ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリケーション開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

業務改革を進めたい現場の要求に応える:
PR:ノーコード/ローコード開発製品といっても中身はさまざま、業務担当者が真にDXを推進し、課題も解決できるポイントは?
DXにつながる迅速なアプリケーション開発として、注目を集めている「ノーコード/ローコード開発」。国内企業でも採用が進んでいるが、徐々に課題も顕在化してきている。ノーコード/ローコード開発の課題を解決し、DXを成功に導く最適解はあるのか。(2021/6/1)

一過性のブームではない!?:
PR:「従来のアプリケーション開発は限界」 ローコード開発がいま求められる理由
少ないコード量でアプリケーションを開発できるローコード開発が今、脚光を浴びている。開発の生産性やスピードを飛躍的に高めることができるとして、MicrosoftやGoogle、AWSをはじめとするクラウドベンダーも新たなローコード開発ツールを提供するなど開発トレンドの一つになっている。(2021/6/1)

何が課題で、何が実現しているのか
IBMのロードマップで見る、量子コンピュータ実現のステップ
当然ながら、量子コンピューティングを実現するには量子コンピュータとそこで実行するアプリケーションを開発する必要がある。従来型コンピュータとは全く異なるそれらを扱えるようにするIBMの取り組みとは。(2021/5/28)

NECと東京大学らが量子コンピュータの専門人材育成に向けて寄付講座を解説
東京大学と協賛企業9社は、「量子ソフトウェア」寄付講座を設置する。量子コンピュータによる新しい量子機械学習手法の研究や量子コンピュータ向けアプリケーションの開発を目的とする。(2021/5/25)

産業用ロボット:
自動化が困難な嵌合、位相合わせ作業に対応可能なロボットシステム
新東工業は、はめ合いやかみ合わせ作業に対応可能なロボットシステムを発売した。同社の6軸力覚センサー「ZYXer」と生産技術、アプリケーション開発力を融合した新ロボットシステムにより、産業用ロボットの高性能化が可能になる。(2021/5/24)

コンテナ採用に高い壁
アプリ開発のトレンドは「コンテナありき」――現実は?
今や誰もがコンテナを前提に話をする。確かにコンテナには多くのメリットがある。ではアプリケーションのモダナイズに際して、皆コンテナ化に取り組んでいるのだろうか。(2021/5/19)

見えてくる日本行政のシステムへの向き合い方:
日本初の治療用アプリ開発陣が語る、「移り変わることが前提」な開発とは?
CureAppは2020年12月、開発した治療用アプリが日本で初めて保険収載され、同時に処方、販売を開始した。CureAppの開発陣に、治療用アプリの開発と、治療用アプリならではの事情について話を聞いた。(2021/5/18)

COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
接触確認アプリ「COCOA」の不具合を巡り、アプリ開発の元請けであるパーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T、東京都江東区)が受託金額の一部を自主返納すると発表。これに対し、Twitterでは疑問の声が上がっている。(2021/4/19)

VLCやOpenOfficeなどにワンクリックコード実行の脆弱性 アプリ開発におけるURI処理に課題
人気の高いソフトウェアにワンクリックコード実行の脆弱性が見つかった。ソフトウェア側の実装に問題があるため、今回発見されたソフトウェア以外にもリスクがある可能性があるという。(2021/4/16)

スマホとマイナンバーカードで本人確認 凸版印刷が事業者向けに提供
凸版印刷はスマートフォンでマイナンバーカードを読み込んで本人確認できる専用アプリを開発し、事業者向けに5月1日から提供すると発表した。事業者が自社サービスに同社のアプリを組み込むことで本人確認の手続きを簡略化できる。(2021/4/16)

DXを遅らせがちな開発の課題も意識:
VMware Cloudはマルチクラウドの「壁」を壊すか 開発と運用、両面の機能に迫る
企業の間で多様なクラウドの導入が進む中、分散しがちな環境の運用や新たなアプリケーション開発の課題を意識した「VMware Cloud」が発表された。開発の迅速化や運用の効率化をはじめとしたニーズにどう応えるというのか。(2021/4/16)

現場管理:
三井住友建設が建設現場の“言葉の壁”を解消する「音声通話の自動翻訳アプリ」開発
三井住友建設は、世界各地の建設現場で、言語の壁を越え、建設作業員に欠かせないコミュニケーションツールとして、マストアイテムとなることを目指し、音声通話の翻訳アプリを開発した。初弾では、日本語と英語の音声翻訳を実装し、グループ設定したメンバーに向けた一斉同報やグループチャット形式での録音データ及び翻訳データの表示機能も備えている。(2021/4/15)

