ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

関連キーワード

サーバや産業機械をどこからでも操作
放送局や防衛、工場、公共インフラで導入進む遠隔制御システムとは
遠隔制御が難しいと思われていたテレビ局の放送・編集機材や工場の産業機械、各種サーバも、ネットワーク高速化の恩恵で、離れた場所から操作・監視する動きが広がっている。セキュリティと操作性を損なわずに遠隔制御を実現する方法とは?(2020/4/3)

原因は一部ユーザーの膨大な通信:
速度低下の「限界突破WiFi」、3月利用分を返金 解約金免除や移行費用負担も
エックスモバイルが提供している通信サービス「限界突破WiFi」で、3月上旬から通信速度が低下する現象が起きている。原因は、一部ユーザーが膨大な通信をして、SIMサーバが不安定になったため。4月以降は「使い放題」とはならず、制限付きでのサービス提供となる。(2020/4/1)

VMwareのコンテナ市場での戦い【後編】
VMwareが「コンテナ」市場でRed Hat、Dockerを追い抜く日
コンテナ市場の拡大に合わせて、Red HatやDockerなどのベンダーが新たな戦略を打ち出している。サーバ仮想化製品大手のVMwareも例外ではない。それぞれどんなアプローチを取っているのか。(2020/3/31)

複数クラウドをどう統合するか:
KubernetesベンダーとしてのVMwareは、少なくとも2つの顔を持っている
VMwareはKubernetes関連市場で、少なくとも「Kubernetesディストリビューションベンダー」「Kubernetesの統合運用管理サービスベンダー」の2つの顔を持つベンダーとしての活動を本格的に開始した。VMwareのサーバ仮想化基盤を使わないユーザー組織にとっての、KubernetesベンダーとしてのVMwareを探る。(2020/3/26)

さくらインターネット、新型コロナ情報サイトにサーバ無償提供スタート
さくらインターネットは、新型コロナウイルス感染症に関する情報をまとめたWebサイト向けに、クラウドサービスやCDNサービスの無償提供を始めた。(2020/3/23)

PR:サーバ障害から企業を救う”最後の砦”――IT企業の大型サーバ復旧の裏側に迫る
大切な企業データの入ったサーバが障害でアクセスできない――そんな一大事に、サーバの管理担当者はどのような行動を取るべきなのか。データ復旧において、累積で18万件超の相談を受け、最高復旧率95.2%(いずれも自社調べ)の実績を持つ「デジタルデータリカバリー」のエンジニアにサーバ復旧に関する意見を聞いてみた。(2020/3/23)

「Windows Server 2008」サポート終了後の選択肢【後編】
Windows Server 2008の移行手段「コンテナ」「Storage Migration Service」とは
オンプレミスの「Windows Server 2008/2008 R2」で稼働させていたアプリケーションやファイルサーバを新環境にどう移行すべきか。主要な手段である「Windowsコンテナー」「Storage Migration Service」を解説する。(2020/3/19)

GitHub、JavaScriptパッケージ管理のnpmを買収
Microsoft傘下のGitHubが、サーバ側で動作するJavaScript「Node.js」パッケージを管理するオープンソースツール「npm」を提供するnpmを買収する。将来的にはnpmをGitHubに統合していく計画。(2020/3/17)

「PCサーバ(IAサーバ)」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で30名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2020/3/17)

Intel出身者が集まる新興企業:
Ampereがサーバ向けArmプロセッサを開発、Intelに挑戦
新興企業Ampere Computing(以下、Ampere)は、Armベースの80コアプロセッサ「Altra」の出荷を開始したと発表した。“クラウドネイティブ”のプロセッサとして位置付けられる製品だ。(2020/3/16)

山市良のうぃんどうず日記(173):
「Disk2vhd」を使用したUEFI/GPTベースシステムのHyper-VへのP2V移行
「P2V(Physical to Virtual)」は、Microsoft Virtual ServerやHyper-Vの登場で“仮想化によるサーバ統合を進めよう”というのが流行った時代に用いられた、物理PC/サーバを仮想マシンに変換する方法です。現在でも、物理サーバのハードウェアの老朽化に対処するため、あるいはOSのサポート終了(EOS)対策としてクラウド化するためにP2Vのニーズはよくあるようです。(2020/3/11)

FAニュース:
三菱重工工作機械、モニタリングシステムを全ての工作機械に標準搭載
三菱重工工作機械は、刷新したモニタリングシステム「DIASCOPE」を、4月以降に販売する全ての工作機械に標準搭載する。データの収集、解析をエッジとクラウドサーバで分散して処理することにより、迅速で高効率のモニタリングが可能になる。(2020/3/5)

セキュリティ・アディッショナルタイム(40):
2020年、サーバ証明書はどう変わる? DigiCert担当者に聞いてみた
DigiCertが2020年1月に年次カンファレンス「DigiCert 2020 Security Summit」を開催。DigiCert、そしてWebブラウザのベンダーや電子証明書発行サービスを提供する事業者からなる業界団体であるCA/Browser Forumの取り組みを聞いた。(2020/3/5)

Microsoft、「Universal Print」発表 プリンタサーバをクラウド化し、プリンタドライバが不要に キヤノンと対応機種も開発中
米Microsoftがクラウドベースのプリントソリューション「Microsoft Universal Print」を発表。プリンタをActive Directoryによって組織全体で統合管理し、集中してモニタリングやコンフィグレーションの設定などが可能になる。Universal Print対応のプリンタであればプリンタサーバは不要となり、ネットワークに接続するだけで利用可能。(2020/3/4)

日本鋳鉄管の実践事例を紹介
中小製造業のIoT活用に向けた“第一歩”、レガシーなITインフラの現実的な刷新手法とは
自社の工場内に置かれたサーバを、実質1.5人のIT部門が昼夜を問わずの対応で管理――。水道インフラ関連製品の製造を手掛ける日本鋳鉄管は、IoTの活用や経営の効率化に向けて、そのボトルネックとなっていた既存のITインフラを刷新。IT部門の業務効率化や、IoT活用の基盤構築を実現した、その段階的かつ現実的な手法とは?(2020/3/4)

効率改善とコスト削減の切り札、見逃したままではありませんか?:
PR:3つの“あるある”で解き明かす、SSD「本当の話」
ITインフラのパフォーマンス向上、コスト削減は多くの企業に共通する悩み。サーバ、ストレージへのSSD導入は即効性ある解決策となり得るであろうことは分かっていても、“SSDに関する思い込み”から、まだ導入を見送っている企業も多い。ではそのイメージ、本当なのだろうか?――NECの3人のプロフェッショナルにSSDの「最新かつ本当の話」を聞いた。(2020/2/28)

多様化する働き方を支える
オンプレミス管理型エンドポイントセキュリティ製品の“アキレス腱”とは?
サイバー攻撃の巧妙化とクラウド導入や働き方改革といった企業ITの変化によって、オンプレミス管理サーバで運用するエンドポイントセキュリティ製品は、ある課題を抱えるようになった。この課題を解決し、脅威を未然に防ぐには。(2020/3/19)

BGP攻撃などを困難に:
SSL/TLS証明書の「不正発行」を防ぐ多視点ドメイン検証、Let's Encryptが開始
SSL/TLS向けのサーバ証明書を無料で発行している認証局「Let's Encrypt」は、BGPの乗っ取りのような攻撃に対抗するため、多視点ドメイン検証を開始した。証明書の不正発行につながる攻撃を抑え込む役に立つという。(2020/2/27)

エプソンダイレクト、中小企業向けのXeon搭載エントリーサーバ
エプソンダイレクトは、SOHOおよび中小企業向けのデスクトップ型エントリーサーバ「Endeavor SV1000」を発表した。(2020/2/26)

Firefox、「DNS over HTTPS(DoH)」をデフォルトで有効に まず米国で先行
米国で使われているFirefoxについて、DNSサーバとの通信を暗号化する「DNS over HTTPS(DoH)」の設定をデフォルトで有効にする。(2020/2/26)

パフォーマンスカウンタのデータを利用:
更新後のソフトウェアが遅い、原因を自動的に特定する手法をテキサスA&M大学とIntel Labsが開発
テキサスA&M大学の研究者がIntel Labsのコンピュータ科学者と共同で、ソフトウェアのアップデートに起因する処理速度の低下に関する研究結果を発表した。PCやサーバが備える数百のパフォーマンスカウンタから情報を取得し、正常動作と異常動作を判定できる。(2020/2/25)

Apple、9月1日からサーバ証明書の最大有効期間を13カ月に制限
AppleはGoogle、Microsoftに同調し、サーバ証明書の有効期間制限を実施する。(2020/2/25)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第14回):
ラズパイで自宅ファイルサーバを作る 〜自作NAS「openmediavault」編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。今回はWebブラウザ経由でアクセスできる自宅ファイルサーバをラズパイで構築してみます。(2020/2/24)

パワエレの小型、軽量、省エネ化に向け:
複数信号の双方向通信を実現する絶縁ICなど開発、東芝
東芝は2020年2月21日、3つの信号の双方向通信と100mW以上の電力電送が可能な「双方向多重伝送IC」および、データセンターのサーバ用電源システムなどに搭載できる「高速絶縁計測IC」を開発したと発表した。いずれも2022年度以降のサンプル提供を目指している。(2020/2/21)

