ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PaaS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Platform as a Service

Microsoft Focus:
日本独特の“ハイブリッドクラウド需要”にどう応える? MSがAzure Stack HCI刷新で見せたクラウド戦略のゆくえ
日本マイクロソフトは2021年2月末、新たな機能を加えた「新世代」Azure Stack HCIソリューションを発表した。その背景には、単なるソリューション刷新ではなく、クラウド化に当たって日本市場独特のニーズに応えようとする新たなクラウド戦略がある。その具体的な中身を取り上げつつ、Azure Stack HCIが可能にするクラウド移行の形を解説する。(2021/3/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
目的別のインフラ導入ガイド、進化するOSSを柔軟に取り込むために
モダンアプリケーション開発のため、多くの企業はKubernetesを採用している。当然だが、ビジネスニーズや運用モデル、保有スキルによって実行環境の要件は異なってくる。目的に適したインフラをどう選定すればよいのだろう。(2021/3/8)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【後編】
人工呼吸器を大増産した医療機器メーカーは「Amazon SageMaker」をどう使ったか
Vyaire Medicalは新型コロナウイルス感染症拡大を機に人工呼吸器の大幅増産を決めた。部品の安定調達や生産時の不良率低減といった課題を解決するために、同社が活用したのがAWSで構築したデータ分析システムだ。(2021/3/3)

「脱クラウド」戦略の基本【後編】
「脱クラウド」の注意点は? 「脱IaaS」「脱PaaS」「脱SaaS」の違いは?
脱クラウドに踏み切る際、使用をやめるクラウドサービスが「IaaS」なのか、「PaaS」なのか、「SaaS」なのかによって注意すべき点が異なる。どのような違いがあるのか。(2021/2/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(134):
Azure Database for MySQLで課金コストを節約する「停止/開始」機能が正式版に
Azure Database for MySQLで2020年9月からプレビュー提供されていた「停止/開始」機能が正式版になりました。開発やテストのためにAzure Database for MySQLを利用している場合は、データベースの未使用時に停止することで、コンピューティング料金を節約できます。(2021/2/19)

国内IaaS/PaaS市場、年17.2%で上昇基調 拡大の背景は――ITR調べ
ITRによると、2019年度の国内IaaS/PaaS市場は前年度比27.7%増の6020億円だった。企業のクラウド化やDX推進が影響しているという。今後も市場の上向き基調は続く見通しだ。(2021/2/17)

産業用ロボット:
PR:広がる製造現場のロボット活用、実装と保全の負荷低減に必要なもの
製造現場でのロボット活用ニーズは高いが、実装や保全の負荷が高く導入拡大への課題となっている。これらを解決するためデンソーウェーブが新たに展開を開始したのが、ロボット活用プラットフォーム「DENSO Robotics Cloud」である。(2021/2/15)

Microsoft Focus:
MSの「顧客の内製化」路線は、パートナーと並走する――クラウド戦略が示す新しい“協業”の形
クラウドネイティブな開発を掲げるMSが、顧客支援で新たな戦略を打ち出した。そのキーワードは顧客企業による「内製化」と、パートナーによる支援を続ける「並走」だ。この2つをどう両立させるのか。新たな協業の形を聞いた。(2021/2/12)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【前編】
「AWS」導入の医療機器メーカー 人工呼吸器を1日6台から750台へ大増産できた訳
人工呼吸器メーカーのVyaire Medicalは、自社のデータを一元管理するシステムを「AWS」で構築した。新型コロナウイルス感染症によって人工呼吸器の需要が急増したときに、このシステムはどう役に立ったのか。(2021/2/12)

株式会社日本HP、アルファテック・ソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパー:
スマート化から働き方改革まで、ニューノーマル時代の自治体に必要な3つの対策
ニューノーマル時代の自治体には、人口・労働力の減少や突発的なパンデミック、巧妙化するサイバー犯罪などへの対策が求められる。これらに対応するには、まず“自治体クラウド”の取り組みから始めたい。その具体策とは?(2021/2/10)

クラウド市場でAlibabaがIBMを抜き去り、AWS、Azure、Googleに次いで4位に
米Synergy Research Groupのクラウドインフラ調査によると、クラウドベンダーの2020年第4四半期のシェアは、AWSが首位、Microsoftが2位、Googleが3位となった。Alibabaは徐々にシェアを下げるIBMを抜き、4位の座についた。(2021/2/8)

いまさら聞けないサーバレス入門【前編】
サーバレスが抱える「パフォーマンスを制御できない」問題
サーバレスには多くのメリットがある。だが幾つか認識しておくべき問題もある。パフォーマンスを制御できない(実行速度を予測できない)とはどういうことなのか。解決する方法はあるのか。(2021/2/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(133):
2023年3月に「仮想マシン(クラシック)」が終了、Azure Resource Managerにできるだけ早く移行を
Microsoftは、2023年3月1日にMicrosoft AzureのIaaSにおける「仮想マシン(クラシック)」の提供を終了します。まだ2年ありますが、もう2年しかないとも言えます。「仮想マシン(クラシック)」で複雑な環境を運用している場合は、テストや移行に時間を要するかもしれません。速やかに移行の検討を開始した方がよいでしょう。(2021/2/4)

.NET 5モダナイズ入門(3):
.NET 5移行前に知らないと損する、アプリモダナイズのための確認事項
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、.NETアプリケーションのモダナイゼーションを進める前の確認事項を紹介します。(2021/2/9)

日立ソリューションズ×日本マイクロソフト対談:
PR:DX実現の第一歩は、クラウドとアジャイル開発による「内製化」
(2021/2/5)

D2Cビジネス立ち上げを数カ月で NRIが包括支援サービスをスタート
NRIデジタルは「D2C OnBoard」の提供を開始した。企業のD2Cビジネスをワンストップで支援する目的だ。D2C戦略に関するコンサルティングやプロモーションの設計、ビジネス分析などを実施した上でD2Cサービスを構築する。(2021/1/28)

PR:早期評価パートナーが指南する、Azure VMware Solution導入の理想と現実
2020年秋にサービス提供を開始したAzure VMware Solution(AVS)の魅力と導入のポイントを早期評価パートナー2社が解説した。(2021/1/27)

3日間の「ハッカソン」体験が逆転をもたらす:
PR:「日本企業はDX不戦敗」というにはまだ早い、一歩踏み出すことから世界は変わる
素早くマーケットに製品やサービスを投入し、改善していくために、企業には素早い意思決定と実行力が求められる。意思決定と製品やサービスの形に「具体化する」ことを支えるのに足るシステムの開発、改善サイクルをビジネススピードに合わせて構築することは、企業にとって不可欠の要素だ。このように言われ始めて久しい。製品、サービスの開発スピード向上のために、それを支える情報基盤の進化スピードが同じく最優先の課題だとして、組織全体でビジネスと情報基盤の変革、そしてそれを使う人、組織の改革に取り組んでいる企業とできていない企業の二極化が進んでいる。ではできていない企業はどうすればいいのか。GitHub Verified Partnerであるゼンアーキテクツ CTOの三宅和之氏と、日本マイクロソフト Senior Audience Product Marketing Manager - Developer Relationsの横井羽衣子氏が、その背景と変化のヒントについて語り合った。(2021/1/27)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【後編】:
帰ってきた“ミスター日本オラクル”三澤社長 データベース戦略でDXの「開発」に何をもたらすのか
日本オラクルの新社長に就任した三澤智光氏が、日本市場の戦略においてクラウドと同様に注力するのがデータベースだ。その中でも熱い視線を注ぐ先が、DXの一翼を担うような「クラウドネイティブなアプリ開発の現場」だという。最先端のデータベースで何をもたらそうというのか。(2021/1/25)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【前編】:
「絶対に落ちてはいけないシステム」のクラウドシフト加速へ 日本オラクル三澤社長“強気の戦略”を語る
2020年12月、日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任した。同社で長年主力のデータベース事業やクラウド事業に関わり、一度は競合の日本IBMでクラウド事業を率いた経験を持つ同氏が、就任後すぐに打ち出したのが新たなクラウド戦略だ。社会を支えるシステムを支えるベンダーの責任が増す中、あえて大規模な組織のニーズを狙う“強気”はどこから来たのか。その背景や今後の方向性について聞く。(2021/1/22)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
黄昏の時期に入ったx86
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年を通して振り返ってみて感じた「x86」への筆者の見解をお届けする。(2021/1/18)

Gartner Insights Pickup(190):
マルチクラウドの導入、活用に適切に備えるには
ほとんどの企業は、計画的、体系的にマルチクラウド化を進めるのではなく、結果的にマルチクラウドを利用するようになる。では、マルチクラウドを効果的に導入し、活用するには何が必要なのだろうか。(2021/1/15)

Weekly Memo:
2021年、DXを支える注目のベンダーは? 急成長中の4社を紹介
2021年、企業のDXを支援するベンダーのうち、特に注目すべきベンダーはどこか。筆者が注目するのは、自社だけでなく他社と連携したエコシステムを広げることで台頭する4社だ。それぞれの興味深いポイントを紹介する。(2021/1/12)

クラウドニュースフラッシュ
注文は最大秒間58.3万件 「独身の日」を耐えたAlibabaのクラウドとは?
「アプリケーションPaaS」の国内市場動向やECサイトでのクラウドサービス事例など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2020/12/28)

Microsoft Focus:
「2021年に向けて、試合はまだ始まったばかりだ」 AWSが先行する政府向けクラウド市場で、MSが狙う逆転
2021年度に向けて、日本マイクロソフトが二大注力事業の一つに位置付けたのが政府や自治体向け事業だ。政府が「クラウド・バイ・デフォルト」原則を掲げる中、クラウドへのニーズや注目度が全国の自治体を含めて加速することは必至だ。ただし、2020年には総務省の「第二期政府共通プラットフォーム」をAWSが受注した。激しい競争にMSはどう挑むのか。(2020/12/25)

TechTarget発 世界のITニュース
ServiceNow、AIスタートアップElement AIを買収 「Now Platform」を強化
ServiceNowがカナダに拠点を置くAIスタートアップElement AIを買収する。ServiceNowは買収を通じて、PaaS「Now Platform」の機能強化を図る。(2020/12/25)

ネットワークはビジネスの生命線:
PR:保証すべきは「最高より最低」 速くて安いネットワークの秘密とは
コロナ禍で全社的なテレワークシフトが起きた。並行してクラウドシフトも進み、今やネットワークの存在は業務の生産性に直結している。限られたリソースで回線スピードとコスト要件を満たし、運用の簡易化を目指す方法とは。(2020/12/25)

複数のクラウド運用における課題は何か IDC調査
IDCが実施したクラウドの国内需要に関する調査によると、企業が複数のクラウドを利用することは一般化しているという。一方で複数のクラウドを統合的に管理している企業の割合は、全体の約20%で「クラウドがサイロ化している」と同社は指摘した。(2020/12/23)

「まだ使いこなせていない」と考える企業が多い:
特定のクラウドに依存する傾向 IDCがクラウドの国内需要に関する調査を実施
IDC Japanが実施したクラウドの国内需要に関する調査によると、企業が複数のクラウドを利用することは一般化しつつあるが、実際に複数のクラウドを統合的に管理している企業の割合は約20%だった。(2020/12/23)

ソフトバンク株式会社提供Webキャスト:
DXを見据えたクラウド活用へ、ユースケースに見るサーバやネットワークの要件は
IaaS、PaaS市場が世界的な規模で活況を呈している一方で、オンプレミスのシステムやワークロードのクラウド移行に関する懸念も根強い。クラウド移行で顕著な成果を挙げたユースケースから、その懸念を解消するためのヒントを探る。(2020/12/23)

DXとは「具体的に」何をすることなのか?:
PR:「デジタル化」しても、「内製化」しても、DXを実現できない理由
社会、ビジネスのデジタル化が加速する中、多くの企業がDXの実現に取り組んでいる。だが、成果を獲得している企業は限定的だ。DXとは何をすることで、そのためには何が必要なのか。本稿では「DXでなすべきこと」を明確化する。(2021/1/25)

ITリモート市場は右肩上がり、2030年に228.3兆円規模へ その背景は
JEITAによると、新型コロナウイルスの感染拡大防止への寄与が期待される「ITリモート」市場は世界的に成長が見込まれ、2030年には世界需要額は228.3兆円に、国内需要額は12.8兆円に達する見通し。「インダストリ」「流通/物流」「テレワーク」「エンタメ/スポーツ」などの分野が市場成長をけん引する。(2020/12/16)

AIとクラウド(IaaS/PaaS)活用に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/15)

業務システムのクラウド(IaaS/PaaS)移行に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/15)

.NET 5モダナイズ入門(2):
.NET 5世代のALMを意識した、.NET Frameworkアプリのワークロードごとの.NET 5移行戦略
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、.NET Frameworkから.NET 5へのワークロードごとの移行方法の概要や参考情報などを紹介します。(2020/12/11)

Gartner Insights Pickup(186):
クラウドオペレーションの厄介なジレンマを克服する複合的なアプローチ
誰がクラウドオペレーションについての責任を持つのか――。1つの解はない。オペレーションアプローチには多くの選択肢があり、企業の個別状況によって最適な選択肢は異なる。(2020/12/11)

クラウドサービスのアカウント乗っ取りを防ぐ【後編】
クラウドサービスの「アカウント乗っ取り」から身を守る3大対策とは?
クラウドサービスのアカウントが乗っ取られた場合、甚大な被害が生じる恐れがある。それを食い止めるための対策とは何か。3つの対策を紹介する。(2020/12/10)

アダプティブセキュリティとCARTAを訴える:
セキュリティの再定義と拡張が必要、ガートナーが未来志向型の指針を発表
ガートナー ジャパンは、今後の激動の世界を生き残るための未来志向型セキュリティの指針を発表した。新たな時代を生き残るためには「セキュリティ」と「プライバシー」が重要で、これらを再定義して拡張していく必要があるとしている。(2020/12/9)

リレーションシップバンキング推進SaaSで日本の金融機関の顧客体験は変わるか
金融機関のデジタル変革を支援する「クラウドバンキングプラットフォーム」が日本法人の活動を本格化させる。リレーションシップバンキング推進に向け、既に複数の金融機関と導入に向けた議論が進む状況だという。(2020/12/7)

Gartner Insights Pickup(185):
クラウドのセルフサービス利用を社内ユーザーの能力別に区分する重要性
ハードウェアエンジニアや開発者チームなどは、クラウドIaaS/PaaSに自由にアクセスしたいと考えている。だが、個々人によって、クラウドやセキュリティなどの能力レベルはまちまちで厄介な結果を招きがちだ。(2020/12/4)

「Alibaba Cloud」主要サービス一覧【中編】
Alibaba Cloudの「OSS」「Apsara File Storage NAS」「Block Storage」の基礎
中国の大手クラウドベンダーAlibaba Cloudは、IaaSを中心にさまざまなクラウドサービスを世界中で提供する。同社の主要なストレージ関連サービスの特徴を説明する。(2020/11/23)

TechTarget発 世界のITニュース
ONC、医療システムの「情報ブロック」規定の準拠期限を延期 新型コロナの影響で
ONCは、医療システムの「情報ブロック」規定への準拠期限を2021年4月まで延期した。新型コロナウイルス感染症の影響を受ける医療従事者に配慮した。(2020/11/20)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(2):
IaaSの設定ミスによる脆弱性を減らす「CSPM」(Cloud Security Posture Management)とは?
主にIaaS利用における「設定ミス」を防ぎ、想定外の事態を起こさないための仕組み「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理」)に関心が集まっている。概要や必要性、使いどころ、他のリューションとの違いなどをガートナーのアナリストに聞いた。(2020/11/17)

アクセンチュア×レッドハット×日本マイクロソフト:
PR:ニューノーマル時代を見据えた、エンタープライズシステムのあるべき姿とは
(2020/11/24)

【特集】物流Techのいま(2):
日通が採用し、ソニーや安川電機が出資、日本郵便が共創を模索する「プラットフォーマー」は物流の何を変えるのか
物流Techを語る際、直近で最も具体的な実装が進む分野の一つが倉庫オペレーションの最適化だ。EUに技術的な源流を持つ物流Tech企業が日本国内で注目を集める。ソニーや安川電機などから出資を受け、経営メンバーにはIT業界の大物も名を連ねる。注目される理由はそのビジネスモデルにある。大手企業との協働を続々と仕掛ける企業を取材した。(2020/11/11)

みずほ銀、統計データビジネスに参入 法人向けに販売、邦銀初
みずほ銀行はが法人向けの統計データ販売サービス「Mizuho Insight Portal」を始めた。個人を特定できないよう顧客の年収や支出のデータを加工した上でオープンデータなどと組み合わせ、法人や自治体などに販売する。(2020/11/10)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【後編】
Googleスプレッドシートでは限界 病院が「PaaSでアプリ開発」を決めた理由
ドイツのハイデルベルク大学病院は新型コロナウイルス感染症拡大を機に、SAPのPaaS「SAP Cloud Platform」を導入して病床の空き情報を管理するアプリケーションを開発した。同院の医師にそのいきさつを聞いた。(2020/11/10)

.NET 5モダナイズ入門(1):
クラウドネイティブな「.NET 5」が既存の.NET Frameworkアプリにもたらすインパクト
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。初回は、.NET統合の現状や.NET 5のリリースにおけるキャッチアップすべきことなどについて。(2020/11/10)

国内アプリケーションPaaS市場、2021年から成長回復か――IDC
IDC Japanによると、2020年はコロナ禍で成長が鈍化するものの、前年比成長率13%で約346億円規模となる見通しだ。(2020/11/6)

教育機関と医療機関の「SAP Cloud Platform」事例【前編】
休校中の児童の食事を助ける「SAP4Kids」が“爆速”で開発できた理由
非営利団体GENYOUth FoundationとSAP北米法人は「SAP Cloud Platform」を使い、児童の食事や生活を支援するアプリケーション「SAP4Kids」を共同開発した。数週間という短期間で開発できた理由とは。(2020/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。