ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

読み取り性能は前モデルの2倍 IBMがハイブリッドクラウド向けストレージを発表
IBMは、コンテナネイティブなソフトウェアデファインドストレージソリューション「IBM Spectrum Fusion」と「IBM Elastic Storage System」ファミリーの2機種を発表した。ハイブリッドクラウド環境での利用に向けて容易なデータ管理を実現する。(2021/4/30)

ストレージと仮想化基盤に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、QUOカードPay(3000円分×30名様)もしくはAmazonギフト券(3000円分×10名様)をプレゼント。(2021/4/26)

内閣府の共有ストレージに不正アクセス 231人分の個人情報が流出
内閣府は職員らが使用するファイル共有ストレージに不正アクセスがあり、231人の個人情報が外部に流出したと発表した。内閣府は攻撃の痕跡などから、開発元も認知していない脆弱性を突いたサイバー攻撃「ゼロデイ攻撃」とみている。(2021/4/23)

5つの検討ポイント
オンプレかクラウドか、非構造化データ用ストレージの選び方
非構造化データの増大は頭痛の種でもあるが、分析によって価値を引き出せる可能性がある。分析を前提にこのデータを効率的に保存するにはどんな方法があるのか。(2021/4/22)

ファーウェイ、タブレット「MatePad T」シリーズに大画面モデル2機種を追加
ファーウェイ・ジャパンが、タブレット「MatePad T」シリーズの10.1型/9.7型モデルを投入する。また、発売済みの「MatePad 10.4」のWi-Fiモデルについて、プロセッサをKirin 820、メモリを4GB、内蔵ストレージを64GBにした構成を追加する。【写真追加】(2021/4/20)

南極調査船のストレージシステム【後編】
南極調査船が「テープ」を選んだ理由と、極寒の南極で「過熱」が問題になる理由
南極調査船は過酷な環境下で航行するため、船内で運用するストレージシステムも特別な要件を満たさなければならない。どのようなストレージシステムを採用し、どう運用するのか。(2021/4/20)

ものになるモノ、ならないモノ(89):
ビッグデータ活用時代に再注目 進化を遂げた「磁気テープストレージ」の実力とは
近年、IoT機器などを使用して収集した「ビッグデータ」を格納する手段として磁気テープが再注目されている。約60年間磁気テープを製造する富士フイルムの大月英明氏に、最新の磁気テープについて話を聞いた。(2021/4/23)

5G対応のミッドレンジモデル「Xperia 10 III」登場 4500mAhバッテリーを搭載
ソニーがミッドレンジの5Gスマートフォン「Xperia 10 III」を発表。前モデル「Xperia 10 II」よりも大容量のバッテリーを備えて5Gに対応しながら小型化を果たしている。プロセッサはSnapdragon 690 5G、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは128GBを備えている。(2021/4/14)

UQ mobile、「iPhone 11」を4月23日に発売 64GBと256GB
KDDIと沖縄セルラーは「UQ mobile」向けに、4月23日から「iPhone 11」販売する。価格は未定で、決まり次第案内される。ストレージ容量は64GBと256GBから選べる。(2021/4/14)

PS5、初の大型アプデを配信 PS4とのシェアプレイが可能に、USBストレージへのソフト保存機能も
「PS5のゲームをPS4で試してみたりすることも可能です。」(2021/4/14)

PS5に初の大型アプデ USBストレージへのPS5タイトル保存、PS4とのシェアプレイなど 14日から
SIEがPlayStation 5初の大型ソフトウェア・アップデートを4月14日から配信する。USBストレージへのPS5タイトル保存やハードの世代を超えたシェアプレイが可能になる。(2021/4/13)

ウィンボンド リファレンスデザイン:
安全なOTA更新が可能な新リファレンスデザイン
ウィンボンド・エレクトロニクスは、ヌヴォトン、Qinglianyunと共同で、IoTデバイスのセキュアなOTA更新を可能にする、新しいリファレンスデザインを発表した。クラウドからストレージメモリに至る経路をセキュア化する。(2021/4/13)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ハイブリッドクラウド環境でのワークロード配置を最適化する、ストレージ選定術
DXの取り組みの多くはいまだ途上にあり、クラウドが主体となり広範かつ複雑になったインフラの中で、多様なワークロードの配置をいかに最適化するかが課題となっている。この解消に向け、多くの組織はストレージの刷新を検討している。(2021/4/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
仮想化技術をさらに活用するために、ストレージに求められるvSphere統合機能
仮想化アプリケーションが幅広く活用される中、ストレージには単に仮想化機能をサポートするだけでなく、VMware vSphereのような主要な仮想化テクノロジーとの統合機能が求められる。次世代ストレージはこのニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
次世代ストレージのパフォーマンスを最大化、具体的な設定や推奨事項を解説
次世代ストレージは、そもそも高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供してくれるが、そのベストプラクティスを学ぶことで性能を最大限に引き出すことができる。一般的なユースケースにおける推奨事項を把握しておこう。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータの価値を最大化、次世代ストレージの実力とは?
データ駆動型ビジネスの浸透に伴い、ストレージに求められる要件は、運用の簡素化、俊敏性の向上、データの価値発揮など、いっそう高度化している。その中で注目されるのが、マイクロサービスや機械学習を採用した次世代アプライアンスだ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ローカルデータ保護をシンプルかつ効果的に実現する「スナップショット」活用法
スナップショットは、バックアップやDR対策に向かないという指摘は正しい。ただ、その理由を理解した上で利用するなら、最もシンプルで効果的なデータ保護の手段になる。定番ストレージの機能を例に、スナップショットの活用法を紹介する。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データへの常時アクセスを安全に、次世代ストレージに見る可用性の実態とは?
データへ常時アクセスできる環境を整えることは、事業の滞りや収益損失を回避するために不可欠になりつつある。そこで注目したいのが、ハードウェア/ソフトウェアの両方で、全コンポーネントにわたる冗長性を備えた次世代ストレージだ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
外部vSphereホストとストレージ統合、デフォルトから変更すべき設定項目は?
ストレージプラットフォームに外部VMware vSphereホストを統合する際には、さまざまな設定項目への配慮が求められる。ホスト構成から、サイズ設定やパフォーマンス最適化、データ保護まで幅広い項目のベストプラクティスを解説する。(2021/4/8)

データレイク構築のススメ【前編】
データレイクとは何か――メリット、ストレージ、オンプレ/クラウドの是非
データレイクを構築するメリットは何か。データレイクに適したストレージとは何か。クラウド化すべきかオンプレミスで運用すべきか。基礎から解説する。(2021/4/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
国内ユーザー企業調査で見えたハイブリッド化の流れ、難所は「ストレージ」
国内企業を調査したところ、インフラに占めるクラウド環境の割合は大きく増加し、中でもハイブリッド化を模索する機運の高まりが明らかになった。しかしハイブリッド化の難所となるのがストレージだ。どんな解決策が考えられるのだろうか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
「99.9999%」だけでは不十分? 永続的な可用性を実現する真のストレージ要件
99.9999%の可用性をうたうストレージは少なくないが、一定期間中にシステムが動作する確率だけでは、クリティカルなアプリケーション環境においては不十分なこともある。永続的なデータの可用性を実現する、ストレージの真の要件とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
定番ストレージで確認するデータ移行手段、新基盤の立ち上げは楽になるのか?
ストレージのリプレースにおいて、新基盤へいかに円滑にデータを移行できるかは常に付きまとう課題であり、選定を左右するポイントにもなる。定番ストレージ製品を例に、移行に関する重要テクノロジーを把握しておきたい。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データ保護でDR対策、「データレプリケーション」を円滑にするストレージ要件
データの保護とともに、データの可用性をビジネスの目標とした場合、達成にはレプリケーションソリューションが欠かせない。しかし、その管理には負担を伴うだけに最新テクノロジーを駆使し、いかに円滑化するかが大きな課題となっている。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力
データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シンプルで使いやすい次世代ストレージ基盤、管理インタフェースのポイントとは
ITインフラは、どれほど高性能でパフォーマンスに優れていても、使いにくければ意味がない。そこで、合理化された運用が特長の「次世代ストレージアプライアンス」が、管理者にとって使いやすい理由に迫る。(2021/4/8)

Tech TIPS:
OneDriveのファイルを「ファイルオンデマンド」に設定してローカルストレージの空き容量を増やす
OneDriveを活用しているといつの間にか、Windows 10上のOneDriveフォルダの容量が増えてしまい、ローカルストレージを圧迫してしまうことがある。このような場合、ファイルを整理するのと同時に、ある程度の期間アクセスしていないファイルを「ファイルオンデマンド」にして、ローカルストレージから削除するとよい。その方法を紹介しよう。(2021/4/5)

「サーバとストレージ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/5)

データ活用とDXを推進する次世代ストレージ
増え続けるデータの保管・分析を成功に導く「階層型ストレージ」構築方法
データの増加に伴うストレージの拡張や、効果的なデータ分析へのニーズは、企業の悩みの種だ。DXを促進し、データにまつわるさまざまな運用・管理の手間を簡略化し得る「ハイブリッドなデータインフラ」とはどのようなものか。(2021/4/5)

「ストレージ導入と選定ポイント」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone 12 Pro(128GB)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/4/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
SSD全盛の今でも「テープ」が使われ続ける納得の理由
磁気テープにはHDDやSSDなど、他の種類のストレージにはないメリットがある。フラッシュストレージがストレージ市場で主流となりつつある中で、テープが評価される理由とは。(2021/4/1)

東芝 TCD2726DG:
A3複合機用途向けCCDイメージセンサー
東芝デバイス&ストレージは、A3複合機用途向けのレンズ縮小型CCDリニアイメージセンサー「TCD2726DG」を製品化し、サンプル出荷を開始した。動作クロックレートが100MHzで、同社従来品より高速化している。(2021/3/31)

福田昭のストレージ通信(188) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(15):
中国YMTCの3D NANDフラッシュメモリを搭載したストレージ製品
今回は、中国のNANDフラッシュベンチャーであるYMTCが開発した3D NANDフラッシュメモリ技術「Xtacking(エクスタッキング)」と、同社の3D NANDフラッシュメモリを搭載したストレージ製品を報告する。(2021/3/31)

VMwareの主要製品を理解する【中編】
「vSAN」「Virtual Volumes」(vVols)の違いは VMwareのストレージ仮想化製品
VMwareはSDDCを実現するためのさまざまな仮想化製品を提供している。その中からストレージ仮想化を実現する「vSAN」「VMware vSphere Virtual Volumes」と、運用管理の「VMware vRealize Suite」を取り上げる。(2021/3/31)

工場ニュース:
東芝、生産能力増強に向け300mmウエハー対応製造ラインを導入
東芝デバイス&ストレージは、300mmウエハー対応製造ラインを加賀東芝エレクトロニクス構内に導入すると発表した。導入により、低耐圧MOSFETやIGBTの生産能力を増強する。(2021/3/31)

次世代ストレージをチェック:
外付けだけど爆速! 「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を使ってみた
次世代ゲーム機として、PlayStation 5と並んで登場した「Xbox Series X/S 」。高速になった内蔵SSDに匹敵する外付けストレージ「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を試してみた。(2021/3/26)

東芝 DTMOSVIシリーズ:
650V耐圧のスーパージャンクションパワーMOSFET
東芝デバイス&ストレージは、650V耐圧のスーパージャンクションパワーMOSFET「DTMOSVI」シリーズの量産出荷を開始した。薄型かつ小型の表面実装TOLLパッケージを採用し、従来から約27%実装面積を縮小している。(2021/3/24)

南極調査船のストレージシステム【前編】
南極調査船の「内蔵ストレージシステム」とは? 大量の調査データを守り切る
英国南極観測局(BAS)は、南極調査船の初航行に向けて調査データ保存用のストレージシステムを構築した。過酷な環境で大量のデータを運用するために、採用した製品とは。(2021/3/23)

Apple、現行iMacのストレージオプションを縮小
AppleはiMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2019) の大容量SSDオプションの提供を終了した。(2021/3/22)

サーバ&ストレージに関する読者調査レポート
クラウドやHCIの導入状況は? 「脱クラウド」「オンプレミス回帰」は4割以上に
サーバ&ストレージ製品の導入状況や投資計画に関する読者調査を実施した。クラウドサービスやHCIの導入が広がりつつあること、「脱クラウド」「オンプレミス回帰」に前向きな組織が4割を超えることなどが分かった。(2021/3/22)

Amazon限定販売:
バッファローの「nasne(ナスネ)」は3月下旬発売 PlayStation 5版「torne(トルネ)」も2021年末めどに登場
バッファローが、3月下旬に新しい「nasne(ナスネ)」をAmazon限定で発売する。内蔵HDDの容量が増えた他、外付けストレージの対応容量もアップした。nasneを元々販売してきたソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)も、バッファロー製を含むnasneに対応する「torne(トルネ)」のPlayStation 5版を2021年末までに配信する。(2021/3/17)

東芝 TCR5RG:
リップル圧縮度100dBの小型LDOレギュレーター
東芝デバイス&ストレージは、小型かつ低背のWCSP4Fパッケージを採用したLDOレギュレーター「TCR5RG」シリーズ45品種を発売した。100dBの高リップル圧縮度と低出力電圧ノイズ、高出力電圧精度により、電源ラインの出力安定化に寄与する。(2021/3/17)

10那由他バイトの情報を蓄積できる未来のストレージ「Black Hole Recorder」のプロトタイプが展示中
理化学研究所の数理創造プログラム(iTHEMS)などが参画するデザインスタジオ「Useless Prototyping Studio」が製作しています。(2021/3/15)

イノベーションのレシピ:
ブラックホールを使えば那由他バイトの情報ストレージを実現できる!?
理化学研究所の数理創造プログラム(iTHEMS)と、クリエイティブブティックのSCHEMA、addictが参画するプロジェクトUseless Prototyping Studioは、同プロジェクトの第1弾プロトタイプとして、未来の情報ストレージデバイス「Black Hole Recorder(ブラックホール・レコーダー)」を制作したと発表した。(2021/3/15)

2023年度上期に稼働開始:
加賀東芝に300mmウエハー対応製造ラインを導入へ
東芝デバイス&ストレージは2021年3月10日、加賀東芝エレクトロニクス(以下、加賀東芝)構内に300mmウエハー対応の製造ラインを導入し、パワーデバイスの生産能力を増強すると発表した。同ラインは2023年度上期に稼働を開始する予定だ。投資金額は約250億円。(2021/3/11)

「バックアップ/ストレージ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/11)

クラウドビッグ3のファイルストレージ
クラウドファイルストレージの5つのメリット
かつてクラウドストレージといえばオブジェクトストレージだったが、クラウド大手3社はファイルストレージも提供するようになった。クラウドのファイルストレージのメリットとは何か。(2021/3/11)

リンクスがミニノートPC「GPD Micro PC」ストレージ増強版の国内取り扱いを開始
リンクスインターナショナルは、GPD製の6型ミニノートPC「GPD Micro PC」の取り扱いを発表した。(2021/3/10)

東大、構内にクラウド基盤を構築 全国の研究機関に計算資源とストレージ提供
東京大学など9大学と2つの研究所が、クラウド基盤を東京大学構内に構築したと発表した。全国の大学や研究機関が計算資源やストレージを提供する。(2021/3/9)

分散拠点のファイルアクセスを実現
20%のコスト削減に成功したクラウドNAS導入事例
北米やアジアに複数の拠点を擁する建築会社が、ストレージをオンプレミスからクラウドNASに移行。各地からのファイルアクセスとコスト削減に成功した。(2021/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。