前橋市がNTT東日本提訴へ 教育委員会の不正アクセス事件を受け
群馬県前橋市は、同市教育委員会で2018年に発生した不正アクセス事件を受け、教育委員会のネットワーク機器やサーバの保守などを請け負ったNTT東日本を提訴する方針を明らかにした。約1億7700万円の損害賠償を求める。(2020/2/20)

特集:継続的に儲けるための「セキュリティバイデザイン」入門(2):
コンテナ、サーバレスなどクラウドネイティブに求められる「開発者に優しいセキュリティ」がゼロトラストな理由
コンテナ、マイクロサービス、サーバレス、そしてアジャイル/DevOpsといった、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に求められる技術や手法を駆使した現在の開発では、どのようなセキュリティバイデザインが求められるのか。(2020/2/19)

パブリッククラウドへの一本化は正しいのか?:
PR:クラウドからオンプレミスへ──最新のITプラットフォームの選び方
企業が目指すべきITインフラの姿はパブリッククラウドに収束するのか? オンプレミスとクラウドの関係は? これらを支えるサーバには何が求められているのか? ニュータニックス・ジャパンが2020年1月に東京で開催した「インビジブルプラットフォームの実現 それはEnterprise Cloudの実現への近道 One Platform. Any App. Any Location.」から、登壇者の講演内容を紹介する。(2020/2/20)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第13回):
ラズパイで自宅ファイルサーバを作る 〜オンラインストレージの使い心地に近い「NextCloudPi」編〜
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。ネット経由でアクセスできる自宅ファイルサーバをラズパイで構築してみます。(2020/2/17)

Webサイトをどう構築するか:
PR:エックスサーバー株式会社が法人向けレンタルサーバー事業で進めるビジネスパートナープログラムとは
レンタルサーバーの世界でよく知られているエックスサーバー株式会社が、中堅・中小企業や商店、ベンチャー企業などを対象とする法人向けレンタルサーバーサービス「エックスサーバービジネス」を含めた、ビジネスパートナープログラムを公開している。どのようなプログラムなのか。(2020/2/27)

名刺サイズの超小型PC「ラズパイ」で遊ぶ(第12回):
ラズパイで自宅ファイルサーバを作る
小さなマイクロコンピュータ「Raspberry Pi」(通称ラズパイ)で作る、自分だけのガジェット。ネット経由でアクセスできる自宅ファイルサーバをラズパイで構築してみます。(2020/2/10)

「Microsoft Teams」に2時間ほどアクセスできない障害発生 原因はサーバ証明書の更新し忘れ
「Microsoft Teams」で障害が発生。日本時間2月3日夜11時19分〜翌2月4日午前1時19分の少なくとも2時間、ユーザーからアクセスできない状態となった。原因はサーバ証明書の更新し忘れだった。(2020/2/6)

NECにサイバー攻撃 防衛省関連ファイル約2万7000件に不正アクセス
NECは、同社が防衛事業部門で使っている社内サーバが、2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表した。情報流出などの被害は確認されていない。(2020/1/31)

現時点で「情報流出などの被害はなし」と発表:
NEC、不正アクセスを受けていた――防衛事業部門のファイル約2万7000件が被害
NECは、同社の防衛事業部門のサーバの一部が外部の不正アクセスを受けていたと発表した。情報流出被害は「確認されていない」という。同社によれば2016年以降、一部の期間で攻撃の早期検知ができていなかった。(2020/1/31)

ポケモン全世代をクラウド上に預けられる「Pokemon HOME」、詳細明らかに 有料プランは年額1960円
ポケモン社がサーバ上にポケモンを預けられるクラウドサービス「Pokemon HOME」を2月上旬に始める。Nintendo Switchとスマートフォンから利用できる。前身となるサービス「ポケモンバンク」を通じて、全世代のポケモンを預けられる見込み。(2020/1/29)

組み込み採用事例:
リアルタイム映像処理用エッジAIサーバをフォックスコンなどと共同開発
ソシオネクストは、Foxconn Technology Group、Network Optixと共同で、エッジAIソリューション「Edge AI Server with VMS」を開発した。スマートリテール、スマートファクトリー、監視カメラ、医療において、リアルタイム映像処理を提供する。(2020/1/28)

仮想化性能の世界記録を更新? HPEが新型サーバ2機種の提供を開始
HPEは、ラックマウント型サーバ「HPE ProLiant DL325 Gen10 Plus」と「HPE ProLiant DL385 Gen10 Plus」の提供を開始した。仮想化環境やHPCなどの用途に向け、ストレージ装置の内蔵可能台数を従来モデルの2.4倍に拡大した。(2020/1/20)