DX推進に向けたローコード/ノーコードプラットフォームの利用状況は――IDC予測
IDCは、国内企業を対象に実施したローコード/ノーコードプラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。調査によると現時点では、アプリケーション開発に同プラットフォームを使用している企業は8.5%だった。(2021/4/13)

ライフがネットスーパーの新会社 配送網の整備や専用アプリの開発など
ライフコーポレーションが、ネットスーパー事業を手掛ける新会社を設立すると発表。配送網の整備・構築や専用アプリの開発を行う。(2021/4/8)

プログラミングを変えた「Java」の歴史【後編】
「Java」を“偉大な言語”にした3つの画期的要素
「Java」の進化はアプリケーション開発に大きな影響を与えてきた。Javaの企業向け仕様群「Java EE」の豊富な要素のうち、特に画期的だった3つの要素を振り返る。(2021/4/4)

Computer Weekly日本語版
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/4/3)

Win32とUWPの垣根をなくすコンポーネントとツールのセット:
Microsoft、デスクトップアプリ開発を容易にする「Project Reunion 0.5」を公開
Microsoftが「Project Reunion 0.5」を公開した。Windowsアプリケーション開発プラットフォームの次世代の新しい開発者向けコンポーネントとツールのセットだ。Win32とUWPの垣根をなくすものと位置付けた。(2021/4/1)

Pose Detection API β版も機能強化:
Google、モバイルアプリ開発で視覚処理などの機械学習を利用しやすい「ML Kit」をリリース
Googleは機械学習に対応したモバイルSDK「ML Kit」の一般提供を開始した。合わせてSelfie Segmentation API β版のML Kitへの追加と、ML Kitに含まれるPose Detection API β版の機能強化も発表した。モバイルアプリケーション開発者が視覚処理と自然言語処理に関する機械学習を利用しやすくなる。(2021/3/16)

製品名が長い
SAPがアプリ開発環境を強化 ローコード/ノーコードも可能
SAPが同社プラットフォーム用開発環境の拡充を発表した。ローコード/ノーコード開発もサポートし、開発の効率が向上するという。(2021/3/16)

Weekly Memo:
ServiceNowの新サービスで見えた 「ノーコード開発ツール」導入で失敗を防ぐ2つのポイントとは
企業のDXに向けて、業務現場でアプリケーション開発を可能にするノーコード開発ツールが注目されている。ServiceNowが提供する新サービスから、企業が同ツールを導入する際のポイントを探りたい。(2021/3/15)

VRニュース:
x gardenがNTTドコモと協業、ニトリのショールーム向けにMRアプリを開発
x gardenはNTTドコモと協業し、ニトリのショールーム向けにMRグラス「Magic Leap 1」で体験できるMRアプリケーションを開発した。同アプリの導入により、ユーザーはカラーや素材、サイズなど多様な商品パターンをその場で試すことができる。(2021/3/15)

英政府、Appleを独禁法違反の疑いで調査開始 アプリストアの開発者向け規約で
欧州委員会に続き、英政府もAppleを独占禁止法違反の疑いで正式に調査を開始した。App Storeでのアプリ開発者向け利用規約が不公正で反競争的であるという苦情を受けたもの。(2021/3/5)

Google、アプリ開発SDK「Flutter 2」公開 Webとデスクトップ、Surface Duoもサポート
Googleが2018年にリリースしたアプリ開発SDKのバージョン2「Flutter 2」を公開した。iOSとAndroidに加え、Windows、macOS、Linux、Webブラウザ向けのアプリを開発できる。Microsoftは2画面端末「Surface Duo」でFlutterを採用している。(2021/3/4)

さまざまな「Power Platform」製品で利用可能に:
Microsoft、「Excel」の数式をベースにしたローコード言語「Microsoft Power Fx」を発表
Microsoftは、「Excel」の数式をベースにしたオープンソースのローコードプログラミング言語「Microsoft Power Fx」を発表した。Excelの数式や関数に慣れていればノーコードやローコードで開発でき、他のプログラミング言語と組み合わせた「プロコード」でもアプリケーションを開発できるという。(2021/3/4)

Microsoft Ignite 2021:
Microsoft、MRプラットホーム「Microsoft Mesh」発表 マルチデバイス対応アプリ開発を目指す
MicrosoftがMR(複合現実)アプリ開発プラットフォーム「Microsoft Mesh」を発表した。Microsoft Azureベースで、HoloLensだけでなく、Oculus QuestなどのVRヘッドセットやスマートフォンもサポートする。発表イベントにはNianticのジョン・ハンケCEOもバーチャルで登壇した。(2021/3/3)

プライベートクラウド環境を「数時間」で展開 IBMがPower Systems向け製品を発表
日本IBMは、プライベートクラウド構築ソリューション「IBM Power Systems Private Cloud Rack Solution」の提供を開始した。「IBM Power Systems」に、「Red Hat OpenShift」などクラウドネイティブなアプリケーション開発に必要なソフトウェア製品を事前にセットアップして提供する。(2021/2/25)

目標を達成できなければ、お金を没収? 習慣化アプリ「SIZLY(シズリー)」発表
アプリ開発を手掛けるアイザックは習慣化アプリ「SIZLY」を発表した。シズリーは新しく習慣を身に付けるために参加者からお金を預かり行動を促すアプリ。多様なジャンルで50以上のチャレンジを用意している。(2021/3/4)

クラウドのニーズに特化も:
“使うと高いデータベース”からの脱却なるか 開発から運用まで最適化、Oracle Database 21cの中身は
DXに向けてクラウドの普及や迅速なアプリ開発のニーズが高まる中、データベースの主要な機能を統合、自動化し、開発から運用管理まで効率化、迅速化するとされるのがOracle Databaseの最新版「Oracle Database 21c」だ。クラウドネイティブな利用にも特化し、コストを最適化するという機能は一体どのようなものか。(2021/2/18)

平井大臣、COCOAに苦言 「出来のいいアプリではなかった」「発注にも問題あった」
平井卓也デジタル改革担当相が政府の接触確認アプリ「COCOA」の障害に言及し、「あまり出来の良いアプリではなかった」と苦言を呈した。9月のデジタル庁創設後はアプリ開発時にGoogleやAppleなどともダイレクトに協議する考えも示した。(2021/2/10)

製造ITニュース:
DXのキーワードは「内製化」、クラウドネイティブ開発を支援するマイクロソフト
日本マイクロソフトは2021年2月2日、クラウド基盤である「Microsoft Azure」の戦略について発表。あらゆる産業でDXが進む中、クラウドネイティブなアプリ開発環境や支援を広げ、「内製」によるアプリ開発を訴求する。(2021/2/3)

人工知能ニュース:
デバイスへの最適化を自動実行、エッジAIアプリの開発を10倍高速化する開発基盤
フィックスターズは2021年1月22日、カメラなどに搭載するエッジAIアプリケーション開発プラットフォーム「GENESIS DevEnv」の製品版を公開すると発表した。CPUやGPUなど各種デバイスを手元にそろえることなく、コードの自動最適化が行える。この他、エッジAIアプリ開発のひな型となるテンプレートの活用などで、開発工程の自動化や省力化を実現する。(2021/2/2)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
今さら聞けない「コンテナ」の基礎:仮想マシン/Kubernetesとの違いとは?
DXに伴いアプリケーション開発の重要性が高まる中で、迅速な開発に寄与するコンテナが注目されているが、「仮想マシンやKubernetesとの違いが分からない」という声も少なくない。そこで、各テクノロジーの仕組みやメリットを解説する。(2021/1/29)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
モダンアプリを効率運用、旧来型の監視から脱却するオブザーバビリティー向上術
アプリケーション開発へのコンテナ導入は、利点だけでなく複雑化をもたらし、従来型の監視を無意味なものにした。いま重要なのは、異常を傾向やアラートから分析し、プロアクティブな対応を可能にする可観測性(オブザーバビリティー)だ。(2021/1/27)

自動でアプリの高速化を実現:
フィックスターズ、エッジAIのクラウド開発環境
フィックスターズは、コーティングなしで高速かつ低消費電力のエッジ向けAIアプリケーションを開発できる、クラウド開発環境「GENESIS DevEnv」の販売を始めた。(2021/1/26)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【後編】:
帰ってきた“ミスター日本オラクル”三澤社長 データベース戦略でDXの「開発」に何をもたらすのか
日本オラクルの新社長に就任した三澤智光氏が、日本市場の戦略においてクラウドと同様に注力するのがデータベースだ。その中でも熱い視線を注ぐ先が、DXの一翼を担うような「クラウドネイティブなアプリ開発の現場」だという。最先端のデータベースで何をもたらそうというのか。(2021/1/25)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト:
Spring BootのKubernetes対応、開発者が考慮すべき「5つのポイント」とは?
決まりきった作業を取り除き、アプリケーション開発を効率化するとして普及する、Javaフレームワークの「Spring Boot」。このSpring Bootで作成したアプリケーションをコンテナ化し、Kubernetesにデプロイするための5つの要点を解説する。(2021/1/25)

Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】
いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語
Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。(2021/1/22)

2021年のWindows【前編】
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
既知の通り、2021年のメジャーアップデートでWindows 10のユーザーインタフェースが刷新される。そこからアプリケーション開発者に対するMicrosoftの戦略を垣間見ることができる。(2021/1/22)

組み込み開発ニュース:
OSに依存しないモバイルPOS用プリンタ向けSDKの無償提供を開始
セイコーインスツルは、業務用モバイルプリンタや据え置き型POSプリンタ向けに「SII SDK for Xamarin」の無償提供を開始した。OSの種類にかかわらず、効率的なアプリケーション開発を支援する。(2021/1/21)

Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】
いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?
Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。(2021/1/15)

ドローン:
衛星写真・ドローン・区画技術・AIで空き家発見を効率化、都内で実証実験を開始
空き家のデータベースサービスを運営する空き家活用と衛星とドローンで取得した写真やAI、区画技術を用いたサービスを展開するサグリは、空き家の発見を効率化するアプリケーションの開発を進めている。(2020/12/23)

TechTarget発 世界のITニュース
AWS、「Amazon EC2」にMacインスタンスを追加 Mac miniで稼働
AWSは「Amazon EC2」の新たなインスタンスとして、「Mac mini」で動作する「Mac」インスタンスを発表した。開発者はAWSで「Xcode」を使い、Macや「iPad」「iPhone」のアプリケーションを開発できるようなる。(2020/12/23)

家でも集中できるアプリ「集中」 コロナ禍でユーザー急増 三日坊主防止「継続する技術」も
作業への集中を助けるアプリ「集中」と、三日坊主を克服するアプリ「継続する技術」のダウンロード数がコロナ禍で急増していると、アプリ開発ベンチャーのbondaviが発表した。(2020/12/15)

ローコード開発の実際:
PowerPlatformでアプリ開発内製化 鹿島建設のデジタル活用術で協力会社の課題は解消するか
MicrosoftのPowerPlatformを使ったローコード開発による業務改革の事例が国内でも出てきた。鹿島建設は多数の協力会社の業務改善に内製アプリを活用する。(2020/12/15)

AIアプリケーション開発:
PR:AI開発のハードルは低い、コロナ禍に対応する混雑検知システムの開発に学べ
注目を集めるAIだが、その開発は容易ではないイメージが強い。しかし、実際にはオープンソースソフトウェアやさまざまなツールを活用することにより、複雑なプログラミングなどを行わなくてもAIアプリケーションを開発できる環境は既に整っている。技術商社のマクニカが開発した「コロナ対策混雑検知システム」はそのことを端的に示す事例になっている。(2020/12/14)

クラウドにはクラウド型の対策で
「DevSecOps」のマインドを取り入れた、最新のSaaS型WAFが登場した理由
セキュリティ担当者の「待った」の声が、Webアプリケーション開発のスピードを鈍らせる――そんな状況を経験したことはないだろうか。スピードとセキュリティを両立させる鍵を探ってみよう。(2020/12/25)

AWSがMacインスタンスを提供開始 2021年にはM1搭載Macも
Macを買わなくてもアプリ開発ができる。Amazon AWSが提供を始めた。(2020/12/1)

新連載「iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら」:
iPhone向けに開発した楽器アプリがM1搭載Macでそのまま動く衝撃
iOSでビンテージ鍵盤楽器を再現するアプリを開発しているプロデューサーによる、開発者目線でのM1 Macへの取り組みを綴っていく連載がスタートします。(2020/11/30)

コンテナをエンタープライズ環境で使う
なぜコンテナなのか その有用性とビジネス価値とは
従来の仮想化技術がITインフラの効率性を大きく高めたのに対し、コンテナ技術はアプリケーション開発を高速かつ柔軟にする。だが、その本質にあるのはあくまで「ビジネスにもたらす価値」だ。(2020/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。