ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「Microsoft Azure」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【後編】
Googleをハイブリッドクラウドの“最重要ベンダー”に変えた「Anthos」とは?
Googleはコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を中核としたハイブリッドクラウド戦略を進めている。MicrosoftやAWSと比較したときの同社の強みとは。(2020/8/6)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(22):
全社テレワークしてから、Windows 10が遅い、重い――情シスに苦情殺到の“VDIの悲劇”はなぜ起こるのか
全社テレワークを検討する企業が増える中「Windows 10の動作が遅くなった」「デスクトップが立ち上がりにくくなった」という声が聞こえてくるようになりました。その原因でよくあるのが、以前からテレワークに活用されてきたVDIです。なぜVDIでWindows 10を動かすと問題が起こるのか? その原因と注意点を解説します。(2020/8/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(115):
Windows Admin Center バージョン2007(2020年7月)がリリース――Azure Stack HCI対応、クラスタ作成も容易に
HTML5ベースのWindows Server/Windows 10の管理ツール「Windows Admin Center」の最新バージョン、「Windows Admin Center バージョン2007」がリリースされました。(2020/8/5)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【後編】:
AWS、MS、Googleのクラウドストレージオプション総まとめ
クラウドサービスのオプションは複雑化して全体像を把握するのは容易ではない。本記事ではAWS、MS、Googleのクラウドストレージオプションを整理する。(2020/8/5)

新型コロナウイルスとクラウドサービスのコストの関係【中編】
新型コロナで脚光の“格安クラウドサービス”は買いなのか?
新型コロナウイルス感染症の拡大は、クラウドサービスの料金競争に影響する可能性がある。コスト効果を武器に、AWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社を追うOracleとDigitalOceanの戦略を追う。(2020/8/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(165):
Windows Updateの「詳細オプション」に「プライバシーの設定」が配置されている理由
Windows 10の新バージョンが出ると「設定」アプリの各種設定や利用可能な「オプション機能」「Windowsの機能」を探るのが癖になっているのですが、以前から存在しながら、これまで気にもとめていなかったある設定に目がいきました。Windows Updateの「詳細オプション」の下の方に鎮座している「プライバシーの設定」です。(2020/8/4)

Microsoft 365のセキュリティ対策12選【中編】
「Microsoft 365」のパスワード同期に潜む“意外な危険”と対策は?
「Microsoft 365」の導入と運用に伴うセキュリティリスクにどう対処すればよいのか。米国のセキュリティ機関による勧告を基にした対策など、6つの対策を紹介する。(2020/8/4)

マイクロソフトが水素燃料電池のPoCを実施 データセンターのバックアップ電源に向け
マイクロソフトは、データセンターのバックアップ電源に水素燃料電池を利用するため、PoCを実施した。発表によると同燃料電池は、48時間連続でデータセンターサーバの稼働を達成したという。(2020/8/3)

Oracle Cloudが丸ごと顧客のデータセンターで動く 野村総研も取り入れた、新たなITインフラの実力とは
米Oracleが7月、新サービス「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築し、社内で利用できるようにするもの。競合サービスとはどんな違いがあり、日本市場ではどんな顧客に支持されるのか。(2020/8/3)

「Azure Stack HCIの使用実態」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazon ギフト券10,000円分をプレゼント。(2020/8/3)

これまでの営業スタイルが通用しない時代
「ウィズコロナ」時代を見据えたシステム開発会社が取るべき“積極策”の実現法
社会が大きな変化を迎える今、システム開発会社は受け身の営業スタイルからの脱却を迫られている。案件を獲得するために自ら動くことが必要となる時代に、システム開発会社が取るべき戦略とはどのようなものか。(2020/8/3)

明日はどっちだ!?:
アフターコロナのSIerサバイバルストラテジー
ポストコロナのIT業界とエンジニアの生き残り術を模索する特集「ポストコロナのIT業界サバイバル術」。第2弾は、アフターコロナでSI業界が取るべき方向性を技術カットで解説します。(2020/8/3)

IIoTの課題解決ワンツースリー(5):
IIoTを巡る覇権争い、正しいプラットフォームの選択に必要な考え方
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第5回では、数多くの参入企業があるIIoTプラットフォームについて解説する。(2020/8/3)

AWSのマルチクラウド戦略【後編】
AWSが「マルチクラウド」に消極的なままだと何が起こるのか?
マルチクラウドへの消極的な姿勢は、AWSやそのユーザー企業にどのような影響をもたらすのか。AWSのマルチクラウドに関連する取り組みと共に整理する。(2020/8/3)

