プロナビ

「Interop Tokyo 2024」で各社の最新テクノロジーとソリューションを見てきた!Interop Tokyo 2024(1/7 ページ)

» 2024年06月17日 14時00分 公開
[渡辺まりかITmedia]

 最先端の情報通信関連技術を集めた展示会「Interop Tokyo 2024」が、6月12日〜14日にかけて幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された。

 誰もがインターネットに接続できるようになったが、つい最近でも大規模なランサムウェアの被害が報じられたように、通信できるからこそのセキュリティ上のリスクも存在する。その解決方法の提案なども含め、さまざまなソリューションが展示されていたので紹介していこう。

Interop Tokyo 2024最終日 Interop Tokyo 2024最終日の会場。写真は午前中だが、午後になるにつれどんどん人が増えてきた。最終日は1日目、2日目より多い4万5394人の来場者があった(事務局発表)

データを人質に取られない頑丈なデータ保護プランを提供 Synology Japan

 Synology Japanのブースで目立つように展示されていたのは、エンタープライズ向けとなるActiveProtect アプライアンスの「DP7400」だ。これは台湾の台北市で開かれた「Synology Solution Exhibition 2024」で出展されていたもので、国内では初展示となる。

Synology Japan Synology Japanのブース
「DP7400」 展示されていたラックマウントサーバ「DP7400」

 データ保護に特化したソリューションで、クライアントからは接続するだけでイミュータブルバックアップが可能だ。イミュータブル(不変の/変更不能)なので、バックアップしたデータは管理者ですら削除することができない。ランサムウェアの餌食になることはないというわけだ。

 また、DP7400からDP7400へ同じようにイミュータブルバックアップを取ることができ、さらに別の外部ストレージへバックアップを取って冗長化も行える。

 内蔵の仮想マシンによるサンドボックス環境化でデータ破損の検知や復元、バックアップの検証、災害復旧訓練のテストなどを実行可能だ。万が一の際でも、エアギャップバックアップにより隔離されたデータが残るため、データの消失を防ぐことができる。

 「アプライアンスなので、セッティングに時間がかからないところもメリットの1つだ」と担当者は解説していた。

セッティングに時間がかからない 専用機器なのでセッティングに余計な時間がかからないのがメリットだ
そのほかの展示 ブースではNAS/SANサーバのFlashStationシリーズ「FS2500」やNAS用SSDなども展示していた
       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー