ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ストレージ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Amazon、「Fire 7」の新型を6月6日発売 Alexa対応・ストレージ倍増
キッズモデルも同時発売。(2019/5/17)

“コンテンツ管理+コミュニケーション”をセキュアに共有 クラウド型ファイル共有サービス「活文MIES Box連携ソリューション」――日立から
日立は、オンラインストレージ「Box」と連携したクラウド型ファイル管理・共有サービス「活文MIES Box連携ソリューション」を開始。大容量ファイルと関連メッセージをセキュアに一元管理できる。プロジェクト単位での社外連携や、場所や時間にとらわれないテレワークなどを効率的に支援する。(2019/5/17)

東芝、半導体子会社で早期退職者を約350人募集
東芝デバイス&ストレージで約350人の早期退職者を募集。人員数を事業規模に見合った形に整理する。東芝は昨秋も早期退職者を募集しており、823人が19年3月末までに退職している。(2019/5/13)

Huaweiのミッドレンジ機「P30 lite Premium」がauから 3眼カメラや128GBストレージを内蔵【写真追加】
Huawei製のミッドレンジスマホ「HUAWEI P30 lite Premium」がauから登場する。6.1型フルHD+ディスプレイや、トリプルカメラを搭載。au独自の特徴として、128GBのストレージを内蔵している。(2019/5/13)

PR:月間約725億ページビューを誇る日本最大級のインターネットサービスを支え、高度なビジネス要件を満たすプライベート・クラウド基盤構築に向けた挑戦
1996年にサービス提供を開始し、2018年2月の時点で、月間約725億ページビューのインターネットサービスへと成長した「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社(以下、ヤフー)。同社は、プライベート・クラウド基盤のストレージにIBM Cloud Object Storageを導入しました。日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)の検証用データセンターを活用し、本番環境と同様、複数拠点間での冗長化構成でIBM Cloud Object Storageを活用したストレージを構築する検証を実施。それを経て、まずは、最も機密性を求められるデータ保存領域である「高セキュリティエリア」に導入。インフラの運用管理性が大幅に向上し、今後「社内システム用エリア」など適用領域を拡張していくことを計画しています。(2019/5/14)

東芝デバイス&ストレージ:
主流はシリコンパワー半導体、EV市場に期待大
東芝デバイス&ストレージは、2019年4月、東京都内でパワー半導体に関する技術説明会を実施し、パワー半導体の市場予測や東芝のパワー半導体事業の現状などを説明した。東芝デバイス&ストレージでパワーデバイス技師長を務める川野友広氏は、現在の主流はシリコン製品であり、特に高性能が要求されるMOSFETとハイパワー製品(=IGBT)に注力するとしつつ、SiC(炭化ケイ素)パワーデバイスの将来性にも触れ、「パワー半導体事業は非常に安定した事業だ。今後も製品開発と投資を継続していく」と語った。(2019/5/7)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「ストレージ/フラッシュストレージ」に関するアンケート
本アンケートでは、勤務先での「ストレージ/フラッシュストレージ」の導入を予定/検討されている方を対象に、その利用目的や導入上の課題などについてご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2019/5/7)

クラウドとの親和性も追い風に
「ブロックチェーンストレージ」とは何か? 5つの質問で基礎を知る
ブロックチェーンストレージに対する関心が高まっている。この新しい技術を検討するに当たり、よくある5つの疑問とそれに対する回答を紹介する。(2019/4/25)

測距解像度を2.2倍に向上:
東芝、車載向けLiDAR用計測アルゴリズムを開発
東芝デバイス&ストレージは、車載向けLiDAR(ライダー)の長距離測距における解像度を、従来に比べて2倍以上も改善できる「計測アルゴリズム」技術を開発した。(2019/4/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(77):
Azureのマネージドディスク、大容量サイズ(P60/E60/S60以上)の一般提供開始
Azure仮想マシン専用のストレージサービスである「マネージドディスク(Managed Disks)」でプレビュー提供されてきた大容量サイズ(4TBより大きなサイズ)の一般提供が開始されました。プレビュー期間中の割引料金は2019年4月末で終了し、5月1日から正規料金での課金がスタートします。(2019/4/22)

ストレージの新旧交代劇【前編】
HDDがストレージ市場から“消え去る”とは言い切れない、これだけの理由
SSDへの置き換えが徐々に進み、HDD全体の市場は縮小傾向にある。ただし、HDDが市場から消え去るわけではなく、新たな役割にシフトしている。HDDはこれからどう使われるのだろうか。(2019/5/15)

「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す【後編】
NVMeストレージの性能向上を阻む4つの課題、その解決策とは?
NVMeベースのストレージでは、ファイルシステムがボトルネックとなり得る。本稿ではそれを防ぐ方法について説明する。(2019/4/19)

東芝 TB9062FNG:
PWM入力でモーター制御可能なプリドライバIC
東芝デバイス&ストレージは、車載ブラシレスDCモーターをPWM入力だけで制御するプリドライバIC「TB9062FNG」を発表した。バッテリー電圧に応じてDutyを補正する起動時自動Duty生成機能や、出力Dutyの急変を抑えて脱調を防止する機能を備える。(2019/4/18)

「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す【前編】
NVMeストレージの性能向上に「ファイルシステム」が重要な理由
ファイルシステムによっては、NVMeの高いパフォーマンスが発揮できないことがある。本稿ではその理由を明らかにする。(2019/4/16)

ストレージ管理者はもういらない!?
重要度が低下してきたストレージ管理者が進むべき2つキャリア
ハイパーコンバージドインフラの進展は、ストレージ管理者の重要度を低下させた。ストレージ管理者が今後進むべき道は2つある。(2019/4/16)

Synology、ビジネス向けのコンパクトな1Uラックマウントストレージ「RackStation RS819」
アスクは、Synology製の1Uラックマウント型ストレージキット「RackStation RS819」の取り扱いを開始する。(2019/4/15)

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパー
ソフトウェアベースでインフラ刷新、次世代仮想化基盤の3つのメリットとは?
仮想化とクラウドにより、効率化とコスト削減は大きく進んだが、ストレージやネットワークは依然としてハードウェアに依存している。そこで、昨今ソフトウェアベースのアプローチでインフラの刷新を目指す動きが加速している。(2019/4/15)

ストレージのボトルネック問題を解消する
仮想デスクトップに快適さを求めるなら「HCI」でVDIを構築すべき理由
HCIでVDI環境を構築すると、さまざまなメリットがある。例えばリソースのスケーリングが容易にできる。VDI環境を構築する際は、ストレージの設計に注意する必要がある。(2019/4/12)

1 GB/月0.0012ドルのコールドストレージも:
100億行のデータをスプレッドシートで扱う機能など、Google Cloudのデータ関連発表をまとめた
Google Cloudは2019年4月10日(米国時間)にGoogle Cloud Next ‘19で大量の発表を行った。その中から、ストレージ、データベース、データ分析関連の主な発表をピックアップして簡潔に紹介する。(2019/4/11)

「Surface Book 2」 の13.5インチ、第8世代Intel Core i5モデル登場
Microsoftが2017年10月に発売したノートPC「Surface Book 2」の13.5インチモデルに、Intelの第8世代Core i5モデルが追加された。メモリ8GB、ストレージ256GBで価格は税込み20万664円。(2019/4/3)

OA/AV機器、産業機器向け:
東芝、Arm Cortex-M4コア搭載マイコンを追加
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-Mコアを搭載したマイコン「TXZファミリー」として、新たに「M4Gグループ(1)」を追加した。OA機器やAV機器、産業機器などの用途に向ける。(2019/4/2)

特選プレミアムコンテンツガイド
「100TB SSD」「138億年保存可能」の衝撃 ストレージの未来は?
「長期保存が可能な、大容量で高速なデータアクセスができるストレージ」。ストレージ担当者が夢見るだろうこの要件を全てかなえるストレージはまだない。だが、その先駆けとなるストレージは既に登場している。(2019/4/2)

2021年にはシェアの半分を占めると予想
企業利用が浸透しつつあるNVMeフラッシュストレージ、今後の展開は?
ハイパースケールデータセンターはNVMeフラッシュの早期導入者(アーリーアダプター)だ。ベンダー各社も今後数年でフラッシュデバイスとNVMeファブリックの普及をさらに進める計画を立てている。(2019/4/2)

データドメイン、ティントリの河野氏、首藤氏が責任者:
「トランプは切り直されようとしている」、Western Digitalのデータセンターシステム事業が日本本格参入
ウエスタンデジタルジャパンは2019年3月28日、ストレージシステム事業の日本における本格展開について発表した。日本におけるストレージシステムの事業責任者には河野道明氏、技術責任者には首藤憲治氏が2019年1月に就任、同事業の日本における実質的な立ち上げを進めていくという。(2019/4/1)

AIの新用途やコンポーザブルインフラなど
ストレージ業界、押さえておかないと疎外感を抱く6つの技術トレンド
2019年のストレージ技術トレンドは、安価で密度の高いフラッシュや、優れたパフォーマンスとデータ保護を実現するマルチクラウドデータ管理などが話題になるだろう。(2019/3/28)

Dropbox無料版に台数制限…… 改めて各社無料クラウドストレージを整理する
有料プランにアップグレードした際のメリットやコストも意識しつつ、2019年3月時点で提供されている各社クラウドストレージの個人向け無料プランを中心に整理していきます。(2019/3/20)

核心的テクノロジーに注目
2019年注目のストレージスタートアップ“えりすぐりの9社”
ストレージのスタートアップ企業は、成功するよりも失敗に終わる可能性が高い。それでも、意欲のある企業がクラウド、バックアップ、コンバージェンス、フラッシュの革新的テクノロジーに挑んでいる。(2019/3/20)

東芝 7UL1G、7UL1Tシリーズ:
電圧レベル変換できる低電圧ワンゲートロジック
東芝デバイス&ストレージは、電圧レベル変換が容易に設計できる単電源の低電圧対応ワンゲートロジック「7UL1G」「7UL1T」シリーズを製品化した。電源投入順序などを気にせず、単電源で電圧レベル変換できる。(2019/3/18)

SSDで容量を増やす際の注意点
「QLC NANDフラッシュ」は一長一短 パフォーマンスと容量どっちを取る?
QLC NANDはストレージの大容量化と低コストを実現する。しかし一部の組織では、よりパフォーマンスが高い選択肢を必要とする場合がある。どのような場合にQLC NANDに移行するのが賢明なのだろうか。(2019/3/18)

専門家はFCを選ぶ?
NVMe over Fibre Channel以外の選択肢は? NVMeファブリックの今後はどうなる
NVMe over Fabricsの行く末はどうなるだろう。RDMAが注目だが、ストレージの専門家は引き続きファイバーチャネルを選ぶだろう。(2019/3/14)

キーワードは「環境」「安全」「情報」:
PR:東芝に聞く、次世代の車載半導体技術動向と開発方針
自動車の「電子化」「電動化」に大きく寄与している車載半導体デバイスは今後、どのような進化を遂げていくのでしょうか。そこで、自動車の「電子化」「電動化」に向けた半導体デバイスを数多く手掛ける東芝デバイス&ストレージに、次世代の車載半導体技術動向と製品開発方針について聞きました。(2019/3/15)

内蔵ストレージとして見せる:
Mellanox、NVMe-oFでストレージを仮想化する「SNAP」を発表
Mellanoxは2019年3月12日(米国時間)、NVMe over Fabrics(NVMe-oF)を用いてストレージを仮想化する技術、「NVMe SNAP Technology」を発表した。同社はこれを、プログラマブルなネットワークアダプターである「Bluefield SmartNIC」に組み込んで提供する。(2019/3/13)

「うちのバックアップは完璧です」という企業がはまるワナ【第2回】
今すぐ始められる? 「取っているだけのバックアップ」からの脱出方法
見落としがちなバックアップの課題。解決には何が必要なのか? ストレージベンダーに解決のヒントを聞いた。(2019/3/12)

FAニュース:
高速化と拡張性を追求したファンレス組み込み用PC
コンテックは、ファンレス組み込み用PC「ボックスコンピュータ BX-M1000」シリーズを発表した。インタフェースが豊富で拡張性に優れ、マルチコアCPUを搭載しながら、ファンレスで稼働する。注文時にCPUやストレージ、OSを選択できる。(2019/3/8)

AIとIoTでの活用が進む
データレイクを「沼地」にしないために 2019年ストレージ技術予測
専門家によると2019年は、ビッグデータ分析、AI(人工知能)、機械学習、IoT(モノのインターネット)のための「ストレージアーキテクチャの見直し」が重要になるという。(2019/3/5)

DNNアクセラレーターを実装:
車載向けSoC、高速かつ低電力で深層学習を実行
東芝デバイス&ストレージは、深層学習を用いた画像認識を高速かつ低消費電力で実行できる車載向けSoCを開発した。(2019/3/4)

コスト、信頼性、性能を満たす選択肢は?:
PR:IoTデバイス開発に欠かせないOTA機能の実装アプローチ、3つの手法を徹底検証
近年、デバイスメーカーは製品寿命の長期化やコネクティビティに対する要求の高まりを受け、OTAアップデートによる継続的な価値提供が求められている。本稿では、フラッシュストレージにおけるOTA機能の実装アプローチの基礎を解説するとともに、従来手法の課題解決に役立つ“最適解”について提案する。(2019/2/26)

自らもOracle Cloudのサービス基盤として大規模に活用:
PR:“クラウド推進派”の企業にOracleのストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」が最適な3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えの下、Oracleが自ら開発し、自社のパブリッククラウドサービスの基盤としても大規模に活用しているストレージ製品が「Oracle ZFS Storage Appliance」だ。同製品はなぜクラウドを使う企業に最適なのかを、日本オラクルの担当者らが語った。(2019/2/27)

ラック、ブレード、メインフレームにも留意
「サーバは8つの機能で比較すべし」 有識者が語る、その真意とは
サーバハードウェアを購入する場合、プロセッサ数、メモリ容量、ストレージ容量など検討する要素はたくさんある。主要ベンダーが提供するサーバを比較する際は、8つの重要な機能を綿密に評価すべきだ。(2019/2/26)

PR:今、企業に求められるストレージとは――QNAPのラックマウント型NASで問題解決
企業内のデータ共有方法としてクラウドとオンプレミス両方のメリット・デメリットを挙げ、想定事例を交えながらQNAPによる解決方法を紹介していく。(2019/2/25)

「eUFS 2.1」で1TBストレージが可能に
「1TBスマホ」がついに登場 Samsung「Galaxy S10+」で実現
モバイルデバイスで1TBストレージを可能にするSamsung Electronicsの「eUFS 2.1」は、IT管理者にとって1TB分の悩みの種になる。(2019/2/23)

両者に求められる性能の違いとは
いまさら聞けない、セカンダリーストレージとプライマリーストレージのすみ分け
ワークロードを階層化して、堅牢なデータ保護を確立するなら、プライマリーストレージとセカンダリーストレージを用意するのがベストだろう。だが、この2つにはどのような役割を割り振ればよいだろうか。(2019/2/21)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
管理負荷の削減、災害対策などの課題を一掃したサーバ活用術とは?
企業成長に伴うデータ容量の増大や機器の老朽化で、ストレージ環境を抜本的に見直したヘキサドライブ。災害対策による事業基盤強化・管理負荷削減などを実現したストレージサーバ活用術を聞いた。(2019/2/21)

中小企業のクラウドストレージ導入(後編)
中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト
クラウドストレージの導入に際して気になるのはセキュリティとコスト、さらにはデータ保護だ。中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。(2019/2/20)

数十年使われ続ける理由
「テープ」がデータ爆発時代のバックアップに役立つのはなぜか
自社のデータ保管、保護に四苦八苦していないだろうか。データ量が増え続ける今、磁気テープストレージが賢明かつコスト効率の高い手段になる可能性がある。(2019/2/19)

ASUS、初心者向けスマホ「ZenFone Live(L1)」のイオンモバイル限定版を発売
ASUS JAPANは、2月15日にSIMフリースマホ「ZenFone Live(L1)(ZA550KL)」のイオンモバイル限定モデルを発売。プロセッサをSnapdragon 425、内蔵ストレージを16GB、カラーバリエーションを3色としたことで本体価格1万4800円(税別)を実現した。(2019/2/18)

2018年の新規導入は700エクサバイト超:
世界のストレージ導入規模が2023年には11.7ゼタバイトに、IDC
IDCによると、2023年における世界のストレージの導入規模(容量ベース)は11.7ZB(ゼタバイト)に達する見通しだ。(2019/2/18)

東芝 TB9058FNG:
車載用LIN搭載のDCモータードライバIC
東芝デバイス&ストレージは、車載ボディ系ネットワーク「LIN 2.0」のマスターと通信可能なLINスレーブ機能を搭載した、DCモータードライバIC「TB9058FNG」を発表した。(2019/2/18)

管理者なら知っておきたい
Windows 10の更新作業を軽くするTips ユーザーのストレスを軽減する方法とは
Windowsの最新の更新プログラムを都度適用するのは管理者、ユーザー双方に負担がかかる。グループポリシーの使用やストレージ空き容量の計画的な確保によって、ユーザーへの負担を最小限にとどめられる。(2019/2/18)

IT優先度調査で判明
2019年、ストレージ投資の優先度はクラウドとデータ管理 HCIはピーク越え?
IT担当者向けに実施した調査で、ストレージ分野ではオンプレミスとクラウドの両環境においてデータ管理の重要性が急浮上していることが分かった。一方でフラッシュアレイとコンバージドインフラのニーズはピークを過ぎたようだ。(2019/2/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。