日本鋳鉄管の実践事例を紹介:
PR:中小製造業のIoT活用に向けた“第一歩”、レガシーなITインフラの現実的な刷新手法とは
自社の工場内に置かれたサーバを、実質1.5人のIT部門が昼夜を問わずの対応で管理――。水道インフラ関連製品の製造を手掛ける日本鋳鉄管は、IoTの活用や経営の効率化に向けて、そのボトルネックとなっていた既存のITインフラを刷新。IT部門の業務効率化や、IoT活用の基盤構築を実現した、その段階的かつ現実的な手法とは?(2020/1/15)

Kingston、データセンターでの利用に適したサーバ向けM.2 NVMe SSD
Kingston Technologyは、エンタープライズグレードをうたったM.2 NVMe SSD「Data Center 1000BエンタープライズSSD」を発表した。(2020/1/14)

HDD転売問題のブロードリンク、従業員30人に解雇通知 社長も退任の意向
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報などのデータが流出した問題で、流出基のブロードリンクが従業員の解雇や事業所の閉鎖などを行うことが分かった。(2020/1/8)

竹書房、海賊版サイト問題で米クラウドフレアを提訴 サーバ提供会社への損害賠償請求は初
「漫画村」にサーバを提供していたことでも有名でした。(2020/1/7)

竹書房、米Cloudflareを提訴 海賊版サイト巡り、損害賠償とデータ削除求める
竹書房がCDN事業者の米Cloudflareを提訴。海賊版サイトの運営者が違法にアップロードした漫画などのデータをサーバ上から削除しなかったとして、損害賠償とデータの削除を求める訴訟を起こした。(2020/1/7)

倒産したAnkiのAIロボット「Vector」、“第2の父”Digital Dream Labsが救う
昨年倒産してしまったAnkiのAIロボット「Vector」の資産一式をDigital Dream Labsが買収した。同社はVectorをオフラインでも利用できるようにする「Escape Pod」と、ユーザーが自分のサーバにVectorを接続できるようにする「Dev Vector」を開発する計画だ。(2020/1/6)

採用時に確認すべきチュートリアル
「サーバレスアーキテクチャ」初心者ガイド まず検討すべき3大要素とは?
サーバレスアーキテクチャは開発チームに大きなメリットをもたらす一方で、採用の際には検討すべき要素が幾つかある。主要な3つの検討要素を紹介しよう。(2019/12/31)

さくらインターネット、「専用サーバ」批判記事について謝罪 合致するケースあったと「真摯に反省」
さくらインターネットのホスティングサービスでトラブルに巻き込まれたとする記事がQiitaに投稿され、物議を醸している問題で、さくらインターネットは記事内容と合致するケースがあったと認めて謝罪した。(2019/12/28)

北海道江別市が「Arcserve UDP Appliance」を導入、災害対策を視野にシステム選定
北海道江別市はarcserve Japanの「Arcserve UDP Appliance」を導入した。選定の決め手は、サーバリソースとバックアップ機能がセットになったアプライアンスサーバで、ハードウェアに障害が発生した場合でも短時間で復旧できることだったという。(2019/12/27)

「さくらのレンタルサーバ」批判記事、Qiitaで公開止められ炎上 さくらは「事実確認中」
さくらインターネットが提供するサービス「さくらのレンタルサーバ」でトラブルに巻き込まれたとする記事がQiitaに投稿され、ネット上で物議を醸している。同社は記事の内容について「事実確認中」と説明した。(2019/12/26)

「ハードウェア障害」「アクセス過多」「バッチ突き抜け」対策のポイント:
落ちるのは日常茶飯事? Webサービスの“死因”と対処策とは
本番環境で起こってしまうWebサービスやサーバのトラブルは機会損失や信頼失墜に直結するため、開発者や運用管理者は日頃から備えておく必要がある。だが、備える際のポイントはどこにあるのか。オミカレでCTOを務める曽根壮大氏が、Webサービスやサーバの停止を「死」と捉え、“突然の死”にどう対策していけばいいのか講演した。(2019/12/25)

Xeonプロセッサ搭載:
エプソンダイレクト、SOHO/中小企業向けタワー型エントリーサーバの発売を予告
エプソンダイレクトは12月24日、SOHOおよび中小企業(30名クラス)向けのタワー型エントリーサーバを2020年2月に発売すると発表、同日に事前案内のWebページを公開した。販売価格は20万円(税抜き)の予定だ。(2019/12/24)

神奈川県庁の転売HDD、全て回収 富士通リースとブロードリンクに指名停止処分
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題に関して、同庁は転売されたHDD全てを回収したと発表した。富士通リースとブロードリンクに対しては指名停止処分を下した。(2019/12/24)

製造ITニュース:
IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化
東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。