ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

キャリアニュース:
中堅社員が直面する不安、ターニングポイントは社会人6年目と10年目前後
ALL DIFFERENTが「中堅社員の意識調査」の結果を発表した。約46%が「自分の知識、スキルに不安を感じる」と回答し、不安に対する捉え方のターニングポイントが、社会人6年目と10年目前後にあることが分かった。(2024/2/29)

生成AI時代のスキルも議論に
相次ぐAI失業、採用凍結……ダボス会議で語られた現実は本当なのか
これからのAI時代、雇用市場は激変する。企業が採用者に求めるスキルは何か。世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)におけるパネルディスカッションの内容を基に解説する。(2024/2/29)

プレミアムコンテンツ:
コーディングだけの無口なプログラマーはもういらない
ソフトウェア開発者として活躍するには、どのようなスキルが必要なのか。女性プログラマーの経験を基に、プログラマーの活躍に欠かせないスキルや、女性のプログラマーを増やす方法を説明する。(2024/2/27)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
実はこんなにあった「コーディングスキル不問のIT職」8選
「IT職に就くにはコーディングスキルが必要だ」という固定観念がある。それは必ずしも正しくない。コーディングスキルがなくても就くことが可能な、8つのIT職を紹介する。(2024/2/22)

エンジニアに聞く、3年以内に達成したい目標 3位「新たな技術を学ぶ」、2位「リーダーシップやマネジメントスキルの習得」、1位は?
エンジニアは、自身のキャリア展望についてどう考えているのか。キャリアデザインセンターが調査結果を発表した。(2024/2/22)

CIO Dive:
IT部門の「パンク寸前」問題 さらに拍車を掛ける“あのブーム”
従業員のスキル格差やコンプライアンス問題、データのサイロ化問題が企業のモダナイゼーションを遅らせている。さらに最近起きたあるブームによって、IT部門の悩みはさらに深刻化している。(2024/2/22)

"ERPのプロ"なら持ってて当然? 企業が求める10のスキル
ERPの導入と運用管理を担う人材は多くの企業が必要としている。本稿ではERPのプロに求められる10のスキルを解説する。(2024/2/21)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティングの「学習範囲と8つのスキル」 プロは「理論」から学ぶ
一言で「マーケティング」といっても、その領域は広く深いため、どこから学べばいいか迷子になっている人も多いです。今回はマーケティングの全体像を示すとともに、学習すべき範囲や求められるスキルについて解説します。(2024/2/21)

エッジテクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:DXの中核、データ分析プロジェクト推進にはどのような体制・人材が必要なのか
DXの中核となるデータ活用。多くの組織で取り組みが進んでいるが、データ分析プロジェクトを推進するAI人材などの確保に悩んでいるケースが少なくないだろう。中でも、第1フェーズである分析企画段階で必要な職種・スキルを解説する。(2024/2/15)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
各業界で人手不足が深刻になっているが、特に高いスキルを持つ人材の不足が企業にとって大きな課題となっている。(2024/2/14)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

AIの包括的理解や交渉術が必要に:
2024年、CISOに必要なスキルトップ10を発表 カーネギーメロン大学
急速な技術革新とAIの登場によって、CISOの役割は重要さを増している。ビジネスを守りつつ成長に導くために求められるCISOのスキルは幅広い。(2024/2/14)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
ChatGPTで「企業の公式ビジュアル」を作成してみた 試行錯誤を救う“2つの必須スキル”
ChatGPTをはじめとする生成AIを使う業務としては議事録作成や資料の要約、電子メールの下書きなどが代表的ですが、今回は全く別の使い方を紹介します。筆者が経営する企業の「公式ビジュアル」が出来上がるまでの思考錯誤から浮かび上がった、生成AIを使いこなすために欠かせない2つのスキルとは。(2024/2/14)

マグロ、ワイン、日本酒……AIが目利き 「10年以上かかる」職人スキルを深層学習で再現
AIなどを活用してベテランのスキルを再現したり、若手に伝承したりする取り組みが進んでいる。昔ながらのアナログなスキルをデジタル技術が支える時代が到来しつつある。(2024/2/13)

