ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

「BASIC」が使える「プチコン4 SmileBASIC」、ニンテンドーeショップでセール中
スマイルブームのNintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」が、8月16日までニンテンドーeショップで10%オフのセールを実施している。価格は「サーバー利用券」のセットで税込み2700円だ。(2020/8/7)

富士通のオンライン学習サービス「FMVまなびナビ」に子供向けのプログラミング個別指導コースが追加
富士通クライアントコンピューティングは、同社が提供するオンライン学習サービス「FMVまなびナビ」でプログラミングの個別指導コースを提供する。(2020/8/5)

「ITツールをどのくらい使えるか」の重要度が上昇:
アドビが「新卒採用で企業が重視するスキル」の調査結果を発表
アドビの「新卒採用で企業が重視するスキル」に関する調査によると、2020年は2018年に比べて「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなす能力)」の重要度が上昇している。最も重要視されているのは2018年と同様オフィスソフトだが、プログラミングや動画編集、写真加工といったクリエイティブ系スキルの重要度が増しているという。(2020/7/31)

Cygamesが小学生向けプログラミングワークショップをオンライン開催 千葉県松戸市、Tech Kids Schoolと共同で実施
Cygamesは千葉県松戸市、Tech Kids School(東京・渋谷)と共同で、松戸市内に住む小学4年生から6年生を対象に、プログラミングワークショップ「Cygames presents Tech Kids ”ONLINE” CAMP in MATSUDO」をオンラインで開催する。(2020/7/15)

写経でJavaScriptを習得できる? 話題の「ぷよぷよプログラミング」に親子で挑戦してみた
「ぷよぷよ」のプログラミング教材に親子で挑戦してみた。プログラミングを習得できる? 始め方や進め方は?――気になる点を徹底レビュー。(2020/7/15)

移行先はGo、Kotlin、Python:
どのプログラミング言語が使われているのか、JetBrainsが調査レポートを発表
JetBrainsは、開発者エコシステムの現状に関する4回目の年次調査の結果をまとめたレポート「The State of Developer Ecosystem 2020」を発表した。開発者がどのようにビッグデータを分析しているかについても調べた。(2020/7/14)

コロナ支援制度を検索できる都のサイト、ソースコード一部公開 「IT詳しくない他の自治体も活用を」
都がコロナに関する支援制度情報をまとめたサイトのソースコードを一部公開。プログラミングやIT技術に詳しくない他自治体の職員にも活用してもらいたいという。(2020/7/10)

プログラミング初心者も「“ぷよ”が動いた!」の感動を 着想から7年、ぷよぷよの教材が生まれた理由
コード入力すると“ぷよ”が動くぷよぷよのプログラミング教材が登場。教材を作った経緯や理由を開発者に聞いた。(2020/7/9)

PFNがプログラミング教育に参入 サンドボックスゲームでPythonを学べる教材を開発
AI開発を手掛けるPreferred Networksが、AI人材の育成を目指して教育事業を立ち上げたと発表した。第1弾として、小学生から始めるプログラミング教材「Playgram」(プレイグラム)を発表。対面授業やオンライン授業に順次導入する。(2020/7/7)

AIベンチャーのプリファード プログラミング教育事業に参入
学習塾運営のやる気スイッチグループと提携し、独自開発のカリキュラムを小学生向けに提供する。(2020/7/7)

リアクティブマイクロサービスの新機能:
マイクロサービス開発用Javaライブラリ集の最新版「Helidon 2.0」をOracleが公開
Oracleは、マイクロサービス開発を容易にするオープンソースのJavaライブラリセット「Helidon 2.0」を公開した。Helidon SEとHelidon MPという2つのプログラミングモデルのいずれかを選択できる。オープンソースの「Coherence Community Edition」の提供も開始した。(2020/7/2)

産業用ロボット:
オープン化だけじゃない、「RC9」は産業用ロボット開発の「簡単化」も目指す
Beckhoff Automation(以下、ベッコフオートメーション)とデンソーウェーブは、両社が共同開発した次世代ロボットコントローラー「RC9」に関するテクニカルセミナーをオンラインで開催した。RC9の製品コンセプトである選択性やオープン性の他、プログラミング技術の習熟度に関わらず制御を行えるようにする「簡単化」などの内容を具体的に解説した。(2020/7/1)

「ぷよぷよ」を自分で作る「ぷよぷよプログラミング」6月26日開始 ゲームをプログラミングの教材に利用
略してぷよプラ。(2020/6/25)

「ぷよぷよ」のプログラミング教材、セガが無料提供 “ぷよ”の移動や色指定でゲーム制作体験
対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」を使ったプログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」を、セガが6月26日から無料で提供する。(2020/6/25)

新型コロナウイルスの意外な影響か:
プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」で「C」言語が5年ぶりに首位
TIOBE Softwareが発表した2020年5月の「TIOBEインデックス」では、「C」言語が2015年以来5年ぶりに首位を占めた。TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、毎月更新されている。(2020/6/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Java」「Rust」がC/C++の代替になるこれだけの根拠
「Java」と「C」「C++」はどちらが速いのか。C/C++の後継と目される「Rust」とはどのようなプログラミング言語なのか。これらの疑問に答えよう。(2020/6/18)

「最も愛されている言語」ランキングで5年連続首位の背景とは:
「Rust」はなぜ人気があるのか、Stack Overflowがユーザーのコメントを紹介
開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、先ごろ発表した年次開発者調査の結果を受け、プログラミング言語「Rust」が人気を集めているさまざまな理由について、ユーザーの生のコメントを紹介した。速度を犠牲にせずにメモリ安全性を確保できる点が魅力的だが、それだけではない。(2020/6/11)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(8):
昔は弾道計算、今はAIモデルのパラメーター算出に重要な「微分・積分」
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、AIがデータとの最適な対応関係を見つけるのに重要となる「微分・積分」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/6/9)

スマートスピーカー開発キットが登場 小型開発モジュール「M5Stack」がベース
小型開発モジュール「M5Stack」シリーズとして、スマートスピーカー開発キット「ATOM Echo」が登場。マイクとスピーカー、無線通信をデフォルトで備えるため、プログラミング次第でスマートスピーカーのようにも使えるという。(2020/6/5)

速度、機能、使い勝手が向上:
Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.9」を公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.9」を公開した。コンパイラの高速化やエディタ機能の強化、コーディング支援などの改良が行われている。(2020/6/5)

量子コンピュータ時代に備えよう
量子コンピュータプログラミングの入門方法
この数年間で量子コンピュータ分野は大きく進み、研究者でなくても触れられる可能性が拡大した。来る量子コンピュータ時代に備えてプログラミングを学ぶ方法とは。(2020/6/4)

組み込みエンジニアの現場力養成ドリル(27):
π>3.05を証明せよ ―― 東大の伝説の入試問題をプログラムで解く
円周率が3.05より大きいことを証明せよ。「π>3.05を証明せよ」と書けば、たった11文字。この伝説ともなっている東京大学の入試問題をプログラミングで解いていただくのが今回のテーマです。(2020/6/2)

男子ハンドボールチーム、IT活用で業界に新風 プレー分析や子供向け教室でプログラミングも
今季から男子の日本ハンドボールリーグに加入するジークスター東京は、ITを駆使して低迷するハンド界に新しい風を吹かせようとしている。将来的にはプレー映像の分析や、子供向けハンドボール教室でのプログラミング教育も行う考え。(2020/6/2)

衛星データプラットフォーム「Tellus」を活用:
衛星データ解析や数値予測手法など さくらインターネットがeラーニング講座を無償提供
さくらインターネットは、プログラミングと機械学習の基礎について学習できるeラーニング講座を無償提供する。衛星データやプログラミングの基礎知識、衛星データの解析手順、分析の実践、Pythonによる画像処理や衛星画像の加工、数値予測手法などを学習できる。(2020/5/25)

さくらインターネット、機械学習やPythonの講座を無償公開 衛星データの活用教える
さくらインターネットが、衛星データを利用した機械学習やプログラミングの基礎が学べるeラーニング教材を無償公開すると発表した。衛星データに興味を持ってもらい、同社サービスの利用者になる人材を育成したい考え。(2020/5/22)

製造ITニュース:
異なるシステム間を連携し、人とシステムの対話で業務を効率化するツール
ウイングアーク1stは、コミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。異なるシステムやサービスの連携をプログラミングなしで自動化し、人がシステムに依頼して必要なデータの要求や処理を実行するなど、業務効率化に貢献する。(2020/5/18)

Apple、6月22日から年次開発者会議「WWDC20」を無料で開催 学生向けのプログラミングコンテストも
米Appleは5月5日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC20」を6月22日にオンライン形式で開催すると発表した。(2020/5/7)

Computer Weekly日本語版
最も脆弱性が少ない&多いプログラミング言語が判明
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/5/7)

脆弱性最少言語はPython
最も脆弱性が多い言語は? OSSの脆弱性は増大傾向
WhiteSource Softwareがオープンソースコードのセキュリティ状況を調査し、レポートを公開した。脆弱性は前年比50%増と増大傾向にあるという。プログラミング言語別の脆弱性の状況も明らかになった。(2020/5/7)

Apple、バーチャル「WWDC20」を6月22日から無料で開催 「Swift Student Challenge」も
Appleが初のオンライン年次開発者会議「WWDC20」を6月22日から1週間開催すると発表した。公式サイトとApple Developerアプリから誰でも無料で参加できる。学生開発者のためのプログラミングコンテスト「Swift Student Challenge」も開催する。(2020/5/6)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2019年度)
プログラミング学習の壁からWeb会議の選び方まで 新規会員が気になった話題は
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2019年度にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/4/29)

しくみデザイン、プログラミングアプリ「Springin’」を用いたゲームプログラミングコンテストを開催 TSUKUMOが協賛
しくみデザインは、同社開発のプログラミングアプリ「Springin’」を用いた「Springin’ プログラミングコンテスト Supported by ツクモ」を開催する。(2020/4/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(63):
Pythonチートシート
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第63弾は、Pythonでプログラミングをする上で必須の構文をギュギュッとまとめたPythonチートシート!(2020/4/20)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第1回:
「プログラミング教育」が必修化されたのはなぜ? それを支える「GIGAスクール構想」とは?
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。特に小学校の課程では「プログラミング教育」が導入されるなど、非常に大きな変化がもたらされる。必須化の背景はどこにあるのか、そしてそれを支える「GIGAスクール構想」とは何なのか。(2020/4/16)

反復練習をコンセプトに:
プログラミングを「体で覚える」 LABOTが学習サービス「写経」を期間限定で無償提供
LABOTは、タイピングゲームのようにソースコードを入力することでプログラミングを学習するサービス「写経」を、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関や、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。(2020/4/15)

プログラミング系知育玩具の注文3倍に 巣ごもり需要で顕著な伸び
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校措置の影響で、3月に入ってから学習教材の販売が大幅に増えている。特にプログラミング学習玩具は3.2倍になるなど、注目を集めている。(2020/4/13)

PR:ITリテラシー低めの女子大生にプログラミングを教えたらフリーランスの仕事に興味を持ったようです
ついに最終回。話は意外な方向に……?(2020/3/31)

プログラミングを実務に生かすには? コードを書かない業務自動化のススメ
「プログラミングを学んでみたいけど、何だか難しそう」「そもそも、何の役に立つの?」――そんな疑問に、独学でプログラミングを覚えた河合大さんが答えます。(2020/3/26)

パフォーマンスや数式の読みやすさが向上:
Microsoft、プログラミングの“変数”に似た「Excel」の「LET」関数を発表
Microsoftは、「Excel」の新しい関数「LET」を発表した。現在はβ機能であるこの関数では、計算結果に名前を割り当てることができる。(2020/3/25)

インプレス、「できる」シリーズなどIT系書籍を全文無料公開 新型コロナの影響受け
インプレスの「できる」シリーズなどのIT系書籍44冊が、3月31日まで同社特設ページ上で全文無料公開。「できるExcelマクロ&VBA」や「いちばんやさしい量子コンピューターの教本」「スラスラ読める Pythonふりがなプログラミング」「世界一やさしいLINE」といったタイトルが並んでいる。(2020/3/12)

さくら、Pythonの基礎講座を無償提供 新型コロナで外出控える人向け
さくらインターネットが、プログラミング言語Pythonの基礎が学べるというオンライン講座を無料で提供。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出を控えている人向けに開講する。(2020/3/10)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(7):
数学における「関数」とは――機械学習はデータ間にある関係性(関数形)を見つける
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は数学、統計学を学ぶ上で重要な「数学における関数」についてPythonコードと図を交えて解説します。(2020/3/12)

ドラえもんが小さなコミュニケーショントイに ひみつ道具カードのプログラミングで多彩におしゃべり
2020年6月下旬に1万9800円(税別)で発売。(2020/3/6)

Appleの子会社Claris、クラウド型ノーコード開発ツール「Claris Connect」正式リリース サービス連携やワークフロー構築に対応
米Appleの子会社米Clarisが、ノーコード開発ツールの「Claris Connect」を正式サービスとしてリリース。さまざまなクラウドサービスやオンプレミスの業務アプリケーションをプログラミングせずに連携できる。ノーコード開発ツールはMicrosoftやGoogleらも投入している。(2020/3/5)

NECレノボと東京書籍が学校用のプログラミング教材を開発 2020年8月提供開始
レノボ・ジャパン、NECパーソナルコンピュータと東京書籍が学校用プログラミング教材と教師用ガイドなどをセットにした学習パッケージを発表した。(2020/3/2)

Microsoft Focus:
プログラミング必修化で日本PC市場にバブルが来るか ついに始まった「GIGAスクール構想」
義務教育機関におけるICT教育の計画として「GIGAスクール構想」がスタートした。2023年までに小中学校の児童生徒が1人1台端末を持ち、高速大容量の通信を利用できる環境構築を目指す。これはPCでベンダーにとって大きなバブルとなるのか。(2020/3/10)

N高がコロナ休校でオンライン授業を無料開放へ プログラミング・Webデザインコースも対象に
プログラミングコースも受けられます。(2020/2/29)

量子コンピューティングは実用化の局面
IBM Researchのギル氏が語る量子コンピュータの基礎理論と「IBM Q」の現在
CES 2020にIBM Researchのディレクターが登壇。量子コンピュータのプログラミング方法を学ぶ必要性を訴え、量子コンピュータの基礎理論やIBM Qの現状を解説した。(2020/2/25)

文科省、ポケモンでプログラミング教育 企業と連携してカリキュラム開発へ
文部科学省は、小学校で4月に始まるプログラミング教育に向け、行政と企業が連携してカリキュラムを開発する「未来の学び プログラミング教育(みらプロ)2020」の概要を発表した。ポケモン社は、ゲーム制作の仕事の紹介やプログラミングの体験授業などを行う。(2020/2/19)

「Android」アプリ開発者が注目
Javaから「Kotlin」に乗り換えたくなる5つの理由
Javaの代替となる可能性を秘めたプログラミング言語がある。Androidアプリケーション開発者を中心に利用が広がっている「Kotlin」だ。注目の背景を探る。(2020/2/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。