ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「人事」に関する情報が集まったページです。

日本生産性本部調べ:
「心の病」が多い世代は30代 人事担当者に聞く「メンタルヘルスの取り組み」
日本生産性本部(東京都千代田区)のメンタル・ヘルス研究所は12月2日、企業の人事担当者を対象に実施した「メンタルヘルスの取り組み」に関するアンケート結果を発表した。(2021/12/3)

マネフォ、社内向けAIチャットボット買収でUX向上とクロスセル狙う
マネーフォワードは11月30日、人事労務などの社員からの質問に答えるAIチャットボットを運営するHiTTO(東京都千代田区)を買収し子会社化すると発表した。20億円をかけて全株を取得する。(2021/11/30)

Q&A 総務・人事の相談所:
給与は“前職基準”、同じ能力でもバラバラ──穏便に統一できませんか?
従業員が増えているスタートアップ企業。社員は全員中途採用で、賃金は前職基準で決めており、たとえ能力が同じでも大幅に異なることも──社員が納得する新制度はどのように作るべきか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/11/29)

石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)

大企業の人事担当者の8割が「出世する人には共通点がある」と回答 どんな共通点?
大企業の人事担当者の81.2%が「出世・昇進する人には共通点がある」と考えているということが「社員の学習習慣」に関する実態調査から判明した。出世・昇進する人の共通点とは?(2021/11/25)

テレワークで従業員の“メンタル不調”が増加 人事の約6割が「実感する」と回答
SENが企業の人事担当者315人を対象に、テレワーク実施後の従業員のメンタルヘルスに関する調査をした。(2021/11/24)

パウエル氏手堅い手腕 FRB議長再任へ 金融「正常化」託す
【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)次期議長人事で現職のパウエル氏の再任を決めた背景には、大規模な金融緩和で新型コロナウイルス危機からの景気回復を主導した手腕への期待感がある。インフレ急伸で来年にも事実上のゼロ金利政策の解除が見込まれる。バイデン氏は、危機対応からの金融政策の「正常化」を、安定した手腕のパウエル氏に託した。(2021/11/23)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国の小売売上・製造業景況指標は予想を上回る、FRB人事に注目
ヨーロッパや米国北東部。中西部でのコロナ再拡大が嫌気され、冬場の感染急増が懸念されました。電気自動車を2025年にも発売すると伝わったアップルや、好決算を発表したエヌビディアが最高値を更新しました。米国の小売売上高やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回りました。(2021/11/23)

社内副業は“クエスト”:
「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
損害保険ジャパンの社内副業制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。本当に機能しているのか。(2021/11/19)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
大学留年した内定者、入社させて大丈夫? 人事が気を付けるべきことは?
内定者の1人から「大学の留年が決まったが、土曜日に通えるので正社員で入社したい」と連絡があった企業。大学在学中の人材を正社員として入社させて良いのか、気を付けるべき点はあるか? 社労士が解説する。(2021/11/19)

“真実”を見抜く人事戦略(10):
そのHRテック、本当に役に立つ? 見落としがちな「課題」と「思想」
人事関連の業務を効率化できるHRテックだが、実は導入に失敗する人事も多い。その失敗理由はどこにあるのだろうか? 見落としがちな観点について解説する。(2021/11/15)

人事が考える「45歳以上の中高年人材」課題 3位「キャリア支援不足」、2位「学びの場の少なさ」、1位は?
法人向け統合人事システムを展開するWorks Human Intelligenceが国内大手54法人を対象に実施したアンケート調査で、人事担当が考える中高年人材の課題1位は「自律的なリスキル(学び直し)の必要性」であることが判明した。(2021/11/12)

米国は出身大学で大きな差:
なぜ日本の初任給は一律なのか? 不自然な「職能給」
欧米系の企業はジョブに基づいた職務給を、日本企業は人を基準とした職能給を主に採用しているといわれている。しかし、人事コンサルタントの筆者は、日本の賃金制度は全く“職能”に基づいていないと考えている。日米の賃金制度の違いから、日本の賃金制度の本質について考える。(2021/11/11)

日本企業の課題とは:
企業のAI活用、日本は13カ国で最下位 「総務や人事、経理のDX化に遅れ」
職場でAIを活用している日本企業は31%で、同じ調査を行った米国や中国、韓国など13カ国では3年連続の最下位──このような結果が、日本オラクルの調査「AI@Work」で判明した。(2021/11/10)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
社員の仕事ぶりが見えなくて……人事評価制度の“流行り”に飛びついた企業が失敗した、真の理由
「テレワークが増え、社員の仕事ぶりが見えにくいので、HRテックを用いたジョブ型人事評価を取り入れたが、運用がうまくいかなかった」。筆者のもとに、企業経営者からこんな相談が寄せられました。失敗の真の理由は……?(2021/11/10)

月額制、採用業務代行サービス「なんでも人事」提供開始
 採用支援事業などを行うNeXT STAR(東京都千代田区)は、月額制採用業務代行サービス「なんでも人事」を10月から提供開始した。11月5日時点で西日本を中心に、大手、中小企業16社が利用している。(2021/11/8)

世間の誤解:
80歳超えの従業員も! ノジマが進めるシニア活用は「人手不足だからではない」
ノジマが80歳に定めていた雇用の年齢制限を事実上撤廃したという。「事実上の撤廃」とは、どういうことなのか。なぜ、ノジマはシニア活用に励むのか──。ノジマの人事担当者に話を聞いた。(2021/11/1)

グループ企業の人材活用を高度化する
人的資本で企業価値が判断される時代に求められる人事システムとは
子会社が人事システムを個別最適で導入しているために、企業グループ全体で全ての人材を把握できないという悩みが聞かれる。人事戦略の最新トレンドと人的資本を最大限に活用する方法を専門家が解説する。(2021/10/25)

Q&A 総務・人事の相談所:
「苦労して賞与が低い……」 コロナ禍で業績にバラつき、評価制度を変更すべき?
成果主義で、実績を賞与に反映している企業。コロナ禍で、取り扱う商材によって業績の明暗がハッキリ分かれてしまい、「より苦労しているのに賞与が低いのは理不尽だ」と不満の声が──。このような場合、人事は評価制度を変更すべきなのだろうか?(2021/10/18)

問われるAppleの職場文化
Appleの従業員が社内の差別、偏見、ハラスメントを告発
Appleの現従業員と元従業員が、Appleには人種差別、性差別、ハラスメントなどがあり、人事部門は解決しようとしないと訴えている。(2021/10/18)

職員ボーナス、0.1カ月分下げへ 東京都人事委勧告
東京都人事委員会は15日、令和3年度の都職員のボーナス(期末・勤勉手当)を0.1カ月分引き下げ、4.45カ月分支給するよう勧告した。ボーナスの引き下げは2年連続。(2021/10/16)

人事の95%がオンラインOJTの難しさを実感 約7割が「対面時より研修効果が出づらい」
 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。(2021/10/15)

新連載:
9割の会社が人事評価制度で失敗する「5つの理由」
テレワーク全盛の昨今、人事評価制度の運用はさらに難しくなっています。人事評価制度で失敗する企業には共通する特徴がある、というのが筆者の見解です。本連載では、失敗理由を大きく5つに分けて各回で紹介します。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

大企業愛用のHRテックが価格を刷新!:
PR:成長企業だけが知っている、戦略人事にたどり着くための3ステップとは?
ここ数年で急増した、HRソリューション。特に戦略人事を目的としたタレントマネジメントは注目度が高い。人事データを基に作成されたグラフや表組といったUIは、さも素晴らしい布陣図を描けそうではあるが、そこに至るまでには踏むべきステップが存在しており、“真”の統合システムが欠かせないという。その内容とは?(2021/10/6)

“真実”を見抜く人事戦略(9):
あなたは大丈夫? 「嫌われ採用人事」の3つの特徴
採用には、人事の努力だけでなく現場社員の協力が欠かせない。その一方で、人事の業務や立場の特性上、気を付けないと嫌われてしまいやすい一面がある。「嫌われ採用人事」の3つの特徴とは?(2021/9/28)

評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり:
5W1Hを意識せよ 人事評価マニュアルをシンプルに、分かりやすくする視点
前回は、人事評価に関する無駄な労力をどのような視点で確認していけばいいのか、その着眼点について紹介しました。今回は、人事評価マニュアルづくりにおける工夫について、5W1Hの視点でご紹介します。(2021/10/6)

キャリアニュース:
コロナ禍で分かった「なくてよかったもの」、1位は「対面での会議」
エン・ジャパンが、「コロナ禍で分かった なくてよかったもの、必要になったもの」についての調査結果を発表した。調査対象である人事担当者の45%が、新型コロナ対応によって分かった「なくてよかったもの」として「対面での会議」を挙げた。(2021/9/24)

識学調べ:
人事評価のモヤモヤに関する調査 不満の1位は?
識学は、全国のビジネスパーソンを対象に「人事評価のモヤモヤに関する調査」を行った。自社の人事評価のどこに不満を感じるか聞いたところ、1位は「評価の基準が不明確」で48.3%だった。理由を聞いた。(2021/9/22)

「下り」のコースも用意する:
評価、キャリア、ベテラン社員の扱い…… リスキリングを実施する際、人事が検討すべき施策とは
リスキリングを実施する際、評価には組み込むべきなのか。社員のキャリア設計はどう考えるべきか、ベテラン社員の扱い方は──リスキリングを実施する際、人事には悩みが尽きません。リスキリングの実施にあたり、準備しておくべき制度・施策6つを解説していきます。(2021/9/22)

連載「情報戦を制す人事」:
人事が会社を強くする! 必要性が高まる「リスキリング」のため、人事が今すべき3つのポイント
人事部門や教育担当部門にとって、従業員に対する学びの場の提供や、教育効果を高めるための施策の導入は重要なミッションです。しかし重要性は高くても、リスキリングは「学びの機会を用意して、終わり」ではありません。従業員の意欲の向上、効果の測定、魅力あるコンテンツ作り……導入に当たって、人事が取り組むべきポイントは多くあります。(2021/9/21)

人事担当者が実感:
コロナ禍で分かった会社の「無くてよかったもの」 「社内イベント」や「定時勤務」を抑え1位になったのは?
コロナ禍に対応する中で、会社には「無くてよかったもの」があることが分かった。エン・ジャパンの運営する人事向け情報サイト「人事のミカタ」の利用者に聞いた結果とは?(2021/9/10)

満足度や使用実態は?:
コロナ収束後「デジタルツールでの採用が定着する」86%が予測
求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは、「コロナ禍の採用活動とコロナ収束後のDX」について、人事部門と直近1年以内に転職をした969人を対象に調査を実施した。その結果……。(2021/9/9)

社員の病と人事:
「働き続ける」か「療養に専念」か 病のある社員を“両輪”で支援する、日本オラクルの人事制度
日本オラクルでは、病のある社員への支援をきめ細かく行っている。どのような制度なのか。(2021/9/16)

コロナと自動化がもたらす雇用問題【後編】
コロナ禍による失業増で成長する“注目の人事職”とは?
自動化技術の普及や失業者への給付金終了を背景に、米国では労働者の就業支援の必要性が高まっている。こうした状況は、人事担当者にとって成長の機会になる可能性があるという。どういうことなのか。(2021/9/3)

三井化学は人事システム刷新と成長戦略をどうリンクさせるか グローバル人材部長・小野氏に聞く
化学メーカー大手の三井化学が人事システムを刷新中だ。グループ企業を含むグローバル全体でガバナンスを効かせつつ、人材の能力を引き出す仕組みを組み立てる。(2021/9/2)

知られざる派遣エンジニアの威力:
PR:派遣エンジニアは検討しない? IT人材の活用で人事・経営部門がしがちな「誤解」とは
DX時代の到来で、多くの企業が探し求めるIT人材。そのIT人材を巡り、「正社員エンジニアでなければだめだ」「派遣エンジニアはNG」と考える人も多いのでは。しかし、そうした考え方は、ある種の「誤解」から生まれているという。なぜか。(2021/8/31)

Q&A 総務・人事の相談所:
「日報が面倒」「適当に書く人も」 在宅勤務中の日報、廃止すべきですか?
在宅勤務中の社員から「日報が面倒だ」という声や、マネジャーからの「在宅勤務に慣れてきて適当に書く人や、数日分まとめて更新する人が増えた」という声が多くなった。──こんな時、どうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/8/30)

副業・兼業の留意点(1):
人事が「副業や兼業を導入・推奨する」際の基礎 知っておくべきデメリットとは?
近年、本業以外の副業や兼業の促進に注目が集まっています。本記事では、企業として副業や兼業を認める場合や、推奨する場合に押さえておくべきポイントについて整理します。(2021/8/27)

評価者が迷わない「人事評価マニュアル」づくり:
無駄をなくそう 人事評価をシンプルにする、2つの視点
人事評価に関する無駄な労力をどのような視点で確認していけばいいのか、具体例を交えながら紹介します。(2021/8/26)

「デジタルバッジ」基本の基【後編】
「デジタルバッジ」市場は活況なのに人事部門が導入に消極的な理由
調査会社によると「デジタルバッジ」市場は成長を続けている。一方で人事部門は必ずしも導入に積極的ではないという。その背景には何があるのか。(2021/8/26)

学情が調査:
内定先の企業に入社を決めた理由 「社員の人柄や雰囲気」を重視する学生が増加
内定先の企業に入社を決めた理由は? 新卒採用サイトを運営する学情が調査を実施した。1年前と比較して「人(人事や社員の人柄や雰囲気)」を重視する学生が増えた。(2021/8/25)

連載「情報戦を制す人事」:
雇用契約書の保管方法が変わる? 人事も必見の「電子帳簿保存法」改正のポイント
一見すると人事担当者には無関係にも思える「電子帳簿保存法」ですが、実は改正内容には、人事業務に関わるものも含まれます。人事も見逃せない、電子帳簿保存法の改正のポイントについて解説します。(2021/8/25)

管理職と人事担当に調査:
管理職が日々困っていること 2位は「業務改善」、1位は?
リクルートマネジメントソリューションズ(東京都品川区)が、企業の人事担当と管理職300人を対象に実施した「マネジメントに対する人事担当者と管理職層の意識調査2021」の結果を発表した。管理職は日々どのようなことに困っているのか。(2021/8/24)

ジョブ型導入も:
「EV100%」への変革見据え、組織をどう変える? ボルボ・カー・ジャパン人事の狙い
ボルボ・カーズは、30年までに完全な電気自動車(EV)メーカーとなることを宣言した。日本市場でも同様に、EVへの転換とオンライン販売の強化に注力する。100年に一度の大変革期の中で、経営の転換に耐えうる組織にするために必要なこととは──?(2021/8/25)

会社に「何でもいいから出して」と言われてデザイナーが作った退職届がカオス 「花火セット」「パチンコの激アツ演出」
人事はどんな顔で受け取ればいいんだ。(2021/8/19)

パワハラ自体は無罪も、企業の「調査方法」に違法判決!? 内部調査で厳守すべき“3つのルール”とは
従業員からハラスメントを申告された場合、相談窓口の担当者や人事は「大変なことだ、とにかく調査を!」と焦る気持ちがあるかもしれません。しかし、ハラスメントの調査方法が適切でなかった場合、パワハラの相談者や行為者が企業に対し訴訟を起こすリスクも考えられます。(2021/8/18)

Q&A 総務・人事の相談所:
「残業しない」「キャリアアップを望まない」社員が増加、人事制度を作り変えるべきでしょうか?
若手や女性を積極的に採用したところ、「残業はしない」「キャリアアップを望まない」という社員が増え、半期の評価ごとに成長を求める評価制度とのミスマッチが起きている──こんな時、人事はどうしたらいいのだろうか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/8/16)

ことごとく空振り:
人事責任者が見落としている、重要な視点とは?
人事施策が、なぜことごとく空振りに終わるのか。それは、重要な見落としがあるからだ。(2021/8/11)

「どうせ学生は集まらない」では取り残される:
新卒を採るなら中小企業も“今すぐ”インターンシップを開催すべき、これだけの理由
新卒採用の応募が少なく、求める人材を採れないのに、採用コストは高まるばかり──そんな人事職・採用担当が、今すぐにインターンシップの準備に手をつけるべき理由とは。(2021/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。