ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SaaS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

「オンプレミスからクラウドへの移行が加速する」:
セキュリティのサービスは成長、アプライアンスは減速? IDCがセキュリティ製品市場の予測を発表
IDC Japanは、国内の情報セキュリティ製品市場とセキュリティサービス市場について2020〜2024年の予測を発表した。SaaS型セキュリティソフトウェア市場は2024年まで堅調に推移するが、セキュリティアプライアンス市場の需要は減速する。(2021/1/15)

データ駆動型の営業活動へ 農作業機メーカーがオラクルのSaaSで分析基盤を構築
スガノ農機は、日本オラクルのSaaS「Oracle CX Sales」と「Oracle Sales Planning and Performance Management」で売上予算の分析基盤を構築した。課題だった商談や営業活動状況の可視化はどのように実現されたのか。(2021/1/14)

OPTiM INNOVATION 2020:
音声や画像で遠隔作業を支援可能なSaaSと映像取得で役立つスマートデバイス
兼松コミュニケーションズは、遠隔地から現場の作業者に指示が行えるオプティム製のSaaS「Optimal Second Sight」とさまざまなデバイスを組み合わせたサービスの開発を進めている。近年は、国内の事業所から海外の現場で働く作業員に指示が送れるサービスの開発も手掛けている。(2021/1/14)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【前編】
「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」の基礎 AWSの2大SaaS連携ツール
各クラウドベンダーは、複数のSaaS間でデータを送受信するためのSaaS連携ツールを提供している。その中からAWSの「Amazon AppFlow」「Amazon EventBridge」を説明する。(2021/1/13)

リモートワークを止めないSaaS:
労務管理のペーパーレス化 電子証明書を簡単に取得する方法
最新の労務管理SaaSは、年末調整をペーパーレス化するだけでなく、社会保険の申請を電子化する機能がついているものも多い。しかし電子申請に必要な電子証明書の取得に大きな手間がかかる、という悩みもあるのでは? 解決策は?(2021/1/12)

楽天に不正アクセス、最大148万件以上の情報流出の恐れ 営業管理用SaaSの設定にミス
楽天グループが、利用中の営業管理用SaaSに不正アクセスを受け、保管していた個人情報など最大148万6291件が流出した可能性があると発表した。営業管理用SaaSのセキュリティ設定にミスがあったことが原因という。(2020/12/25)

CADニュース:
PTCがOnshapeに続きArenaを買収、包括的なCAD+PLM SaaSソリューションの提供へ
米PTCは、SaaS(Software as a Service)型のPLMプラットフォームを展開するArena Solutionsを買収する正式契約を交わした。PTCは産業分野における製品開発向けSaaSソフトウェアの展開をさらに強化し、包括的なCAD+PLM SaaSソリューションの提供を行う。(2020/12/25)

最も多く検索されたのは「SaaS」:
「DX」と一緒に検索されているキーワードとは ビズリーチが「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表
ビズリーチは「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表した。「SaaS」「クラウド」「DX」などの検索件数が2019年と比べて増加した。新型コロナウイルス感染症対策でDXが急速に進んだことが影響したとみられる。(2020/12/24)

「高く仕入れて、安く売れ」 なぜSaaSビジネスは理解されないのか?
既存の財務諸表の見方からすると、SaaS企業の評価は厳しいものとなることが多い。赤字先行型で、なかなか利益が出にくいモデルだからだ。そうなる構造的な理由はどこにあるのか。ERPのフロント機能をクラウドで提供する、国内SaaS企業のさきがけの1社でもあるチームスピリットの荻島浩司社長に、SaaSビジネスの捉え方を聞いた。(2020/12/17)

材料技術:
新材料探索SaaS型プラットフォーム、初の導入事例
長瀬産業は、同社とIBMが共同開発した新材料探索SaaS型プラットフォーム「TABRASA」を三洋化成工業に提供する。TABRASAの導入により、三洋化成工業は各研究部が保有する技術情報の横断利用や、データを活用した研究開発が可能になる。(2020/12/11)

富士通、“レジなし店舗”運用システム提供へ 米スタートアップと協業
富士通が、レジのない店舗のシステム構築を手掛ける米Vcognition Technologiesと協業すると発表した。2021年3月をめどに日本で自動決済機などレジなし店舗の運用システムの販売を始める。9月までには機能を強化してSaaSとして提供する。(2020/12/8)

クラウドにはクラウド型の対策で
「DevSecOps」のマインドを取り入れた、最新のSaaS型WAFが登場した理由
セキュリティ担当者の「待った」の声が、Webアプリケーション開発のスピードを鈍らせる――そんな状況を経験したことはないだろうか。スピードとセキュリティを両立させる鍵を探ってみよう。(2020/12/25)

リレーションシップバンキング推進SaaSで日本の金融機関の顧客体験は変わるか
金融機関のデジタル変革を支援する「クラウドバンキングプラットフォーム」が日本法人の活動を本格化させる。リレーションシップバンキング推進に向け、既に複数の金融機関と導入に向けた議論が進む状況だという。(2020/12/7)

AWS re:Invent 2020:
AWS、SaaS構築のフレームワーク「AWS SaaS Boost」発表 ISVがすぐSaaSを提供可能に
AWSが「AWS SaaS Boost」を発表。同社のSaaS構築のノウハウやベストプラクティスが詰め込まれたフレームワーク。ソフトウェアベンダーはこの参照環境に自社のWebアプリケーションを組み込むことで、SaaSの提供を簡単に始めることができる。(2020/12/4)

製造IT導入事例:
マテリアル・インフォマティクス用SaaSサービスの立ち上げを支援
日本アイ・ビー・エムの支援により、長瀬産業は、マテリアルズ・インフォマティクス用SaaSサービスを核とした新材料探索プラットフォーム「TABRASA」を開発した。素材に関する文献やデータをAIが解析し、ユーザーが求める新材料を提案する。(2020/12/4)

SaaSビジネスで用いられるARR、ARPU あなたは説明できますか?:
ビジネスパーソンのためのSaaS KPI入門
ビジネス用語として定着した“SaaS”ですが、このビジネスを理解する上で欠かせないのが「SaaS KPI」と呼ばれる指標です。この記事では、SaaSビジネスにおいて、国内トップランナーであるfreeeの決算説明資料を基に、ビジネスパーソンが最低限押さえておきたいSaaS KPIの解説を行っていきます。(2020/12/4)

電子ブックレット(メカ設計):
SaaS戦略を強化するPTC、「Onshape」 そして「Atlas」とは
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、PTCが打ち出すクラウド/SaaS戦略に関する記事を1つにまとめた「SaaS戦略を強化するPTC、『Onshape』 そして『Atlas』とは」をお送りします。(2020/11/30)

SaaS企業をアナリストが分析「企業データが使えるノート」公開
クラフトデータは11月20日、アナリストがSaaS企業のKPIデータや企業分析コンテンツを行う「企業データが使えるノート」を公開した。(2020/11/20)

教職員1万2000人超に使わせたい:
PR:情報共有基盤は“人気SaaS”の取り込みでここまで変わる 京大の挑戦
老朽化したオンプレミスのグループウェアをクラウドファーストでリプレイスした京都大学。教職員の要望に応えて作り込みまくった旧基盤を捨て、SaaSありき、カスタマイズはあえてしない方針を貫いたIT企画室の狙いを聞いた。(2020/11/16)

グローリーが基幹システムにOracle Fusion Cloud ERPを採用
通貨処理機の開発や製造、販売をグローバルに手掛けるグローリーは、経営基盤システムにオラクルのSaaS製品群を採用した。急変する経営環境に対応した次世代製品や新規事業の推進を目的とする。(2020/11/12)

ビジネスインテリジェンスから「アクティブインテリジェンス」へ:
QlikのCEOが語る「SaaS主義」「データ主義」「顧客主義」
Qlik Technology CEOのマイク・カポネ氏が、最新の「アクティブインテリジェンス」戦略を明らかにした。(2020/11/6)

在宅前提のセキュリティを考える【後編】
「クラウドデータ衛生」「SaaS衛生」とは? 在宅勤務時の公私混同をなくす
クラウドサービスを使って在宅勤務などのテレワークを安全に進めるために、企業は何をすればよいのか。それを考えるヒントが「クラウドデータ衛生」と「SaaS衛生」だ。それぞれの基本をまとめた。(2020/10/22)

人もデータもナレッジも、全てが分散する時代:
PR:ニューノーマル時代のビジネスを支えるシステム横断型データ検索とは
テレワークとSaaSの普及によって組織のデータは複数の場所に分散している。これまで以上に、最適な情報を素早く取得して活用する技術の重要性が増すはずだ。ニューノーマル時代に必要なデータ検索の仕組みとは。(2020/10/20)

ゼロトラストセキュリティへの発展も視野に
テレワーク、SaaS活用のためには「MPLS」依存ではなく「SD-WAN」が最適な理由
テレワークの需要拡大に伴ってSaaSの利用が広がっている。だが現在の企業のネットワークはクラウドの利用に最適化されていない。インターネットがメインとなる新たな企業WANの構築、運用を簡素化し、最適化する方法とは。(2020/10/21)

ソフトバンク、日本通運と物流SaaSで新会社 配車やシフト管理を効率化
ソフトバンクが日本通運と共同で物流業界のDXを支援する新会社「MeeTruck」を設立したと発表した。輸送トラックの配車支援サービスをSaaSとして提供する。(2020/10/15)

請求書の電子化を基本料無料で NTT Comが45カ国法令対応のSaaSを発表
NTTコミュニケーションズは、紙の書類を電子化する基本料無料のクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」の提供を開始する。ワークフロー機能やデータ連携機能も備える。(2020/10/13)

「Microsoft Teams」を生かし切る8つの使い方【後編】
「Teams」で電話やチャットbotを使う方法とは?
「Microsoft Teams」の有効活用法を紹介する本連載。今回はサードパーティーのSaaSや電話、チャットbotによるコミュニケーションに役立つTeamsの使い方を紹介する。(2020/10/11)

アフターコロナの職場をどう支える?:
職場のコロナ対策やテレワーク迅速化へ OktaがWork.comと連携を発表
SaaSをまたいだID管理サービスを提供するOktaは、Salesforceが提供する職場復帰支援アプリ「Work.com」との連携を発表した。新型コロナウイルス感染症が収まらない中、Work.comが提供する、従業員の健康管理やオフィスの感染対策の可視化、「密」を防ぐための出社管理といった機能は連携でどのようなメリットを受けられるのか。(2020/10/9)

新たなSaaS専業企業が誕生 DXに向けてNECとVistaが共同で設立
NECは、米国の投資ファンドVistaと協業して日本国内向けにSaaS事業を展開する企業SaaSprestoを共同で設立した。Vista傘下の60社以上のソフトウェア企業が持つクラウドサービスを日本市場にSaaSとして提供する。(2020/10/2)

「使いやすいID管理」を、日本企業にどこまで提供できる?:
IDaaSの注目ベンダー、Oktaが満を持して日本法人を開設 その戦略と展望を探る【後編】
「日本ではこれからクラウド利用が拡大する」――。OktaのマッキノンCEOは10年以上前、日本郵政のプロジェクトに関わった経験からそう確信していたという。SaaSの利用が拡大する中、海外とは異なるIDaaSへのニーズにどこまで応えようと考えているのか。(2020/9/30)

「ITシステム管理は高度化する」 市場の成長を支えるITサービスとは?
2020年の国内システム/サービス管理ソフトウェア市場の規模は、COVID-19による景気の後退により、対前年比0.2%減の2860億2000万円となる見通しだ。システム/サービス管理SaaS市場の高い成長を受け、2024年の市場規模はさらに拡大する見込みだ。(2020/9/28)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
「クラウドだから安心」ではない? AWSでのデータ損失を防ぐバックアップ術
AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureでオンプレミスと同等の高可用性を実現するには、利用環境によっては一定の作り込みが必要となる。この手間を運用の自動化によって削減できるという、SaaS型外部サービスの有効性とは?(2020/9/23)

トップインタビュー:
ニューノーマル時代のトップランナーへ、PTCジャパン桑原氏がSaaS戦略を語る
3D CADやPLM、さらにはIoT、ARの領域において存在感を示すPTCは、新たにSaaS(Software as a Service)戦略の強化を進めている。Onshapeの買収、そしてSaaS戦略の構想を実現するプラットフォーム「Atlas」について、PTCジャパン 代表取締役/PTC アジア太平洋地域 統括責任者の桑原宏昭氏に話を聞いた。(2020/9/16)

Weekly Memo:
中小企業のDXは「SaaS」だけで実現できる――セールスフォースの新施策が示す可能性
企業のITにクラウドサービスが使われるようになってきた中で、特に中小企業においてはSaaSで全てカバーできるのではないか。筆者はかねてそう思ってきたが、セールスフォースの新施策を聞いて、その意を一層強くした。どういうことか、解説しよう。(2020/9/14)

顧客サポートや「国産SaaSとの連携」が今後の鍵か:
IDaaSの注目ベンダー、Oktaが満を持して日本法人を開設 その戦略と展望を探る【前編】
2020年6月にITmedia エンタープライズに対して日本進出の計画を明かしていたOktaが、ついに日本法人Okta Japanを立ち上げた。多様なクラウド環境やSaaSの普及が進む日本市場での具体的な戦略と勝算は? 前編では、日本のIDaaS市場にOkta Japanがどう展開するか、同社の渡邉社長に聞く。(2020/9/11)

三井住友カードとコンカーが業務提携 デジタル経費精算で連携
三井住友カード(東京都港区)と経費精算SaaSなどを提供するコンカー(東京都中央区)は9月8日、戦略的業務提携を発表した。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する。(2020/9/8)

Weekly Memo:
SaaS専業ベンダーとしてSalesforceに次ぐ存在になれるか――ServiceNowの新たな戦略とは
ITサービス管理を中心としたクラウドサービスを提供するServiceNowが、新たな戦略展開を図ろうとしている。SaaS専業ベンダーとしてSalesforce.comに次ぐ存在になれるか。同社の次なる一手とは。(2020/9/7)

RPAの運用管理や遠隔監視をSaaSで 日本IBMが新サービスを開始
「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター」(AOCC)は、同社が「デジタルレイバー」と呼ぶ、自動化されたプロセスの遠隔監視や運用、メンテナンスを支援する。(2020/9/2)

ニュースリリースを自動配信、SNSの反響など自動集計 「広報の支援」に特化したSaaS登場
プラップノードが企業の広報部門を支援するSaaSをリリース。ニュースリリースの作成の一部を自動化する他、配信先のリスト化やSNSでの反響チェックができる。価格は年額36万円からで、1年間で100社への導入を目指す。(2020/9/1)

2025年の崖を克服するために
既存システムをカスタマイズせず連携、シームレスな会計データハブ
システム連携の複雑化、属人化に伴うメンテナンス性の低下、グループ企業ごとに異なるERPの導入、企業買収による決算期の相違、基幹システムのSaaSへの移行など、会計システム連携における企業の悩みは尽きない。(2020/8/31)

PTC Virtual DX Forum Japan 2020:
CADだけじゃない! Onshapeを活用した“SaaS型”製品開発アプローチの有効性
PTCジャパンは、オンラインイベント「PTC Virtual DX Forum Japan 2020」を開催。リモートワークをテーマとする分科会セッションでは、2019年11月に買収したOnshapeを活用した製品開発のアプローチとその有効性を紹介する講演が行われた。(2020/8/27)

富士通SSL、特権ID管理「CyberArk Privilege Cloud」を販売開始 オンプレからクラウドまで包括的な管理を実現
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、特権ID管理のSaaS「CyberArk Privilege Cloud」の販売を開始した。併せて専任コンサルタントによる支援プログラムを提供し、導入前のカウンセリングから運用環境に合わせたカスタムプラグイン開発までワンストップで実施できる。(2020/8/11)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
クラウドネイティブなスナップショット機能を一元管理、データ保護強化の秘策
プロバイダー提供のネイティブ保護オプションを利用したクラウド上のデータ保護は、コストや管理面で課題を招きやすい。そこで注目されるのが、クラウドネイティブなスナップショット機能を外部から一元管理できるSaaSソリューションだ。(2020/8/7)

RPAの「UiPath」とITSMの「ServiceNow」が相互連携 広範囲の業務の自動化が可能に
UiPathは、RPAプラットフォーム「UiPath」の連携機能を強化し、SaaS型ITSMプラットフォーム「ServiceNow」と相互連携する「UiPath Activity for ServiceNow」の提供を開始。ServiceNowで展開している各種ワークフローをUiPathで効果的に自動化できるようになる。(2020/8/4)

LiveWorx 20 Virtual:
CAD、PLMからARまで、SaaSはニューノーマルの最適解
PTCはバーチャルライブイベント「LiveWorx 20 Virtual」で、同社のSaaS型ソリューションの特徴や最新事例について語った。また、特にリモートワークに役立つARソリューションおよび、その開発環境についても紹介した。(2020/6/30)

CADニュース:
SaaS型製品開発プラットフォームの導入が加速
PTCは、クラウドベースの3D CAD製品を手掛けるOnshapeの買収以降、CAD/PLM業界の製品開発において、SaaS製品開発プラットフォーム「Onshape」の導入が加速しているとの見解を示した。(2020/6/26)

HPE、エッジコンピューティングサービスを促進するSaaSを提供開始
HPEは、SaaSベースのソリューション「HPE Edge Orchestrator」の提供を開始すると発表した。通信事業者は同サービスを利用し、企業に低レイテンシやセキュリティ向上、エンドユーザー体験の向上を提供できるとしている。(2020/6/22)

一貫したセキュリティポリシーを手軽に適用
テレワーク環境や拠点ネットワークをSaaS型ファイアウォールで一元管理する方法
安定したクラウドサービスの利用やテレワーク環境の運用には、ネットワークが重要になる。だが通信容量の確保に加え、セキュリティ対策も施したネットワークの運用管理を従来手法で実現するには限界がある。どうすればよいのか。(2020/6/19)

LiveWorx 20 Virtual:
PTCのOnshape買収は新型コロナ前から見据えていたニューノーマルへの布石
米PTCは年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx」のオンライン版「LiveWorx 20 Virtual」を開催した。基調講演の中で、エンジニアリング領域におけるクラウド/SaaS活用を推進するキーとなる「Onshape」のテクノロジーとその有効性について説明が行われた。(2020/6/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。