ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

抽選でQUOカードPayが当たる
「サーバOSの現状と今後」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

ソフトバンクとエリクソン、基地局外部から5Gネットワークの制御に成功 トラフィックの変動を高速検知
ソフトバンクとエリクソン・ジャパンは、基地局外部にある制御装置(サーバー)から5Gネットワークを高速かつ自動で最適化する機能の実証に成功。トラフィックの変動検知から最適化まで5分以内で実施できることを確認したという。(2024/2/22)

組み込み開発ニュース:
Armがサーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代品を投入、シェアも急拡大
Armがクラウド/サーバ向けプロセッサコア「Neoverse」の第3世代プロダクトを発表。また、Neoverseを採用したIC設計のコストとリスクを低減し市場投入期間を短縮するためのサブシステムIP「Arm Neoverse Compute Subsystems(CSS)」の適用範囲を拡大する。(2024/2/22)

「さくらのレンタルサーバ」値上げ 「昨今の各種原価の高騰により」
さくらインターネットが、レンタルサーバサービス「さくらのレンタルサーバ」を全プラン値上げすると発表した。(2024/2/19)

排気温度からAIで消費電力を推定:
AIを活用したデータセンター運用高度化ソリューション NTTコムウェアと日本IBMが“共創”開始
NTTコムウェアと日本IBMは、IT機器ごとの消費電力とCO2可視化の実証実験の結果を発表した。「サーバ機器の排気温度から消費電力をAIで推定し、CO2排出量を算出できること確認した」という。(2024/2/14)

AI、エッジ向け、中小オフィス向けのラインアップも HPEの新サーバ
日本ヒューレット・パッカードはHPE ProLiant Gen11サーバー6機種の出荷を開始した。これらは第5世代インテルXeonスケーラブルプロセッサーを搭載し、パフォーマンス21%向上、メモリー速度とキャッシュ容量を大幅に強化している。(2024/2/14)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【後編】
LenovoとDellに追い風 生成AI時代に躍動するサーバベンダー
生成AIへの関心の高まりから、サーバベンダーの業績が好調だ。HPEは生成AIに注力する方針を示した。LenovoとDell Technologiesはどうか。(2024/2/14)

GMOインターネット、GPUサーバ調達に100億円 経産省の支援を前提に
GMOインターネットグループが、GPUサーバやその周辺設備の調達に100億円を投資する方針を発表した。2023年12月にパートナー契約を結んだ米NVIDIAから調達する。経済産業省による今後の支援を見据えた動きという。(2024/2/13)

第一三共、IT基盤刷新で1億円のTCO削減へ 営業基盤システムの高速化で
第一三共が、80台のサーバで16のシステムを動かしていた営業支援システムの基盤を刷新し、約1億円のTCO削減を実現した。何を変えたのだろうか。(2024/2/14)

2025年前半にも製造開始:
「Intel 18A」でArm Neoverseベース 64コアプロセッサ製造へ、Faraday
台湾の半導体受託開発/設計メーカーである Faraday Technology(以下、Faraday)が、Intel 18Aプロセス技術を使用し、Intel Foundry Services(IFS)でArmの「Neoverse」ベースの64コアサーバプロセッサを製造するという。(2024/2/8)

ツイキャスにDDoS攻撃、1週間継続中 ライブ配信視聴しづらいなど障害
ツイキャスのサーバに大規模なDDoS攻撃が断続的に行われており、ライブ配信を視聴しづらくなるといったシステム障害が起きている。(2024/2/7)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)

温度ドリフトも最小限に抑える:
ST、オフセット電圧が極めて低いオペアンプを発表
STマイクロエレクトロニクスは、オフセット電圧が極めて低く、温度ドリフトを最小限に抑えた高精度ゼロドリフトオペアンプIC「TSZ151」を発表した。高精度センサーや産業機器/サーバ/通信インフラ用電源などの用途に向ける。(2024/2/7)

セキュリティニュースアラート:
Cloudflareで不正アクセスが発生 2023年9月のOktaへの侵害がきっかけか
Cloudflareは2023年11月に検出した脅威アクターに関する調査結果を報告した。脅威アクターは2023年9月に発生したOktaへの侵害で窃取されたアクセストークンとサービスアカウントの認証情報を使用してサーバに不正アクセスした。(2024/2/5)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第6回】
ノートPCからモバイルサーバまで「Getac」の気になる“頑丈デバイス”
Getac Technologyは、過酷な利用環境を想定した「頑丈デバイス」の製造に特化したPCベンダーだ。同社のノートPCやタブレット、モバイルサーバのスペックを紹介する。(2024/2/4)

Microsoft、パルワールドを支援 専用サーバなど提供 Game Pass版に1日最大300万近いプレーヤー
日本発の3Dオープンワールドゲーム「Palworld」をMicrosoftが支援すると発表した。開発元のポケットペアと協力し、専用サーバや技術リソースを提供する。(2024/2/2)

ハイパースケールDCの2〜3棟分の電力が必要?:
「2027年のAIの浸透度」はどのくらい? IDCがデータセンターのAIサーバの電力量を推計
IDC Japanは、国内データセンターのAIサーバ向け電力キャパシティーの推計値を発表した。2027年末のAIサーバ向け電力キャパシティーは、2024年末の約1.5倍の80MW超になるとしている。(2024/1/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化インフラ(サーバ/デスクトップ)の見直し」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/26)

“史上最強”炭酸水を作れるサーバー、アサヒ飲料が開発 ペットボトルでは得られない
アサヒ飲料が、“史上最強炭酸”と銘打った強炭酸水を作れるサーバー「EXTRA BURST(エクストラ・バースト)」を開発した。(2024/1/22)

不正アクセスで個人情報150万件入手容疑 「恒心教」名乗る男再逮捕
サーバに不正アクセスして個人情報などを不正取得したなどとして、京都府警などは、不正アクセス禁止法違反などの疑いで埼玉県草加市新栄の無職、大熊翔被告を再逮捕した。容疑を認めている。(2024/1/10)

セキュリティニュースアラート:
SSHプロトコルを標的にした「Terrapin攻撃」 インターネットのSSHサーバの半数以上が脆弱だと判明
The Shadowserver FoundationはSSHプロトコルを標的とする新しいサイバー攻撃手法「Terrapin攻撃」に対し、インターネット上のSSHサーバの約52%が脆弱だと発表した。(2024/1/10)

1分足らずで急速冷却:
常温缶が「生ビール」に 爆ヒット「サントリー生ビール」開発部署が繰り出す次の一手
2023年に発売し、大ヒットを果たした「サントリー生ビール」。同商品を企画・開発した部署から、新たなサービスが出ている。その名も「nomiigo(ノミーゴ)」。常温の缶ビールが、わずか1分足らずに「生ビール」へと変貌する仕組みのビールサーバで、アフターコロナ需要を狙う。(2024/1/5)

習うより慣れてほしい!:
PR:生成AIサービスも提供する「AWS」を初心者が学ぶには? “中の人”が教えるオススメ学習法
サーバやストレージ、モダンアプリケーション開発、さらには生成AIまでをカバーしているAWS。2023年12月時点で約250もの機能、サービスを提供しているAWSを一から学ぶにはどうすればよいのか。AWSトレーニングサービス本部のマネージャーにオススメの学習方法を聞いた。(2024/1/5)

ブックレットダウンロードランキング(2023年)
「HDDの終わり」が全然来ない理由 HDDとは別物の“新型SSD”とは何?
「サーバ&ストレージ」に関するTechTargetジャパンのブックレットのうち、2023年に新規会員の関心を集めたものは何だったのでしょうか。ランキングで紹介します。(2023/12/29)

セキュリティニュースアラート:
Linux SSHサーバを狙う攻撃キャンペーンを発見 DDoS botや仮想通貨マイナーに悪用
ASECはLinuxのSSHサーバに対する攻撃キャンペーンの分析結果を発表した。攻撃者が管理不十分なサーバに侵入してマルウェアをインストールし、DDoS botや仮想通貨マイナーとして悪用するという。(2023/12/28)

クラウドで加速する生成AI活用【後編】
AWSは本当に「生成AIの高負荷に耐えられるクラウド」なのか? AWSに聞いた
生成AIを活用するときに悩ましいのが、コンピューティング能力の確保だ。AWSは複数のサーバで並列計算する高性能計算(HPC)を効果的に実施する機能を提供している。(2023/12/28)