FMVのAIエージェント「ふくまろ」がバージョンアップ ロック画面でも一部の音声操作が可能に
富士通クライアントコンピューティングのAIアシスタント「ふくまろ」がバージョン3.0になった。Microsoft Azureを採用することで音声認識の精度と応答速度を改善した他、画面ロック中に一部の操作を可能とした。(2020/7/31)

Kubernetesアドミッションコントローラーの利用など:
コンテナイメージスキャニング、12のベストプラクティス――Sysdigが解説
Sysdigがコンテナイメージスキャニングの12のベストプラクティスを公式ブログで解説した。(2020/7/31)

中堅・中小企業にもできるデータドリブンの事業運営、まずはどう着手するか:
PR:データの時代、中堅・中小企業のIT投資はどうなるのか、HPEのビジョン
HPEは大企業だけでなく中堅・中小企業にもDXに向けたデータ中心のアプローチを提案する。人員や予算が限られる企業に向けて「簡単にできる」方法だという。米国イベントの事例から詳細を紹介する。(2020/7/31)

リアルタイムOS列伝(4):
マイクロソフトが買収した「ThreadX」あらため「Azure RTOS」はまだ実体がない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第3回は、マイクロソフトが2019年4月に買収し、名称を「Azure RTOS」に変更した「ThreadX」を取り上げる。(2020/7/29)

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】
「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?
オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。(2020/7/29)

ほぼ月刊Google Cloud(1):
Google「BigQuery Omni」に関する素朴な疑問を、米国の総責任者にぶつけてみました
Google Cloud Platformに関するさまざまな動きをまとめる連載、「ほぼ月刊Google Cloud」。第1回では、データウェアハウスサービス「BigQuery」のマルチクラウド対応やデータアナリティクス製品戦略に関する素朴な疑問を、総責任者にぶつけてみました。(2020/7/29)

パブリッククラウドの最適なサーバ容量を推奨するサービス JBCCが企業向けに
JBCCは、パブリッククラウドの利用状況に応じて、サーバやストレージの最適なサイジングを推奨するサービスを開始する。パブリッククラウドに構築した利用環境を継続的に監視し、最適なインスタンスタイプやサイズといった構成案を月次で報告する。(2020/7/28)

コロナ禍でテレワーク普及も、日本はクラウド後進国のまま? その裏にあるSI業界の病理
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、企業活動がオンラインにシフトしつつある。だが日本企業では、依然としてクラウド活用が進んでいないという。その要因について、ガートナージャパンのアナリスト、亦賀忠明氏に聞いた。(2020/7/27)

Microsoft Focus:
大型基幹システムのAzure移行、失敗は許されない――第一生命を支えた「事前対策」
ニューノーマル(新常態)な働き方やシステムの開発体制が、業界を問わず求められている。ただし金融業界の場合、クラウド化やテレワークに当たっては細かいコンプライアンス要件や業務の複雑さといった課題が立ちはだかる。そんな中、第一生命はAzureを採用し、基幹システムをクラウド化した。彼らの移行作業を支えた対策とは何だったのか。(2020/7/27)

Cassia ロケーショニング キット with Azure:
PR:屋内リアルタイム測位を開発不要で低コストに実現
屋内で人や物の「位置を知りたい」というニーズに対し、導入時のコストや時間、手間などで二の足を踏むケースは少なくない。東京エレクトロンデバイス(TED)の位置認識ソリューション「Cassia ロケーショニング キット with Azure」は、屋内でのリアルタイム測位システムを低コスト、短期間で簡単に立ち上げられ、スケールアップも容易だ。(2020/7/30)

AWS、MS、Googleのクラウドストレージ【前編】
ユースケース別に見るAWS、Microsoft、Googleのクラウドストレージ
ファイル、ブロック、オブジェクトストレージそれぞれに対応したクラウドストレージサービスがあり、3大プロバイダー(AWS、Microsoft、Google)に限っても多岐にわたる。まずはユースケース別に整理しよう。(2020/7/27)

Microsoft決算は増収減益 “巣ごもり需要”でXbox売上高が64%増、Surfaceも好調
Microsoftの4〜6月期決算は、売上高は13%増、純利益は15%減でいずれも予測を上回った。コロナ禍による“巣ごもり需要”でOffice 365、Xbox、Surfaceが好調だった。(2020/7/23)

Windowsフロントライン:
Windows 10Xの戦略変更と2画面デバイス「Surface Neo」の投入延期
Microsoftが2020年末の投入に向けて開発中の2画面デバイス「Surface Neo」だが、搭載OS「Windows 10X」の戦略変更に伴って、2022年への延期がうわさされている。最新事情を見ていこう。(2020/7/22)

