ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

蔵出しブックレット
C++の後継? 謎のプログラミング言語「Carbon」を徹底解説
「C++」の後継として、Googleは「Carbon」というプログラミング言語を開発しています。CarbonとC++の関係や、C++の後継が必要な理由を詳しく解説します。(2024/4/11)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
“バグの出にくい”プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の基礎知識
堅牢性や再利用性を高め、よりバグの少ないソースコードを作成したいならば、関数型プログラミングの利用を検討しよう。主要な関数型プログラミング言語「Haskell」「PureScript」の概要を紹介する。(2024/4/10)

フリーランス・副業における案件数が多いプログラミング言語 2位「PHP」、1位は?
順位のほか、各言語の用途や今後についても言及した。(2024/4/9)

JDK 22では12の機能強化、改良を実施:
Oracle、「Java 22」「Oracle JDK 22」を提供開始
Oracleはプログラミング言語と開発プラットフォームである「Java」の最新版「Java 22」と、Java開発キット「Oracle JDK 22」の一般提供を開始した。(2024/4/8)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【後編】
Pythonのサンプルプログラムで分かる「if __name__ == “__main__”」の使い方
「Python」のプログラミングで使われる「if __name__ == “__main__”」という構文は、何のためのものなのか。どう役立つのか。サンプルプログラムを使いながら、使うべき場面とそうではない場面を解説する。(2024/4/5)

プログラミング基礎解説:
「脱COBOL」が示す生成AIによるレガシープログラミング言語からの移行
製造業の基幹システムのプログラミングにも広く用いられてきたCOBOLからの移行を模索する「脱COBOL」の動きが活発になっている。このCOBOLに代表されるレガシープログラミング言語からの移行において力を発揮するのが、生成AI技術を活用した「ぺアプログラミングツール」や「Copilot」と呼ばれる支援ツールだろう。(2024/4/3)

セキュリティニュースアラート:
Rustは「Go」や「C++」と比較して何が優れているのか? Googleエンジニアが語る
Googleは自社の経験を基に、ソフトウェア開発において、プログラミング言語RustがC++と比較して高い生産性と安全性を実現していると報告した。(2024/4/2)

PR:ヒロイン 「このコードが書けたら、一緒に海に行ってもいいよ」 ──異色の“初恋×プログラミング”ゲームを体験してみた
ドキドキの高校生活を楽しみながら、プログラミングについて学べます。(2024/4/2)

12年間分の推移も分かる:
プログラミング言語の人気ランキング、TypeScriptが上昇、C++は下落 RedMonk調べ
RedMonkは2024年第1四半期のプログラミング言語の人気ランキングを発表した。JavaScript、Python、Javaがトップ3を占めた。TypeScriptが順位を1つ上げた一方、C++が順位を1つ下げた。(2024/3/30)

特選プレミアムコンテンツガイド
C++が嫌われ、JavaScriptが人気の訳は? 使えるプログラミング言語の見極め方
初心者に適したプログラミング言語とは何なのか。「JavaScript」が人気を維持する一方で、「C++」が“嫌われる”理由とは。プログラミングをこれから学ぼうとする人も、学び続ける人も押さえるべき情報をまとめた。(2024/3/30)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【中編】
Pythonの謎構文「if __name__ == “__main__”」には何の意味があるのか
「if __name__ == “__main__”」という構文は、「Python」のプログラミングでしばしば目にする構文だ。この構文が意味するところを、例を挙げながら説明する。(2024/3/29)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【後編】
Java経験者が「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由
プログラミング言語「Java」の代替言語に位置付けられる「Kotlin」。開発者がJavaではなくKotlinを使いたくなるのはなぜか。Java にはないKotlinの利点や魅力を解説する。(2024/3/26)

Cybersecurity Dive:
バイデン政権、メモリ安全性の高いプログラミング言語の採用を呼びかけ
重大な脆弱性を減らすための取り組みの一環として、メモリ安全性の高いプログラミング言語をソフトウェアに採用する傾向が強まっている。(2024/3/24)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【前編】
Pythonで目にする“謎”の構文「if __name__ == “__main__”」とは?
「Python」のプログラミングでは、「if __name__ == “__main__”」という構文を目にすることがある。この構文が持つ役割は何か。どのような場面で用いるのか。簡単な例を挙げて解説する。(2024/3/22)

米AMD、RyzenやRadeonで生成AIをローカル実行するハウツーガイドを公開
GPTベースのLLM(大規模言語モデル)を使ったAIチャットbotの実行、LLMをローカルでカスタマイズできる検索拡張生成(RAG)の導入、プログラミングにおけるコーディングアシスタントの実行という3つの手順を紹介している。(2024/3/21)

Javaの代替言語Kotlinの魅力【前編】
もうJavaには戻れない? 開発者が「Kotlin」を好きになる5つの理由
幅広い開発に使えるプログラミング言語「Kotlin」は、「Java」に代わる選択肢になる。JavaではなくKotlinを使う理由は何か。その魅力を解説する。(2024/3/19)

練習問題や演習を通じて関数型プログラミングの概念を学べる:
JetBrains、Scalaで関数型プログラミングを学べるコースを無料公開
JetBrainsは、Scalaで関数型プログラミングの概念を学べるコースを無料公開した。Scalaの特性や構文よりも、関数型プログラミングの概念を理解することに焦点を当てているという。(2024/3/18)

「C」「C++」よりも「Rust」などの言語を推奨:
「ソフトウェアはメモリ安全でなければならない」との声明を発表、米ホワイトハウス
米ホワイトハウスは、サイバー空間における攻撃対象領域を積極的に削減するよう技術コミュニティーに呼びかける報告書を発表した。ONCDは、IT企業がメモリ安全なプログラミング言語を採用することで、あらゆる種類の脆弱性がデジタルエコシステムに侵入するのを防ぐことができるとして、協力を呼びかけた。(2024/3/18)

蔵出しブックレット
令和になっても「COBOL」から離れられない“理由”
プログラミング言語「COBOL」で書かれた古いプログラムを使用し続けている企業では、継続利用の理由が必ずしもポジティブではないことがあります。本ブックレットはその理由を解説します。(2024/3/14)

小寺信良のIT大作戦:
「AIがあればプログラミングは勉強しなくていい」は本当か? 現実的な反論を試みる
今教育界で話題になっているのが、「AIがあればプログラミングは勉強しなくていいのでは?」という子供達の疑問について、いかに納得する反論ができるか、という事である。この質問をAIに投げてみると、(2024/3/14)

C、C++、Javaは順位は変わらずもレーティングが低下:
かつてないほどリードを拡大するPython、JavaScriptも伸長 プログラミング言語ランキング
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年3月版が公開された。変動が少ない中、Pythonがリードを広げた他、Scratchがトップ10に返り咲き、Rustも再び上昇してきた。(2024/3/13)

Javaの10個のメリット【第5回】
なぜ今こそ「Java」なのか? 使いやすい言語な訳
アプリケーション開発で企業が使いやすいプログラミング言語は幾つか存在し、その一つがJavaだ。Javaを使うことで得られるメリットについて、言語的な特性から見た2点を紹介する。(2024/3/13)

1000人に聞いた:
30歳以上の社会人が学んでいるIT知識 「プログラミング」「OAスキル」を超えた1位は?
国を挙げて推進の機運が高まるリスキリング。ミドル世代やシニア世代は現在、どのようなスキルを新しく習得し、キャリアビジョンの実現に生かそうとしているのか。(2024/3/12)

非推奨のオプションを利用するコードは次期バージョンまでに移行が必要:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」を公開した。(2024/3/12)

国内ニュースフラッシュ「言語ランキング」(2023年12〜2024年2月):
2023年12月〜2024年2月で話題になったプログラミング言語は何? 4つの視点で分析
@ITはエンジニアにとって役立つさまざまな情報を掲載している。その中でもプログラミング言語に関する記事は注目度が高い。そこで本稿は、2023年12月から2024年2月までに@ITに掲載されたプログラミング言語関連のニュースを編集者の目線でまとめ、解説する。(2024/3/5)

比較検証して分かったこと:
PythonおよびJavaでコンパイル済み正規表現を使用するメリット
「Python」や「Java」でプログラミングを行う場合、コンパイル済み正規表現を使うとテキスト操作ルーティンの速度が大幅に向上する。(2024/3/7)

「ビッグテックの一部が解体される」という予測も:
AI、Mojo、ブロックチェーン TechTargetが予測する「2024年に起こる5つの変化」とは
TechTargetは、「2024年のテクノロジー予測」に関する記事を公開した。「2024年はブロックチェーン、AI、反競争的活動、新しいプログラミング言語Mojoが見出しを飾ることになる」としている。(2024/2/29)

プログラミングを学びたいと思ったきっかけは? 実用的な理由が上位を占める結果に
NEXERとデジタルトレンドナビが共同で、プログラミングに関する調査結果を発表した。プログラミングを学びたいと思ったきっかけや、興味のある言語が明らかになった。(2024/2/23)

特選プレミアムコンテンツガイド
今と昔の「プログラミング」は何が全然違うのか?
メインフレームからオープンシステムへの移行など、コンピュータの常識が変わるのに合わせて「プログラミング」は絶えず変化してきた。「過去」と「現在」のプログラミングには、どのような違いがあるのか。(2024/2/22)

「おもしろ広告」大解剖:
ITエンジニアをくすっと笑わせる「プログラミング風広告」、その正体は?
プログラミングコードがあると思わず読んでしまう――そんなITエンジニアをくすっと笑わせる広告が話題となっている。この広告のアイデアの背景に迫る。(2024/2/17)

蔵出しブックレット
初心者がまず学ぶべきは「Java」でも「C」でもない“あの2大言語”だ
初心者にとって、どのプログラミング言語から学び始めるかを選択することは容易ではありません。専門家が推奨する、初心者が最初に学ぶべきお薦めのプログラミング言語は“あの2つ”です。(2024/2/15)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

宣言的で読み書きが簡単、複雑な記述にも対応:
Apple、構成ファイルを生成するプログラミング言語「Pkl(ピックル)」を公開
Appleは、構成ファイルを生成するためのプログラミング言語「Pkl」をオープンソースとして公開した。(2024/2/8)

2024年2月下旬にリリース候補版、3月上旬に正式版を公開予定:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 5.4」β版を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 5.4」のβ版を公開した。(2024/2/2)

コード編集機能やリソース見積もり機能など従来型QDKを大幅改良:
Microsoft、「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開 VS CodeでQ#プログラミングができる拡張機能も利用可能に
Microsoftは、量子アルゴリズムの開発、改良を支援する「Azure Quantum Development Kit」のv1.0を公開した。(2024/1/31)

11個のクールな技術用語とスラング【第3回】
「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」とは? 知っておくと便利なIT用語
IT業界には幾つもの独特な技術用語やスラングがある。プログラミングにおいて、「アロー関数」「ダイヤモンド演算子」はどのような場合に用いることができるのか。(2024/1/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(112):
何でスキル不足のエンジニアをアサインしたからって訴えられるんですか
顧客企業のプロジェクトのために下請け企業が用意したのは、プログラミングのいろはも知らないエンジニア。結局、契約期間途中で退場することになったが、責任は誰が取るべきなのか――。(2024/1/29)

HaskellとPureScript【後編】
「PureScript」が「JavaScript」より優れる点、劣る点 開発に役立つのは?
「PureScript」は「JavaScript」に変換されることを目的としたプログラミング言語だ。強力な型システムや型推論といった、PureScriptが備える特徴と、活躍する場面を紹介する。(2024/1/27)

手法、コード例、ユースケースごとに解説:
オブジェクト指向プログラミングと関数型プログラミングの違い
関数型プログラミングモデルの採用を考える開発者は多い。だが、採用するなら、関数型プログラミングモデルとオブジェクト指向のアプローチがどのように異なるかを正確に理解することが重要だ。(2024/1/25)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
HTMLは結局プログラミング言語なのか、そうではないのか
Webページの外観を設計できる「HTML」。一部の開発者はHTMLをプログラミング言語だと考えているが、その主張は正しいのか。HTMLは開発者にとってどのような存在なのか。(2024/1/25)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
C++でもRustでもないプログラミング言語「Carbon」とは?
「Carbon」は、Googleが開発したプログラミング言語だ。その目的は「C++」が抱える問題を解消することにある。CarbonはC++やその他のプログラミング言語と何が違い、どのような場面で役立つ可能性があるのか。(2024/1/25)

HaskellとPureScript【前編】
「Haskell」は何ができるプログラミング言語? 4つの特徴とは
「Haskell」は、シンプルな構文ながらも強力な型システムを備えるプログラミング言語だ。Haskellが持つ4つの特徴「遅延評価」「不変性」「厳密な型」「モナド」を解説する。(2024/1/20)

首位は長期間変動なし:
2024年に人気が出る言語は? 「2023年の言語」はやはりC#に
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2024年1月版が公開された。C#が「2023年のプログラミング言語」となり、Fortran、Kotlin、Scratch、PHPもこの1年で順位を伸ばした。(2024/1/11)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
命令型プログラミングと宣言型プログラミングの「ソース」の違い 選ぶべきは?
「命令型プログラミング」と「宣言型プログラミング」の違いを知っておくことは、プログラム開発者にとって重要だ。両者の主な4つの違いを解説し、どちらを選ぶべきかの判断材料を提供する。(2024/1/11)

選定に影響を及ぼす4つの要素とは:
「Elixir」と「Clojure」はどう使い分ける? 両言語の歴史から選定のポイントまで解説
TechTargetは、「ElixirとClojureの違い」に関する記事を公開した。JavaScriptやPythonほどではないが、大規模関数型プログラミングの世界ではよく知られているElixirとClojureの特徴を紹介する。(2024/1/10)

平均年収の高い「プログラミング言語」 3位「Scala」、2位「TypeScript」、1位は?
 転職時、求人票上で平均年収が高かったプログラミング言語は何か。paizaの調査によると「Go言語」の平均年収が710.5万円と最も高いことが分かった。(2023/12/28)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(113):
新たなプログラミング言語を習得したい人にオススメ! プログラミング言語「Rust」の基礎をしっかり学べる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化し、無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第113弾はWindowsやAndroid OSの開発にも採用されたプログラミング言語「Rust」を対象に、言語の特徴や、開発環境の構築方法、記述方法をサンプルコードとともに紹介します。(2023/12/28)

男女900人に聞く:
動画編集、プログラミング……2024年に挑戦したい「大人の習い事」トップ10は?
ストリートアカデミー(東京都渋谷区)が「2024年に挑戦したい大人の習い事」について調査した。(2023/12/26)

平均給与が最も高いプログラミング言語はKotlin:
日本在住の外国人ソフトウェア開発者、年収中央値は850万円 TokyoDev
TokyoDevは日本在住で外国籍のソフトウェア開発者を対象に年収、就労形態、仕事で使用しているプログラミング言語やフレームワーク、ツールなどを調査した「2023 TokyoDev Developer Survey」を発表した。(2023/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。