富士通がサーバ/ストレージ/ネットワーク製品事業(一部を除く)と法人PC販売をエフサステクノロジーズ(現富士通エフサス)に統合 2024年4月1日付
富士通が、子会社であるエフサステクノロジーズ(現富士通エフサス)との間で相互に事業を譲渡/譲受する形で事業再編を行うことになった。サーバ/ストレージ/ネットワーク製品に関わる事業と法人向けPCの直接販売事業はエフサステクノロジーズに、メインフレーム/UNIXサーバに関わる事業や一部を除くサービス関連事業は富士通にそれぞれ移管される。(2023/12/27)

富士通、ハードウェア専業会社「エフサステクノロジーズ」を発足 事業の詳細は?
富士通はサーバやストレージなどを中心としたハードウェア事業の基盤強化に向けたハードウェア専業会社「エフサステクノロジーズ」を2024年4月1日付で発足する。事業の詳細とは。(2023/12/27)

富士通、ハードウェア事業を分離 新会社「エフサステクノロジーズ」発足
富士通が、サーバやストレージ、ネットワーク製品、法人PCなどのハードウェア事業を手掛ける新会社を立ち上げると発表した。富士通本体はハードウェア事業を一部ストップし、新会社が引き継ぐ。(2023/12/26)

セキュリティニュースアラート:
Active Directoryドメインへの新たな攻撃手法が見つかる Microsoftは対処計画なし
AkamaiはDHCPサーバを使ったActive Directoryドメインへの新しい攻撃手法を発見した。Microsoftはこの問題に対処する計画がないため、自らの対応が必要となる。(2023/12/26)

IIJ新卒エンジニアたちの“おうち紹介記事”がIIJすぎる ネットワーク図は当たり前 自宅サーバルームも
“逸般の誤家庭”がたくさん!(2023/12/26)

Tech TIPS:
ひと工夫して時短・安心・安全 VPN設定【Windows 11】
リモートワークなどで会社のサーバやPCに接続する際に利用するVPNを設定する方法を紹介しよう。公衆無線LANやホテルなどのWi-Fiサービスを安全に利用するためにもVPNの設定方法を知っておくとよい。また、毎回、パスワードを入力して接続するための設定などについても解説する。(2023/12/25)

クライアント端末だけの対策は不十分
サーバにEDR? 有識者が解説する「早期検知」以外の意外なメリットとは
もはや人ごとではなくなった「ランサムウェアへの対策」。さまざまなセキュリティ製品でクライアント端末を守ろうとする企業に、有識者は「サーバにこそEDRが必要だ」と指摘する。(2024/1/10)

長野日報がランサムウェア被害 新聞はページ減らし発行 「長期化も予想される」
長野日報社は22日、自社のサーバがランサムウェアに感染し、新聞製作に影響が出ているとして読者や関係者に謝罪した。(2023/12/22)

サーバのセキュリティはなぜ「後回し」に?
面倒事がありがちな「サーバのセキュリティ対策」 どうすればいい?
激化するサイバー攻撃に対して、データセンターのサーバはセキュリティ対策が後回しになりがちだ。サーバのセキュリティ対策に及び腰になるサーバ管理者の本音は。仮想化インフラを効率的に保護する方法を探る。(2023/12/27)

生成AI、クラウド活用をどう効率的に進めるか
Windows Server 2012/2012 R2サポート終了で考える、サーバー移行の現実解とは
生成AIをはじめとするテクノロジーの進化が著しいなか、既存IT資産のマイグレーションは経営環境の変革にもつながる重要な取り組みだと有識者は指摘する。「企業価値向上を実現するマイグレーション」の進め方やポイントとは。(2023/12/18)

「第5世代Xeonスケーラブルプロセッサ」正式発表 第4世代と同一プラットフォームでパフォーマンスを大きく向上
Intelが、サーバ/データセンター向けCPUの新世代をリリースする。従来世代と同じフォームファクターながら、複数の改良によって性能を大きく改善している。【更新】(2023/12/15)

サーバの電力と発熱が大きな課題:
PR:主要産業でAI活用が広まる中、PoCで終わらず事業で継続的にAIを活用できるインフラの在り方とは
昨今注目が高まるAI技術。AIモデルの開発、学習では膨大な計算処理能力、つまりGPUコンピューティングが必須だ。継続した大規模な計算処理を実現する鍵となるのがGPUサーバの活用だが、どういった点に気を付ければよいのだろうか。(2023/12/13)

