業はデジタルイノベーションを加速させ、先進技術を活用しようとしていることが分かった。(2020/11/9)

即効性のある削減策とは:
ITコストを一気に削減する10の方法をGartnerが紹介
Gartnerは「新型コロナウイルス感染症の世界的大流行で景気が悪化し、多くのCIOが目先のITコスト削減を迫られている」と指摘し、短期間でITコストを削減する10の方法を紹介した。効率良く削減でき、事業に影響を与えにくい方法とは何だろうか。(2020/11/6)

ガートナーがCIOアジェンダ・サーベイ発表 先進企業に学ぶ4つのアプローチ
ガートナーは、世界のCIOを対象にした調査「2021年CIOアジェンダ・サーベイ」の結果を発表した。同社は、CIOがデジタルビジネスで機会をつかむ4つの方法について解説した。(2020/11/6)

Computer Weekly製品ガイド
公共セクターITのデジタルへの道
公共セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションの進展はまちまちだ。だが中にはこの戦略を取り入れているCIOもいる。(2020/11/2)

CISOはCIO、CTOと何が違う? CISOの「DX推進に欠かせない役割」とは
日本ではまだまだなじみ深くはないCISO(最高セキュリティ責任者)というポジション。大手IT系企業以外で、こんなポジションを用意する必要が果たしてあるのでしょうか。実はDXを少しでも進める企業であればCISOを置くことが重要になります。CIOやCTO配下のセキュリティ担当者にはできないDX推進に欠かせない役割とはどんなものでしょうか。(2020/10/30)

コロナ禍をCIO/CTOはどう受け止めたか:
PR:コロナ禍対応、IT施策の陣頭指揮を執った各社トップが見る組織の未来予想図
技術志向で知られる米国のITベンダーが日本のCIO/CTOらとパネルディスカッションを行った。OSS開発で培った知識や経験の共有、公平な議論の場を日本企業のトップが体験すると、どんな議論が巻き起こるのだろうか。イベントの模様を紹介する。(2020/10/29)

“東証レベル”の対応ができる企業は少数派、という現実:
「想定外のシステム障害」は必ず起こる――東証の対応から、企業が今のうちに学べること
2020年10月1日に発生した東証のシステム障害をきっかけに「もしも同じような状況に置かれたら、果たして自分たちはどこまで対応できるのか」と自問自答したIT担当者やCIOは多いだろう。想定外の障害が発生しても冷静に対応するために、今回の事件から何を学べるのか。(2020/10/27)

Gartner Insights Pickup(176):
CIOのためのサーバレスコンピューティングガイド
サーバレスコンピューティングは、企業がクラウドネイティブアプリケーションを構築、利用、統合する方法を再定義するキーテクノロジーだ。CIOのために、これがどのような技術なのかを分かりやすく紹介する。(2020/9/25)

医療ITの課題は、業界そのものの課題
医療機関CIOが新型コロナで直面する「最大の課題」とは?
新型コロナウイルス感染症は米国の医療業界にどのような影響を及ぼしたのか。医療機関のCIOが優先して対処すべき課題は何なのか。専門家に話を聞いた。(2020/9/23)

Gartner Insights Pickup(175):
今こそ、サイバーセキュリティをビジネスの成果に直接貢献することが必要
多くの企業では、セキュリティ対策がビジネスと密接に結びついていない。CIOとCISOは、意思決定を行う役員を巻き込んでサイバーセキュリティへの自社の取り組み方を変更し、ビジネスに直接貢献するセキュリティ投資を推進する必要がある。(2020/9/18)

医療におけるAutoMLの可能性【前編】
“AutoML懐疑派”だった医療機関がAutoMLのヘビーユーザーになるまで
「AutoML」(自動機械学習)に懐疑的だった、米国の医療機関Symphony Care NetworkのCIOは現在、AutoMLツールの「DataRobot」を積極的に利用しているという。なぜ心変わりしたのか。同機関の利用事例を紹介する。(2020/9/17)

Gartner Insights Pickup(174):
政府機関や自治体でクラウド展開を最適化する5つの施策
政府機関や地方自治体ではクラウドの導入がなかなか進んでおらず、それにはさまざまな理由がある。だが、これらの組織のCIOは、クラウドの導入拡大に必要な施策を理解し、実践すべきだ。(2020/9/11)

大学の「HCI」活用【後編】
大学が“クラウド全面移行”をやめて「HCI」を選んだ理由
アラバマ農工大学がHCIを利用してデータセンターを改修した目的はDR対策だった。同校CIOによれば、クラウドサービスではなくHCIを採用したことには理由がある。それは何か。(2020/9/3)

