三菱電機とNTT Com IoT/OTネットワーク異常検知システムを提供開始 AI活用で未知の脅威も対応セキュリティニュースアラート

三菱電機とNTTコミュニケーションズは共同開発したIoT/OT向けネットワーク異常検知システムの提供を始めた。NTTのAI分析エンジンを搭載し、重要インフラや製造現場のセキュリティを強化する。

» 2024年05月30日 08時00分 公開
[後藤大地ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 三菱電機とNTTコミュニケーションズは2024年5月28日、日本電信電話(NTT)と共同開発したIoT/OT向けネットワーク異常検知システムの提供を始めた。NTTが開発したAI分析エンジンを搭載し、重要インフラや製造現場などのセキュリティを強化する。

IoT/OT機器のネットワークセキュリティ: AI分析エンジンで異常検知

 本ソリューションではAIによる「ふるまい異常検知」を使って重要インフラや製造現場などにおけるIoT/OT領域のセキュリティを強化するとしている。

 国内では労働力不足が社会課題となっており、これを補う方法として業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)が進められている。これに沿ってIoT/OT機器の導入が進められているものの、IoT/OT機器の導入がリスクにもつながっている。

 本ソリューションは、IoT/OT機器のネットワークトラフィックを監視対象としてIoT/OT領域のセキュリティを強化するもの。ネットワークセンサーと分析サーバから構成されており、ネットワークセンサーは三菱電機が、分析サーバはNTT ComおよびNTTが開発した。三菱電機製造現場内で実証を行い有効性を確認できたことから顧客への提供を開始するとしている。

 本ソリューションの主な特徴は次の通り。

  • AIによる「ふるまい異常検知」でネットワークトラフィックを解析し、攻撃を検知する。ネットワークトラフィックの特徴量を深層学習を活用したAIで分析することで従来のパターンマッチ型では対応が困難だった未知の攻撃にも対応。異常な通信を検知し発報する
  • 多数の標準仕様プロトコルや独自仕様プロトコルに対応。監視対象システムごとに異なるIoT/OT機器の標準仕様のプロトコルや独自仕様のプロトコルに対して、プロトコル仕様によらずに通信の特徴を自動的に学習することで監視対象システムに適応した異常な通信を検知、発報する
  • 既存システムへの接続容易性の実現。顧客が利用している既存システムのネットワーク機器のトラフィック管理専用ポート(ミラーポート)に本ソリューションのネットワークセンサーを接続するだけで既存システムの構成を大きく変更せずに容易に導入可能

 本ソリューションの一部は内閣府の政策である「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の「IoT社会に対応したサイバー・フィジカル・セキュリティ」の成果を利用している。

 利用料金および申し込み方法については三菱電機およびNTTコミュニケーションズの営業担当まで問い合わせるようにと説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