ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

組み込み開発ニュース:
ベクトル型スーパーコンピュータのPCIeカード型ベクトルエンジンを単体販売
NECは、PCI Express規格の「カード型ベクトルエンジン」を発売し、2021年1月より出荷を開始する。PCI Expressカード型サイズのため、従来の大型機器の他、タワーサーバやラックサーバにも搭載できる。(2020/11/30)

AWSチートシート:
「Amazon EC2」へ、踏み台サーバから「SSHポートフォワード」経由で接続する
「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「Amazon EC2」へ、踏み台サーバから「SSHポートフォワード」経由で接続する方法を紹介する。(2020/12/1)

サーバ管理ツール「cPanel & WHM」に2要素認証回避の脆弱性、更新を
20年以上に渡ってLinuxサーバの管理に使われてきたcPanel & WHMにセキュリティ脆弱性が発見された。ブルートフォース攻撃によって2要素認証を回避できるとされており注意が必要だ。(2020/11/26)

Stantinkoでhttpdになりすましたマルウェアが発見される
botネット「Stantinko」で新しいマルウェアが発見された。httpdをベースに開発され、Linuxサーバを利用する大規模な攻撃キャンペーンで既に使われている。(2020/11/25)

BCPやDRにも対応:
大阪府高槻市、Nutanixでインフラ刷新 ITに詳しくない職員も運用できる環境へ
大阪府高槻市は、ハイパーコンバージドインフラ「Nutanix Enterprise Cloud OS」などを導入し、仮想化基盤をベースとしたグループウェア、ファイルサーバ環境を構築した。IT担当者が代わっても運用管理できるシンプルな環境構築とBCP/DR対策を実現した。(2020/11/25)

「as a Service企業」にトランスフォームするDell「Project APEX」で何が変わるか
Dellはサーバやストレージなどのハードウェアを売る企業ではなくなるのかもしれない。「as a Service企業」にトランスフォームするDellが推進するProject APEXとは。(2020/11/24)

MSが新施策、LinuxサーバのAzure移行をスムーズに
日本マイクロソフトは、「Red Hat Enterprise Linux」と「SUSE Linux Enterprise」を「Azure Hybrid Benefit」の対象に追加した。同特典の対象範囲は、これまで「Windows Server」と「SQL Server」に限定されていた。(2020/11/20)

「マルウェアの拡大を助長する可能性がある」:
「パスワード別送」見直しが進む? freeeは2020年12月1日からパスワード付きファイルのメール受信を廃止
freeeは、原則として電子メールによるパスワード付きファイルの受信を廃止する。2020年12月1日以降、freeeは「パスワード付きファイルが添付されたメール」を受信した場合にメールサーバで添付ファイルを自動的に削除する。(2020/11/20)

「産業用機器に組み込むサーバ」の使用実態に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券10,000円分をプレゼント。(2020/11/19)

「BIGLOBEモバイル」がNECの仮想化基盤を導入 新料金・サービスを迅速に提供、5Gも早期に
ビッグローブが「BIGLOBEモバイル」にNECの仮想化基盤を採用。専用ハードウェアを使わず、汎用サーバ上にソフトウェアを構築するため、障害発生時にリモートで対応できる。工期の短縮やコスト抑制も可能になり、5G時代に向けたサービスを迅速に提供していく。(2020/11/18)

AWS、Alexaのクラウド処理をGPUから独自チップに切り替え 高速化でサーバコストを大幅削減
AlexaのTTS部分を処理するASICを開発した。(2020/11/18)

freee、パスワード付き添付ファイルのメール“受信”を廃止
 freeeは12月1日から、パスワード付きファイルのメールでの受信を廃止すると発表した。パスワード付きファイルをfreee宛に送信すると、サーバにて自動的に削除する。(2020/11/18)

「Server Core」「Nano Server」を理解する【後編】
「Server Core」「Nano Server」はWindows ServerのLTSC、SACのどちらで使えるのか
サーバOS「Windows Server」の軽量インストールオプション「Server Core」と「Nano Server」は、選択するサービスチャネルによって利用の可否が変わる。インストールオプションとサービスチャネルの関係を整理する。(2020/11/12)

IntelがXe-LPベースのサーバ向けGPUを発表 モバイル向けクラウドゲームを安価に実現可能
第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)、Intel Iris Xe MAX Graphicsに続いて、Intelが「Xe-LPアーキテクチャ」をベースとするGPUを発表した。今度は、クラウドゲームプラットフォームの構築を想定したサーバ向けのGPUだ。(2020/11/11)

FlashArray//Mを活用
法律事務所がオールフラッシュにPure Storageを選んだ“決定的な理由”
法律事務所のCSKは、サーバ仮想化ソフトウェアを「Hyper-V」から「VMware vSphere」に移行すると同時に、データの可用性を高めるためにオールフラッシュストレージアレイを導入した。どの製品をどう選定したのか。(2020/11/11)

半径300メートルのIT:
サービス提供側のミスで「サーバデータが完全に消失」 利用者にできることは
サーバデータ消失の原因が運用側のミスだった場合、サービス利用側はどのように対応するべきなのでしょうか。実際の事例から考えます。(2020/11/10)

【追記】サーバ管理会社の更新ミスで「ふくいナビ」の全データが消失 バックアップデータも消えて「復旧が不可能な状態」
サイトのシステムの全プログラムも完全に消失しました。(2020/11/9)

サーバ管理会社が契約更新ミス 「ふくいナビ」全データがクラウドから消失、復旧不能に
サーバ管理会社であるNECキャピタルソリューションの社内手続きミスにより、「ふくいナビ」の全データが完全に消失した。データの復旧も不可能という。(2020/11/9)

カプコンに不正アクセス メールシステムやファイルサーバのアクセスに障害
カプコンが、同社グループのシステムへ不正アクセスがあったと発表した。11月2日未明からメールシステムやファイルサーバなどにアクセスしづらい障害が発生しているという。(2020/11/4)

「Server Core」「Nano Server」を理解する【前編】
いまさら聞けない「Server Core」「Nano Server」の基礎 普通のWindows Serverとの違いは?
サーバOS「Windows Server」には軽量なインストールオプションとして「Server Core」「Nano Server」の2種類がある。両者の登場の背景と、フルインストール版との違いを説明しよう。(2020/11/4)

追加の設定作業が必要ない:
「AWS Lambda」が拡張機能を介して各種運用ツールと統合可能に
サーバのプロビジョニングや管理をすることなくコードを実行できる「AWS Lambda」サービスが利用しやすくなった。AWS Lambda拡張機能を使うことでモニタリングや可観測性、セキュリティ、ガバナンスのための運用ツールをAWS Lambdaと統合して利用できる。(2020/11/2)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
コスト削減・高性能化・効率化を実現、第2世代AMD EPYC搭載次世代サーバの実力
近年、物理サーバ刷新が加速している背景には、コストパフォーマンスに優れた高性能CPUと、その効果を最大限に引き出す次世代サーバの登場がある。その導入により、コストや性能、運用効率、サーバセキュリティはどれだけ変わるのか?(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
教育系サーバ群を仮想統合、奈良大学に学ぶインフラ環境の高信頼化とシンプル化
物理サーバ群で教育基盤システムを構築していた奈良大学では、運用面とコスト面の課題に直面していた。そのため同大学では、HCIアプライアンスにサーバ群を仮想統合することを決断した。この取り組みにより得られた効果とは?(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
軟性・運用性・可用性が向上、事例に学ぶHCIによるシステム統合とデータ集約
インフラ最適化は民間企業だけでなく官公庁にとっても大きなテーマだ。さまざまな組織が頭を悩ませる中、サーバ更改を機にシステム統合とデータ集約による柔軟性・運用性・可用性向上を実現した、地方自治体の事例を本資料で紹介する。(2020/11/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
サーバ約1000台の基盤を刷新、auカブコム証券がとった適材適所のアプローチとは
auカブコム証券が取り組んだ、サーバ1000台規模の基盤構築という巨大プロジェクト。「安心・安全」「ローコスト」「柔軟・迅速」の実現のため、システム要件を階層化し、適材適所の機器を月額・従量制で導入できる環境を整備したという。(2020/11/2)

“不適切なインフラ”の現状が露呈
「Windows Server 2008が稼働中」が約5割 調査が示すサポート切れOS放置の実態
サーバを中心としたITインフラに関して、企業が抱えている課題とは何なのか。調査結果からは、サポート切れOSの現役稼働など、決して“クリーン”とは言えないインフラの実情が明らかになった。(2020/10/30)

サントリー、国内の全サーバ1000台をAWS移行 データセンター解約で「身軽になった」
サントリーは2020年7月までに、国内の全サーバ(1000台超)をオンプレミスからAWSに移行したと明らかにした。今後は海外のグループ企業でもAWSへの移行を進め、ITインフラを統合管理する方針。(2020/10/28)

サーバや産業用機器向けに提案:
ルネサス、80V対応のDC-DCコントローラICを発売
ルネサス エレクトロニクスは、80V対応のDC-DCコントローラICとして新たに2品種を発売した。データセンターのサーバや48Vテレコムおよび、産業機器などの用途に向ける。(2020/10/26)

歴史から探る相違点と類似点
「WildFly」「JBoss EAP」の基本的な違いは? Java2大APサーバ比較
「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。(2020/10/26)

CEATEC、サイト不具合の原因を公表 アクセス数が前年比4倍に増大、サーバに負荷
IT総合展示会「CEATEC 2020 ONLINE」の公式サイトでアクセス障害が発生したことを巡り、開催元が原因と再発防止策を公表。入場登録サイトに想定外のアクセスが集まり、サーバに負荷がかかったという。(2020/10/21)

計算速度1桁向上:
光配線でサーバボードを直結したラックシステム開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と技術研究組合光電子融合基盤技術研究所(PETRA)は2020年10月16日、全サーバボード間を光配線で直結したラック型サーバシステムを「世界で初めて完成させた」(NEDO/PETRA)と発表した。電気スイッチでの中継を排除したことにより、従来よりも計算速度を1桁高速化できるという。(2020/10/16)

ニューノーマルでのサーバー管理:
PR:仮想化できていない企業へのラストメッセージ――伝説の「ひとり情シス」がもう一度、最初から分かりやすく説明します
全く経験のない人にはハードルが高いと思われている「サーバー仮想化」。伝説の「ひとり情シス」として、500人規模の企業で200台のサーバーを仮想化した黒田光洋氏も最初は躊躇(ちゅうちょ)し、戸惑っていました。その黒田氏が、サーバー仮想化の道筋をもう一度分かりやすく説明します。(2020/10/15)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】
IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。(2020/10/14)

全国4万台の顧客サーバーのサポート品質を向上
「AI」でアラート処理の効率向上と属人化解消を実現した大塚商会 その効果は?
日本全国の企業にサーバーとその監視サービスを提供する株式会社大塚商会は、それらのサーバーから届くアラート処理にかかる手間の削減に苦心していた。解決策として目を付けたのがAI技術だ。導入の背景や効果を担当者に聞いた。(2020/10/20)

FAニュース:
工場内機器のメーター値を自動で読み取るエッジAIカメラ
JVCケンウッドは、エッジAIカメラにメーター自動読み取り機能を搭載した、FA向けソリューションを発売した。工場内機器のメーター値を自動で読み取り、測定結果をサーバに送信する。測定結果の可視化やアラート通知も可能だ。(2020/10/9)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【前編】
IBMは今なぜ「従量課金型Power Systems」を売るのか
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を導入した。ユーザー企業にとって、どのようなメリットがあるのか。(2020/10/7)

選んだ理由は「安心感」:
PR:監視運用のプロが実践した「コストを抑えた監視基盤」の作り方
監視運用サービスを提供する三菱電機インフォメーションネットワークは「監視対象サーバが増え、コストも増加しつつある」という課題に悩んでいた。増加するコストを抑えつつ、監視の一元管理を実現した方法とは。(2020/10/6)

設計環境レビュー:
RTXサーバの高い処理能力を汎用PCで体感! 事前検証プログラムを活用してみた
「NVIDIA RTXサーバ」の高い処理能力を試験的に評価してみたいが、コスト的に困難……という問題を解決するため、エルザ ジャパンは法人ユーザー向けに事前検証プログラム「RTX Server Test Drive」を提供している。今回、特別にこの事前検証環境を評価する機会を得たので、RTXサーバの実力をベンチマークしてみた。(2020/10/1)

VMworld 2020:
VMwareがSaltStackを買収、マルチクラウドではKubernetes、マーケットプレイス、統合管理に注力
VMwareはVMworld 2020でSaltStackの買収、Kubernetes製品群の展開、統合管理サービス、統合マーケットプレイスなど、マルチクラウドに関するさまざまな発表を行った。VMwareにおけるマルチクラウドは、サーバ仮想化基盤だけの話ではなくなっている。(2020/9/30)

VMworld 2020:
VMware、ESXi(の一部)をSmartNICに載せる「Project Monterey」を発表
VMwareが、同社のサーバ仮想化技術ESXiで、「SmartNIC」と呼ばれるネットワークアダプタとの統合を進めるプロジェクトを、SmartNICやサーバのベンダーと開始したと発表した、I/O高速化を超えた機能を実現する。(2020/9/30)

プレミアムコンテンツダウンロードランキング(2020年度上半期)
「5G」「Wi-Fi 6」の使い分け方は? 「SSD」「HDD」のどちらを選ぶべきか?
「サーバ&ストレージ」「ネットワーク」に関するTechTargetジャパンの「プレミアムコンテンツ」のうち、2020年度上半期にユーザー企業の新規会員の関心を集めたものは何か。ランキングで紹介します。(2020/9/29)

「Knative」とは何か【前編】
「Knative」とは? Kubernetesでサーバレスを実現する「FaaS」以外の選択肢
「Kubernetes」ユーザーがイベント駆動型プログラミングによるサーバレスアーキテクチャを実現したい場合、有力な手段となるのが「Knative」だ。クラウドサービスの「FaaS」とは何が違うのか。(2020/9/28)

Gartner Insights Pickup(176):
CIOのためのサーバレスコンピューティングガイド
サーバレスコンピューティングは、企業がクラウドネイティブアプリケーションを構築、利用、統合する方法を再定義するキーテクノロジーだ。CIOのために、これがどのような技術なのかを分かりやすく紹介する。(2020/9/25)

Ignite 2020:
マルチクラウド環境のWindows/LinuxサーバをAzureで集中管理 「Azure Arc enabled servers」が正式サービス
米Microsoftが「Ignite 2020」で、「Azure Arc enabled servers」が正式サービスになったと発表。Microsoft Azureを中心とするマルチクラウドプラットフォーム「Azure Arc」に対応するサーバ。Microsoftのマルチクラウド戦略の核ともいえるAzur Arcが本格的に動き始めたといえる。(2020/9/23)

プレミアムコンテンツ:
「Windows Server」と「Linux」 2大サーバOSの違いは
2大サーバOSである「Windows Server」と「Linux」。これらのサーバOSの違いとは何か。どのようなポイントで比較すればよいのか。勘所を紹介する。(2020/9/21)

コロナ禍でサーバダウン狙う「DDoS攻撃」が3倍に カスペルスキー調査
コロナ禍の影響で世界のサイバー攻撃数が前年の3倍になったことがカスペルスキーの調査で明らかになった。(2020/9/18)

「Cloud AI 100」:
Qualcomm、サーバ向けAIプロセッサのサンプル出荷を開始
Qualcommが2019年に、クラウド向けAI推論アクセラレータ「Cloud AI 100」を最初に発表してから、約18カ月がたとうとしている。同社によると、現在既にCloud AI 100の最終製品の製造を開始しており、2021年前半には出荷を開始できる見込みだという。複数の顧客にはサンプリングを開始している。(2020/9/18)

高いパフォーマンスとスケーラビリティを提供:
Google、「Google Cloud API Gateway」のβ版をリリース
Googleは、「Google Cloud」のサーバレスバックエンドのAPIを作成、保護、モニタリングできるフルマネージドGoogle Cloudサービス「Google Cloud API Gateway」のβ版を提供開始した。(2020/9/16)

「Windows 10 PC OSのサーバでの更新管理」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/9/25)

気象庁サイトに異例の広告掲載、15日スタート 収益8700万円見込み
気象庁は省庁としては異例の公式サイトへの広告掲載に着手する。民間活用の一環で、今年度内に8700万円の広告収入を見込む。アクセス集中対策など年間2億4000万円のサーバ運営費の一部に充てるという。(2020/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。