IaaS市場はなぜ伸びている? 大手3社の戦略の違いは? クラウド業界事情を基礎から徹底解説
クラウドは2000年代半ばに登場した比較的新しい技術でありながら、現在では当たり前の存在となった。目まぐるしく変化を続けるクラウドへの理解を深めるため、市場の中でも特に成長が著しいIaaS領域に着目し、世界の主要ベンダーとその動向をみていこう。(2020/7/22)

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【前編】
AWSが提供する「ハイブリッドクラウド」に役立つ主要サービスとは?
Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Googleのハイブリッドクラウド戦略は、何が違うのか。まずはAWSの主要な取り組みを見ていこう。(2020/7/22)

クラウドニュースフラッシュ
“クラウド拒否”の企業がIaaS/PaaSを使いたくなる条件とは?
複数の調査会社が、クラウドサービスの企業導入は2020年以降も進むと予測している。その理由とは。クラウドサービスの導入事例やクラウド移行を支援する新サービスと併せて紹介する。(2020/7/31)

Weekly Memo:
ただのアウトソーシングではない、情シスの“ステップアップ”にコミットするサービスを始めたIIJの思惑
企業の情報システム部門が担う業務について、品質を保証して丸ごと請け負うサービスが登場した。IIJが提供を開始した「ストラテジックITアウトソーシング」だ。ユーザーメリットとともに同社の思惑を探ってみたい。(2020/7/20)

グループ横断でAIの司令塔に SBI「社長室ビッグデータ担当」が8年間取り組んだこと
SBIホールディングスは、グループ各社と連携しAIやビッグデータの活用を積極的に進める企業だ。データ活用プロジェクトのハブの役割を担う「社長室ビッグデータ担当」が語る、AIを実務で利用するまでの8年間とは。(2020/7/20)

クラウド/IoT/AI活用で実現するデジタル革新:
PR:製造業のDX、どんな技術でどう進めるべきか
製造業で、ビジネス全体を対象としたデジタル革新(デジタルトランスフォーメーション:DX)が求められている。どのような技術を活用し、どう進めればいいのか。電通国際情報サービス(ISID)による3日間のWebセミナーを通じて“製造業のDX”を解き明かす。(2020/7/22)

それぞれのメリットとデメリットを解説
「VM」「コンテナ」「サーバレス」の違い アプリ実行に最適な技術は?
アプリケーションを稼働させるITインフラの自由度を高める技術に「仮想マシン」「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」がある。どの技術を選ぶべきなのだろうか。(2020/7/20)

CRMに学ぶ「戦略的データ管理」のヒント【前編】:
「誰でも使える」ツールを作れ “営業の現場”で始まったデータ戦略は、なぜ30年間生き残れたのか
「データ活用を見据えた効率の良い管理体制を、どう作ればいいのか」――。そんな課題に光を当てるヒントになるのが、1990年代からIT部門ではなく営業の“現場”を中心に広がっていったCRMだ。 Salesforce.comのインタビューから探る。(2020/7/17)

製造ITニュース:
食品温度のリモート監視を一括で提供するIoTキットを発売
東京エレクトロンデバイスは、食品温度のリモート監視に必要な機能をパッケージ化した「Cassia IoT 食品温度モニタリングキット」を発売した。温度センサーやBluetoothルーター、クラウドサービスまでを一括で提供する。(2020/7/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(114):
Azure ADのサインインエクスペリエンスを自社ブランドでカスタマイズが可能に
Azure ADの「会社のブランド」機能が拡張され、正式機能として提供が開始されました。新たにサインインページに、クリック可能なハイパーリンクや太字、イタリック体、下線を含めることができるようになりました。(2020/7/16)

Arm最新動向報告(10):
ArmはなぜIoT事業を切り離すのか、表と裏から読み解く
Armは2020年7月7日、ISG(IoT Service Group)で展開してきたIoT(モノのインターネット))事業をソフトバンクグループ傘下に移管する方針を明らかにした。この決断の背景には何があったのか。技術ライターの大原雄介氏が、表と裏の両面から読み解く。(2020/7/16)

Google Cloud Next '20:OnAir:
Google、BigQueryをAWSやAzureなどマルチクラウド展開へ 「BigQuery Omni」発表
米Googleが「BigQuery Omni」を発表。BigQueryをAWSやAzureなどへも展開するサービス。Google Cloudへデータ転送することなく、AWSやAzureなどそれぞれのクラウド内にデータを置いたまま、BigQueryを用いた検索や分析ができる。(2020/7/15)

迅速に学習用端末を展開 日本マイクロソフトが「GIGAスクール」端末の導入支援サービスを無償提供
日本マイクロソフトが「GIGAスクール構想」に準拠するWindows 10 Pro PCを迅速に導入するためのソリューションをパートナー企業を通して無償で提供することになった。GIGAスクール構想における学習用端末の導入計画が前倒しされたことを受けての措置だ。【訂正】(2020/7/15)

AR/MR:
“HoloLens 2”でマンション外壁の打診検査を1人で完了、長谷工版DXが本格始動
長谷工コーポレーションとアウトソーシングテクノロジーは、日本マイクロソフトと連携して、最先端のデジタル技術を駆使した建設・不動産業界の生産性改革を推進していくと発表した。初弾として、マンションの外壁タイル打診検査を対象に、検査員1人だけで完了し、報告書作成の業務量を半減するMixed Realityソリューション「AR 匠RESIDENCE」を共同開発した。(2020/7/15)

「ハイブリッドクラウド」の8大用途【後編】
クラウドが使いたくても使えなければ「ハイブリッドクラウド」を選ぶべき理由
企業データはガバナンスやコンプライアンスの観点から、クラウドサービスで扱うことが難しい場合がある。このような場合に考慮すべき選択肢が「ハイブリッドクラウド」だ。それはなぜなのか。(2020/7/16)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(164):
「Windows×OpenSSH×WSL 2=ほぼほぼネイティブなLinux」に見えてしまう、の作り方
前回は、Windows Subsystem for Linux(WSL)の次世代バージョン「WSL 2」によって、Windows 10 HomeでDocker Desktopが利用できるようになったことをお伝えしました。今回もWSLが関係してくる話です。それはまるで「Linuxのように見えるWindowsのリモート接続環境」が作れるという話です。(2020/7/15)

Anthosを活用:
Google CloudがBigQueryでAWS、Azure上のデータを動かさずに分析できる「BigQuery Omni」を発表
Google Cloudがアナリティクスサービス「BigQuery」のマルチクラウド対応を発表した。AWSやAzureに保存されているデータを転送したり複製したりすることなく、BigQueryで分析できるようになる。(2020/7/14)

移行先はGo、Kotlin、Python:
どのプログラミング言語が使われているのか、JetBrainsが調査レポートを発表
JetBrainsは、開発者エコシステムの現状に関する4回目の年次調査の結果をまとめたレポート「The State of Developer Ecosystem 2020」を発表した。開発者がどのようにビッグデータを分析しているかについても調べた。(2020/7/14)

「Microsoft Flight Simulator」のPC向け新版は8月18日発売(予約受付開始)
MicrosoftがAzure AIで強化したシミュレーションゲーム「Flight Simulator」を8月18日に発売する。Microsoft Storeで予約可能になっており、3つのエディションの価格は税込7450円から。(2020/7/14)

専門家のイロメガネ:
「としまえん売却」と「GAFAMの東証一部超え」から見えるコロナ後の世界
「としまえん」の売却が今年2月に伝えられた。また1月には時価総額において「GAFAM」が東証一部全体を超えた。さらに、これら2つのニュースが示す新時代への移行は、コロナで一気に加速している。ここでは、リアルな土地から「新大陸の土地」へのビジネス主戦場の移行、コロナによる移行の加速、またコロナ後の世界を見ていきたい。(2020/7/14)

IoTによる製造業の革新:
PR:東芝が描く2つのデジタル変革、自らの経験・知見を活かした“ものづくりサービスカンパニー”へ
製造業のデジタル化に注目が集まるが、グローバル競争で勝ち抜くためには「従来の強み」に「デジタル技術」を最適に組み合わせることが重要だ。こうした提案を強化しているのが東芝デジタルソリューションズである。東芝グループが持つものづくりやインフラ事業でのノウハウを活かした「2つのデジタル変革」をサポートするソリューションと、サービスカンパニーへ向けた取り組みを紹介する。(2020/7/13)

企業ITの未来はコンテナ上に作られる:
PR:レッドハットのコンテナ基盤「OpenShift」、今後のエコシステム拡大の焦点はISVにある
日本国内における「OpenShift」のエコシステムが急速に拡大している。国内大手ITベンダーがこぞってマネージドサービスを提供し、DX支援に力を入れ始めた。今後の焦点は、ビジネス変革につながるソフトウェアが、OpenShiftでどこまで豊富に提供されていくかにある。(2020/7/30)

AIを可視化して信頼性を高める
MicrosoftがAIの監査可能性、説明可能性を向上させるツールを提供
(2020/7/13)

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

AWSのマルチクラウド戦略【中編】
AWSが「マルチクラウド」を無視できなくなる理由
複数のクラウドを併用する「マルチクラウド」に対して、AWSは積極的ではない。自社サービスのみでユーザー企業のニーズを満たそうとするAWSの戦略は、長く続かない可能性がある。それはなぜなのか。(2020/7/10)

「SASE」とは何か【前編】
「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品
Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。(2020/7/8)

HoloLensでマンションの外壁検査 報告業務を半分に 長谷工と日本MSらが開発
マンションの外壁タイル打診検査のためのMRソリューション「AR匠RESIDENCE」を長谷工などが開発。作業員が「HoloLens 2」を装着し、点検記録を行う。(2020/7/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(113):
PowerShellギャラリーにおけるTLS 1.0/1.1サポート廃止の影響は?
公式ドキュメントや公式ブログのコマンドライン通りに入力したにもかかわらず、「PowerShellギャラリー」からモジュールをインストールしたり、更新したりできないといったトラブルをここ数カ月の間で経験した方はいないでしょうか。恐らくその原因は、PowerShellギャラリーにおける「TLS 1.0/1.1のサポート廃止」に関係しています。(2020/7/7)

「泥臭い」話が集結:
クラウド運用者のためのイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2020」が2020年7月末に開催へ
2020年7月29、30日に開催されるオンラインイベント、「Cloud Operator Days Tokyo 2020」は、特定プラットフォームを超えた運用者の集合知を生み出すことを目的としている。「クラウド運用のリアルに迫る」という副題の通り、クラウドを使ったサービスの運用に関するリアルな話を集めたという。(2020/7/6)

メリットと注意点を整理
「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かす
Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。(2020/7/6)

「ハイブリッドクラウド」の8大用途【中編】
「ハイブリッドクラウド」が役に立つ理由をDRや新製品導入の観点で考える
「ハイブリッドクラウド」はクラウドサービスとオンプレミス両方の「いいとこ取り」を実現できる可能性があるが、考慮すべき点もある。ハイブリッドクラウドのメリットと注意点を、用途ごとに説明する。(2020/7/2)

親子の会話から学ぶクラウドセキュリティ(1):
ルートユーザーって使っちゃダメなの?――クラウドを始める前に覚えておきたいセキュリティの基礎知識
親子の会話で出てくるような素朴な疑問点から、クラウド環境における情報セキュリティの技術を学習する連載。初回は、クラウドを始める前に覚えておきたいセキュリティの基礎知識について。(2020/7/2)

セキュリティ処理で遅延が起こる?:
PR:企業のクラウド移行でゼットスケーラーが選ばれる理由とは
いつでもどこでも働ける環境を実現するためにクラウドに注目が集まる一方、企業のクラウド移行は進んでいない――ゼットスケーラーは、企業のクラウド移行が進まない理由や企業がクラウド移行を成功させるために必要な3要素を語った。(2020/7/2)

医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【後編】
医療機関が「クラウドサービス」への移行時に留意すべき3つのデメリット
クラウドサービスは医療機関にさまざまなメリットをもたらすが、考慮すべき課題もある。医療機関がクラウドサービスへのシステム移行時に陥りやすい3つの課題を解説する。(2020/7/2)

2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(2):
AIプロジェクトの成否は「MLOps(機械学習基盤)」にかかっている
人工知能(AI)を活用して価値を提供する企業が現れる中、PoCでつまずく企業が見直すべきポイントはどこにあるのか。そして今後必要不可欠になる考え方とは何か。機械学習に必要な教師データを企業に提供するLionbridgeに話を聞いた。(2020/7/1)

ファミマ、遠隔操作ロボットを一部店舗に導入 商品の検品・陳列を効率化 今夏から
ファミマがロボットベンチャーのTelexistence(TX)と協業。今夏をめどに、TX製の遠隔操作ロボットを一部店舗に導入する。商品の検品・陳列作業を遠隔操作とすることで、店舗の立地に制約を受けないスタッフの採用や店舗の省人化を目指す。(2020/6/30)

急成長するHPC市場とAIの関係
Microsoft、HPE、IBMが注力 「スパコン」などのHPC市場が盛り上がる理由
Microsoftが新しいスーパーコンピュータ(スパコン)を発表するなど、HPC市場の動きが活発化している。ベンダー各社がHPC市場に注力する理由は何か。Microsoftのスパコンの情報と併せて解説する。(2020/6/30)

