ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Amazon Web Services」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

車載ソフトウェア:
SDV開発を推進する車載Linuxプラットフォームの最新バージョンを発表
Linux Foundationは、最新版のAGLプラットフォーム「Unified Code Base(UCB) 17.0」をリリースしたと発表した。クラウドネイティブ機能やRISC-Vアーキテクチャ、Flutterベースのアプリケーションを追加している。(2024/5/24)

オープンソース、製品、エコシステムの革新を推進:
IBM、「watsonx」で企業のAI導入、活用を支援する一連の取り組みを発表
IBMは年次イベント「THINK」において、同社のAIおよびデータプラットフォーム「watsonx」によって企業におけるAI導入、活用の支援を推進する一連の取り組みを発表した。(2024/5/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「デジタル小作人」のままでいいのか 海外クラウド“高依存”の不安
海外のデジタルサービスが普及したことで「デジタル赤字」が拡大している。ビジネスでは、多くの企業や自治体がAWS(アマゾンウェブサービス)を利用するなど、米国のクラウドサービスへの依存度が高まる。日本のテクノロジー企業の奮闘にも期待したい。(2024/5/24)

製造業×生成AI インタビュー:
産業界で使い倒せる日本語LLMを リコーが自前のモデル開発に取り組み始めたワケ
世界中で大規模言語モデル(LLM)の開発成果が次々に発表されている。国内でも日本語対応のLLM開発に取り組む企業が表れているが、その1社がリコーだ。130億パラメーターの日英両言語対応LLMを作った同社に、開発の狙いや今後の戦略を聞いた。(2024/5/23)

CSVファイルやOracle、Salesforce製サービスの情報をAIが理解 Microsoftが「Copilot Connectors」発表
米Microsoftは日本時間5月22日から開催中のイベント「Microsoft Build 2024」で、Microsoft Copilotをさまざまな外部のサービスやデータソースと接続することで、Copilotがそれらのデータを読み取り理解できる新機能「Copilot Connectors」を発表しました。(2024/5/23)

SAPとNVIDIAが提携、生成AI活用の促進へ 最高AI責任者が語る舞台裏
SAPとNVIDIAが提携を発表した。両社はSAPのクラウド製品でビジネスに特化した生成AI機能を顧客が構築できる環境を目指すようだ。両社の提携の概要を確認しよう。(2024/5/23)

CIO Dive:
「“爆食”AIが電気を食い尽くす」説に異論も AWSらによるデータセンター建設ラッシュ続く
AWS、Microsoft、Google Cloudら大手テック企業によるデータセンター建設ラッシュが続いている。電力不足が懸念されている。企業のクラウド利用が拡大する中、AIブームは電力消費を増大させるのか、それとも……。(2024/5/24)

競争が激化するAIチップ分野:
「NVIDIAへの挑戦状」を手に入れる? Graphcoreの買収提案報道に見るソフトバンクの狙い
英Graphcoreをめぐるうわさが業界をにぎわせている。その筆頭が、「ソフトバンクグループがGraphcoreの買収交渉に入っている」というものだ。ソフトバンクは、Graphcoreの人材やノウハウにより「NVIDIAへの挑戦状」を手に入れることを狙っているのだろうか。(2024/5/21)

Amazon S3の“不正なリクエストでも利用料が加算される現象”、AWSが修正を完了したと報告
Amazon S3の空のバケットに対してアクセスされると、たとえそれが第三者からの不正アクセスでエラーが返ったとしてもリクエスト料金が発生してしまうという現象について、米AWSが修正を完了したと5月13日付けで明らかにしました。(2024/5/21)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第4回】
「OSS」を使うなら知っておくべき“プロプライエタリ”との根本的な違い
複雑化するシステムの運用やコストの課題を軽減してくれる可能性のある存在がOSSです。多様な用途に利用できるOSSの例を挙げつつ、OSSを採用する上で知っておくべき点を解説します。(2024/5/20)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
枯れたはずのDWHが「クラウドDWH」で再び盛り上がる訳
「Hadoop」の普及によって一時期“守勢”に立たされたはずの「DWH」が、「クラウドDWH」へと形を変えて再び関心を集めるようになった。背景には何があるのか。(2024/5/19)

セキュリティソリューション:
CrowdStrike、生成AIを活用する次世代SIEM「CrowdStrike Falcon Next-Gen SIEM」を発表
CrowdStrikeは次世代SIEM「CrowdStrike Falcon Next-Gen SIEM」を発表した。生成AIを活用した調査機能などを搭載し、AIネイティブなSOCの構築を支援する。(2024/5/18)

“20年後のトレンド”が重要:
2045年の需要量は2023年の約4倍に IDCが国内ハイパースケールデータセンターの需要を予測
IDC Japanは、国内ハイパースケールデータセンターの需要量に関する分析結果を発表した。ハイパースケールデータセンターの2045年の需要量は、2023年の実績値の約4倍に達する可能性があるとしている。(2024/5/17)

繰り返すクラウド大手の人員整理
AWSが「1年ぶりの大量解雇」に踏み切った理由
従業員の人員整理を繰り返してきたAWSが、また従業員の大量解雇に踏み切る方針が明らかになった。今回の解雇の背景には何があるのか。(2024/5/17)

AWSのCEOが交代、6月3日付でMatt Garman氏に Adam Selipsky氏は退任
米Amazon Web Servicesは、同社のCEOが6月3日付でAdam Selipsky氏からMatt Garman氏に交代すると発表しました。(2024/5/15)

リミニストリートが開始した第三者保守「Rimini Custom」はベンダー保守と何が違う?
Rimini Streetはこれまで提供してきたSAPやOracle、Salesforceのシステム向けサポートを超えた、新しいカスタムパッケージ「Rimini Custom」を開始している。ベンダーサポートと何が異なるのだろうか。(2024/5/15)

早期に導入した企業にこそ起こる課題も:
最適解は「コード補完」から「自動化ワークフロー」へ? 有識者が予測する“生成AIの今後”とは
TechTargetは「生成AIアプリケーションの動向」に関する記事を公開した。2024年に開催された「Google Cloud Next '24」では生成AIに関する多くの情報が公開された。期待が高まる生成AIアプリケーションだが、その進化は速く、それに伴う課題も生まれている。(2024/5/15)

生成AIでストレージも変わる【後編】
「クラウドストレージをやめてオンプレミスに回帰」が賢い選択なのか?
企業の保有データ量が増えることを受けて、クラウドストレージをやめてオンプレミスストレージを使う動きが目立ってくる可能性がある。ストレージの刷新に際して、企業が考えるべきこととは。(2024/5/15)

Amazon EFS、クライアント当たりの最大スループットが1.5GB/sに これまでより3倍高速なファイルアクセスを実現
米AWS(Amazon Web Services)は、スケーラブルなNFSサーバをマネージドサービスで提供する「Amazon EFS」(Amazon Elastic File System)のクライアント当たりの最大スループットを、これまでの3倍となる1.5GB/sに拡大したことを発表しました。(2024/5/14)

良い意味で3年後の自分が何をしているのか分からない:
PR:内製化に舵を切ったトヨタコネクティッドが若手エンジニアを引きつける理由
100年に一度の大変革期にあるといわれる自動車業界において、巨大メーカーのモビリティサービスを先端IT技術で支えるトヨタコネクティッド。コア領域における技術力、開発力の底上げ、ビジネスアジリティ向上を目指して、内製力強化のためにエンジニアの中途採用を急ピッチで進めている。直近の1年で入社した若手エンジニアのお二人に、トヨタコネクティッドを選んだ理由や、現在の業務内容、将来のビジョンなどを伺った。(2024/5/1)

大和証券グループ、生成AI「Claude 3」導入 「GPT-4 Turbo」の画像対応版も
大和証券グループは、社内向け生成AI対話環境に、「Claude3」と、画像入力に対応したAIモデル「GPT-4 Turbo with Vision」を導入した。(2024/5/13)

株式会社TOKAIコミュニケーションズ提供Webキャスト
AWSを活用して快適なCAD環境を構築、利用できるVDIサービスと注意点を解説
CADをストレスなく使うためには、高性能のPCが必要だ。しかし昨今、コストを削減するためにクラウド上にVDI環境を構築する手法が注目されている。ここではAWSのVDIサービスを活用して、CAD環境を構築する方法と注意点を解説する。(2024/5/13)

株式会社TOKAIコミュニケーションズ提供Webキャスト
セキュリティや運用の課題を解決し、AWSで快適なCAD環境を実現するには?
CAD環境の改善策として、クラウドによるVDIサービスが注目されている。その一方で、セキュリティや運用負荷に対する疑問を抱く企業も少なくない。そこで、AWSを利用する際に、これらの疑問がどう解決されるのかを動画で解説する。(2024/5/13)

色眼鏡を通して見ていこうじゃねぇか:
お悩みその28 プログラマーに戻りたい(45歳 男性 マネジャー)
いいか、世界はプログラミングでできているんだぜ!(2024/5/13)

Broadcom、AWSによる「VMware Cloud on AWS」の販売が終了したと発表 「サービスはなくならない」
AWS上のVMwareサービスである「VMware Cloud on AWS」は、今後AWSや同社のパートナーから販売されないことが明らかになった。Broadcom CEOのホック・タン氏は、サービスがなくなるわけではないと述べている。(2024/5/10)

CIO Dive:
米国ホンダはAIをどう活用している? AI戦略の成否を握るのは「あのデータ」
米国ホンダはAI戦略を成功させるためにデータ活用に注力している。IT責任者は、データ戦略のポイントは「あるデータにある」と話す。(2024/5/10)

GitHubとの統合でAzureが優位に:
GitHubのアップデートから読み解くクラウドDevOpsの戦略と動向
プライベートネットワークのサポートは、AWSやGoogle Cloudでも計画されている。2024年4月上旬のGitHub ActionsアップデートでIT業界ウォッチャーが目にしたのはAzureのパワープレイだ。Azureの現況と、クラウドプロパイダーの動向を深堀りする。(2024/5/10)

一番重要なのは「自社のインフラ要件」にマッチするかどうか:
選ぶなら「Xen」か「KVM」か 仮想化方式の違いから選定基準までを解説
TechTargetは「XenとKVMの違い」に関する記事を公開した。オープンソースのハイパーバイザーとして著名な「Xen」と「KVM」はどういった違いがあるのか。判断で重要になるのは「自社のインフラ要件」と「クラウド導入への関心度」だ。(2024/5/9)

ビジネス用生成AIアシスタント「Amazon Q」公開 自然言語でアプリ作れる「Amazon Q Apps」も
AWSがビジネス利用に特化した生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を始めた。(2024/5/7)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

Dropboxが“政府認定クラウドサービス”リスト入り 政府調達の対象に
デジタル庁や総務省などで構成されるISMAP運営委員会は、クラウドストレージ「Dropbox」などを、政府のクラウドサービス認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリストに登録した。これらのサービスは今後、政府調達の対象になる。(2024/5/2)

パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:
Linux 6.8カーネル採用の「Ubuntu 24.04 LTS」リリース
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。(2024/5/2)

クラウドコスト管理の要点【後編】
マルチクラウドで“迷子”にならないための「コスト管理」の基本機能
マルチクラウドの運用で欠かせないのが、コストを適切に管理することだ。そのために必要なコスト管理ツールや可観測性ツールの機能とは。(2024/5/2)

過去のモダナイズ提案と何が違い、どう新しいか:
PR:キンドリルとAWSのリレーションシップの拡大はメインフレーム問題にどう切り込む
デジタル戦略のスピード強化を目指してクラウドファーストを志向する企業が増える中、メインフレームが重い課題になっている。クラウドとメインフレーム、両領域の主力プレーヤーが手を組んでこの問題を根本から解決する取り組みが動き出している。(2024/5/7)

メガクラウドの独占問題を解説【後編】
クラウドの「あの料金」が変わる可能性も AWSとMicrosoft“独占問題”の末路
英国競争市場庁はAWSとMicrosoftのサービス提供について、クラウドサービス市場の公正な競争を阻害する可能性のある点を調査している。クラウドサービスの今後にどう影響するのか。(2024/5/1)

個人、研究、商用利用も可能 優れた効率性をうたう:
Snowflake、エンタープライズタスク向け大規模言語モデル「Snowflake Arctic」を発表
Snowflakeは、エンタープライズAIに最適なLLM「Snowflake Arctic」を発表した。エンタープライズインテリジェンス、画期的な効率性、真のオープン性という特徴を備える。(2024/4/30)

住友生命、Snowflakeで健康増進型保険のデータ分析基盤を構築
住友生命が健康増進型保険「Vitality」のデータ分析基盤として「Snowflake」を導入した。導入の決め手と成果とは。(2024/4/26)

カスタムモデルインポート、モデル評価、安全対策:
AWS、生成AIアプリの構築、展開基盤「Amazon Bedrock」の新機能を発表
AWSは、基盤モデルを使用した生成AIアプリケーションの構築、展開を支援する「Amazon Bedrock」サービスの新機能を発表した。新機能には、カスタムモデルインポート、モデル評価、「Guardrails for Amazon Bedrock」があり、使用可能な基盤モデルの選択肢も拡大している。(2024/4/26)

セキュリティニュースアラート:
AWSリソースを保護するための5つのベストプラクティス CrowdStrikeが指南
CrowdStrikeはAmazon Web Services(AWS)のリソースを保護するための5つのベストプラクティスを紹介した。全ての資産を把握することなどが推奨されている。(2024/4/25)

クラウドコスト管理の要点【前編】
「マルチクラウド」では絶対押さえておきたい“コスト削減”の超基本
利用するクラウドサービスを増やすほど、コストの管理は困難になりIT部門の負荷は重くなる。どうすればいいのか。(2024/4/25)

「10年で80億ドルは最低限」 オラクルが日本市場に巨額投資を決めた背景
日本オラクルは、国内のクラウド市場拡大に向けて、今後10年で約80億ドル(約1兆2000億円)以上の投資をすると発表した。来日したOracleのCEOのサフラ・キャッツ氏が戦略投資の背景を説明した。(2024/4/24)

メガクラウドの独占問題を解説【中編】
クラウドを離脱できない「クラウド縛り」の元凶は“あの3つの問題”だった?
クラウドサービスを英国市場で提供するAWS、Microsoftといった主要クラウドベンダーについて、英国情報通信庁(Ofcom)は、公正な競争を阻害する可能性のある“3つの問題”を指摘する。(2024/4/24)

80億と700億のパラメーターを持つ最初の2モデルを公開:
Meta、次世代オープンLLM「Meta Llama 3」を発表
Metaは、大規模言語モデル「Meta Llama 3」の8Bおよび70Bパラメーターモデルを発表した。(2024/4/23)

PR:企業の「持続可能性」を高める、QNAPのバックアップソリューションをチェック!
リモートワークやハイブリッドワークの普及で、企業におけるデータのバックアップの重要性が増している。この記事では、企業をとりまく環境変化に適応しやすい、オンプレミスとクラウドのメリットを兼ね備えたQNAPのバックアップソリューションを紹介する。(2024/4/23)

「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:
最適な学習方法は? 安全にデータを使うには? AWSが解説する「生成AI活用のいろは」
生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。(2024/4/26)

Microsoft 365のTeamsセット売り中止、裏にあった規制と競合の圧力
Microsoftは、TeamsとMicrosoft 365のセット売りを中止すると発表した。顧客の利便性を追求するためと主張しているが、その狙いは別にあるという。(2024/5/8)

ハノーバーメッセ2024:
ハノーバーメッセが開幕、AIや水素など「競争力ある持続可能な産業」の最新技術
世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ 2024」が開幕する。会期は2024年4月22〜26日までの5日間。AIや水素および、インテリジェントかつカーボンニュートラルな生産、エネルギーソリューションを中心とした最新技術が一堂に会する。(2024/4/22)

セキュリティニュースアラート:
Javaは他のプログラミング言語と比較してどのくらい危険なのか? Datadog調査
Datadogは「State of DevSecOps 2024」と題された分析レポートを公開した。Javaは他のプログラミング言語と比較してサードパーティーの脆弱性によるリスクが高いことが明らかになっている。(2024/4/22)

駆逐するSSD、生き残るHDD【第7回】
「HDDが要らなくなる説」が真剣に語られ始めた理由
PCの内蔵ストレージはほとんどがHDDではなくSSDになっているが、データセンターにおいても同様の変化が起きるのか。「HDDが終わりを迎える」という見方の背景にある変化とは。(2024/4/21)

CIO Dive:
Snowflakeが新CEO就任でAI戦略を強化 新たに1000人の従業員雇用を予定
Snowflakeの新CEOにスリダール・ラマスワミ氏が就任した。同氏はこれまでAI担当シニアバイスプレジデントを務めていた人物だ。同社はこれを受けてAI戦略に大きく舵を切る計画だ。(2024/4/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。