これから始める「Microsoft Copilot」 使って分かった有効活用法と注意点

OpenAIの大規模言語モデルが「GPT-4o」へと進化し、Microsoftの「Copilot」、Googleの「Gemini」などを業務で活用しようとする動きが活発化している。今後は生成AIをどうビジネスや業務に活用するかが問われる時代になるだろう。

» 2024年06月24日 08時00分 公開
[ITmedia]

 定型作業の省力化や業務効率化を目的に、「Microsoft Copilot」(以下、Copilot)を活用しようと考える企業が増えてきた。

 ベネッセホールディングスはAIアプリ開発ツール「Microsoft Copilot Studio」を使って「社内相談AI」を開発した。社内を横断した情報検索にかかる工数を削減するための試みだ。クレジットカード会社大手のジェーシービーも、2024年6月から「Copilot for Microsoft 365」の社内活用を本格化する考えだ。

 一方で、「自社の業務にどう有効なのかが分からない」「業務への適用方法がイメージできない」などの声が聞かれる。利用から活用へとつなげるためには、まずは仕組みと有効性を理解することが必要だ。本ブックレットではMicrosoft Copilotの解説書として、実際に社内で利用しているユーザーの声も交えながらCopilotの基礎と有効活用法を解説する。

ブックレットサマリー

  • Microsoftが提供する3つの生成AIサービスの違い
  • 精度、生成能力などからみるCopilotとChatGPTの4つの相違点
  • Copilotを利用した業務の効率化例と活用シーン
  • Copilot for Microsoft 365を利用する前に押さえておきたい注意点
  • Copilot for Microsoft 365の支援機能
  • 使えるCopilot for Microsoft 365 の分析機能

など


ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレット(全13ページ)は、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に再構成しています。

ブックレットの閲覧にはキーマンズネットの会員登録(無料)が必要です

「キーマンズネット」メンバーシップのご案内

キーマンズネットは、企業や法人が使うIT製品やサービスの選定、導入、購買をサポートする会員制の総合情報サイトです。IT初心者から上級者まで、企業内の情報システムにかかわるキーパーソンを対象に、皆さまの役に立つ情報を無料で提供します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR