ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリケーション開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

アプリ乱立の収束も割り切って進める:
「まず経営幹部が作った」、ノーコード開発で1万7000のアプリを生み出したLIXILは、アプリ開発の民主化をどう進めてきたか
LIXILは「全従業員が開発者」を目指し、ノーコードアプリ開発ツールの全社展開を進めている。2021年10月に始まったこのプロジェクトで、既に約4000人の従業員が約1万7000のアプリケーションを開発した。(2022/6/27)

Javaライブラリ選択時の7大ポイント【第1回】
“駄目なJavaライブラリ”ほど名前負けしている?
Javaアプリケーションの開発において、ライブラリはさまざまな場面で効果を発揮する。採用を検討しているライブラリが、プロジェクトの要件に合う機能を提供するかどうかは、どう判断すればよいのか。(2022/6/24)

サイボウズ、エンジニア向け新人研修の資料を公開 セキュリティやモバイルアプリ開発の基礎を解説
サイボウズが、ITエンジニア向けの研修資料を自社ブログで公開した。同社が5月9日から20日にかけて実施した新入社員向け研修で使った資料の一部で、モバイルアプリ開発やセキュリティなどの基礎を解説している。(2022/6/23)

クラウド/コンテナ活用でレガシーから脱却
3社の強力タッグが企業のDX/モダナイゼーションを強力に推進、その中身とは?
クラウド/コンテナを活用したIT基盤を用意しようとしても、その前にやるべきことは多い。そうした中、クラウドベンダー2社の提携で、アプリケーション開発・運用基盤が簡単に入手できるようになった。それを利用するメリットとは何か。(2022/6/23)

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース
Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。(2022/6/21)

「PaaS」を解剖する【第2回】
PaaSで“クラウド破産”が起きる理由とその回避策
PaaSの採用はアプリケーション開発にとって最善の選択肢とは限らない。PaaSを利用するときのリスクと注意点とは。(2022/6/17)

トランザクションと分析のサイロを崩す:
Snowflakeが新展開、トランザクションアプリのサポートとネイティブアプリケーションフレームワークを発表
DWHのSnowflakeが、新機能を通じてトランザクションアプリの開発をサポートすると発表した。また、Snowflakeの機能を活用したデータアプリを迅速に開発できるアプリケーションフレームワークを発表した。(2022/6/15)

ビックカメラ、AWSに基幹システム移行 顧客情報の管理と分析に本腰
ビックカメラが基幹システムをAWSに移行する。CRM特化のアプリ開発ツールとRPA作成ツールも同時に導入し、顧客情報の管理や分析を進める。(2022/6/14)

製造ITニュース:
ローコード開発で16年の実績を持つMendixが語る、DXがうまくいかない3つの理由
ローコードアプリケーション開発プラットフォームを展開するオランダのMendixは2022年6月9日、記者説明会を開催し、ローコード開発の現状と日本でのビジネス展開をについて紹介した。(2022/6/14)

スクラムマスターの5大認定資格【第3回】
履歴書に書きたい「AWS Certified Cloud Practitioner」とは? 合格するには
スクラムを通じたクラウドネイティブアプリケーション開発において、スクラムマスターが備えるべき知識やスキルとは何か。実力の証明となる資格「AWS Certified Cloud Practitioner」を解説する。(2022/6/14)

「PaaS」を解剖する【第1回】
アプリ開発者に「PaaS」が大人気な“納得の4大理由”
アプリケーション開発の効率化に役立つ「PaaS」(Platform as a Service)。その魅力とは何なのか。PaaSの主要な4つのメリットを説明する。(2022/6/10)

返礼品の代わりに現金付与 ふるさと納税サイト「キャシュふる」開始
 システムやアプリ開発などを行うDEPARTURE(東京都新宿区)は6月8日より、返礼品の代わりにお金がもらえるふるさと納税サイト「キャシュふる」をリリースした。(2022/6/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
Javaがいまだに愛される端的な理由
「Java」はさまざまなアプリケーションを開発する際のプログラミング言語として重宝されてきた。なぜJavaは長きにわたって人気を維持できているのか。理由を説明する。(2022/6/9)

DevOpsをやさしくする「DOaaS」という選択肢【前編】
「DevOps」は何がうれしいのか? 根付かない理由は?
アプリケーションの開発と運用のプロセスを融合する「DevOps」が広がりつつある。企業はDevOpsのために何をすべきなのか。それによってどのような恩恵を得ることができるのか。(2022/6/8)

「不真面目」DXのすすめ:
クラウドで目から鱗(うろこ)のアプリ開発
あなたの会社ではクラウドを使っていますか。クラウドを採用していても本当の意味では使っていない、例えばクラウド運用を外部企業に委託している企業は「もったいない」と筆者は断言します。その真意は?(2022/6/3)

「リヴリーアイランド」のココネ、週休2.5日制度を導入 将来の週休3日制見据え
アプリ開発などを手掛けるココネは1日から週休2.5日制を全社的に導入した。将来の週休3日制も見据えている。(2022/6/1)

OSSとの「上手な付き合い方」【第1回】
知らないと危険な「OSSのリスク」 “脆弱性祭り”への対処法とは?
OSSはアプリケーションを開発する際に「利用しないわけにはいかない」ほど重要な存在になった。一方でOSSの脆弱性を悪用した攻撃が跡を絶たない。OSSを安全に利用するには、どうすればいいのか。(2022/6/20)

AzureでOpenAIの言語処理モデルを利用可能に、アプリ開発を助けるAI機能群 Microsoft Build
Microsoftが年次イベント「Build」でGPT-3を生かした自然言語処理やGitHubの膨大なコード資産を生かした開発効率化、プロトタイピング支援機能など、自社製品やサービスにAI技術開発の成果を組み込む機能強化、新サービスをを発表した。(2022/5/26)

Rustで始めるWebアプリケーション(1):
【サンプルコードあり】Rustで作るWebアプリケーション――データベース利用と自動テストの基本事項を押さえる
RustでWebアプリケーションを開発する際に基礎となる要素技術からRustの応用まで、Rustに関するあれこれを解説する本連載。第1回ではRustを使ったWebアプリケーション開発におけるデータベースと自動テストの位置付けとコード例を紹介する。(2022/5/26)

Armアプリの開発を促進――米Microsoftが開発者向け小型PC「Project Volterra」を発表 2022年内に発売予定
Arm版Windows向けのアプリ開発を促進すべく、MicrosoftがSnapdragon搭載の小型デスクトップPCの開発を表明した。詳細は後日発表のようだが、2022年内の発売を予定しているという。(2022/5/25)

Microsoft、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」発表
米Microsoftが、アプリケーションの開発環境をまるごと、クラウドPCのようなデスクトップ仮想化の仮想マシンとして用意できる「Microsoft Dev Box」を発表した。5月25日からプライベートプレビューの申し込みを受け付けている。(2022/5/25)

Alexaで無料育児相談、音声活用しハンズフリー 森永乳業が25日から提供
スマートスピーカーと対話することで育児相談ができる新サービスを、森永乳業がアプリ開発会社のアイリッジとともに開発した。両手でパソコンやスマホを操作しなくても済むため、乳幼児の育児中でも気軽に相談ができるという。(2022/5/24)

Innovative Tech:
近くの“悪用AirTag”を自動で発見するAndroidアプリ バックグラウンドでも検知可能
ドイツのTU Darmstadtの研究チームは、Apple以外のスマートフォン向けに、自分のもの以外のAirTagやFind My対応トラッカーが近くにあった場合に自動で検出してくれるAndroidアプリを開発した。(2022/5/24)

就職面接の“デキ”をAIが評価 ベンチャーが練習アプリ開発
AI動画解析技術を手掛けるエフィシエントと就職支援のジェイックが、面接練習アプリ「steach」をリリースした。面接練習を録画するとAIが動画を解析し、表情や声、身振りなどを評価する。(2022/5/23)

株式会社野村総合研究所提供Webキャスト:
迅速&的確に対応するサービスデスクへ、システム運用を改善するプロセス整備術
システム運用部隊はインフラ担当やアプリケーション開発者、監査、外部ベンダー担当者、さらにはさまざまな部署のユーザーなど、多様な関係者から日々多くの問い合わせ・要望・依頼を受けている。その対応における課題と解決策を見ていく。(2022/5/20)

製造現場向けAI技術:
AIによるプラント配管の腐食検査システムの開発と技術支援を実施
Rossoは、ABEJAと三菱ガス化学が共同開発した「化学プラント内腐食配管の外観検査システム」において、アプリケーション開発とインフラ構築の技術支援を実施した。(2022/5/19)

秘密組織「SHOCKER」、公式アプリをリリース 「シン・仮面ライダー」の情報を発信
アプリ開発サービスを手掛けるCRAYON(は、映画「シン・仮面ライダー」の情報を発信するスマートフォン向けアプリ「『SHOCKER』公式アプリ from 映画『シン・仮面ライダー』」(iOS/Android)をリリースした。(2022/5/13)

売却も入金もアプリからリアルタイムで:
Embedded Paymentsとは? 急成長Lithiaのサービスから読み解く
U.S.BankとLithia Motorsが共同で中古車売買のユーザー体験を変えるアプリを開発した。自宅にある自動車をオンラインで即売却でき、リアルタイム決済を通じて即時入金も実現する。(2022/5/13)

「Flutter 3」発表 macOS・Linux向け開発に対応 ゲーム開発用のツールキットも公開
米Googleがオープンソースのアプリ開発SDK「Flutter」の最新バージョン「Flutter 3」を発表した。新たにmacOSとLinuxアプリの開発を安定版としてサポートする。(2022/5/12)

導入事例:
一般設計者でも放射線の遮蔽性能評価を数時間で行えるアプリを開発、清水建設
清水建設は、高エネルギー放射線医療施設の遮蔽設計時に必要な放射線の遮蔽性能評価を、一般の設計者でも簡易に行えるアプリ「SC-HoRS」を開発した。SC-HoRSでは、独自の簡易式自動計算機能により、放射線遮蔽室と放射線治療装置の仕様を入力するだけで、放射線の遮蔽性能評価が行える。(2022/5/12)

FAニュース:
三菱電機が中国共創センターを開設し、中国でのFAシステム事業を拡大
三菱電機は、中国のMitsubishi Electric Automation(China)内に「中国共創センター」を開設し、FA製品のアプリケーション開発業務を開始した。中国でのアプリケーション開発体制を強化し、FAシステム事業の拡大を図る。(2022/5/6)

人材不足はツールで補う:
PR:Webアプリケーション開発者に寄り添う次世代WAFの実力を探る
Webアプリケーションを狙うサイバー攻撃の高度化は、機械学習機能を組み込んだbotによる同時多発攻撃などとどまるところを知らない。従来のWAFでは防ぎ切れない攻撃にどのように立ち向かうべきなのか。(2022/4/28)

複雑性のキーは「状態管理」
Netflixも採用しているアプリケーション状態管理プラットフォーム
状態管理はアプリケーション開発において重要かつ面倒な機能だ。バグやセキュリティホールの温床であり、トラックは難しい。この部分が簡便化される意義は極めて大きい。(2022/4/26)

製品動向:
残コン・戻りコンを抑えるコンクリート打設管理の新アプリ、西松建設ら
西松建設は、フォーラムエイトと共同で、iPadに表示した施工図面に対し未打設部分の領域を囲み指示することで対象領域のコンクリート体積を計算し、最終的に必要なコンクリートの調整量を自動計算するアプリを開発した。さらに、新アプリを活用することで、調整時に必要なコンクリート数量を高い精度で弾き出せることを現場実証で確かめた。(2022/4/8)

「Java」が人気言語であり続ける5つの理由【後編】
「Java」こそが“クラウドネイティブ言語”である理由
「Java」は企業のアプリケーション開発を支え続けており、今後も有力な選択肢になり続けると考えられる。「クラウドネイティブ開発」「機能強化」「互換性」の3つの観点から、その理由を説明しよう。(2022/4/8)

Azureがストリームデータ処理基盤を強化 Confluentと戦略的パートナーシップ締結
MicrosoftとConfluentは、新たな戦略的パートナーシップ契約を締結した。両社はAzureにおけるデータストリーム管理の運用負荷軽減と、クラウドにおけるリアルタイムアプリケーション開発の迅速化を目指す。(2022/4/8)

深刻度は「9.8」:
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性 即時アップデートの適用を
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性が見つかった。同フレームワークはWebアプリケーションやエンタープライズアプリケーション開発に広く利用されており、広範囲の影響が予想される。(2022/4/4)

「Node.js」と「.NET」を比較する【後編】
「Node.js」「.NET」どちらを選ぶ? 3つのポイントで比較
Webアプリケーション開発に利用できる主なサーバサイドアプリケーション実行・開発環境には「Node.js」「.NET」がある。3つのポイントで両者を比較する。(2022/3/30)

車載ソフトウェア:
ソフトウェアデファインドビークル開発向けの車載統合プラットフォーム
NXP Semiconductorsは、SDV開発向けに、車載統合プラットフォーム「S32G GoldVIP」を発表した。「S32G」プロセッサを使用し、SDVのリアルタイム処理やアプリケーション開発に対応する。(2022/3/28)

「Node.js」と「.NET」を比較する【中編】
いまさら聞けない「.NET」の基礎 「NuGet」とは何か
「.NET」は、さまざまなシステムで稼働するアプリケーションの開発環境を企業に提供する。.NETを使うと、開発者はどのような機能を実装できるのか。開発時に利用できるツールにはどのようなものがあるのか。(2022/3/25)

「Node.js」と「.NET」を比較する【前編】
いまさら聞けない「Node.js」の基礎
Webアプリケーション開発において「Node.js」と「.NET」のどちらを採用するのか、適切な選択のためにそれぞれの概要を理解しておこう。具体的な用途や機能を解説する。(2022/3/23)

高齢化と人口減、ITで防げ 豊能町と大阪公立大がタッグ
高齢化と人口減少が進む大阪府豊能町は、大阪公立大と連携し、スマートシティー実現のための事業を本格化させる。長期的には町内のIT化とアプリ開発を通じ、生活環境を改善して人口流出に歯止めをかける狙いだ。(2022/3/17)

FAニュース:
6軸力覚センサー用にフレキシブルプリント基板の挿入アプリを開発
新東工業は、6軸力覚センサー「ZYXer」に適用することで、産業用ロボットの性能を高められる新アプリケーション「フレキシブルプリント基板の挿入」を発表した。ロボットによる配線作業の自動化に貢献する。(2022/3/16)

広告なしでYouTubeが見れるアプリ「Vanced」開発終了 「法的な理由のため」
YouTubeのAndroid向けサードパーティーアプリ「Vanced」は、同アプリの開発を終了する。Telegram上で「法的な理由なため」と経緯を説明。近日中に、Webサイト上のダウンロードリンクを削除するという。(2022/3/14)

ゲーム開発会社が企画者を提訴 クラファンで1000万円以上集めるも開発費支払われず
オンラインゲームやスマートフォン向けアプリの開発を手掛けるピクセルは、作曲家・古川元亮氏に対して損害賠償を求める訴訟を仙台地方裁判所に提起した。同氏からゲーム制作を依頼されたが、その開発費が全く支払われていないという。(2022/3/7)

山岳トンネル工事:
山岳トンネル掘削の作業状況を自動的に把握するAIアプリを開発、大林組ら
大林組とソウル大学は、山岳トンネル工事の生産性向上を目指し、コンピュータビジョンと音声を活用して、山岳トンネル掘削の作業状況を自動的に把握するAIアプリケーション「CyclEye」を開発した。今後、大林組は、CyclEyeをトンネル工事へ積極的に展開し、工事関係者間で作業状況の情報共有と施工管理に活用する。(2022/3/2)

「.NET Framework」からの脱却は実現するか【中編】
「.NET Core」が「マイクロサービス」アプリケーションの開発に役立つ理由
「.NET Core」は、「.NET Framework」の後継としてMicrosoftが公開したアプリケーション開発・実行環境だ。.NET Coreがアプリケーション開発においてどのような場面で有用なのかを解説する。(2022/3/2)

利用者が最も多い開発言語は「Java」:
開発者が怖いのは「スマホへの不正アクセス」 ラックがスマホアプリのセキュリティ対策に関する調査結果発表
ラックは、スマートフォン向けアプリケーションの開発者を対象に、開発環境やセキュリティ対策の実施状況などに関する調査を実施した。ほとんどの開発者が開発を始めるタイミングでセキュリティ対策を検討しているが、一方で「セキュリティ対策に自信がない」と懸念を感じている人もいた。(2022/2/21)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「デジタル変革(DX)とアプリケーション開発」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(1万円分)をプレゼント。(2022/1/20)

きっかけは?:
「DXを進めた意識はなかった」日産レンタカーが、すごいアプリを作れたワケ
「日産レンタカー」が公式スマホアプリを開発。ユーザーがレンタカーを借りる際、さまざまな手続きをスマホ上で完結できるようにした。アプリの開発背景、苦労話を聞いた。(2022/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。