Qiitaユーザー約2000人に聞いた「勤め先のサーバ・クラウド」 AzureとGoogle Cloudが接戦
ITエンジニアの知識共有サービス「Qiita」ユーザーに聞く、「勤め先で使っているクラウド・サーバ」のトップは──運営元のQiita社が調査結果を発表した。(2023/12/12)

ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃 情報漏えいの可能性は
ダイヤモンド社がランサムウェア攻撃を受けたと発表した。現在は「サーバ内に保存されていた情報について確認中」という。(2023/12/12)

MySQL、Oracle Databaseなどに続きIBM Db2も利用可能に:
「Amazon RDS for Db2」提供開始 IBM Db2ユーザーもAmazon RDSでのデータベース構築が可能に
AWSはAmazon RDS for Db2の提供開始を発表した。これまでにMySQL、Oracle Databaseなどのリレーショナルデータベース管理システムによりAWS上でデータベースサーバの構築が可能だったが、ここに新しくIBM Db2が加わった。(2023/12/12)

Discordアプリをアップデート UIを刷新、ミッドナイトテーマや高速スクロールも
モバイルアプリ版「Discord」のアップデートを実施。サーバーのフレンドが何をしているのかをより見やすくし、アクティビティへの参加やハングアウトがしやすくなったという。(2023/12/6)

「本番環境などでやらかしちゃった人」アドベントカレンダーが今年もやってきた 「本番サーバー60台のホスト名を全部catにしてしまった話」など
ITエンジニアの“やらかし”をアドベントカレンダー形式で共有する「本番環境などでやらかしちゃった人 Advent Calendar 2023」が12月1日にスタートした。「本番サーバー60台のホスト名を全部catにしてしまった話」など、2023年もパンチの効いたエピソードが出てきている。(2023/12/5)

東大松尾研究室がインフラエンジニア募集 物理サーバ・クラウド双方の経験がある人材募る
東京大学松尾研究室が、新たにインフラエンジニアの募集を始めた。(2023/12/5)

併用すれば多くのインフラ管理が可能に:
「Ansible」と「Docker」の違いは? 両ツール連携の仕組みは?
AnsibleとDockerにはそれぞれ特定の役割がある。AnsibleのPlaybookとDockerのDockerfileを一緒に使えば、サーバの制御と構成可能性が向上する。本稿では、AnsibleとDockerの違いと、両ツールが連携する仕組みを解説する。(2023/12/1)

データインフラの迅速かつ容易なスケーリングを可能に:
AWS、「Amazon Aurora Limitless Database」「Amazon ElastiCache Serverless」を発表
Amazon Web Servicesは、データベースとアナリティクスのポートフォリオにおけるサーバレス技術の3つの新しいイノベーションを発表した。「Amazon Aurora Limitless Database」「Amazon ElastiCache Serverless」および「Amazon Redshift Serverless」の新機能だ。(2023/12/1)

コンテナで構築するのと何が違うのか:
マイクロサービスをサーバレスで構築するのが適しているケースとは?
マイクロサービスをコンテナとサーバレスのどちらで運用するかはどのように決めればよいのか。その決定を大きく左右するのは、そのマイクロサービスで何を実行するかだ。(2023/11/30)

松野長官、JAXAサーバへの不正アクセス説明
松野博一官房長官が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の管理用サーバが不正アクセスを受けた可能性が高いことを確認したと明らかにした。JAXAは不正アクセスの影響に関する調査を行うとともに、一部ネットワークを遮断するなどの対応を実施したという。(2023/11/29)

積水ハウスで個人情報3万件漏えいか 委託先・BIPROGYによるセキュリティ設定に不備
積水ハウスが、システム開発用のクラウドサーバから個人情報など3万件超が漏えいした可能性があると発表した。一部の情報は漏えいを確認した。システム開発を委託していたBIPROGYによるセキュリティ設定に不備があったという。(2023/11/29)

AWS、SPARCサーバを仮想化してAWSに載せる「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」発表
米AWSが、SPARCプロセッサを搭載したサーバ環境を仮想マシンとしてAWS上で提供する新サービス「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」を発表した。(2023/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。