「iOS 18」の対応機種はiOS 17と同じ、iPhone XS/XRは今年も対応

» 2024年06月11日 04時07分 公開
[石井徹ITmedia]

 Appleは11日(日本時間)、「iOS 18」を発表した。最新のiPhone 15シリーズから、5世代前のiPhone XS/XRシリーズまでサポートする。iPhone SEは第2世代以降がバージョンアップの対象となる。iOS 17対応機種はすべてサポートされることとなった。

iOS 18 iOS 18のホーム画面。アイコンの配列も自由になった

 2024年秋に正式公開されるiOS 18ではホーム画面のアイコンがダークモード対応するなど、カスタマイズが柔軟にできるようになった。また、ロック画面のカメラボタンや側面のミュートスイッチに好きなアプリを割り当てることも可能に。フォトアプリのデザインが刷新されて、よりダイナミックにアルバムを表示できるようになった。

 また新たに生成AIベースの新機能Apple Intelligenceも導入し、ChatGPTとの統合機能も組み込まれた。

 iOS 18の提供予定機種は以下の通り。

  • iPhone 15
  • iPhone 15 Plus
  • iPhone 15 Pro
  • iPhone 15 Pro Max
  • iPhone 14
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone SE(第3世代)
iPhone XSとiPhone XS Max 5回目のメジャーバージョンアップとなる「iPhone XS」と「iPhone XS Max」

新機能Apple Intelligenceは対応機種が限定的

 目玉となる生成AIベースの新機能Apple Intelligenceは、対応機種が限られている。具体的にはA17 ProとM1以降のプロセッサを搭載する機種とされており、iPhoneでは2023年発売のiPhone 15 ProとiPhone 15 Maxだけだ。この機能は当初は米国英語から限定的に展開される。日本語対応を含めて多くのユーザーが恩恵を受けられるようになるまでは時間がかかるだろう。

【訂正:2024年6月11日11時35分 初出時、2023年発売のiPhoneの機種名に誤りがありました。おわびして訂正いたします。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー