ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プログラミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

プログラミングを変えた「Java」の歴史【前編】
「Java」はなぜ人気言語になったのか? 成功の歴史を振り返る
新しいプログラミング言語が生まれ続ける中、いまだに広く使われているのが「Java」だ。Javaはどのようにして人気を集めるようになったのか。登場から現在までの変化を整理する。(2021/3/7)

「独学では技術やノウハウに関する情報が身に付かない」:
「プログラミングは現役エンジニアから教わりたい」が過半数 キラメックスがプログラミングのスキル習得に関する調査
キラメックスが実施した「プログラミングのスキル習得に関する調査」によると「独学でプログラミングの知識が十分に身に付いた」と感じている人は1割未満。「現役エンジニアから教わりたい」と思っている人が過半数を占めた。(2021/3/5)

「Microsoft Power Fx」が登場 Power PlatformでExcel関数によるローコード開発が可能に
MicrosoftがExcelをベースとしたローコード開発環境を発表した。既に数億人のユーザーが愛用する「Excel関数」が利用でき、従来のローコード向けのプログラミング言語よりもプロコードへの道を歩みやすいというのがMicrosoftの主張だ。(2021/3/5)

さまざまな「Power Platform」製品で利用可能に:
Microsoft、「Excel」の数式をベースにしたローコード言語「Microsoft Power Fx」を発表
Microsoftは、「Excel」の数式をベースにしたオープンソースのローコードプログラミング言語「Microsoft Power Fx」を発表した。Excelの数式や関数に慣れていればノーコードやローコードで開発でき、他のプログラミング言語と組み合わせた「プロコード」でもアプリケーションを開発できるという。(2021/3/4)

Microsoft Ignite 2021:
Excel関数ベースのプログラミング言語「Microsoft Power Fx」登場 オープンソースで公開予定
米Microsoftが、Excel関数をベースにしたプログラミング言語「Microsoft Power Fx」を発表した。Microsoft初のローコード開発向け言語で、Excelの数式の知識を使えるためプログラミングのハードルが下がるとしている。(2021/3/3)

モーリシャスと南アフリカ共和国、モロッコ、チュニジアが有望:
次の新天地はアフリカか、ソフトウェア開発者の現状をTungaが調査
アフリカ諸国におけるソフトウェア産業とソフトウェア開発者の現状に関する調査結果をTungaが発表した。開発者の人口が多い17カ国について人数やプログラミング言語の順位を挙げた他、ソフトウェアを含むテクノロジー産業がどのような状況にあるのかを調べた。(2021/3/3)

スマートな型エイリアス保存が可能に:
プログラミング言語「TypeScript 4.2」をMicrosoftが公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.2」を公開した。多くの機能が強化され、パフォーマンスも向上している。(2021/3/1)

組み込み開発ニュース:
自動ソースコードレビューサービスが機能を拡充、重複コードを自動検知し評価
Siderは、自動ソースコードレビューサービス「Sider」の次世代機能として、バグの原因となる重複コードを自動で検知して評価する機能を搭載し、対応プログラミング言語も追加した。(2021/2/25)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:破られた二要素認証
特集は2FAや生体認証を巡るセキュリティ動向とRPA事例、Tru64 UNIXのモダナイゼーション、マルチクラウドストレージ活用術の4本。他に量子コンピュータプログラミングの入門方法、Zoomを悪用したマルウェア回避方法などの記事をお届けする。(2021/2/25)

Javaは2位ながら評価が低下:
人気ランキング「TIOBEインデックス」で「C」が首位、「Python」「Groovy」の評価が大きく上昇
TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年2月版では、常連の「C」「Java」「Python」「C++」「C#」が1〜5位を占めた。(2021/2/24)

Go AbekawaのGo Global!〜Mileidy Giraldo編(前):
ユーレカ! プログラミングに出会って、青空が眼前に広がった
数字が好きで人の役に立つ仕事をしたかったコロンビアの女の子は今、ITと医療の真ん中でCOVID-19のワクチン開発支援に取り組んでいる。(2021/2/22)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(11):
画像/動画データのディープラーニングの本質が視覚的に分かる「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「スカラ」「ベクトル」「行列」「テンソル」について、数式を使わずに図版とPythonコードで解説します。(2021/2/19)

シャープ、ロボホンでプログラミング体験ができる宿泊プラン発表 「変なホテル舞浜」で販売
シャープは、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用したプログラミング体験を提供する宿泊プランを発表した。H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」にて2月16日より販売を開始している。(2021/2/18)

キャリアニュース:
ITエンジニアの32%が「Python」を学びたいと回答――全年代で1位
「TECH Street」が「ITエンジニアが2021年に学びたいプログラミング言語」の調査結果を発表した。学びたい言語の1位は「Python」で全体の32.8%が希望した。また、20〜50代各年代の調査でも「Python」が1位だった。(2021/2/18)

ロボホンでプログラミング体験できる宿泊プラン、「変なホテル」で提供
H.I.S.ホテルホールディングスが、ロボホンを使ってプログラミングを体験できる子供向け宿泊プランの提供を「変なホテル舞浜 東京ベイ」で始めた。(2021/2/16)

プロジェクトメンテナーのサポートに注力:
Rustを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」が発足
プログラミング言語「Rust」とそのエコシステムを支援する独立非営利団体「Rust Foundation」の設立が発表された。巨大IT企業の金銭的な支援を受けており、「本番環境に対応できるエンタープライズ技術としてのRustの進化」を表しているという。(2021/2/12)

2021年、ITエンジニアが学びたいプログラミング言語ランキング
パーソルキャリアは、全国の20代〜50代のITエンジニア442人を対象に「2021年、ITエンジニアが学びたい(強化したい)プログラミング言語ランキング調査」を実施した。その結果、最も学びたい言語は「Python」で全体の32.8%を占めたことが分かった。(2021/2/11)

コロナ禍で変化した「今後のキャリア像」:
転職よりも副業を優先? ライブルベースが「プログラミングに対するイメージ・意識調査」
ライブルベースが実施した「プログラミングに対するイメージ・意識調査」によると、調査対象の約半数がコロナ禍をきっかけに副業を考えていることが分かった。(2021/2/9)

プログラミングを3D空間で ソニー子会社が4月から提供 物理演算シミュレーターも搭載
ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」を手掛けるソニー・グローバルエデュケーションが子どもたちが3D空間でのプログラミングできるサービスを4月に始めると発表。シミュレーターで現実空間にいるかのような環境でプログラミングが学べるという。(2021/1/29)

「win32metadata」プロジェクト:
Microsoft、C#やRustからWin32 APIへのアクセスを容易にする計画を発表
Microsoftは、さまざまなプログラミング言語からWin32 APIへのアクセスを容易にする「win32metadata」プロジェクトを発表した。まずはC#、C++、Rust対応を進める。(2021/1/29)

Apple製OS用プログラミング言語比較【後編】
「Objective-C」「Swift」はどちらを選ぶべきか? 2大Apple言語の比較ポイント
Apple製OS用アプリケーションの開発で使われるプログラミング言語は、従来中心だった「Objective-C」と、近年台頭している「Swift」の主に2つだ。どちらを選べばよいのか。長所・短所、選定時のポイントをまとめた。(2021/1/29)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(前):
コネなし、レジュメなし スウェーデンから来たエンジニアをベンチャーが採用した理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は翻訳ソフトウェアを手掛ける八楽で働くJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏にお話を伺う。容姿端麗でCTOを務めるほどのプログラミングスキルを持つヨナス氏だが、八楽の面接担当者の第一声は「こいつ、なめていますね」だった。(2021/2/12)

「自宅時間を活用して学習する人が多かった」:
Web開発関連が人気 Progateがオンラインプログラミング学習のランキングを発表
Progateは、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」で2020年に行われたレッスンのランキングを発表した。それによると、第1位はHTML&CSS、第2位はJavaScript、第3位はPythonだった。(2021/1/22)

Apple製OS用プログラミング言語比較【中編】
いまさら聞けない「Swift」の基礎 Windowsアプリも作れるApple製オープン言語
Apple製OS用アプリケーションを開発可能なプログラミング言語として2014年に登場した「Swift」は、それまで主流だった「Objective-C」と何が違うのか。Swiftの特徴を整理する。(2021/1/22)

アイロボットがプログラミング教育用ロボ発売 アプリで機能をカスタム 走って光って音も鳴る
アイロボットジャパンが、プログラミング教育向けロボット「Root」を発売する。専用アプリで「走る」「点灯する」といった動作をプログラムできる。価格は2万9800円。(2021/1/19)

アイロボット、教育市場向けのプログラミングロボット「Root」 小学校向けの無償配布も
アイロボットジャパンは、プログラミングに対応した教育市場向けロボット「Root」を発売する。(2021/1/19)

FAニュース:
直感的なプログラミングで教示時間を50%削減できるロボット教示装置
ダイヘンは、ロボット教示装置「JoyPEN」を発表した。内蔵のジャイロセンサーとジョイスティックを組み合わせて、手動動作からプログラミングまで、片手で直感的に操作でき、従来のティーチペンダントの約半分の時間で教示可能だ。(2021/1/18)

Apple製OS用プログラミング言語比較【前編】
いまさら聞けない「Objective-C」の基礎 macOS向けレジェンド言語の利点は?
Apple製OS用アプリケーション開発で利用される主なプログラミング言語の一つが、オブジェクト指向プログラミング言語である「Objective-C」だ。その特徴を紹介しよう。(2021/1/15)

キャリアニュース:
平均年収が一番高いプログラミング言語、20〜40代で「R」が1位
「TECH Street」が「2020年プログラミング言語別、年代別の平均年収ランキング」を発表した。平均年収が一番高いプログラミング言語は、20〜40代では「R」、50代は「C++」だった。(2021/1/14)

プレミアムコンテンツ:
次世代プログラミングツール導入戦略ガイド
あらゆる種類の組織が次世代プログラミングツールに注目している。本PDFは、ローコード開発ツールがいかに幅広いユーザーの助けになるか、こうしたツールによる効率の向上、それに伴う多くの検討事項について取り上げる。(2021/1/14)

C++との相互運用性向上を望む声:
Rustの利用状況調査、ビジネス利用が進む一方で習得の難しさなどが依然課題
Rust Survey Teamはプログラミング言語「Rust」の利用状況に関する年次調査結果を発表した。Rustの安定性に対する評価が高い一方で、C++との相互運用性の向上や学習のしやすさを改善してほしいという回答が多かった。(2021/1/12)

「SOCIAL IMPACT」でデル・テクノロジーズが手がける教育サポートとは?
「デジラボ琉球新報 こどもIT・プログラミング発表会 沖縄地区代表選考会」において、デル・テクノロジーズが教育事業とCSRを通じた地域サポートについて言及した。(2021/1/11)

文章を自動で分類するAI、ユーザーローカルが無償提供 AIをプログラミングなしで作れる機能も
ユーザーローカルが、入力された文章をカテゴリーに自動で分類する「ユーザーローカル テキスト自動分類AI」の無償提供を始めた。AIが文章を分析し、テーマや書き手の感情を推定する。(2021/1/8)

「子供がゲームより夢中になる」──PFNの教材を使ったプログラミング教室の魅力を探る
AIベンチャーのPreferred Networksと、学習塾のやる気スイッチグループが2020年夏にプログラミング教室を開校。ゲームより夢中になる子供もいるという、同教室の魅力を探った。(2021/1/7)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年)
プログラミング学習はなぜつらい? Google「乳がんAI検診」が賛否両論の訳は?
「経営とIT」「中堅・中小企業とIT」「医療IT」「教育IT」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年に新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/12/31)

「AI」エンジニアになるための「基礎数学」再入門(10):
あの「モンティ・ホール問題」で当選率33%が66%になる理由が分かり、生き上手になれる「ベイズの定理」の基礎知識
AIに欠かせない数学を、プログラミング言語Pythonを使って高校生の学習範囲から学び直す連載。今回は「ベイズの定理」について分かりやすい図を交えて解説します。(2020/12/25)

組み込み開発ニュース:
「Qt」がメジャーバージョンアップ、「Qt 6.0」を発表
The Qt Companyは、ソフトウェア開発プラットフォーム「Qt」のメジャーバージョン「Qt 6.0」を発表した。将来の統一基盤となるよう、生産性を向上するツールやAPIの搭載、プログラミング言語の改善など、再構築がなされている。(2020/12/23)

新しい型を導入:
プログラミング言語「TypeScript 4.1」をMicrosoftが公開
Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 4.1」を公開した。さまざまな機能強化が施されており、パフォーマンスも向上している。(2020/12/17)

IBM:
SDK「Qiskit」で量子コンピュータの利用を促進
量子コンピュータでは、アクセスのしやすさと使い勝手の良さを両立した開発環境に対するニーズが高まっている。IBMは量子コンピュータ用のSDK(ソフトウェア開発キット)「Qiskit」によって、ユーザーにとって、量子コンピュータの複雑さが分からなくなるほど容易にプログラミングを行える環境の構築を目指している。(2020/12/16)

AIアプリケーション開発:
PR:AI開発のハードルは低い、コロナ禍に対応する混雑検知システムの開発に学べ
注目を集めるAIだが、その開発は容易ではないイメージが強い。しかし、実際にはオープンソースソフトウェアやさまざまなツールを活用することにより、複雑なプログラミングなどを行わなくてもAIアプリケーションを開発できる環境は既に整っている。技術商社のマクニカが開発した「コロナ対策混雑検知システム」はそのことを端的に示す事例になっている。(2020/12/14)

より適切なプログラミングを目指して
Javaのプロが避ける「波かっこ」の“駄目”な使い方とは?
「Java」や「C++」をはじめ、さまざまなプログラミング言語で大きな役割を果たす要素が「波かっこ」だ。一般的なIDEの設定を踏まえて、好ましい波かっこの使い方を理解しよう。(2020/12/12)

富士通、ろう者向けウェアラブルデバイス「Ontenna」用のプログラミング教育環境を無償で公開
富士通は、ろう者向けデバイス「Ontenna」用プログラミング教育環境の無償公開を発表した。(2020/12/11)

ブロックを組み立てるロボットキット「MAUNZI」、+Styleで取り扱い開始 レゴブロックも使える
+Styleがブロック組み立て式のロボットキット「MAUNZI」(マウンジ)の取り扱いを始めた。ロボットは専用アプリで操作やプログラミングが行える。(2020/11/24)

小中高校生を対象に「プログラミングの概念に対する理解度」を評価:
2021年5月まで無料で受験できる「プログラミング能力検定」 サイバーエージェントが運営開始
サイバーエージェントとスプリックスが設立したプログラミング総合研究所は、小学生から高校生までを対象とした「プログラミング能力検定」の運営を開始する。プログラミングの概念に対する理解度を6段階の試験で体系的に評価する。(2020/11/18)

モバイルアプリ開発環境の選び方【後編】
モバイルアプリ開発者が選ぶべきプログラミング言語とテストツールは?
モバイルアプリケーション開発はさまざまな要件が絡み合う。開発で使用するプログラミング言語とテストツールを選ぶ際に役立つヒントを解説する。(2020/11/17)

CA、「プログラミング能力検定」を開始 21年5月まで受検料を無料に
サイバーエージェント(CA)などが12月からプログラミングの基礎知識を測る「プログラミング能力検定」の運営を始めると発表した。2021年5月までは受検料無料。(2020/11/16)

AIによるソフトウェア開発【後編】
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/16)

AIによるソフトウェア開発【後編】:
AIによるプログラミングの限界と想定される危険性
GPT-3がプログラムコードを生成するのは可能かもしれないが、それは完璧なものだろうか。そうした懐疑論者もソフトウェア開発にAIを応用する可能性は認めている。だが、別の危険性も内包しているという。(2020/11/11)

モバイルアプリ開発環境の選び方【前編】
Androidアプリ、iOSアプリ、ハイブリッドアプリ開発に使える主な言語とツールまとめ
モバイルアプリケーション開発の主な要件にデバイスのOSの種類がある。「iOS」「Android」あるいはその両方で利用できるアプリケーションの開発に適したプログラミング言語やツールには、どのようなものがあるのか。(2020/11/9)

Tech TIPS:
プログラミング不要でRPA、「マクロの記録」機能でExcelを自動化する
Excelのマクロと聞くと、VBAやプログラミングの知識が必要と思ってしまい、敬遠している人も少なくないようだ。しかし、VBAやプログラミング知識がなくてもマクロを作ることができる。その方法を解説しよう。(2020/11/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。