Google、欧州でのAIスキル教育に2500万ユーロ(約40億円)投資へ
Googleは、欧州がAIの波に「取り残されないようにする」ための取り組み「AI Opportunity Initiative」を発表した。欧州圏内でのスキル教育に2500万ユーロ(約40億円)を投じる。(2024/2/13)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:即戦力エンジニアを案件に応じて活用、技術領域に特化した派遣サービスとは?
エンジニア不足が深刻化する昨今。必要なスキルを持つ人材を必要な期間に応じて確保する「エンジニア派遣」の活用が広がっている。数ある派遣サービスの中から技術領域に特化したサービスを取り上げ、その特徴を解説する。(2024/2/5)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:Webページ運用は内製・外注どちらが有利? 自社に向いた解決策を見極めるには
今や大企業から中小企業まで、さまざまな組織がWebページを保有している。ブランディングや販売促進など用途別に複数を作成することも珍しくないが、その運用には高度なスキルも求められる。内製・外注のどちらが良いのだろうか。(2024/2/2)

2024年に挑戦したいこと 3位「副業」、2位「スキルの取得・向上」、1位は?
2024年にやってみたいと感じているものは何か。挑戦する際に重要だと感じることなどとともに調査した結果が明らかになった。(2024/1/31)

組み込み開発ニュース:
ソフトウェア定義開発に向けて組み込み開発者のスキルを向上する学習環境を提供
BlackBerryは、高度なスキルを持つ組み込みシステム開発者に対する需要の高まりを背景に、「QNX Everywhere」を2024年初頭に開始する。QNXソフトウェアに関する知識を学生や学術研究機関、専門家が容易に習得できるよう環境を提供する。(2024/1/29)

CIO Dive:
ITバブル到来か? 年収2000万円以上稼げるスキルを紹介
スキル格差によって、企業は優秀な技術系人材に高額な報酬を支払うようになり、2023年の技術系人材の平均年収は2万ドル(約300万円)上昇した。あるスキルを持っていれば2000万円以上の給与を支払われるケースもあるようだ。(2024/1/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(112):
何でスキル不足のエンジニアをアサインしたからって訴えられるんですか
顧客企業のプロジェクトのために下請け企業が用意したのは、プログラミングのいろはも知らないエンジニア。結局、契約期間途中で退場することになったが、責任は誰が取るべきなのか――。(2024/1/29)

CIO Dive:
「AIブーム」で求められるスキルはどう変わる? 経営陣と技術リーダーを対象にした調査で判明
AIの利用が拡大する中でビジネスパーソンに求められるスキルセットはどう変わるのか。調査の結果から経営陣の期待と技術リーダーの懸念が浮かび上がった。(2024/1/26)

「心理的安全性」は自ら高める “あの人”が周囲と軋轢ばかり抱える理由
心理的安全性を整えるは組織側の問題だと考えるビジネスパーソンもいるのではないか。個々人があるスキルを磨くことで組織の心理的安全性の向上に貢献し、自身のキャリアアップにも役立つ。どのようなスキルなのか。(2024/1/31)

「継続的な学習」を普及させる12のヒント【後編】
こんな社内制度で「スター社員」ばかりに? やる気が出る理由とは?
スキルの向上に努力を惜しまない従業員には末永く働いてもらいたい――そのために企業が構築すべき「継続的な学習」の制度とは。(2024/1/23)

Microsoft、AIと一緒に物語を作り、朗読スキルを磨く「Reading Coach」をプレビューリリース
Microsoftは、生成AI採用の学習アクセラレーター「Reading Coach」のアプリ(プレビュー版)をMicrosoft Storeで無料で公開した。学習者はAIと一緒に物語を作りながら、その物語を音読し、AIが流暢さなどを評価する。(2024/1/19)

2歳娘、衝撃のかくれんぼスキルに「くっそかわええ!」「天使発見」 笑って癒やされる人続々
何度でもかくれんぼしたくなっちゃう。(2024/1/18)

CFO Dive:
白熱するAI人材争奪戦 約5000万円の給与を支払う求人例も
AIスキルを持つ人材の雇用は多くの企業にとって優先事項だが、その大半は適切な候補者を見つけるのに苦労している。(2024/1/12)

コアスタッフ 代表取締役社長 戸澤正紀氏:
PR:在庫収容規模10倍の新物流センター稼働という飛躍に向けて事業基盤を固めるコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2024年、事業の飛躍的成長を目指して積極投資を実施する。2024年秋には現物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターを稼働させる他、2023年に稼働させたタイ倉庫などを活用して顧客の余剰在庫を保管して販売する「余剰在庫ビジネス」の海外展開も拡大。従業員のスキルアップも図り「2024年は、飛躍に向けて事業基盤をしっかり固めていく」と抱負を語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/1/11)

社員に「求めるスキル」は? リスキリング計画中の企業は4割
2024年度にリスキリング施策を実施する「計画がある・意向がある」企業は43.8%に上ったことが、パーソルイノベーション(東京都港区)による調査で明らかとなった。企業は従業員に対し、どのようなスキルを付けることを望んでいるのか。(2024/1/10)

長距離通勤を有意義な時間にするためのヒント【後編】
今どきの福利厚生って? オフィス回帰なら「通勤」には手厚い待遇
オフィス回帰を促す企業にとって、長距離通勤を選ぶ従業員の管理は課題の一つだ。従業員の離職を防ぎ、スキルアップにもつながる効果的な施策を紹介する。(2024/1/10)

今日のリサーチ:
2023年必要とされたスキル、「Webマーケティング・集客」は何位?
ランサーズが発表したフリーランスに求められるスキルのランキングです。(2023/12/31)

3Dプリンタニュース:
初のFDMプロセス認証を導入、3Dプリンティング教育の強化と人材育成へ貢献
Stratasysは、全米職業能力試験協会と提携し、FDMプロセス認証を導入する。3Dプリンティング分野の能力とスキルの評価が可能になり、教育の強化と有能な人材育成への貢献が期待される。(2023/12/27)

なぜメンバーが急速に育つのか:
PR:モチベーション、スキル、チャンスを伸ばすSBテクノロジーのチームマネジメントと「ServiceNow」ベースのDXの特徴
「ServiceNow」をビジネス展開しているSBテクノロジー。ServiceNowの存在は、自社のビジネス強化だけでなく、携わるメンバーのキャリアや業務のやりがいなど、多くの価値があるという。同社がServiceNowを扱う中で感じた気付きやメリットとはどのようなものか。(2024/1/12)

初心者だけでなく、経験豊富な開発者にも有用:
基礎から学び直す「疑似コード」の書き方、使い方
TechTargetは「疑似コード」に関する記事を公開した。疑似コードを記述することで開発者は、プログラミングの重要な側面でもある「問題解決のスキル」を磨くことができるという。(2023/12/15)

「大企業ならでは」の課題をいかに解決したか:
PR:「ITが苦手」社員に浸透する社内ポータル 実現のためのコツを解説
従業員のITスキルがまちまちな大企業で社内ポータルをどう管理すべきか。サイボウズが2023年11月8〜9日に開催した「Cybozu Days 2023」のセッション「ポータル管理をもっと楽に!クラウド版 Garoon で実現する情シスのためのおてがる管理術」で紹介されたシダックスの事例を見てみよう。(2023/12/15)

ITエンジニアら2000人に調査:
Python、Ruby、Java……人手が足りない言語スキルは?
アクサス(東京都新宿区)が、ITエンジニアの理想の転職と採用支援担当者が保有している実際の求人について比較調査を実施した。(2023/12/15)

経営者500人に聞いた:
求められるマーケ人材スキル 「デジタル広告」「SNS動画マーケ」上回る1位は?
経営者や役員は、どんなスキルを持ったデジタルマーケティング人材を求めているのか。(2023/12/12)

DX推進の鍵となる上司のソフトスキル【後編】
部下を活躍させたい上司に求められる「共感力」とあのスキルとは?
DXを率いるリーダーにとって重要なのが、ソフトスキルを駆使してメンバーを支援することだ。「試行錯誤」を許容する力と、「共感力」がなぜ大事なのか。ITコンサルティング企業のプレジデントに聞いた。(2023/12/12)

本当に効果的なスキルアップ施策【中編】
従業員が本当に求めている「スキルアップ施策」を把握するにはどうすればいいのか?
社内のスキルギャップを埋めるために、企業は従業員の成長を促すスキルアップ施策を構築し、成功まで導く必要がある。従業員が心から求めている研修を用意するために必要な手順とは。(2023/12/9)

DX推進の鍵となる上司のソフトスキル【前編】
DXを推進する上司に求められるソフトスキル3選、「共感力」の他は?
DXを推進するチームメンバーをまとめ、チームメンバーが活躍できる環境を作るために、リーダーにはどのような能力が求められるのか。ITコンサルティング企業のプレジデントに聞いた。(2023/12/5)

本当に効果的なスキルアップ施策【前編】
「スキルギャップの放置」が招く残念な現実 スキルアップ施策は企業が主導すべき?
企業が従業員のスキルアップを推進することは、従業員個人だけではなく、経営面にもメリットをもたらし得る。効果的なスキルアップ施策を実施すると、企業はどれほどのメリットを期待できるのか。(2023/12/2)

社会人5700人に聞いた:
リスキリング実施4割 「英語」「PCスキル」超えた1位は?
現在、リスキリングに取り組んでいる社会人が4割に上ることが、転職サイトを運営するエン・ジャパンの調査で分かった。社会人はリスキリングで何を学んでいるのだろうか。(2023/11/29)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【後編】
学歴不問「スキルベース採用」がIT人材にも企業にもうれしい訳
コロナ禍を契機に加速したIT人材の売り手市場。高度なスキルを持つ人材の獲得に一石を投じるのが「スキルベースの採用」だ。企業の採用担当者はこの採用手法をどう見るのか。(2023/11/28)

大学生のPCスキル、実は低い? 「コピペ」ショートカットキー4割知らず
「コピペ」のショートカットキーを「知らない」とした大学生が約4割に上ることが分かった。スマートフォンが普及する環境で生まれ育った「スマホネイティブ」である大学生のITリテラシーの実態とは――。(2023/11/27)

「パラレルキャリア」「副業」成功者は何を得た? ミドル世代1700人に聞いた
「パラレルキャリア」や「副業」など、本業以外の仕事に取り組むことでスキルアップを目指す人が増えている。35歳以上のミドル世代でパラレルキャリアや副業に成功した人は、何を得たのか。転職サイトを運営するエン・ジャパンが調査した。(2023/11/22)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【前編】
転職IT人材は「スキルだけ」が大事、“あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の“売り手市場”が続く見通しの中で、高度なスキルを持つ人材に長く勤めてもらうために企業はどのような対策を取るべきなのか。Gartnerアナリストの見方から探る。(2023/11/22)

Amazon、生成AIスキルを習得できる無料講座を「AI Ready」で提供へ
Amazonは、生成AIスキルを習得できる無料の8つの講座をAWSで提供すると発表した。2025年までに世界中の200万人にAIスキルのトレーニングを無料で提供するとしている。(2023/11/21)

セキュリティニュースアラート:
LockBit 3.0が身代金交渉で新ルールを設定 実行者のスキル不足を補う狙いか
Analyst1はLockBit 3.0が身代金支払い確率を上げるため新たな交渉ルールを設定したと報じた。アフィリエイト(RaaS実行者)のスキル不足を補う狙いがあるとみられる。(2023/11/21)

ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【後編】
エンジニア目指すなら「ネットワーク」「ソフトウェア」のどっち 年収の差は?
同じエンジニアでも、ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは求められるスキルセットが変わってくる。勤務時間や収入、資格も違う。(2023/11/21)

グロリアスな美しさでしてよ!:
お悩みその19 私のスキルは10年後にも需要がありますか?(30歳 男性 Webエンジニア)
「分からない」ことは不安ですわよね。でも、それこそが心のバグなのですわ。(2023/11/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。