PR:緊急IT投資動向で確認できたVUCAの現実化、新しいクラウドとオンプレの関係
緊急テレワーク対応で強制的に「VUCAの時代」らしさを体験した日本企業。2020年5月に実施した調査からは多くの企業がマインドの変化とともに次に向けた施策の検討に入った状況が明らかになった。彼らが次に着手するのは何か。(2020/6/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(77):
Windows 10 バージョン2004の隠れた新機能、クライアントOSでもシリアルコンソール(SAC)が利用可能に
Windows Serverには「緊急管理サービス(EMS)」という帯域外(アウトオブバンド)管理機能が標準搭載されており、オプションで有効化できます。これまで、この機能はクライアントOSには提供されてきませんでしたが、Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)で新たにサポートされました。(2020/6/30)

OpenShiftの普及に注力:
レッドハットの望月社長、新年度は「(ヴイエムウェア)との完全な差別化を図る」
レッドハットの望月弘一社長は、2020年6月23日にオンライン開催した新年度戦略説明会で、OpenShiftに時間を割き、重点施策を説明した。当面競合となるのは、2020年に入ってコンテナ戦略を強化したヴイエムウェアだ。(2020/6/29)

日立と日本マイクロソフト、製造/ロジスティクス分野のソリューションで提携 東南アジア、北米、日本へ展開
日立製作所と日本マイクロソフトは、東南アジア、北米、日本での製造/ロジスティクス分野のデジタルソリューションの展開で戦略的提携を締結。日立のソリューション群「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせ、生産性向上や業務効率化を支援する。第1弾は、2020年7月からタイで開始する。(2020/6/29)

製造マネジメントニュース:
日立とマイクロソフトが提携拡大、製造・流通分野で「Lumada」と「Azure」を融合
日立製作所と日本マイクロソフトは、東南アジア、北米、日本における製造と流通分野向けの次世代デジタルソリューション事業に関する複数年にわたる戦略的提携に合意。第1弾として、日立が2020年7月からタイにおいて提携に基づくソリューション提供を開始する。(2020/6/29)

Microsoft Focus:
「攻撃があっても動じない」 MSが提唱するセキュリティの“ニューノーマル”とは?
テレワークやWeb会議が当たり前になり、働き方の“ニューノーマル”が議論される中、Microsoftが新たなセキュリティの姿勢を打ち出している。その具体的な方向性と、製品の変化を詳しく解説する。(2020/6/29)

日立と日本MS、製造・物流向けソリューションで提携 LumadaとAzureで業務効率化を支援
日立製作所と日本マイクロソフトが、製造・物流業界向けのソリューション事業で提携。「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせて提供し、工場の運用最適化、物流の最適化、リモートでの作業支援などを行う。(2020/6/26)

AR/VR:
BIMモデルを3分でAR変換、「mixpace」のHoloLens 2対応版がアップデート
SB C&Sとホロラボは、3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRデータに変換する建設業向けソリューション「mixpace」のHoloLens 2/iPad版に、指定した場所へ3Dモデルを表示する新機能が搭載された。今後は、5G時代の到来も見据え、BIMモデルの高速変換やAR空間での自由自在な操作性などを強みに、建設業界で導入を提案していく。(2020/6/26)

Windows 10 The Latest:
【Windows Terminal完全マスター】プロファイルをカスタマイズして使いやすくしよう
Windows Terminalの正式版がリリースされたが、設定はプロファイルを編集する必要があるなど、少々ハードルの高いものとなっている。ただ、ルールが分かればそれほど難しいものでもない。そこで、基本的なプロファイルの設定方法を紹介しよう。(2020/6/26)

パンデミックと投資動向【中編】
コロナ禍でも買われるIT製品、後回しされるIT製品の違いは?
新型コロナウイルス感染症の拡大は、企業のIT製品の投資動向にどのような影響を与えるのか。調査結果から探る。(2020/6/26)

AWSのマルチクラウド戦略【前編】
なぜ“AWS縛り”ではなく「マルチクラウド」が選ばれるのか
ベンダーロックインの防止やコスト最適化などの観点から「マルチクラウド」を採用するユーザー企業は少なくない。AWSやMicrosoft、Googleといった企業は、この流れにどう戦略を立てているのか。(2020/6/26)

Googleのハイブリッドクラウド戦略の目玉
Google新「Anthos」の「AWSで利用可能になった」こと以外の変化とは?
Googleの「Anthos」がAmazon Web Services(AWS)を含むマルチクラウドで利用可能になった。これ以外にもAnthosでできるようになったことは幾つかある。主要な変化をまとめた。(2020/6/25)