パンデミックで変わる医療ITツールの役割【前編】
病院は「電子カルテ」などの既存ツールを新型コロナ対策にどう生かすのか
米国医療機関のCIOは、新型コロナウイルス感染症に対処するために、電子カルテをはじめとする既存ツールの新たな使い方を模索している。どのように活用しているのか。(2020/8/18)

遠隔医療のニーズ増を見据える
「医療の仮想化」とは? コロナ禍で病院CIOが注目するITトレンド
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、医療機関はIT投資の方向性を変えようとしている。こうした中、医療機関のCIOはどのようなIT製品に注目し、役割をどう変えるべきなのか。米国の医療機関CIOに聞く。(2020/8/7)

Gartner Insights Pickup(169):
CIOが押さえるべき、プレゼンテーション改善のためのチェックリスト
プレゼンテーションのオーディエンスは今や、プレゼンターが常に楽しませ、魅了してくれると期待する。CIOが自らのアイデアへの支持を取り付けるには、効果的なコミュニケーションテクニックを学び、実践しなければならない。(2020/8/7)

CIOに聞いた国内企業のIT投資傾向、2020年は遠隔操作や自動化を推進する5G、AIに集中か――IDC調査
ITサービス/アウトソーシングを利用する国内企業のCIOなどを対象にした調査によると、2020年のIT投資は大企業ほど増加傾向にあり、コロナ禍の影響を踏まえて、AIや5Gなどの遠隔操作や自動化を推進させるようなテクノロジーに対する投資が積極的に行われる傾向にあることが分かった。(2020/7/31)

ベンダーのロードマップは3年先まで把握済み:
JTが構築してきたベンダーとの”いい関係”、パラダイムシフトを乗り越えるIT活用とは
ニューノーマル時代の到来と共に、世界中で産業構造が変わろうとしている。そのような中、「たばこ離れ」という文化レベルのパラダイムシフトを乗り越えてきたJTは、ITをどのように生かしているのか。同社でデジタル変革を主導する、CIO グローバルオフィス担当部長の引地久之氏に話しを聞いた。(2020/7/8)

Gartner Insights Pickup(165):
クラウドをめぐる10の誤解
クラウドコンピューティングをめぐる混乱やハイプ(誇大宣伝)が続いている。CIOは、今も根強く流布しているクラウドに関する主な俗説に注意する必要がある。本記事ではクラウドに関する最新の10の誤解をお届けする。(2020/7/3)

Gartner Insights Pickup(164):
2020年のクラウド導入に影響する4つのトレンド
エンタープライズITでクラウドコンピューティングの利用が急速に拡大する中、CIOは、2020年のサービス導入に影響する、クラウドコンピューティングの4つの側面に注意を払う必要がある。4つの側面とは「コスト最適化」「マルチクラウド」「人材不足」「分散型クラウド」だ。(2020/6/26)

医療ITに革新をもたらす5G【前編】
医療機関がまだ高過ぎて導入できなくても「5G」に可能性を感じる理由
医療機関が安心して「5G」の導入に踏み切るには前例が必要だ。5Gの普及には時間がかかるため、事例は当分現れない可能性もある。それでも米国の医療機関CIOは5Gの可能性を信じている。それはなぜか。(2020/6/8)

Gartner Insights Pickup(159):
CIOが2020年度に取り組むべき、10の目標例
CIOは、2020年度に自身の仕事力を高めるため、どのような目標を立てるべきか。10の目標例を紹介する。(2020/5/22)

ネットワークにつながる医療機器は多様化
セキュリティ投資を病院の経営陣に納得させる“無視してはいけない3要素”
医療機関の情報セキュリティインシデントは、患者の生死に直結する問題だ。米国の医療機関CIOは、経営陣と情報セキュリティ予算の交渉をするには3つの要素が不可欠だと強調する。それは何なのか。(2020/5/19)

Gartner Insights Pickup(158):
CIOが今、デジタルトランスフォーメーションのパイオニアになるには
CIOは、自社のデジタルトランスフォーメーションをリードし得る有利な立場にある。だが、戦略を立ててこれを的確に具体化し、影響力を行使しなければ期待に応えられない。では、何をすればいいのか。(2020/5/15)

コロナ対策、事業継続のためにCIOが取るべき“8つのアクション”とは?――ガートナー
ガートナーによると、新型コロナウイルス感染症の拡大によるパンデミックの中、企業が財務面で生き残りを図るために、CIOにはIT投資に関する“8つのアクション”が求められるという。(2020/5/12)

PD3.0/QC3.0対応の2ポート充電アダプタ「PDQC18W」発売 クーポン利用で999円(税込み)に
CIOは、5月8日からPD3.0/QC3.0に対応した2ポート充電アダプタ「PDQC18W」の期間限定セールを開催。クーポンコードを使用すると、5月14日まで409円オフの999円(税込み)で購入できる。(2020/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。