モトローラ入魂の超急速充電ミドルハイスマホ「edge50 pro」「edge50s pro」登場 直販価格は7万9800円おサイフケータイ対応

» 2024年07月03日 13時00分 公開
[井上翔ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月12日、新型スマートフォン「edge50 pro」を発売する。主要な家電量販店やECサイトの他、インターネットイニシアティブ(IIJ)のMVNOサービス「IIJmio」などを通して販売される予定で、モトローラの直販サイトにおける販売価格は7万9800円となる。一部の販路では7月3日から販売予約を受け付けている。

 また、ソフトバンクは同日、本モデルをベースとするオリジナルモデル「edge50s pro」をソフトバンクブランドから発売する。オリジナルカラーとして「バニラクリーム」をを用意していること、搭載メモリ容量や一部のプリインストールアプリが異なることを除き、moto edge50 proと同一仕様となる。

moto edge50 pro moto edge50 proは、主要な家電量販店/ECサイトとIIJのMVNOサービス「IIJmio」などを通して販売される
moto edge50s pro moto edge50s proは、ソフトバンクのソフトバンクブランド向けのカスタマイズモデルだ
実機写真 ボディー背面は人工皮革仕上げで、ブラックビューティー(左)、リュクスラベンダーの2色の他、moto edge50s pro限定色としてバニラクリーム(右)も用意される

edge50 pro/edge50s proの概要

 edge50 pro/edge50s proは、海外の一部地域でリリース済みの「edge50 pro」の日本向けモデルで、「edge 40」の後継という位置づけだ。日本向けのカスタマイズとして「おサイフケータイ(モバイルFeliCa)」に対応していること以外は、ハードウェアの仕様において海外モデルとの差異はない。

 プロセッサ(SoC)は、Qualcommのミドルハイレンジ向け「Snapdragon 7 Gen 3」を搭載する(CPUコアは合計8基)。スマホを使ったゲームや動画視聴も快適に楽しめるという。

 メモリはedge50 proが12GB、edge50s proが8GBを備える。ストレージは両モデル共に256GBで、microSDメモリーカードには対応しない。OSはAndroid 14をプリインストールする。

 ディスプレイは6.7型の有機ELで、解像度は1220×2712ピクセル(パンチホールあり/端部カーブあり)、リフレッシュレートは最大144Hzとなる。HDR表示にも対応する。Pantoneによるカラーチューニングを施されている。画面ガラスはCorningの「Gorilla Glass」を採用する。

 内蔵スピーカーはステレオ(2基)構成で、Dolby Atmos規格の空間オーディオにも対応している。

SoC プロセッサは「Snapdragon 7 Gen 3」を採用する。ミドルハイレンジのスマートフォン/タブレット向けのSoCで、CPUコアは計8基構成となる。一般モデルとソフトバンク向けモデルでは、メモリの搭載容量が異なるので注意したい
ディスプレイ ディスプレイは約6.7型のpOLED(プラスチック基板の有機EL)を採用する。表示のキレイさを重視しているといい、HDR10+に準拠したHDR表示に対応する他、Pantoneによるカラーチューニングも行っている

 アウトカメラは約5000万画素(メイン/F1.4)、約1000万画素(超広角/接写、F2.2)、約100万画素(3倍望遠、F2.0)のトリプル構成で、メインカメラのセンサーは光学式手ブレ補正(OIS)とレーザーセンサーによるオートフォーカス(AF)にも対応する。インカメラは約5000万画素(F1.9)のシングル構成で、AFに対応する。カメラ撮影についても、Pantoneによるカラーチューニングが施されている。

 本機では「moto AI」というAI(人工知能)を主にカメラ撮影で活用しており、白飛び補正や手ブレ補正、高倍率(最大30倍)の電子ズーム時の画質補正も自動かつ手軽に行える。

3眼構成 アウトカメラはトリプル(三眼)構成。メインカメラはOISとレーザーAFにも対応する。インカメラが高画素かつAF対応なのも注目点だ
moto AI moto AIを活用して、写真の白飛びや手ブレの補正を行ってくれる他、デジタルズーム時の画質改善も行ってくれる
他にもAI AIを活用した撮影機能は他にも複数用意されている

 外部接続端子(充電兼用)はUSB 3.2 Gen 2 Type-Cで、USB PD(Power Delivery)による急速充電と、DisplayPort Alternate Modeによる映像出力に対応している。3.5mmイヤフォン/マイク端子は備えない。

 急速充電は最大125Wとなっており、ソフトバンク向けモデルは「神ジューデン」対応機種として名を連ねている。125W出力可能な充電(AC)アダプターも付属する。バッテリー容量は4500mAh(定格)で、Qi(チー)規格のワイヤレス充電にも対応する。

 モバイル通信は5G NR(Sub-6)、LTE、W-CDMAに対応しており、以下の周波数帯(バンド)のエリアで利用可能だ。SIMカードはnanoSIMとeSIMのデュアル構成に対応する。

5G NR:n1/n3/n5/n8/n28/n41/n77/n78

LTE:Band 1〜5/7/8/11/12/17〜19/26/28/38〜42/66

W-CDMA:Band 1/2/4/5/8

 その他、Wi-Fi 6E(6GHz帯対応のIEEE 802.11be)とBluetooth 5.4にも対応している。生体認証は指紋(電源ボタン一体型)と顔(インカメラ利用)で利用可能だ。

 ボディーサイズは約73(幅)×162(高さ)×8.2(厚さ)mmで、重量は約186gとなる。ボディーはIP68等級の防塵(じん)/防水性能を確保している。

オリジナルアプリ モトローラのオリジナルアプリも複数搭載されている。同社製スマホならではの「ジェスチャー機能」も利用可能だ
ディスプレイ 大きなディスプレイを使っているが、左右側面のカーブのおかげで比較的持ちやすい。ただし、カーブがあるゆえに画面端部の“映り方”が気になる人もいるかもしれない
左側面 左側面には何もない。所々切れ目があるのは、アンテナの格納部だ
右側面 右側面にはマイク、電源ボタンとボリュームボタンがある
下部 下部にはnanoSIMカードスロット(ピン着脱式)、マイク、USB 3.2 Gen 2 Type-C端子(充電/映像出力兼用)とスピーカーが備わる
上面 上部にはマイクがある。「Dolby Atmos」のロゴも印象的だ
カメラ回り アウトカメラは、メインセンサーにOISを搭載していることもあってか、少し盛り上がっている。おサイフケータイ/NFC利用時にかざす部分は、このアウトカメラの右側にある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー