ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「インフラストラクチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インフラストラクチャ」に関する情報が集まったページです。

DXを加速し、新たな価値創出につなげるため
“デジタル前提”時代が始まった今、「ITインフラ」はどう変わるべきなのか?
コロナ禍で人々の接触が避けられている今、企業には「デジタルを前提としたビジネスの在り方」への変革が求められている。では迅速かつ柔軟に顧客ニーズに応え、企業として存続していくためには、どのようなITインフラが必要なのか。(2020/8/3)

Oracle Cloudが丸ごと顧客のデータセンターで動く 野村総研も取り入れた、新たなITインフラの実力とは
米Oracleが7月、新サービス「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築し、社内で利用できるようにするもの。競合サービスとはどんな違いがあり、日本市場ではどんな顧客に支持されるのか。(2020/8/3)

石野純也のMobile Eye:
端末販売で大打撃を受けたKDDI 低価格5GスマホとiPhoneが突破口に?
KDDIの通信事業は、コロナ禍の中でも需要が増していることもあり、業績自体は堅調だった。一方で端末販売は大打撃を受けた。電気通信事業法の改正も影響を及ぼした。特に第1四半期は5Gの立ち上げ直後で、インフラの移行計画にも影響を与えかねない。(2020/8/1)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
光ファイバーでインフラ構造物の変化を検知する新システム、OKI
沖電気工業は、「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」(2020年7月29〜31日、インテックス大阪)内の「インフラ検査・維持管理展2020」で、光ファイバーや加速度センサーを用いたインフラ構造物のモニタリングシステムをPRした。OKIは、インフラ構造物を対象に、光ファイバーや加速度センサーを用いた用途ごとのモニタリングシステムを展開している。(2020/7/31)

Gartner Insights Pickup(168):
デジタルビジネスの成功に向けてAIを使いこなすための5つのポイント
インフラストラクチャ&オペレーション(I&O)のリーダーは、デジタルビジネスの取り組みの大きな起爆剤として、AIを戦略的に活用する必要がある。本記事では、インフラストラクチャという側面からAIにどう取り組むべきか、5つのポイントを紹介する。(2020/7/31)

クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【後編】
クラウドとオンプレミス、必要な「コスト」と「スキル」が多いのはどっち?
クラウドサービスはハードウェアの購入が不要だが、オンプレミスのインフラと比べてコストが下がったり、必要なスキルが少なくなったりするとは限らない。2つのインフラの「コスト」と「必要なスキル」の違いとは。(2020/7/31)

世界の5Gネットワークインフラ支出、2020年は2倍成長 2023年までにCSPの15%がスタンドアロン5Gを運用――ガートナー予測
ガートナーによると、2020年の世界の5Gネットワークインフラ支出は前年比約2倍の81億ドルになる。5Gへの投資は今後も拡大し、2023年までには世界の通信サービスプロバイダー(CSP)の15%がスタンドアロンの5Gネットワークを運用するようになると予測する。(2020/7/29)

「リモートアクセスできない」――コロナ禍のテレワーク、ITインフラの課題が浮き彫りに 打開策は「クラウド」が首位
ITmedia NEWSが「コロナ禍におけるクラウド活用」に関する読者調査を実施。テレワーク環境の課題として「社員のリモートアクセス権がない/不十分」「ITインフラの負荷が増大する」などが挙がった。解決策として最多だった手段は「クラウドサービスの導入」。業務効率化やITインフラの可用性向上などを期待する声が集まった。(2020/7/29)

AWS、Microsoft、Googleのハイブリッドクラウド製品・サービス【中編】
「Azure Stack」だけじゃない、Microsoftのハイブリッドクラウド製品とは?
オンプレミスのインフラ向け製品を長く提供してきたMicrosoftは、クラウドベンダーの中でもいち早くハイブリッドクラウドに目を向けてきた。同社のハイブリッドクラウド向け主要製品・サービスを紹介する。(2020/7/29)

8年間使い続けられるネットワーク機器の秘密:
PR:無線/有線ネットワークに一元対応できる国内ベンダーが登場、他と何が違うか
社会インフラなどの重要システムの実績を持つネットワーク機器メーカーが満を持して無線ネットワーク市場に参入する。ポイントは8年もの長期保証と有線/無線を問わない手厚いサポート体制にある。(2020/7/29)

それぞれのメリットとデメリットを解説
「VM」「コンテナ」「サーバレス」の違い アプリ実行に最適な技術は?
アプリケーションを稼働させるITインフラの自由度を高める技術に「仮想マシン」「コンテナ」「サーバレスコンピューティング」がある。どの技術を選ぶべきなのだろうか。(2020/7/20)

企業に新たな価値を与える新しいパートナーの形
失敗が許されない既存システムのクラウド移行をどう実現するか
クラウド移行を打ち出す企業が広まっている。だが、クラウド移行を推進する担当者は不安を感じるのが正直なところだろう。従来のITインフラとは異なる部分もある。どう取り組んでいけばいいのか。(2020/7/20)

「ストレージ導入」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に書籍『インフラ設計のセオリー』をプレゼント。(2020/7/16)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)

NTTドコモ、ITインフラの運用管理を自動化 「spモード」「dアカウント」の提供基盤にRed Hatのツール導入
NTTドコモが、米Red Hatが提供するITインフラの運用自動化プラットフォームを導入。「spモード」「dアカウント」などの提供基盤の管理に取り入れ、1万個以上の機器の運用を自動化。開発・運用コストと作業工数の低減を図る。(2020/7/14)

Google、インドに100億ドル(約1兆円)投資 デジタル化を支援
Googleがインドに5〜7年で約100億ドル(約1兆円)投資すると発表した。「デジタル化ファンド」で株式投資、提携、医療や教育、農業のインフラ整備支援などに投資する。(2020/7/14)

導入事例:
伊豆急行線のトンネル検査に鉄道版インフラドクターを導入、検査日数を3日に短縮
東急ら4社は、伊豆急行線のトンネル検査に、鉄道保守管理システム「鉄道版インフラドクター」を導入し、省力化や検査期間の短縮を実現した。(2020/7/14)

現場管理:
ベイシスが感染拡大を防ぐコロナ対策を現場に導入
インフラエンジニアリングサービスを中核事業に据えるベイシスは、作業員の安全性向上を目的に、デジタル技術を活用した新型コロナウイルス対処法を開発し、通信設備の工事に実装した。(2020/7/14)

第2波に備えて:
「Web会議の導入」だけではダメ、テレワークがうまくいかない理由
新型コロナウイルスの「第2波」に備え、テレワークの制度・環境面の整備を加速させるべきだろう。テレワークを導入するというと、どうしてもWeb会議システムなどのインフラ整備といった議論に終始してしまいがちだが、取り組むべきポイントは他にもある。(2020/7/14)

IoTによる製造業の革新:
PR:東芝が描く2つのデジタル変革、自らの経験・知見を活かした“ものづくりサービスカンパニー”へ
製造業のデジタル化に注目が集まるが、グローバル競争で勝ち抜くためには「従来の強み」に「デジタル技術」を最適に組み合わせることが重要だ。こうした提案を強化しているのが東芝デジタルソリューションズである。東芝グループが持つものづくりやインフラ事業でのノウハウを活かした「2つのデジタル変革」をサポートするソリューションと、サービスカンパニーへ向けた取り組みを紹介する。(2020/7/13)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/7/13)

クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【前編】
クラウドとオンプレミスはどちらがより「安全」で「信頼」できるのか
クラウドサービスよりも、ハードウェアを自社で制御できるオンプレミスのインフラの方がセキュリティが高いかというと、必ずしもそうではない。2つのインフラの違いを「セキュリティ」「信頼性」の観点で比較する。(2020/7/9)

さいたま市、教育DX人材を募集 新型コロナで“GIGAスクール”の計画を前倒し
埼玉県さいたま市が、市内の教育環境のIT化を進めるため、プロジェクト管理やインフラ整備などの経験がある“教育DX人材”の募集を始めた。同様の人材募集を市が行うのは全国初という。(2020/7/8)

「ITインフラ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/7/8)

Weekly Memo:
ハイブリッドクラウドだけではない、これからのHCIに期待される4つの役割とは
ハイブリッドITのインフラとして期待が高まっているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)。だが、デル幹部の話によると、さらなる新たなトレンドが追い風になりそうだ。(2020/7/6)

製造業IoT:
インフラ監視や防災用に、LPWA対応の省電力IoT電源システムを発売へ
マクセルは、LPWA対応のIoT電源システムを開発した。アルカリ乾電池またはCR電池を搭載し、必要な時だけ電力供給してシステム全体の待機電力を削減する。防災機器やインフラ監視機器用の電源への利用を見込む。(2020/7/6)

製造ITニュース:
ハイブリッドIT環境に対応するデジタルソリューション群を提供開始
富士通は、ユーザーのDXを支援するソリューション群「FUJITSU Hybrid IT Service」の提供を開始した。「マネージドサービス」「デジタルアプリケーションプラットフォーム」「デジタルインフラプラットフォーム」で構成される。(2020/7/2)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
セキュリティ人員増強だけでは間に合わない? 急増するステルス型脅威への対策
テクノロジーの進化に伴うインフラの拡大により、高度化するサイバー攻撃から重要データを保護することはますます困難になりつつある。そこで必要となる、あらゆる脅威経路をカバーできる統合的なセキュリティ対策を実現する方法とは?(2020/7/6)

モビリティサービス:
ドラレコ映像から道路インフラの点検表を自動作成、国交省の要領準拠で
古河電気工業とゼンリンデータコムは2020年6月25日、ドライブレコーダーの映像から道路標識や照明、カーブミラーなどの点検表を自動作成するサービス「みちてんスナップ」の提供を開始したと発表した。(2020/6/29)

“全社員テレワーク”の大本命【前編】
「リモートアクセスVPN」だけで在宅勤務が可能だと考えるべきではない理由
テレワーク用のITインフラとして「リモートアクセスVPN」が広く利用されている。だがリモートアクセスVPNだけでは安全性を確保できないとの声がある。それはなぜなのか。(2020/6/29)

アジアクエスト、ローカル5G導入支援事業をスタート 今秋本格化を目指す
アジアクエストは、6月25日にローカル5G導入支援事業開始を発表した。各種メーカーがローカル5G構築に必要なインフラ製品を提供開始する予定の今年秋頃を目途に事業を本格化させる。(2020/6/26)

運用負荷を高めずに住民への情報発信を実現
京セラグループのKCMEが防災クラウド構築、自治体のニーズにどう応えたか
デジタライゼーションの波が押し寄せる中、ITインフラには厳しい要件が求められている。防災に関わる重要な情報を受発信することもあるサービスのIT基盤を3カ月で構築したKCCSモバイルエンジニアリングに話を聞いた。(2020/6/30)

これからの柔軟な働き方を語り合う:
PR:アフターコロナ時代、在宅勤務で生産性とセキュリティを両立する方法とは
COVID-19対策で在宅勤務ありきの経験をした日本企業は、テレワーク用インフラ、ツール、ルール、セキュリティが十分でないことに気付かされた。「新しい生活様式」を実現するためのアプローチを家具、情報漏えい対策、PCの視点で語った。(2020/6/26)

これからの柔軟な働き方を語り合う
アフターコロナ時代、在宅勤務で生産性とセキュリティを両立する方法とは
COVID-19対策で在宅勤務ありきの経験をした日本企業は、テレワーク用インフラ、ツール、ルール、セキュリティが十分でないことに気付かされた。「新しい生活様式」を実現するためのアプローチを家具、情報漏えい対策、PCの視点で語った。(2020/6/26)

まずAWS上のConsulから:
HashiCorpが「HashiCorp Cloud Platform」発表、マルチクラウドインフラ自動化サービス
HashiCorpがマルチクラウドインフラ基盤サービス「HashiCorp Cloud Platform(HCP)」を発表した。「あらゆるクラウドのインフラを自動化するフルマネージドのサービス」という。(2020/6/23)

今も昔も変わらず面白いセキュリティ機能:
PR:変化の激しい今の時代、再び「プロキシ」に注目すべき理由
新しい技術の登場や外部環境の変化への適応が求められている中、これからのITインフラに欠かせない役割を担うのが「プロキシ」になるという。その理由とは。(2020/6/22)

プロジェクト:
清水建設JVがフィリピンで総額1000億円超えのインフラ工事2件を受注
清水建設は、成長が顕著なアジアを中心に、大規模で高度な技術力が要求されるインフラ工事を受注し、2019年5月に発表した長期ビジョンで掲げた2030年の売上比率で海外25%の達成を目指している。(2020/6/22)

「予算も人も足りない」「手段があっても予算承認されない」――
中堅・中小企業のための、運用効率化の秘訣と「買ってもらえる説得法」
予算も人も不足している中で、ITインフラの運用をどう効率化するか。たとえ効率化やコスト削減に有効な手段を見つけても、どう社内の稟議承認を通すか。多くの中堅・中小企業の悩みを解決するアプローチを探る。(2020/6/19)

国内IoTインフラストラクチャ市場、2024年までプラス成長 IoTエッジ層でのデータ分析ニーズが増大傾向――IDC予測
IDC Japanによると、2020年の国内IoTインフラストラクチャ市場は、前年比5.1%増の1048億円規模になるという。IoTエッジ層でのデータ分析処理ニーズが高まりつつあることから、今後もIoTエッジインフラを中心に市場拡大が見込まれ、2024年まで年成長率14.6%でプラス成長が続く見通しだ。(2020/6/18)

安定性と柔軟性、そしてより高いパフォーマンスのために
ワコールが選択 オムニチャネル戦略やコスト削減の要となるインフラとは
新たなIT活用のため、安定性と柔軟性を兼ね備えたITインフラを必要としていたワコール。これまでもITを活用してビジネスを展開してきた同社が、オムニチャネル戦略や働き方改革などの取り組みを推進するために選択したのは……。(2020/7/20)

2019年の国内エンタープライズインフラ市場は7130億円規模、ベンダーシェア1位は富士通――IDC調べ
IDC Japanによると、2019年の国内エンタープライズインフラ市場は前年比4.1%増のプラス成長で、ベンダーシェアの上位6社は、富士通、NEC、HPE、デル、日立製作所、IBMだった。今後は市場の変化を踏まえた適切な戦略と実効性のある戦略遂行上の仕組みが求められるという。(2020/6/17)

NY株、一時840ドル超高 米小売売上高を好感
 【ワシントン=塩原永久】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続伸して始まり、上げ幅は一時840ドルを超えた。5月の小売売上高が大きく回復。米政府が大型インフラ投資を検討していると伝わったことも相場の上昇を後押しした。(2020/6/17)

インフラメンテナンス最前線:
「インフラ点検の常識を変える“RaaS”で世界へ」、東工大発ロボベンチャーHiBot CEOに聞く
発電所や化学プラント、航空機など、極限環境に耐えるインフラ点検ロボットと、AIデータプラットフォーム「HiBox」の2つから成るRaaS事業を展開する東工大発ベンチャーのHiBot――。これまで、清水建設との共同研究や福島第1原発でのアーム型ロボットの採用など、ロボティクス分野で多数の実績を積み重ねてきた。創業から16年が経った2020年は、第2創業期としてターニングポイントを迎え、多国籍コングロマリット企業やプラント分野で有力な国内のメンテナンス会社とパートナーシップを締結するなど、グローバル市場での飛躍を志す。(2020/6/15)

コロナ禍の「VDI」導入計画【前編】
「オンプレミスVDI」「DaaS」を比較 在宅勤務でのVDI全社導入ならどっち?
オンプレミスのインフラにVDIを構築するか。VDIの機能をサービスとして使えるDaaSを利用するか。在宅勤務などのテレワーク全面実施に適したVDIの選び方を説明する。(2020/6/15)

デジタル化時代のサーバおよびストレージなど
「ITインフラの投資動向変化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/6/19)

AWSとSlackがパートナー契約を締結 企業内向けソリューションを提供
AWSとSlackは、戦略的パートナーとして新たな複数年契約を結んだ。Slack内からのAWSリソースの管理を支援する目的だ。信頼性や拡張性のあるインフラセキュリティで、Slackでのコミュニケーションを実現する。(2020/6/15)

全面広告で強みアピールも:
Huawei、5G事業の存続をかけて英国で“透明性”主張
英国の5G(第5世代移動通信)およびブロードバンドネットワーク事業者のほとんどが、英国のインフラへにおけるHuaweiの継続的な関与について検討結果が出されるのを待ちわびている中、Huaweiは起死回生を狙う一手を講じた。(2020/6/12)

Gartner Insights Pickup(162):
新型コロナで取り組むべきインフラのレジリエンス強化
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行が続き、世界中の企業が対応に苦慮している。ITインフラのレジリエンスを高め、ビジネスの大規模な中断を防ぐには、具体的にどうしたらいいのか。(2020/6/12)

「半世紀分の知見を集約」 富士通、IT基盤の構築サービスを本格化 ハイブリッド/マルチクラウドに対応 売上1兆円目指す
富士通がITインフラの構築・運用サービスを本格化。今夏から新サービス「FUJITSU Hybrid IT Service」を提供する。同社の製品群などから、顧客の要件に適したものを選定・構築する他、ITインフラの運用を代行するマネージドサービスも提供。2022年度に同サービスで売上高1兆円を目指す。(2020/6/11)

伊藤忠がドローン活用ベンチャーと提携、鉱山などの保守点検高度化
伊藤忠商事は、産業用ドローン活用ベンチャーのセンシンロボティクスと、製鉄所、鉱山、炭鉱などのインフラでの保安・点検分野で提携したと発表した。(2020/6/11)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。