DaaS:
PR:VDIの課題を克服した「DaaS」が設計開発エンジニアの働き方を変える
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い急速にテレワークの採用が進んでいる。このテレワークを支える主要システムとして注目されるVDI(仮想デスクトップ環境)だが、設計開発エンジニアの業務には思うように浸透していなかった。この状況を一変させようとしているのが、SCSKが提供するDaaS(Desktop as a Service)「Workspot Cloud VDI」である。(2020/7/7)

企業IT全般のサービス化を目指す:
HPEがGreenLakeクラウドサービスを発表、データ活用のための製品群「Ezmeral」が目玉
HPEが、「サービスとしてのIT」の包括的な基盤を目指す「HPE GreenLake」で、新たなクラウドサービス群を発表した。注目されるのは、データ/機械学習関連製品群「HPE Ezmeral(エズメラル)」だ。(2020/6/24)

IoTセキュリティ:
IoTの“ブラウンフィールド”を切り開く、「Azure Sphere」のアダプター型新製品
アットマークテクノが新製品「Cactusphere」のオンライン発表会を開催。マイクロソフトが展開するMCU搭載IoTデバイス向けセキュリティソリューション「Azure Sphere」を組み込んでおり、セキュリティ機能を持たない既存設備を即座にIoT化できることを特徴としている。(2020/6/24)

まずAWS上のConsulから:
HashiCorpが「HashiCorp Cloud Platform」発表、マルチクラウドインフラ自動化サービス
HashiCorpがマルチクラウドインフラ基盤サービス「HashiCorp Cloud Platform(HCP)」を発表した。「あらゆるクラウドのインフラを自動化するフルマネージドのサービス」という。(2020/6/23)

Azure Quantumを活用:
量子コンピューティングで信号待ち時間を20%削減
日本マイクロソフトは2020年6月19日、量子コンピューティングへの取り組みに関するオンライン記者説明会を実施。量子コンピューティング活用を支援する同社の新サービス「Azure Quantum」や、東京工業大学発ベンチャーのJijなどと取り組む、信号待ち時間の削減を実現する共同研究などを紹介した。(2020/6/23)

Google Cloud Platformの7つのデータベースサービス【後編】
GCPの「Memorystore」「BigQuery」とは? 特徴と機能を解説
Googleが提供するインメモリデータストアサービス「Cloud Memorystore」やクラウドDWH「BigQuery」を利用することで何ができるのか。両サービスの特徴を説明する。(2020/6/23)

モノづくり最前線レポート:
“ニューノーマル”でモノづくりはどう変わるか、ロックウェルとPTCの取り組み
米PTCは2020年6月9日(現地時間)、同社初となるバーチャルライブイベント「LiveWorx 20 Virtual」を開催した。本稿では「Expanding Human Possibility(人の可能性の拡張)」をテーマとした、米Rockwell Automation会長兼CEOのブレイク・モレット氏による講演の内容を紹介する。(2020/6/22)

Weekly Memo:
SAPの新CEOが説く「これからのエンタープライズIT」
SAPの新CEOが自社イベントで「これからのエンタープライズIT」について語った。ERP最大手の同社がDXビジネスの展開へ向けたビジョンでもある。SAPの戦略を通じて、エンタープライズITの今後について考察したい。(2020/6/22)

製造ITニュース:
量子コンピューティングでクルマの待ち時間20%低減、トポロジー最適化への活用も
日本マイクロソフトは2020年6月19日、量子コンピューティングへの取り組み状況についてオンラインでメディア向けの説明会を開催。日本における「Microsoft Quantum Network」のメンバーであるJijおよび豊田通商と協力して取り組むプロジェクトの成果などを紹介した。(2020/6/22)

AI・機械学習のクラウドサービス:
クラウドの「AI」サービス/APIを比較表&1行でまとめる(AWS/Azure/GCP/IBM対応)【2020年版】
「AWS AIサービス」「Azure Cognitive Services」「Google Cloud AIビルディングブロック」「IBM Watson API」という主要AIサービスの一覧表を示し、各サービスを1行程度で説明する。自分でAI/機械学習モデルを作る前に、既存のAIサービスがないか(カスタマイズできないか)を、これで確認しよう。(2020/6/22)

“クラウド破産”の理由と対策【後編】
“クラウド破産”を防ぐには? 利用料金を予算内に収める選び方
想定外に高額になりがちなクラウドサービスの利用料金。予算内に収めるためには、どのような観点でクラウドサービスを利用し、選べばよいのか。(2020/6/22)

IaaS導入企業の過半数がAWS採用 MM総研の国内クラウド市場調査
MM総研の調べによると、2019年度のクラウドサービスの市場規模は2兆3572億円で、前年度比21.4%増と大きく拡大。IaaS導入企業のうち過半数がAWSを採用しているという結果も出た。(2020/6/19)

「ハイブリッドクラウド」の8大用途【前編】
「ハイブリッドクラウド」はなぜ必要か? DXとクラウド移行の観点で考える
企業がハイブリッドクラウドのメリットを引き出すには、どのような用途で構築するのかを明確にしておく必要がある。ハイブリッドクラウドの主な用途と、構築前に確認しなければならないことを説明する。(2020/6/19)

PR:1年半、チューニングの嵐を越えて──「Tポイント」データ分析基盤を開発した男たち、汗と涙の記録
(2020/6/19)

PR:「Tポイント」7000万人の購買データに挑む──分析を速めた、執念のクラウド導入劇
(2020/6/19)

柔軟性、安全性、セキュリティの恩恵:
MicrosoftがKubernetesソフトウェア「Krustlet」をRustで開発している理由
Microsoft Azure部門のDeisLabsは、2020年4月に公開したオープンソースのKubernetesソフトウェア「Krustlet」を、「Rust」で開発している理由を解説した。(2020/6/18)

SASとMicrosoftがパートナーシップを締結 SAS製品をAzure向けに最適化
SASとMicrosoftはパートナーシップを締結した。SAS製品のMicrosoftクラウドソリューションへの組み込みや、SASの分析プラットフォーム「Viya」の最新版をAzure向けに最適化する。(2020/6/17)

SASのコンテナ環境製品SAS Viyaで本格化:
MicrosoftとSASが広範な提携、両社の製品間の統合を推進
MicrosoftとSASがアナリティクス/AIに関する広範な提携を発表した。SASは自社の製品群をAzureへ移行する。また、SASとMicrosoftは両社の製品群を密接に連携させ、業界特化型のソリューションを構築する。マーケティングおよび販売の活動は共同で行うという。(2020/6/17)

医療機関クラウド移行のメリットとデメリット【前編】
いまさら聞けない、医療機関が「クラウドサービス」に移行する4つのメリット
医療機関がクラウドサービスにシステムを移行させるメリットには、どのようなものがあるのか。主要な4つのメリットを紹介する。(2020/6/17)

クラウド時代のネットワーク最適化【第1回】
“遅いMicrosoft 365”の真犯人、残念な「社内ネットワーク」が招く2つの問題
クラウドサービスの利用はもはや当たり前の選択肢になりました。ただしクラウドサービスへの移行に伴う社内ネットワークの問題は、まだ広く認識されているとは言えません。どのような問題があるのでしょうか。(2020/7/15)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(162):
Windows 10 バージョン2004から消えた(?)自動ログオン構成オプションあり/なしの怪
筆者は利用していませんが、電源をオンにしたらデスクトップが表示されるまで起動するように自動ログオンを構成し、利用しているユーザーは少なからずいるようです。最新の「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004、ビルド19041.x)」になって、“その構成オプションが見当たらない”“私のPCにはあるけど”といった声をちらほら聞くことがありました。これには“パスワードのない世界”を目指すMicrosoftの思惑が関係しているようです。(2020/6/17)

失敗しないための注意点は?
マルチクラウドストレージがとてもオススメな理由
複数のクラウドサービスを組み合わせた「マルチクラウドストレージ」には多くのメリットがある。そのユースケースと失敗しないための注意点を解説する。(2020/6/17)

急きょオンライン化の「de:code 2020」、基盤にAzure採用し2カ月で準備 例年上回る1万4000人が参加予定
日本マイクロソフトが6月17〜30日に、開発者向け年次カンファレンス「de:code 2020」を開く。例年は都内で開催していたが、今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインイベントに。運営システムの基盤には「Microsoft Azure」を採用し、参加登録を済ませた約1万4000人からのアクセスに対応する。(2020/6/16)

日本マイクロソフトとFIXERが説明:
「de:code 2020」の仮想イベント基盤は新たに開発したものだった
日本マイクロソフトは6月17日から開発者イベント「de:code 2020」を開催するが、このイベントで使われるバーチャルイベント基盤は、新たに開発したものだという。日本マイクロソフトとFIXERが、この基盤について説明した。(2020/6/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。